美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

『名画に出逢う、秋』を見に行く

八幡市立松花堂美術館で、近代日本画の名品展が開催されていた。(今日まで)
京都市美術館と京セラ美術館からの貸し出し。
mir975.jpg

元々この美術館は企画展と、松花堂昭乗の時代を紹介するパネル展示やVTRで成り立っているらしい。
寛永の三筆の一人と謳われた松花堂は、江戸初期の文化を担ったのだ。
本阿弥光悦、松花堂昭乗、三藐院近衛信尹、彼らが寛永年間の文化の担い手として遺した欠片を追いかけると、今日に続く道筋が見えてくるような気がする。

さて特別展『名画に出逢う、秋』に現れた絵画はと言うと、チラシにもなった菊池契月の散歩する少女や、中村大三郎の『女人像』とその下絵などの他、栖鳳の熊、関雪の牡丹、遙邨のカラスに松篁のうさぎなどがある。
mir976.jpg

いかにも昭和初期の少女と言う趣のある『散策』は、以前から好きな作品だった。
風にそよぐ少女のおかっぱもいいし、その当時流行の着物もいい。
犬の散歩をする手には一頭分のヒモしかなく、もう片方の犬はどうするの?などと言うことを思ったりしながら眺めるのも楽しい。

それで目を惹いたのが中村大三郎『女人像』下絵と本絵の違い。
下絵の着物は、契月の少女のそれと似た柄、つまりいかにもその当時の流行の着物を着ているのだが、本絵は薄紫の着物に変わっている。
絵のイメージもそのためにすっかり変わった。日常のくつろいだ肖像と、おめかしした様子、と言う風に分けられると思う。
契月の少女も中村の女人も共に昭和九年の作なので、その当時の着物の流行がよくわかる。
mir977.jpg  mir979.jpg


梶原緋佐子『願い』 ナマナマしい存在感の女の絵だった。緋佐子は大正頃はそうしたナマナマしさを描いていた。底辺に生きる女を描いたのは彼女の思想上のことからなのか、違う理由からかは知らない。中期以降晩年に至るまでは良家の婦人を描くことが多かったので、制作年度もそれで大体推理できるそうだ。
黒い着物を着た女の立ち姿。横顔には静かな官能性が漂う。これが横顔だからまだいい。
不意に首を捻ってこちらを向いて、にぃーっと笑えばどうなるか。
たぶん、身をのけぞらせてしまうだろう。

京都市美術館からの貸し出しが多いので、見慣れた絵も多かったが、知らない絵も多い。
違う場所で眺めると、趣の異なる作品もある。

竹内栖鳳『クマ』 mir978.jpg
耳と目が可愛いクマ。毛がふわふわしている。月の輪クマらしい。なかなか賢そうな目をしている。紅葉した葉が見えるから、今は食べ物を求めている時期なのだ。でもたぶん、まだ小熊。伸びた爪や掌に可愛らしさがある。
栖鳳は学生を連れてしばしば京都市動物園に写生に出かけたそうだ。
動物園も水族館も公園も、明治になって西欧から取り入れた存在なので、とても新しいものだったのだ。

他に松篁のパンダ兎、竹喬の海、神泉の筍、奥村厚一の瀞ホテルなどがあった。
明るい気持ちで絵を眺めてから、このすばらしい庭園から去って行った。
スポンサーサイト

秋の終りの旅

秋の終りがいちばん紅葉の綺麗な時期なので、今回初めて八幡の松花堂庭園へ向った。
去年辺りからというか、今年の初めくらいから、どういうわけか春より秋を好むようになっている。錦秋に惹かれてどうにもならない。
いつもは左京区の紅葉を楽しむが、今回は洛外。去年は岩倉実相院、今年は八幡へ。

京阪電車で樟葉(くずは)下車後、即バスに乗り大芝で降りると、そこが広大な松花堂庭園。昔の松花堂昭乗の遺した諸々を整備してここに一大文化ゾーンを拵えている。
その素晴らしい錦秋の庭園を撮影できなかったのは痛恨の極みだが、その分自分の意識に深く深く焼きついている。
(庭園の大半は撮影可能だが、わたしのカメラが故障中なのだ)

楓が赤い。赤いけれどその枝の真下に入ると、全てが赤色に染まっているわけではないことを知る。染まりきっていない葉、斑の葉、朽ちかけた葉、緑の残る葉・・・
様々な色の集積体が、遠目には赤い塊に見える。
眼で見える粒子の数など高が知れている。恐らく本当は視認した色の何十倍もの異なる色が存在しているはずだ。
しかしそれらは一つの赤に見える。燃える赤。

木々の重なり合う地に立つ。見上げると、赤とオレンジの混ざり合う様が見える。その隙間に青い空がある。空はしかし赤に浸食されている。

空から地に眼を移すと、翠苔に様々な色合いの楓が落ちている。
天にも地にも秋がある。

歩く石は綺麗な波の重なり合いを見せている。石の配置も石の選択もこの場に相応しいものだ。竜田川を思わせるような柄目を見せる石に紅葉がいくつも散らばっている。
恣意的なものなのか、紅葉自身が求めたことなのかはわからない。
しかしその石の上に散ることは必然なのだろう。

いくつも茶室がある。そこへたどり着くまでには多くの竹林を行過ぎなければならない。
竹はひといろではなく、マダケ・クロダケ・モウソウチク・キンメイなどと名札がついている。
千宗旦好みの梅陰という茶室にたどりついたとき、その待合の席で美しいものを見た。
小さな窓の隙間から差す光が竹の影をそこに映し出している。
長方形の影のその枠の中で、竹の葉が風に揺らぎ、躍り、そよぐ姿がはっきりと映っている。それは天然のインスタレーションではないか。
何故わたしはカメラの電池を壊したままにしていたのだろう。カメラが活きていればこの美しい動きを映像として記憶させることが出来、それをyoutubeに挙げ、ここに載せることも出来たかもしれないのに。
・・・しかしそれが出来なかったからこそ、その動きの美しさは永遠に脳裏に刻まれ、時間を経ることでいよいよ美の増幅がなされるのだが。

水琴窟があった。竹が立てられている。なにやら「ささやき竹」の説話を思い出す。
耳を当てると短い周期の金属音が続いている。
キンカキンコンキンカンキンキンコンキンカンカキンコキンカキンコンコンキンカンキン
耳を離すと、もう音は遠い。
耳は余韻を楽しむ。

静かにしていたせいか、耳は鋭敏になり、水音がゴォゴォ響く根源を探し出す。
少し歩くとそこにささやかな流れがあった。
チィチィとキキィの間の音域にある声は小禽。見上げると、紅葉した木に種類の知らぬ小禽たちが何羽もいた。飛び交う身体、交し合う声。
鳥の名前は知らないが、鳥もわたしに構わない。

梅もどきがたわわに実っている。梅擬。愛らしくておいしそうで。
馬酔木もある。春に志賀直哉の奈良の家で見たときは、満開だった。真っ白な花が小さくいっぱい咲いていた。今は眠っている。

八つ橋を思わせる踏み石、波目を見せる踏み石。それらはゆるやかな配置を取っていたが、女郎花塚から松花堂昭乗の遺した茶室へ至る道には、全く趣の異なる踏み石が配置されていた。
正方形の石の角を頂点にして次の石の頂点に繋ぐ文様がそこにある。
先ほどまでの踏み石が、天然を装うのに対して(天然の中に紛れ込もうとするのに対して)、これははっきりと人工であることを宣言する配置だった。
そしてそこから先は一切の撮影は禁じられている。

唐破風の玄関がそこにある。書院の始まり。松花堂の草庵へ行くにはくるりと回らなければならない。まだ咲くことのない椿の木々が植わり、愛らしい垣根が庵を守っている。
建仁字垣、光悦垣、他にも様々な垣根が見受けられた。
春日燈籠らしきものもあった。苔むして何とも言えぬ風情がある。

黄葉する葉、紅葉する葉、緑のままの葉・・・・・・掻き集められた葉は全てが赤いわけではないのだ。しかしそこへ手を差し伸べたとする。きっと手は赤く染まるだろう、間違いなく。

美術館に行ったことは後日に書くとして、わたしと友人は再び樟葉に戻り、そこから神宮丸太町へ出た。雨がぱらついている。
日が差しているのに雨が降っている。雲の切れ間の向うには光がある。
歩き始めると雨はやんだ。やんだというよりたぶん、雨雲の隙間に立っていた。
虹が出ていた。丸い大きな虹。虹が地に着く直前まではっきり見えた。
綺麗な虹だった。
紅葉の次は虹を見た。綺麗なものばかり見ている。

今度は鹿ケ谷を目指した。社寺や民家の紅葉を見ながら。

いいものを見たり聞いたり

今月見ていながら書けなかった常設展とかお祭などについて。

東博では琳派の煌きにクラクラしつつ、浮世絵のいいのも見ている。
こういうの。IMGP5173.jpg
絵巻物もいいのが出ていた。
IMGP5178.jpg
美人でした?
やっぱり物語性のある絵とか構図とか好きだなぁ、わたし。
・・・と言うておると、にんまり笑う三十六歌仙の一人を発見。
IMGP5184.jpg壬生忠峯。

楓見物の楽しそうな風景もあった。
IMGP5190.jpg
他に前九年の役の絵巻もあり、なかなか楽しめましたよ。
あとやっぱりナゾな博物誌が楽しい。


西宮大谷美術館の洋画も見応えがあるから好き。
今年の二月にも洋画展で見せてもらっているが、あきることがない。
梅原龍三郎『霧島(栄ノ尾)』 これは最初に見たとき、この世の外の風景だと思った。
かつてこの美術館で梅原の回顧展があったとき、車内釣りポスターで見て、衝撃を受けた。
mir528.jpg
あれから18年経ったが、やっぱりこの絵を前にすると、ずっと向うの峯に立つ自分が、あの山をみつめている気分になる。
様々な山の絵がある中で、いちばん心に残る山。


江戸東京博では集中展示『浅草今昔展』を見た。浅草はわりと好きなので時々でかける。
大概は神谷バーで知らない人と相席してイチゴイチエする。
楽しいもんです。
無論それは平成の浅草なので、江戸時代から昭和の真ん中の浅草は知らない。
知っていてもそれは資料からのデータと観念。
だからここにある展示物を見ても楽しい気分が湧くだけ。
このチラシの右下の絵、背景のそっけなさのせいでか、浮世絵と言うより立版古にみえる。
mir973.jpg
そういえば「花やしき」に行きたいが、なかなかその機会がない。
わたしはテーマパークより遊園地が好きなので、あのジェットコースターに乗りたいのよ。
どなたかご一緒しましょう。
ついでに言うと、オバケ屋敷も大好き。
両方が好きな人は少ないそうだが、わたしは好きだなぁ。
大正の頃のあぶない浅草もいいな。活動が見たい・・・
その頃の浅草に行けば、谷崎の『魔術師』みたいなことが起こるかもしれないし。


東京の夢二美術館では、夢二の愛した舞台芸術の世界を楽しむこともできる。
mir974.jpg
夢二は岡山から東京に出て、そこで活躍を始めたが京都暮らしも長かった。
彼の描く芝居絵は、上方歌舞伎の作品が多い。近松ものが多いのは、その頃「ほっかむりの中に日本一の顔」と謳われた初代中村鴈治郎がいて、夢二を魅了したからだろう。
そして大正と言う時代はバレエ・リュスを日本にも紹介した。
それに憧れた夢二はパリでやっと公演を見たが、すでにニジンスキーも消え、ディアギレフもいないバレエ団は、夢の残滓のような感慨しか夢二に与えはしなかった。
一方夢二はドイツ映画の傑作『カリガリ博士』を熱愛した。彼は自分の見たものを絵画化した。
それを眺めながらわたしは羨ましくて仕方なかった。
自分の見たものを絵として再現できるのは大変な幸福だと思うからだ。
楽しみつつも、なんとなくアンニュイな気持ちが湧いていた。
尤も、それもまた幸せには違いないが。


大阪市立美術館で三井寺展を見たけど、常設展もむろん楽しんだ。
カザール・コレクションからの素敵なお道具が出ている。
大体こういう旧幕時代の工芸の名品を最初に再評価したのは西洋人なのですよな。
今それが里帰りしてくれて嬉しい反面、ちょっとジクジたる気分があったりするね。
九曜文のついた婚礼用具とか色々見た。
他にも根付とか印籠などなど。
ところでこれらを見てるとき、玄関ホールでは三井寺の声明が高らかに続いていて、お客の大半は聞き惚れている。
わたしは最初の10分は動かずに聴いていたが、どうしても一つのことに集中することが出来ない体質なので、途中で人混みをぬけて、常設室に入り込んだのだった。
照度の低い広い室内に、古い古い異国の仏像や、かつて誰かが愛した道具類と共にいると、心底冷え冷えとする。
しかもBGMとして選んだ荘厳な音楽はいよいよ佳境に入る。
・・・こわいですね?耐え切れず、逃げ出してしまったのでした。


11/22と23は大阪の道修町のお祭、つまり神農さんの日なのだった。
うっかり忘れてたけど、淀屋橋に出かけたので当然あたります。
早い時間だったから少名彦さんにお参りした。
張子の虎がプラプラ揺れてる。製薬会社の笹飾りも揺れる。何とも言えずええですね。
お参りしたら、長谷工ビルの地下にある「辰野ひらのまちギャラリー」で、道修町と船場の今昔写真展が開催していた。
見知った近代建築がかつて新築だった頃の写真など色々あり、楽しかった。
こういうのを見る分にはいいのだけどね。

小さい楽しみがいくつか重なると、けっこう大きくなるのでした。

関西のグラフィックデザイン

広告の効力と言うものは今更論じることもない。
なにもコマーシャルだけではない。
チラシやポスターを見ただけでその場へ出かけることもままある。
面白いのは東西の差。
やっぱり関東はよく言えばオシャレ、関西は面白くなければ意味がない。

たとえばこの正倉院展のポスターなどがそうだ。右が関西、左が首都圏。
mir936.jpg  mir930.jpgクリックしてください。
どっちがそそられるかはそのヒトの嗜好にもよるけど、わたしはいっぱい絵のある方がいいな。
やっぱり派手でわかりやすくて目を惹くものでないと意味がない。
mir308-1.jpg月桂冠広告。
妖艶な月の美女。

中山太陽堂は大阪で生まれ育ち、大正期には雑誌『苦楽』も出した。
mir290-1.jpg
質のいい広告センスは雑誌作りにも活きていた。

お客さんを呼び寄せるには色んな工夫がいる。
財布の紐の固い関西人に、いかにおカネを使わせるか。
その工夫の見せ所がポスターでもある。
お客さんに来てもらってなんぼ、おカネ使ってもらってなんぼである。
じゃやっぱり目立つ絵柄の心そそるポスターでないと、あきません。

宣伝は、パッと見てサッとわからないと意味を成さない。
(因みに阪急の駅内ATMはPATSAT「パッとサッと」という)
イラチの大阪人がイチイチなぞなものに時間をとられるわけにはいかんのだ。
関西のポスター文化が花ひらき、心惹かれる作品が多いのも当然のことだった。

mir970.jpg
これは昭和6年の『福の神大展覧会』ポスターを使ったチラシ。ちょっとキモカワ大黒のフクブクしいめでたさに、80年前のお客さんはいそいそ出かけたそうな。


高島屋のポスターは素敵なものが多い。
mir969.jpg
レトロポスターの魅力に溺れてしまうばかりだが・・・

高島屋は大昔の呉服の飯田屋の頃からハキハキ目立つポスターを作った。
三越はデザインの公募をして橋口五葉や杉浦非水らを世に出した。
高島屋では北野恒富から今竹七郎までがポスターを拵えた。
ちょっと大きいが、ここに挙げる。
img157.jpg

今日でもデパートの催し物はとても魅力的だ。
わたしなど「北海道物産フェア」とか「東北うまいもの市」「江戸の職人技」「北摂のステキなショップ」「京の老舗」「加賀の職人芸」「九州・沖縄フェア」「全国駅弁市」・・・などというのを見たら気合が入る。
そもそも呉服系・電鉄系の百貨店それぞれの誕生の経緯はともかくとして、明治初の内国博などで売れ残った商品を売り始めることから、<百貨店>が始まったそうだ。勧工場(かんこば)からが始まり。
今日、世界唯一のデパートでの展覧会も、その線上にある。
上野の勧工場写真は国会図書館のサイトで見れる。

ところで関西にはグリコがある。
東京の森永製菓のポスターはRRR武井武雄が描いたが、関西のグリコは作者不明ながら面白いマンガやコピーつきのもので構成されている。
例えばこんな感じ。「鶴はせんねん、グリコはせんでん」・・・こういうベタなギャグは癒されるな??
mir972.jpg

こちらは宝塚歌劇のバウホールのポスター。
mir971.jpg
バウホールは大劇場のそばにある小さなホールで、実験的なお芝居やコンサートがメインのホール。行きたいがチケットが手に入りにくいので、やや諦めている。30年間休むことなくバウホールは宝塚ファンの心にこたえ続けている。


広告ポスターを楽しむ展覧会も近年増えていて、とても嬉しい。
東京ではアド・ミュージアムで楽しませてもらった。(関連記事
現在休館中のクラブコスメの資料室でもいいものをいっぱい見た。(関連記事
西宮大谷美術館『関西のグラフィックデザイン 1920?1940年代』展は終了した。
高島屋史料館は12/26まで
池田文庫『バウホール30年の軌跡』は12/7まで。

茶道具と器に見る四季の花・後期

湯木美術館の『茶道具と器に見る四季の花』後期展に出かけた。
全面的な入れ替えではなく、一部ずつの交代だが、日を置いてゆくので、新しい気持ちや馴染んだ気分で、見慣れた作品に向き合える。
なにも初見ばかりが素晴らしいわけではないのだ。
新鮮さはなくとも馴染んだものには、友愛がある。
ちょっと展示に工夫すれば、また面白い面を見ることも出来る。
(微妙なことを書いてるな、わたし)

嵯峨嵐峡蒔絵中次 蓋、腹、とそれぞれ絵柄が違うが、どことなく一貫性がある。
蓋には月下に鷹、腹には筏下り・・・四聖坊から平瀬家伝来を経て湯木へ。

城ケ端撫子文手桶茶器 これは可愛くて可愛くて。朱塗りの小さな手桶は雛道具のようで、それだけでも愛らしいのに、慎ましく蓋の右下に黄色い撫子が並んで咲いている。
側にも小さく咲き並ぶ。こんな可愛い手桶茶器、本当に愛玩したい。

前回も見た絵唐津あやめ文香合、乾山の銹絵槍梅香合に会う。嬉しい気分になった。
古清水梅花文銚子、乾山の色絵水仙透かし鉢、道八の色絵桜透かし鉢・・・
好きなものが多いと、それだけで嬉しさが増しましてゆく。

樂長入 梅型蓋物 可愛い。とにかく今回のコンセプトは「可愛い」ではなかろうか。
蓋も身も可愛い梅型。こういうのは本当にいい。洗うのに気をつければ実用性がある。
湯木貞一さんはやはり稀代の料理人だった、と思うのはこういう作品を見たとき。

蓮池水禽図芙蓉手大皿 これは全体を眺めたときに芙蓉の花のように見えるのを「芙蓉手」と呼ぶからで、見込みには楽しげに水禽が遊んでいる。色合いもなかなか濃かった。

古染付浅絳手汲出し茶碗 浅絳手せんこうで とは明・清初の景徳鎮で拵えた、一部に釉裏紅の差されたものを言うそうで、絳は赤色の意味があるから、言葉が理解できると楽しみがますます深まった。

吸い物椀はどれもこれもキラキラ煌いて、大正頃の作風が派手なのがよかった。
わたしはあんまり渋いのは、よさがわからないのですよ。

阿古陀手焙が二つばかり出ていた。どちらも火屋が細かい柄で、秋草を刻んだもの、六芒星を並べたように見える網柄のものなど。
一方、桐の手焙はどちらも持ち手があり、遠目にはラジカセのように見えた。懐かしい・・・
鹿紅葉蒔絵のものは鹿が数頭いるが、ここから見ると4鹿家族だけが見える。ニコニコ鹿ファミリーで、ヘタな模写もした。楽しいなぁ。

芦雪・呉春・応挙がそれぞれ雀・鶺鴒・狗を描いた三幅対。いずれも背景の絵はなくその対象物のみを墨絵淡彩で。
芦雪の雀はいかにも芦雪な嘴を持ち、今しも飛ぼうとしている。しかし何より惹かれるのはわんこ。応挙のわんこに尽きる。これは完全に初見。わんこが寝転んでおなかみせて遊んでる。可愛い?かわいい?カワイイ?!!!こんなもん、撫でなしゃーないやん、と言うくらい可愛らしい。クラクラした。

小堀遠州 紅葉画賛  小さな山を駆ける鹿のつがい。雌鹿が先を行くのを追う雄鹿。楽しそうな二頭。
さほ鹿のこゑなかりせば山里に 心はなおやすみうからまし

他に池大雅の一筆書きのような達磨大師(瞼がよくはれてる)や不昧公の「しるこ」の礼状などがあった。

古美術はやはり小さい空間でシミジミ眺めるのがいちばん良い・・・
12/14まで。
なお前期展の感想はこちら

蘆花浅水荘 山元春挙旧邸

秋のある日、滋賀の膳所にある日本画家・山元春挙旧邸に出かけた。
膳所(ぜぜ)は彼の生地で、明治から昭和初期の京都画壇で活躍する一方、この地に別荘建築を思い立ったそうだ。名前は蘆花浅水荘。
なにしろたいへん立派な邸宅と庭園で、現在は檀家のないお寺・円融山記恩寺として、春挙のお孫さん方が守っておられる。
邸宅のご案内前にまず春挙の作品を少しばかり紹介する。
春挙は竹内栖鳳らと共に活躍し、大正末年にはレジオン・ドヌール勲章を受けている。
わたしが特に好きな作品は、西宮大谷美術館所蔵の『雪渓遊鹿図』
mir530-3.jpg
『菊慈童』mir815-1.jpg
『黄初平』など・・・。
滋賀近代美術館にも多くの作品があるので、常設展に時々掛かっていると思う。

画家は絵を描くのが商売だが、家の築造や庭園設計も上手な人が多い。
例えば同じ京都画壇の今尾景年の旧宅は今では料亭になったが、それも元がいいから出来る事なのだ。
この蘆花浅水荘がお寺になった経緯などについてはお孫さんと、その従兄弟の三宅さんから色々面白く聞かせていただいたが、この三宅さんのお父上が春挙の弟子筋の三宅鳳白だったのには、びっくりした。
わたしは三宅鳳白の絵が好きなのだ。・・・尤も、あまり見る機会がなく、八坂神社に納められている『祇園祭』のお稚児さんを描いたもの(祭の間おもてに出ているそうだ)、京劇の女形『花旦』を描いたものなどくらいしか、すぐに思い浮かばない。←未熟者め。
081124.jpg


さて春挙邸。IMGP5218.jpg
母屋は数寄屋造りで二階に洋間がある。大正10年の完成。広い庭園には茶室が点在し、小さな持佛堂があり、それがお寺の名前ともなった記恩堂。父母の恩、師匠の恩を記すために造られた堂。
IMGP5232.jpg
とにかく和風建築の粋を集めた造りだと言っていい。国の重文に登録されるのも当然だ。

中庭。竹の間の眺め。IMGP5243.jpg

障子一つにしても深い工夫がある。IMGP5239.jpg

IMGP5223.jpg
このモティーフはあちこちにある。春挙は花好きなので、絵だけでなく家の装飾にも花のモティーフが多い。
家紋も桔梗だし。

IMGP5238.jpg
電気配線も面白いし、スィッチもなかなか興味深いが、なによりこの照明具が気に入った。

IMGP5252.jpg
二階の広間は現在本堂にあてられているが、そこが春挙のアトリエで、こんな回転式の素敵な絵の具入れがあった。
竹をササラ以上に細くしたものを筆にしてたり、創意工夫が楽しい。

色んなエピソードを伺い、楽しい時間を過ごしたが、周辺の景観がわるくなってきたのが惜しい。
高さ制限とか滋賀県はないのだろうか。モッタイナイ。
IMGP5259.jpg

気さくなご当主がたのお話も楽しく、素敵な建物も拝見できて、本当にいい時間を過ごせた。
ここは一般公開されているが、三日前に予約を入れることが鉄則。
理由は一つ。邸宅の雨戸を開いてゆくのにたいへん時間がかかるからなのだった。

アジアとヨーロッパの肖像

『アジアとヨーロッパの肖像』 そう題された展覧会が今日まで国立国際美術館と国立民族学博物館とで、同時に開催されていた。
この展覧会は国際巡回展で、出発は民博からだった。
SELF AND OTHER
自己と他者との境界線に何があるのかを見定めたくて、どちらの展覧会にも出かけた。
mir965.jpg mir964.jpg
民博では9/11から11/25までだから、ここが一番会期が長かった。
民博の性質上、世界各国の民族資料があることから、この展覧会に深く寄与したそうだ。
「肖像」と言う括りの中には、タブローだけでなく、古代から伝わる書物での他者(他民族)の姿が描かれたものも含まれている。
書物だけでなく、バティックや人形などの工芸品、写真、陶磁器などでも「肖像」の範疇に含まれるものが、集められている。
2会場それぞれが前後期に分けての展示換えがあったりするので、夥しいほどの点数が集められていた。
わたしはなんとか国際美術館の前後期は見たが、民博での展示替えは諦めた。『関西文化の日』での無料観覧日に民博に出かけたが、こちらは実に細かい展示換えがあった。
各自分けての感想文を書くことは無意味なので、章ごとの内容になる。

国宝 三井寺展

三井寺の秘仏が寺外へ顕れた。
11/1から12/14まで天王寺の大阪市立美術館で『国宝 三井寺』展が開催されている。
大阪の次は福岡や東京に向かうと言う。

三井寺は滋賀にある。本当の名前は園城寺というそうだが、三井寺で誰もが納得する。
紀州にあるのは紀三井寺。紀州での三井寺というほどの意味。
三井寺は比叡山延暦寺とはまた異なる名刹である。
空海の姪の息子に当たる円珍(智証大師)が中興した天台密教の寺院。
丁度今日の日曜美術館で映像が流れていた。
mir961.jpg
襖絵を背景に、真ん中に立つ黄不動。襖絵は勧学院客殿障壁画・四季花木図(狩野光信)。
『天台密教の秘仏、そろってお出まし。』
コピーに嘘はない。本当に秘仏が鎮座ましましている。三井寺を留守にして、出開帳の旅に出ておられる。

この黄不動は円珍の前に現れた金色の不動を描いた絵の、忠実な模像。
イメージ的には、絵よりも像が先に拵えられたように思うのだが、そうではなく、これは後のもの。二次元のものを三次元化している。
国宝である、秘仏中の秘仏の黄不動の仏画は、26日から最終日まで展示されるそうな。
今回はその模写をいくつか見た。
像によく似た絵である。像を写したのではなく、絵を模写したもの。

白不動の像もあった。剥落が激しく、下地の木目が現れている。それはそれで恐さがある。
しかしお顔には不思議な馴染みやすさがある。・・・ホリ▲モンに似ていた。

如意輪観音坐像。mir962-3.jpg
10世紀の名品を見た。TVでは露光時間が長すぎたか、緑色に見えたが実際にはそうは見えない。ふくよかな優しさが満ちた像だった。

また円珍その人の骨などが納められた智証大師座像があった。
mir962-1.jpgどの像も絵も全て、頭頂が尖った、細い目の顔で作られている。実物大だと思う大きさ。
わたしは円珍については何も知らないので、彼の信仰が何に根ざすものか、何の神仏に縋ったのかもよく知らない。
円珍の系図があった。景行天皇から始まる系図だった。それら円珍にまつわる文書類は、全てが国宝。

維摩居士坐像があった。目を閉じてVサインをするその容貌は、円珍像に酷似している。たぶん、円珍を維摩居士に見立てたのだろう。

円珍は訶梨帝母を信仰していたようで、いくつも像がある。いずれも慈愛に満ちた母性を感じさせる像で、子供の肉を食べていた鬼子母神の前身を想像できない造りである。
会場に入ってすぐに、すっくと立つ像のその手には柘榴が載り、朱唇がくっきり残っていた。柘榴で唇が染まったのかどうかは、わからない。

13世紀のこの像は、背中に着物の赤色がはっきり残り、たいへん優しい気持ちを見るものに湧き起こす力を持っている。子を抱いて微笑む母神。
mir963-1.jpg
画像にはないが、この母子のそばにもう一体の神仏がある。童子形の愛らしい神仏が、嬉しそうに跳ねている。13世紀の神仏像と言うより、人形作家・平田郷陽の創作人形のような趣がある。

ところで今回の展覧会の調査で現れた不動像がある。
日本最古級の9世紀の不動。mir962-2.jpg
口元の白く塗られたものは、当時からかそうでないかは、知らない。
ちょっと目には泡吹いてるようにも見えるが。

新羅明神は秘仏中の秘仏と言うことで、これをみたときわたしは名前が新羅だからと言うわけでもないのだが、朝鮮の仮面を思い出した。そっくりだと思う。異形の神様。

唐から円珍が持ち帰った様々な密教図像がある。チベットから西域に至る仏画の系統に当たる、やや艶かしいほとけたちの姿や、手の絵がある。
mir962-4.jpg
これら請来品はなかなか興味深いものが多かった。
船中湧現観音、尊勝曼荼羅、閻魔天曼荼羅、尊星王像(妙見菩薩)などなど・・・

泣き不動縁起があった。物語の概要などはこちらに詳しい。わたしが見たときは下巻に巻き替えされていた。上巻の方をよく見るので、今回良かった。

しかし大威徳明王図には思わず「おお??」である。
怒って暴れているような明王が牛の背に乗り、眷属たちを引き連れて、今しもどこかへ攻め込もうとしている。斜め下に敵がいるらしく、眷属たちの乗るトラや牛たちは皆、斜め下へ猛進中。

他に社寺境内図が幾種かあり、時代の流れによってそれらの特色が異なるのが面白かった。

三井寺は近世に至っても西国三十三ヶ所の寺として、尊崇されている。
庶民の信仰するお寺。大きな絵馬も奉納されているが、ここにあるのは菊慈童だった。
18世紀初頭の菊慈童図。なかなか美少年である。白菊の中に座している。
また、慶長年間に描かれた園城寺・日吉社遊楽図屏風があり、これが見応えがあった。
狩野派の絵師の手によるものだそうで、キャラの書き分けがハッキリしている。
二重瞼のキャラたち。正月の風景から始まり、店屋では乳をやる女や、表通りを行く犬神人、蹴合わせを楽しむ人々、遊ぶ子供ら、どこかの建物に入ろうとする僧と稚児・・・
やや大きめのキャラたちがいきいきと描かれていた。

さて冒頭で少し述べた勧学院客殿障壁画が、一之間と二之間として再現されていた。
mir962.jpgクリックしてください。
とは言え畳を敷いたりとか言うのではないので、こんなの再現じゃない?と言われる方も出てくるかもしれないが、まぁ気は心ということで、わたしなどは別に何も思わない。
それでこの襖絵の展示は、照明が二種類あって、ローソクライト系とフツー系それぞれ3分間ずつ交互に照らし出すシステムを採っている。
これがなかなか面白かった。

あと唐獅子図や虎図の襖絵もあり、トラに見覚えあるなと思ったら、光琳が描いていたものによく似ているから、こちらのトラが本歌なのかもしれない。
mir963.jpgクリックしてください。
匍匐前進するのがいかにも猫の親戚らしい。
唐獅子は板戸なので剥落も激しいが、白い唐獅子はにゃふんっと鳴いているようで可愛い。
他に狩野光信の作品が多く出ていた。

最後にフェノロサのコーナーがあった。フェノロサは三井寺を愛したそうで、ロンドンで客死したあと、一旦別な地で埋葬されてから、三井寺に移されている。
フェノロサも肉筆浮世絵コレクターのビゲローも、共に三井寺で戒律を受けたそうだ。
ビゲローの集めた肉筆浮世絵の展覧会は二年前にあったが、フェノロサもビゲローも本当に日本の風土を愛してくれていたのだ。
フェノロサの未亡人が最晩年に、夫が三井寺に帰りたがっていることを追想する手紙が展示されていて、なんとなくありがたいような気持ちになった。

わたしが展覧会を見た日は11/22だったが、この日は3時から、三井寺の僧侶らによる声明公演があった。しょうみょう。初めて実物を聞いた。
密教オラトリオ、男声混合合唱(合掌)・・・・・・いいときに行けてよかった。
巡回は年明けから始まる。

童画と挿絵を楽しむ

秋も終り近くになり、童画や挿絵のよいものを色々見せてもらう機会があった。

東山魁夷は神戸に実家があった頃、病床の弟に毎日自筆絵葉書で絵話を連載していた。
元ネタはドイツの童話らしいが、わんぱくで機転の利く小僧が主役で、なかなか面白かった。
東山新吉名義で描いた童画。とても楽しそう。
mir953.jpg
今から思えば、北欧などを背景にした幻想的な作品は、この童画家だった頃に培われたセンスが生きているようにも思う。

一方、初めから童画家として、世の子供たちのために作品を生み出そうとした画家の代表として、武井武雄がいる。彼の長編童話『ラムラム王』は大正期のシュールなナンセンスさがとてもオシャレで印象深い物語だ。
ラムラム王ラムラム王
(1997/12)
武井 武雄


ラムラム王のフルネームは長い。フンヌエスト・ガーマネスト・エコエコ・ズンダラー・ラムラム王。王は称号ではなく名前。可愛くてちょっといじわるで、いい感じの少年。
武井武雄はある年までずっとRRRをサインとして使った。
RRRとは即ち、ラムラム王(Roi Ram Ram)。
雑誌「コドモノクニ」を主戦場に大活躍した後も、美本の極致とでも言うべき刊本を限定で出し続けた。
全てを手にとって眺めたいと思いつつ、それはちょっとムリそうなのでこうして画面上で楽しむばかりだ。
他にも無限に近いほどの作品が生み出されている。
mir951.jpg
コドモノクニを構築した画家はRRRだけでなく、他にも綺羅星がいる。
たとえば初山繁。彼の独特の線描と彩色。
本田庄太郎の楽しく愛らしい子供たち。
川上四郎の日本の田舎の風土・・・。
mir952.jpg
初山の美しい色彩と繊細な描線はときどき不思議な放物線を描く。
ナンセンス絵本『たべるトンちゃん』。
たべるトンちゃんたべるトンちゃん
(2005/11)
初山 滋


わたしはこの「物語」には胸が痛くなるのだが、絵本としての構成には、ただただオシャレだと感心するばかり。

いいものはどの分野でも輝いている。
マヴォや『忍びの者』など多方面で活躍した村山知義は、奥さんの村山籌子と組んでセンスのいい絵をたくさん描いた。
村山籌子の童話は一ヒネリも二ヒネリもあって、とても面白い。
中でも「サンビキノコグマサン」シリーズは大人気で、’36年にはアニメーションになっている。
そのDVDも持っているが、72年も前とは思えないほど、イキイキしている。
村山籌子作品集〈3〉 川へおちたたまねぎさん村山籌子作品集〈3〉 川へおちたたまねぎさん
(1998/03)
村山 籌子村山 知義


この『川へおちたタマネギさん』はわたしが最初に偏愛した童話集『おはなし、だいすき』で見た。
そのときの挿絵は北田卓史だった。そのイメージが強いが、こちらも楽しい。

1920年代はどうしてあんなにも煌いていたのだろう。
不思議で仕方ない。

「幼年倶楽部」「コドモノクニ」の童画から、もう少し大きくなった子供たちに贈られた絵は、胸躍る挿絵だった。
まず「少年倶楽部」などで活躍した樺島勝一の精妙巧緻の極限に立つペン画を紹介する。
mir950.jpg
「船の樺島」と謳われた樺島の描いた船。センチュリオン号の勇姿。
丁度東博で洋書の展示があり、そのページで惹かれたものがあるのでここに挙げる。
IMGP5172.jpg
こちらは版画なのだが、独学でその凄まじい技術を身につけた樺島は、もしかするとこの古い洋書を見ていたかもしれない。
動物の描写も素晴らしい。彼は若い獅子と完全に成獣になった獅子の鬣の違いまで描きわける技量の主だったのだ。
樺島勝一昭和のスーパー・リアリズム画集 (Shogakukan Creative Visual Book)樺島勝一昭和のスーパー・リアリズム画集 (Shogakukan Creative Visual Book)
(2008/09)
樺島 勝一


昭和の少年は胸躍らせ、平成のわたしはただただドキドキ。

その一方で『正チャンの冒険』というコミックを連載していた。
これが実に面白いのだ。20年くらい前から好きだが、2003年にていぱーくで展覧会があって、このときに大方の作品を見ることが叶った。
嬉しかったなー。しかも本やグッズや切手も販売されていた。
mir960.jpg
今読んでもシュールでオシャレなコミック。正チャンとリスの冒険・・・
どうしてこんなに大正時代はシュールでオシャレでナンセンスなのだろう・・・
正チャンの冒険正チャンの冒険
(2003/11)
織田 小星樺島 勝一



少年倶楽部は稿料の問題から華宵が去り、その後に若手画家たちをどんどん起用して、販売部数をあげていった。
華宵は華宵で新しい先で美麗な少年や少女たちの作品を描き続けた。
深いときめきがある少年たちの図。img482.jpg

さて「少年倶楽部」では伊藤彦造らが台頭し「豹の眼」、山口将吉郎「神州天馬侠」などの名品を続々と生み出していった。また小説とその挿絵だけでなく、付録への力の入り方は、尋常ではなかった。既にこれまでに付録の展覧会記事についても書いているが、巨大なペーパークラフトには、ただただ感嘆するばかりだ。
img236.jpg
伊藤彦造イラストレーション 〔新装版〕伊藤彦造イラストレーション 〔新装版〕
(2006/06/13)
伊藤 彦造



一方「少女倶楽部」でもその頃に不朽の名作群が生まれている。
須藤重の気品ある少女たち。
mir955.jpg
そして講談社の大人向け雑誌『キング』は当時一流の画家たちに雑誌の表紙絵や口絵を描かせ、同時に桁外れの付録を世に送り出していった。
速水御舟『菊花』、岡田三郎助『花嫁』、中村不折『漢の高祖』などなど・・・
mir954.jpg

中でも山中峯太郎が文章を書いた『九条武子伝』には、本当にときめいた。絵は山川秀峰。
わたしは数年前の暮れ、このたった一枚のチラシで大阪から東京へ呼び寄せられてしまったのだった。この婦の眼差しに惹かれて。
mir959.jpgいまだに惑わされる。

『キング』が販売されていた同時期の作品群を集めたものもある。現在と違い、雑誌は人々の大きな楽しみだったのだ。
その読者の期待に応えるために、供給側も気合を入れて名品を世に送ろうとし続けた。
その努力はとても尊いものだと思う。
mir956.jpg
mir957.jpg

前述の東山魁夷は童画家としてスタートを切ったが、向井潤吉は雑誌の表紙絵と挿絵を担当した。大正から昭和にかけての洋画家は巧みに挿絵を描く人も多く、長く記憶に残る作品を生んでいる。mir958.jpg
小磯良平(古都)、中川一政(人生劇場)、木村荘八(墨東綺譚)、田村孝之助(ある年の初夏)、鈴木信太郎(サラリーマンシリーズ)、小出楢重(蓼食う虫)・・・
向井は絵本原画も描いたが、装丁と挿絵に名品が多い。
今東光『悪名』と言えば、今は亡き勝新太郎と田宮二郎の演じた朝吉と貞ヤンを思い浮かべるが、小説の挿絵が向井だとは今回初めて知った。知って嬉しくなった。
絵を見て色んなシーンが思い浮かぶのだ。やはり挿絵と言うものは嬉しい存在だ。

挿絵を見て、その小説を読もうと思ったものをここに挙げてみる。
岩田専太郎(鳴門秘帖=吉川英治)、伊藤彦造(鞍馬天狗=大佛次郎)、山口将吉郎(神州天馬侠=吉川英治)、中原淳一(乙女の港=川端康成)・・・・・・・

豊饒の秋をわたしは挿絵と童画で楽しんだのだった。

なお、時系列順に見たものを記す。
童画家・東山魁夷の世界 東山魁夷記念館 (既に終了)
童画の世界 絵雑誌とその画家たち 国立こども図書館(?2/15)
樺島勝一 ペン画の神様 弥生美術館(-12/23)
華宵の美少年・美少女 弥生美術館(-12/23)
講談社の『出版文化資料』 野間記念館(-12/21)
ミリオンセラー誕生へ!明治大正の雑誌メディア 印刷博物館(-12/7)
向井潤吉の挿絵・雑誌の仕事 向井潤吉記念館(-11/30)

薮内流と黒田家の竹細工を見る

京都と御影で茶道に関する展覧会を二つばかり見た。
表千家北山会館で『千家十職 黒田正玄家の竹工芸』を、御影の香雪美術館では『茶の湯展 古儀茶道 薮内流』を見た。
千家十職とは何かと言うと、三千家に出入りする、茶の湯に関わる工芸品を拵える家筋のことで、茶碗・・・樂、釜・・・大西、金物・・・中川、焼き物・・・永樂というように固定されているのだが、今回竹細工の黒田家代々の業を目の当たりにした。

竹と言ってもひといろではない。白、ゴマをふったようなもの、煤けたもの・・・まるで馬の種類のようだ。
竹から生まれる様々な道具を見ていると、その多様性と深さとを思う。
それらはオブジェではなく、茶の湯の魂を知った道具なのである。
職人芸の見事さを目の当たりにしたのだ。
mir949-1.jpgススキ蒔絵三日月香合(当代 作)

さて明治維新は一旦<和>そのものを否定した。
和の美の崩壊があり、苦難の時代が続いた。
その頃この黒田家では竹の特性を生かした和洋折衷の道具を作り、身過ぎ世過ぎの糧とした。
竹を使ったランプがあった。なかなか素敵。

やがて時代にユトリが戻り、千家十職の人々も元のように出仕にするようになったそうだ。
明治の頃の苦難のときに、若い当主がなくなり、家庭もちのお弟子さんが御家大事のため、妻子を離縁して婿入りしたそうだ。当然で、そして不条理な話。子が13歳のときに隠居し、墓は実家の寺に作ったが、それは筍の形をしているそうだ。
「生涯、竹のおかげで暮らせたから」というのが理由らしい。なんとなく、心に残る話だ。

特に気に入ったのは元から好きな茶杓だった。
十二ヶ月の茶杓で、裏に華やかな彩色で月次の絵柄が載せられている。こういうものも面白いが、なんとなく持ち重りしそうな気もする。
いや、これは使わないのかもしれない・・・。

さて最後に呈茶ということなので、ソファに座っていると、係員の女の人がお盆に五つばかりお菓子を載せたのを持って現れた。
懐紙は大量に置いてくれたが、取り箸はなく、これは手で取れと言うことか。取るのも食べるのも素手なのか。
わたしは手を洗うことが好きなので、既にソファに座る前に手を洗っていたが、ちょっとびっくりした。
立礼式なので気さくにいただいてね、と言うことなのか。
早く下げて欲しい。
一つしか取らないが、埃が掛かるではないか。
周囲に人は他になく、わたし一人だったのでよけいに焦った。

裏千家の茶道資料館で呈茶を受けるとき、いつも一人一つずつの生菓子を運んでくださるので、そんなものかと思っていただけに焦った。
しかも昔のシベリアみたいなお菓子で、上がカステラの替わりにきな粉を練り固めたものだったので、咽喉に張り付いてえらい目に遭うた。
おいしいが、わたしはきな粉のかかったものは粗相があってはいやなので、外ではいただかないのだよ。
(慌て者のせめてもの自己防衛)
そのせいでか、お菓子はおいしかったような気もするが、手は汚れるし咽ぶし、お抹茶を焦って飲んで・・・ああ、破門されるぜ。(入門の前に破門か!)

とりあえず黒田家の竹細工はいいものだと再認識した。
関係ないが、黒田家と変換せず、黒竹と出るかもとちょっと期待していた。


さて薮内流のお道具を色々眺める機会があった。
御影の香雪美術館
薮内流とは、流祖薮内剣仲は利休の弟弟子で、その子は西本願寺に仕えたそうだ。武家風の質実剛健なあり方の茶風だと言う。
香雪村山龍平はその薮内流を修めている。
mir948.jpg

なんとなくかっきりしている。器一つにしてもなるほどマジメな雰囲気がある。茶の湯はやはり精進の道なのだと実感。
・・・ここも入門前に出禁になりそうなわたし。

桃山時代の古萩焼・銘『是界坊』が気に入った。是界坊は中国の天狗で日本の天狗とタッグを組んで、神仏と戦おうとしてあっけなく負けた。治療は温泉治療。その絵は曼殊院と泉屋博古館との二つにそれぞれ伝わっている。しかし謡曲まであるとは知らなかった。

ところで薮内竹心の描いた利休像がある。江戸時代の作。しかしこの絵を見たとき、大正期の挿絵のようだと思った。竹中英太郎か河野通勢か。
mir949.jpg

いいものを色々見たが、どうも艶かしさを感じるものは少ない。当然か。
面白いものが一つ。
茶入 瀬戸後窯 宗伯 銘『不聞猿』 これは形が聞かざる型に見える造りなのが面白い。

沢庵の書もあり『活機関』とある。特に活の字に力が漲っていた。
他に大谷尊由の書もあり、さすが西本願寺系だと思った。兄の大谷光瑞より尊由の方が書は巧いと思う。

棗で原羊遊斎の拵えた不昧公好みの菊蒔絵があった。不昧公や抱一上人らとのコラボが素敵だ・・・

代々のゆかりの茶道具が展示されているが、寒山拾得二人が眠る香合が可愛かった。

茶の湯の心は身につかず、作法も何もないが、まぁ見て楽しませてもらい、嬉しかった。
北山会館は11/30まで、香雪は12/14まで。

聖徳太子伝の世界

今年はどういうわけか聖徳太子関係の展覧会も多い。
源氏物語千年紀の陰に隠れているが、もしかして何かあるのか。
・・・とりあえず行ける展覧会には行ってみる。
mir945.jpg
京都の大谷大学博物館では『聖徳太子伝の世界』が開催されている。
春ごろには大阪市立美術館で『ゆかりの名宝展』が開催されていた。
こちらは聖徳太子絵伝の名品を河内三寺から集めていたが、たいへん興味深いものだった。
お客さんも善男善女が多かった。
叡福寺、勝軍寺などの寺宝のほか、四天王寺からも多くの名宝が来たが、丁度今、東博ミュージアムシアターで法隆寺に伝わっていた絵伝の上映会がある。
mir947.jpg

大谷大学は東本願寺系の大学なので、親鸞聖人直筆の聖徳太子和賛などもある。
他に法隆寺金堂の仏像たちの光背に刻まれた文字の拓本など。
記紀や日本霊異記のほか、読み本系の伝記もある。
古代から人気が高かったことがよくわかる。
またそれら後世の模本や巻物も展示されていた。
mir946.jpg
日本霊異記は国宝の興福寺本で、10世紀のもの。太子が片岡の飢者と遭うシーンなどが書かれているそうだが、当然ながらわたしでは読みこなせない。それにしても千年以上前の書は気の毒なくらい汚れていた。

京博本の日本書紀は国宝で、文字の並びを見るとやたらと「嫉妬」の字が並ぶ。わたしは古事記は好きで武田祐吉の注釈つきのを愛しているが、日本書紀はずっと以前に読んだきりなので、細かいところが思い出せない。

『釈日本紀』巻十がある。(日本書紀の注釈書)
字を拾っておく。
「八尋ノ白智鳥翔 棺中只葬衣裳」
遺体はなくなったようである。ヤマトタケル同様天翔ていったのか。尸解仙と化したのか。

先行本とその注釈書、それらが同時に並んでいるのも面白い展示だと思った。
『聖徳太子伝暦』と『太子伝聞林』、『首書標註聖徳太子伝暦』などなど。

軸物も来ていた。絵伝。今回は四天王寺や六角堂のものがある。
六角堂の絵伝には、他の絵伝には見られない「六角堂」の絵がある。(そやからこそ、ここの所蔵なんでしょうが)考えれば、現在の池坊さんは聖徳太子が立花したことから始まった流派だったのではないか。むろんお寺の創建も太子だが。
そしてこれは珍しくも横長の掛け軸だった。

四天王寺の絵伝では蛍光オレンジ色の狩衣を着た人物が太子らしく、アチコチに出没している。弟の来目王子を新羅へ派遣、勝鬘経講賛、木の下に座るほかいびとのような女を妻に迎える(膳手夫人)、黒駒懊悩、片岡での出会い、犬と鹿の前世の悪縁・・・・・・

他に狩野山楽が板戸に描いた絵伝もあったが、汚れすぎて剥落もひどかった。

チラシになった絵は叡福寺に伝わる、物部戦のときの肖像。桃山時代の作。
他に図書館入り口では讖書(シンショ=未来記、予言書)が展示されていた。実物を見るのは初めて。楠正成が読んだとかそんな伝承があるが、大抵は偽書であるらしい。
讖書と言えばすぐに思い出すのは諸星大二郎『諸怪志異』でのエピソード。
どちらにしろ予言書と言うのはあんまり世に出回らない方がいいでしょう・・・

わたしとしてはなかなか面白い内容だったが、観客は他に二人ばかり。研究者らしきオジサンだけだった。学生は・・・まぁ見ませんわな。
わたしはただのヤジウマ・・・。
11/29まで。場所は京都市営地下鉄・北大路駅前すぐ。



館蔵品の光彩・後期展

先日の日曜美術館でも紹介された、西宮甲東園の頴川美術館の『館蔵名品の光彩』後期展に出かけた。前期展は初日に出かけた。感想はこちら
関西学院の通学路の、判りやすい場所にある。

ここは小さい静かな空間で、点数も少ない分、じっくりと対峙できる。古美術専門の美術館は小さいくらいの空間の方がいい。(尤も屏風展では困るだろうが)

平安から鎌倉期にかけての作で、唯一の阿弥陀曼荼羅がある。
わたしは仏画に詳しくないので説明を読んで感心するばかりだが、阿弥陀の曼荼羅図は他に作例がないそうだ。
円相の仏たちの間に間に蓮の花が咲いている。
これは二年半ぶりの再会

続いて牧谿の羅漢図。これは全体に薄い墨絵で、二人の羅漢と童子らしき者がいるが、経年のせいか元からなのか、薄すぎてよくわからない。

蓮図 式部 知らない絵師。室町の水墨画。大きな蓮葉を見下ろす嘴の鋭い小禽。鳥も花も種類がわからないので、何の鳥を描いているかは知らないが、いい感じの嘴。

春秋花鳥図 土佐光起 TVにも放映された屏風。右隻の春図では燕が飛び交う。柳に燕は浮世絵になると、粋な絵になるが、こうした大和絵だとまさに春風駘蕩そのものになる。
桜は山桜で葉が赤い。その赤い葉は花の後から描いたか、色の重なりが面白い。
桜の根元には小さい躑躅かサツキかが咲いている。熊笹と仲良し。
こうした木花はとても愛らしい。
左隻の秋図の笹は少ししなびている。こちらは楓の紅葉した木に綺麗な色合いの小禽たちが遊ぶ。松に楓の並びが金地に映えてとても綺麗。
mir944.jpg

布袋・獅子・猫図 狩野探幽 三幅対でそれぞれに描かれている。
紅牡丹に麝香猫が眠り、白牡丹を背景に青い唐獅子。その花が獅子の髪飾りに見える。

業平東下り図 尾形光琳 先日まで東博で『大琳派展』が大盛況だったが、まだまだこうして光琳の名品がある。対幅で、右に業平御一行、左に灰色の富士山。
千年紀でこんなことを言うのもなんだが、わたしは光君より昔男の方が面白いのだった。
mir944-1.jpg

寛文美人図 手に牡丹を持つ美人の立姿。元禄までのこうした風俗画には、なんとなくおっとりした空気がある。ときどき有元利夫の絵を見る内に、チェンバロなどの古楽器の音色が聴こえて来ることがあるが、この絵にもそうした音色が聴こえて来るような感じがある。彼女は向かって右を見ている。

その右には英一蝶の大原女図がある。
優雅な人の視線の先には働く母娘がいる。白い手ぬぐいを頭にかけているのがたぶん、母親。もう柴を頭に載せている。赤い手ぬぐいの娘は今から載せるところ。それを見る母親。

栗図 雲谷等益 平板な絵だが、ヘンに力強い。線も細いがどーんと栗とイガが来る。葉は青々。賛がある。詩かな。
錦里園中栗 猶勝月宮枝

鴨図 俵屋宗達 出たーというか、キターッという感じの宗達の鴨。飛び立とうとする一羽の鴨。宗達は鴨が好きだったのだろうか。鴨の宗達、常世の長鳴鳥は若冲。
それで思い出した。先般、えらいものをみた。炭屋さんか柊屋さんかどちらかの床の間に若冲の軸が掛かっているのだが、それが首を300度回転させてこっち見るトリだったのだ。
たのむ、こっち見んといてくれ。眼が合うのを想像するだけでわたしは逃げるで。

雁に枯蓮図 谷文晁 薄墨で描かれているので、それだけで寂しいようなところがある。こちらの鳥は着水寸前。ワイルドギースの性質を思い出した。

叺叺鳥 尾形乾山 一見したところお皿の見込みに描かれたように思うだろうが、そうではなく軸装された絵。ただし構図的にはやはり陶芸の絵風。静かな横顔の鳥。ところどころの羽や胸に白い色が見える。
mir943.jpg

雨中桜五匹猿図 森狙仙 これは切手にもなった絵で、猿がもこもこ集まって遊ぶ図。雨でももこもこ集まると、寒くないかも?猿の絵が、丸顔の中華猿からニホンザルの絵に変わったのは、やっぱりこの「サルの」ソセンからかもしれない。

鯉鮒図 円山応挙 水中にうごめく大物。波の動きがわかるのは、尾びれの描写。写生主義の応挙は水に顔を入れて観察したのだろうか。

色々いいものを堪能した。12/7まで。次は春までお休み。

森川如春庵の世界

春に名古屋で近代の大茶人・森川如春庵の展覧会を見ようと思ったが、時期を遅らせて秋に三井記念美術館で楽しんだ。
なにでこの大茶人の名を知ったのかと思ったら、やはり大正八年の佐竹本三十六歌仙断簡イベントのとき、一番にあたる柿本人麻呂像を当てたことなどからだった。
(そのとき主催者たる益田鈍翁は当初坊さんを引いてふくれ、結局斎宮女御と交換してもらったそうだ)
ところで最近知ったことだが、江戸時代の学者・木村蒹葭堂によると、この歌仙絵が佐竹家に入る前は、下鴨神社所蔵だったそうだ。流転の道筋は長いものだと思った。
mir941.jpg
名古屋の素封家のお坊ちゃまは十代で凄いお茶碗を手に入れている。
光悦の黒樂「時雨」と赤樂「乙御前」。
これがただのわがままならともかく、その価値を熟知し、その魅力を堪能し、その未来を考えているような少年なのでは、感嘆の声をあげるばかりだ。

名古屋市博物館のサイトから。
「如春庵は、古美術蒐集家の誰もが望んだように、後世「森川本」と呼ばれるような天下の名品を手中にしたいと願いました。道具はいつまでも一人のもとにとどまるものではなく、いつかは別の数寄者のもとに行き、その目を楽しませるものだと達観していた如春庵は、そうであるが故に、なおさら「森川本」の名を求めたようです。名品の獲得には努力を惜しまなかったとともに、強運にも恵まれていました。こうした如春庵の美術品蒐集にまつわるさまざまな逸話が、今日までおもしろおかしく語り継がれています。」

如春庵は、万物流転ということを知り尽くしていたに違いない。

一点一点丁寧に鑑賞させてもらった。
どれがどうと言うことはおこがましくて言えない。(それでも言うが)
先人の審美眼を追認識し、その愉楽の深みを味わうことが、自分自身の修行になるように思う。
とは言え、いくらいいものであっても、ニガテなものはニガテなので、ぼーっと眺めるだけで終わっているが。

一つ一つの茶碗や香合や棗などに好みを求めたりする一方、その取り合わせの妙に打たれなくてはならぬのだが、見るこちらのレベルが高くないので、そんなものかとしか思わないのだった。全く申し訳ない。

しかしここにある名品を眺め歩いて感じることが一つあった。
「楽しそう」と言うことである。
茶友との交流を心の底から楽しんでいる。
特に鈍翁と張り合うキモチが見えるものに、一層の「楽しそう」な感じが強い。

茶道具の蒐集には色んなエピソードがつきものだが、さすがに40歳ほど年長の鈍翁に対抗できるだけあって、如春庵にはナマイキさを感じて、面白い。
無論長生した茶人だから、バーナード・リーチによる肖像画など長髯姿なのだが、なんとなく若いイメージがある。
それはきっと若くして名を挙げたことで、わたしの中でそんな風に意識が固定されてしまったのだろう。疎水事業を完遂させた田辺朔郎博士のように。

鈍翁と如春庵が互いを出し抜こうと、「悪だくみ」し合うエピソードは、茶目っ気と才知に溢れていて、とても面白い。二人とも達人だからこそ出来る駆け引きなのだ。
どちらかが劣っていては出来ない駆け引き。
そのくせ一緒に描いた「猩々」などは優しくていい絵だから、心のつながりの深さを知らされる。

茶杓があった。’38年の暮れに鈍翁が如春庵にねだられて拵えた茶杓。12/21に送り届け、如春庵が12/25の茶会に使った茶杓。そして12/28に鈍翁は没する。本当の遺作。
茶と白の色目も美しい茶杓だった。
鈍翁は自分の病を秘して、「わがまま庵」のおねだりを聞いてあげたのだった。
心に深く残るエピソードだと思う。

眺めて歩くうち、時々どこかで見たものたちに気づくことがあり、立ち止まる。
例えば釘隠し。これらは現在細見美術館の所蔵品だが、昔はそうではなかったのか。
色んなことを思いながら見て回るだけでも、楽しい。

茶会の芳名録で面白いものがあった。
「田舎家」と書いた如春庵に「!」ときた鈍翁はこう書く。「田代台大庄屋 小作人・孝」
(孝は鈍翁の本名)。その皮肉とまではいかないいたずらっこな気持ちが面白い。
それで思いだした。
泉鏡花を愛する人々が毎月九九九会を開催していたが、ある日の芳名録がとてもお茶目。
みんな本当の商売からかけ離れた職業を名前の横に戯画と共に書かれている。
例えば鏡花は宗匠とかそんな風に。
書いたのは里見だから、それだけで諧謔味が濃いのだが、こうした芳名録にそんなおふざけ・遊び心が漂うのは、それだけで優雅なものだ。

原三渓の絵が何点かあった。特に良かったのは淡彩の白蓮図だった。三渓は速水御舟も応援していたが、共通点は見られない。

それにしても茶道は本当に奥深い。
多くの茶道具を眺めながら、それでもまだまだこれらはほんの一部に過ぎないのだ。
蒐集は無限に続き、しかしながら散逸も必須だということを「知る」如春庵。
様々なことを教えてもらったような気がする展覧会だった。

最後におまけ。前期の出品で見れなかったが、買った絵葉書。「たわむれ猫」。可愛い・・・
mir942.jpg

古渡り更紗 江戸を染めたインドの華

今年に入ってから更紗の展覧会によく出かけている。
ちょっと数えただけでも以下の展覧会がある。
千葉市美術館、細見美術館、大倉集古館・・・と巡回を続けているインドネシア更紗の名品展、弥生美術館併設の夢二美術館にも、その時代に流行したらしき更紗が展示されている。
先月の東博でも彦根更紗が出ていたし、たばこと塩の博物館で初期近世風俗画展に添うて展示されているのは、五島美術館所蔵の更紗だった。
その五島美術館で「古渡り更紗」の展覧会が開かれている。
mir939.jpg

茶道具を包むお仕覆や掛け軸の表装などにも愛されてきた更紗。
五島美術館のサイトから。
「更紗」とは、木綿に草花・鳥獣・人物などの文様を、型や手描きによって染めた布のことです。特に、18世紀初期までに舶載されたインド製更紗の一群を「古渡り更紗」といいます。

保存のために照明の明度が落された場内に入ると、天井から白地の透ける幡が、何枚も連なって提げられていた。そこには更紗の文様がプリントされていた。
こういうのがまたいい演出になっている。
(でも会期終了後はどうなんのかしら?なんとなく欲しいような気がする・・・)

彦根更紗 東京国立博物館蔵  先月東博で見たのも記憶に新しい(え?)が、ここには145枚並べられていた。前期は144枚と言うから、随分多くの展示だ。
いや実に素晴らしい。彦根の井伊家に伝わった裂なのだが、後で調べると20年ほど前に彦根城博物館で展覧会が行われていた。これを考えると、やはり江戸時代の大名家では更紗が愛されていたようだ。
色々見ていると、○に絵柄のものや間道タイプも多いけれど、後世になるにつれモリス風になるのが興味深かった
mir940.jpg東博でのチラシより。

クリシュナ物語図更紗掛布 東京藝術大学大学美術館蔵  これが本当に面白かった。綺麗な金糸で縫い取りされた物語図会。美女たちの行列と笛を吹く青いクリシュナ。
正面向きの顔が可愛かった。
また、同じ画題のものがあり、そちらはインドの情景として、孔雀が木に登っていたり、丸い赤い果実が見えたりで、とても魅力的だった。

幾何学文様更紗裂 これは格天井手というパターンに分類するそうだが、どこがどう格天井なのかわからなかった。更紗には色んな技法があり、パターンも分けられているが、ちょっとナゾだった。

獅子草花文金華布裂 前田家伝来 京都国立博物館蔵  長崎からの舶来品を前田利常が取り寄せたらしい。さすが派手派手の前田家らしいセンスで、面白い。獅子vsコブラというのも面白い。この同じ柄を炉屏に転用したのも展示されていた。
同じく前田家伝来で、緋羅紗更紗梅文陣羽織があったが、こちらは○を梅鉢柄に配置した梅文なのだが、なんとなくさっきの獅子を思い出して、猫の肉球柄の方が合うような気がした。

更紗縫合間着 神戸市立博物館蔵 これはすごい綴れ。キルティングは中に布を入れるけど、それはないのでやっぱり綴れになるのか?240枚の更紗裂を合わせ縫いしている。
面白いセンスだった。しかしこれはまだ甘かった。
ローブがあった。そちらはなんと850枚をナナメ△にして繋ぎ合わせている。
世の中には実にこまめな手があるものだ・・・
尤も、ヨーロッパでは本当にキルティングにして、赤ちゃんの帽子にしたのもあり、それも出ていた。ちょっと小さすぎる感じがしたが、ヨーロッパでのアジアへの憧れが見えて、面白かった。

白地草花文更紗裂 愛知・徳川美術館蔵  小さい花が撒き散らされたような可愛い図柄。こういう白地に花柄のものは手元にあると嬉しくなる。ハンカチ、紅茶ポットを暖めるティーコージー、ランチョンマット、鍋つかみ・・・それらに欲しい柄。

動物文胡麻手更紗腰差し煙草入れ たばこと塩の博物館蔵  ‘99年にたばこと塩の博物館で「江戸の紙煙草入れ」展、翌年の「異国の風」展などで見たような気がする。でも確かなことは言えない。なにしろあのコレクションは膨大なのだから。

更紗尽表具「人形更紗御掛物」 人形と言うのは、人物を描いた手のこと。これを見ると、やっぱり石川淳『至福千年』の、隠れキリシタンの更紗を思い出すのだった。

ミニチュア更紗手鑑「きれかがみ」 東京・たばこと塩の博物館蔵 これは小林礫斎の手によるもの。礫斎の展覧会は’01年にやはりたばこと塩で見た。昭和の真ん中まで生きていた凄い職人。
詳しくはこちらまで。
8?10ミリ四方の大きさに切られた更紗がそれより一回りほど大きな色紙に貼り付けられ、手鑑としてそこにある。しかも一種ではない。本当に可愛くて繊細で、信じがたい精巧さにときめくばかりだ。日本は元々こうした袖珍に素晴らしい技能を見せていたが、近代にもこんな職人がいたのを、ほんとうに誇りに思わなくてはいけない。

見ものの多い展覧会だった。当初諦めていたのだが、諦めずに行ってよかったとつくづく思う内容だった。今月末まで。


「七恵またたび」 再訪した展覧会への感想 

「七瀬ふたたび」ならぬ「七恵またたび」で、今回「大琳派展」「ハンマースホイ展」「スリランカ展」「ボストン浮世絵展」について軽い記事を連続で続けてみます。

大琳派展を再訪した。とても混んでいる。何を見るか目的を絞らず、前に見ているものと、展示換えされたものとを楽しもう、くらいの気持ちしか持っていない。

だから養源院の襖絵の妖しい目つきの尼僧のような白象や、お茶目な唐獅子に会えて喜び、4種お出ましの風神雷神とを比較する面白さも味わえた。
本歌取りもジェネレーションギャップが往々に見られ、そこが楽しく思える。

細かいことを言うと、光琳の雷神の爪は可愛いとか、抱一の風神の目は他のようなどんぐり目ではなく粒目だなとか、そもそも本歌の宗達の風神の眉はどう見てもゴーヤの輪切りにしか見えないとか・・・
そんな感想が湧いて出たりする。
其一の風神雷神がいちばん劇画調だと思うのだが、それはやっぱり動きを感じるからかもしれない。

大和文華館には元から琳派の名品(特に光琳の作品)が多いので、東都の皆さんが喜ぶのが、なんだかわが事のように嬉しくなる。
飾り箱も鹿柄の螺鈿の笛も、みんな「綺麗だ綺麗だ」と楽しんでいる。
これらが大和文華館に帰ってきて、一休みしてから再び表に出たとき、ご苦労様と言いたいと思っている。

その大和文華館から光琳の『中村内蔵助』像が来ていて、解説文がなかなかよかった。
愛が溢れてるのさ、元禄だし。きゃっ♪

たまたまここへ来る前に野村美術館の名品展で宗達&光悦の下絵和歌集を見た。
・・・一体どれだけ作ったのか。やっぱり凄い人気だったのだ。

今回フクロウや孔雀の絵に惹かれるものがあった。
四条円山派の孔雀はナマナマしくて気持ち悪ささえ感じるが、琳派の孔雀は綺麗が前面に出るので嬉しい。
象徴派のような孔雀。とても綺麗だった。

正面を向く鳥と言えばやはりフクロウ。可愛い顔でこちらを見ていた。



ハンマースホイ再訪。
ピアノを弾いても音はない。室内を歩いても衣擦れの音すらしない。
こちらを向いていても視線は遠い。

2本の蝋燭が立てられた室内。蝋燭の炎を描いたのは高島野十郎だったが、ハンマースホイの蝋燭には、少しばかりの狂気も妖しさも見受けられない。
完全なる静寂。
その部屋の中で蝋燭が立てられている。
トリュフォーの晩年の作に『緑色の部屋』という作品がある。若くして死んだ妻のために蝋燭をともし続ける男。蝋燭は死者の数だけともされる。
彼は生者ではあるが、だれよりも死者に近しい。
ハンマースホイの蝋燭は死者のためにともされたものではないのだが、生きている誰かのために点されたものでもなさそうな気がする。


白と灰色、黒に近い紺、茶色・・・そこにセピアが加わればカリエールを思い出すかもしれない。しかしハンマースホイはカリエールの描く、人物と人物との密接な「距離感のなさ」を描くことはない。空間を共有していても、三人の女たちが誰一人関わりを持たないでいることを思えば。

東博の国宝室にときどき現れる長谷川等伯の『松林図』。あれを見るといつも雨の朝か雪の昼前を思う。林の隙間に光が差し込んでいる。
その光。
その絵から300年後の北欧に、松林を室内に置き換えた絵が現れようとは、長谷川等伯も考えも出来なかったろう。

イーダの後姿を見ると、またヨーロッパ映画を思い出す。
オランダ映画『キャラクター孤独な人の肖像』という作品。
そこに現れる頑なな女性―母親、彼女の後姿をいつも思い出す。
描かれたイーダは光をみつめながらその在り処へ行かず、陽光の中に佇んでいても、常に影とのはざまへ身を置こうとする。

抑制された感情、それすらもまるで見せないまま生きているような、後姿。

わたしはこの世界では、たぶん、生きてゆけないだろう。



スリランカ展再訪。
キンマの袋が大きい理由がやっとわかった。葉っぱを入れるため。でも元の葉っぱを知らんから、やっぱり想像がつかないわたしです。

昔、読んた小説で、全てに行き詰まった男が日本脱出して、スリランカで宝石の原石採掘して働いているのを、恋人たちがみつける話があった。
読んでいた当時、なんでスリランカなのかわからなかったし、日本脱出すること自体が理解できなかったが、展覧会を再訪して、ちょっとだけわかるような気がした。

それから、やっぱり黒い蝶のアクセサリーがいちばん好ましかった。




ボストン美術館浮世絵展再訪。
名古屋で見て以来半年振り。好きな作品ばかりピックアップして眺めた。
やっぱり広重の源頼光一代記と歌川国貞の見立邯鄲が今回もベストだった。
うん、見れて嬉しい。前回の感想は3つに分けて書いてある。

mir615-1.jpg



・・・感想とも言えない感想を書き散らした。
そもそも再訪するのは、楽しい記憶の再現を味わいたい為だからだと改めて実感する。
快楽の復元再生。
更には「良かった」と言う記憶の持続があるからか、批判精神が消失しているからか、常に一定以上の好感をそこに向けてしまう。
そしてその感情は固定されてしまい、もう動かなくなる。
それが特殊な例なのか普遍的なことなのかも区別がつかない。
基本的に飽きると言うことが少ないからかもしれない。

無関係なようで本質的な話かもしれないのが一つある。
今日、母とかに道楽に行って、大満足した。
しばらくはかにと無縁でもいいくらい満足したが、それでもわたしはその快楽の再現を求めて、一ヶ月以内に再訪すると思う。
ところが母は一冬に一度の喜びを何度も反芻するのが好きだと言う。
わたしのこの性質は父方の血だと言う。たぶん、そうなんだろう。
愉楽は持続しなければ愉楽ではない。
わたしと母が合わないのは根本的な違いがあるからなのだった。
ちょっと面白く思った。

前回感想文は以下に。
大琳派展
ハンマースホイ展
スリランカ展
ボストン美術館浮世絵名品展?
ボストン美術館浮世絵名品展?
ボストン美術館浮世絵名品展?

岩崎家の古伊万里

静嘉堂文庫で「岩崎家の古伊万里」を見た。丁度会期の真ん中に出向いたが、人気の展覧会で、チラシがもうなくなったそうだ。
mir938.jpg
わたしは絵画も好きだが、古い陶磁器を眺めるのも好きだ。
特に磁器の滑らかな表にかかる釉薬の美にふるえることが多い。素焼きのものや陶器のツチツチしたザラザラ系より、磁器のすべらかなる膚に惹かれている。
朝一番に来て、ガラス越しに華やかな色絵磁器を味わった。

今回のコレクションは当初から岩崎家が全て集めたものばかりではなく、明治初に来日し、長く日本に住まいしたお雇い外国人フランシス・ブリンクリーの旧蔵品も多く含まれている。ブリンクリーは親日家らしく、来日前から日本の古磁器を集めていたようだ。
それらを明治20年代に岩崎家が購入している。
今では清澄庭園になった住友家の深川別邸にそのコレクションを飾る支度が出来ていた。
大邸宅を彩るコレクションとして、優美にして華麗な古伊万里を集めたようだ。

岩崎家の審美眼もさすがだが、ブリンクリーの美意識の高さにも感心する。
いいものの大半はブリンクリーが集めたものばかりなのだから。
ここには古九谷様式から柿右衛門様式、鍋島、金襴手などが並んでいるが、艶やかな金襴手が大半を占めており、豊饒な華麗さにため息をついた。
少しずつ気に入ったものを挙げる。

古九谷様式
色絵梅鶯文銅鑼鉢 見込みに可愛い紅梅がある。
色絵桜花文蓋物 なんだか親しみが湧くと思ったら丼ものだった。中に蒸し寿司かうなぎのまむしがあれば最高だ。

染付
染付雪景文千鳥形皿 灰水色の空から落ちた雪に満たされた地。そんな情景が千鳥形の枠
に閉じ込められているようだ。
銹釉染付鷺文輪花皿 どうも鷺や鵜は三羽で並ぶのが見栄えが良いのか、ここにも鷺が三羽いる。鳥の白さが生きる背景。
染付雉香合 小さくて可愛い。青色でまとめられていて、とても可愛い。

柿右衛門様式
色絵秋草文八角瓶 赤が発色したからこそ、この様式なのだが、まだまだ慎ましい赤。
赤い女郎花と赤い菊が静かな秋を感じさせる。
色絵団龍文陶板 元は西本願寺の転輪蔵の腰瓦の一枚だったらしい。日本も言ってみればタイルを貼り付けていたのだ。この龍は己の尻尾を掴んで自己完結している。
色絵糸桜文陶板 枝垂桜が左半分に描かれている。どことなく書割風。

鍋島
青磁染付花卉文皿 不思議な葉っぱ文が見込みにある。見たことがない。解説プレートを読むと、類例がないらしい。一体何の葉っぱなのか。
青磁龍耳広口瓶 砧青磁を見本にしたそうだが、物凄い色合い。深い。そのくせ胴裾と頚肩部に白化粧土で剣先文が連ねられている。これがまた途轍もなく綺麗。板谷波山の葆光磁のようにも見えた。

金襴手様式
色絵弓破魔熨斗文皿 これまでにもあちこちで見ているが、発色もとてもよく形もきれい。
色絵魚藻文鉢 青魚、赤魚のぶっちがえ。魚たちの目がコロコロしていて可愛い。
色絵庭園人物山水花卉文十六角鉢 寿老人、婦人、唐子ら、奇岩、蘇鉄・・・それら中国風情景が繊細な筆致で描かれている。
色絵桜花鷲文大皿 二羽の鷲が桜の周囲にいて、一羽は止まり、一羽は鋭い爪で孔雀を捕まえている。ぐぇーっという声も出ない孔雀。縁廻りには別な鳥もいる。これは九州の柴田コレクションに類例があるそうだ。
色絵草花文茗碗 これは煎茶用なので小さくて可愛らしい造形。見込みには椿が描かれている。とても愛らしい。

他にも南蛮人を描いたものや、ぎやまん船、めでた尽くしの宝物の絵柄など、色々見応えのある品々が並んでいた。金襴手の華やかさが好ましい方は、静嘉堂までどうぞ。
行きはバスで向ったが、帰りは二子玉川まで歩いた。
世田谷は歩く道しるべを完備しているので、その点はとても助かるのだった。

近世初期風俗画 躍動と快楽

たばこと塩の博物館に通いだしたのは’93年の春からだから15年になる。その間に近世風俗画の展覧会があったのは、’99秋、’02春、去年の『風俗画と肉筆浮世絵』、それと今回の展覧会だけだと思う。諦めた展覧会も多いが、今のところ近世風俗画関係は必ず見ているので多分、正しい。
mir937.jpg
今回はまた実に豊饒な展覧会だった。

何期かに分けての展示のため、見られないものもあるが、それはそれで仕方がない。幸いなことにそれらの大半は細見美術館、神戸市立博物館、などの所蔵品で、また逢える機会もあるし、細見の分はつい先頃まで開催していた『京と江戸 名所遊楽の世界』で存分に楽しんでいる。

醍醐花見図 秀吉最後の楽しいお花見。大抵の大阪人がそうであるように、わたしも太閤さんは好きで、家康は大嫌いだ。
太閤さんが派手派手で華美な格好をしていても、寄る年波に負け病に負けかけているのが、この図からもはっきりわかる。周囲の女たちはみんな元気そうなのだが。
特に今回は椅子を担ぎ上げているお姉さんに関心がいった。わたしは肩がすぐ抜けるからこうは出来ない。
小橋を渡れば茶席の支度がある。細竹の屏風、網代の壁など、なかなか素敵な趣向の席で待つ女の顔が綺麗だと思った。

洛中洛外図 歴博D本。去年の『西のみやこ 東のみやこ 描かれた中・近世都市』で見た記憶が無いのは、展示換えだったからか。
店舗の暖簾が面白く、それを見て回る。商業の発達がよくわかる。一方で畑もあれば漁する人々もいる。この屏風に描かれている建物はサシで測って描かれたような感じがする。
中国絵画技法でいう界画と言うものかもしれない。
実在の店と適当な店の混じりあい。わたしはこの時代の店の並びを知らないのでどこまでが本当かはわからないが、ある一郭では屋号にやたら地名が多かったりする。
守口、尼崎、さど志ま、廣島、薩摩、大坂、八幡・・・・・・
ところで耳塚が描かれているのに、その対面の烏寺がないではないか。蓮生坊(熊谷直実)所縁のお寺らしいから、耳塚より古いはずなのに。う?む、ナゾだ。寺の方が後から引っ越してきたのだろうか。

阿国歌舞伎図 京博の名品。色んな阿国歌舞伎図があるが、これと大和文華館のと徳川のはどれもとても好きだ。
都の春の花盛り、花盛り・・・そんな歌声が聞こえてきそうな華やぎがある。
桟敷には淡彩墨絵の屏風が立てかけられていて、赤い着物の少女が可愛らしかった。

四条河原遊楽図 西尾市から来てくれた作品。ここの歌舞伎では小人がいる。二人の道化。珍しい。幕外にはものもらいもいる。妙にリアリズムだな・・・左隻最果ての焼餅売り、やたらおいしそうで、気にかかる気にかかる。

清水寺遊楽図 先般、初めて清水の舞台に上がった。音羽の滝も目の前で見た。凄まじい行列なので水も貰わなかったが、ここでは二人ほど滝に打たれている。ちょろちょろの滝で、真ん中にいる女は頭上の桶に水を受けている。
舞台にはやたらひげを伸ばした奴らもいる。この程度の舞台なら飛んでも差し支えないような気がしてきた。

邸内遊楽図 サントリー所蔵の名品。KAZARI展や『日本を祝う』で見た好きな絵。
湯殿の女たちより、座敷で湯上りにくつろぐ女人にときめく。また右端のカルタ遊びの端の女の顔など、時々わたし好みの女たちがいるのだった。

輪舞遊楽図 明るく歌い踊っているはずが、まるで有元利夫の絵のように時間が止まった世界に見える。「時よ止まれ、おまえは美しい」とはファウスト博士の言葉だが、実際ここには時間の流れを止める何かがある。それが遊楽の本質そのものなのかもしれない。蹴鞠をする、坊さんにヘッドロックをかける、箱の引っ張り合いっこをする、揚弓で遊ぶ・・・様々な娯楽に興じる人々の時間は最早永遠に動かない。

妓楼遊楽図 これはバラバラに各シーンをはっつけていったもので、こういうのも楽しい。琴を弾く男もいるが、4面めの踊る女を見て、逸翁美術館の『露殿物語』を思い出した。

美人きせる持ち図 これはまた大胆な構図で、これまでのロングではなく立ち姿人物三体像なのだった。二人の遊女の生え際のモシャとなったところなど、『松浦屏風』での描写を思い出す。着物の柄も大胆で面白い。三人とも爪を短く切っている。

桜下弾琴図 出光所蔵の名品。以前から好きな作品だが、こうしてここに並ぶと、いよいよ楽しそうに見える。五人それぞれの着物の柄の描写の見事さ、指先の美しさ、本当に素晴らしい。

特別展会場だけでなく、二階の展示コーナーにも素敵な作品が並ぶ。

旅風俗 これは以前展覧会のチラシにも使われた作品。シンプルで、そして柔らかな線が懐かしい。

他に更紗を展示していて、それがまた遊楽気分を増してくれていた。
本当にいい展覧会だった。造本もいい感じ。これくらいの数の方がじっくり眺めて楽しむのによいと思う。11/30まで。



11月の東京ハイカイ

今月は8日9日と都内潜伏してました。
ハンマースホイ、琳派、スリランカを再訪し、子ども図書館で童画を見て、そのまま上野桜木町から一気に弥生美術館へ歩いた。
久しぶりにナゾの喫茶店カヤバも見たし、好きなお寺も見たし。
IMGP5193.jpg
中には入らないけど、こういうオモテが好きなのよ。
それで妙に気合が入り、一気に言問通りを歩いたけど、ちょっと躁状態になっていた可能性がある。
なんしか歩きながらニーチェの超人思想とか♪走るー走るー なんて歌がグルグルしたり。
それで弥生美術館に行くと、珍しいくらいオジサンおじいさんが多い。普段は女のヒトの方が多いのに。
やっぱり「船の樺島」だからでしょう。
詳しくは全て後日だけど、とにかくそこから野間に向かった。
野間でも少年倶楽部などを中心にした挿絵展などで、楽しみすぎた。
今回のツアーは童画と挿絵を楽しむことが多いのさ。
それからテクテクでTOPPANの印刷博物館に行った。ここもメディア関係の展覧会。
こういうのがまたスキでスキで。
さて、印刷博物館は江戸川橋から8分、飯田橋まで13分、春日には10分という立地なので、次に両国の江戸博に行くわたしとしては、13分かけて飯田橋へ歩くのが本筋でしょう。江戸博、土曜日は夜間開館なので助かるなぁ。

ところがここで少しミスが勃発。
つまり工事中の道路を歩いてしまい(だって暗いからわからへんもん)、飯田橋の交差点の陸橋の閉鎖された地区まで来てしまい、一旦陸橋を上がってしまったのだった。
バリケードが築かれている。ここが地上なら乗り越えるけど、一応空中でしょう。
・・・こんなとこから落ちて車にでも引かれてみぃ、恥ですよ。
それで地上に戻り、色々乗り越えて(追求しないでください)無事飯田橋に到着。
少しだけゆとりが出来たので、今回唯一のユトリ時間として紀の善で抹茶ババロアをいただいた。あああ・・・おいしさが染み渡るなぁ。
それで飯田橋から両国へ。江戸博でボストン美の浮世絵を見る。名古屋で見てから二度目。今回は再訪が多いなぁ。
浅草や忠臣蔵の浮世絵を見て、時間いっぱいまで遊ぶ。
今回、四谷怪談の仕掛け公演を二度見て満足。

さて今回は大井町に宿泊予定だけど、久しぶりに行ってびっくり。阪急がなくなってる。デイリーショッパーズ。
更地になり、再来年にホテル開業らしい。
ほほー・・・・・・・このアワーズイン阪急は16階が展望大浴場なのでいいんですが、最近は後楽園方面ばかりに宿泊しているので、ちょっと無縁してたな。生々流転を感じるぜ(はて?)

翌朝、東急大井町線に乗り二子玉川へ。静嘉堂美術館へ向かうのにバスの時間があるから、と久しぶりにこちらに来たのに、なんか世田谷ハーフマラソンでバスの場所が色々変更。
うっかり忘れてたけど、今丁度東京文化財公開週間でしたな。
静嘉堂には素敵な洋館があるけど、事前抽選だし、この頃は建築は好きでもそこらの人間関係が煩わしいので、自分勝手に見学するか、所属している団体で見る以外は無関係でいるかしている。
展覧会の招待券には同伴一名可能とあるから、同じバスに乗っていた奥さんを誘うと喜ばれた。奥さん、建物見学に当選したそうな。そこらの話を色々したけど、不思議なほど口惜しくもない。
愛が薄れてると言うより、疲れてるんだろう・・・
ついでにダメ元でピンポーンと訪問すると、当然ながらすげなく断られた。
それはそれで別にいい。実のところ保存のための活動するのも疲れているのさ・・・
近代建築そのものは好きだけどね。

奥さんに親切にしたのがよかったか、この日は二度ばかり迷子になっても、その都度地元の方がごく近くまで送ってくださる親切を受けた。ありがとうございます。
まず上野毛に行くと、駅出口が変更されていて、3丁目ではなく1丁目に出てしまった。
五島美術館は駅からすぐなので、なにも調べずに来たのだ。まさか出口が移動していたとは。
それで道に迷ったら、親切なお姉さんがごく近くまで案内してくださった。
ありがとうございます。
五島で更紗を見たけれど、先月からこっち、わたしは更紗づいているな。弥生でも更紗をちょっと見ましたよ。
次に駒澤大学駅に出て、向井潤吉邸を目指し、途中までは地図の通りだったのに、いきなり地図にない小学校が出現。これまた困った。すると第二の助け手が現るではないですか。
犬の散歩のおじさんが、やっぱり前まで送ってくださった。
ありがとうございます。
IMGP5215.jpg向井潤吉邸

向井潤吉は日本の民家を描く洋画家だけど、今回は彼の挿絵や絵本のメディア関係の仕事を見に来た。わたしは茅葺屋根に無関心で、却ってこういう方が好きなのよ。
暮らしの糧のために云々と解説文にあるが、連載小説の挿絵にときめくファンがいたからこそ、仕事があったのだし、それをニガニガしく思ったり恥だと言う意識は、無礼ではないですか。
どんな分野であろうと、いいものはよく、ダメなものはダメなのだ。
鏑木清方は挿絵が出発点だったことを卑下することなく、晩年に至るまでその仕事を懐かしみ、やがて卓上芸術を標榜した。
今回のわたしの東京ハイカイの主な目的は実に、「挿絵と童画を見ること」に尽きた。
だからわたしはその意味では大満足している。

さて渋谷に出てごはん食べに入ったお店で、友人そっくりの人を見た。顔立ち、服のセンス、髪型だけでなく手の小ささまで似ている。他人だったようだが、長らく会ってないのでどうしているかと心配になった。子供が小さいので育児ノイローゼにでもなっていたら大変だ・・・・・・・でもやっぱり小さいお子さんのいる友人とは遊べないし、近況も報告しにくい。

たばこと塩の博物館で遊楽図を眺めて、本も買ってしまった。去年今年といい風俗画の展覧会をしてくれる。以前はめったにしなかったのに。
それで本当はそこから見世物関係の展覧会を見ようと半蔵門へ出る予定をしていたが、会場内で一瞬寝てしまっていたので、これはむりになった。残念。来月に廻す。

三越前に出る。今日は東急線と半蔵門線しか乗ってないな??
三井でやっと森川如春庵展を見た。実は名古屋で見るつもりだったけど、時間の都合でこちらに廻したら、チケットをいただく幸運があり、嬉しい状況になったのだ。
閉館前までいて、そこから浅草線に乗り、羽田へ出た。
伊丹からはタクシーで帰宅。
今回も大変有意義で充実したハイカイでしたが、こんなにもゆとりがないのはどうなんだろう、とちょっと反省。いや仕方ないよね、ニンゲン、遊ぶためには何かをギセイにしなくては。
今回のギセイは時間のゆとりと体力でした・・・・・・・。

ところで今回のツアーでもう一種別な正倉院展のチラシを見た。
mir936.jpg
正倉院の上に瑠璃碗が浮かび「私を流れる、美の源流」とある。
確かに素敵だけど、やっぱり淋しい。関西ではこっちが採用されている。
mir930.jpg
こうでなくてはお客も呼べないように思う。

あと行きたいが行けそうにないのが栃木県美術館のこれと、mir935.jpg
足利美術館のこれ。IMGP5171.jpg
栃木って関西人には遠すぎるのだ。しかしどちらもとても魅力的なのだった・・・。

崇高なる山水

大和文華館で山水画の世界展が開催されている。
正直言うと、ニガテな分野である。
ところがチケットショップで券を購入している。
春まで大和文華館の会員だったが切れて半年、訪問していない。
正倉院展もあることだし・・・くらいの気持ちで出かけた。
平日の午後、やたら駐車が多い。
本館は丘の上にあるので歩くと、行き交う人も多い。
いつも土曜にしか行かないので、平日のヒトデを知らないが、こんなものなのか。
それとも特別展だからか、山水画だからか。

わたしの山水画のイメージ・・・セピア色の背景(絹が変色したため)、淋しい風景(わたしは都市風景画が好きだから)、かわいくないオジさんとおつきの子供(隠居せんと表に出てよ)、古ぼけた家屋にかかる掛け軸(あああ・・・)。
・・・豊かなキモチより、逼塞した気分の方が大きかった。

行くと随分混んでる。遊楽図のときと同じくらいの熱心さで皆さん楽しんでおられるやないですか。
山水画見て逼塞感を懐くのはわたしくらいらしく、みんな豊かな気持ちになってはるようです。
ほんだらわたしも楽しみたいものですが、さて。

李郭派山水の誕生―宋から元へ―
そもそも李郭派とは何か。ウィキによると以下の通りである。
「五代、北宋の画家、李成と郭煕によって大成されたた画法。その名をとって李郭派と呼ばれる。
董源、巨然を中心とする董巨派を文人画、南宗画(なんしゅうが)の系譜とすると、李郭派は北宗画(ほくしゅうが)ともよばれる宮廷様式を中心とする画法の系譜に属する。
李郭派は大観的構図と蟹爪樹(かいそうじゅ)、雲頭皴の画法を特徴とし、その画法は東アジア山水の古典様式として、浙派や朝鮮半島の山水画、清代の袁派にまで大きな影響を与え、永い命脈を保った。」
カシコないわたしは大観的構図というのにもひっかかったが、これは要するに全体的な大きい目で見た構図ということで、ヨコヤマさんではない。

mir933.jpg
喬松平遠図 一幅 伝李成筆 北宋 澄懐堂美術館
この絵の良さはやはり実物を見ないとわからない、と思った。
チラシで見た分ではどうもそそられなかったが、やはり実物を前にすると迫るものがある。
「平遠」とは広がりの意。この空間だけでなく、眼に見えない向こう側にも自然は生きている。

秋塘図<重文> 一幅 趙令穣筆 〃 大和文華館
mir934.jpg
この画家は皇族で、徽宗とも交流があったそうだ。柳と靄のかかったような池(塘)が魅力的な広がりを見せている。・・・だんだんと山水画の良さが沁みて来るような気がしてきた。

秋景冬景山水図<国宝> 二幅 南宋 金地院
それぞれに高士がいる風景。机により、くつろぐ・山道をふと振り仰ぐと、小さな猿がいるのに気づく・・・
人物描写はリアルな線描だった。

読碑窠石図 一幅 伝李成・王曉筆 元 大阪市立美術館
曹操と楊脩のエピソードが描かれている。二人はある碑の前にいる。碑の上には小さな竜がとぐろを巻き、それ自体は大亀が支えている。若くて可愛い侍童風楊脩。

明皇避暑宮図 一幅 郭忠恕(款) 〃大阪市立美術館
複数の建物が折り重なるようにして、画面いっぱいに描かれている。そしてそれが全て正確な線とパースで画面上に構築されている。・・・そんな技法を「界画」というそうだ。定規で拵える。設計図を見るようなわくわく感が湧いてきた。そしてこの透視図のような建物のあちこちに人の姿がある。


牧牛図<重文> 一幅 毛倫筆 〃根津美術館
十牛図の一図ではなく、坊やと牛との心のキャッチボールのような絵。帰りたがらない牛の目つきと、坊やが懸命にひっぱる力がいい感じ。

唐僧取経図冊 上冊(二冊のうち) 伝王振鵬
西遊記の1エピソードを描いている。子供らを取り戻し、彼らを地元の山中神仙に託す図で、同時異時図でもある。子供らがカラフルで、イキイキしてした。

李郭派山水の展開―高麗から朝鮮王朝へ―
基本的にこの時代の青磁に惹かれている。朝鮮の絵画や工芸、そして宮廷での遊戯などは、全て中世で完成されたように、思っている。

羅漢図 一幅 「乙未(1235)七月」銘 高麗 大和文華館
この羅漢図には朝鮮国王の切なる願いが込められていたそうだ。モンゴルの侵略を抑えようと、仏教に護国を願って描かせたものらしい。

瀟湘八景図屏風<重文> 八曲一隻 天文8年(1539)尊海賛 朝鮮王朝 大願寺
この作者はなんでも「チャングムの誓い」にゆかりのある王様に会うた人らしいが、ドラマを知らないので別に何も思い浮かばない。


山水図 三幅 伝米友仁筆 〃毛利博物館
小舟がクルーズしている。丸い形の展望場もある。・・・どことなく昭和の匂いのするリゾート地風山水画。
李郭派山水の受容と復興―明清時代―
明代になると、あちこちで見た作品が増えてくるように思う。
その意味で日本人好みの名品が多いのだと思う。

春冬山水図<重文> 二幅 戴進筆 明 菊屋家住宅保存会
春は四阿で白い木花を楽しむ。遠い山は霞んで薄青色を見せている。春風駘蕩という味わいがある。
明代の栄華が絵画の世界にも影響を与えているのは間違いないように思う。

水亭清興図・雲林逸趣図 二幅 陳孟原筆 元?明 永保寺
水の爽やかさ、青い湖と遠山の木々が靄いでいることとが、そのタイトルを納得させる。

渓山絶塵図 一幅 呉彬筆 万暦43年(1615) 元 絖本墨画淡彩
絹ではなく絖(ぬめ)に描かれているので、変色もせず白いまま。その白い画面に不思議な風景がある。へんな丸い建物。これはこれで面白い。
着物でもわたしは絹より絖が好きだ。

山水楼閣図冊 十二図 王雲筆 康熙56年(1717) 清 東京国立博物館
頁替えでわたしが見たのは、帰牧図。牛がもぉもぉ歩く地と、点描の薔薇のような寒カラスの群舞が空にある。夕日が印象的な図。こういうのを卓上芸術というのだ。

楼閣山水図 一幅 王雲筆 康熙59年(1720) 〃京都国立博物館
夏。蓮池がある。蓮の花は見えない。眠ってしまったのか、まだ咲いていないのか。
鹿もいる。別荘としての宮殿なのか、そうでないのかはわからないが、夏の爽やかさを感じる空間。
暑いばかりが夏ではなく、暑いばかりが不快ではない夏。

湖庄急雨図 一幅  顔嶧筆 
春の嵐が急訪した。小さな家の住人たちはみんな妙に元気になって、はしごをかけて屋根に上ったりもする。柳はゴォォォッーーの風になぶられ、ヘンな方向に向きを変えている。
それでもみんな元気。元気な顔をイキイキ描いている。

四季山水図 四幅 袁耀筆 乾隆42年(1777) 〃藤井斉成会有鄰館
フルカラーの山水画。楼は四方向を向く屋根が載せられている。笛を吹く女もいる。ヘンに赤い木があり、メダイヨン風の刻みの石飾りが階段に据えられている。
この絵の所蔵者・藤井斉成会有鄰館は京都国立近代美術館の近所にあるが、この建物もたいへん蠱惑的な魅力があり、後載せの楼閣の屋根がやっぱり変わっているのだった。

いや?冒頭で乗り気でない本音が溢れかえってましたが、わたしも今回からちょっと宗旨替えです。山水画はいいもんです。しみったれたイメージが消えましたね。
基本的にこういう空間に入り込みたくないけど、楼閣の様子を描いたものなどは完全にわたし好みでしたなー。

果心居士は信長の前から去るとき、屏風の山水画の中に棹差して消えていったけれど(小泉八雲「果心居士のはなし」より)、そんな世界に入ることは出来なくとも、十二分に楽しめる展覧会だった。11/16まで。

枚方で遊ぼう

菊人形で高名な枚方。今は本格的な菊師がいないが、高校生や有志達が拵えている。
1号線沿いの旧街道というのかしら。高速道路が出来る前まではこの道路が主要道路だったそうだ。
淀川のそばの鍵屋は今では資料館になり、往時の資料を展示する。
IMGP5114.jpg
鍵屋の表はこんな感じ。IMGP5116.jpg
瓦にも鍵柄。IMGP5117.jpg
ご近所さんも古い建物を生かしているところが多い。
屋号に合わせた意匠。IMGP5148.jpg
隣のビルにもこんな装飾がある。IMGP5147.jpg

鍵屋と言うのは宿屋で、近年まで営業していた。
今も予約すれば当時のお料理を出してくれるそうだ。
資料として、紀州藩士の晩御飯モデル。
IMGP5121.jpgけっこうおいしそうやん。

享保年間に将軍吉宗が象を呼んだけど、その象ご一行さまが通った記録が残っている。
クリックすると拡大化するので、文も読めると思います。
IMGP5123.jpg
(それにしても見学後、象はどこに行ったのか。帰ったのでしょうが、凄いなぁ)
枚方は交通の要所だから、色んなエピソードがあるものだ。
吉田初三郎による鳥瞰図もあった。
IMGP5118.jpg
いいですねえ?

驚いたのは、幕末遊撃隊の資料があったこと。伊庭八郎なんて名前を見たら泣けてくる。
わたしは池波正太郎の『幕末遊撃隊』のファンなのだ。
IMGP5133.jpg原文と現代語訳と。IMGP5134.jpg
こちらもクリックどうぞ。

鍵屋の廊下は磨き抜かれて黒光りしていた。IMGP5124.jpg
二階には格天井の大広間がある。
大きな照明があるが、ここにも鍵の意匠。
IMGP5127.jpg
階段の手すりの意匠にも鍵がある。IMGP5139.jpg

今回は広重の五十三次などが展示されていた。それから「くらわんか舟」で使われたお茶碗なども。
ところで枚方は北河内なのでコトバにも飾りがなく、ストレートすぎる物言いなので、政権が徳川に移ったとき、コトバが良くないのはカンニンしてくれと願った。
家康はOKを出したので、水上商売「くらわんか船」が発達したそうだ。
小さい大阪でも摂津河内泉州浪速と、それぞれ異なる文化とコトバが生きていたのだ。
鍵屋の内部には、その「くらわんか舟」の再現もある。

菊人形も展示されていた。何故か森の石松と茶屋娘とか。
IMGP5115.jpg
これは何の人形かわからないが、着物の柄が凝っている。
IMGP5142.jpg

マンホールにも菊と舟の意匠がある。IMGP5149.jpg
これは枚方市のマークかな。帆船やから、いかにも昔の枚方らしい。
IMGP5150.jpg

それで線路挟んだ向うにはひらかたパーク(通称ひらパー)がある。
今では関西有数の遊園地。(テーマパークと遊園地は違うぞ)
物凄い集客やな。感心しつつここは菊と薔薇が有名なので、それらを眺める。
IMGP5151.jpg
しかし物凄い人混み。幸いランチタイムと言うこともあって、ホワイトサイクロンに乗りに行ったら、まぁ空いてた。一人でジェットコースター乗るのもオツなものよ。
木造なの。IMGP5155.jpg
偶然にも先頭に座りました。
騒ぐと声帯がイカレるので、騒がない。目を見開いて線路とその先とをみつめ続ける。
スリル満点。こないだ「キーチ!」で自転車二人乗りして山から下へ降りる狭い道路ガンガン走り、事故る寸前、みたいな情景を見て、久しぶりにそういう感覚が味わいたくなったのだ。←あぶない奴めが。
ああ面白かった。

ここではかぐや姫の菊人形があった。
IMGP5152.jpg IMGP5153.jpg IMGP5154.jpg IMGP5158.jpg
クリックしてください。菊人形による物語。

大体こういう細工見世物は西日本にいい職人がいたのだ。熊本出身の活人形師・松本喜三郎や安本亀八とか。
以前から彼らの拵えた活人形を見て来ているが、本当に凄い。
幕末には、浅草の奥山で「上方下りの細工見世物」が爆発的な人気を誇っていて、国芳も国貞もその様子を描いている。
国立演芸場の資料室では12/20まで「演芸資料展?見世物を中心に」展開催中。楽しみ・・・

今、都内で菊人形を見ようとすれば、巣鴨か湯島で開催されているらしいが、まだ続いているかどうかは知らない。枚方の大菊人形も一旦終了し、今はボランティアや有志の人々の仕事なのだ。
以前文京ふるさと歴史館で『菊人形今昔展』を見てから、その歴史などを知った。

枚方は北摂からは遠いが、遊んだ価値のある場所だと思う。

皇室侍医ベルツ博士の眼 江戸と明治の華

大阪歴史博物館で開催中の初日に出かけた。
mir928.jpg
明治初年に来日して、以後数度の里帰りの他は30年に亙って日本に住まい、皇室の侍医として働き、森鴎外らを育て、日本人に健康的な生活を勧めたベルツ博士が蒐集した、江戸から明治の美術品が集められている。
それらはリンデン民族学博物館などから主に届いた。
この展覧会は島根、仙台からの巡回らしいが、この後どこへ行くかは知らない。

なにしろ多少の入れ替えはあるが、それでも170点余の展示がある。
一つ一つ書くことは不可能に近いので、気に入ったものだけ書いてゆく。

序章・いにしえの江戸の美を求めて
1章・同時代絵画蒐集家・ベルツの眼
2章・工芸王国・ニッポン
3章・麗しの国のうるし
終章・懐かしき日本の思い出
以上6章に分類されての展示だが、ベルツ博士の蒐集品は六千点超らしい。
無論全てが芸術的価値の高いものだと言うわけもなく、玉石混交も多かろう。
本人が「面白い」と思ってもそうでないものもあるだろうが、それにしても凄まじい品数ではある。

序章・いにしえの江戸の美を求めて
江戸初期から天保年間の松村景文の屏風までが並んでいる。
吉野花見図屏風や源氏物語貼交屏風や月次図などがあった。

吉野の滝の前のお堂で拝する人もいれば、畳敷いて宴会に興じる一行もいる。
やっぱり物見遊山してなんぼですね。
狩野派の色紙による貼交屏風も楽しい。月次図も明和6年のものだから、その当時のリアルな月次図になっている。明和年間は春信がいた頃。

川又常行 納涼図 mir925.jpg
遊女らが花火する小僧らを眺める。打ち上げ花火もいいが、こうした手遊びの花火は楽しい。タバコ盆、煙管、煙草入れなど、小物も神経の行き届いた絵だった。ところでわたしは今も花火が好きで、お盆の送り火の日には大体それにかこつけて花火で遊ぶ。以前は何人か親しい人としたが、ここ数年は一人で花火。
寂しい面白さがある。

英一蝶が二枚あった。巡礼図と故事・風俗図。味噌田楽を食べる中間らしき奴らがうらやましいくらい、おいしそうな田楽だった。

谷文晁や松村景文も二枚ずつ出ていて、ベルツ博士が好きな作品を好きなように集めたのを知る。
彦根屏風の美女を一人写した絵もあった。描いたのは建部巣兆という絵師。彦根屏風と言う枠から解放された美女は、一枚絵となって、人々の目を楽しませた。

大西椿年 群亀戯画 亀の曲芸団、音曲つき。というか亀のロックバンド風。
チラシの「江戸と明治の華」の「の華」周辺で活躍している。mir928-1.jpg
浮世絵師・国芳とその一門や河鍋暁斎ばかりが戯画を描いたのではなく、こうして他にも楽しい絵を描く人がいたのだった。
こういう絵を見ると、たとえば四天王寺の亀の池などに行き、多くの亀を見ながら「こいつら、いつ芸するんやろ・・・閉門してからしてるんかもしれんなあ」と思うのだった。

1章・同時代絵画蒐集家・ベルツの眼
時代の転換期とは言え、日本画にはそんなにも大きな変換はなかった。
日本画が本当に変わるのはもっと後年のことだ。

久しぶりに沖一峨の絵を見た。謡曲『鉢の木』を題材にした『鉢木図』。最明寺入道が佐野の家でもてなされている。立派な盆栽が見える。それがやがて・・・
物語性の強い構図だった。

池田孤村 蓮池図mir925-2.jpg
安政六年の蓮。白い蓮が綺麗。孤村の絵は目黒区美術館で見て以来。
抑えた色調が静かに美しい絵。

名古屋の山本梅逸の作品を色々所蔵しているようだ。梅逸の絵といえば甲東園の頴川美術館の所蔵品しか思い出せない。優美な花鳥風月。心の和む世界。

春草猫図 岸連山 mir925-1.jpg
タイトルだけ見れば菱田春草の猫の絵が色々思い浮かぶところだが、これは春の草花とモンシロチョウを背にした、ちょっと凶悪系の猫がメンチ切ってる図なのだ。尻尾の毛の触感がリアルだと思う。

今ではあまり知られなくなった絵師たちの作品が色々並んでいる。
その中で引き札風の絵が目を惹いた。
小林永濯 祝賀図 小林永洗の師匠。長寿祈願の祝賀図。上から東方朔(漢の武帝の宮廷人で、西王母の元から長寿の桃を盗んで食べたと伝承がある)、浦島太郎、三浦大介(鎌倉時代の武将。タイガースキラーのハマの番長ではない)。
理屈も何もなく、楽しもう。
mir929-2.jpg

2章・工芸王国・ニッポン
海外流出した日本美術のうち工芸品は本当に精緻なものが多い。それらを求めた外国人は本国にない精緻さに惹かれたのだろう、と思う。無論西洋にも見事な職人はいて、素晴らしい作品も生まれているが、総じてアジアの職人の技芸の高さはなまなかなものではなく、それに影響をうけて発達した技法も多い。就中、日本人の手先の器用さは西洋人に比して異様に鋭かったらしい。
また日本人の感性の一つに小さきものへの偏愛がある。細部に神は寄りたまう、その意識は形を変えながらも今日まで生き続け、手に載り心に根を張る。
モノ作りの世界では依然として高い技能を誇っている。しかしながら欧化の道を進まざるをえなかった明治初期、彼ら職人の技能は捨て置かれてしまい、却って海外で賞玩されるようになった。

小川破笠や柴田是真の奇抜な構図の印籠があったが、彼らばかりが奇想の人ではない。
まるで判じ物のような取り合わせを構図にした印籠や、「これはもしや」な図柄のものたち。
印籠にあわせて根付も面白いものが多く、取り合わせの妙を楽しんだ。

可愛くて仕方ないものも多い。
ネズミの根付。mir929.jpg
丸まっちくてキョトンとしているのが愛らしい。実物はニガテだが、工芸品になるととても愛い奴である。

リスの置物も可愛い。こっち見て首をかしげている。ベルツ博士も「Kawaii?????!!」とアタマを撫でていた可能性がある。
mir926.jpg
雀のお宿を描いた七宝焼皿もいい感じ。こういうものを愛でる感性があるから日本滞在が長くなったのか、滞在が長引いたから和の美に目覚めたのか。

薩摩焼の色絵金彩がいくつもあった。華やかで、そのくせ浮ついていないとこがいいのかもしれない。

3章・麗しの国のうるし
今、京都国立博物館で「漆 JAPAN」展が開催している。年明けには東京のサントリー美術館に巡回する。マリー・アントワネットが愛した漆芸品も色々出ているようだ。
漆、蒔絵、螺鈿・・・千年以上昔から続く美意識の集大成がそこにある。

獏南天蒔絵枕 四角い枕に獏と南天が描かれている。悪夢封じの枕。
楼閣山水螺鈿机 青貝が煌くのにヤラレタ・・・紫色に輝く美しさにはため息ばかり。
木賊文螺鈿蒔絵小箪笥 木賊には兎ということで、箪笥を開くと中には兎柄。
微塵螺鈿鏡台 富裕な町人が作らせた鏡台。螺鈿が微塵に鏤められて、まるで銀河のよう。

竹に雀蒔絵提重mir927.jpg
タケノコを絵柄だけでなく形にまで応用。いいセンスやな??
無論中身はタケノコ尽くしでないとね♪

花鳥図有線填漆板 こういうのを見ると、やはり明治だと感じる。これは装飾でしょう。
ジヨサイア・コンドルの建てた三井倶楽部にもこんなものがある。児島高徳の図だった。
洋物一辺倒から段々と反動が出てくる・・・

金魚蒔絵小箱 IMGP5113.jpg
可愛くて仕方ない!欲しいわ?
わたしは「ちょきんぎょ姫」と一部で呼ばれていたりする。

卵殻塗家型箱mir929-3.jpg
これも可愛くてドキドキする。ドールハウスが好きだからか、小さい家型のものを見ると嬉しくて仕方ない。

日本婦人図花瓶 これは芝山の技法で作られている。先般、芝山細工で拵えられた箪笥の紹介をしたが、同じ技法。刀を背負い巻物を読む女と珊瑚を持つ女と・・・どこからこんな構図が浮かんだのだろう。なにか本歌があるのだろうか。

柴田是真の絵も三点ばかり出ていた。
女の家を訪ねる西行法師、さーいよいよの曽我兄弟、墨絵でどーんっ蝙蝠絵などなど・・・

終章・懐かしき日本の思い出
博士は日本人の奥さんを貰い子供も生して、子供らはドイツで教育を受けさせた。
同じ日本大好きメンバーと浴衣姿でポーズを決めた写真もある。
ドイツへは家族を伴って帰国したが、30年以上日本で働いたのだった。
亡くなった時には大正天皇から下賜品が贈られている。

河鍋暁斎が大好きだったらしく、かなり多くの絵を所蔵していた。
暁斎にはジョサイア・コンドル(暁英)というイギリス人の弟子もいたが、博士がもし弟子入りしていたら暁独と名を与えられたかもしれない。

鍾馗図 いくつも描いたうちの一枚。いつものパターンで、鯉幟の胴っ腹の中に鬼が隠れる図。
美人の袖を引く骸骨図 淡彩。ずらーっと向うにガイコツの行列がある。美人は知らん顔。
生臭坊主図 説教をする坊さんだが、善女たちが涙にむせぶのも放って、美人を・・・
死骸の衰退図 これは九相詩絵と同じで、暁斎はこの主題を他にも描いている。開かれた図はもう犬に食われカラスにつつかれている状況。
インディアン襲撃図 芝居の絵看板風で、インディアンは金剛力士像のようだった。
群獣舞図mir929-1.jpg
化生の者たちがジャカジャカ音曲を奏で、舞い狂っている。こういう絵を描かせると本当に天下一品だと思う。最初の師匠が国芳で、そこの風がよくないと親に違う画塾に変えられたが、雀百までで、生涯に亙って、ときどき楽しい戯画を描いている。

本当に面白い展覧会だった。11/12からは後期展示だが、これでもかなり満足した。
里帰り展は何が出るかわからない面白味がいいと思う。

野村美術館の名品展

久しぶりに京都南禅寺近くの野村美術館に出かけた。11.2。
京都の古美術専門の雄だが、色々あってなかなかわたしは出かけなかった。
だから訪問はやっと二度目、15年ぶり。(’93.11.2以来。なんと丸々15年!)
今回は名品展で、後期には佐竹本の紀友則が出ると言うので、それを目当てに出かけた。

最初に能装束があった。
野村得庵は茶道だけでなく能も達者だったそうだ。

段四季草花繍箔mir924.jpg
これはチケットにも使われているもので、全体を見るのは今回が初めて。
総合的な画像は美術館のサイトにある。
このアヤメが何とも言えず愛らしい。

先走るが、ここの美術館はサイトに多くの画像を挙げてくれているだけでなく、素敵な絵葉書も多数用意している。
その点とてもありがたいと思う。

能面にもいいものがある。ハッとなったのは、孫次郎。これまで見て来た孫次郎でも特に名品だと思う。
何とも言えない美貌、それも静かな美貌にはときめくばかりだ。
孫次郎に比べると小面は当然若いのだが、この孫次郎の美しさは年齢を超えた美が息づいている。
口角の上がり具合といい、小鼻といい、やや沈んだような両目と言い、深い魅力がある。
強烈な魅力と言うより、沈潜した美に引きずり込まれるような、そんな味わい。
mir922-1.jpg

腰帯や鬘帯は縫い取りも艶やかで、いい感じ。
わたしは能楽鑑賞は出来ないが、衣裳や小道具を眺めることはとても好きなのだ。

茶道具および花器を見る。
交趾大亀香合。mir922.jpg
これは藤田の大物と拮抗(亀だからキッコウと言うわけでもないが)するような名品。
向うは黄色、こちらは緑のボディに可愛い甲羅が乗っかっている。
得庵は絵も上手で、茶会記を自分のイラスト入りで残している。
このカメもby得庵でイラスト入り。

織部フクロウの香合もあった。可愛い、とにかく可愛い。
mir922-3.jpgちょっとペンギン風。
これはその当時の茶人たちも喜んだろうが、何百年後かの我々も「かわいい?」と喜んでいる。
耳があればミミズク、アタマが丸いとフクロウらしいが、どのみちこいつらは可愛くて仕方ない。

後窯織部耳付茶入 銘 餓鬼腹 これを餓鬼の腹の出た様子に見立てるとは、中世の匂いのする命名だと思う。
今ならやせててもメタボという感じなのだが。餓鬼草子の絵や『説経』ヲグリを思い出す。
しかし実のところこの造形、小学生が真っ直ぐに拵えようとして、でもひねってしまいました、みたいに見えるのだった。

道八の得意技・雲錦手の四方鉢があった。形は丸いほうが好きなのでこちらはちょっと好みから外れるが、それはわたしの話。
やはりこうした意匠を見ると、和の美は春秋の美しさ、それに尽きるのだと思う。
いいものを見せてもらって嬉しい気分。

畳敷きの一段上のコーナーでは軸物が収められている。靴を脱いで眺めに行く。

佐竹本三十六歌仙・紀友則。081105.jpg
ちょっと口元に微笑を含んだような温顔。わたしも20年かけてかなりの数の歌仙たちを見て来たなぁ。
Takさんのフェルメール全点制覇達成、とらさんの『月百姿』到達を思うと、がんばろうという気になるなぁ。
いいものを見ました。

雪村周継 風濤図 小さな舟が強風の中を突き進む。この絵のエピソードが面白かった。
三国同盟の昔、ヒットラーがこの絵を見て激賞したとか、戦後アメリカでトルーマンも褒めたとか色々・・・
mir923.jpg
それでかこの絵は野村美術館のリーフレットにも使われている。

宗達と光悦のコラボの下絵和歌集は人気で、ここにもあった。紙の色つなぎもきれいで、字もいい感じ。

それで席飾りがある。大抵の古美術系ではこれは定番。やっぱり香合に目がゆく。
紅毛結文 艶かしく、そして愛らしい香合。
mir922-2.jpg

紀友則は11/16までお出ましだが、展覧会自体は12/14まで続く。
それにしても15年ぶりに訪れたのが同じ日だとは思いもしなかった。
前回は『予楽院から不昧へ』だったから、当時既に近衛家熙や松平不昧に関心を寄せていたのだろう。それでちょっと調べると、この頃見たものは以下の展覧会。
19931102 橋本関雪 白沙村荘
19931102 予楽院から不昧へ 野村美術館
19931106 琳派 尼崎総合文化
19931106 帰ってきた幕末・明治の絵画 天満松坂屋
・・・・・なんとなく今日とさして変わらぬ状況だと気づいた。
帰ってきた幕末・明治の絵画の展覧会が、現在大阪歴史博物館で開催中で、わたしは既に見てきた。

野村美術館へは疏水沿いに歩いて散策がてら訪れるのも楽しいだろう。
地下では週代わりで個展が開催されている。
わたしが行ったときには吉岡仙暁という人の萩焼が並んでいた。
端正ないい作品だった。
春秋はやはり京都にいいものが多いようだ。


正倉院展

正倉院展は年一回、秋の恒例行事だからやっぱり行こう。
というわけで、今回は平日の夕方に出かけた。
第60回正倉院展。
mir930.jpg

今年はオータムレイトチケットが販売されて、閉館90分前からは700円になり、第一回目の半券を栞にしたものがそこに添えられる。
それが欲しさにこの時間帯を選んだと言うこともある。
mir932.jpg
昨今は某大新聞がバックにつき、チケットばら撒き大作戦のせいで、えらい目に遭うた。
今年はまだそれに比べるとマシ。
というか、それ以前の混み具合。どっちにしろ混むのさ。

チラシにあるように今年の目玉はこれらキラキラ系。
特にこの平螺鈿背八角鏡はわたしが最初に見に行ったときにも出ていた名品で、この前にかぶりついて見てたことは、今も忘れられない。
今回は円の中心点にある(要するに立面体なら真ん中の摘まみ部分)星花に惹かれた。
mir930-1.jpg
可愛くて仕方ない。華やかで愛らしい構図もすばらしい。

何回か見たことのある宝物であろうと、数年の間が開けば、そこには必ず新しい発見がある。「もぉ飽きた」などとおこがましい発言が出るのは、きちんと対峙していない証拠のようなものだ。
再会を喜ぶならともかく、「前に見たからもぉいい」では、楽しみは極め尽くせない。

白瑠璃碗 チラシ左のカットグラス。六角形カットが80個連続している。
6世紀のペルシャ製品だと言うが、こんな高度な技術がその頃生きていて、現在では死滅しているのが哀しい。
反射をきらう鏡状ガラスに載せられ、あらゆる角度からの凝視を照明にして、この白瑠璃碗は永遠に輝くのだろう。
チラシではやや濁りを感じるが、実物とガラスケース越しに対峙すると、その透明度の深さに息を飲むばかりだった。

紫檀木画双六局 チラシ右下のテーブル状のもの。この縁取りの花鳥遊楽天人飛行図は、とても愛らしい。紫檀に木画という技法のモザイク画。トルファンから出土した双六局に似たものがあるそうだ。この小さな軽やかな世界は、チラシの「正倉院展」の文字を飾る役目を、今回請け負っている。
台上には二日月のような細い月が描かれていて、その隣には星々が並んでいる。
ゲームの駒をそこに置くらしい。

椰子実も久しぶりの再会。mir931-2.jpg
この顔は何とも言えず面白い。どんな経緯でここに来たかは知らないが、当時の献納品選定者も思わずニヤッで納めたのではなかろうか。
解説文ではこう書かれている。
「建久四年(1193)の宝庫の開検目録にある「海■子」を、「海髑子」の誤写とみてこれに当てるならば、少なくとも平安時代終わり頃から宝庫にあったことになる。「海髑子」は『和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)』ではヤシと読み、海底に住む貝の類で、神霊を含み、髑髏(どくろ)に似て鼻や目があり、人をみると海中に没すると説いている。」
この説明文を読んで、『高丘親王航海記』に出てきそうなアイテムだと思ったのは、わたしだけだろうか・・・

今年は佩飾品(腰飾り)が多く出ていた。奈良貴族はオシャレだったのだ。
ジャラジャラしていていい感じ。

犀角魚形 mir931-3.jpg
これは今ならピアスなんかにいいかもしれない。可愛い。サイの角を細工したもので、大きさも丁度よかった。

天蓋や衣服などの染織も出ていたが、こちらはやはり長い歳月を感じさせる。
奈良時代に流行した夾纈などの技法で作られた衣服の残欠などを見ると、フェルト化しているのを知る。造られた当初はきっと違った質感があったろう。

金銅幡 細工も濃やかで綺麗な綺麗なもの。ところでこれを見ると東博の法隆寺館を思い出すのだが、あちらはこれより百年ほど昔の幡なのだが、どういうわけか後代のこちらの方がいにしえの宝物だと言う気分が湧いている・・・・・・

貝殻を使ったスプーンも出ていた。これはつい近年まで生きていたのだ。エコライフなのかシュミなのかはわからないが。

面白かったのは『虹龍』と伝えられてきたテンのミイラ。テンとは貂。ダヴィンチに「白
貂を抱いた貴婦人」の絵があるが、その同種の先輩さん。
モロ、ミイラ。初公開だと言うがこういうものもずーーっと保存してきたのは凄いな。
足利義満も義教もこれを見て、そして伝承通り雨に降られている。

螺鈿に使う貝の未使用品もあった。これを使ってキラキラを生み出すのだ。
後世の人のために残してくれたのかもしれない。

今回文書類は本当に事務的なものばかりで、その分字のうまい下手がごちゃ混ぜになっていて、面白かった。わたしは天平勝宝年間の経文の文字が好きで、そういうのを見る楽しみがあるが、今回はさして立派な字体のものは少なかった。

いい気分で楽しんだが、毎年何かしら新しいものと、再会とがいい具合で出てくるのには、ただただ感心する。それでは来年までまたサラバ・・・
mir931-1.jpg  mir931.jpg
文字飾りと幡と。

最近の動向とか行状とか

最近の動向とか行状とか。例によって長すぎるけれど。
先日京阪電車の中之島線が開通した。
そんなにテツでもないが、やっぱり乗りたい。そこで色々計画して、こういうコースを取った。

送迎バスで中之島のリーガロイヤルホテルに出る。(いつもありがとう)
そこから徒歩で国際美術館。(観た内容は後日に詳述予定)
で、新駅・中之島駅から京阪守口へ向う。(ピカソを見に行った)

駅はと言えば土手の上にあるような感じ。IMGP5111.jpg
土手って変ですな。川を見下ろす散歩道にボックスが出現し、その地下に広がる木の空間なのだった。ロイヤルホテルには新しい電車の模型もある。
IMGP5110.jpg
なかなか早いエエ電車である。天満橋で従来の線と合流する。

守口から京橋へ帰り、そこから藤田美術館へ歩く。「渡来した陶磁器」を見てから、今度は地下鉄長鶴線(わたし勝手な省略名)など乗り継ぎ、谷町4丁目で下車して、大阪歴博でベルツコレクションを見る。(後日詳述予定)
本当はここから吉田に出て好きなケーキ屋に行き、更に奈良の学園前で大和文華館に行ってから、正倉院展の初日の夜間開館に合わせるつもりが、不意に体調が悪くなった。
お昼に食べたうどんが、うどんとは思えぬほどまずかったので腹を立てていたが、そのせいなのか、本町のカフェが二次会のために閉めていたからかは、わからない。
仕方なく吉田も奈良も諦めて、心斎橋の別なカフェに入ったら、これまた選択ミス。
体調不良が判断力の低下を招くのか、それとも悪いことは重なる法則があるからなのかは知らぬが、えらいメに遭うたわい。
結局この日は大阪市内で終わった。

去年新社長の方針で年賀状も社内旅行も一時停止した。
それが今年は社内旅行を再開すると言うから、却ってダメなのだ。みんな行く気がなくなっている。
結局日帰りで京都へ行くことになったから、これは遠足。
台湾や温泉旅行の頃はいい時代だったな?(遠い目)。歴代社長たちはのんびりしていた。

色々あり11/1に決行。欠席もいるし、前日のいきなりトラブルで部長と営業課長は現地へ飛んでいる。
祇園の舞扇堂で扇の絵付け体験。まぁ楽しかったです。
しかし開店前についたのでその間解散と言うのはどうかなぁ。まぁそれはそれでいいのか。
わたしは八坂神社へ拝みにでた。
他の人々はカフェで時間つぶし。なんか勿体無くないか?価値観の違いか。
絵付けの後、お向かいの原了郭で黒七味購入。同僚を誘おうかと思ったが、嗜好の違いがあるからやめる。でもここの黒七味は本当に絶品。

そこから二条の角倉了以邸跡地のがんこに行く。第二無鄰庵として山県有朋に愛された地。
なかなかいい庭園で、干支灯篭が可愛い。そして吾妻屋風灯篭という御影石製の日本一巨大な灯篭があった。池泉回遊式庭園はアヲアヲしたところがいい。
以前がんこ平野郷屋敷にも行ったが、こうした古い和風邸宅を綺麗に保ちながら再生使用するのは大賛成。がんこだからそんなに高価ではなく、気軽に出かけられるのもいいと思う。
舞妓さんがお二人来た。なんかそんなコースがあるそうな。
祇園の舞妓さんで可愛かった。間近で見ると本当に愛らしい。やっぱり京都で見ないとダメだ。神戸大丸で正月にイベントがあるが、あれは違和感が大きすぎる・・・
みんな喜んでころこんで一緒に写真撮ってはる。
わたしもちょっと話す。
「片山先生は」「藤舎先生は」などと言うと、喜んで芸の話などをしてくれた。
「今から片山先生の会に行きますねん」と言うことだった。
彼女たちが日本の芸道を支えてくれているのだ。
これからも精進してください。

その後清水寺に行ったが、ここは本当に日本有数の観光地だと実感する。どんなけ人多いねん。ところでこんなに京都に出かけているのに、ついぞ一度も清水の舞台に上がったことも音羽の滝を間近で見たこともない。
近いのと、なんかジクジたるものがあるので避けていたのだが、会社の遠足と言うことで今回は中に入った。むろん紅葉はまだ早いが、少し紅葉している。
それにしても大繁盛。同期のNちゃんとぶらぶらする。本当は高台寺の美術館に行こうと思っていたが、人と一緒ではそうはいかない。
しかし産寧坂のイノダへ誘ったら、わたし道間違えて八坂の塔の下に出てしまった。
更に高台寺の前まで来たがな。・・・まぁそれなりの楽しい遠足でした。

さてその翌日には枚方に出た。そのことについては別記事で挙げます。

枚方から三条に出たら、道路大渋滞。バスに乗るのはやめて、歩いた。バス三台に打ち克つ。(何のジマンや?)
南禅寺まで歩く。そこから地図に沿って野村美術館へ。(後日詳述)
帰る時、ふと隣の道に気づく。疏水の流れがゴォゴォ言うてる。
IMGP5161.jpg
その横を延々と歩くと・・・なんのことはない、疏水記念館の真裏に出た。
つまり南禅寺境内経由は遠回りだったのだ。

法勝寺町界隈は不思議なことに大邸宅とホテルとが混住している。持ち堪えられなくなって売りに出したためだろうか。
てくてく歩く。岡崎に向っていたのに、歩きすぎて丸太町通りに出ていた。
ニンゲン、あんまり歩けるのも考え物だ。余計なことをしてしまう。
無駄吠え・無駄歩き。

平安神宮の前を素通りして、細見へ。前回同様『京と江戸 名所遊楽の世界』を見てからやっぱり前回同様近代美術館で『アーツ&クラフト モリスから民藝まで』を見る。
こちらは三回目。東京に巡回しても見に行く可能性があるかもしれない・・・。

常設では本絵と下絵を並べて展示していた。
都路華香の埴輪工房や、甲斐庄楠音の女など。
特に甲斐庄楠音の女の表情に惹かれた。大きな変容がある。
IMGP5162.jpgこれとこれ。IMGP5163.jpg
クリックしてください。
下絵では彼女は歯を見せて、ちょっとあくどいような笑みを見せている。
しかし本絵では知らぬ顔でいる。
こういうところに画家の意識の変遷または遊び心を見出すのも、面白い。
奥村土牛のわんこ素描。IMGP5166.jpg
可愛いね、三角の目つきですが。

そこから今度は文化博物館へ向う。どこのカフェもいっぱいだし、時間の節約を考えて真っ直ぐ進む。ちょっと歩きすぎですよ、遊行さん。

ここでは『読む、見る、遊ぶ 源氏物語の世界 浮世絵から意匠まで』の後期展示替えを見る。
國貞の物語絵は本当に楽しい。
八犬伝の世界』でも色々いいのを見たが、ここでも田舎源氏の名品を楽しむ。
今年は比較的多くの國貞の作品を見ている。

もっとこういう企画が来年にも増えますように。
結局オヤツも食べずにまっすぐ帰宅したのでした。

扇が届きました。
ACDB.jpg
山吹色で小花をチャカチャカ描いてます。

ピカソ 晩年の作品

ピカソの大掛かりな展覧会が東京の新国立美術館とサントリー美術館とで同時開催されている。
大阪では京阪百貨店守口店が「京阪電車・中之島線開業記念」と銘打って、彫刻の森美術館の協力の下、晩年の作品を集めて10/29まで展覧会をしていた。
このデパートは昔から時々面白い企画展示をするので、その都度出かける。
mir916.jpg
今回の展覧会がどこかからの巡回なのかそうでないのかは知らない。
とにかくピカソの晩年の作品を百点ばかり集めている。
ピカソの晩年の作品と言えば、陶器の絵付け、版画などが思い浮かぶ。
実際その展示なのだが、チラシを読んでアララ?である。
長くなるが引用する。
「・・・ピカソ自身、年齢と共に減退する性意識により、晩年期女性を愛せなくなってしまいました。そのことが原因で、女性を愛せない自身への怒りから、絵に対する意欲もなくなり、極端に創作活動が減りました。このような時期にピカソが出合ったのが、大胆な構図の版画や陶芸作品です。・・・常に女性を求めたピカソ。そのピカソは、性への欲望が物理的に不可能となった現実の自分をみつめたとき、まるで子供のような純粋な心で、ただ無心に絵を描いていたのです。」
関わる女が変わるごとに作風も一新していたことを思えば、最後の最後でこうなるのは、なんとなく可哀想でもある。
来月新国立とサントリーでピカソ展を見るが、優しい気持ちで眺めてしまう予感がある。
mir917.jpg
先般、ハンマースホイの絵を見たとき、最初から最後まで全く変化することない作風に、却って驚いた。時代の移り変わりを全く考慮せず、自身の変化をも許さないスタイル。
どんな作家であれ、生きている間にはオールドタイマーだと陰口を叩かれるものだが、これほど一貫し、ブレがないというのは、全く偉いものだと思った。
その対極にいるのがピカソだと、ハンマースホイ展のときに感じた。

以前はピカソのクラシックな作品にしか関心がなかった。
極端なキュビズムなどはいまだによくわからない。わからないものを追うほどピカソに関心があるわけでもなかった。
しかしながらそれでもピカソの作品を、近年になり色々見ることが増えた。
視るうちに意識が変移する。惹かれるものも増えてゆく。
特に版画に惹かれた。スウィート・ヴォラールや347シリーズやミノタウロスなど、官能的な作品群に惹かれた。
そして「何故ピカソはこんなにも変遷を重ねるのだろう」と言う疑問を抱くようになった。
その答が上記の内容に等しいなら、どこか悲惨な痛みすら感じてしまう。
常に時代の最先端にいることを望み望まれた芸術家。リビドーが芸術活動と直結している以上、それが衰えることは自身の破滅につながる、と強迫感さえ懐いていたのではなかろうか。
なんとなく勝手にそんな風に見えてしまう。

さて作品群は陶器の絵付けや家族の絵など色々あったが、わたしが一番面白く思ったものは、ウィンナーと目玉焼きの絵が描かれた皿。朝食用プレートだと思うが、ピカソが描くと、そこはかとなくえっちくさい感じもあった。
無論そういう風にも解釈できるような描き方を、してもいるのだろうが。
微妙に笑える作品も多かった。

ここではピカソの156シリーズが並んでいた。
156も347同様官能的な作品群である。描きようを視ていて、これは今のモデルのものなのか・過去の追憶からのものなのか・本人の好みが表現されてのものなのか、などと考えていた。シンプルな線だけに余計そんなことを考えてしまうのだ。

そういえば日本人にはピカソに匹敵する男はいないとよく言われるが、ある程度比肩できる人が一人思い浮かんだ。
谷崎潤一郎である。彼も関わる女が変わることで作風が変化していった。
そして谷崎は晩年に『鍵』と『瘋癲老人日記』という大作を生みだした。
わたしは谷崎の初期作品群に特に好きなものが多いが、上記の作品も飽きることなく読み返すファンなのだった。

新国立とサントリーでのピカソ展に行く準備を、今から進めている・・・・・・・・・

渡来した陶磁器 茶人が愛した器たち

藤田美術館の秋季展に出かけた。『渡来した陶磁器 茶人が愛した器たち 』
行くとなんとギャラリートークしていた。藤田ではこれまで行きあったことがないので、びっくりした。
聴けばいいのだが、時間の都合があり、わたしは勝手に見て回る。
聴いて・見て、すれば良いのだが、一つのことに絞った。
1、2階あわせて51点の展示。古美術を見る場合、これくらいの数が一番いいように思う。
mir918.jpg
上に交趾大亀香合と曜変天目茶碗。どちらも名品中の名品。

明から元代にかけての青磁はあまり好まないが、元代の、釉薬がやや濃ゆく懸けられた作品などには好きなものもいくつかある。

砧青磁浮牡丹龍環耳花入mir919.jpg
胴の牡丹唐草は貼付技法によるもので、そこへの釉薬の溜りがなかなか魅力的だと思う。
どうも飾りのないシンプルな砧青磁を見ると、上等の石鹸入れを思い起こすので、こうした派手なものの方が好ましい。

田村文琳茶入mir919-1.jpg
田村左京太夫所持からその名がある。文琳はリンゴのこと。飴色の釉薬が掛かっているので、すっかり焼きリンゴの風情がある。肉桂(シナモン)でも振ってくれたら噛み付いてしまうかもしれない。そんな愛らしさがある茶入れ。

祥瑞砂金袋共蓋水指mir920.jpg
大体が染付が好きで、しかも呉須より祥瑞・・・要するにコバルトの発色が濃いものほど好ましいから、こうした作品には甘い。
羽根の形から言えばツバクロかと思うが、可愛らしい小禽が五羽ほどいて、今にもこの空間から飛び出しそうである。かつての茶人を楽しませ、現代の私たちをも魅了する名品。

さて天下に三つしかない宝物の一つ、曜変天目茶碗のご登場である。以前お出ましのときは懐中電灯が支度されていたが、今回はなかった。
隅々までじっくり眺め、殆ど視姦するほどの執着の深さで以って対したのが仇となったか、それとも「完全に見せない」ことがより深い憧れを生み出すからなのか、そこまでは知らない。ガラスケース越しに延々と眺める。角度を変えて凝視する。
少しずつ変化する表情に満足を覚えて、その場を去る。次の再会を期待しながら。

今回珍しくアジア以外の渡来品もあった。オランダのデルフト窯かと思う。
阿蘭陀色絵莨葉文水指、阿蘭陀藍絵立菊桔梗文鉢など。
これらは藍色と黄色の発色もよく、可愛らしい絵柄も相俟って、とてもいい感じだった。
例えばこれらが自宅にあれば、茶道に使わずとも、玄関先に飾りたくなるような無邪気な愛らしさがある。

一方、和蘭白雁香合。mir921.jpg
これは仁清の鶴香合にも通ずるような愛らしさがあり、小ささも丁度よく、いかにも日本人好みらしさがあった。
デルフトでこれを拵えた陶工たちは、日本の美意識が決してワビサビだけでなく「カワイイ」ものへの偏愛にある、と知ったことだろう。
実際四百年後の今、世界に「カワイイ」は拡がっている。

さて最後にチラシに出ていた交趾大亀香合。これはかなり大きな香合で、ミドリガメではなくガメラのイトコだとわかる。この亀を藤田傳三郎が死の間際に入手した経緯は、一篇の物語のようである。
安宅英一、益田鈍翁、藤田傳三郎・・・名だたるコレクターたちの執着心の深さは、それ自体がたいへん興味深い伝説と化しているが、支払われた金額と努力とは、実際の理解の範疇を超える。だからこそ、面白いのだが。

関西には古美術専門美術館が多く活動している。これからもずっと存続してほしいと常に願っている。この展覧会は12/14(赤穂浪士討ち入りの日)まで。



11月の予定と記録

早くも11/4ですね。
休み明け。でも遊ぶ予定は事欠かない。←こわい・・・
今月は11/8、9に首都圏潜伏。再訪する展覧会いくつか。
行けそうになく、日時が長いのは12月に廻す。

奈良国立博物館  第60回 正倉院展
大和文華館  崇高なる山水−中国・朝鮮、李郭系山水画の系譜
東京国立博物館  スリランカ−輝く島の美に出会う
大琳派展−継承と変奏−
国際子ども図書館  童画の世界−絵雑誌とその画家たち
弥生美術館 竹久夢二 舞台芸術の世界 展? 〜上方歌舞伎からバレエ・リュスまで〜
生誕120年記念 ペン画の神様 樺島勝一展 −写真よりリアルな密描画−
印刷博物館  ミリオンセラー誕生へ!−明治・大正の雑誌メディア−
講談社野間記念館  講談社の出版文化資料展
たばこと塩の博物館  近世初期風俗画 〜躍動と快楽〜
江戸東京博物館  ボストン美術館浮世絵名品展
浅草今昔展
静嘉堂文庫美術館  岩崎家の古伊万里—華麗なる色絵磁器の世界—
五島美術館  古渡り更紗 —江戸を染めたインドの華—
世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館  書籍の仕事 向井潤吉の場合
国立演芸場資料室 演芸資料展?見世物を中心に
三井記念美術館  茶人のまなざし「森川如春庵の世界」
表千家北山会館  黒田正玄家の竹細工 〜茶の湯工芸の伝統と創造〜
大谷大学博物館 聖徳太子絵伝
蘆花践春荘見学
頴川美術館 館蔵品の光彩 後期
香雪美術館  開館35周年記念展 古儀茶道藪内流 
白鶴美術館  古代中国青銅器と漢字文化
西宮市大谷記念美術館  関西のグラフィックデザイン展 1920ー1940年代
尼崎市総合文化センター  球体写真二元論 細江英公の世界
大阪青山歴史文学博物館 源氏物語 千年の雅
国立民族学博物館  アジアとヨーロッパの肖像 (国際と共同開催)
インド刺繍布のきらめき−バシン・コレクションに見る手仕事の世界
国立国際美術館  アジアとヨーロッパの肖像 後期
湯木美術館  茶道具と器にみる四季の花 後期
大阪市立美術館  国宝 三井寺展
大阪市立近代美術館(仮)女性画家の大阪 ─美人画と前衛の20世紀─ 後期
八幡市松花堂美術館  名画に出会う、秋 −日本画・珠玉の名品展−
泉屋博古館 東アジアの仏教美術

御影界隈は今年もアートマンス開催するけど、全館回りきれそうにはない。
京都は例によって駆け抜ける。
庭園、西洋、ブリヂストン、池田文庫、茶道資料館、畠山などは、12月から1月に。
この他に11月でないとダメみたいなので、面白そうなのがあれば知りたいところだけど、今月はかなりガチガチなのでムツカシイから、聞かない方がいいかもしれない・・・
日本郵船博物館の写真撮影会も諦めよう・・・

村野藤吾・建築とインテリア

二度も村野藤吾展に行ったのに記事にしなかった。出来なかったと言うべきか。
今、恐ろしいほどのスピードで建造物の消失が続いている。
文化財登録されているとは言え、決して安泰ではない建造物とは、一体何なのか。
そんなことを考えても答は出ず、結局それで記事が遅くなったのかもしれない。
mir915-1.jpg
これまで村野藤吾の『作品』を見ようと思えば現地に出かけるのが一番早かった。
心斎橋そごう、新歌舞伎座、心斎橋プランタン、都ホテル京都、目黒区総合庁舎、みずほコーポレート銀行・・・・・・・
しかしこのうちそごうは数年前に解体され、新構築されたときに村野がデザインしたいくつかの欠片が「記念物」として使われただけで、後は全て失われてしまった。
難波の新歌舞伎座・・・桃山風のファサードが重厚な御堂筋の名物も、ついに終焉のときを迎えようとしている。50年で(たった50年!)老朽化が激しいと言われ、取り壊されてしまうのだ。
東京の歌舞伎座は岡田信一郎の名作だが、あちらも既に終焉の日が決められている。
昭和の建造物はそんなにも、命が尽きやすいのか。
また、プランタンも閉店して、今は何になっているのかちょっと思い出せない。
なにしろ心斎橋筋は一ヶ月行かねばガラリと表情を変えている街なのだ。

目黒区総合庁舎については、数年前目黒区立美術館で詳細な展覧会が行われ、実物は見ていないが、パネルなどから概要を知った。階段に村野の特性がよく表れた作品だった。

村野の師匠は渡邊節だから、大阪の綿業会館にも所々(多分)村野が拵えたらしき箇所が見られる。それはやはり階段だったが。
あのうねる階段の様式は村野独自の嗜好らしく、外観のシャープさがアールデコからモダニズムへの移行時期にある様式だとすれば、階段のうねりなどは、その前代のアールヌーヴォー風にも見えるのだ。
そこがなんとなく面白い。

日生劇場には入ったことがない。演目があまり好みではないということもあって、入る機会がない。しかしここに再現された内部装飾などを見ると「やっぱり村野」という感じがする。まるで胎内で鼓動を聞いているような、あの独特の感性がここにも活きている。

村野の設計図も来ていた。
mir915.jpg

村野のインテリアの仕事。
戦前に豪華客船のインテリアを担当している。それについては日本郵船歴史博物館でも資料を見た。
ここでは「あるぜんちな丸」と「ぶら志゛る丸」(共に1938年)の資料が展示されている。
そしてCGによる航海する船の再現映像が流れている。
どちらがどちらか忘れたが、BGMとして選ばれた音曲は「亡き王女のためのパヴァーヌ」とマーラーの「五番」である。後者は「ベニスに死す」に使われた曲として広く知られているが、どちらもここでは豪華客船の鎮魂歌として選ばれている。
以前日本郵船歴史博物館でも感じたどうしようもないせつなさが満ち満ちてくる。
日本郵船の博物館では、豪華客船として建造されながら時局の都合により軍事に従事させられた船たちが、どんどん沈んでゆく、撃沈される、転覆する・・・それらを一つ残らず記録して、在りし日の美しい姿と共に淡々とその「戦死」日を記していた。
そんなものを目の当たりにしては、どうにもならない。
その資料の前に立ったときの辛さは、表現できない。
だから今、これら「幻のインテリア」で飾られた船たちの海上を行きすぎる姿を目の当たりにして、冥福を祈るばかりだった。

数寄屋造りを見る。グランドプリンスホテル新高輪の一隅にあるそうだ。
建造物には、心浮き立つ在り方も必要だが、このように落ち着く空間と言うのも必須のものだ。和やかさと同時に、茶室であると言う特性から、眼に見えない緊張感も同時に存在する空間。だらけるのではなく、落ち着く空間が、数奇屋の特徴なのを、改めて知る。

‘83年の最後の仕事が糸魚川のそばの谷村美術館と言うところ。翡翠と仏像の展示のために作られた美術館で、リーフレットをもらった。肺にまで浸透するような緑苔の空間と、シルクロードの廃墟の塔を思わせる建物と。
それは90歳を越えた老大家の拵えたものというより、70年前若者だった建築家が拵えたものに、見えた。大谷探検隊の活躍を知り、ときめいた若者が何十年後かに拵えた・・・そんな風に感じられた。

宝塚のご自宅の写真を見る。建築家の自邸を見るのは楽しい。実験をしているのかどうかを見たくなるからだ。つまり作家の望む空間がどのような在り様なのかを知ることが出来ると思う。
施主と建築家が同一人物ということで、出来上がる建造物に対し、葛藤はないのか・満足はどの程度あるのか・してみたいことをしているのか・・・それらを見ることが出来るのでは、と期待するのだ。
ここにあるのは、施主であり建築家である村野藤吾のくつろいだ姿である。
彼の実際の姿がなくとも、その写された空間のそこここに村野の影がある。
納得しているように見えた。
施主が納得し、そこを利用する人々が満足するなら、それはそれで幸せな建造物なのだ。

村野の仕事が好きかどうかは一言では言えない。
好きな空間も多い一方、ニガテなものもある。

今ではみずほ銀行となった丸の内の日本興業銀行の建物などは、正直言うときらいだ。
あんまりキライなどと言う表現は普段は避けているが、あえて書く。
理由は一つ。不安だから。
・・・あの建物は構造的に計算されつくしているのだろうが、どうしても不安で、恐い。
日本興業銀行がポシャる前に初めてその前に立ったとき、こらアカンぜ、と思ったことがある。
わたしは建造物が不安や不快を与えたら、その時点でそれは失敗作だと思っている。
先に「施主が納得し、そこを利用する人々が満足するなら、それはそれで幸せな建造物なのだ」と書いたが、これは個人の建物ではなく、公共建築なのだ。
公共性の高い建造物が、一般市民に不安感を抱かせるのは、やはりよくない。

二度ばかり見学したが、いずれも盛況だった。
このミュージアムでは今後もこうした建築やインテリアの展覧会を続けていってほしいと思っている。展覧会は既に10/26で終了。

近代日本の巨匠たち

出光美術館で所蔵の名品展が開催されていた。
『出光コレクションによる 近代日本の巨匠たち』
例によって遅刻ギリギリで見学。(既に展覧会は終わっている)
大阪に出光があった頃はここに来なかったが、今では都下潜伏中は必ず姿を現すことにしている。
なにしろ好きなものが多い美術館だから。それで例によって長い長い感想文。←コラ。
mir913.jpg

1.近代のめざめ
木造彩色彫刻を見る。
平櫛田中。昨日山種の『百寿を超えて』芸術一筋の人々の展覧会を見た感想文を挙げたところだが、彼らより更に長生きしてお達者だったのがこのお方。
なんしか凄い。107歳で大往生したが残した言葉がすごい。「男盛りは百から百から」う?む。
しかも107歳で往生したとき、仕事で使う木材がぞろぞろ残っていたが、それを全部こなすには20年くらい掛かる予定だったそうだ。
おんねんな、こういう人も。
‘97年に大丸で回顧展を見たときも、作品と共にその豪放な生涯にも感心したが、十年経ってもやっぱりなんとなく「えらい!」と思う作家なのだった。
ここにあるのは仙人・張果。「瓢箪から駒」の語源の人。
張果の持つ瓢からにゅーっとロバのような馬が現れる。ヘンにかわいい。ところで水木しげるの『悪魔くん』では、彼ら蓬莱島の仙人たちは当初悪魔くんの抹殺を考えるが、この張果が悪魔くんに囚われて、小さくされてから考えを変える設定がある。
そんなわけでなんとなく親しみがある。

春梢 東山魁夷  グリーンアスパラが林立しているような絵だった。パッケージを開けて生のグリーンアスパラが現れた時の、あの緑の鮮烈さ!そのよろこびを思い出す。

春夏秋冬 上村松園  四幅対。花見の幔幕から出るところ・船に身をもたせかける・障子を開ける・雪の中を頭巾姿で行く。
こうした情景を描いている。好んで描いたというより、(本当の意味での)仕事としての作品のような気がする。まだ二十代のころ、明治の作品だが、手練れという感じがした。

灯(ともしび) チラシの絵。眉が青さと微かにのぞく鉄漿などから人妻だとわかる。
半衿の刺繍がとても綺麗。指先や耳たぶが微かに赤みを帯びているのと、生え際のふわふわした感じは、東京画壇の絵にはない特徴だと思う。

千葉で見たばかりの芳年『風俗三十二相』もあった。
それより意外と言うかなんというか、富岡鐡斎の作品が多いのにも感心した。別に鐡斎が悪いわけではないのだが、以前日曜美術館で鐡斎特集があったとき、ゲストが「女子供にはわからぬ境地」とふざけたことを言うたので、なんとなく遠ざかっているのだが、やっぱりどうも好き嫌いが分かれてしまうな。

踏切 佐伯祐三  つい最近天王寺の美術館で佐伯展を見たばかりだが、やはりいい。描いているのは下落合の踏切。今のどこら辺りかは見当がつかない。向うには高架、こっちは地、民家もある。ホンマかどうか知らぬが、あのヴラマンクに「優れた色彩」と褒められた、らしい。褒め殺しと言うのもあるしなー。
しかしこの絵を見ると、なんとなくだが、やっぱり夭折してしまう人だと、ふっと感じたりするのだった。

泰山木 小杉放菴mir914-2.jpg
特に好きな絵だと言いたい。この独特の色目が好きだ。触感まで感じられるような色合いにときめく。背後の赤みの濃いオレンジ色を見ると、セーターに欲しくなるのだ。そしてぼってりした花びら。木蓮や泰山木を描いた絵では、小杉放菴のこの絵と、洋画の高野三十三男のそれが、わたしの中では双璧。

金時遊行mir914-1.jpg
 タイトルからしてもいいものです(by遊行七恵)。
まだ大阪に出光があった頃、’98年に小杉放菴回顧展があり、そのときこれはチラシにもなっていた。可愛い。小杉放菴は孫を可愛がるいいおじいちゃんだったようで、この金時もお孫さんがモデルだったそうだ。わたしは他にも熊に乗る金太郎などを見た。可愛かったな??小杉放菴のお孫さんは小杉小二郎さんだから、もしかするとこれは70年前の?
いや違うか。’44年生まれの方だから他のお孫さんだ。正月の損保での小杉小二郎回顧展は本当に良かった・・・

春禽・秋渓 白梅に文鳥風の鳥がおるなと思ったら、イカルという鳥らしい。秋はカワセミが描かれている。絹に描こうが色紙に描こうが、なんとなく毛羽立つような触感をいつも感じる筆致。そこに魅力があると思う。

南庭 キジネコが岩でうっとり昼寝をむさぼっている。猫はなんであんなによく寝るのだろう。家の猫を見ていても本当によく寝る。で、時々寝てる猫の口を開かせたり、鼻をふさいだり、耳をひっぱったり・・・叱られますな、わたし。

さんたくろす 初見。可愛らしすぎる。じいちゃんさんたの正体はコスギ・ホーアンに違いない。雪の中をトナカイの曳きもなく、えっちらおっちら歩行する。家はがけ下。しんどいで、がんばってね。少し待てば回顧展もあるらしいので、楽しみ・・・。
mir914.jpg

2.茶のいろどり
曜変天目茶碗 銘 天の川 茶色の夜空に金星と天の川が見えるような茶碗。板谷波山の作だった。建盞に倣うとあるが、むしろハンガリーのジョルナイ工房の煌きに近い。
近世にもこんなすばらしい曜変天目が意図的に拵えられていたのだ。

瀬戸唐津手茶碗 銘 天の川 こちらは川喜多半泥子。見込みに天の川と三角の星がある。どちらかと言えば「天の川」というより箒星のような勢いがある。
以前御影の香雪美術館で魯山人と半泥子の展覧会を見たが、そのとき感じなかった何かを、ここで得た様な気がする。

絵唐津写し丸十文茶碗 半泥子が写しを作ったものを見ると、手の入り具合と言うのか、そんなものが見えた気がする。
ところがその隣に本歌取りされた実物があるので、そちらと見比べると・・・案外似てへんもんですね。やっぱり半泥子の作のほうにはなんとなく近代性を感じた。

日の丸釜 銘 畝傍山 大西浄中・下絵は堂本印象。 木木木木木木・・・・・・耳は千鳥か。そういえば京都の大西清右衛門美術館に行かねばならぬ(行かねばならぬって、あんたはん、お止めくださるな、と言いたいんかいな)

紅梅文棗 前田青邨 木に直に紅梅が描かれている。青邨のウメは紅白いずれも様式的で可愛らしいから、こうした棗にもよく合う。

3.和のモダニズム
飯塚琅玕斎と高井白陽の作品があちこちにある。
藤組六角炭斗 琅玕斎 この繊細さ!ちょっとやそっとでは表現できないほど、丁寧な気の遠くなるような作業の果てに、こうした繊細な美が生まれる。
技巧に技巧を重ねた工芸品の美には、いつもいつもときめく。

白陽のアールヌーボー風な図柄の蒔絵の箱がある。
柿地にアザミの手箱もいいが、キャメル地に黒影に隠れるようなポピーを描いた硯箱も素敵だった。

4.近代陶芸のパイオニア 波山VS富本憲吉
わたしが最初に波山の作品を見たのは’99年の大阪の出光での『近代工芸の精華』展で。そのとき波山と、塚本快示の陶芸に衝撃を受けた。美に痙攣するような感じがあった。
それまで近代の陶芸家で好きだと言えば、京都の楠部彌弌がベストだった。今も彼が一位だが、そこに波山や塚本が加わったのだ。
憲吉は大きな作品より玉手箱やボタンの様な小さい作品が大好きで、先年の展覧会でも随分ときめいた。
二年前の憲吉展でのわたしの感想で、こんなことを書いた。
「富本憲吉も板谷波山も傾向は違うけれど、うつわの形より絵柄に重点を置いていたのは同じだった。」
出光といえば波山、という意識が強いのでここに憲吉作品が色々ある、と言うのもちょっと面白く思う。

’01年の大阪出光で波山特集を見たが、そのとき「偉人・板谷波山」の側面も見た。
つまり大昔の修身の教科書に載っていた波山物語。挿絵は梁川剛一だった。読みながらちょっと感動した。わたしは子供向けの偉人伝がけっこう好きなのだよ。
それで敬老の日にお年寄りに鳩杖プレゼントのこととか知ったが、ええ話でしたな。 
35年間協働した相方の事故死などを乗り越えての到達。
しかしそんな状況を知らずとも、作品は完璧であり、ただただ美しい。

色絵金銀彩羊歯模様角瓶、色絵金彩羊歯模様大飾皿、これらが「憲吉文様」だと言われるものたち。既製の文様を何一つ使うことなく、新しく創造したのがこれらの文様。
わたしは羊歯が大好きだが、本当に素晴らしい。ハキハキした絵柄がいい。
羊歯をここまで文様化したのは他に誰もいないように思う。
ハッキリクッキリした線と色彩。明快なパターニング。

一方、波山の葆光彩は曖昧な色調も美しい拵えようで、夢の中で見たものを目覚めてから思い出すような、儚さがある。
憲吉がトラッドだとすれば、波山は紗や絽の薄物のような違いと言う感じ。

中でも気に入ったものをいくつか。
葆光彩磁椿模様香炉  幻想的で綺麗。うっとりしてしまう。
絵柄にときめくだけでなく、カタチが蕪やタマネギのものには「かわいい?」と声を挙げてしまった。

そして塚本快示の作品に久しぶりに会う。
2000年に波山と塚本の展覧会が大阪出光で開催され、くらくらした。
青白磁、貫入、溜り、縁の薄さ。この四点に幻惑された。
青白磁と言うだけで眼が引き寄せられ、貫入の繊細さに息を呑み、溜りの濃さに声をあげ、縁の薄さに笑みを浮かべてしまう。
本当に綺麗なものをこの眼で見ていることに、感謝したい。

梅瓶で印刻のときめくような白があった。
白瓷花瓶。それ自体が既に花と斉しく美しい存在だった。

他に仙の画賛があったが、月兎画賛が特によかった。
「逢月懐胎」賛と言うより、偈のような言葉の連なり。兎も可愛く描かれていた。

こういう素敵なコレクションが今では大阪で見られない、そのことに改めて気分が沈む。
しかし日比谷の出光は日々進化しているのだ。それを享受しなくてはならないのだった。
展覧会は既に終わっている。

百寿を超えて

日本は高齢社会である。
その少子高齢化を担う身としては、やっぱり『百寿を超えて』芸術に邁進した先達たちを尊敬したいと思っている。
山種美術館で奥村土牛、小倉遊亀、片岡球子の三人展が開催されている。
行くと大繁盛していた。
101、105、103歳で大往生した画家たち。しかも最後まで現役だったのだ。
そこがまたすばらしい。
mir912.jpg

山種には土牛の名品がたんとある。
彼の名を知らずとも「これは見たことがある」作品がいくつもここにある。
たとえば『鳴門』 薄い青緑の渦が大きく巻いている。わたしは実物を見たことがないので本当の渦潮がどんなものかは知らないが、この絵を見ると「これが鳴門の渦なのだ」と言う気持ちになる。
泡立つ波が白く描かれ、渦自体は薄い青緑で表現されることで、深さ・強さを感じさせてくれる。

『醍醐』 この桜は太閤以来、その美を讃えられているが、改めて土牛の手で世に現出されたように思う。
本当に美しい桜。ややナナメの立ち居の幹に、ピンクの枝垂れの花。
特定の桜でこれほど美しく描かれているのは、この桜だけだと思う。

ところで以前から思っていたことだが、日本画家はウサギをよく描く。
鳥だけでなく小動物が大好きだった松コウさんや動物画家の五雲、華楊らは別として、明治生まれの日本画家は何故こんなにもウサギを描くのだろう。
画題として描きやすいのか。
無論瓦解前にもウサギはよく描かれている。浮世絵にも多いし、能『竹生島』の波ウサギもあることだから、あちこちで絵や工藝にも描かれるし、多産で安産だから・・・という理由もあろうが、近代に入ってもやっぱりウサギはよく描かれている。
明治に庶民のブームとして、万年青を育てること・絵葉書蒐集・ウサギ飼育があげられるが、それにしてもウサギは人気者だ。
土牛は自ら「土の牛」を名乗るほどだから牛が好きで、ここにも『聖牛』を描いているが、ウサギの絵もある。
白ウサギ、黒ウサギらがぴょこんと画面に存在する。
そのウサギらを見ていると、なんとなく和んでくる。
・・・なごむのは見る者ばかりではないのかもしれない。

『稽古』 栃錦関の稽古場での立姿を描いている。日本画家でお相撲さんを描いたのは土牛と橋本明治(初代貴乃花)くらいではないか。
取り組みを描き続けたのは鰭崎英朋だが、タブローではなかった。
こんな時代の関取はマジメで本当の意味での「相撲人」だったのかもしれない・・・

『鵜』 鵜飼でない鵜を描いた作品と言えば須田國太郎『鵜』ばかりが思い出されるが、土牛の『鵜』も須田の鵜同様3羽で並んでいる。
しかも騒いでいる感じ。鵜と言うものは鵜匠がいないと、騒ぎ立てるものなのかもしれない。

扇形に寅の絵。昭和61年の寅。干支の寅だろう。この頃のトラはとにかくめでたかった。前年は阪神タイガース日本一!そして新年早々慶応大ラグビー部が日本一になったが、彼らはタイガー軍団と呼ばれる黄色と黒のシマシマくんたちだった。わたしはあの頃の慶応ラグビー部を応援していた。
土牛のトラはぐるぐる回って自分の尻尾を追っかけて、バターになりそうなトラだった。

土牛ばかり書いたが、遊亀や球子のことにもふれたい。

遊亀は人物画より、花の絵の方がいいと常々思っている。
ただし例外は挿絵。谷崎の『少将滋幹の母』の平安朝絵巻のような挿絵は本当に雅だった。
ところが人物画のタブローはその雅さを表に出さず、生活感というかどこかリアルなにおいのする絵になっている。
『舞う』というタイトルで芸者と舞妓それぞれを描いたものがある。
外装の違いだけでない何かがある。
腕の上げ方になにかときめくものを感じる。
遊亀の人物画は狭い意味での美人画ではなく、やはり人物画なのだった。

『憶昔』 山吹と綺麗な瓶のある図。大体この取り合わせに名品が多い。瓶は赤絵もあれば白磁もある。花も山吹だけでなく椿や梅もある。
どんな昔を憶うのかはわからない。昔のことと言っても、画家が憶うのか、女性として憶うことなのか。
見る者にはその余地を想像する楽しみが与えられている。

球子の人物画はどれもこれも苦手だから、どうも向き合うことが出来にくい。彼女の絵で好きなのは富士山をそれこそ天衣無縫に描いたシリーズ。
ところでここにあるのは歴史人物シリーズ。
そのうち『北斎と馬琴がゆく』を見ると、山田風太郎や井上ひさしの小説を思い出す。
風太郎の『八犬伝』、井上ひさしの『手鎖心中』・・・
同時代人なのだ、彼らは。しかも彼らの他に南北まで同時代に生きていたのだ。
なんとナマナマしくエネルギッシュな時代であることか。
その時代の空気そのものを球子は描きとめているように思えてならない。

百寿の人々に至る道はせまい。3桁の年数を好む道一筋に歩み続けたのは本当に立派だ。
次、誰がこの領域までたどりつけるのか。
長い話になるだろう。

山種美術館へ向かう道には街路樹の落ち葉がいっぱいある。
それを踏むとカサカサと音を鳴らす季節になった。
来年には移転なので、ここでこんなカサカサ・・・楽しい音ともお別れなのだ。
展覧会は11/3まで。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア