FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

竹内栖鳳と京都画壇

野間記念館では京都画壇の特集をしていた。
前回は東京画壇で、貰ったカードに捺印してもらったので、次回はご招待と言うプレゼントをいただいた。
mir711.jpg

かつては目黒雅叙園と山種と近美がわたしの日本画鑑賞修行の場だったが、今は目黒がなくなって野間がその地位にある。
野間コレクションはいつ見ても飽きないし、同じものを見ても「コンニチハ」な気分である。
ありがとう、野間記念館。
わたしはここで友の会が発足すれば、入る気まんまんなんですよ。

『竹内栖鳳と京都画壇』
基本的に近代日本画なら東西かかわりなく愛して来たので、前回に続き嬉しさが込み上げて来る。
仰ぎ見るべき栖鳳ではあるが、その画題は馴染み深いものが多い。

『兎』『仔犬』 可愛いウサギとわんこ。山種のヌシのような『班猫』と違い、このウサギもわんこも緊迫感のない、穏やかな絵だった。
絵を見た後の話だが、同僚からペットのウサギの写真を見せられた。色は違うが、なんとなくこの絵のウサギと似て、眠たそうだった。


『古城枩翠』 この松の垂れた様子を見ると、随分繁茂しているなと思う。
その二年後に描かれた泉屋分館所蔵の『禁城松翠』ではだいぶ涼しくカットされている。
小舟に乗り、皇居のお堀のお掃除をする人々も少しは楽になったろう。
mir712.jpg'26年と'28年。mir713.jpg

 
堂本印象『清亮』 牡丹の花と白鷺の立つ、花鳥画といえば花鳥画、一瞬の動きを画布に留めたとも、永遠に封じたとも言えるような絵。

西村五雲『夏木立』 ミミズクが可愛い。こちらを見る様子は、まるでにゃんこだ。

徳岡神泉『鶉図』 よく肥えた鶉たち。木賊の細さと比較して、へんにおいしそうにも見える。

印象『清泉』 ガクアジサイと茶色いシダ。わたしは印象は水墨画より彩色豊かな絵の方が好きだ。茶色いシダも彼の手にかかると枯れたのではないように見える。

榊原紫峰『猫之図』 白地に雉柄の堂々たる(要するにえらそーな)猫。切り株の上にどかっと座している。何ともいえずいい。毛のふさふさした感じもよくわかる。

栖鳳のウサギ、わんこ、五雲のミミズク、紫峰の猫。
第一室は、ちょっとしたどうぶつ宝島の様相を呈している。
しかし美女を忘れてはいけない。

麦僊の舞妓、松園の王朝美人らに並んで、三木翠山の当代美人が二枚あった。
『緑陰』 薄いレース風日傘の女
『納涼』 団扇を持ち、簾のそばに佇む女
共に’30年当時の和装美人。先日茶道資料館で彼の描いた美しい姉妹を見てきたばかりだが、この二枚の美人たちもおっとり上品だった。

麦僊には色々とちょっといやな感じを持っているのだが、名作はやはり名作として素直に賞賛したい。
『春』 チラシに使われるだけでなく、チケットにも登場した。
これは何とも言えず幸せな気持ちになる、幸せな雰囲気の絵である。幻想的なまでに白く美しい庭。右の紅椿の木や女児の赤い着物、母親の前垂れを見ていても、それでもその白い美しさが意識に残るのだった。

菊池契月の昭和初期の当代美人画が二枚並ぶ。
『福寿草』 丸梅文の羽織の女
『寒牡丹』 にじむような、うす化粧の女
どちらも冬から新春の寿ぎの頃の女を描いている。目元の艶は少しばかり狂気すら疑うほどだが、しかしそれが却って魅力的である。

梥本一洋『雲雀山之図』 彼らしい王朝風俗の一枚。木々のあり方にまで優美さが漂う。
mir712-1.jpg


野間コレクションの中核をなす色紙コレクションが、今回も並んでいる。
伊藤小坡、松園らのそれはやはり美人画である。
それぞれ月次風俗を描いている。特に気に入ったものを少しずつ。
小坡5月『あやめ』 ぼうぼう眉の女児が八つ橋の只中に立ち、あやめを眺めてにっこり笑う。
7月『朝顔』 朝顔に釣瓶取られて貰い水 加賀千代女を描いたもの。爽やかさがいい。
12月『年の暮』 御高祖頭巾の女が裏白持って歩いている。歳旦の支度に忙しいのがよくわかる。
松園5月『藤娘』 色紙シリーズは野間が画家たちに依頼して制作してもらったプライベート・コレクションだからか、松園さんも気軽な気分になるのか、色紙シリーズはいつもと趣の違う絵が多い。この藤娘は東京の清方が描きそうな藤娘だった。それが面白い。
9月『鳥籠少女』 別に少女が鳥籠に入っているとか、そのスカートがそれだとか言うのではなく、着物を着た少女が鳥かごを眺めている図なのだが、その背中だけと言う構図がいい。

西山翠嶂『金波玉兎』 謡曲『竹生島』ですね。しかし兎はリアルでちとコワイ。

栖鳳『猛虎』 応挙センセイもびっくりの可愛い虎。肉球をなめている。獅子図はよく見るが、虎の方が可愛く描けている。

橋本関雪『梅花谷』 桃源郷ならぬ梅花谷を舟で下る。白梅の匂いがこちらにまで漂うような佳品。

宇田荻邨『淀の水車』 いつもの淀の水車シリーズの一枚だが、この絵はわりとリアルな生活感がある。幻想性は少なく、本当に淀にあるような感じ。

花鳥画の色紙も多く出ていた。
華楊、松篁、平八郎、印象、神泉、紫峰、五雲・・・
画家の特性も少しばかり見えたりして、なかなか見応えがあった。
一つ一つ書けないが、何もかもどれもこれもが優しく佳い絵だった。
色紙の月次絵はやはり、肩のこらない健やかに楽しいものがよいのだった。

展覧会は7/21まで出、その後は夏休みで、9/6からは川合玉堂なのだった。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
こんばんは。
レビューお待ちしていました。
古城枩翠の比較はおもしろいですね。これでまた泉屋分館に行く楽しみができました。
>ウサギもわんこも緊迫感のない、穏やかな絵
実際ほっとさせられました。

それにしても長い夏休みですね。

2008/06/25(水) 00:42 | URL | キリル #ZgLpcwNk[ 編集]
こんばんは。
美人画の色紙では、伊藤小坡のものが上村松園のものよりピンときました。野間=大観とイメージが強いため、今まで敬遠気味でしたが、今回の京都画壇には満足しました。次回の川合玉堂も期待しています。
2008/06/25(水) 20:10 | URL | とら #7XsAu6aE[ 編集]
☆キリルさん こんばんは
栖鳳はわりと同一画題の作品が多いので、比較するのも楽しいですよ。
ベニス、獅子、雨の山村・・・好きなモティーフの反復。
野間は明るい和やかな気持ちになるので、行くのが嬉しいです。
泉屋も元々京阪ですから、京都画壇の絵が多くて、「コンニチハ」な気分になるんですよ。

夏休み、うらやましいです。遊びに行きたい~


☆とらさん こんばんは
栖鳳がいかに師としてすぐれていたか納得です。実に多くの弟子たちがいますね。
改めて感心します。
小坡の美人画は都内ではここくらいにしかないかもしれません。
名古屋の古川美術館に多く所蔵されてますが、野間のはサラサラッとした流れのよい作品だと思います。

玉堂は近年になってから、佳さに気づきました。本当にいいですね。
2008/06/25(水) 21:22 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
こんばんは~(^^)
栖鳳先生はもう本当に最高峰の作家さんと尊敬している私ですが、作品がすごく親しみやすいイメージがあります。
スズメの「チュン!」と鳴く雰囲気を絵に表すことの難しさについて語っておられた、ということを、以前丸太町通にあった栖鳳記念館で読んだことがあったと思います。。。間違ってたらすみません。
小坡さん、荻邨さん・・・という名前を聞くと嬉しくなります(^^)


2008/06/25(水) 23:23 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
☆tanukiさん こんばんは
栖鳳先生はいいですよねー。
師としても絵師としてもいいです。
応挙と栖鳳先生に共通するものを感じたりしてますよ。
例の猫の絵にもエピソードがありますが、栖鳳先生のマジメな洞察眼というものに感心しきりです。

>小坡さん、荻邨さん
そうでしょう、そうでしょう。
しかし愛知や三重は洋画家も多いですね。
2008/06/26(木) 22:55 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
こんばんは。野間は栖鳳はどのくらいお持ちなのでしょうか。欲を言えばもう少し作品を拝見出来ればとは思いました。(もちろん良い展示であったのは言うまでもありませんが。)

>古城枩翠

泉屋で見た記憶が蘇りました。同一画題が多いのですね。その澄んだ水の表現に釘付けでした。

野間近辺は土地勘も殆どないもので、散歩も目新しくて愉しかったです。
ああいう場所を歩くと東京も捨てたものじゃないなと思います。趣きありますよね。
2008/07/22(火) 22:53 | URL | はろるど #GMs.CvUw[ 編集]
☆はろるどさん こんばんは
栖鳳は色紙ではなく本絵の方が多そうです。大観と同じくらい集めたようです。栖鳳は同一主題のヴァリエーションが多く、静かな変化を感じたりします。そこがきっと魅力の根源なんでしょうね。

民家を見たり八幡様を見たり、なんとなく楽しいんですよね、あの界隈。
桜も素晴らしいですよ~
2008/07/22(火) 23:08 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア