美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

鶴清の床で

これも挙げていなかった写真。
2005年の7/29に鴨川べりの鶴清の床で遊んだことがある。
当時の感想はこちら
あの時は画像が挙げれなかった。
今回もまたフィルム写真を挙げてゆく。

イメージ (25)

実に立派な佇まい。

イメージ (26)

床はこんな様子。
まだ早いので無人。
イメージ (27)

中を見せてもらいました。
イメージ (28)
上の階にもこんなに立派な大広間、百畳敷き。

イメージ (29)

到る所に和の装飾
イメージ (30)

ステンドグラスもいい。
イメージ (31)

だんだん夜が近づいてきた。
イメージ (32)

ああ、素敵。
イメージ (33)

鴨川からの眺めも素晴らしいのだが、ちょっと写真が見当たらないのでまたいずれ。
近々行きたいものです。
スポンサーサイト

20世紀末の舞子ホテルで

近代建築の撮影を本当に始めたのは97年か98年頃からで、当時はフィルム写真だった。
無論その頃はこんなに深くネットの住民になるとは思わなかったし、またネット世界も広がりを見せてはいなかった。

舞子ホテルには何度か行った。
日下部汽船の社長の別邸が料理旅館となり、和洋折衷のよい建物で、最初に行った頃は和の大広間から明石海峡大橋などがよく見えたが、今では商業施設が建って、ロケーションはわるくなった。
最後に行った日を調べると2008年の7/10だったので、それに驚いた。
もう9年も経っていたのか。
当時の様子はこちら
それとこちらも。

今日挙げるのは、まだカメラを使い始めて間のない1998年7/8に舞子ホテルを撮ったもの。
2008年のとはまた違うので、かつての様子をしのぶのもいいと思う。
それになによりフィルム写真は褪色するので、今のうちにネットに挙げておいたほうがよさそうだ。
今も大していい腕前ではないが、20年ほど前なのでもっとひどいが、記憶と記録の為と言うことで臆面もなく挙げてゆく。
また、今調べてみて、肝心の全景写真が消息不明なことに気付いてびっくりした。
いつか見つかれば追加したいと思う。

イメージ (6)
ゆっくりと坂を上る。

イメージ (7)
正面玄関の上部

イメージ (8)
玄関回り

イメージ (9)

中へ
イメージ (10)

イメージ (11)

ステンドグラスがとても多い。
イメージ (12)

イメージ (13)

イメージ (14)

イメージ (16)

壁紙も布もいい。
イメージ (15)

イメージ (18)

汽船会社の名残かな
イメージ (17)

イメージ (19)

和館へ
イメージ (20)

イメージ (21)

イメージ (22)

イメージ (23)

イメージ (24)
その頃大広間から見えた明石海峡

全体像は2008年のでちょっとだけわかる。
見つけるのが先か、再訪するのが先か…

京大・花山天文台へゆく その1

「京の夏の旅」ツアーに乗って山の上にある京大の花山天文台へ向かった。
IMGP0059_2017073112420121f.jpg
普段は一般公開してません。

IMGP0060_2017073112420309a.jpg
表札、カッコええ。

バスのおかげでスイスイ。
あっ見えた。
IMGP0062_20170731124343b4c.jpg

じゃじゃーん
IMGP0064_20170731124345180.jpg

ここからの眺め
IMGP0061_20170731124341807.jpg

敷地内にはこんなのも。
IMGP0063_20170731124344f7f.jpg

ちょっとぐるっと回る。
IMGP0065_201707311243471b2.jpg

これで初めて天文台という実感がわくなあ。
さっきの写真ではまた別なものにも見えたし。

あれだ、杉浦茂の描くジェロニモぽいな。
IMGP0067_20170731124350639.jpg

IMGP0068_2017073112435164f.jpg

IMGP0066_2017073112434885b.jpg


IMGP0069_20170731125043337.jpg

見上げると抜け穴か。
IMGP0070_201707311243548b5.jpg

これだね。
IMGP0071_201707311243560dc.jpg

階段
IMGP0073_20170731125045f70.jpg

IMGP0078_201707311244067f8.jpg

筒状の建物なので部屋の在り方も面白い。
IMGP0072_20170731124357842.jpg

いよいよ天文台の核心へ。
IMGP0075_201707311244029e0.jpg

IMGP0074_20170731124400e49.jpg
おおー

IMGP0077_20170731124405b33.jpg

IMGP0079_20170731124408d30.jpg

IMGP0082_2017073112583081a.jpg

IMGP0081_20170731125828aa5.jpg

資料もある。
IMGP0080_20170731124409061.jpg

IMGP0076_201707311244034e8.jpg

IMGP0083_20170731125830cf8.jpg

説明を伺う。楽しいわ。

京大・花山天文台へゆく その2

のんびりした空。
IMGP0085_201707311258336b3.jpg
天文台の外輪から眺める京都。あの山の端はどこだったかな。

IMGP0086_201707311258358e6.jpg

IMGP0087_2017073112583605e.jpg

この中にこんなのがあるわけですからなあ。
IMGP0088_20170731125838574.jpg

現役だった頃に撮った月面、だったかな。
IMGP0089_20170731125839647.jpg

次はあちらも見よう。
IMGP0084_20170731125832d3a.jpg

玄関
IMGP0090_201707311258419ba.jpg

IMGP0091_2017073112584266a.jpg

IMGP0092_20170731125844b23.jpg
やっぱり可愛い。

IMGP0094_20170731142357704.jpg

IMGP0093_201707311258453fd.jpg

さて四角い建物へ。
IMGP0095_201707311258497b2.jpg

レールがあるのがミソで、天井がスライドするのだよ。

こういうシステム
IMGP0106_20170731144648a50.jpg

IMGP0107_20170731144649b2e.jpg

IMGP0101_20170731144641c92.jpg

天文台と2ショット。
IMGP0097_20170731144343b45.jpg

こちらは別館
IMGP0098_20170731125853b8f.jpg

IMGP0099_20170731125854999.jpg

こちらにも資料。
IMGP0103_20170731144643eb8.jpg

IMGP0108_20170731144650246.jpg

IMGP0105_2017073114464680e.jpg

貯金箱にほしいな。
IMGP0100_20170731125856bfe.jpg

さらば。
IMGP0102_20170731144642dce.jpg

IMGP0109_20170731144652f97.jpg

いいところでした。

おまけ。
すぐそばの建物は事務棟かな。
IMGP0096_20170731125850270.jpg

白河院へゆく

西の端の本野邸から東山へ。
バスの移動は気楽である。

白河院で昼食。
この白河院は建物は武田五一、庭は七世小川治兵衛(植治)、建物の天袋などに松村景文の絵もあるそうだ。
私学共済の旅館なのでなかなか敷居が高かったが、行ってお話を伺うと、一般のものにも気軽に親しんでほしいとのことだった。
動物園のほん近く。カフェもあり、今度また行こう。

おもては現代の建物。
さてそこからが五一の数寄屋。

わたしらの入った座敷
IMGP0036_20170712125946147.jpg

欄間や釘隠しがいい。
IMGP0037_20170712125947b63.jpg

IMGP0038_20170712125948940.jpg

IMGP0040_201707121259535e9.jpg

廻り廊下の緑がたまらない。
IMGP0039_20170712125949dbf.jpg

IMGP0041_2017071212595318e.jpg

IMGP0042_20170712125955ed7.jpg

松村景文の天袋だがこれは印刷物かな。
IMGP0043_201707121259558dc.jpg

IMGP0044_20170712125957ae4.jpg

襖もいい。
IMGP0045_20170712125958952.jpg

IMGP0046_20170712130000d55.jpg

IMGP0047_20170712130001008.jpg

杉戸にも絵。
IMGP0048_20170712130003732.jpg

庭へ出る。全景
IMGP0049_20170712130004333.jpg

鬼瓦が可愛い。
IMGP0051_20170712130007442.jpg

植治の庭。
IMGP0050_20170712130007fe0.jpg

半夏生も咲いている。
IMGP0052_2017071213001042d.jpg

茶室もあった。
IMGP0053_2017071213001175d.jpg

IMGP0054_20170712130013704.jpg
この苔の緑。

キモチ良かったですわ。

また季節の良い頃に出かけたい。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア