美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **なお現在コメント欄を閉鎖中です。

「時を超えて・ハマの史跡の物語」展を見る

横浜開港資料館開館35周年記念ということで「時を超えて・ハマの史跡の物語」展が開催されている。
これを見る前にわたしは金沢文庫で「「愛された金沢八景」展をみた。
感想はこちら
いいものを見たので気分は昂揚、その流れのまま日本大通りへ出てきた。

17022402.jpg

明治初めの開化繪。よろしいなあ。

今も西洋館が残る横浜山手。その一帯の往時の写真がある。
県下を統治する神奈川県庁のレトロな写真もいい。
今回初めて県庁の真正面に立って左右の眼でクイーンの塔、ジャックの塔そしてキングの塔を眺めた。
いいなあ、本当に素敵。

そうそうこれで思い出した。
わたしがこの界隈を知ったのは小学生の時に読んでいた本宮ひろ志のマンガからだった。
弁護士の元夫からデートに誘われて嫌いで別れたわけでない元妻も喜んで応じ、この辺りを散歩するのだ。
その後元夫は法では裁けない悪を抹殺しようと命を落とす。
確か「極道水滸伝 首領(ドン)」だったと思う。

さて古い資料を見る愉しみを続けよう。
秋の日の根岸の競馬などを読み込んだカルタがあった。
・山手の一帯外人邸・県下を治める神奈川県庁・秋の日には根岸の競馬・散歩の足も軽井沢・キリンビールの煙突高く・メリケン祭のニューグランドホテル・四季の眺めは三溪園・・・
「散歩の足も軽井沢」って、あの軽井沢ですか。神奈川県とちゃうやん。

・ペルリの記念に茂る楠・立派な建物正金銀行・空にそびえる記念会館・根岸の刑務所赤レンガ・労働神聖ハマドック…
(吉川英治「かんかん虫はうたう」はハマドックの重労働の話だったよな…)
楠はこの開港記念館の中庭の玉楠のことか。

・海を隔てて房総半島(タコの絵札)・異人墓には十字の石碑…

切がないのでここまで。

横浜は開港から数えて75年目、1933には史跡めぐりツアーをしていた。
関東大震災の復興博覧会も開催したし、皆さんとても「わが町」を愛してたのが伝わる。

ところでここでようやく疑問が1つ解消した。
というのは金沢文庫で観たものでわからないものがあったのだ。
金沢文庫の展示でみたチラシに、震災でぐったりした女がへたりこむ絵の横にカナで「ノウサツ ハマビシレン」とあり、「こんなやつれたヒトで何が悩殺やの、ハマ美人試練?ちがう、花火のミス?」と謎グルグルだったが、ここでよくやくその謎が解けた。
「納札 浜菱連」発見。
そういうことか。悩殺でなく納札でした。

17022401.jpg

現在などはカルチャーセンターで史跡めぐりも多く開催されているが、この昭和初期から活発だったというのは素敵だ。
とはいえ日本人は「聖地めぐり」が大好きなのは大昔からか。

これで思い出したが、タイトルは忘れたが芸術祭参加作品で岸恵子が竜馬の妻だったおりょうさんを演じたドラマがある。
明治になり再婚したおりょうさんはある日「竜馬顕彰会」に招かれる。今の亭主は竜馬オタクで妻がまさか憧れの人の元妻だと知り仰天する、というストーリーだった。
ハナシはここから続くのだが、まあそれはさておき、ここでその竜馬オタクの男は各地を旅して竜馬を偲ぶのである。
これも聖地巡礼、史跡めぐりの旅なのだ。

横浜は黒船が来てから開かれた。
ここで新しい世を開いた人が大勢いる。
石川淳「至福千年」では江戸の本所で松師をしていた松太夫とその一家が横浜に出て異人相手に商売をする。
彼らはもともと隠れキリシタンなので明るい気持ちで明治を生きようとしている。
大和和紀「ヨコハマ物語」も開化してからの物語。
そうそう一ノ関圭「茶箱広重」も江戸を捨てて横浜で抒情的な風景画を描いた二代目広重を描いている。

わたしなどはこうした物語が胸にあるから、その地に行くとやはり嬉しくてならなくなる。
聖地巡礼するほどのことはないが、それでも聖地に降り立つと喜ぶという程度だが。

来月はこちらへ行こう。

スポンサーサイト

みなとバスで小磯記念館へ(六甲アイランドぐるぐる)

先日、小磯記念館へ「パリに生きるパリを描く―M氏秘蔵コレクションによる―」展を見に行った。
その時の感想はこちら

わたしは最近小磯記念館に行くのに阪急御影からのルートを使うようにしている。
みなとバスというのに乗るわけです。
13系統で六甲アイランドまで220円
平日は毎時17と37(ただし10時までと16時以降20時までは57もある)。
土日は毎時26(ただし10時までと16時以降19時までは56もある)。

これに乗って阪急御影駅南の山側のバス停から向かう。
それで小磯良平記念館へはウエストコート三番街前で下車。道路挟んだ目の前に小磯記念館。

帰りはそこからちょっと歩いたところ(見えてる)四番街から乗るわけやけど、ここで時々やらかすのが13系統やなく12系統に乗ってしまうこと
つまり阪神御影や阪急岡本に行くのはいいが、阪急御影と無縁になるのですよ。
遠のく、というべきかな。
これは220円から290円に値上がりするのであまりわたしとしては嬉しくない。
シモタと思うが仕方ない。
岡本からなら特急一本で帰れるさ、と自分に言い聞かせるくらいが関の山。
とはいえあれだ、バスの走行がそれだけ伸びてるわけだから、時間の都合で結局御影から乗って大阪へ向かうのと大差ないというのが微妙に悔しい所になる。

小磯記念館が17時閉館なのでそのまま帰路につくならベストは
16:36か17:06.これなら阪急御影へつく。
27と57は阪神御影と阪急岡本。
合理的精神のわたくし(ええように言うねえ)は17:06を選ぶべきなのですよ。

今回はこんな調子でしたが、しかしここに神戸ゆかりの美術館、神戸ファッション美術館がからむとまた変わる。
帰りはRICふれあい会館前から乗ることが良いみたい。
そのときは土日が01か31でなら阪急御影。(ただし11時から15時は01しかない)
あと阪神電車に乗るのは12系統でも13系統でもいいから21と51も仲間。

阪急の人間が六甲アイランドに行くのはかなり面倒だったけど、このバスのおかげで行きやすい地になったのは確か。
なんしか阪神かJRに出てモノレールでしょ、それはもう行きにくいのなんの…
みなとバス、ありがとう。

ここでベタなダジャレをいう。
みなとバスは駅をすっとばしたりしませんよ、名前は「みな とばす」であっても。
すんませんすんませんすんません。

ところでみなとバスは神戸にも当然ゆく。
御影から往来するとバス220円と阪急190円の410円。
みなとバスの直行なら370円。
そしてここで新神戸までというのも加わる。そちらは440円。
新神戸には竹中大工道具館がある。
そこにゆくのに440円で直行バスというのはやはりありがたい。
ただし竹中大工は閉館時間が早い。
12時から14時までに行くのがベター。
それだと六甲アイランド病院前から毎時43分のに乗るしかない。

色々考えるとまだまだ使い方もあるわなあ。
そうそう住吉ぐるぐる便はJR住吉から落合橋、つまり白鶴美術館へ行けるバスです。
住吉からは神戸市営もあるのでここは行きやすいわね。
阪急からもぉ歩くのイヤヤな方にはお勧めする。ただし住吉へ行く、ということが前提条件。

神戸から阪神間はバスいいよね。
有馬へもバスで行くよ。
わたしは宝塚から乗って、帰りは夙川へ降りることもしたが楽しかった。

また今度乗って出かけよう。

大阪府立江之子島文化芸術創造センターで「大阪版画百景」展を見た。

近年、大阪府の所蔵する美術品が江之子島で公開されるようになったりするようで、それを知らなかったからびっくりだった。
例の空き土地にいよいよ美術館が作られることも本格的に始動したようだし、めでたいと言えばめでたいが、それでもまだ「大丈夫かいな」と不安ばかりが先に立つ。
なにしろ中之島の住友ビルあたりで大阪府立文化情報センターがあった頃は、1990年には、サントリーが手に入れたばかりのグランヴィレ・コレクションのポスターを大々的に見せてくれていた。
そこが無くなった後は谷4の大阪府庁別館だったか、そこでもいいものを見せてくれたが、文化撲滅運動をするチジら一派のせいでなくされて、その先はわたしも何にも知らなくなった。
児童図書館もなくされ、大阪を文化果つる地にしようとする野望は半ば以上達せられているのだなと、と見ていた。
隣の府県とは大きく違うねーと思っていたが、ここに至って「大阪府立江之子島文化芸術創造センター」が活動していることを知って、本当にホッとしたし、嬉しい。
ちょっと調べると現代アートを主体に2012年からここが動いているようで、マジでよかったと思う。

そこで大阪版画百景を見たのでその感想を挙げた。
こちら

わたしが行った日はとてもにぎわっていた。
フロアーによって違う活動があるので、個展があったりグループ展があったりでカフェもあるようだし、これからも期待していいのかな。
うん、期待しよう。

「モリサワ」で見たスゴイ仕事 その2

今度は蒐集されたウィリアム・モリスの美本の特集へ。

モリスの刊行した世界有数の美本、いわゆるケルムスコットプレス刊本が目の前にある。
あんまり綺麗なのでクラクラした。
何もかもがとても優雅。

IMGP0339_20170210171421962.jpg

IMGP0340_201702101714226d6.jpg

IMGP0341_201702101714243d7.jpg

文字にからまる唐草の美。

IMGP0342_20170210171424e1c.jpg

IMGP0343_20170210171426ea9.jpg

手描きなのが凄い…

IMGP0344_20170210171427478.jpg

モリサワのコレクションって本当に凄い…
IMGP0345_20170210171429335.jpg

装幀もすばらしい。
IMGP0346_20170210171430bd5.jpg

IMGP0347_20170210171432e1a.jpg

IMGP0348_201702101714333a3.jpg

内も外も立派。
IMGP0349_20170210171435214.jpg

IMGP0350_2017021017143626c.jpg

IMGP0351_2017021017143884b.jpg

IMGP0352_20170210171439fa6.jpg

IMGP0353_20170210171441b32.jpg

IMGP0354_20170210171443427.jpg

IMGP0355_2017021017144417d.jpg

IMGP0356_20170210171445306.jpg

IMGP0357_2017021017152839d.jpg

IMGP0358_20170210171529906.jpg

文字を集める。
IMGP0360_20170210171531af3.jpg

IMGP0359_20170210171530dbe.jpg

手描き装飾文字…

下絵もある。
IMGP0361_201702101715349c4.jpg

チョーサー著作集
IMGP0362_2017021017153542b.jpg

IMGP0363_201702101715364bd.jpg

IMGP0364_20170210171538ce9.jpg

IMGP0365_2017021017153991b.jpg

IMGP0366_20170210171541443.jpg

IMGP0367_2017021017154256b.jpg

IMGP0368_2017021017154451d.jpg

IMGP0369_20170210171546dcd.jpg

開かれた本たちは蝶の群れのようだ。
IMGP0370_20170210171546b0b.jpg

IMGP0371_2017021017154879f.jpg

IMGP0372_20170210171549a27.jpg

モリス商会のデザインを基にしたグッズも紹介。
IMGP0373_20170210171619427.jpg

素晴らしかったです…
陶然となりながらモリサワを離れる。
冊子もいただき、幸せなキモチになった。

「モリサワ」で見たスゴイ仕事 その1

昨秋のイケフェス2016で大国町にある「株式会社モリサワ」に初めて伺った。
わたしは大国町に降り立ったのも初めてで、イケフェスのおかげでここへ来れたようなものだ。
IMGP0413_20170131124740c13.jpg
建物は現代のものでたいへん機能的であり、地下から地上へ上がり、仰ぎ見たときにそこに在るのが印象的だった。
そう、知らない街で探す建物が真っ先に目に入ると安堵する。しかも立派な建物なのだ。
IMGP0411_20170131124737a15.jpg
いそいそと入口へ出向いた。
IMGP0412_20170131124738bc3.jpg


建物を見る前に、ここでは資料室が開放されていると聞き、そのフロアへ上がった。
実は「モリサワ」がなんの業務をされているのかを知らなかった。
受付には親切な女性がおられて、丁寧な説明をしてくだされた。
そこで初めてわたしはモリサワがどういったお仕事をする会社なのかを知ったのだ。
わたしの再話ではうまく伝わらないので、会社のサイトを見ていただきたい。
こちら

「文字を通じて社会に貢献する」
それがモリサワの社是であり理念であり実行していること。
フォントの、書体のプロフェッショナルの企業なのだ。
わたしは何も知らずにお訪ねして資料室で説明を受け、展示物を見て驚嘆するばかりだった。
スゴイ会社ではないか。
わたしは本当に何も知らないままだった。
撮影可能ということから喜んでパチパチ撮らせていただいた。
知ってる本や雑誌などの印刷物はおろかアドビのフォントもモリサワによるものとは。
あああ、知らなかった。
しかし教えてもらえて幸運だった。
知らないままより、こうして教わったことでわたしの前に世界は広がる。

IMGP0410_201701311247352b1.jpg

IMGP0408_20170131124732911.jpg

IMGP0407_20170131124731262.jpg

IMGP0406_20170131124729d20.jpg

IMGP0405_20170131124728e35.jpg

IMGP0404_2017013112472685a.jpg

IMGP0403_201701311247259d2.jpg

IMGP0402_20170131124723fdb.jpg

IMGP0401_20170131124722671.jpg

IMGP0400_20170131124720af5.jpg

IMGP0399_20170131124719a03.jpg

IMGP0398_20170131124718f29.jpg

IMGP0397_20170131124717076.jpg

おや、素敵な工場の紹介の雑誌がある。
IMGP0409_20170131124734337.jpg
酒井一光さんの署名記事。

所蔵されている本や書などを見てゆこう。
IMGP0374_201701311300013f5.jpg

IMGP0375_20170131130002f19.jpg

IMGP0376_2017013113000336a.jpg

IMGP0377_20170131130004363.jpg

IMGP0378_201701311300061d6.jpg

IMGP0380_20170131130009a85.jpg

IMGP0381_201701311300105d6.jpg

IMGP0382_20170131130012f9b.jpg

IMGP0383_20170131130014d71.jpg

IMGP0384_20170131130015411.jpg

IMGP0385_201701311300160ae.jpg

IMGP0386_20170131130018439.jpg

なんかもう絶句するようなレベルの高さ…

IMGP0388_20170131164017c8e.jpg

IMGP0389_201701311640173ec.jpg

IMGP0391_201701311640207c6.jpg

IMGP0392_201701311640225cb.jpg

IMGP0393_20170131164023721.jpg

本当にここを知らなかったのは不覚。
しかし知ったことはよかった。

IMGP0387_20170131164015f23.jpg

IMGP0390_20170131164019077.jpg

IMGP0394_20170131164025fae.jpg

IMGP0395_20170131164026c4e.jpg

IMGP0396_2017013116402861b.jpg

聖武天皇、光明皇后から小野のお通まであるものなあ。
それに地震のビラとか。

参考図書も色々並んでいる。
見学自体は要予約。
詳しくはこちら
モリサワ・スクエア。
MORISAWA SQUARE

素晴らしい空間でした。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア