美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「名作誕生 つながる日本美術」に行く その1

東京国立博物館の特別展「名作誕生 つながる日本美術」に行った。
これは美術雑誌「國華」発刊130周年記念ということからの企画だそう。
そして「國華」といえば朝日新聞社から現在も刊行され続ける古美術専門誌なのだ。

先般、フェスティバルタワーの四階に中之島香雪美術館がオープンしたので楽しく訪問した。
そこでは朝日新聞社が文化に貢献した歴史なども紹介されているが、中に「國華」の実物もいくつかあり、改めてこの雑誌が朝日新聞社から刊行され続けていることを思い出した。
中之島香雪美術館の開館記念展の感想はこちら

また京都の便利堂の活躍を紹介する展覧会の第一章「文化財の写真撮影とコロタイプ複製」にも「國華」の展示があり、その美麗な印刷の様子をみた。

十年前には「対決―巨匠たちの日本美術」展があった。当時の感想はこちら
あの展覧会から十年か。山口晃画伯の描いた巨匠たちの栞が懐かしい。

音声ガイドを借りる。壇蜜さんと声優の櫻井孝宏さんのお二人の丁寧なガイドである。
そしてところどころに専門家の方のインタビューが加わる。
よい構成の音声ガイド。わたしは特に壇蜜さんの柔らかくて甘い声に心地良さを感じた。

「國華」表紙絵が並ぶ。その美麗な印刷物を目の当たりにしてから足を踏み入れる。

イメージ (914)

1.祈りをつなぐ
・一木の祈り
ずらりと仏像の群れ。きちんと整列しているが、その前に立った時、正直な話「悪魔くん」の入らずの森の中で、仏像にじわじわと追い詰められたキャラの気持ちになった。
圧倒的な存在感があるからそうなるわけだ。

ほぼ薬師如来と十一面観音菩薩。本当のところはわからない仏も一体。みんな立像。薬師の手には薬壺、これだけの数の薬壺があれば四百四病も皆治せそう。
十一面観音は二体あり、唐代のそれは山口県の寺に、それ以外はすべて関西の寺からのお出まし。
上からのライトもあり、生々しい存在感に圧せられた。

・祈る普賢
普賢菩薩関連。
観普賢経 百済寺  見返しの仏画を見ると、目からビームが…
平家納経のも同じ経巻が出ていた。見返しは例の十羅刹女の一人が剣を抜いてにんまり見上げるあれ。可愛い。
今回の展示で知ったことだが、羅刹女のような存在であろうとも仏の力で往生できる、という意味があるそうな。だから仏画に彼女たちが居並ぶ。

普賢菩薩騎象像 大倉集古館  休館中はここに仮住まいの像。ゾウさんと一緒。
ぐるぐると周囲を歩き、改めてゾウさんの歯並びの良さや、このゾウさんがオスだということを確認したり。

絵では美人な普賢菩薩やユニークな目つきの白象もいる。
そしてその普賢の周囲を楽しそうに歩く十羅刹女。
「黒い十人の女」ならぬ十人の羅刹女。映画同様皆さん美人さん。
わたしが見たのは盧山寺のだった。展示替え後には根津や奈良博のが現れる。

・祖師に祈る
真言八祖行状図 出光美術館 1136 半分ずつの展示。かなり大きい。空海、恵果、善無畏らの肖像。いい絵。
かつて「美麗 院政期の絵画」展を奈良博で見たが、
こうした仏画はやはり「院政期」でないと生まれえないものなのだ。
美麗 院政期の絵画 1
当時の感想はこちら

何点かの聖徳太子絵伝がある。
東博本は6面、四天王寺本は6幅、そして叡福寺は南北朝のが7幅、19世紀のが1幅。
設えの再現がある。コの字型に展示。
絵伝に関しては以前にこのような展覧会があった。
 聖徳太子伝の世界 
当時の感想はこちら

聖徳太子とゆかりの名宝展 
当時の感想はこちら

四天王寺本では朱衣の幼い王子がいたずらの罰を自ら受けようと父上の前で肌脱ぎになり正座する。16歳の凛々しい王子。19歳で元服、守屋との戦争もリアルな筆致である。
わたしの中では「日出処の天子」で時間が止まっているので、それ以後の絵を遠い気持ちで眺めた。


2.巨匠のつながり
・雪舟と中国
贅沢なコーナーだった。
国内の名だたる所蔵先から集めた作品で満ちている。
水墨画の美を堪能出来るようになったのも、この20年程。
それはここにある作品やその所蔵先のおかげだと思っている。
日本の水墨画の発達する様子を見た気がする。
中国の作家に倣って、その学習成果が更に飛躍した様子を見せるのは、素晴らしかった。

四点のカラフルな四季花鳥図がまた魅力的。シックな色彩の次にカラフルなのを持ってくるのがなかなかにくい。
雪舟、狩野元信、明の呂紀、殷宏。
どちらも共に東アジアの美意識を体現している。

宗達の関係した作品が集まる。
扇面散屏風 平治の乱、地獄模様、鬼に掴まれる女、河内越え…
扇面貼交屏風  薊、汀の熊谷と敦盛、群花…
一扇一扇がとても綺麗なものばかり。

そこから展開して平治物語絵巻が現れる。
六波羅合戦の断簡だが、イキイキした様子がいい。

続く。 

スポンサーサイト

千葉が生んだ浮世絵の祖 − 菱川師宣とその時代

千葉市美術館の所蔵品展を見たが、もうほんと、なんというか、ここの実力はわかってたはずだが、やっぱりその「破壊力」には圧倒されるね。
今回は「百花繚乱列島 -江戸諸国絵師めぐりー」を見て青息吐息になりながらそのまま直進した途端、これですから。
そう、「菱川師宣とその時代」。
「ああ、そう」で終わるはずがないのですよ。

いきなりここから。
そう、春画シリーズの始まりのあれ。
衝立のかげ  これは版画に手彩色で、これまで3,4点同じものを見ているが、みんなそれぞれ塗り絵に個性を見せていたな。
この分は女の着物に少々彩色している。
イメージ (894)
天人採蓮図  こちらは肉筆。ゆったりした天人が宙に舞いながらの蓮採り。ひれと蓮の茎が同系色。

酒呑童子 褒賞  シリーズものの終盤。退治して首を掻っ切ったのを帝らの前に提出。ご褒美をもらうのですね。これも手彩色。
鬼首はまだ痛んでいない。そういえば酒呑童子の首の始末についてはどこへ遣ったか知らないな…
宇治の平等院にという説もあるが、老ノ坂峠にある首塚大明神もそれだというし。
手元にある資料を見てもちょっとわからないな。まあ伝説も色々ある方が面白いわな。

よしはらの躰  揚屋大寄  これもシリーズもの。こういうのを見て江戸中期までの吉原の様子を学ぶわけです。
わたしの「吉原」はじまりは石森章太郎「さんだらぼっち」だからなあ。

杉村治兵衛 浄瑠璃十二段草子 吹上  吹上の浜で斃れた御曹司を愛の力で蘇生させる浄瑠璃姫。廻りには御曹司を守護する龍や天狗の姿もある。

隅田川・上野風俗図屏風  前から好きな屏風。この界隈の様子が描かれている。

室内遊楽図  揚屋の中である。奥ではもう…

若衆図 ふふ。これを見ると南原幹夫「修羅の絵師」を思い出すよ。作中、師宣は冷徹な絵師として描かれ、色子時代の鳥居清元の敵となる。元禄の特性だな。

英一蝶 四条河原納涼図  川床で楽しむ人々。色子か女形からしきのもいる。

懐月堂安度、宮川長春の立美人図もある。それぞれいい。

初代鳥居清信  中村伝九郎 山中平九郎   縦長に見る。景清の攻防戦。彩色はシンプル。目を剥いているところがいかにも…

ほかにもなんだかんだと春画の冒頭部分らしきのがあった。
いずれも始まりの所なので18禁ではない。
充実したわぁ…

これだけでも面白い展示でした。5/20まで。

ビュールレ・コレクションを見た

ようよう「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見に行った。
チラシではこの三点が大きく幅を利かせている。
イメージ (906)
「絵画史上最強の美少女」美少女にルビがふられて「センター」となっている。


イメージ (907)
モネの初公開の睡蓮の池。


イメージ (908)
えっ!この絵ってここの所蔵なの!

…というわけで60点余の絵画を見たのでした。
ものすごく「個人の感想です」なのを挙げます。

1.肖像画
アングル アングル夫人の肖像 1814 優しそうな婦人。一目でそうしたことが伝わる。アングルはこの丸顔のマドレーヌとこの頃から1849年の彼女の死まで共に仲良く暮らしたそう。アングルから見た夫人の優しさをわたしたちは見ている。

ドガ ピアノの前のカミュ夫人 1869 足元にクッションや人形が置いてある。振り向いたところを写したような一枚。黒の襟ぐりの広く抜いたドレス、左右の分岐点にはリボン。この時代に親しまれた形の服。

ほかにラトゥールの自画像、クールベ、ルノワールの描いた芸術家の肖像画がある。

2.ヨーロッパの都市
「グランド・ツアー」の流行がまだ生きていた時代、イタリアへ行く若い人は多かった。
「君よ知るや南の国」、それはイタリアのことだ。

ヴェネツィア風景が並ぶ。18世紀のヴェネツィアである。いずれもサン・マルコ寺院が見える。象徴。そうだ、やはりあれだ。

シニャックも1905年にヴェネツィアを描く。百数十年の推移の中で、しかしこの風景は変わらなかった。

モネ 陽を浴びるウォータールー橋、ロンドン 1899-1901 もあもあした空気、靄に紛れて忙しい生活者の様子を遠くに配する。橋の上は大渋滞なのである。
ヴィクトリア朝の残影の中、一方で近代化がどんどん進む。

マティス 雪のサン=ミシェル橋、パリ 1897 こちらも忙しそう。橋脚はアーチ形に三連でそこを舟がせわしなく行き過ぎる。多忙な朝。マティスはこの様子をアパルトマンの窓から見ていたそうだ。

3.19世紀のフランス絵画
代表する画家の作品が並ぶ。

コロー 読書する少女 1845-1850 赤い服で中に白がみえる。髪にも大きなリボン。おとなしそうな少女。
数年前、西洋美術館と神戸市立博物館とでコローの婦人画ばかりの展覧会があったが、コロー描く婦人たちはみんななんとなく好ましい。

ドラクロワ モロッコのスルタン 1862 身分の高い太守だけに傘をさす人もそばにいる。サンダル履き。ずらっと兵が並ぶので観兵式なのかもしれないし、これから何らかの行動を起こすのかもしれない。

ドラクロワ アポロンの凱旋 1853 装飾品としての絵画なので、絵の形は正十字形で端々は丸みを帯びている。そこに描かれているのは天空。三頭立ての天馬の馬車を御するアポロン。 小さいエロースたちがその上を舞う。下には大蛇がいて毒を吐く。

シャヴァンヌ コンコルディア習作 1859-1861 額物にフルーツの彫刻がわんさ。群衆が森で遊び、くつろぐ様子を描く。協調・相互理解を形にしたのか。

マネ オリエンタル風の衣装をまとった若い女 1871 シースルーの白い衣をふんわり着ているので、体の線が見えるだけでなく、ヘアまでわかる。少し太めの女で、手に旗らしきものを持つ。ターバンを巻き、赤いネックレスをしている。足元にあるのは水差しなのか水たばこの道具なのか。

東方趣味が形になった時代。英国のアルマ・タデマも同時代人として、こうした傾向の魅力的な作品を多く残した。

マネの鳥の絵が二枚ある。燕は元気に飛ぶが、ミミズクは死んでいる。

4.印象派の風景―マネ、モネ、ピサロ、シスレー
やはり印象派の風景画は好ましい。

ピサロ 会話、ルーヴシエンヌ 1870 普仏戦争前の和やかな時、内妻と幼い娘とが隣家とおしゃべりする様子を捉える。

ピサロ ルーヴシエンヌの雪道 1870 ピサロは戦争がはじまるとここを出たが、それまではこの地で穏やかな日々を過ごしていた。雪はやみ、積もってはいるが、汚れてはいない。
和やかな日々を感じさせるのがその穏やかな白だった。

シスレー ハンプトン・コートのレガッタ 1874 数隻が浮かぶ。人々の詳しい様子はわからないが、楽しそうな午後。
川向こうのハンプトン・コート宮殿、赤い。

マネ ベルヴュの庭の隅 1880 いい感じの家と緑の濃い庭、そこで友人の妹が読書。気持ちよさそう。濃い青色の服も素敵。手前には大きな如雨露。それがまたいい。
見るものにそう感じさせる絵。

モネ ジヴェルニーのモネの庭 1895 花いっぱいの庭、行きたいな。春から夏か。若い女が花を触る。様々な色が塗られている。形よりも色が大事。
イメージ (909)

モネ ヴェトゥイユ近郊のひなげし畑 1879 ああ、今の季節ぽいがフランスと日本には時差があるか。よく咲いている。子供らが遊ぶ、雲が広がる。目の前の光景なのだ。

5.印象派の人々 ドガとルノワール

ドガ リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち 1871 仲良しさんの家族の肖像。いいパパ風な髭の伯爵。幼子らは二人とも白い服を着る。男女はわからない。左は人形のようにも見え、右の少し大きい子はおすまし。

ドガ 出走前 1878-1880 横長、少し離れた位置からの視点。入れ込む馬もいる。躍動感がある。

ドガ 控室の踊り子たち 1889 これも横長。輪郭線は黒い。忙しそうな様子がよく出ている。

ドガ 14歳の小さな踊り子 1881 ブロンズ像に木綿のチュチュを着せ、絹のリボンをつける。「うーん」と手を前に結びながら伸びをする小さな顔の少女。

ルノワール 泉 1906 もう手が自由に利かない頃の絵とは思えないほどはっきりした絵。
ルノワール描く裸婦の体のありかた、それが最後に再び世に出た。
そのことを思うと胸が詰まる。

ルノワール 夏の帽子1893 少女が二人いる。仮にAとBと呼ぶ。Aの帽子には花が飾られていて、そこへBが何かを取り付けようとする。Bの帽子にはリボンが巻かれている。二人の少女のやわらかな時間がそこにある。

ルノワール可愛いイレーヌ 1880 この少女が「最強の美少女(センター)」と称されるイレーヌ。
白に青というルノワールの得意の取り合わせがよく似合う。確かにとても可愛らしい。
描かれてから百年以上経つが、この先もずっと長く記憶に残る美少女の一人。

6.ポール・セザンヌ
6点のセザンヌ先生の絵が並ぶ。
見ながら「セザニスム」と言うことを改めて考える。
彼の出現により一つの方向が決まったことを、絵を前にして考える。
セザンヌの絵はわたしの中では楽しむべきものではなく、考えねばならない存在になっている。

7.ゴッホ
こちらも6点ある。ゴッホとかそんなことを考えずただ見る。
それから売れなかったことを踏まえて絵を見る。
いい絵と、やっぱり売れなかったのもなんとなくわかる絵とがある…

日没を背に種まく人 1888 
イメージ (910)
これなどは好きなのだが、木や落ちようとする日などは浮世絵の影響があるから、好ましく見ているのかもしれない。

花咲くマロニエの枝 1890 白っぽい花があふれる。背景には波打つ様子がある。
わたしはゴッホの中ではこういう絵が好きなのだ。多分もう帰れないところに来ているゴッホの描く絵が。
そしてこの頃の絵はやはり愛しい。 

8.20世紀初頭のフランス絵画

ロートレック コンフェッティ 1894 悪女ぽいところがいいな。男たちの手がのびているのも。

ヴュイヤール 訪問者 1900 モンマルトルの自室へ来た人。コートを着たままその椅子に座る女性。暖炉のそば。寒そうな様子が体の線に出ている。

ゴーギャン 肘掛椅子の上のヒマワリ 1901 たくさんのヒマワリがそこに載る。
椅子の右手に絵がある。ボートに向かう二人の女の絵。そしてこのヒマワリはゴッホの象徴かもしれない。
それを思いながら画中の二人の女をみる。
せつなさが湧いてくる…

ゴーギャン 贈り物 1902 タヒチでの絵。二人の女。幼児に授乳する女と、花を挙げようとする女と。
愛されている存在。

ボナール 室内 1905 こうした近代的な室内が好きだ。左の奥に鏡があり、ソファが映る。和やかな空間。

9.モダン・アート

ヴラマンク ル・ペック近くのセーヌ川のはしけ 1906 赤い木、赤いはしけ、その赤には金色が混じっているように見えた。
おとなしい感じの絵。

ジョルジュ・ブラックとピカソの絵がある。やはり「新世紀」はこの二人が開けたのだと思う。 

10.新たなる地平の絵画
モネ 睡蓮の池、緑の反映 1920-1926
イメージ (911)
このまま進んでゆけば睡蓮の池に入り込めそうな気がした…

5/7まで。

旧魚崎町役場

今も現役の市の施設として存在する旧魚崎的役場へいきました。
1937年竣工・清水栄二設計・竹中工務店施工。
20180412_135025_HDR.jpg
40年ほど前に全面改修されたそうだが、装飾はこのように存続している。
とはいえピンク色の外観はいつからか知らない。

20180412_135041.jpg


IMGP0068_2018042123365637b.jpg


IMGP0069_20180421233657184.jpg


IMGP0070_201804212336597e7.jpg
卵が並ぶようだ…

ウエハースにもみえる。
IMGP0071_20180421233700c49.jpg


IMGP0072_201804212337026a3.jpg


IMGP0073_20180421233703e1d.jpg


こちらのテラコッタ装飾はバラのようにも唐草のようにも見える。
20180412_144849.jpg


20180412_144910.jpg


IMGP0084_2018042123375588e.jpg


IMGP0078_20180421233711056.jpg


IMGP0080_20180421233714435.jpg
いい感じの装飾がこうして這うのが好きだ。


階段の様子
20180412_150203.jpg


20180412_150223.jpg


IMGP0081_20180421233751898.jpg


IMGP0082_201804212337529b8.jpg


IMGP0083_20180421233754244.jpg


こちら側からはシンプルに見える。
IMGP0079_20180421233712c1f.jpg


向かいの小学校は阪神大震災でアウトになったが、このように蘇った。
背後に六甲、摩耶の山が広がる。
20180412_145235.jpg


IMGP0085_20180421233757c69.jpg


IMGP0077_20180421233709a4c.jpg


桜の頃である。
IMGP0074_201804212337059db.jpg


IMGP0075_201804212337060a9.jpg

神戸ゆかりの美術館に「鋼の錬金術師」原画展が来た!

4/21午前10時から神戸ゆかりの美術館で「鋼の錬金術師」原画展が始まる。
これは去年9-10月に東京ドームシティ、11月に大阪ATCミュージアムで開催された展覧会を原作マンガの原画と言う点に絞っての巡回展で、うまい構成になっている。
イメージ (900)
このチラシの絵は荒川先生の展覧会用描き下ろしで東京・大阪・神戸と共有するものだが、神戸にはこの通りコピーが入る。
「おかえり、ハガレン。」
連載終了から8年経った今も、色あせない傑作がここにある。

内覧会に先立ち、神戸新聞でも広告が出ていた。
イメージ (902)
イメージ (903)
カラー原画は手製なのだということを、この展覧会で実感する。

音声ガイドはアニメでエルリック兄弟を演じた朴さんと釘宮さんのお二人の掛け合いも楽しい。
イヤホン型ではなく、本体を耳に当てて聴くタイプのもの。
物語の流れに沿った展示、それに合わせて出来事の説明や心情を兄弟が語り合う。
いい構成の音声ガイド。

イメージ (901)

ところどころに荒川先生のコメントも入っているので、読んでは納得したり初めて知ることに「ほほー」となったり。
そして良く知られているように荒川先生は資料を集めることも徹底される方、今回はハガレンのために集めた銃の数々(モデルガン)、リン・ヤオの刀、メイ・チャンの錨や国家錬金術師の証たる懐中時計なども展示。みんな先生の所蔵品。

そして物語のクライマックスの頃は物語の原画展示が増える。
イメージ (904)
名シーンの数々がそこに展開される。
アルフォンスがメイにたのむこと、メイがそれを実行する、アルが兄を信じて行うこと、そしてエドの生身の腕の復活。
改めてそれらの原画を見ると、読み耽っているときの興奮が蘇ってくる。

更にエドワード・エルリック最後の錬金術は原画を使っての映像シーンとして会場で見ることになる。
それがとてもいい。

原画展の終わりには撮影スポットも。





真ん中の金の荒川先生像が光っておるね。

展覧会は曜日ごとの四コマブックマークをもらえる。
イメージ (899)

グッズコーナーは「ハボック雑貨店」として運営。
これはクリアファイルの箱。全20種のうちからランダムに。
イメージ (898)
どんなのが入っているかはわたしもまだ未確認。ふふふ、楽しみ。

最後に機嫌よく洗面所に行くと…


アームストロングさんでした。

7/8まで。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア