FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

梅と桜の美術

まさかの一年前の記事を挙げ損ねてたのでついでだが挙げる。
こちらは2020年の丁度今頃の感想なのである。

大和文華館のリニューアルオープンから既に十年が経っていると知ってびっくりした。
そうか、そうか…
それで今回の展覧会は恒例の花をモチーフにしたもの。
梅と桜の美術。
梅と桜はどちらも日本人の美意識に深く生きる花。
どちらも尊い。
岡本綺堂「青蛙堂鬼談」の中の「清水の井」に梅殿と桜殿という二人の美人が現れる。どらちも本名も正体も不明で、都から逃れてきてその地の領主のもとにかくまわれ、三人で楽しい暮らしを過ごすのだが、やがて悲劇が起こる。
この二人の美人はそれぞれの美しさから「梅殿」「桜殿」と呼ばれるのだが、それはどちらも素晴らしいからこその命名。
なお一文だけここに挙げる
(領主は)「梅と桜とを我がものにして、秘密の快楽にふけっていたのであろう」
どちらも手放せない美しい花なのだ。

イメージ (2532)

大和文華館所蔵の梅と桜を描いた絵画と工芸品が集まるほかに、春日大社からもよいものが出てきていた。
このチラシの上部の絵がそれ。
イメージ (2536)
白い桜は漆喰風に盛り上がり、金の雲も紺の川も緑の土坡もイキイキと描かれている。
赤く小さな躑躅もそこかしこに咲く。
左は八重山吹が咲き乱れる。春の勢いのある屏風。

チラシ下は雁金屋兄弟がこしらえたものを後に原羊遊斎が模造したもの。とても好き。
今回は蓋裏の文字の写真も出ていた。深省名義で何かかいてあり、更に羊遊斎が写したことも刻まれていた。

松梅佳処図 蘭坡景苣・天隠竜沢賛  室町時代の南禅寺界隈の二人。滝もあり、なかなかダイナミックな様子。
室町時代の画僧の仕事と言うものはなかなかよいなあ。そう思うようになったのも今世紀からか。
あとは建長寺の祥啓の墨梅図もある。

花鳥図屏風 雪村  これまたよろしい。ぐりーっと水が力強く流れ込む。その様子を鶯が眺める。白梅も椿も咲き、何故か秋の鳥の雁も来る。鶺鴒、鴛鴦もいてみんなで水の流れを追う。
左をみると、白鷺に白蓮、柳に燕、風が強い。右の水、左の風、いずれも勢いがある。

四君子図 山本梅逸  ああ久しぶり。調べたら8年ぶりかも。
zen335.jpg
全て白さが際立つ。白梅、竹は線描の美。菊は色調の変化がいい。蘭は茎がたおやか。

鉄斎の梅の絵も二点。わたしは鉄斎がニガテだが梅の絵は別で、以前に扇面に描かれた梅の絵を見て以来、そうそうニガテではなくなった。
ここにあるのは1911年の二枚。
寒月照梅華図 満月に届くような真っ直ぐな梅の枝
梅華満開夜図 じいちゃんと孫らしき二人が梅見中。ちょっとほのぼの。

梅雀図六角筥 平福百穂  原画を百穂が描いた愛らしいボックス。
こちらは三年ぶりかな。
mir596.jpg
最初にこのブログに登場したのは2008年頃かな。

彩漆絵梅文盆、梅秋草文盆  漆絵のお盆二枚。シックだな。

織部梅文皿  五点とも絵柄が違うが可愛い。白い織部で灰梅色と緑がとてもしっくりしている。

色絵梅文大壺 有田の名品。これですがな。
img849.jpg
何度もここにご登場いただいておるのです。

琉球紅型衣裳  三点 花柄が可愛い。季節の決まりはない。

イメージ (2533)

さて桜。
源氏図屏風、稲富流鉄砲伝書、岡田為恭の春秋鷹狩茸狩図の春の茸狩り図もある。
このあたりもレギュラー。何度見ても楽しい。

親鸞聖人剃髪図 田能村竹田 1833  ぼんやりした春の風情がある縦型の絵。異時同時図というより、その季節のその日のことだけを切り取った絵。
春の別れ。俗世から仏縁へ。

花卉図扇面 江戸前期  朱色と金雲と柳に桜、足元にはタンポポ。和やかな世界。

蒔絵桜桐文鏡巣 室町  チラシ。幾何学文に桜と桐。なかなかかっこいい。これが着物の柄になっても素敵だ。

枝垂桜の嵯峨棗が二つ・可愛いなあ。こういうのは好きだ。
古九谷様式の赤い桜が描かれた徳利もある。
桜へのときめきがそこにある。

そしてこちら
img850.jpg
描かれた桜のうち、大和文華館の誉れ・寝覚物語絵巻の桜は金色に輝く。
花弁が舞い散るときもきっと金色の花びらが辺りに広がり、鏤められた金砂子のようになるだろう。

東山名所図屏風  個人蔵のもので初見。よい機会に巡り合えた。
若衆がうろうろ。江戸前期だろうが、ちょんまげもいる。もう茶筅髷はいない時代。
音羽の滝でしゃべる二人。世間話しながら滝に打たれるのもいい。
ツバキも咲いているが、それだとまだ寒いだろう。
ずっとその下には田畑と鶴。京に田舎ありというより、市街地を離れるとこうして田もあり九条ネギも植えられているだろう。
町中に戻ると、茶店や髪結いもある。人々の表情は穏やか。餅つきをする人もいる。川では布洗いもする。芝居小屋をのぞくともう野郎歌舞伎だった。そんな時代の東山。

南都八景図帖が二つ。
佐保川の桜、猿沢の池の月、春日野の鹿などなど。
どちらの絵もそれぞれの良さがある。

佳い心持で庭園を行く。一番の梅園はまだ花開いていなかったが、丘の梅の小径には梅がみられた。




他に白椿、そして橘の実がなっていた。

次回は梅が満開の頃か。それから三春の滝桜も楽しみだ。
スポンサーサイト



湯田中温泉よろづや 松籟荘の思い出

2021年2月11日、まさかのニュースを見た。
湯田中温泉のよろづやさんが火事で全焼だというのだ。
しかも出火元はあの有形文化財の松籟荘の厨房。
眩暈がした。

わたしは学生の頃から歌舞伎、文楽にかなりのめり込んでいて、特に90年代は非常によく観に行った。
そして昔の歌舞伎俳優の芸談や評伝を読むのも好んだし、昔のブロマイドや芝居写真を見るのも楽しみにした。
その中で天下の美男・15世市村羽左衛門にも非常に惹かれた。
彼は満天下の人気者で様々な伝説も生まれていた。
その伝説を採りあげたのが里見弴「羽左衛門傳説」で、これはかれが昭和20年に疎開先の湯田中温泉よろづやで亡くなる辺りまでを記している。
わたしは泉鏡花を長く偏愛していて、そこから里見弴を知り、読み始めるとこれがまた非常に面白くてのめり込んでしまった。
里見弴はよろづやに向かい、羽左衛門と実際に交流した当時まだ二十歳前後だった宿のお嬢さん(後の女将さん)からその最期を詳しく聞き取っている。

里見弴、15世羽左衛門好きなわたしとしてはたとえ遠かろうとも折あらばなんとか信州へ、と長く願っていたところ94年に行くことが出来た。
そして女将さんに実は、と打ちあけたところ3時間にわたってお話をして下さり、羽左衛門ゆかりの松籟荘の部屋や碑(当時折れていた)を案内してくださったりした。(橘文様の裏地をつけたファンの女性のお話なども興味深かった)
たいへん嬉しかった。帰阪後にお礼の手紙も送ったくらいだった。

やがて再訪できたのは2002年でその時には松籟荘にも宿泊出来た。
こたつが出ていてそこへ厨房から作りたての食べ物が順序ごとに届けられるのだった。




そのときも94年もぱちぱちと撮影したのだが、今、その94年の写真が何故かこの遠望と、ベランダに来た猿の写真くらいしか見当たらず、みつけだせないままになっている。
そしてこちらの02年の写真もこれだけではないはずなのにどうしてか見つからない。
いずれ時間をとって探し出したいし、その時には今ここでは書いていない話なども記したいと思う。

今わたしの手元にある松籟荘などの写真を挙げてゆこうと思う。
当時の日記も出せたら詳しく記せるだろうが、今回はそれよりも今手元にあるものを挙げたい・挙げねばならない、という思いが先走る。
なお写真は全て日付入のフィルム写真である。

イメージ (2971)
室内は花頭窓のような刳りがされたところもある。

イメージ (2972)
撫子の欄間

イメージ (2973)
凝った天井や階段

イメージ (2977)
富士山の絵

イメージ (2976)
寺崎廣業の竹 

イメージ (2974)
もう一度行きたい…せつない。

こちらは本館だと思うが今ちょっと自信がない。
イメージ (2975)


いただいた絵ハガキ
イメージ (2978)

なんとか94年、それからこの他の写真も見つけ出したいと思っている。

2021.1.6 本当なのか

ログインできなくて困っているのだが何故か別な方向で入れた。
これは持続可能なのだろうか。
もしそうならありがたいのだが。

御挨拶 

二年ほど前から家庭の事情と個人の事情で以前のようにみっしりと展覧会の感想を挙げたり、見に行った建物の写真を挙げたりが殆どできなくなった。

更に間もなくウィンドウズ10にパソを入れ替えねばならぬのに、非常にまずいことにこのブログのパスワードを完全に忘れてしまっているのである。
更に更に間の悪いことにブログの連絡用メールがこれまたほぼ死に体で使い物にならない。
昨日辺りから復旧作業をしているが、わたし個人の本人確認が出来ない、との返事でこれはもう完全にあてにならない。
つまりこのブログを更新できない可能性が高く、そうなるとgooの方が本体になる可能性が強い。
愛着はあるが、パスワードがわからん、メールがダメとなるともうどうにもしようがない。
本当にとんでもないことだ。

パスワードがわからなくなった理由は色々あるのだが、追い付けなくなったというのがいちばん近いと思う。
そう、変更の速度に。二ケ月ずつ変更するのに疲れたのだ。
わたしの場合、ある一定のルールに沿った命名法を使用しているが、それがどれに当たるのかがわからなくなったというのがいちばん正しい。いろいろ確かめたいが、それをするとその時点でこれがもう使用不能になる。誠に無念だが、もうどうにもならない。
いつかこのブログを再開させたいと思うが、いつのことになるかわからない。
当分はこちらの遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う
をメインにする。
いつかまたこちらでお会いしましょう。
なにしろ愛着と資料がてんこ盛りなのだ。

とりあえずそういうわけでスリープする。



「ルノワールとパリに恋した12人の画家」展は楽しい

横浜美術館で開催中の「ルノワールとパリに恋した12人の画家」展に行った。
オランジュリー美術館のコレクション展である。21年ぶりの来日だというが、その21年前の展覧会は京都で見た。
京都国立近代美術館。そして同日向かいの京都市美術館ではスイスのプチ・パレ美術館展が開催されていた。
二つの洋画展を見て満足して帰ったと当時の日記に記している。

今回あまり情報を入れずに行ったので、ついてから初めてオランジュリー美術館展であり、ポール・ギョームの目を通したコレクション展だと知った。

オランジュリー美術館には随分前に行った。パリではルーブル、オルセーなどの大きいところへも行ったが、好ましく思ったのはこのオランジュリー美術館とモロー美術館で、特にオランジュリー美術館には滞在中に二度も行った。
なので再会する絵がいくつもあり、それがとても嬉しい。

近年洋画を見る重さに負けてきたのだが、やはり印象派から1950年代くらいまでの絵を見るのは楽しい。
気分が明るくなるといってもいい。
なにも無理して絵から人生の暗部についてとか考えたり見出したりしたくない。
以前からその考えがあるが、近年特にその傾向が強い。
自分の<現実>がしんどいからだと思う。
そんなときにこうしたなじみのあるモダンな絵を見ると気分が明るくなる。

ルノワール、モネ、セザンヌ、シスレー、ルソー、マティス、ピカソ、モティ゛リアーニ、ドンゲン、ドラン、ローランサン、ユトリロ、スーティン。

中でもマティスの作品はすべてがよかった。
7点は1915-1925頃までの作品で、いずれも非常に豊饒だった。
三姉妹
若い娘と花瓶(別名:バラ色の裸婦)
ブドワール(女性の私室)
ソファーの女たち(別名:長椅子)
青いオダリスク(別名:白い女奴隷)
ヴァイオリンを持つ女
赤いキュロットのオダリスク
こういう好きなものばかり集めてくれたのは本当に嬉しい。

ドラン アルルカンとピエロ  これはあれだ「水曜どうでしょう」ですな。

スーティンもこんなにたくさん見たのは三越での展覧会以来か。
スーティンとキスリングは三越のおかげでよい作品を知ったのだ。
90年代の懐かしい話。もうこんなに遠くへ来てしまったのか。

実はローランサンとユトリロの作品の感想を書くのは難しすぎてしたくないのだ。
「いいなー」これで終わる。それ以外にもあるのだが、言語化しにくいのだ。
たとえばユトリロの場合、まず「せつない」という感情が先に立ってしまう。
彼の伝記を措いても描かれたパリの街角にはどこかせつなさがある。
そしてローランサンの娘たちは抑制のきいたグレー、ピンク、時にブルーをまといながら黙って微笑む。
音楽性を伴う静謐さ、という多少矛盾した何かを感じて、表現する言葉を失くすのだ。

ドラン、モディリアーニ、ドンゲンのポール・ギョームの肖像。これはパリでも見た。
ドランのギョーム夫人の絵ハガキも手元にある。

ルソーの絵は本人がマジメに描けば描くほどなにかから遠のいてゆく。
ジャングルの絵以外は自分が実際に見た情景からの製作だろうが、それでも何故これなのか、と常に思う。
もし万一本人がそこにいたなら、そして感想を求められたらどうしよう。
よくそんなことを思う。

新古典主義時代のピカソの絵がいろいろある。
この時代のピカソの絵は好きだ。
楽しく眺める。

やっぱり1920年代は素晴らしい。

そしてその前代のルノワール。
ルノワールの色彩を見るだけでも心地いい。

ポール・ギョームと言う若い画商がどれだけすぐれた眼を持っていたかがよくわかる。
彼の部屋の写真と再現マケットがあった。そこだけ撮影可能。

とても楽しい展覧会だった。
1/13までなので、行ける人は行って心地よさを楽しみましょう。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア