美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

遊行七恵の取扱説明書について

千露さんlapisさんが「取扱説明書メーカー」でご自分の取説を開示されていた。
またわたしもそんなのが好きなもんで・・・
早速やりました。(本当は今夜の予定は埼玉近代美術館に寄贈された大観の絵のことか、目黒の美形絵展のはずだったのだが)

さて遊行七恵さんはと申しますと・・・

遊行七恵さんの取扱説明書
遊行七恵さんをご使用する際には以下のことに気を付けて下さい。
水に濡らさないよう、ご注意下さい。
風呂場では使用しないで下さい。
700g以上のものを上に乗せたり、持たせたりしないで下さい。バランスを崩して倒れる原因となります。
衝撃を与えないで下さい。誤動作の原因となります。
狭いところが苦手です。誤動作の原因となりますので、必ず広いところでご使用下さい。

また、遊行七恵さんを以下の場所でご使用にならないよう気を付けて下さい。
動物園
なにかの上
汚いところ

遊行七恵さんが故障かな?と思われる場合は以下のことを試してみて下さい。
遊行七恵さんの恥ずかしい過去を暴露して下さい。

それでも遊行七恵さんが正常に動作しない場合は。
どうすることもできません。


ううむ、アタラズとも遠からず、でしたな。
700g以上云々は大当たり。すぐに右肩は亜脱臼します。
でもお風呂大好き・・・
「衝撃を与えないでください」てか。ホント、そのとおりです。
ちょっとのショックですぐにパニくるのは得意中の得意です。
だから、そのパニック状態が大きいと、故障かな?と思われて・・・
ハズカシき過去をバクロそれると、いよいよドドーンッッッと海底へ・・・
それで「どうにもなりません」なのでした。

よくわかるなぁ、ナットク。
スポンサーサイト

鴎外・漱石と肥後熊本の先哲たち

永青文庫は熊本の細川家の代々のお宝を見せる場であるが、人的資材の展覧会もこうして行われる。
展覧会の狙い。
細川家が肥後熊本に入国し明治維新を経ておよそ400年。その間に熊本は、政治、文化、芸術と多方面にわたりすぐれた人材を輩出してきました。一方、熊本にその足跡を残した著名人も少なくありません。
たとえば三代細川忠利に招かれた剣豪・宮本武蔵は晩年を熊本で過ごし、自らの武道の集大成である五輪書を遺しました。藩校・時習館からは大日本帝国憲法の起草・制定に参画した井上毅や、教育勅語の起草に携わった元田永孚など近代日本の基礎を築きあげた俊英たちが巣立ちました。また第五高等学校(現、熊本大学)の教師として熊本で4年を過ごした夏目漱石はその体験をもとに『草枕』などの作品を生み、森鴎外は熊本藩に起こった殉死事件に取材して歴史小説『阿部一族』を発表しました。このほか十六代細川護立が育てた蒔絵師・高野松山や日本画家の堅山南風に至るまで、熊本とゆかりの深い熊本出身の芸術家や学者たちの作品や書簡などおよそ50点を展示し、文化育成に果たした細川家の役割を振り返ります。


そこに名の挙がった人々の残した品々・文物を見た。
四つのタイトルがある。
<武士道を支えた先哲たち>
<藩校時習館の出身者たち>
<文豪とジャーナリストたち>
<護立の愛した芸術家たち>
過去から現代につながる人々の残したもの。

<武士道を支えた先哲たち>
明治の熊本城を見る。つい先だって『建築の記憶』で見たから馴染みがある。
旧幕時代はお城が全ての支えだったろう。そしてこの名城は廃藩置県後は人々の誇りになった。今年は築城のなにやら記念の年らしく、あちこちでお城のポスターを見かける。

寺尾勝延 書写  宮本武蔵 『五輪書』 江戸時代前期
今は井上雄彦『バガボンド』で人気の武蔵だが、わたしは武蔵と言えば川崎のぼるの作画した『ムサシ』を思い起こす。他にSFマンガ『AMAKUSA1637』など。
吉川英治の『宮本武蔵』は巌流島までだったが、小宮勝清『それからの武蔵』が熊本時代の武蔵なのだった。『五輪書』は名前は知っていても内容は知らない。武蔵はどうもあんまり女の人には人気がないように思う。

その武蔵の描いたと伝わる 捫腹布袋図 江戸時代前期
もんぷく・ほてい図。もんぷくとは腹を摩る意らしいが、大笑いする布袋なのだった。しかしながらちょっと楳図かずお『のろいの館』あかんぼう少女タマミに似ている・・・

林又七(1613?99)作 重要文化財 破扇桜文象嵌鐔 江戸時代前期
象嵌師の職能にはいつも感心する。見事な鐔が色々と並ぶ。
決してわたしには何があろうと出来ない仕事。いくつか気に入ったものもある。
周囲に○に花柄の10個の輪繋ぎや、舞鶴透鐔(どう見てもJALかトヨタだ)も可愛いし、細川家の九曜の紋をうまく取り入れているのがいい。

<藩校時習館の出身者たち>
井上毅(1843?95)旧蔵 澤庵宗彭書状 宗圓宛 江戸時代前期
澤庵は書をよく残している。武蔵との関係では名僧だと感じたりするのだが、柳生十兵衛あたりになるとハハハ・・・なのだった。人間、ムシの好く好かぬがあるから仕方がない。

竹添進一郎 書簡・蓑田喜太郎あて
1912年夏に生まれ来る細川家の赤子の名前をいくつか考え、その候補を書いたのが内容。中に「護貞」があった。

狩野直喜 書簡・真藤義雄(細川侯爵御家職)
近衛家の陽明文庫に対し、細川家も文庫を開きたい、その名前に良いのはないかという問い合わせに対する返事。今の永青文庫は細川家 の家宰のための建物だったはずだ。
またこの狩野と言う人は、京都大学の東方文化研究所の初代所長で(ということは、北白川のあのすばらしい建物の!)東久邇宮内閣に細川氏が入閣することを反対もしている。
こちらの書簡は1945年8月17日である。
少し前、その東久邇宮さんが102歳くらいで亡くなったのを記事で見た。
細川護立は学習院の仲良しさん仲間の「白樺派」の金庫番を任じていた人で、志賀直哉や正親町と同窓だった。彼らより5歳下の里見は東久邇さんと同級で、二人で色んなイタズラをしていた、と随想を残している。
わたしは最初期の白樺派の青年たちが自称する「友達耽溺」の様子がとても好きだ。

<文豪とジャーナリストたち>
森鴎外(1862?1922)筆 『オルフェウス』訳稿 大正3年頃
これはグリュックのそれ。三度も翻訳し直している。わたしは鴎外の翻訳に好きなものがいくつもある。『即興詩人』『冬の王』などなど・・・

『阿部茶事談』 これが何かと言うと、鴎外『阿部一族』の元ネタなのである。殉死を制められた侍とは、一体どう言うものなのか・・・文を見ても小説を読んでも、到底理解出来ない感覚なのかもしれない。

夏目漱石(1867?1916)筆 『野分』原稿 明治39年
これについてのエピソードが楽しい。前述の通り細川護立は志賀や正親町と同級なのだが、あるとき授業中に漱石の小説が二人が秘かに手渡しで届いた。読んで嬉しかったということや、友人らとコソコソドキドキ動くことが楽しいというのが、読んでいてよくわかる。
他に漱石の内田魯庵への書簡があった。
『吾輩は猫である』を褒められた嬉しさに、礼状を書いている。それも「猫が寝ているので代わりに小生が」書く、と言って。

<護立の愛した芸術家たち>
高野松山(1889?1976)作  花蝶蒔絵香合
これは花や蝶だけでなく羊歯も描かれていて、そのくせアールデコというオシャレさなのである。
可愛くてしかたない。

堅山南風 団扇 百合図
これは珍しく赤い百合である。なかなか可愛い。堅山南風は師匠の山中神風につれられて細川家を訪れたそうだ。
だから護立あての絵はがきも色々残っている。桃の絵の絵はがきが特にいい。

一つ異質なものを見た。近代に作られた屏風で、ロシアの民衆が楽しく過ごす姿が六枚ほど描かれたもので、これは外国で護立氏がもとめてきたものだそうだ。なんだか面白かった。
他にも志賀や武者小路らとくつろぐ写真などがあり、ほのぼのといい感じだった。

これまで未開放、またはなんにもなかった一室にそれら写真があるだけでなく、当時のものらしきソファなどが置かれ、本など読めるように手配されていた。明るい気分になる一隅。
今度の展覧いは『細川のお姫様 華やかなるプリンセス・ライフ』らしいから、そのときにはここはもしかすると、花で飾られているかもしれない・・・
色々と楽しめる展覧会だった。興味の向かない人にはおススメしにくいけれど、私は楽しかった。

芳年・芳幾の錦絵新聞

千葉市立美術館で『日本の版画』を楽しんだだけでなく、『芳年・芳幾の新聞錦絵』を見た。
二年ほど前、伊丹市美術館でも明治の新聞錦絵展が開催され、それを見ていたので「わーいわーい」の気分で会場に入る。
mir555.jpg

実際、凄い数の展示がある。壁に延々と貼られていて、きちんと解説もある。
初見ではないので、これらの内容が実はゴシップだとわかっているので、機嫌よく見て回った。
しかしそれにしてもよくこれだけ残っていたものだ。
そちらの方に感心する。
話のネタは「まぁニンゲン生きてたらなんなとありますわな」としか言いようがない。
それにしても今の世の中もエグイけど明治初もエグイなぁ。笑うネタが多い一方、笑えぬネタも満載。
とにかく市井の人々の日常に潜む何かがここにはある。ヤラセなしでこれか!と感心しきり。
絵もまた話の内容を盛り上げたり、これでもかこれでもかなので、面白くて仕方ない。
ただしマジメに向き合ったりする人には合わない内容かもしれない。
ところでここにあるのは「東京日日新聞」「郵便報知新聞」で、以前わたしが見たのは「大阪日日新聞」(今のとは違う)がメインだった。

日日新聞のロゴには天使が二人いる。
同じ天使かと言えば実は時々顔つきを変えていたりもする。
要するに天使も顔を背ける、というやつさ。
わたしが面白ガッタ記事をいくつかピックアップする。

・3号 嵐璃覚と情婦の夜嵐お絹の話、これは以前から知っていたので絵を見て笑った。
・736号 台湾で岸田吟香をおぶった現地の人がその重さに押しつぶされる。倅の劉生は色んなところで見たり聞いたり読んだりするが、親父の話はこれ以外知らない。
・491号 痴情のもつれの・・・イヤヤナァ、アンタラみんなイヤヤワァ?
・748号 北浜の三越(当時は呉服屋)の店員同士の大喧嘩
・813号 女として育てられたお乙が大人になり、女とも関係を持ちつつ、男に嫁ぐ
・824号 18歳の美少年・金之助が強盗に入る。わざわざ美少年と文にあるように芳幾も美麗な少年を描いている。
・・・・・・他にもちょっとここには書けないようなトンデモ系の話が、あるわあるわ出るわ出るわなのだ。
ストーカーや生涯現役な老婆や、どう考えてもフツーでない人々が続々、事件も次々。
マレに孝行話もあるがあんまり面白くない。しかしイタチが孤児のタヌキを可愛がっていて、そのタヌキが洋犬に噛み殺されそうになったのを救う話など、ちょっといい話もあったりする。
江戸時代と比べて明治は庶民の面白くない時代かと思っていたが、なかなか面白い話がこうして転がっているものだ。
帰宅してから伊丹のリストを調べると、こちらは号数と絵師名と内容の要約が書いてある。
「アア、コレか」(明治風書き方)というわけなのだった。
国芳の大勢の弟子の中でもとりわけ残酷絵の二人が筆を振るうのだから、煽情されるばかりで、本当に面白かった。←コラコラ。
ところでさっきも書いたが日日新聞のロゴの天使たちだが、コレを見てアレかな、と思う方々もおいでだと思う。松本の開智学校、そのご一党のようだった。
mir556.jpg

歴史的には、この東京日日新聞を見た立石と言う棟梁が東京日日新聞を見て、それこそ「持った湯飲みをバッタと落とし、小膝叩いてニッコリ笑い・・・」な具合で、学校に天使を導入したようだった。
見終わって変に気合が入り、行く道は間違っても帰り道は間違わないさ、とばかりに夜の千葉をハイカイしたのだった。


日本の版画5を見る

日本の版画・1941―1950
‘97年に1が始まり、ついに今年で5回目フィナーレを迎えた展覧会。
長かった、本当に長かった。当初二年毎の展覧会と言うから、それにあわせて秋に千葉へ行く支度をしていたのが崩れて、随分待ち望んだときもあった。
それももう終わり、待つことはもうしなくてよくなった。安堵と一抹の寂しさ。
mir553.jpg

今回の副題。「日本の版画」とは何か。
何なのか、ここでわかるかどうか。
1901年から十年区切りの作品を集めた展覧会だが、いつも満足してきた。
特に2と3はわたしの偏愛の時代なので、嬉しくて仕方なかった。
今回は1941からの十年間、日本が戦争をしていたその時期の作品が集められている。
そして戦後、1953年までの作品が。

1945年8月15日に戦争は終わった。戦前と戦後とではあらゆる価値観がひっくり返ったそうだ。
享楽的な時代を描く作家はここには少なく、その一方で「戦後」にしか生まれ得ない作品も多く出ている。

恩地孝四郎 失題 '43年の作だと言うのが身にしみる。黒と灰と白だけの木版画。黒は上部いっぱいを占める飛行機の腹、灰色の空を飛ぶ飛行機、白く広がる地には小さく見える飛行機が二機ばかり飛ぶ。それだけではないけれど。

武藤完一 『苦力の家』『中国の風景』 どちらも’40年代初頭の中国の風景。前者は最低賃金の肉体労働者たちの住まう家々の風景。エッチングによるリアリズムの世界。
しかしながら、この家(とも言えぬほどの住処)の集合体には、どことなく深い魅力がある。実際に住むのはつらいが、こうして作品として見る分にはとても面白いのだった。
後者は街頭での子供ら相手ののぞきからくりの実演風景である。のぞきからくりは本来二人で行うものだが、ここでは一人でクルクル変えられているようだ。看板には海を行く戦艦と、空に広がる戦闘機の群がある。中国人向けなのかそうでないのかは、わからない。

松下義雄 給油所 ‘51年頃ではまだ「最早戦後ではない」わけにはいかぬのか、寂れた侘しいガソリンスタンドである。お客が来るとは思えぬし、来たとしても入れるガソリンがあるのかどうか。

駒井哲郎 足場 ‘42年の建設工事現場遠望。全然似ていないのだが、どうしてか松本竣介の絵を思い出した。同時代だからだろうか。 

ここまではエッチングの心寂しいようなリアリズムの作品に惹かれたが、久しぶりに木版画を見た。

伊東健乃典 光芒 どこかの屋上からの風景。青色の街に黄色い薄い光が差しかかっている。これは‘41年の作だが彼はこうサインを入れている。<2601 KEN>紀元二千六百一年なのだった。

前田藤四郎 花芭蕉 リノカットの作品。前田の作品を初めて見たとき相性が合わないと思ったが、現在はなかなか好きな作家である。二年前に回顧展を見てからの宗旨替えだ。
前田と琉球についてもそのときの記事に書いている。
紅型と芭蕉の艶やかさに微笑む。

前川千帆 この人の木版画を見ていると、「私も出来そう」という気持ちになる。素朴で丁寧で、なんとなく可愛い。‘43年の『浴泉裸婦』などを見ると、ひなびた温泉に行きたくなる。風景を描く木版画には、旅情をそそられるのだった。

平塚運一 高野山奥の院、斑鳩寺、飛騨国分寺、常滑・・・この作家は関東大震災で被災したお寺の境内も作品にしているが、それから三十年経っても変わらぬところが、どうにもならないくらい良い。十年一日の良さ、たゆまぬ歩みとでも言うのか。昔の日本には確かにこんなに良い場所が・良い空気があったのだろう、と思わせてくれる風景版画なのだった。

川西英 古道具屋A 灰色の木版画。川西の目を見開くようなカラフルさはどこにもない。神戸の人だけに、折々にその明るい作品をよく見てきたが、こうしたモノクロは初見だった。‘41という時代がそうさせたのか。しかし刻まれたもの(描かれたもの)は後年同様なんとなく明るくざわざわしたもので、まるでフルカラーを都合でモノクロにしました、と言うような感じがあった。

山口源 石垣苺 緑の葉っぱと苺の赤さ。まだ熟していない苺もありながらも、なんとも言えず可愛らしい。こんなパターニングのものを見たことがある、と言ってしまいそうだ。ウィリアム・モリスの壁紙をもっとシンプルにしたような感じ。
もう一枚『失題』として、幹や岩の隙間から水が流れ込んで滝になる様子、とてもよかった。ハッとなったような気分になる。

‘42年・日本版画協会カレンダーを見る。時勢に即した絵柄も多いが、5月の恩地、1月の畦地梅太郎、3月の前川などはややそこから離れてもいる。

畦地の版画集『満州』を見る。黄色い満州の土、赤い壁、青い塗りが印象的だった。

戦争関係の版画についてはどうも書きようがないので書けない。戦後に「戦争協力だ」と非難されるにしろ、作家はその当時の需めに応じて作成したのだから、それをどうこうも言えない。非難する側が無垢だとも思えない。

珍しいことに堂本印象の木版画もあった。これは職人によるものだと思う。
釈迦や笛を吹く迦楼羅を描いていた。華やかな色調ではある。

大正時代、新版画運動にも動いた伊東深水のジャワシリーズが出ていた。これまでに目黒区美術館でY氏のコレクション展の折、インドネシアを紀行したときの素描などが多く出ていた。これら版画はそのときにものされたのかもしれない。

武井武雄だけでも二つ三つ記事が書けそうだ。
武井は本当にお仲間内のためだけに刊本シリーズとして、美麗・技巧の限りを尽くした手作りの本を多く世に出した。それらの一部がここにある。
『本朝昔噺』『十二時之書』『風村三代記』『牡丹妖記』・・・どれもこれも本当に素敵だ。
現在、岡谷市の武井記念館ではその貴重な本を予約すれば、手にとって眺めることが許される日があるそうだ。以前行った時、本当に嬉しく楽しい思いをした。
わたしは武井の『ラムラム王』が一番好きで、単行本は大事に所蔵しているが、昭和50年代に出た講談社の文庫本『お噺の卵』を長らく探している。そこにもラムラム王はいる。たぶん、手に入れられないだろうが、欲しいと思っている。

川上澄生もまた魅力的な作家だと思う。南蛮紅毛の夢がそこにある。
『じゃがたらぶみ』はお経の本のような繋がりもので、そこに文と異国を描いたものが続く。望郷の念に満ちたじゃがたらぶみのせつなさが、静かに広がる。
『いんへるの(るしへる版)』この詩句の元ネタは知らないし、川上オリジナルなのかどうかも知らない。銀地に赤い炎が燃えている。牛車も牛もばてれんも女たちも、みんなそこへ堕ちて焼かれゆく・・・「いんへるのにまゐらうや いんへるのにおちなバ あのひともこのひとも ゐるであらうぞ さてもさびしかるらん はらいそハ」

戦後になった。
川西の色彩の爆発が始まった。やはりこうした作品を見ると馴染みがあるので嬉しくなる。
そして久しぶりにポール・ジャクレーの作品も二枚あった。4にもジャクレーの作品があったが、戦後になり彼も身辺が自由になったのだろう。横浜美術館でのジャクレー展は、今思い出しても本当によい内容だった。
ここには清朝の婦人やモンゴル貴族の婦人が描かれている。艶やかな色彩に包まれた彼女たち・・・

棟方志功の柵も出ている。この展覧会のシリーズ4(‘31?‘40)のタイトルが『棟方志功登場』だった。女人たちの天地無用な乱舞が一際目立った。

しかしこれ以降はメゾチントやアクアチント、エッチングなどが主流になってゆくようだった。

駒井哲郎 束の間の幻影 これは世田谷美術館の常設展でも見たもので、真っ暗な宇宙空間に、家やビルや立錐形、円錐形の何かが浮かんでいる図だった。わたしは抽象概念はあまり理解できないし、抽象画もニガテだが、これらはとても好きなのだ。
つまり自分の中では駒井の作品は幻想画として捉えてしまうのだった。
そしてそれならばいくらでも愛せるようだった。

浜口陽三 わたしはあまりさくらんぼシリーズは好みではないが、一色ものの『猫』や『うさぎ』『隅田川』などにはとても惹かれる。
この人の作品の前では静かな態度になる。特別好きと言うのではないが、やはり良いものは良いからこそ、わたしも静かになるのだろうか。

毎度のことながら好きなものにしか言及しなかった。
しかし長い企画だった。それでもまだまだ見残している作家がいるような気がする。
いつかまた拾遺または増補という形で続編があればいい、と思った。

mir554.jpg




ガラス 光と彫刻の芸術

大倉集古館は他の美術館や博物館と交流して、いい展覧会を見せてくれる。
今開催中のガラス展も町田市立博物館の所蔵品だ。
こういう展覧会はあまり美術品を見ない人にも楽しめるものだと思う。
見たのは十日ほど前のことだが、2/24の日曜美術館で紹介され、その中での「西洋は透明のガラスを愛し、中国は不透明のガラスを愛した」というフレーズに惹かれた。確かにそのとおりだった。そこへアフリカが加わればどうなることか。
『光と彫刻の芸術』というタイトルで、チラシの上にはボヘミアングラス、下には中国の鼻煙壷が選ばれている。
mir552.jpg


たばこと塩の博物館がその不透明なガラス製品・鼻煙壷を蒐集している。’98年五月にその展覧会があった。他に能登のガラス工芸館がやはり不透明ガラスを集めており、そちらでも随分多くの作品を見た。
しかしこの町田の所蔵品は初見なので、嬉しい。
清代、特に18世紀以降から中華民国成立頃までの中国ガラスが並ぶ。
中国には玉という宝があるので、ガラスもその玉を模した色合いで作られる。
ちょっと見渡しただけでも黄色地、白地、桃地、青地、緑地などが目に付く。更にそこに別なガラスを貼り付けもする。シャープさはないが、温かみのある柔らかな作品が生まれる。貼り付けなので陶磁器同様、色々な添えが出来る。
チラシにある『白地六彩猫菊蝶文鼻煙壷』などは、赤い蝶・黄色い花・緑の葉・にゃあとした猫などが後付されている。
他にも『白地青被葡萄栗鼠文瓶』には葡萄とリスがいるし、孫悟空の走る姿をつけたものもある。なんともいえず可愛らしい。
不透明ガラスは玉の代替なのか、首飾りや腕輪なども作られた。
二つの『白地三色腕輪』があるが、一つは色が全体にぼやけながら伸び、もう一つは一ヶ所に固まって黄色・赤・緑をぽちぽち落とす。
他にもマーブル文様の翡翠色腕輪もある。味わい深いものだ・・・
民国になってからも『白地緑被霊獣文瓶』・・・饕餮くずれ、を作ってもいる。青銅器の饕餮文を模して、後年の作家が陶器を拵えるのは見ているが、ガラスにもそれが可能とは、知らなかった。
貼り付けるばかりが何も全てではなく、ボトルシップを作成するような技巧で壜の内側にガラス絵を描く職人も出てきた。
『透地内絵人物文瓶』 これなどは細い細い筆で内側に絵を描くのだった。

『婦人ガラス絵硯屏』08022401.jpg

これも描いてから剥落を拒んで、閉じ込めた絵なのである。絵の中の女は赤い欄干に寄りかかりながらこちらをじっ とみつめる。艶かしい婦人の誘いが届くようにも思われる。

二階に上がるとボヘミアン・グラスが並んでいた。
チェコの工芸品は古来から今日まで、名品が多い。ガラスのみならず人形劇などにも名手がいた。職人性の強い作品が多いが、工房や工場で生まれたものがいくつも並んでいる。
大相撲で千秋楽、優勝力士にはチェコのガラスが贈られるが、あれはここに並ぶガラスたちの親戚筋なのだった。

『内被ガラス花器』 金赤の上に青ガラスを乗せると・・・二重の色が生まれる。とても綺麗だった。
絵柄を刻んだもの・焼き付けたものにも惹かれるが、20世紀に入ってからのカットの技法がとてもいい。
蜘蛛の巣と魚子のカット。まるでレースのような繊細さに満ちている。
これらはきっと家の食器棚に必ずあるはずだ、なにも本物のボヘミアガラスでなくとも、メイド・イン・ジャパンでもなんでもいい、この繊細さが世界に広まり、二次使用するのが増加したのだ。嬉しいような懐かしさがそこにある。

その繊細さは大皿にも活きる。カットガラスの大皿が、まるで教会の薔薇窓のように見えた。あれはステンドグラス、色の集積体だがこちらは透明なガラスである。しかしそのように見えるほど、この大皿は美しい。

ラスター彩の玉虫色の輝きは妖しく美しい。艶かしさにときめくばかりだった。
これに対抗しうるのはハンガリーのジョルナイ工房の陶磁器くらいだろう。
08022402.jpg

この花器は油滴風の色合いをもち、とても艶かしかった。

『黒エナメル彩うさぎ文四曲ゴブレット』 このウサギはリアリズムなウサギだった。点々と打たれた背景がいい感じの絵に見える。

他にも見ていて気持ちのよくなるガラスばかりが揃っていた。東洋を好むも中国を好むも、それは趣味の問題に過ぎず、どちらも深く魅力的だった。展覧会は3/16まで。

雪岱の作品を見る

埼玉近代美術館には川越出身の小村雪岱の作品が多く所蔵されている。
熊谷守一の展覧会もさることながら、こちらにも深い期待を懐いて見に行った。
行く前に一度絶版になっていた雪岱の画集が美術館で販売されていることを知り、予約しておいた。薄い本で中身も知る絵が多いものの、嬉しいことに変わりはない。
mir551.jpg 見立寒山拾得

子供の頃から泉鏡花のファンだったが、当初は鏑木清方、岡田三郎助の挿絵や装丁は一目見ただけでときめいたものだが、雪岱の絵にはなかなか馴染めなかった。
「昭和の春信」と謳われたその画風が子供にはわからなかったのだ。
あるとき邦枝完二『お傳地獄』のための一枚絵を見た。
見て異様な衝撃を受けた。
おんなが背に刺青を刺させている。黒い着物の彫り師が桜をバックにした娘の絵を、その絵に入れている。女は痛みも感じぬような冷たい目で俯きつつも、顔を晒している。
そのうなじに散る後れ毛、意外なほど豊かな白い肉付き・・・
奥行きのない線描の美しさを初めて気づいた。
それからはもうどうにもならない。
元々明治から戦前までの挿絵芸術に深い関心があるので、様々な資料を手に入れていたし、挿絵専門の弥生美術館の会員でもある。糸はある程度辿ることができた。
その結果、雪岱関係の画集や彼自身の随筆『日本橋檜物町』などを手に入れることも出来た。雪岱の初めての挿絵仕事は里見『多情仏心』だが、そちらは後の雪岱らしい絵柄ではなく、コンテで描かれたせいもあり、どこなく竹中栄太郎の『陰獣』を思わせた。
雪岱は敬愛する鏡花の本の装幀に多く当たった。
口絵は清方、装幀は雪岱という幸せなコラボレートはいくつもあり、今もわたしたちを喜ばせる。また清方は雪岱の造形感覚を愛し、自身の随筆本の装幀をも彼に委ねた。
それらは純粋な美に満ち満ちて、『美本』という言葉を納得させた。
今回の展覧会では主に新聞小説での挿絵と、一枚絵とが展示されている他、舞台装置の道具帳なども展示されていた。

・白と黒の美学 ―挿絵の世界
『斬るな剣』『遊戯菩薩』『月夜の三馬』・・・これらのタイトルが示すとおり、いずれも時代小説の挿絵である。雪岱の現代小説の挿絵は前述の里見弴『多情仏心』と、鏡花『山海評判記』くらいしか知らない。
ただここに吉川英治『かんかん虫は歌う』の挿絵があり、それは時計塔の盤上に女の生首がにゅっと出ているもので、英太郎か岩田専太郎が描く方が相応しいような作品もあった。
かんかん虫は吉川の半自伝小説だから、横浜が舞台なのだった。
それにしても白と黒の美学とは云い得て妙で、確かにそのとおりなのだ。
色彩ではなく線描の美、それは日本独自の美ではないか。油彩ではありえぬ美を雪岱は生み出している。
『忠臣蔵』『西郷隆盛』これらは没年頃の作品で、後者に至ってはとうとう途中降板し、木村荘八に後を託している。
IMGP3184.jpg

没後の刷り物『おせん』も展示されている。
雪岱のモノクロの美は、邦枝完二や下母澤寛とのコラボレートによって世に現れ出でたと言うべきだろう。
今回の展示には下母澤寛『突っかけ侍』が欠けていたが、その挿絵は数年前雑誌『サライ』で特集されていたのを、見ている。その挿絵に惹かれて下母澤寛の原作を本棚から取り出した。実は我が家には昭和40年頃再刊の三巻本があるのだった。しかし惜しいことに挿絵はない。あれば今頃手元に置くのだが、ないので父の書棚においている。
絵に惹かれて文を読めば、こちらもたいへんな面白さで、そこから延々と下母澤寛を読み耽った。亡父は下母澤寛と池波正太郎と司馬遼太郎のファンで、家には父の没年までに出版されていた彼らの本が色々と並んでいる。
mir550-2.jpg


話を元に戻し、小村雪岱。
雑誌の表紙絵なども集められている他、それらを集めた映像を会場では流し続けていた。
こちらは無論色彩のついた作品ばかりだが、『演藝畫報』の表紙絵の女たちは皆、静かに佇むばかりだった。

・情細やかな意匠 ―舞台装置の世界
「舞台装置を作りますには、最初芝居の台本が廻って来ますと、それを精読して大体のその芝居の気持ちを呑み込むのです。」小村雪岱『日本橋檜物町』より。
『一本刀土俵入』『鳥辺山』『三味線やくざ』など昭和初期までの新歌舞伎の装置は雪岱が作り出した。特に『一本刀』の取手の宿の装置などは、今も殆ど変わりのないものだと思う。
IMGP3182.jpg

安孫子屋の二階の雨戸入れには絵か鏝絵が描かれ、隣店には菊の鉢が置かれている・・・
この昭和六年の新作は今も折々上演されているが、わたしなど何度も見ては感動する。
初演に出た八世三津五郎は随筆の中でこの装置の良さを書いていたが、やはり誰が演じようとも、この装置は完成されているので変更する必要はないように思う。

初見は『鳥辺山心中』の一枚絵。mir550-1.jpg

お染半九郎の寄り添う姿。役者絵だからか、いつもの雪岱の絵とはやや趣が異なる。
『三味線やくざ』は片岡孝夫(当時)と時蔵で見た。孝夫丈は実際三味線の弾き手でもあるのだが、わたしが見たその日、偶然にも一の糸が切れた。しかし合奏なので他の奏者が音を繋ぐ。しばらくして今度は別な糸が切れた。見ていてかなり驚いた。
そんな記憶があるから、劇中劇のその装置は忘れられない。

・「雪岱調」の源泉 ―古典絵画と鏡花文学への憧憬
女二人が膝寄せ合う『見立寒山拾得』、小説か戯曲の世界そのままの『青柳』『落葉』などがある。雪岱は古典絵画の模写を長らく続けており、それが作品の奥行きを広めることにもなったように思う。随筆に永青文庫所有の『長谷雄草紙』を見た感想も綴られている。
どこで見たか、雪岱の模写も見ているが、いいものだと思った。
着物も少し出ていた。舞台装置だけでなく考証もし、衣装もこしらえている。
雪岱のデザインセンスが光る、シブく、そして素敵な着物だった。
mir550.jpg

つくづくいいものを見せてもらった。嬉しくて仕方ない。
展覧会は4/13まで。ところで雪岱の弟子に山本武夫という人がいた。その人の回顧展が目黒区美術館で開催中。どちらも見て回れば、幸せは増加する。
山本武夫の展覧会の感想は後日あげる。
丁度今、金沢の鏡花記念館で雪岱の展覧会が開催中だが、とりあえずこちらを楽しめて、本当によかった。
以前、『鏡花本の周辺』として雪岱のことにも言及しているが、あれから二年経っても愛情は全く衰えないことに、なんとなく感謝している。
IMGP3183.jpg

茶碗の美

何年前か忘れたが、静嘉堂に初めて行ったとき、国宝の曜変天目茶碗に遭遇した。
実に綺麗だと思った。綺麗と言う言葉がそのまま当てはまる存在だと思った。
基本的に曜変天目、油滴天目が深く深く愛しい。
静嘉堂の曜変天目、藤田のそれ、東洋陶磁の油滴・・・いずれも偏愛を捧げている。
『茶碗の美 国宝曜変天目と名物茶碗』展を見るために金曜の朝早くに出かけた。
早く出ただけの褒美はあり、じっくりと好きな器を眺めることが叶った。
mir549.jpg

手にとることはなくガラス越しにだが、賞玩する。自分の眼が指となり、器の膚を撫で回す。深い歓びがそこにはある。
意外なほど明るい照明の下で曜変天目を眺めたが、ある欲望に駆られて苦しくなった。
藤田美術館にある国宝のそれは、暗い中に展示されていた。設置した懐中電灯を当てて眺めろ、と支度がある。観る者の眼と光とに照らし出される器の美は言葉にならぬほどだった。そのことを、したい。・・・欲望を抑える知性に欠けている。二歩ほど退いて遠くから眺めることにした。

一位が曜変、二位が油滴という決まりがある。
ここの所蔵の油滴は朝顔形に開いている。ひどく美しく、そしてやや大きい。藤田家から岩崎家に入った器なのだと言う。「ああ」 という感嘆の声しかあがらない。

r548.jpg


日本の茶人は不思議な愛で方をする。
灰被天目・・・日本では侘茶に珍重されたそうだが、この灰カツギも灰かぶり(=シンデレラ)なのだと思った。そんな妄想が生まれると、途端に深い共感を覚えるのだった。

柿天目 外側に大きな貫入が入っている。割れせんべいにもアールデコにも亀甲文にも見える貫入である。

御絵本千鳥文筒茶碗 描かれた千鳥たちの愛らしさに惹かれる。皆嬉しそうな表情である。千鳥はウサギ同様、絵でも工芸品でも見事なモティーフとなるように思う。

赤楽茶碗 銘ソノハラ ノンコウの名品である。楽家の人々の中で一番好きな作家である。
ノンコウの薄さが途轍もなくいい。オレンジ色のパッとした明るい茶碗。銘の意味は何か。
いや、意味を知ろうと知るまいとノンコウはいい、そこに尽きるのかもしれない。

黒楽茶碗 銘彩鳳 ノンコウの息子。父のような革新性はなく、初代長次郎に帰ろうとした作家。光る器。黒の下に朱色・・・なんとも艶かしい色合いだった。

瀬戸天目 銘埋火 外側にかけられた釉薬のために、虹が立ったように見える。銀色に光る虹。解説によると、これは遠州所蔵の十二支のうち「辰の部」を示すものだと言う。
辰の部で思い出した。鏡花の『風流線』では「牛の部」「馬の部」しかなかった帳面に「辰の部」が書き加えられたことで状況が劇的に変化する情景があった。なんとなくそのことを思いながら虹が出たのを見ている。

萩茶碗があった。この特性としては「使い込めば使い込むほど、いい風合いが出る」というものだった。ここにある萩茶碗は、見込みから縁までまるで味噌で塗り固めように見える。呼吸を許さないような塗り方だった。

現川刷毛目茶碗 雨漏りシミがなんとも言えぬ味わいになっている。現川、うつつ川という名からして、深い味わいがある。

八代象嵌牡丹文茶碗 アンモナイトのようだと思った。または古世界地図。上から見ると目が変わった。なんとなくこうした器に愛着が湧く。

呉写茶碗 銘無一物 仁清の作。内外に橙色の斑紋がいくつも浮き出している。遠目から見れば斑紋はカット細工になり、正倉院御物のガラス杯に似てみえた。

銹絵染付春草図筒茶碗 乾山作 蕨にスミレに羊歯にツクシ・・・春の野に小さく咲く愛らしい植物たちに乾山は目を向ける。いかにも乾山が作るらしい絵柄だった。

すっかり堪能した。別室ではこれらのVTR上映がかかっている。
展覧会は3/23まで。近ければもう一度行きたい、といつも願っている。


建築の記憶

いつからそうなのかはもうわからないが、わたしは日本にある「近代建築」と言う存在が好きである。
見たいものは見よう、という精神で以って、これまで本当にあちこちハイカイしている。
漂流するように見て回りたいと思うが、やはり情報と状況とを分析して出かける。
今、東京都庭園美術館で「建築の記憶」展が開催されている。
こちらもきちんと予定を立てて出かけた。

近代建築の写真ばかりかと思っていたが、そうではなく写真技術が日本に伝来して以降に撮影された「建築の記憶」写真の展覧会である。
熊本城の写真があった。朽ちている。随分傷んでいる。窓はガタピシ、障子も破れ、石垣には雑草が繁っている。
その前に佇む武士たち。侍の寄り集まる場であり、守るべき城がこんなにも朽ちているのは、その時代のせいなのかもしれない。
熊本城は天下の名城だと言う。
わたしは数年前熊本に遊んだとき、今では公園化している熊本城周辺を歩き、なるほど立派なものだと感心した。城を建てたのは加藤清正で、その後熊本を統治したのは細川侯である。しかしながら街の雰囲気では今も清正公を懐かしむような感覚があった。
いつ改修工事をしたのかは知らないが、ここにある写真では城は朽ちていた。

明治になり三人の傑出した建築家が生まれた。
辰野金吾、妻木頼黄、片山東熊である。
そのうちの片山作品を見る。
現在迎賓館である東宮御所の写真を見る。ここは八月に抽選で選ばれた人々に一般公開されている。わたしは数年前見学できた。片山の設計で現在も活きるものは、ここと東博の表慶館、京博本館、奈良博本館などである。
その東宮御所を百年前に撮影したのは小川一眞。これまで幾度が作品を見てきたが、古写真らしい優雅さの滲む作品が多い。
これは展覧会のチラシにもなった東宮御所大階段。
mir547.jpg


戦災で焼失した宮家などの写真もある。これらを見ると本が欲しくなるのだが、実は後半があまりよくなく、しかも色々ジクジたる想いが湧き出すので、本を買うのは諦めてしまった。

北京の紫禁城の写真などもある。伊東忠太の活躍した時代、その空気が感じ取れるような気がする。わたしは建築家では忠太と渡邊節が最愛なのだった。

そもそも朝香宮邸を舞台にした展覧会なのである。
箱そのものにも「建築の記憶」がある。
美麗な建物の中で建物の写真を見る行為は、入れ子細工の箱を開けてゆくような感覚に似ている。

総じて古写真は素晴らしくわたし好みだった。建築そのものも写真も。
しかし後半になるとちょっと趣味の範疇から外れるので、何を言うにも言葉が足りないのだった。それは興味が持てないからなのだが。

丹下建三の東京カテドラルを見る。渡辺義雄の撮影。これを見た翌日わたしはそのカテドラルの前に立っていた。
素人カメラマン遊行七恵の撮影。IMGP3169.jpg

それから杉本博司による安藤忠雄の光の教会写真。これらは写されている対象よりも、写真そのものが作品として活きているように思う。

終わりのほうの展示は少し急ぎすぎていたような気がする。
どう対応していいのかついにわからなかった。

不意に思い出したが、十年以前、MOTで「未来都市考古学」という展覧会があり、未構築の建造物をCGで作成する試みがあった。
なんとなくそれとこの展覧会はどこかでつながっているような気がした。
3/31まで。・・・古い建造物の、古い写真だけ、もう一度眺めてみたい・・・

横山大観 新たなる伝説へ

横山大観の展覧会に出かける。
今回国立新美術館のチケットをいただいたが、実は池之端の大観記念館にも行く気だった。
しかしそれをやめたのでゆとりが生まれ、六本木に出た。
平日の昼間なのに大変な人出で、苦しいと言うことはないが、混んでいる。
『横山大観 新たなる伝説へ』
展覧会のチラシはわたしが知るところ二種あり、内一枚は表に『秋色』という大正の作品が選ばれている。


仲良しさんな鹿が実を食べたりくつろいだりしつつ、ちょっとこちらを気にしている。
この絵は知らない。しかし大観の中の愛らしさが、こうした絵に見出されたりする。

もう一枚の表は『或る日の太平洋』 墨絵に淡彩でファンキーな顔の龍が小さく描かれている。
正直言うと太平洋シリーズも富士シリーズもあまり関心がない。
mir542.jpg しかしながら、この龍の可愛らしさには惹かれた。

‘88年から展覧会をハイカイしているが、横山大観がメインの展覧会をいくつ見たか考える。
・・・調べると毎年なにかしら見ている。と言うより、総花的な日本画の展覧会に行くと七割くらいの打率で、大観の作品があるのだ。大観だけの作品展だけでも多く見ている。
あまりに膨大なので、展示順に好きな作品だけの感想を書く。

『村童観猿翁』 これは’97年の藝大卒制展で見た。なんとなく可愛いような可愛くないような子供らと牛と、芸を持つ猿と。115年前か…不思議な感慨まで生まれてくる。

『菊慈童』mir545-2.jpg

初見。大観の盟友・春草の菊慈童は幾種も見てきたが、こちらとは初対面。少し太子孝養図を思わせるような面立ちの美少年で、中国的な要素は少ない。この菊慈童は白菊を抱き寄せて、その香を味わっている。なんとも艶かしくもあり、無邪気にも見える様相を見せている。

『屈原』 中国の故事を絵画化したものが多い中、この『屈原』と、最後に現れる『風蕭々兮易水寒』は、ぐっと歯を食いしばって風に立ち向かうような様相を呈している。
会場では実はこの作品を入り口すぐに展示し、『風蕭々兮易水寒』を出口間際にしている。
なにかしらの意図があるのだろうが、そこまで読み取ることをわたしはしない。

『阿やめ』 mir545-1.jpg

大観の美人画と言ってもいいと思う。’89年に初めて大観記念館に行ったとき、これと『迷児』の絵はがきを手に入れた。そのとき他に寒山拾得を描いた絵はがきも手に入れたが、こちらは嘘のような美少年二人の立ち姿だ立った。
さて『阿やめ』 これは夢幻的な作品で、巨大な白菖蒲咲く水のほとりに佇む武家の女人を描いている。先の『菊慈童』から四年後の作だが、どちらも眼は切れ長である。
二人はまるで異邦の姉と弟のようにも見える。

『迷児』 迷子の迷子の・・・仔猫ちゃんでなくとも、犬のおまわりさんでなくとも、迷子とその周辺は戸惑うものだ。
釈迦、老子、キリストなどがいる。なかなか面白い意図を感じもする。

『金魚図』 ボストンから里帰りの作で、なるほどアメリカに行くだけの構図である。花弁チラチラ水面に浮かび、中には赤い奴らがいる・・・

『杜鵑』 つい先日、西宮大谷美術館でも同題で同じような構図の作品を見ている。ただしこちらは今しも森に降り立ちそうな速さがあった。

『流燈』 mir545-3.jpg別版mir543.jpg

すべての印度美人の中、この三人と村上華岳の『裸婦』は格別なのだった。
こちらは茨城の分だが、同年に描かれた別バージョンの彼女たちもとても好きだ。なんという良さか。飽かず眺める。百年前の天竺美人。

『水國の夜』 これはなんとも言えず楽しくなる。享楽的で明るく、そしてざわめきの絶えない情景。栖鳳、関雪、大観、中国の風景をよく写していると思う。これは絵が巧い・上手というのとは無関係に、なんだか浮かれてくるのだった。
mir546-2.jpg


『若葉』 リスのいる森。実は大観の絵はこうした森の中での小動物を描いたものなどに、とても良さを感じるのだった。大倉喜七郎との交流の中での作品なども、そうしたものが多く、小品にこそ深い味わいがあるように思う。

『洛中洛外雨十題』 堅田・・・浮御堂が雨にぼやけている。水鳥が飛び、松は水を多く含み、なんとも言えぬ墨の濃淡のよさがあった。
辰巳橋・・・嬌声、笑いさざめく声、三味線の音色・・・そんな音が聞こえるような情景。女たちは皆二階家にいる。三条大橋・・・何かの講中の人々がいる。大八車も行く。向こうに火の見櫓が見える。これは今も三条から見える。90年前と同じくその火の見櫓は活きている。
宇治川・・・金色の光が走り、八幡・・・竹林のために緑の雨なのだった。

小さく月が富士を照らす絵がとても好きだ。
これは去年か何かで手に入れ、とても気に入っている。
mir546.jpg

霊峰と言っても仰々しいものは好まないが、こうした幻想性のある作品は好きだ。

『胡蝶花』 イタチかテンらしき動物がこちらを見ている。どことなく琳派風な作品。
たぶんイタチだと思うが、とても可愛い。きょとんとしている。緑の草草と青い花がいい。
mir545.jpg


『生々流転』 この絵が最初に上野の博物館に出た日に関東大震災が起こったのだった。
清方の『続こしかたの記』にその様子が記されている。清方と弟子たちはこの絵の前で地震に遭遇したのだった。
わたしの好きな俳優でエッセイストの殿山泰司は招集される恐れを懐いていた頃、この絵を見て色々と物思いに耽っていたそうだ。

昨年、足立美術館の名品展があり、そこでみたいくつかが出ていた。
『海に因む十題』のうち、冬の絵が一番良かった。なんとなく「凄い」絵である。

その足立で見たのと同じ作品『南溟の夜』東京国立近代美術館バージョンを見る。
mir546-1.jpg

こちらは足立版。img883.jpg

足立で見たのは墨絵に淡彩という趣だが、こちらは着色されている。共にガ島の情景。
明治の書生ッポ気質・水戸っぽの心根が生涯抜けず、「国家」を信じきっていた大観にしても、日本の戦局がどうにもならないことを感じていたのだろう。
どちらの絵も胸を衝くのだった。

『風蕭々兮易水寒』 秦の始皇帝を暗殺せしめんがために燕の太子・丹は、荊軻を刺客として送り込む。荊軻はそのときに詠うのだった。
「風蕭々兮易水寒 壮士一去兮不復還」
わたしがこの詩を知ったのは’79年だった。小学生の頃に知り、そこから漢詩が好きになった。そして大学の頃、今度はこの詩を和風に書き換えた千種有功の『易水送別』を読んだ。
いまも時折漢詩・唐詩が口をついて出るから、やはり深く好きなのだと思う。
絵は重く暗い。
ここには犬のような動物がいる。犬かどうかはわからない。柳は風に揺れている。風の強さを感じる。胸に堪える絵だと思う。
これを晩年の大観が何故描いたか。しかも戦後十年を経てからの作である。
色々なことを考えるが、答えはないままなのだった。

大観の評伝でいちばん面白いのは戸板康二『ぜいたく列伝』だと思う。
大酒のみで昔のままのヒトで、どことなく可愛い。大観の風貌は他の画家にとって「描いてみたい」欲望を抱かせたようで、細川護立氏の支援などで大観先生写生会が開かれるだけでなく、他にもそんな会があったようだ。
大観は死ぬまで老眼と無縁だったそうだが、あの巨大な黒目を見るとなんとなく納得できる。
展覧会自体はいいのかどうなのかよくわからないが、それでも見たい絵も出ていたし、初見の絵もあり、わたしにはいい内容だった。激しく混んだまま3/3まで開催されるだろう。
mir544.jpg

吉祥のかたち

泉屋分館の『吉祥のかたち』を見た。
京都の本館が誇る青銅器や銅鏡、文房具類が集められている。
印材は主に清代の作が多く出ているが、これらを見ると王朝の頃の中国の文化の高さに感心するばかりだ。
mir539.jpg


龍型鎮子 唐代の作だが、これはフィギュアにもなっていて、わたしはけっこう好き。本物よりフィギュアがいいと言ってしまった。

これらは全て吉祥を表す動物や植物のモティーフで飾られている。
獅子や龍、桃に柘榴など。
大方は中国の文物だが、刀に付随する諸道具なども並んでいる。こちらはいずれも後藤の銘がある。

さて絵画。
めでたい一番はやはり寿老人に白鹿なので、色々と並んでいる。
チラシには狩野芳崖の寿老人だが、こちらはやや儒学くささがあるように見える。
それよりも畑仙齢(知らぬ画家だ)の寿老人はどことなく可愛く、纏いつくし鹿が馴れ馴れしくて愛らしい。こんなスリスリ擦り寄る鹿は頭を撫でてやりたくなる。

尾竹竹玻 南極老人伴鶴図  南極老人は生を司り、北極老人は死を司る。鶴は千年の長寿。まことにめでたい。

石荘 松柏長春図 こちらもチラシの図だが、松の根元の水仙の群生が愛らしい。水仙もまためでたい花なのである。今ちょうどあちこちで水仙が咲くのを見かけるから、なんとなく嬉しい。

王寅 水仙図 太湖石の奇岩と水仙。以前はこれら奇岩がきらいだったが、蘇州で明代の邸宅庭園に遊んで、奇岩のよさと言うのが少しは感じるようになっている。

王楚珍 草花群蝶図  基本的に蝶が群なす図と言うのは、それだけで嬉しい。綺麗な色調の蝶たち。色んな花が咲く。キャベツまである。タンポポも咲く。そして蝶たちは輪になっている。和。調和する蝶輪。いい絵だ。

抱一 蓬莱山・雪松・竹梅図mir540.jpg

三幅対仕立てで、海中の奇岩に佇む鶴と、その岩に登りかける亀が眼を引く。しかしそれらよりも竹梅図の白梅がいい。琳派の梅は心が和む。

鐡斎 貽笑大方のうち鶯宿梅図  これは去年なんば高島屋『平成梅花の宴』で見ている。他にも梅月双清図、乾坤清気花図などがあり、いずれも墨絵にささっと彩が落とされた花々だった。

山田秋坪 柘榴花白鸚鵡図  知らぬ画家の大正の作。赤・白・青の濃い絵で、ハッと胸を衝かれるような鮮やかさがあった。

上島鳳山 子の日・松  十二重の女の着物に小松引きが描かれている。扇には松、なかなか綺麗だが、こうした明治の忘れられた画家の展覧会を見てみたいと思う。

森寛斎 羅浮仙  幹によりかかる女。白梅の樹。女はなんとなくにっと笑う。
そういえば羅浮仙というものは白梅と共にあることが多いように思う。

安田靭彦の梅もとても好きだ。清香は金地に白梅図、淡妝は鶯地にピンクの梅。
どちらも愛らしい小品。

伊藤渓水 四季花鳥画帖  この画家は丁度十年前に池田民俗資料館で回顧展があった。そのとき初めて知った日本画家だが、それ以来どこでも見ていない。だからこうして絵を目の当たりにするのは久しぶりだ。
二羽の頬白、白梅の枝に止まり竹や松には鶯がいる。
なんとも平和で安寧で気持ちよかった。

展覧会はもう終わってしまった。次は日本画と洋画の対比の展覧会・・・

花によせる日本の心

畠山記念美術館に来るのも久しぶり。
わたしが首都圏在住者なら、変わり目ごとに行くべき美術館なのだが。
基本的にここの所蔵品に親しみを感じるのは、古美術品がメインだからというだけでなく、わたしの地元・逸翁美術館との共通点が色々見受けられるからだと思う。
逸翁と畠山即翁は仲良しさんなのだ。

『花によせる日本の心—梅・桜・椿を中心に』
花にちなんだ茶道具や絵画が出ている。


誰もいない空間で好きなようにそれらを眺める。
ガラス越しとは言え愛玩した、と言ってもいい。
乾山の器がある。
色絵福寿文手鉢
四方型で手がアーチを描いている。ガワには○に福や寿の字がずらずら連なっている。
めでたいことこの上ないが、しかしそれよりは内側の方がいい。
明るい緑地に白のもこもこ梅がわんさと押し寄せている。花の芯は金色でささっと蕊が描かれた、いかにも乾山らしい作りなのだった。
この内側、見込みの意匠を再現したものが欲しい。

結鉾香合、梅の香合がある。img187.jpg

去年の展覧会にも出ていた。親しみやすく愛らしい一品。大体乾山の作品は本当にいい感じ。

他にも銹絵染付絵替四方向付(見込みに白椿)、色絵絵替土器皿など、趣向の凝った楽しい器が出ていた。本当にいつ見てもどれを見ても乾山は、いい。

色絵梅鶯文八角鉢 酒井田柿右衛門
これは四方から眺められるガラスケースに入っているので、鶯が一羽だけではないことがわかる。正面にあてられた面にいる鶯はケキョケキョと鳴いている。隣の面にはその声を聞きつけて飛んでくるともがらがいる。
何とも言えず泰平で、まさに春鶯囀という感じがする。
絵柄だけのことで言えば、むしろ宋代の安寧さがあるようにも思われた。

祥瑞扇面文蓋向 三客 明時代
外側に扇面図、内側に梅木、蓋に小さな○中に花などを描いた連珠。祥瑞は元々好きだが、こうした作品を見ると嬉しくなる。
これと似たのが祥瑞針木向付、同じく明代のものだから、シリーズものかもしれない。
見込みに梅木が描かれているのも同じ・連珠には風月が描かれている。

大体文化の爛熟期が好きだ。中国では漢の武帝の時代、唐代、宋、明代などなど。
だから唐や明の文物を見るとそれだけで嬉しい。
青貝梅月盆 明代
珍しいことに細い下弦の月が刻み込まれている。夜梅。中国では梅は桜よりも深く愛されている。日本では桜は「花の王」、梅は「花の兄」と言うが、どちらも工芸品・絵画にその麗姿を刻まれ、愛好されている。

小謡本 本阿弥光悦書・俵屋宗達下絵
これも以前に見ているが、やはり何とも言えず優美で、絵も文字も本当にいい。
細かく良いところをみつけるのではなく、総じて「良い」と言うのが正しい。

夜桜蒔絵四半硯箱
梨地に夜桜。葦手で「あ多ら」つまり「あたら夜の 月と花とを同じく あはれ知れらむ 人に見せばや」源信明・後撰集を示している。(チラシに選ばれている)
こういうのが本当の和の愉しみなのだと思う。前田家伝来ということにも雅を感じた。

鉄四方銚子
その通り鉄製の四角い銚子なのだが、蓋が可愛い。七宝焼で色は竹青。実際に使えたのか、蓋は後補なのか。ちょっとナゾ。

素敵ないくつか。mir538.jpg


しかし何も江戸時代以前ばかりが和の美を見せるわけではない。
昭和に入っても名工はいるのだ。
渡辺喜三郎の名品がいくつも並んでいる。
特に良いのは小さな桜を螺鈿仕立てにして鏤めた品々。懐石、硯箱、火鉢・・・しつこくなく、つつましく、そこに愛らしい花が散っている。

桜に瑠璃鳥図 酒井抱一(十二ヶ月花鳥図)
薄いピンクの花と瑠璃色の鳥との対比が綺麗。本当に綺麗な青い鳥。これは抱一先生、何の色を使ったのだろう。ラピスラズリのような青。
前期はチラシに載る「椿に鶯」だったようだ。

洗朱轆轤目煮物椀 二客
これも昭和の作だが、作者は書かれていない。見込みに椿がもこもこと描かれているが、資生堂のそれのような椿である。新和風というセンスが素敵だ。

芦屋梅花文筒釜 一口 室町時代
この芦屋釜はやや寸胴で、耳として獅子がついている。梅花は軽やかに打たれ、とても愛らしい。

祥瑞松竹梅文六角汁次 明代
これは先の芦屋釜と違い、全身に松竹梅を刻み込まれたように見える。つまりあちらは梅花の透かしをいれたレースを身に纏ったように見え、こちらは膚に松竹梅の刺青を刻んだような、あやうい美しさがあるのだった。全身文身。妙に心が高ぶる。「喜報春魁」という文字が入ってる。春の魁すなわち梅の報せに喜ぶ・・・そう解釈している。花魁、おいらんという言葉に花の魁(=梅花)という意味を見出すものを読んだ。
やはりなんとも艶かしく思う。

狸に桜図 浮田一
狸たちのお花見。浮かれて踊る奴、三味を弾く奴などなど、楽しそう。毛氈もひかず草の上でご機嫌な七匹。食べ物は提重ではなく大きな蓮の葉においている。いいなぁ。

狸だけでなくヒトサマも宴会する。その宴会用の道具が出ていた。
旅箪笥 八田円斎 昭和
瓢形の窓がある。これを持ってお出かけもいい。
そしてそこには少し前の江戸時代に愛好された南鐐(銀)のお道具一式が使われている。
即翁は実際そのように使われたのだろうか。そんなことを考えるのも楽しい。

桜山水図 呉春
二本の松がすっくと立っている。それにからむように白い山桜が咲いている。
川が流れている。少しの段差があり、滞ることなく水は流れ続ける・・・
なんとも言えず良い絵だった。人里離れていると言うほどでもなく、しかしざわざわ騒がしいわけでもなく、よい距離感を感じる絵だった。

他にも色々良いものを見せてもらえた。
一人で贅沢した、そんな嬉しい気分。展覧会は3/9まで。


『荒ぶる神々の黄昏』森村泰昌新作展

森村泰昌の新作個展。
はろるどさんにつれてきていただいた。
清澄にあるギャラリー。工場見学または視察に来た気分。そこにアートがある。

入るといきなり(ヒトラーと言うよりむしろ)チャップリンの『独裁者』の扮装に近い姿で、英語風アクセントのケッタイな演説を延々とぶち上げる映像が流れていた。
「笑」の文字を加工した紋章を軍帽につけている。
ちょび髭は味付け海苔を加工したものにしか見えない。
「イングラーンド、イングリモングリ」言葉遊びが延々と続く。
しかしそれは全て罵詈雑言なのだった。
映画『独裁者』でのチャップリンの演説の中でいちばん心に残る台詞を不意に思い出す。
“HANNA、Can you hear me?”
そしてヒトラーの群集への強烈な語りかけの映像と、著書『わが闘争』の一節が頭の中に走りぬける。
舞台は大阪・中之島の中央公会堂の特別室などを使っている。
わたしなどのように大阪人で近代建築を愛する者には、親しんだ嬉しい建物だが、そこを背景にした独裁者のモノローグが続く映像と言うのは、なかなか怖いものでもある。
天井絵の天地開闢も、アーチ窓の色絵ガラスなども、全てがこの独裁者の光輪のように見えるではないか。
mir535.jpg    mir536.jpg 参考写真。
地球儀で遊ぶ。地球と人類をもてあそんだ男。
しかしその男の攻撃性と孤独さとを森村は深く表現する。
やがて<彼>は語りかける。独裁者にはなりたくありません、と。その「独裁者」と言うのは何も政治的社会のそれだけではなく、デートDVにも亙る。パロディとしての演説だけでなく、メッセージとして受け止める。そして森村のこのときの英語発音はとてもよかった。

映像はこれと他にレーニンがあるが、先にパネル展示を見る。
アインシュタイン、チェ・ゲバラ、毛沢東、トロッキー。
アインシュタインのモノクロ写真を見て笑いそうになった。ベロを出す肖像なのだが、本人に似すぎている。これは他に小品として、閉じた口・ベロを出す、この動きが映像としてみることが出来た。オチャメさんなのは森村かアインシュタインか。(たぶんどちらもそうだ)

チラシに選ばれていたのはこのチェ・ゲバラだった。mir534.jpg

ゲバラ本人もオトコマエだが、森村もよくそのかっこよさを出している。
家に『ゲバラ日記』があるので小学生の頃に読んでいたが、そこにあるゲバラの写真はどれも皆ひどくかっこよかった。政治的イデオロギーは別として、わたしはその頃、チェ・ゲバラと三國連太郎が好きで仕方なかった。
森村ゲバラが素敵なので、それだけでわたしは満足する。

フルカラーの毛沢東のにっこり写真には笑った。笑った理由は書かないが、笑うしかなかった。
なんとなく、森村は毛沢東は<しても>周恩来にはならない気がする。

電流放出しているようなレオン・トロッキーの肖像もある。森村は実に何にでもなる。
このトロッキーを見てへんな確信が湧いた。
(史実ではハンマーで殴殺されると聞くが)森村トロッキーはテロリストの撃ちかかってくるハンマーを、真剣白刃取りできるだろう、間違いなく。

もう一つの部屋ではレーニンが民衆の歓呼の声に応える情景が再現されていた。
このレーニンが一番似ていない。
似ていないのは技術的なことではなく、もしかすると森村の意図したことかもしれない。
レーニン率いるボリシェビキは民衆に熱烈に支持された。ケレンスキーのメンシェビキを追い出し、ついに世界を揺るがした十日間で、地上初の赤の国を打ち立てた。
映像に音響は無かった。はろるどさんによると音響は以前流れていたらしい。
群集のどよめきがながれていたのだろうか、それとも映画『REDS』のようにインターナショナルが流れていただろうか。
わたしはこの歓呼に応えるレーニンより、死んでミイラ保存されるレーニンの姿を、森村で見てみたいと強く思った。
しかしこの背後の建物はどこなのか。西成、福仙という文字が見える。わたしは飛田に行ったことはあるが、他はあまり知らないのだ。素敵な建物だが行く根性がない。
ふと思った。
ここがあいりん地区なら、歓呼にどよめく群集はレーニンを讃える人々ではなく、仕事くれーと叫ぶ労働者のおじさんたちなのかもしれなかった。

かなり面白い内容だった。
16日までなので終わってしまったが、見ることが出来てよかったと思う。

二月の東京ハイカイ

大阪は連日寒いので、東京も寒いだろうと予測した。
ところが羽田から高輪に着いた途端、もう後悔している。
暑いですがな。
ダウンコート脱いで畠山記念館に行く。
内容の詳述は全て後日で、とりあえず例によって例の如くのハイカイ記録。

市川崑監督追悼

市川崑監督が亡くなった。残念だが「ついに」と言う気持もある。二年前の暮れ犬神家の一族をリメイクし、それが最後の作品になったのか。芝居の再演と言う感じのリメイクだった。
監督の作品では『鍵』が好きだ。原作から大きく離れたが、随所に爆笑させられた。いまだに「どく」と肉太に書かれた字がマブタに浮かんでは笑うから、相当だ。これは漱石の「ぜんざい」同様の痙攣ギャグだ。
ビルマの竪琴は後作しか見ていないがやはりよかったし、炎上の破滅の美には絶句した。
監督の趣味と言うかこだわりかなと思うのが、畳に裾が引きずる情景だ。細雪でも犬神家でも変わらない。一見無意味なようにも見えるが、そのシーンが入れば市川監督だ!と嬉しくなる。
都会的で洒落たセンスだけにジャン・コクトーをもじりコン・コクトーと名乗り、それらしい横顔を描いた絵を見たが、素敵だった。
最後までなんとなく素敵なまま逝った。

名作は死なない。市川崑作品はこれからも生きる。
新作を見れないことが寂しいだけだ。
監督、いい作品をいっぱいありがとう…

「川端康成と東山魁夷」

京都文化博物館に『川端康成と東山魁夷』展が巡回してきた。
待った甲斐のある、良い展覧会だった。
mir532.jpg

川端は大阪府茨木市出身で、生家はなくなっているが図書館に記念館が開設している。
そこは毎年六月に川端の誕生日を祝って、川端と交流の深かった芸術家たちの展覧会を開いてきた。
わたしが見た限りでは、1996安田靫彦、1997古賀春江、1998東山魁夷、2001小磯良平「古都」
と展覧会があった。
だから彼らとの交流についてはそこで少しだけ学んでいる。

日本人初のノーベル文学賞の栄誉を受けた作家ということはわかっているが、実はわたしはこれまでほんの数編しかその著作を読んでいない。
教科書に掲載されている『掌の小説』の小品少しと、『雪国』冒頭文だけ。
後に小磯良平の展覧会があったとき、彼が挿絵を描いた『古都』は、新聞小説の切抜きが置かれていたのを幸いに読みきった。しかしこれだけである。
あの有名な『伊豆の踊り子』も知らない。モモエちゃんの映画を観ただけ。
読まなかった理由はある。
うちの親は川端と乱歩と谷崎と三島を禁止していたのだ。

四人の作家のうち、後の三人は禁令が出る前から既に読んでいた。(厭な子供だ)
谷崎>乱歩>三島――――――・・・川端という状況が今も続いている。
『末期の眼』か何かを読もうとしたが、やっぱりどうもいやになった。
親はと言うと川端の自殺を扱った臼井吉見『事故の顛末』を読んでいる。
母親は先に挙げた四人が大嫌いだとはっきり言う。
わたしは谷崎は全集が欲しいくらい好きなのだが、家に入れるなと言う。
ある意味、健全な倫理観と言うものが読み取れる話ではある。

昨年、弥生美術館で少女小説の挿絵を見る中に川端の『乙女の港』があった。挿絵は中原淳一。当時大変な人気があったそうだ。わたしは大正から昭和初期の少年少女向け文学が大好きで、手に入れれる限りはそれらの資料を集めるようにしているが、『乙女の港』はタイトルしか知らず、展覧会で初めて本文にも触れた。

昨年『日曜美術館30周年記念展』が開催されだが、それはTVで紹介された作品と、その作品あるいは作者に対する思い入れを持つ各界著名人のエッセーをも併せた展示だった。
例えば関根正二と今東光、武満徹とルドンなどである。
あの展覧会は幸福なコラボレートだったが、この『川端と東山』にもまた同じ幸があった。

川端と東山と旅をした井上靖の随想がある。
井上の眼から見た二人が描かれる。画家と作家の楽しそうな会話。
和やかな空気が届くような空間だと思った。

川端と東山の交流は一言で言うと「美しい日本の心」とでも言うべきもので、東山の絵を欲しいと思った川端は丁寧な文章でその想いを便りにする。
東山は川端の序文で自分の画集を飾りたいと願うとき、その想いを言葉にする。
購入であれ贈答であれ、そこには好意がある。
この好意と言うものが二人の関係に深く活きている。
見ていてとても心地よい。

東山が北欧の美を画布に写すようになったのは、岳父・川崎小虎に見せられた北欧の風景写真を心に刻み、それから十年後に旅立ってからだそうだが、ここにも好意が発生している。同じ美の道を行く娘婿への好意、そして愛妻と共に北欧を旅し、それを作品として世界を新たに展いた東山。
去年その展覧会を見て、東山への好意がこちらも上昇していた。

東山の静かな情景を眺める。
魂まで清くなるような風景たち。mir533-1.jpg

わたしは特に森の中に佇む白い馬が好きなのだが、京の町の雪の夜を描いた『年暮る』の良さは、深く心に染み透る。

一方、東山魁夷だけでなく川端はそれ以前、既に美の狩猟者であった。あの巨大な眼に映ることを許された作品は、後に国宝になったものも含まれる。
池大雅と蕪村のコラボ作品『十便十宜図』、浦上玉堂『凍雲篩雪図』などがそうだ。
童子姿の太子像もある。
大観と蕪村のそれは見るからに心が和む。
mir533.jpg 深遠な意味より楽しい気分。
古賀春江の作品もあった。わたしは’97年の展覧会で古賀の『孔雀』に随分惹かれたが、あの絵がどこの所蔵かわからないままだ。もう一度見たいと常々思い続けている。

ひどく楽しめた展覧会だった。
しかしながら絵に満足する一方、文学者・川端康成に対して申し訳ないような気分もある。
親が禁止したのは『眠れる美女』『片腕』などのあやうさに満ちた官能的な作品を意識してのことだったろうが、考えれば『浅草紅團』にしろ『千羽鶴』にしろ、実は私の好みに沿う作品ではないか。
いつか機会があれば読んでみようと、今のところ秘かに考えている。

追記:この展覧会から数年後の2014年に静岡市美術館でほぼ同内容の展覧会が開催された。
そのときのチラシを挙げる。
イメージ (3)

イメージ (4)

イメージ (5)

King crimson から名画へ

特別好きと言うわけではないが、TVCMに使われると、どうしようもなく惹かれるのが彼らなのだった。アルバムを聴くとそういいとも思わないのに。
youtubeで探すと、こんないいものをみつけた。
世界名画の数々が現れては消えてゆく・・・幻想性の強い絵画作品をチョイスした投稿者のセンスに、拍手を送りたい。

King crimson "Islands"



西宮大谷の近代日本画

昨日に続き今日は西宮大谷の近代日本画の感想。
二階にあがり展示室2に目を向けると、長い屏風絵が見える。
何を描いているかよくわからないから、視線を外さぬまま近づいてゆく。
雪に埋もれた笹、らしきものが見える。
山下摩起『雪』だった。
この人は四天王寺の塔の中に仏画も描いているが、激しい線を重ねる画というイメージがある。それだけにこの白い空間が不思議なくらいだ。しかしその白い空間のところどころにガサガサと線が集まり、笹の青さが(色は黒だが)目立つのだった。

橋本関雪『僊女』 仙女が春の森にいる。そばには牡鹿がいる。立派な角、森の王の印。一頭は藤を食み、もう一頭は瞑想するように伏せている。多くの小禽が飛ぶ。属性の異なる小禽たち。仙女の持つ花に惹かれて飛んでくる。
随分大きな絵で280x171あり、その画面いっぱいに美しい情景が収められている。
丸顔の仙女は唐代の美人のようで、衣装は朱色である。わたしは関雪の描く中国美人に惹かれている。最初に知ったのは『木蘭』そして『琵琶行』『香妃戎装』、南アジア風美女の『防空壕』などだった。だからわたしは関雪の賢そうな動物たちと、優美な彼女たちのいる情景がなんとも言えず好きなのだ。
mir530-1.jpg 別な森で別な鹿。 mir530-2.jpg

菱田春草『秋林遊鹿』 林の描写が紛うことなく春草そのもの。名には春がつけども、秋の絵にこそ、画家の力があふれている。そしてこの鹿。鹿の子柄が可愛い。太い首、立派な角、大きな耳。なんとも魅力的な鹿。
・・・勝手に二枚並べて自分で遊んでまいました。

川合玉堂も去年辺りから随分好きになった画家だ。以前はところどころしか興味が無かったが、今はなんとも言えず良いものだと感じる。特に鵜飼い図や、渓流などがすばらしい。
『奔湍』 水が踊る、流れる、溢れる、続く。鳥たちがその様子を枝に止まって見下ろしている。水の爽やかさがこちらにまで届く。気持ちいい、本当に気持ちいい。

『高原深秋』 ススキの野を馬子と馬が行く。
『秋晴』川で大根を洗う農家のおばあさん。腰高なので後で疲れるよ。
50年以上前に描かれた、その五十年くらい前の日本のどこかの風景。

上村松園『清韻』、伊東深水『吹雪』『舞妓』、北野恒富『春餘』・・・
いずれも好きな女人たち。ここには品よくおっとりした彼女たちが住んでいる。
mir531.jpg mir531-2.jpg mir531-1.jpg クリックしてください。

杉山寧『雉山百合図』 ‘53年の作だから花鳥画の領域の絵。こちらを向く雉。ふくよかで、そして賢そうな顔つきである。寧の後年の壮大な作品もよいが、この頃の花鳥画もとても素敵だ。

奥村土牛『初夏』 近代精神を強く感じる絵。取っ手のついたガラスの水差に黄色いバラなどが活けられている。爽やかで、そしてとてもシャープな絵画。

前田青邨『牡丹』 この牡丹は他のそれと比べて装飾性の薄い描き方だと思う。紅白の牡丹を画面下方に描き、上半分を間として空けている。どことなく宋の絵画のような。

濱田観『白木蓮』 濱田の花の絵はどれもこれもひどく魅力的だと思う。青系統の背景に花が咲く、というパターンの作品群のどれを見ても、本当に惹かれる。
観念的な絵だとも思う。枝と白い花とが描かれているだけなのだが、その先もその前もありえないような、画面に描かれた分しか存在しない世界。濱田の世界は広がりを持たないが、深さを見せる。いつでもとても新しい感覚を感じる。

一階の展示室4に移る。この日は大雪で、ひどく静かな一日だった。雪が音を吸い込むからか、静寂を感じる日だった。一日中雪は降り続き、展示室に飾られた絵にもまた、雪が降っていた。
山元春挙『雪渓遊鹿図』mir530-3.jpg

この絵のどこに鹿がいるかと言えば、左下の木の隙間を縫う一群、この小さい影が鹿の群れなのだった。まったくこの通りの雪景色が六甲山脈だと思えた。雪の降らない京阪神でも、こんな情景を見るとは驚いたが、それだけにこの絵がとても親しく思えた。

鈴木松年『春渓閑棹図』 のんびりと舟が行く。船頭も客ものんびりしている。春だけのユルい気持ちよさ。ひねもすのたりのたり、は海だけではないのだった。

西村五雲『冬暖』 猿団子の図。’92年『動物に魅せられた京の画家』展で岸竹堂―五雲―山口華楊という系譜を知った。だからこの図を見ても納得する。

入江波光『雨中耕牛』mir530.jpg

真っ白な絵。波光にはこうした白い絵が多い。以前中国の仙女ばかり集めた記事を造ったとき、波光の絵だけは白すぎてハレーションを起こし、掲載を見送ったのだった。わたしは波光の『彼岸』の絵が最高に好きだが、あれだけはまだ薄くとも色彩がある。精神性の高い作品が多いが、なぜこんなにも白いのかが不思議だ。

竹内栖鳳『江南雨来』 中国ツアーから栖鳳はこんな描き方も始めた。塔が見える。雨のため塔も黒い。雨の魅力が伝わる。広重や巴水とは全く文化の異なる雨。靄のような雨。

横山大観『春秋山水図』 春の絵には杜鵑の飛ぶ姿がある。杜鵑一声、山の空気を切り裂く。秋は打って変わって穏やかである。紅葉の下の野に竜胆か桔梗かの青い花が咲いている。温厚でのんびりした可愛らしさがある。

関雪『後赤壁図』 これは絵自体は三国志で有名な赤壁を見に行こうとした詩人たちの姿を描いたものなのだが、それよりもその屏風に興味が行ってしまうのだ。
屏風全面に「関雪」のありとあらゆる印判が押されまくっている。とにかくその種類の多さに驚く。かなり面白い表具なのだ。

富田渓仙『淀城』 出た!鷺に水車のパターン。鷺は六羽いた。現実にはこんな風景があったわけではないらしい。しかし鷺に水車に淀というのは渓仙の決まりごとなので、彼の図像学の第一なのだった。なんだかとても楽しい。

この絵を見てから雪の庭へ出て行った。


西宮大谷の近代日本洋画

西宮大谷記念館は企画展もよいが、常設展にも楽しみが深い。
所蔵品のうち近代日本画と近代日本洋画が並べられていた。
今回はその洋画のほうの感想。
第一展示室はホールの左手に広がる。真っ直ぐ目に入る絵がある。
mir528.jpg

梅原龍三郎『霧島(栄ノ尾)』 この絵が私を呼び寄せる。
‘92年、この美術館で梅原回顧展があったが、電車の中で吊りポスターとしてこの絵が使われていた。異様なまでに惹かれた。
この世のものでない光景を見ている。そんな思いが湧いた。
‘88年から展覧会を見て回りだしたわたしだが、この二十年の間に「世界観が変わる」作品に出会えたのは、そんなに多くはない。しかしこれはその一枚なのだった。
二十年の間に何度もこの作品を見ているが、いつ見てもやはり「この世の外」の光景に見える。わたしが霧島を実際に見ていないからか、と思ったがそれは無関係かもしれない。
これが例えば違うタイトルでも一向に構わない。梅原の描いたどこか遠い夢の国。その中に私は入り込んでゆく。
絵に描かれてはいないが羊歯が群生しているのを感じるし、苔も水を含んでいい匂いがするだろう。肺まで緑に溢れて、あの青い山からぽかりと吐き出された雲にも手を伸ばすだろう・・・この絵はわたしにとって楽園そのものなのだった。

林 武『花(百合)』 梅原・安井の次の日本洋画界のスターは林だった。わたしのかかりつけ医はリアルタイムに林の油絵を見続けていた。先生は言う。林の絵には強い力がある、と。
確かにそのとおりだった。チラシや複製画では表現できないエネルギーが、絵には籠もっている。放出される力ではなく、溜め込まれ封じられる力。それを林は自在にする。
この花の絵には赤いバラも青い花も黄色い花もあるが、下の方に活けられたユリ、それがタイトルになっている。目立たないようなユリだが、それを林はタイトルロールにした。
絵を見る方向を上から下ではなく、下から上に見上げる。それでもユリは目立たない。
だが、他の強烈な塗り籠められた絵にはない静けさがユリにはある。不思議な静けさが。

鈴木信太郎『長崎風景 丘の眺め』 鈴木は去年の回顧展で初めて向き合ってから、大好きになった画家である。明るい描写に嬉しくなる。何とも素晴らしい眺めの長崎。湾曲する港、長崎の町、坂は山に続く。画家は長崎が大好きで多くの風景画を描いたが、どれを見ても本当にいい感じがする。長崎の歌が聞こえるようなイメージがあった。

竹腰健造『ピカデリー・サーカス』mir529-1.jpg

竹腰建造といえば住友営繕課から長谷部竹腰事務所へと至った建築家ではないか。わたしの中でも好きな建築家の一人である。その彼のエッチングが数点展示されていた。解説プレートを読むと、竹腰はなんと大正の創作版画協会員だったそうだ。全く知らなかった。しかしここに挙げた画像の他にも、留学先のイギリス風景が見事な版画作品として並べられているのを見ると、自分の不明を思い知らされる。
『ソマセット・ハウス』 コリント柱列、向き合うライオン像、メダイヨン・・・それら装飾がリアルに描かれているのを見ると、やはり建築家らしい視線だと思う。
素敵な建造物を見せてもらった、そんな気分。
また『チャールズ王雪中像』はアクワチントという技法で摺られていて、どことなく広重の雪の風景のようにも見えた。

山下新太郎『偕老椿寿』 これは奈良公園だろうか。野にある椿の木々。めでたさの象徴。
数年前ブリヂストンで山下の回顧展を見たが、彼は花も婦人も斉しく温和に美しく描く。
武二、児島虎次郎ら同様、いつみても綺麗で温雅な作風だと思う。そこがとても好きだ。

石川寅治『窓のそば』mir528-1.jpg

光が差し込んでくるのを感じる。幸せそうな女の横顔。髪型はハイカラさん風で、大正らしいモダンさがある。武二の『幸ある朝』、それらの系譜につながる幸せな作品だった。

長谷川昇『少女と犬』 ワカメちゃんカットの少女は赤いワンピースを着ている。ローウエストの、いかにも昭和初期頃のワンピース。少女は賢そうなシェパードと並んで直立不動。「お写真を撮りますよ、嬢ちゃん」と呼びかけられて、緊張して静止した姿が絵になったようだ。

小出楢重『帽子のある静物』mir529-2.jpg

小出と劉生と須田国太郎ほど、後年になって「キライ→スキ!」になった画家は少ない。小出のよさを初めて教わったのは、ブリヂストンでの企画展だった。あれを見なければいつまでも小出の良さを知らぬままだったかもしれない。
小出は病弱で本人曰く「骨人」のため、外の風景を写生するよりアトリエで裸婦や静物を描くのが多かった。(遺作『枯木のある風景』は最高だが)
重厚な色調と塗る筆の動き。人形の緑のドレスの質感、古い本のページ、その上に置かれた黒い帽子の質感、静物の下に敷かれた赤いテーブルクロスの質感、それらが全て異なる感触だと言うことを知る。檸檬の重み、可愛いがま口、真鍮製のようなランプ・・・
本当にいい感じだ。ただ、緑のドレスの人形の背後に青い色があるのが、人形に気の毒でもある。しかし黒い影を添えたことで破綻しないどころか、馴染んでいるのがすごい。
やっぱり小出楢重はいい。

日本画家・山下摩起の油彩画があった。
『西洋婦人像』 スペイン風美人で、赤茶色い色調でまとめられていた。たいへん綺麗な娘で、顔はやや丸顔。こんな肖像なら彼女も喜ぶと思う。そんな作品。
一方、その隣に並ぶ『婦女図』は浮世絵(それも幕末に近い頃の)風な女で、背の丸め方が渓斎英泉風だった。こちらの方が山下の他の絵に近いので、西洋婦人像は余技なのかもしれない。尤も前者の方が’39でこの浮世絵風は’30年頃の作。
初めて知ったが、山下の孫には往年の宝塚の大スター榛名由梨さんがいるそうだ。

児島善三郎『レースを着る女』mir528-2.jpg

児島は去年の回顧展でたいへん愉しませてもらった。すばらしい回顧展で、ますます児島が好きになった。児島が好きになったのもそもそもはここのコレクションからだった。この『レースを着る女』は児島の婦人像の中でも最高だと思う。いや、全ての『レースを着る女』の中でも彼女は実に魅力的なのだ。
田中保のそれ、加山又造の連作、いずれも蠱惑的で魅了されるが、この静かな女の肌の色には敵わないのだった。彼女の肌の色に深く惹かれている。
その肌にまといつく黒いレースはいつでも意識の底に沈んでいて、手を差し伸べれば容易に取り出せるのだった。
とはいえ「西宮大谷記念美術館の代表」のような『黄色い花の枕の裸婦』は私はあまり好きではない。こちらの肌は白すぎて透明すぎて、わたしはなんとなく怖い。

『南仏カーニュの小橋』mir093-2.jpg

この橋の絵を見るたび気分はカーニュに飛んでいる。この橋を渡りルノワールに会いに行きたいとか、スーチンの描いた建物はどこか探したくなる。
黄土色ではなく、黄色いウサギの毛のような、黄檗色。そんな橋が本当に架かっているのかどうかはわからないが、この橋を渡れば幸せが待つような気がする。

黒田重太郎『やまどり(山家春信図)』 副題『山家春信』とはまさにそのままの静物画である。長く欧州に続く卓上の静物画を黒田は見せてくれている。山家からの春の信(たより)として、この卓上には山鳥・梅・水仙が置かれている。山鳥の血は既に凝固し、羽毛も乾ききっている。梅と水仙に血の匂いはつかず、里の知る辺にこのヤマヅトを楽しんで貰おうという心持ちが、タイトルに伝わっている。

椿貞雄の『自画像』と石川晴彦の『母の像』は共に’22年の作で、そしてどちらもデューラーの影響を受けている肖像画を描いた。椿は劉生の弟子で師風に背かぬ作品を描き続けた。
どちらも描線のハッキリしたところへ暗い色をおいている。楽しさのない絵だが、その人物の精神のありようまで伝わってくるような力がある。

安井曽太郎『宇治黄檗風景』mir528-3.jpg

宇治の手前に黄檗宗総本山萬福寺がある。わたしはこの寺の佇まいが好きで、中風精進料理(普茶料理)が好きで、機会があれば訪ねることにしている。黄檗だけに色調も黄檗色である。先の児島の橋と同じような色。こちらが本家の色。

白瀧幾之助 水彩画と油彩による縦描きや横描きの小品たちがそれぞれ10点ずつほど並んでいる。描かれたものは全てロンドンとその付近及び、彼が精力的に学んだことをうかがわせる。そしていかにも明治の洋画家、といった趣のある作品たちなのである。
mir529.jpg

これら小さな作品たちはパターンの同じ額縁に収められ、壁面に慎ましく列を整えていた。

岡鹿之助『雪の変電所』 今回のチラシ。
IMGP3150.jpg

見に来た日が大雪で、絵の世界がそのまま外の風景と同じになった。
岡の絵はいつも愛らしいが、一つの点を打つのにとてつもない時間がかかっていたそうだ。
宇宙の粒子を集めたほどの作品がここにはある。

近代日本洋画は、わたしの展覧会めぐりの始まりの柱の一つだった。
今後も出来る限り見に行きたいと思っている。

壮大なるバロック 華麗なるロココ

『壮大なるバロック 華麗なるロココ』展を神戸アートホールまで見に行く。
このアートホールは不思議な性質を持っている。常に宣伝も薄く、めったに展覧会もしない。しかし一旦展覧会を開くと、たいへん充実した内容なのである。
展示品は15枚だが、どれも皆見応えがあるものばかりだった。

チラシにもなったルーベンス『毛皮のフールマン』
ルーベンスが53歳の時に再婚したエレーヌ・フールマンの肖像画。彼女はまだ16歳だったが、ルーベンスは彼女を溺愛し、多くの作品を残したと言う。
胸だけでなく腕、腹、腿、膝の肉のつき方にぎょっとする。本当に肉付きがいい。そのくせ「はちきれんばかりの」若さはあまり感じない。どちらかと言えばもっと歳をとったような身体に見える。しかし頬の赤みはとても若い。
mir527.jpg


スルバラン派『聖マーガレット』 キリスト教の図像学から調べると、彼女は四世紀に殉教した人で、ドラゴンと関わりがある。だからこの絵でも暗くて全くわからないが、まるで貴婦人の犬の散歩のように、ドラゴンに首輪をつけて引いている。
元はデトロイト美術館にあり、現在は個人蔵。

ルーベンス派『羊飼いの戯れ』 女が羊飼いで男が牧羊神だろうか。男は好色そうに笑いながら女の肩を抱き、女も丸い胸をはだけるだけでなく、足を自分から絡めている。
こうした絵を見ると、『フランダースの犬』のネロはルーベンスを尊敬していたが、信仰の絵ではなくこれらの作品ならどうだったろう・・・と想像するのだった。

ジョン・ホップナー『若いグリーナー』 若いと言うより幼いグリーナー。落穂ひろいの後らしい。ハッキリした目の賢そうな少女。巻き毛が愛らしい。
mir526-1.jpg


ヴァン・ダイク『聖母子』 幼子イエスはともかく、なんでこのマリアはこんな目つきなのだ。何を見ているのだ?闇を透かしてなにをみつめるのか・・・それにしてもイエスの脇に差し込む指の主は、果たしてマリアなのか。そうではないような気がして仕方が無い。

作者不詳『女性の立像』 綺麗な肖像だと思う。縦ロールの重なりはまるでキャンドルのようだし、赤いドレスの胸元も綺麗だ。扇を持つ手や肖像画のついた腕飾りの腕も柔らかい。
レースがとてもリアルだった。
mir526.jpg


他にも良い絵が来ていたが、全て個人蔵。しかしこの展覧会はどのように企画され、集められたのだろう。不思議で仕方ない。しかも宣伝など皆無に近いのだ。
巡回というわけでもなさそうだし・・・ナゾだ。
それはさておき、たった15枚とは言え、よい作品が並ぶとそれだけで楽しめるものだ。

雪の降る町を(ハイカイ阪神間)

京阪神は積雪に弱い。わたしも雪にヨワい。
窓の中から雪を眺めたり、少しだけ歩いて遊ぶ分には雪は楽しい。
今日が土曜で通勤しなくてすむから、雪にいやな顔はみせないでゆこう。
今日の予定。
☆西宮大谷記念館 ☆アートホール ☆神戸市立博物館。
阪急夙川駅を降りたら雪が積もり始めていることに気づいた。夙川オアシスロードという道を1km半くらい歩いて曲がって、西宮大谷記念美術館に行くのだが、雪道。
歩き出した途端、コワい実感。靴、ザクザクもギザギザもなくてツルツルな底でした。
そろそろ歩くしかない。なんしか阪神間の雪と言うたら、わたしが高校一年のときの大雪を思い出すのだ。
耐寒登山で芦屋ロックガーデンから六甲山を縦断し、宝塚山頂付近で解散と言うツアーだったが、膝までの雪に埋もれて、あやうく遭難しかけた。
これでは六甲ではなく八甲田だと当時天を仰いだ記憶が、今もナマナマしく残る。
明るい気持ちにならないといけないので、ゆっくり歩く。

美術館にはこんな雪の日でもファンがいて、少し繁盛していた。
内容については後日詳述するけど、やっぱり「近代日本画・近代日本洋画」が好きだな?とシミジミ実感する。そうでないとこんな日にまでトコトコ歩いて来れない。
西宮大谷は元々が大谷竹次郎氏の私邸から始まる美術館なので、素晴らしい庭園も楽しみの一つ。

蝋梅。P3141.jpg

いい匂い。香、薫、というより匂うという言葉の方がわたしの実感に合う。蝋梅のよい匂い。以前上海体育大学院に見学に行ったが、そこの蝋梅もよい匂いだった。
庭を廻る。
小さな滝に降り続く雪。P3145.jpg

カメラを雪モードにすると、雪が縦型に写った。

なんとなく福田平八郎。IMGP3143.jpg


雪に埋もれる青銅のウサギさん。
IMGP3146.jpg



山茶花にも雪降り積もる。
P3144.jpg


太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪降り積む
そんな詩を思い出しながらポクポク歩く。紅梅のつぼみはまだ固い。
黄水仙が咲いていた。P3149.jpg



ここを出てから阪急夙川に戻らず、阪神香枦園から電車に乗る。
線路真っ白。IMGP3151.jpg

雪のために電車が遅延しています、とアナウンスが入る。
普通電車に乗り、先頭に座って窓の外を眺める。雪、雪、雪。

元町で下車し、本当は中華街に行きたいところだがやめる。今日は春節祭なのだが、ちょっとねぇ。少し歩くうち、さる綺麗なお店の前に本日のランチとして、スープはボルシチと出ていたのでそこへ入る。座ってしばらくすると春節祭の龍の行進があった。お魚の先導。やっぱり中国のお祭は明るくて楽しい。
ボルシチは近江屋さん以来、大好きになった。
IMGP3152.jpg IMGP3153.jpg IMGP3154.jpg

ここのは紫キャベツの色が濃い。おいしい。
パスタ、デザート。まぁまぁよかったけれど、ちょっと問題がいくつか。
店員さん、特定のお客さんと喋りこみすぎて、手洗いのドアが開けっ放しなのを閉めもしない。これはやはりよくない。
店を出るとき初めて自分が某有名店にいたことに気づく。いつも行列なので敬遠していたお店に偶然入っていたのだ。元々はケーキ屋さんとして著名なお店なのだが、これは名を出すのはやめておく。たまたまその店員さんだけの問題かもしれないし。
難しいところだ。しかし次に行くことはしないと思う。

そこから山手に出て、兵庫公館の前に出る。ああ、素敵な建物に雪が。
P3155.jpg

本当に今日はどこまでも雪。

アートホールで『壮大なるバロック 華麗なるロココ』を見るがこれも後日詳述する。しかし不思議なのはこの展覧会、殆ど全く宣伝されていないのだ。ルーベンス、ヴァン・ダイクなどが展示されているのに・・・。

そこから大丸経由で市立博物館に行き、V&A美術館所蔵浮世絵を見る。こちらは既に東京で開催済みの分だが、入れ替えなしの展示だった。こんな大雪の日なのに大繁盛していた。
めでたいことである。そして係りの人々は、皆さんとても親切なのだった。

神戸に数あるパン屋さんの中でも人気のイスズ・ベーカリーに寄って、素敵なパンをいくつか買ってから帰る。
車内からは雪に覆われた六甲山脈が見える。
まるで水墨画の世界。P3156.jpg

ちょっと山元春挙か東山魁夷の絵を見たような感じ。
寒かったがいい一日だった。

三橋節子の絵の前に立つ

京都文化博物館で『静かなる情感』として洋画・日本画・工芸の展覧会が開催されている。
そこに三橋節子の作品が6点出ていた。
みな昭和42年から49年までの作品である。
mir525.jpg 『余呉の天女』

三橋節子は昭和50年に亡くなった。幼い娘さんを残しての病死である。
右手を失ってから左手で筆を持ち、その左手から深く心に残る名作を生みだした。
三橋節子の伝記として、梅原猛『湖の伝説 画家三橋節子の愛と死』がある。
梅原猛著作集〈16〉湖の伝説 (1982年)梅原猛著作集〈16〉湖の伝説 (1982年)
(1982/03)
梅原 猛


単行本は昭和52年の刊行で、現在は文庫本で見ることが出来る。
母がその当時手に入れており、子供の頃にわたしも読んだ。
せつない。
ただただせつない。
若い身で病死するせつなさ以上に、残された子供のことを我が身のように感じて、苦しくなった。
うちの両親はわたしに「哀れな話」を聞かせるのが好きだった(としか思えない)。
三橋節子の描いた『余呉の天女』・・・天に帰還しつつ地に残すわが子への思いを抱く天女の物語や、『三井の晩鐘』・・・異類である龍の母親が人の里に残したわが子のために片目を与える物語 などを繰り返し聞かせた。
どこにもハッピーエンドは無い。静かな諦念が後に残る。
いまだにわたしは、それらの話が常に意識の底にあるのを、感じている。

三橋節子は滋賀の絵をよく描いた。現在も活躍中の夫君・鈴木靖将氏と結婚してから滋賀の住人になった。古い古い伝承を多く残す地。
節子の描く世界が、かつての「近江」のような錯覚さえ生まれる。

『余呉の天女』 天に去りゆく母の姿は背景と混ざり合いつつある。赤い着物の子供はぽつんとそこに座っている。白い花が心に残り、静かな哀しみが胸に湧く・・・

『裏山の収穫』 わたしは植物に詳しくないので写真や絵を見てもその名前がわからない。
黄色い果実、紫の小さな粒のついた枝、赤い実をつけた蔓、ささやかな花たち・・・
そこに描かれた植物は節子の住まう裏山で採れたものなのだ。
わが子に「草麻生」「なずな」とつけた節子の優しさを感じる作品。

『とわの土』と先の『裏山の収穫』はその当時京都府の買い上げとなり、今こうして展示されている。

『陶器登り窯』 これは人物の描かれた絵としては珍しく、リアルさがある。幻想性がない、と言うべきか。それも当然の話で、『京の百景』の一枚なのである。
『京の百景』シリーズは京都の画家たちに京都府全域それぞれを描かせた一大企画なのである。これまで何度も見てきたが、本当にすばらしい作品群なのだ。
節子は五条あたりの登り窯の情景を描いている。働く人々。陶工の人たちがまじめに働く。節子らしい優しい独特の色調で、人々が描かれていた。気持ちのよい作品だった。

ほんの数枚だったが、深く心に残る展示だった。
久しぶりに節子の絵に接して、わたしは梅原の『湖の伝説』を読み返している。
そういえば去年の今頃、盆梅を見に長浜まで出かけたが、そのとき民家を美術館にした場で、節子の夫君・鈴木氏の襖絵を見た。
あれから一年、いま三橋節子の作品に再会できて嬉しいような気持ちが湧いている。

追記:『湖の伝説』を再読したが、彼女が長谷川四兄弟と親戚筋とは知らなかった。
ちょっと驚いた。



内藤ルネ?ロマンティックよ永遠に?

えき美術館で『内藤ルネ?ロマンチックは永遠に?』展が開催されている。
ルネさん、昨年急逝されたのでこれが追悼の展覧会になった。
2005年に弥生美術館で二度目の大きな回顧展があった。
mir524-2.jpg

2002年の弥生での回顧展で大きな反響があり、ルネさんもそれでたいへんご機嫌さんになられたそうで、2005年の展覧会はルネさんの大事にしていたコレクションも多く展示されていた。
わたしもルネさんのグッズをいくつも持っている。
前述の2005年での感想にも書いたように、誰しも家にイチゴやレモンのかわいい絵柄のついたグッズや、ルネパンダを持っているのではないか。
会場にはルネさんのそんな可愛いグッズが溢れんばかりに並べられていた。
昔の少女たちから今の人までみんな「かわいい?」「カワイイ?」の声をあげている。
実際、とても可愛い。
わたしは特にパンダが好き。
貯金箱を今も大事においている。(左から二つ目のパンダ)
mir524-1.jpg

‘73年のカレンダーハンカチも持っていた。
月ごとにパンダのポーズが変わる。可愛くて大好きだったのに、誤って梅田のマクドで失くした。消えてゆく姿を茫然と眺めていたことは、今に至るまで悔恨の根の一つになっている。ニンゲン色んな悔恨や反省があるが、取り返しのつかない状況のものは、細胞質にまで深く根を張るものだ。
だからルネさんのパンダを見るたびそのことを思い続け、新しくルネパンダのグッズを買う気にはなれないのだった。
そのパンダ。
誕生当時から全くそのままと言うわけでもなく、マイナーチェンジし続けているのを知った。
思えばキティもミッフィーもリカちゃん人形もそうだ。少しずつ少しずつ変化し続けている。
少しずつ変化するパンダmir524-3.jpg

ルネさんは「わたしの部屋」という雑誌で素敵な連載を続けていたが、その素敵な白い家具がここに来ていた。とてもロマンティックな家具と小物たち。
わたしはマホガニー色の家具が好きだが、リカちゃんハウスの中にいるような気分になって、とてもうれしい。
可愛いだけではなく、幻想的な作品も出ていた。これらは一旦小さい紙に描いてからコピーで拡大化して彩色する手法での作品だと、以前の展覧会で知った。
おしゃべりしそうな可愛いキャラたちと違い、こちらはあくまでも静かな少女たち。
どこか遠い地平を見るともなく見ているような眼差し。
彼女たちはどちらかと言うとシックな衣裳に身を包み、外界を拒絶しているようだが、その背後には健康そうな青年が佇む。彼女は彼が好きだと言う前提に立って描かれた絵。
しかしながら「不可能な恋愛」。二人からはそんなイメージが浮かぶ。
「薔薇族」表紙絵が並ぶ。ルネさんのスタイルは変わらず「健全な青少年」である。翳りなど全くない、心身ともに健全。短髪黒髪に白い歯が光る明るさ。やおいでもボーイズラブでもない。・・・fujoshiのわたしはそれより綺麗系が好きだ・・・
カップルで見に来た人々も多く、彼氏の方が「可愛い」系に惹かれているのが面白かった。
ショップではやっぱり可愛いグッズがよく売れている。めでたい・・・
mir524.jpg

ルネさんはなくなったが、こうして愛されているのを目の当たりにして、安堵した。

『若冲を・・・』愉しんだ

京都国立博物館で正月から節分まで『若冲を愉しむ』展が開催されていた。
次の小特集は応挙、芦雪、呉春。
IMGP3129.jpg


トリがニガテなわたしはそこだけ避けて、わんこや野菜や石灯籠を愉しんだ。
百犬図 mir523.jpg

最初にこの絵を見たのは今は無きアサヒグラフでの記事だった。応挙のわんことはまた違うわんこたち。何十匹もいる中には特別お気に入りのわんこも生まれる。
こいつとかmir523-1.jpgこいつとかmir523-2.jpgこいつ。mir523-3.jpg

お気に入りには特に生暖かい目を向けよう。

果蔬涅槃図 先日出光で伊勢物語絵展を見たが、その中に見立て涅槃図があり、業平がねてはんの。周囲で泣く女たちはマメオ君らしく種々様々。あちらに比べこちらは、墨絵だけに色もなかりけり。

石灯籠図屏風 この絵はいつ見ても「・・・明け方か、夕方」そんな気がする。点描だからか墨の薄さがそう思わせるのか。しかしこの絵を前にすると、心が静かになるのは確かなのだった。
もうすぐ明かりが灯りだす・・・そんな予感が湧いてくるからかもしれない。

トリから遠く離れて、今回仏画にひどく惹かれた。
禅林寺蔵二十五菩薩来迎図修復完成記念と銘打たれて、すばらしい作品が二枚来ていた。
禅林寺とは京都の紅葉の名所・永観堂のこと。ここの寺宝は有名な見返り阿弥陀。
こちらには修復以前だが、画像がある。
二十五菩薩来迎図 伝・恵心僧都。 幸せの予感さえ生まれる。

二十五菩薩来迎図厨子扉絵 菩薩の美しい顔かたちにときめいた。截金細工の精妙さ、衣装のエキゾチックな美しさ。鎌倉時代の絵画が修復されたことで、艶かしい様相を顕にしたのである。見飽きない優美さだった。様々な楽器を演奏する菩薩たち・・・こんな楽団に迎えに来られれば、苦痛は少なかろう。

絵巻物に移る。
文正草紙絵 これは数ある立身出世譚の中でも殊のほか喜ばれたもので、多くの絵巻・奈良絵本などを見た。綺麗な色彩が残る絵巻で、大切にされていたのだと感じた。

十禅寺縁起(十禅寺)や酒飯論絵巻(三時知恩寺) が出ていた。こういうのを手にとって眺めていたいものだ。酒飯論絵巻は大倉集古館辺りででも見たような気がする。

中国絵画にも今回は惹かれるものがいくつか出た。
蝦蟆・鉄拐図 顔輝筆(知恩寺) 百万遍のお寺か。仙人たちの際立った個性・・・いつ見ても魘されそうなのだが、妙に可愛くもある。特に白い蝦蟇を肩車と言うかおんぷというか、しているところがいい。白い蝦蟇は綺麗に胡粉で塗り固められている。実にいいですね。ばっちぃ系のオジサンたちより蝦蟇がきれいと言うのはなんなんだろう。

東方朔奪桃図(春光院)  漢代に活躍した東方朔が西王母から桃を盗んでトンズラ図。彼らに巻き込まれたか共犯なのか、鹿が身を低めて目つきも悪く走っているのが、印象的だった。

乗亀仙人図 亀はガメラではない。なんとなくこういう絵を見ると楽しくなる。

大黒天図 松屋宏蔭筆(大中院) 最後に面白かったのはこの大黒様。真正面顔。ちょっと凄い。二頭身というより・・・。キャラ化しているようだった。


「その後の甲斐庄楠音」を視る

甲斐庄楠音の素描とスケッチブックを集めた展覧会が2/3まで京都造形大学のギャラリーで開催されていた。
わたしは'90年代初頭、映画監督溝口健二にのめりこみ、そこから彼の周囲に眼を移した。
その中で甲斐庄楠音の伝記『女人讃歌』栗田勇・著を手に入れた。
彼の作品自体は既に京都国立近代美術館などで見かけていたが、その時から何とも言えぬナマナマしい悪夢のような魅力に溺れていってしまった。
その甲斐庄楠音の生涯についてはsekisindhoさんの記事が詳しい。
IMGP3126.jpg

開催側は展覧会の狙いをこう書いている。
大正期に、陰鬱な官能性を持つ人物画を描いた日本画家・甲斐庄楠音(1894?1978)。京都市立絵画専門学校を卒業後、国画創作協会展(官展の審査に不満を持った京都の青年画家たちによって結成された団体の展覧会。国展)に妖しい魅力に彩られた女性像を発表して脚光を浴びました。しばしば紹介される甲斐庄作品の多くは、大正?昭和初に制作されたものといってもよいでしょう。昭和に入って映画界の裏方として活躍する楠音は、やがて晩年に至るまで画壇からは遠ざかることになりますが、その間にも発表こそしないものの、やはり幾多の人物を描いていたのです。このたびの展観のタイトルに「その後の甲斐庄」とした所以です。
 国展の主導者たる土田麦傍から「きたない絵」として撤去を余儀なくされたこともある彼の絵が、麗しく表されたものばかりでは無かったのと同様、素描もまた必ずしも麗しいものばかりではありません。が、かえってそこにこそ画家の真情を見ることが出来るのではないでしょうか。


甲斐庄の素描には、確かに『沈鬱な官能性』が滲んでいた。
潜むのではなく、表に顕れ出している。
陽気さはないが、しかし心の深いところで惹かれるものがそこにある。
一方スクラップブックには、露わな官能性・・・というよりむしろ、露悪趣味な面も見えて、それがひどく面白い。
08020304.jpg 中の一ページ。
スクラップブックとは、個人が自分の好む記事や絵・写真などを貼り付けて作成する、ひどくプライベートな存在(の筈)なのだが、ここに曝された甲斐庄のそれは、自己の趣味だけでなく他者をも巻き込むような力をみせた。
殆どコラージュ作品に見える頁もあれば、被虐と嗜虐の鬩ぎあいのような頁もある。
どのような構成かを書き連ねるより、言葉の羅列の方が却って本質に近づくように、思われる。
以下、その眺め。

時代祭、オダリスク、舞妓散策、都踊り、麦僊の舞妓図下絵、自身の春画、アンバル・カラッチの裸婦、巨大なドーム内部、「甲斐庄先生」とサインのある「白馬童子」の頃の山城新吾ポートレート、静かな麗子、浮御堂、男子レスリングのフォール、しゃがむ武原はん、先代朝潮関の笑顔、土門拳の撮影した眠たそうな四天王、ウォーターハウス描く腕を頭上高く上げるファム・ファタール、文楽「逆艪」の樋口、映画のキスシーン、七世幸四郎の弁慶立ち姿、煙管を持つ与三郎・・・

こうした絵や写真がスクラップブックに貼り付けられている。
その一方、剥ぎ取られ、痕だけ残す頁もある。そこに何があったかを妄想させられる。
甲斐庄の春画は露わなものだったが、それが麦僊の舞妓図のすぐそばにあることを思えば、メタファとしてのそれだと気づかされる。
甲斐庄のエロティシズムは春画のそれよりむしろ、裸婦スケッチや本人言うところの「裸夫」スケッチの方に深いものがある。
彼の春画はむしろ戯画に近いのかもしれない。

スケッチには裸婦と裸夫がいる。
とらさんの記事に甲斐庄が性同一性障害だと書かれているが、なるほどそうかもしれない、と最近思うようになっている。

伝記から浮かび上がる甲斐庄は、同性への愛を抱き、仮装としての女装を楽しむあやうい人に見えたが、決して厭な感じはしない。
都人らしいお洒落さと粋(スイ)さがあった。
沼の底での情交の後のような絵を描きつつ、韜晦しているような。

甲斐庄が慕った先輩・村上華岳に『日高川』がある。清姫が眼を閉じながら安珍を追い彷徨う姿である。静かな絵である。何故眼を鎖すのか、そのことに議論を持たせる絵。
それと構図が似ているような『団扇持つ女』。08020305.jpg


モデル代の節約から、あまりいいモデルを使わなかったと言うが、それだけで「穢い絵」というわけでもなかろう。
その問題の『穢い絵』と言われたのは『女と風船』である。絵の現物は焼失したと言うが、甲斐庄楠音の執心は深く、その絵はがきや写真が数枚ここに展示されていた。
麦僊は何故そう断言したのか。
当初、田舎ものが都に出てきて、都人になろうとキレイさを求め、(泥臭いようなグロテスクなものから脱却したいからこそ)そんなことを言ったのかと解釈もしていたが、そんな簡単なものではなさそうだった。
久世光彦は著書『怖い絵』で、そのことについて恐ろしいような考察をしてみせた。
「・・・麦僊の<穢い>は<綺麗>に対する<穢い>ではなく、つまり相対の言葉ではなく、そうとしか言いようのない、咄嗟にその言葉しか発見できなかった絶対の兵庫だったのではあるまいか。」
なおも久世は書く。甲斐庄の絵からあの独特の魔力が失われた理由を・本格的な制作生活から逃れた理由を、久世は推理する。
「・・・いつしか死姦者の目になってしまった自分の眼をいきなり他人にのぞきこまれたからしかない」
こうして甲斐庄が絵筆を取り落とした、と。

ここに挙げた絵は全て制作年がわからないスケッチばかりである。
08020301.jpg 08020302.jpg

墨衣のようにも見える紗。黒衣の女たち。

スケッチだから、と言うだけでないある種の衰えと退嬰がある。惹かれるものは薄い。
その一方、若い綺麗な男性をモデルにした『玄冶店』シリーズは軽いけれど、いい作品である。切られ与三郎の役をする男性モデル。本当なら全身に切り傷が描かれなければならないが、この膚には傷は一筋もない。髪は七三分けをふわっとさせた髪型で、描かれた当時の若者だとわかる。着流しをはだけ、薄い身体を晒している。描き手が楽しむような絵。
また他にも『右足を触る裸夫』『左足を掴む裸夫』などがあるが、いずれもなかなか優しい顔立ちである。うつぶせ、背後に手を着いて足を投げ出す、そんなポーズからは若い男性への情愛が湧き立っている。

しかしそうした作品だけでなく、甲斐庄が好んだ文楽スケッチもいくつかあった。
特に目立ったのは、戦前の人形遣い・吉田文五郎をスケッチしたものだった。
わたしは無論文五郎を知らないが、文楽の古い写真を見たり、武智鉄二と八世坂東三津五郎との対談集などから、彼の横顔を見覚えている。
頭蓋骨が魅力的な横顔だった。もう今の日本人にはこんな立派な顔立ちはいなくなっている。甲斐庄はそれを惚れ惚れするくらい、素敵に描いていた。
他にも芝居をモティーフにしたものがいくつか。08020303.jpg


別室ではスクラップブックの内容を映像で見せる支度があった。
その部屋には江上波夫氏の寄贈品たる縄文土器や、中央アジアからイスラーム文化圏の国々より出土した陶磁器やガラス製品が展示されていた。
そうした文物に囲まれながら、甲斐庄のスクラップブックを延々と眺めるのである。
なんとも言い難いときめきがあった。

「その後の甲斐庄楠音」を今後また見る機会があることを祈っている。




玉村方久斗展

玉村方久斗という画家は知らなかった。
チラシを見ても「変わった感覚だな」と、あまり興味を惹かれなかった。
とは言え活躍の時代を考えても、わたしの好きな時代なのだ。
チケットも手に入り、招ばれたキモチで出かけた。
mir521.jpg

一目見た限りでは、山口八九子あたりと似たような描線と色調だと思っていたが、同世代で同じ京都絵専の出だと年譜からわかった。尤も山口は南画、こちらは前衛という違いがあるのかもしれないが、その表現の技法や思想は別としても、どことなく似ている。
ただ、玉村は甲斐庄楠音や岡本神草らとグループを組んでいたそうだ。
なお1/26にはエッセイストの玉村豊男氏の講演会があった。彼は画家の息子さんだそうだ。

最初に山十題シリーズが掛かっていた。横長に、様々な山なみが描かれている。
湖東の山。まだ若い頃の作だが、既にこのシリーズで後の絵の流れが見えるようなところがある。
mir522-1.jpg

この『夢』が何を意味するのか・何を本歌取りしたのかがわからないのが残念だ。
本を買おうかと思ったが、どうしてか掲載されない図版が多いようで、そんな不条理さが嫌いなのでやめた。だから解説文を一切読んでいない。
平安貴族の夢見の話なのか、社寺境内図はなにを意味するのか。描かれた人々は多少常軌を逸した目つきをしていた。
非常に文学的な匂いのする作品なのである。

雨月物語への執着が深い。雨月物語の各篇を絵巻物にしている。書は読みやすい繊細さで綴られ、情景はややもするとグロテスクささえ漂うたいへんに描きこまれたものだった。
元々の物語そのものがたいへん好きなので興味深く眺めた。
物語の粗筋はこちら
『青頭巾』mir522-2.jpg

この画像は、改庵禅師から頭巾をかぶって考えろと命じられた後の情景のようだが、わたしがこのとき見たのはその前段だった。
血の海にいる僧。寵愛した稚児の遺骸を舐めしゃぶるうちに鬼と化した男の執着。浅ましい姿を晒しながら眼だけは爛々と輝かせ、血の海の中を這い回っている。
日本画が水彩だと言うことを、はっきり思い知らされるような滲み具合だった。
こうした赤色の表現は、どうしてか西の方の画家に多いように思われる。
『浅茅ケ宿』 せつない情景が見事に描かれていると思う。縹渺としたものが絵巻いちめんにある。まぼろしの一夜。眼を覚ませば既に妻は亡いのである。
『吉備津の釜』 これがまた特に好きな話なのだが、展示シーンにぎょっ。狂乱した女が着物を脱ぎ捨てて何が騒ぎ暴れている。周囲の人々は恐れて止めることもできない。
捨てられた妻・磯良の生霊による恨みで、袖が死に至るシーンなのだが、村上豊の挿絵にも通じる人体のぐねりがあった。ナマナマしい絵である。
他の話もあったが、全巻開いていたのは二話だけだった。
そのうちの一つ。
『菊花の約』 こちらもたいへん好きな作品である。赤穴と左門との深い友愛(愛情)。念弟との約束を破らじと切腹し、魂魄のみになって左門のもとへ行く赤穴。
・・・fujoshiなわたしとしては美青年を期待しているのに、ここではそうは描かれない。
どうも玉村の絵には美女も美青年も全く現れないようだった。

挿絵にも通じる文芸性が玉村の作品に活きている。
美人画の大家・鏑木清方は「卓上芸術」を標榜したが、玉村の作品にはその魂がある。
実際『雨月物語』だけでなく源氏や伊勢、そして西鶴の作品までも絵画化している。

『源氏物語 野々宮小柴垣』 ちょっとびっくりした。垂れ込めているその最中の様子が描かれている。源氏絵で<見る>のは初めてだ。大和和紀か江川達也でしか見ていない。

『伊勢物語 宇津の山路』 季節感があるが、その色彩と塗り方とが心ざわめくようである。ぼかしではなく、にじみ。それが山の中にいることを感じさせる。

保元の乱をモティーフにした作品も多く出ていた。
戦場での断首、鮮血、転がる死体。戯画調であることでナマナマしさに一枚紗をかけたようになったが、血の赤、金泥のはみだし、墨の薄れ・・・これらが不気味な這いより方をしているように思われた。

枕屏風ほどの大きさの中に、恐ろしいことに『道成寺』を描いている。
数枚の連作の中、始まりは「出会い」の場だが、二枚目に既に後の安珍の運命を思わせるように釣鐘の絵がある。そしてラストは日高川を前にして立ち尽くす清姫の姿・・・
凄惨さはないものの、恐ろしい運命を予測させる展開である。ここにも玉村の滲みと自由な描線とが力を得ている。

扇面図もあった。
菊花にまみれた中に降り立つ青衣の菊慈童、金牛の愛らしく賢そうな眼など、彼の「前衛性」とは違う<安心できる>日本画がそこにあった。

『出山釈迦』 これを見て同世代で、もしかするとお仲間だったかもしれない秦テルヲを思い出した。山を出る釈迦は真っ直ぐ歩く。その姿が薄い金泥で輪郭をぼやかしながら描かれ、尊さが地に響くようにも見えた。

『猫』mir522-4.jpg

この黒猫に惹かれた。市バスにもポスターとして貼られているので、乗車中やたら目が合う。クロちゃん。金の眼に金の爪。ぼかしと滲みとが猫の毛並みをリアルにしている。撫でてやりたくなった。

玉村の家の模型と写真とが展示されていた。これが実にモダンで素敵な建物で、見ていて飽きない。屋根の流れがいい。動線もいい。外観もいい。とても素敵だった。
そしてこのモダンな家にぴったりな作品も玉村は多く残していた。
村山知義あたりのお仲間なのだ。mir522-3.jpg

現に4Fでは『玉村を更に知るために』という企画展が開かれているが、そこでは村山の作品が二点ばかりあった。マヴォ時代のもの。この頃の村山と玉村とは同志だったようだ。
(わたしは村山の作品は、モダンでシャープな童画と『忍びの者』が好きである)
他にも古賀春江『埋葬』 黄色い僧帽をかぶった僧侶の読経の中、墓穴に下ろされてゆく骨壷、人々の覗き込む姿。
高見沢路直(後の田川水泡)のコラージュ作品、中川紀元のキュビズムの風景画や裸婦といった、当時の最先端を行く作品があった。
しかしその一方、これらの同時期に岡本神草は『拳を打てる三人の舞妓』を描いているのだ。今回、習作と下図とを見れた。岡本のあやうさは、玉村の色調や描線に、通底するものがあるようにも思う。
しかし、一つの空間を共有する中、その違和感の大きさが怖いくらいだった。

1943年、戦時中の統制の下、玉村は画材を得られる資格を与えられないと言う、衝撃的な状況に遭う。190人の画家までが画家と認定され、それ以外の人とされたのである。
玉村はそれに憤り、自らを「191」番目の男と名乗りを挙げ、その年たいへん多くの作品を生み出している。

『手工卓静物』mir522-5.jpg

その年の作品で、とてもカラフルである。テーブルの上に花瓶やサボテンがあり、手芸の布がばさばさ。ボタン付けもある。

この色彩が移行したかのような作品があった。
『好色一代女』での、太夫となったお春と客との寝間の図がそれ。誰が袖図のように着物が掛けられ、襖絵は花模様、衾も派手、艶かしい絵に沿う文章は繊細ですっきりしている。

『武道伝来記』 同じく西鶴の原作。これは三点あり、どれも艶かしい。切腹する若い武士、鳥居帽子をつけた女形、背後から刺されようとする武士・・・淡々と描かれているが、なんとも言えず惹かれた。
つまりタブローとしての魅力ではなく、挿絵としての魅力がそこにある。

乱歩『双生児』、その挿絵があった。なんだか戯画すれすれのペン画に見える。あぶない。
他にもこんなのがある
やっぱり挿絵や文芸性の高い作品に魅力があるのも当然だと言う気がした。

それにしても綺麗な人の絵が殆どない。
少しだけそう言えるのは『ハーモニカを吹く少年』これだけだった。
睫毛が愛らしいが、もしかするとテクニックの問題以前の思想的な条件からか・・・
しかしその一方、身近な情景を描くシリーズにちょっとした明るさがあった。
ドイツの不景気な時代の作品に似ているが、これはなかなかよかった。
なんとなく楽しい・・・。
IMGP3125.jpg 『港町寸景』
『書斎』mir522.jpg

mir522-6.jpg『休日』
展覧会は2/17まで。
知らぬ画家を発掘できることは大きな楽しみだと言う、証明のような展覧会だった。

今日の京都

会社行くのと同じ時間に起きたから、曜日の観念が狂った。土曜日だ土曜日。
そのせいでか予定より30分遅れて出発。四条河原町についたら9:34でしたわ。
京の予定。
玉村方久斗展・京都国立近代美術館(左京区岡崎)
その後の甲斐庄楠音展・京都造形大(北白川)
若冲小特集・京都国立博物館(東山七条)
内藤ルネ展・えき美術館(JR京都駅)
川端康成と東山魁夷・京都文化博物館(三条高倉)
・・・結論を先に書くと、全部クリアーして、七時前に帰宅した。展覧会の詳述は後日。
京都はバスが大変優秀で、市バス一日乗車券500円を買えば大抵どこなと連れてってくれる。わたしは今回7回乗った。だから一回あたり70円強かな。
点を線で結べば、片流れの四角になるか。
京都市バスは(どこでもそうかもしれないが)いい運転手さんとどうもあかん運転手さんと分かれている気がする。観光都市なんだから、道を聞くお客さんにはなるべく親切にしてあげて欲しい。かわいそうなシーンを二回ほど見た。まぁ2/7だから割合は低いか。
(客側に問題があるのも考慮しなくてはいかんしね)
平安神宮内にあるらしき建物。IMGP3124.jpg

今度武徳殿に行こうと思う。
北白川から四条河原町まで戻った時点で、一旦下車して新京極のお寿司屋さん・乙羽に行った。前々からここの箱寿司のファンだけど、京は寒いので(今日も寒い)蒸し寿司を頼む。ちと高いがおいしいです。上にはこうして錦糸卵が掛かっているが、中身は穴子などのバラ寿司。箱寿司はお土産に買うた。IMGP3127.jpg

ここのお寿司を買うきっかけになった話はいずれしたいと思う。

そこからまたバスに乗り・・・博物館ではヨーロッパ陶磁器の特別展。
IMGP3130.jpg

素敵だけど、案外関心が湧かない。でもこれらは可愛いので欲しいと思ったりする。
mir520-1.jpg mir520.jpg


大丸に行き、明日の節分の厄除け饅頭を探したが、ななななんとおまへんがな??!
厄除け饅頭って大阪だけのことなのか?あびこ観音の厄除け饅頭だけか。
名だたる和菓子屋さん、バレンタインに負けんと商魂出さなあかんやないの??。
買い損ねて地上へ出て、大好きな日本茶甘味処・ちゃらんに行く。例によって例の如く抹茶ミルクぜんざいいただいてから最後の目的地にも行き、タイムアップで帰途に着く。
ああかなり充実の一日でした。


2月の予定と記録

礼によって例の如く京阪神と首都圏ハイカイです。
3月には九州に出かけますが、名古屋にも行きたいし、なかなか難しいところです。
とりあえず明日は京都ツアー。またまた歩き倒して右肩脱臼モドキになる予定です。
(何故かわたしは長時間歩くと右肩が抜けたようになる)
2/3は節分。ちょっと楽しみ・・・

玉村方久斗展 京都国立近代美術館
若冲小特集 京都国立博物館
京都市美術館コレクション展第3期 心のふるさと  京都市美術館
京の鳥瞰図 京都市歴史資料館
没後30年—その後の甲斐庄楠音 <素描・草稿> 京都造形大学 GALLERY RAKU
−文化・文政期−「江戸時代後期衣裳展」 京都伝統産業ふれあい館
川端康成と東山魁偉 —響きあう美の世界— 京都文化博物館
“ロマンティック”よ永遠に! 内藤ルネ展美術館 「えき」
INAX大阪 石はきれい、石は不思議 —津軽・石の旅—
パノラマ地図でたどる近代の名所 堺市博物館
ヴィクトリア&アルバート美術館所蔵 初公開 浮世絵名品展  神戸市立博物館
新春 大谷コレクション 近代絵画の美 西宮市大谷記念美術館
雪げしき 横山大観記念館
鴎外・漱石と肥後熊本の先哲たち 永青文庫
開館10周年記念 浮世絵名品展 礫川浮世絵美術館
香りと恋心 バルビエのイラストレーションと香水瓶 ハウス・オブ・シセイドウ
春のめざめ —横山大観・上村松園・小林古径・安田靫彦—  山種美術館
町田市立博物館所蔵 — 光と彫刻の芸術— ガラス 大倉集古館 T
吉祥のかたち 泉屋分館 T
建築の記憶 ー写真と建築の近現代ー 東京都庭園美術館
冬季展 花によせる日本の心—梅・桜・椿を中心に畠山記念館
あかり / 光 / アート 松下電工汐留ミュージアム
江戸の出版仕掛け人part4〜幕末の浮世絵と絵師たち〜 たばこと塩の博物館
開館20周年記念 鍋島−江戸の至宝・創出された美−  戸栗美術館
日本の版画1941-1950/芳年・芳幾の錦絵新聞 千葉市美術館

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア