美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「春信の時代」から「待乳山と隅田川」そして「清親と安治」「東京浪漫」へ

いくつか浮世絵の展覧会をみた。
それらをまとめたい。

春信のこんなにも大がかりな展覧会は初めて見た。
千葉市美術館の次はハルカスに来る鈴木春信展。
ボストン美術館から大量の名品が来たのだ。
イメージ (392)
春信の描く女たちは個性的だ。無個性のようでいて、実ははっきりした個性がある。先人の誰とも似ていない。
ただ、海を渡った先に魂の双子のような画家がいた。
クラーナハの描く女たちと共通する凹凸の少ない体形。
春信の描く女は未成熟の美を体現する一方で、それを柔らかそうな着物で覆う。
ここでは春画の展示はない・・・ので、柔らかな着物を着た娘たちを見ることになる。
そして若衆もまた娘とほぼ同じ体形をみせている。
つるりとした身体。ぬめりを感じさせない身体。
そこに深い官能性を見出す。

最初に春信登場以前の絵師たちの作品が紹介される。
いちゃいちゃする男女を描いている。ただし役者絵もある。
役者絵でも艶めかしく見つめ合うカップルとして描かれている。

わたしは幕末のもっとエグみのある絵が好きなのだが、こちらにはそうしたものが少ない。
エグみがない分可愛いさがあるわけだ。
というよりもっとはっきり書くと、ここにあるものは一枚絵のイラストなのだ。
イラストもいいが、ついついわたしはその奥にあるドラマを目の当たりにしたくなる。
ただの嗜好の話。

イメージ (393)

展示された一点一点全部にわたしはなんだかんだとメモをつけている。
それをここでは挙げない。
あまりに多くの言葉を記しているからだ。
それだけ書いてもまだ満ちてはいない。
ここでそれを再現しても、あの時の喜びは伝わらない。
やはり見なくてはならないのだ、自分の眼で。

芝居をモチーフにしたもの、実在の人気者を描いたもの、架空の恋人たち。
春信の筆致はいつも滑らかだ。
丁寧に焼成された磁器のような手触りを予想させる作品。

春信で好きな一枚絵を考える。
わたしが圧倒的に好きなのは夜を描いたものだった。
恋人たち、女同士が漆黒の中、柿をもいだり花に見られたりする絵。
この静かな官能性にときめいている。

春画のまねゑもんの冒頭一枚だけがある。
しかしその後の展開は出ていないので、知らない人が見ても意味は分からない。
ちょっと残念ではある。

千葉市美術館の凄いところは企画展や巡回展だけでなく、まず常設の豊饒さだと思う。
今回も「江戸美術の革命 -春信の時代」として同時代の京都画壇、南蘋画風、彩色本、そして近代の風俗版画まで網羅して展示している。
これだけでも十分凄いのだ。
だから千葉市美術館に行くときは最低2時間は絶対にいる。

建部綾足の本が出ていた。当時やってきたゾウさんを描いたものだと思う。真っ黒なゾウさん。
蕭白の虎に虚勢を張るような獅子、憮然とした虎。
橋口五葉の美人、小村雪岱の装幀本、フリッツ・カペラリの大正の日本の人々を描いた木版画。

いずれもとても魅力的な作品ばかりだった。
これらは10/23まで。

千葉から京成線と都営線で浅草に出た。
そこから歩いて初めて待乳山聖天へいった。
「剣客商売」の秋山大治郎はこのご近所の真崎稲荷の側に住んでいる。
時代小説でおなじみの待乳山である。
そしてここは大量の幕末浮世絵を所蔵していた。



10/4までの無料展示で多くのお客さんが来ていた。
30点ばかりの浮世絵と戦前の風景写真や資料なども出ていて、かなり楽しめる内容だった。
これまでここへは来たことはなかった。
いつもこうなのかは知らないが、こうした展示が多いのなら、今後も来てみたい。

この界隈と隅田川とをモチーフにした浮世絵を楽しむ。
三代豊国時代の隅田川と美人とを描いた三枚続や広重の江戸百、二代広重(後の茶箱広重)の幕末の隅田川、明治の隅田川を描く三代広重・・・明治の清親の絵もある。
江戸百の「真乳山」に現れる女性を有明楼の女将・お菊だという推論の紹介もあり、とても面白かった。
このお寺は大根をお供えにするところらしい。今度はゆっくりと拝みに行きたいと思った。


桜橋を渡り、少し行くと「すみだ郷土文化資料館」がある。
ここへは久しぶり。今回は「清親と安治」師弟の作品展である。
イメージ (394)

先般練馬区美術館で清親の大掛かりな展覧会があったが、わりとこの師弟の絵を見る機会はあるように思う。
イメージ (395)
というのは近年の「明治の浮世絵」展の開催が増えたからというのだけでなく、花小金井のがすミュージアムがわりとよく企画展で彼らの絵を出してくれるからだ。

彼らの絵は新しい表現を模索したものが多いが、一方で新しい明治の世にも生きる情緒を取り込んでもいる。
江戸から東京へと変わったものの、彼らがいた頃はまだ地続きの時代だったのだ。
駕籠から人力車に変わっても、行灯からランプに移っても、それでも人間性がそうそう変わったわけではないのだ。
絵を見ながらそのことを感じていた。


最後は郵政博物館。
すみだ郷土からすぐの交番で、本所吾妻橋から押上へ一駅乗るかorここからスカイツリーまで歩くかを検討した。
というのは行った日はまだ杖をついていたからである。そしてわたしは地下鉄のフリー券を持っているので、気軽に電車に乗れるのだ。
結果として本所吾妻橋から乗車した。なにしろスカイツリーの配置を考えると、郵政博物館は最果てなのだった。

イメージ (388)
これは前後期入れ替えもある。
一部を除いて撮影可能。

イメージ (390)
日本橋、丸ノ内界隈に建ち並び始めた西洋建築、橋などを描いた錦絵が出てきた。







本格的な西洋建築ではなく日本の棟梁たちが考え抜いた擬洋風の建造物。
急務で自前の建築家を育てようとした日本政府はお雇い外国人を招いた。
コンドルの薫陶を受けた第一世代が活躍する頃には、錦絵に描かれた建物はなくなろうとしていた…

チラシにもある通り夢二の美人画もでている。
こちらは明治の末以降のもの。
KIMG3861.jpg

KIMG3862.jpg

KIMG3863.jpg

鳥居言人の美人画もある。
KIMG3864.jpg

五葉
KIMG3865.jpg

深水
KIMG3866.jpg

綺麗なおねえさんばかり。

最後に面白い双六を見たのでそれも。
KIMG3858.jpg

明治の流行物たち。
活人画
KIMG3859.jpg

女学生の自転車
KIMG3860.jpg
「魔風恋風」以来、女子の自転車は憧れになったのだった。

いい展覧会をつづけさまに見て、とても楽しかった。

スポンサーサイト

古代の造形 ―モノづくり日本の原点

古代であろうが中世であろうが、現代にいたるまで技術は革新され続けなければならない。

三の丸尚蔵館へいった。
何をしているのか調べもせずに。
「古代の造形 ―モノづくり日本の原点」展だという。

銅鏡と銅鐸が半身ずつを見せている。
なんとなく右の銅鐸が物凄い笑いを浮かべているように見えた。
イメージ (403)

・石の造形  石器から勾玉まで。
縄文時代の石の鏃、石槍の頃から使い手のその手に合うよう削がれてきた石。
古墳時代になり更に手が込んでゆく。

宇和奈辺陵から世に出た石製模造品がとても可愛い。
斧や鎌と言った実用品のミニチュアのようなもの。

勾玉が集まるのもいい。
赤も緑もある。とても可愛い。わたしは橿原考古学研究所付属博物館で今出来の勾玉を買った。
赤か緑、どちらの色にするかとても悩んだ。
今ここにこうして赤も緑も大きいのも小さいのも並ぶのを見て、嬉しくなった。

細長いものは管玉、それから丸玉、棗玉、平玉と形の違うものがそれぞれの地方の古墳に埋められていて、世に出て大事に守られて、今ここにある。
それを見るのが嬉しくないはずがない。

イメージ (404)
イメージ (405)

・土の造形
古代の土の造形と言えば埴輪。なんといっても埴輪。須恵器が出ているがやはり埴輪。
鰭付円筒、朝顔形、靭形、女子頭部、囲い型、家形…

その埴輪の中で馬形の埴輪があった。完全な形のものではなく、頭部と胴の一部だけが残っていた。
それを元の形を思わせる配置で展示している。
倒れる馬のようにみえた。この馬はもう死んでしまっているが、笑っている。
そんな風に見えた。
眼の形は甘く優しく笑う。離れた胴はしっかりしている。
失った手足はどこへ消えたのか。土に還ったか、誰かが持ち去ったのか。
仁徳天皇陵から現れた馬の姿の埴輪。

同じところから犬の埴輪も出ている。こちらは番犬のようだった。鋭い眼をしている。釣りあがった眼は鋭い。

須恵器でヒトの形をするものがあった。
耳を隠しているように見えた。
イメージ (406)

・金属の造形
銅鐸、銅矛、銅鏡…
龍が犬歯を剥いているような図柄の銅鏡もある。
馬具、飾り板、耳飾り。
この時代に装飾性が完成されて、それから今に至るまでこのセンスは効いているような気がした。

昭和20年に発掘して世に出た兜がある。
シコロもきちんと残っていた。連続性のある位置の鋲。
出土地不明のもの、福井、愛媛…
形が同じなのは中央政権が形成され伝達事項がきちんと末端まで行ったということなのだろうか。

明治の調査の際に仁徳天皇陵に入りスケッチをした人もいる。
淡彩の甲冑図だった。

・守り伝えられたもの
大事にされてきたものたち…

ここで大事にされてきて本当に良かった。

12/10まで。

2017.10月の東京ハイカイ録

今回は一泊二日でしかも観劇がメインという久しぶりのプランです。

最初から国立劇場へ向かったわけではない。
まずは三の丸尚蔵館へ。
展覧会の詳しい感想は例によって後日。

やっぱり皇室の所蔵していた古代ものはいいなあ。
外には桜のような木花が咲いていた。



半蔵門へ。久しぶり・・・
国立劇場のチケットを出力してから国立国会図書館へ。
挿絵の展示を見る。
結局これで時間を使い切る。
ああ、挿絵よ・・・面白かった。

15年ぶりの再演「霊験亀山鉾」。
やっぱりあれよ、仁左衛門が白塗してとんでもない悪役やるのを見るのが一番好き。
だから彼に殺される善人たちは出来る限り儚く憐れでないといけない。
その痛々しさに疼くぐらいでないと、やる資格はない。
ニザリー、本当に素敵だ。
個人的には焼き場の場がいちばんいい。南北は人の生き死にで不謹慎な笑いを送ってくれるが、そこにわたしも反応する。

ああ、面白かった。

いい芝居を見終えて機嫌がいいが、もう五時前だった。
明日は本当は歌舞伎座で「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」を見たかったが、チケットが取れなかったのと、足が言うことを聞かなくなっていたので諦めた。
歩き倒す分にはいいが、ずっと狭い所で動かさずにいると、わたしの足は動かなくなるのだ。痛い。まだ足が治りきっていない証拠だ。

半蔵門から上野へ向かう。
サクラテラスから山へ上がると、上野の森美術館がある。
「怖い絵」展、その時40分待ちだった。雨の中だが、これは入ろう。

実際には25分程度で中へ入り、大混雑だがどの作品も好きなように見た。
こちらにある種の執意があれば大抵のことはかなうものだ。
そんなことを思いながら「怖い絵」を楽しむ。

まだ雨は降っている。
しかも目に見えない雨に変わって。
わたしは歩く。

東博につくと柔らかな照明があちこちにあり、うすぼんやりした夜景をクノップフの描いたブリュージュのように見せていた。
写真ではとらえきれない光景だった。
だから目に記憶に残すしかない。
しかし記憶は改竄される。
ほかならぬ自分の脳によって。

運慶展を再訪した。やはり彫像の後姿の肩や振り上げた腕の強さにときめいた。
考えることはあまりせず、純粋に見る愉しみに溺れた。
していいこととよくないことの区別がつかなくなる。
畏怖の念より、ある種の欲望とときめきがそこにある。

東洋館でマジカルアジアをみる。



チラシにあったニューギニアの頭蓋骨をみる。
加工された頭蓋骨。ヨーロッパではゲルマン人が敵の頭蓋骨に鍍金した。
日本では信長が敵の頭蓋骨を盃にした。
しかしここでは崇めるために頭蓋骨を表装し、不思議な再現をした。
生者の頃と似ているのかどうかは知らない。もはや誰もわからない。
装った死者の頭蓋骨を通して生者を想う。

好きなものが展示されているのは嬉しい。


2010年以来の再会になるのか。
当時の感想はこちら










外に出ると雨は空気と同化していた。
湿潤な東アジアの片隅。
月は出ていないが、こんなものをみた。



湿気に包まれながらも心地よさが全身に沁み通っていた。


定宿に帰るとフロントの仲良しが「一泊とはお珍しい」と言う。
まあ確かに。芝居の話をしてから寝る。

2日目、日曜なのに平日担当の朝食係のKさんがいた。
訊くとやっぱり土日はなかなか人が長続きしないらしい。
Kさんもたいへん。

まだやっぱり腱は治りきっていない。一カ月たってないから仕方ないか。
しかし歩く。歩くぞー。
というわけでいきなり国立新美術館にゆくが、開館5分後には既に大混雑の安藤忠雄展。
「光の教会」の現物再現があった。
正直、本気で驚いた。
この教会は大阪府茨木市にある。わたしもその気になればすぐに行けるのだが、今も行ってない。
驚いた。まだ雨なのに光が差し込む。



不思議な快さが心に拡がる。身体はそうでもないのだが。

安藤への盲信はないし、常に一歩引いたところで作品を見るが、しかし彼の作品の強い感染力には敵わない。
そこに住む気はないが、行く先が安藤作品だということはかなり多い。

結局2時間近くいた。
地下でお昼を食べてからサントリーへ向かう。
雨なので一瞬乃木坂から霞が関経由で六本木へ向かうかと考えたが、六本木からサントリーも意外に面倒なので雨の中を歩く。
そう、ミッドタウンは遠くない。

狩野元信展を見る。うまいこと入れ替えが進んでいて楽しい。
特によかったのは酒伝童子の鬼の宴会シーン。
鬼の家来たちが御大退場後に柿や栗や梨を運んできて、レアのフィレ肉を食べたり飲んだり舞ったり吐いたりしている。
無邪気な鬼たちより腹に一物手に荷物の頼光と四天王ご一行様の方がよっぽど悪人面をしている。

おんぶのしあいっこでインドからキジル国へ向かうクマラタンと釈迦像。
なんだかなごやかでいいぞ。

さてここからはまた建築。
東近美で「日本の家 1945年から」をみるが、これがまたなんだかもうすごいなと。
安藤をみた後に一旦狩野元信を入れて本当に良かった。
続けて見るのは避けるべきだ。
偉いぞわたし。

要するに近代建築を溺愛している人間に現代の現実が容赦なく押し寄せてきて、対処しきれなくなったということだよ、諸君。←諸君と呼びかけるほど別に誰も読んでいないぞ、7e。
安藤展とこの展覧会はたぶん一緒にする。そうでないと逆にしんどい。

常設展示では好きなものが色々出ていた。
癒される・・・







ここでタイムアップ。一瞬まだ17時前なので飯田橋にでも行こうかと思ったが、行くと必ず長居する。
諦めて大手町へ。

今回は一泊二日なので特に疲れたわけでもなく、荷物が大きいわけでもないので、阪急で帰る。
いつか新線が出来るらしいが、そうなると今よりもっと楽に帰宅できるな…

自宅に帰ってから猫を触りたおし、トキメキの元を延々とみて、やっぱり遅寝になったのでした。
次は11月の末近く。

京大・花山天文台へゆく その3

「京の夏の旅」でここが公開され、かなりの人が訪れたそうだ。
その時に見学したもののまとめ。
その1
その2

秋になり、また見学の機会を得たので喜んで出向いた。
そして今回挙げるのはあの時見学できなかった「別館」を中心にする。

こちらは本館の図書室。
素敵な古い本棚だ。梯子をかけるためのバーがある。
IMGP0066_2017101401144608b.jpg

IMGP0067_20171014011449aa4.jpg
宇宙に関する本や資料がずらり。
そしていずれにも付箋がいっぱい。

別館へ入る。
いい天井。これは川崎造船が施行したそう。
船底と同じ構造のアーチ。
IMGP0068_20171014011449c06.jpg

IMGP0070_20171014011452c8d.jpg
文字プレートがある。

IMGP0071_20171014012346d85.jpg
ここも本館同様ゴウンゴウンと手動で開く。
見学した日は小雨が降っていたので開放はなし。

小さめの観測機
IMGP0069_20171014011450c08.jpg

IMGP0077_20171014013530eb4.jpg

こういう構造のものがどうしてか大好きだ。
IMGP0072_20171014011455f61.jpg

ああ、影までいい。
IMGP0073_2017101401145645c.jpg

なんとなく悪人面だ。
IMGP0074_201710140114583dc.jpg

階段も小さい。
IMGP0075_20171014013527fda.jpg


ベランダに出る。
IMGP0076_201710140135296d7.jpg


本館を見る。
IMGP0078_201710140135322b7.jpg


別館の丸いアタマ
IMGP0079_20171014013533d79.jpg


元の太陽館。今は歴史館になっているがここの説明を詳しく聴けてよかった。
IMGP0080_20171014013535a99.jpg

IMGP0081_201710140135368e6.jpg
ここも手動で動くので、レールが活きる。

IMGP0084_2017101401354107f.jpg


素晴らしく間違いの少ない時計。気圧でそれが可能となっている。
IMGP0082_201710140135386ec.jpg
戦前のドイツ製への信頼と憧れ。

IMGP0083_20171014013539f04.jpg

IMGP0085_20171014013542a90.jpg

いいプレートは他にも。
IMGP0086_2017101401354420b.jpg

最後に本館の階段を一カ所だけ。
IMGP0087_20171014013545813.jpg

本館のドームもちょっとだけ。竜骨が何本あるのかはとうとうわからなかった。
IMGP0088_20171014013547929.jpg

もっとここが人に知られ、愛されることを願う。

「国宝」展第一期、間もなく終了!

10/3に開幕した特別展覧会「国宝」展の第一期目もいよいよ10/15で終わる。
第二期は10/17から10/29.
本当にきっちり2週間ずつの四期。
コンプリートもなかなか難しいから、行けるときに行く、というのも悪くない決断。
悔いなき選択をして、目前の「国宝」をたのしみましょう。

イメージ (401)

このチラシでは伝・源頼朝像と金印だけは1期ではない。
左上の平等院の雲中供養菩薩は通期、宗達の風神雷神は1と2期。
永青文庫から時雨螺鈿蔵も来ているし、山形の土偶の女神もいる。
そして左下には青磁鳳凰耳花入「万声」が場を締める。

もう本当にどこを見ても全て国宝。
どっちを向いても国宝、どこまで行っても国宝。

チラシにいなかった相棒はこちら。
イメージ (396)
宗達に始まり光琳、抱一、其一に到る風神雷神。
全ての祖ですな。始祖の巨人ならぬ始祖の風神雷神。

展示は三階から見て回るのだが、そこにはまず藤原為家筆による土左日記。
「学校で習ったなあ」とにっこり。

いちばん時代の古い国宝と言えばやっぱり土器。
イメージ (397)
ドキドキしますなあ。
これだけ装飾過多の土器の時代が終わった後はあのシンプルな弥生式土器。

今回の展示でびっくりするのは雪舟が一気に六点も集まっていること。
イメージ (398)
これはもう本当に今だけの愉しみ。

仏画も御釈迦様の復活する様子のが出ていた。
これは京博の常設でなじみの大きな絵。
法然、一遍の絵巻もあれば信貴山縁起、病草紙もある。
病草紙は「ふたなり」がトップバッターだった。眠るその顔の中途半端な美貌も興味深い。

イメージ (400)
吉祥天女もおでまし。
何年ぶりの再会か、嬉しくなる。

そして龍村平蔵が辛苦の果てにようやく再現させた獅子狩文錦、その元のものが出ていた。
中学の時からずっと感動が続く。

中宮寺の天寿国繍帳もある。ああ、本当に何十年ぶりかの再会。
刺繍の不思議。思えば正倉院御物より更に百年以前のものなのだからなあ…

イメージ (399)
甲冑も出てましたな。これは平安後期のもので備中赤木家伝来のもの。当初の姿をほぼとどめているとか。

仏像は河内の金剛寺から長らくここに仮住まいの大日如来さんらをはじめとして、東寺の兜跋毘沙門天立像、法隆寺の広目天、醍醐寺の虚空蔵菩薩などなどが。
運慶の仏像は東博に集合中です~

やきものも怠りなし!
三井からは志野茶碗 銘 卯花墻がきている。
萬野から相国寺へ移った玳玻天目もある。
遠くからでも一目でわかる愛らしいやきものたちよ、よぉおこしやす。

最後の最後までもう本当に国宝尽くし。
これはやっぱり凄いことですわ。
こんな機会がこの先もあるかと言えば、到底あるとは思えない。
やっぱりこの力の入った展覧会が開催されている間、どうにか四期とも見に行きたい。
欲望は募るばかり…

土日と残る二日間、行ける方はぜひとも!!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア