FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

神宮徴古館・神宮農業館をみる

今回は建物について。

神宮徴古館は宮殿建築の名手・片山東熊の設計。
徴古館は明治42年に竣工、戦災により昭和28年改修。
外壁に備前焼のタイルなどが使用されている。

リーフレットから
イメージ (2251)


矢澤弦月、野田九甫の古い日本をモチーフにした絵画などが展示されている。
松村景文もあった。
イメージ (2252)

神嘗祭での供え物の模型による再現などがとてもリアル。
正殿の鍵も展示されているが、その字が難しい。
鑰(カギ)といった字なのである。
御鑰。

さて外観だけでも挙げて行こう。
20190913_114852_HDR.jpg


20190913_131512_HDR.jpg


20190913_133922_HDR.jpg


白備前焼のタイル
20190913_115632.jpg


20190913_115646.jpg


二階から見た。


新館への廊下から中庭を見ると萩が咲いていた。

古い写真。
イメージ (2247)


イメージ (2248)


イメージ (2249)


イメージ (2250)


チケットの半券に設計図の一部が。当初の本館屋根がドームだったことがわかる。
イメージ (2245)


こちらは農業館

内部の木の組がはっきり見える天井もいい。

美術館には行けなかった。
やはり一泊二日くらいの旅程が必要なのだ。
スポンサーサイト



帯広でみかけた建物

町中にあった可愛い建物をいくつか。

・名前入りのレンガの建物
正面から。
IMGP0355_20190630234657cb6.jpg

ぐるりと回ってゆこう。

IMGP0356_201906302346590a3.jpg


裏へ。

IMGP0358_20190630234701a89.jpg

色が違うね。

IMGP0359_201906302347038b5.jpg

全景

IMGP0360_2019063023470403f.jpg


・大正と昭和をつなげた。
らしい。

IMGP0361_20190630234705775.jpg

長く伸びた。

IMGP0362_20190630234707d42.jpg

全景
IMGP0363_2019063023470872b.jpg


・倉庫
金蔵装飾が可愛い。

IMGP0364_201906302347107dc.jpg


IMGP0365_20190630234711f2a.jpg


最後にラスボス・大雪山
IMGP0357_2019063023465940b.jpg


いつまでもあってほしいなあ。

帯広・双葉幼稚園

とても愛らしい幼稚園を見学した。
IMGP0366_201906290146184cc.jpg


帯広の双葉幼稚園である。
IMGP0367_20190629014619ad4.jpg


今はもう幼稚園としては機能していない。
歴史などを記した案内板がある。
IMGP0371_20190629014625a44.jpg


柵も可愛い
IMGP0368_201906290146213e4.jpg


雑草の伸びた庭が夢のように美しい。
IMGP0369_20190629014622e2c.jpg


IMGP0373_20190629014627659.jpg
ニキータ・ミハルコフの映画のようだ。


個性的な屋根
IMGP0370_20190629014623cfc.jpg


内部はこうなっている。
IMGP0374_20190629014628605.jpg


IMGP0376_2019062901463192f.jpg

屋根の形に合わせて房がある。

窓がやさしい。
IMGP0375_20190629014630b91.jpg


IMGP0377_20190629014632613.jpg


それぞれの部屋へ
IMGP0378_20190629014634c4c.jpg


どの窓も玄関も明るい。
IMGP0379_201906290146356ec.jpg












外観を見る。
IMGP0381_20190629014638f83.jpg


IMGP0382_20190629014704064.jpg


IMGP0384_20190629014708762.jpg


裏庭から全体を見る。
IMGP0383_20190629014706424.jpg


IMGP0385_2019062901470937d.jpg


IMGP0386_20190629014710bb4.jpg


やはりこの屋根がいい。
IMGP0387_2019062901471291e.jpg


再び中へ
IMGP0380_20190629014637942.jpg


IMGP0388_20190629014713001.jpg


居心地の良い幼稚園だった。
IMGP0389_20190629014715907.jpg

清華亭

北海道大学近くに可愛らしい公園と建物がある。
偕楽公園とその一隅にある清華亭である。
IMGP0047_20190627235610843.jpg

1880年、明治天皇の行幸の際の休憩所として建てられ、今も当初のままこの地にある。
明治天皇は全国を旅された。
その軌跡については明治神宮宝物殿の企画展で紹介もされている。
2012年「明治天皇六大巡幸」展である。
他に国立公文書館にもその記録が収められている。
こちら
つまり二度目の北海道巡幸の際に使われたようだ。

IMGP0049_20190627235613401.jpg


IMGP0048_20190627235611601.jpg
あでやかな色の花が多い。

IMGP0050_201906272356145b5.jpg


IMGP0051_20190627235616ccf.jpg

和洋折衷の愛らしい建物である。

IMGP0052_2019062723561701c.jpg


IMGP0053_20190627235618571.jpg


IMGP0054_2019062723562051f.jpg
☆型の透かしがある。

中へ入る。
IMGP0055_201906272356211ab.jpg


IMGP0056_20190627235623fc3.jpg


シャンデリアと天井の漆喰装飾がいい。
IMGP0058_20190627235828da3.jpg


IMGP0057_201906272356242a8.jpg


窓からの緑もいい。
IMGP0059_20190627235830e2d.jpg


和室の心地よさ
IMGP0065_201906272358374ac.jpg


IMGP0066_201906272358386db.jpg


裏口のところの天井の構造がいい。
IMGP0069_20190627235843d6e.jpg


IMGP0068_20190627235842b5e.jpg


IMGP0070_2019062723584467e.jpg


庭木の可愛いさを堪能する。
IMGP0071_201906272358454cc.jpg


IMGP0072_20190627235847706.jpg

内地では見ない色だった。
とても好ましい。

煉瓦で出来た合同酒精工場旧蒸留棟

旭川のどの辺りなのか自分ではよくわからないのだが、合同酒精工場の旧蒸留棟を外から眺めた。
IMGP0583_20190627013516ae7.jpg
白樺とシロツメクサと芝生とが檻越しに、赤レンガの建物を映えさせる。

少し調べると面白いことがわかった。(北海道文化資材データベース)
「清酒工場の蒸留棟として建てられました。れんがを積んだだけの細長い5階分の建物は、地震に弱いはずですが、内側を細い鉄骨で補強しているため、80年以上経過した今も健在です。5階部分は1933(昭和8)年の増築で、この部分には軌道用レールを用いています。
[建設年]1914(大正3)年[構造]れんが造5階建」

そうか、細い鉄骨が骨になり、煉瓦と言う肉を剥がさずにいられるわけか。

随分傷んできているが、まだまだ崩れはしない。
IMGP0584_201906270135176ba.jpg


IMGP0585_20190627013519bb1.jpg


その五階建ての細い蒸留棟を白樺越しに見る。
IMGP0586_20190627013520fc6.jpg


なるほど背が高い。
IMGP0587_2019062701352237e.jpg
電柱より高い。


側面
IMGP0588_201906270135232ea.jpg


正面
IMGP0589.jpg


斜めから
IMGP0590_20190627013526515.jpg


いい姿。煉瓦を味わう。
IMGP0591_20190627013528e87.jpg


もう今は現役ではないのか。
IMGP0592_20190627013529ccb.jpg
眉を寄せて複雑な表情を見せる煉瓦君である。


非公開の建物だが、こうして外観を自由に見ることができるのは嬉しい。
IMGP0593_201906270135319de.jpg


IMGP0594_201906270135329b3.jpg
樽がずらーっ


やばい表情…
IMGP0595_20190627013534608.jpg


この樽が蒸留に使われていたのだなあ…
IMGP0596_20190627013535dcd.jpg
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア