美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

第69回正倉院展 特別セミナーと鑑賞のおススメ

秋恒例の特別展といえば正倉院展。
わたしは大学の時から長らく通っております。
飽きることなく見に行けるのはやはり正倉院の宝物の魅力が深いからだとしか言えませんなあ。
実際、「ああ、もう今回はいいかな」と思った年があるけれど、そういうときに限ってまたこちらの心を読んだかのように、突然スゴイのが出たりと、そそられるそそられる。

さて今年は69回目。
00089194.jpg

ここで初めて知ったイベントがありました。
それが今回のブログのタイトル「第69回正倉院展 特別セミナーと鑑賞」になるわけです。
どこが主催かと言うとアメリカン・エキスプレスだというので、ちょっとびっくりしましたがな。
むろんこれはアメックス会員限定イベントになるわけですが、内容がよさそうなので、やっぱり正倉院展を愛する者としては「こんなんありますよー」とお知らせはしたい。
勝手に宣伝するのはいつものことだから、アメックスさんも奈良博も別に怒らはることもないかなと…

イベントの告知内容はこちらに詳しいのでご一読を。

奈良国立博物館学芸部長・内藤 栄さんが講師と言うだけでもわくわくもの。
しかもその場所がどこかと言うと奈良国立博物館仏教美術資料研究センター、つまり大昔は勧業センターしてたあの和風近代建築ね。
ここですここ。
イメージ (389)

明日10/12までの申し込みと言うことなので急遽のお知らせでしたー

ところで今回のメインヴィジュアルはあの羊さんのいるロウケツ染めですがね、これについてはわたしもつい先般色々知ることがあり、見に行くのがすごく楽しみになっておるのです。
たぶん内藤さんもこれについてお話しされるのだろうな、と予想中…
スポンサーサイト

6月22日はカニの日らしい。

色んな記念日があるもので、毎日感心している。
それで今日はカニの日ということで、ちょっと集めた。




猿蟹といえば講談社の絵本のカニ父子はどうも…猿やなくてもどつきたくなるところがある。
この考えなしめ、という腹立たしさがわくのだよなあ。

ちりめん本の猿蟹はこれは二次創作だよな、という話。
ひどい話だ。

そして芥川龍之介も猿蟹合戦を書いている。
これはギャグというかfarceなんだが、ラストが刺さる。

で、この芥川の話をどう解釈したのか、出所後の蟹を人に見立てて擁護する文を読み、ちょっとあれだなあと思ったことがある。
これはそういうのに使うものではないでしょうに。



高浮彫でカニ。凄いもんだ。
形から行くとワタリガニかな。

ワタリガニと言えば上海ガニもワタリガニらしい。
生島治郎「夢なきものの掟」で主人公・紅真吾が上海ガニをたらふく食べるシーンはいつ思い出してもヨダレがわく。

ヒトがカニ食べてるのはうらやましい限りだが、ナマナマしくヨダレが湧いたのはこの上海ガニとあともう一つ。
乱歩「孤島の鬼」終盤、洞窟の迷路に迷い込んだ二人がサワガニをみつけて大喜びで貪り食うシーン。あれも口の下半分にヨダレが湧いてくる…

わたしは大阪人なのでやっぱり松葉ガニがいちばん好きだが、その松葉ガニで面白い話がある。
こんな小話。
T取県が関西の仲間入りしたいという。
おたくさん中国地方ですやん、とやんわり断るとT取県の反撃が来た。
「うちで獲れたカニ、どこの県の方がいちばん食べてます?」
「…はい、大阪です」
「うちの20世紀ナシ、おいしいですよね」
「…はい」
「うちは温泉もたくさんありますけど、どこの県の方がいちばん浸かられます?」
「…はい、大阪です」
「うちが関西に入ることに何か支障でも?」
・・・好きな話だ。

実際、鳥取県のカニを楽しみにしている大阪人は多い。
越前から鳥取までの日本海のカニの素晴らしさ。
いやもう本当に冬の王者はカニだ。
とはいえ、大阪のオヤジはフグにいきよる方が多いか。

さてそのカニ。


佐伯の親族のヒト、食べたかっただろうなあ…

カニを食べる歓びは大きいが、カニに助けられる話もある。


この娘さんは蛇に魅入られ嫁入りを強要されたのだが、娘の危機を知ったカニたちが果敢に蛇と戦い、ついに蛇を倒すも死屍累々。それでカニ供養がこの蟹満寺で行われている。
扁額がカニなのは世界でもここだけ。

ところでなんでカニの日になったのかというと、かに道楽が色々理由を挙げている。
その中でかに座の初日ということもあるそうな。

かに座…巨蟹宮…そうなると黄金聖闘士よ。デスマスクですな。
拾いものの画像だけど。アリエスのムウ様と2ショットのところ。
17062202.jpg
デッちゃんはけっこう好き。
アニメの方では田中亮一さんの声がすごく良く似合っていた。
久しぶりに通読するか…

カニの歌というのもいくつか。
・東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる 石川啄木『一握の砂』

・神これを 創り給へり 蟹歩む 山口誓子

古事記にも応神天皇が読んだ蟹の歌がある。

あと、カニといえば上田秋成が「無腸」という号をもっているが、これはカニの意味。

毛ガニ、タラバガニもいいが、食べるのは松葉ガニがいいなあ。
とはいえ、わたしはサンリツのカニパンも大好き。←カニのカタチしてるだけ。

工芸品も一つ。



いくらでも浮かんでくるがもうここまで。
そうそう、海遊館のタカアシガ二、あれはどう見ても宇宙で働く乗物。
というわけで終わり。

おしらせ

現在、自宅PCでの更新がかないません。
ログインが出来ないからです。
それで別なPCでは出来るので、主に週末に近代建築の記事を挙げてゆきます。
今後どうなるかはまだ未定です。
本当に困ったことです。

なお現在gooでブログの更新を続けております。
「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」

こちらで展覧会の感想などをいつも通り挙げておりますのでよろしくお願いします。

ここでの次の予定は2/4、2/5です。

早くログイン可能状態になってほしいもんです…

2017年もよろしくお願いします。

トリyearということで。イメージ (11)

今年もよろしくお願いします。


        遊行七恵

造幣局の通り抜け 2016 その2

続き。
黄桜の御衣黄。
IMGP0077_20160422162721eca.jpg

IMGP0078_20160422162723338.jpg

IMGP0079_20160422162724382.jpg

IMGP0080_20160422162725d1e.jpg

IMGP0081_201604221627277f8.jpg

IMGP0082_201604221627438d8.jpg

IMGP0083_2016042216274565c.jpg

IMGP0084_20160422162746769.jpg

IMGP0085_20160422162748cdc.jpg

IMGP0086_20160422162749236.jpg

IMGP0087_20160422162939362.jpg

IMGP0088_201604221629417d5.jpg

IMGP0089_2016042216294254b.jpg

IMGP0090_2016042216294439a.jpg

造幣局をバックに。
IMGP0091_20160422162945d39.jpg

IMGP0092_20160422163005b4a.jpg

IMGP0093_20160422163007992.jpg

IMGP0094_20160422163008714.jpg

IMGP0095_20160422163010313.jpg

IMGP0096_201604221630110ec.jpg

IMGP0097_20160422163127f47.jpg

IMGP0098_201604221631283a4.jpg

タンポポも咲く。
IMGP0099_20160422163130847.jpg

IMGP0100_20160422163131c4c.jpg

IMGP0101_201604221631336f1.jpg

IMGP0102_20160422163153817.jpg

IMGP0103_20160422163155d64.jpg

IMGP0104_201604221631575b6.jpg

IMGP0105_20160422163158ee6.jpg

IMGP0106_20160422163200c18.jpg

IMGP0107_20160422163315a87.jpg

IMGP0108_2016042216331641c.jpg

銀橋はいつみてもいいなあ。
また来年までサラバ。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア