美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学

サントリー美術館で開催中の「インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学」を見に行く。
副題は「現代アートを楽しむための17の扉」。
基本的に現代アートはニガテで、「写真と人形だけは別」という私でも楽しめそうなので、出かけた。
諸外国の17人の作家たちによる作品が展示されている。
1951?1983年生まれの作家たち。うち一人を除き、各自のコーナーがある。

ウォルフガング・ティルマンス ‘68?
cam192.jpg
髪または光ファイバーのような細い線が拡散する構図がそこにある。色はピンクでまとめられたもの、緑色のものなど、白地に何かの色が集められている。
解説では「うつろいゆく日常性そのものが写し出されている」とあるが、一瞬「死んだままのような日常」は彼の手にかかればどのような形態を成すのだろう、と考えた。
そんなことを考えさせる余地のある作品だった。

佐伯洋江 ‘78?
シャーペンで形を作り、指先が色を拡げる。
遠目から見るのと、近くで凝視するのとでは、全く異なる味わいがある。
指紋の残る画面。指紋は描き手のもので、形状は決して変えられない。
「きれいはきたない、きたないはきれい」 これは「マクベス」の魔女のセリフだが、そんな言葉を不意に思い出した。

エリザベス・ペイトン ‘66?
cam192-5.jpg
描かれたこの人物、女の人ではなく、少年だったのか。水彩の美しさが少年や青年を彩る。
エリザベス女王の戴冠式を描いた作品を見ると、女王の左右に美しい青年がいて、真ん中の小柄な女性をみつめている。むしろその女性の方が男性的な強さに満ちていた。
ロックスターの後姿などもあるが、綺麗なのかどうか判断の分かれるところだ。
わたしはデヴィッド・ボウイーが「いちばん綺麗な」ロックスターだと思っているので。
若い頃のデヴィッド・ホックニーの肖像もあった。「スプラッシュ 彼と彼 とっても大きな水飛沫」の頃だろうか・・・・・・

アニッシュ・カプーア ‘54?
アクリルの中に物体がやはり透明なまま浮かんでいる。正面から見ても、横から見ても、不思議な面白さがある。まるでSFのような。
バラード「結晶世界」、いや違う。藤田和日郎「からくりサーカス」のアクア・ウィタエのように思えた。

榊原澄人 ‘80?
cam192-1.jpg
第9回文化庁メディア芸術祭大賞「浮楼」が流れている。小さな町の中心部を俯瞰する。
動き回る人々。何の変哲もない町。しかしよくよく目を凝らし、人々の動きを個別に追うと、思いがけない面白さがある。そこここで小さなメタモルフォーゼが繰り返されている。
グランマ・モーゼスの絵のような世界に、小さな漣が打ち寄せ続けているのだった。

横井七菜 ‘83?
美術館での展覧会の参加はこれが最初、ということらしい。繊細なイラスト。不思議な行動。見るものに妄想を抱かせる構図。
「水が引いたら」 森の中の一軒家の周辺に、大勢の人魚たちが打ちふし、斃れている。ある者は家のすぐそばのバラの木に引っかかり、地に落ちていたり。
家の中には彼女たちが日常着にしているらしき、ワンピースなどが見える。普段は森の中で、人のような生活をしていたかのように。
ただ一人生き残った少女が家の煙突のてっぺんに座している。膝には人魚の下半身が置かれている。
まるで末妹による、姉たちの虐殺のように見えた。
「無題」cam192-4.jpg
少年と少女が出会う。蛇のような胴体があちこちにのぞくのは、何かの徴かもしれない。

フランシス・アリス ‘59?
「預言者と蝿より」シリーズが10点、会場のアチコチにバラバラに展示されている。
政治的イデオロギーと密接な関わりのある作品。
そこにある絵のうち、水から上がったばかりの少年を待ち受ける、ピンクの二重写しの豚には、暴力的なものを感じた。

田中功起 ‘75?
インスタレーションというものが、こういうことを言うのなら、わたしにはダメだ。
非難されている気分になった。わたしはその場を逃げた。
けたたましいし、滅入ってきた。

宮島達男 ‘57?
世界的に有名なアーティストであろうと、代表作であろうと、実際には悪寒がした。
広い空間いっぱいに広がる点滅する青い光。デジタルカウンターの点滅がこんなに気持ち悪いものだとは、思わなかった。心臓がおかしくなった。なんだろう?
体調不良になったので、このまま帰ろうかと思った。
洗脳する方法にこうしたやり方もあるはずだ。眩暈と耳鳴りがする。
たしかポケモン事件もこんな状況ではなかったか。二度と体験したくない。

どうもますます現代アートが苦手になってきた。例によって、「それがどないした」と言いたくなるような作品が出てくるぞ、とののしる。
実際そんな作品がいくつも続いたので、本当にイヤになった。
しかし踏まれてばかり、というわけでもなかった。

さわひらき ‘77?
三面のスクリーンに映し出される優しい世界が、心を癒す。実際、座り込みたかったので、ここへたどりつけてよかった。体調不良はこの映像を眺めるうちに回復し始め、本当にホッとした。
小さな木馬の旅。小さなジェット機、小さなトンビ。オルゴールの柔らかなメロディ。
音階は古びたせいで、少しずれている。
cam192-3.jpg
小さな素敵な家が世界の全て。その家の中で旅が始まる。
カーテンの揺らぎ、毛足の長い絨毯。風に吹かれながら旅をする小さな木馬。
時には一騎で、時には増殖して旅をする。
浴槽の大海原を行く。レトロな蛇口から溢れる何か。
背景の錯誤ではなく、それが「今の世界」だと知る。
行過ぎる時間、更紗のシーツ、ひずみを見せる木の階段。
                  cam192-2.jpg
ロングとアップの交互の映像。
登るラクダ、象に乗る人。
インダストリアの三角塔の背後から上がる打ち上げ花火。ビルは照らし出される。
その下で行き交う電車たち。全ての車窓に光が灯る。終わりのない花火、終りのない旅。

目を開かれたものと、背を向けるものと、二つの新しさを覚える展覧会だった。5/10まで。
スポンサーサイト

大阪市立美術館の近代日本画

昨日の続きで、大阪市立美術館の近代日本画。
関大で開催中の菅楯彦の作品が出ていた。
関大では庶民の暮らしを描いたものが並んでいたが、ここでは歴史画家としての作品もある。
千槍将発 cam190-3.jpg
エイエイオーな絵。兵たちの顔つきも鋭い。背景が何かはわからないが、近代以前の兵たちは皆こんな顔をしていたのだろう。

春秋泊花人 こちらは芝居小屋の裏手に広がる路地の活気を描写。
藤の花、胸から下げた箱で人形操りを見せる傀儡師、人形は三番叟を舞う。僧や女客が行き交う道。楯彦の絵にはいつも活気がある。

生田花朝女 春昼
cam191.jpg
花朝女は楯彦の弟子。似てはいるが、独特の優しさがある。
生玉神社の絵馬堂で遊ぶ子供たち。絵馬はまだ色も鮮やかで、六歌仙や物語絵が見える。
以前この絵を見てから、生玉神社に出かけたことがある。
天王寺を出発点にして、一心寺、生玉神社、高津神社と来て空堀商店街を経由して、上本町まで歩いた。←歩きすぎ。
昔の大阪を描いた絵や随筆に従って歩くと、所々にその頃の名残があり、とても楽しい。
生玉神社の絵馬は褪色し、何が描かれているかすらわからなかったものもあったが。

島成園 春の宵  ややグロな描写の舞妓がいる。艶かしさを通り越すとグロテスクになる。成園にはそうしたところがあり、京の梶原緋沙子の若い頃と共通するものがある。
無題  これは一旦表に出てからはよくあちこちに出かける絵で、下絵の前に頬に痣のある女の姿が描かれているもの。実際の画家にはそんな様子はないそうだ。社会的な思想の現われもあったそうだが、その辺りはよくわからない。

北野恒富 夜桜 「浪花の悪魔派」と謳われた恒富だが、ねっとり描写だけではなく、あっさり系の美人画も多い。これは後者。お納戸色の着物が愛らしい舞妓が少し微笑んで、桜を見上げている。
cam190.jpg

上島鳳山 狂言図  屏風に12面の狂言図を貼り付けている。靭猿、武悪、関寺小町などが見受けられた。1875?1920年に生きた画家だから、その頃の名人たちを見ての絵だろう。
絵として見るだけでなく、かつての名人たちの姿を偲ぶ力がこうした作品にはある。

他に庭山耕園の作品が多く出ていた。画帳もあり、独活や白い山吹、石楠花などが描かれている。花鳥画によいものが多そう。

成園 色紙集  美人画と子どもの姿とそれぞれシリーズがある。美人は現代風なのもいれば、そうでないのも。弁天小僧が浜松屋で諸肌を脱いで刺青を露わにする後姿など、シャッキリして綺麗。
ヴァンプ風な女もいた。摘草をする女もいる。
こうした絵を見るのは楽しい。

もっと宣伝すればいいのに、大阪はどうも文化に関しては完全に空回りしている。
惜しいことだった。5/17までこれらの展示は続く。

大阪市立美術館の縁起絵巻

大阪市立美術館の常設展を楽しむ。
近世絵画、縁起絵巻、近代日本画の三本柱を見た。とりあえず古画を。

四季花鳥図屏風 桃山時代 田万コレクション
cam189-1.jpg
大阪市立美術館は開館以来、市民からの寄贈品を多く集め、それらを展示してきた。
そのうちの田万コレクションにこの屏風があった。
画像は一部分だが、なんとなくの可愛らしさがある。

大和名所遊楽図 
京や浪速の名所図会はあるが、大和のそれはあまり聞かない。近江になると近江八景図が現われる。
大和は国のまほろば たたなづく青垣 山こもれる 大和し美し
ヤマトタケルは望郷の念を歌ったが、その大和を描いた絵は確かに少ない。
右隻 馬に乗りそこへつく。鳥居がある。春爛漫。鳥居を入ってすぐの地べたに茣蓙を敷いてサカナを食べさせる商いをしている。向うに滝が見える。
一体ここはどこなのか。
左隻 どうやら長谷寺らしい。長い廻廊と舞台造りとが見える。ここは牡丹で有名な寺だが、花は何も見えない。太鼓橋を渡れば、おいしい山菜料理店「橋本屋」がある。ここには描かれていないが。

邸内遊楽図 これはサントリー所蔵のそれと構図が似ている。同じパターンの絵だと思う。
二階建ての妓楼。群舞する人々などなど・・・楽しそう。

春秋遊楽図 面白いのは、湯上りの客が団扇をパタパタする描写。マンガのように団扇の残像が描かれている。
右隻 外では馬が走り、邸内では茶坊主が茶をたてているところを見ると、武家の屋敷内かもしれない。松と桜の下で若衆らが円舞したり三味線や琴で興じている。
左隻 船遊び。柴を負う牛VS牛の闘い。揚弓で遊ぶ。琵琶法師の語りを聞く。けんかをする。 この屏風には男ばかりが描かれていて、女と言えばかむろらしき少女が少しばかり。
・・・もしやこのかむろも、少女ではないのかもしれない。

遊楽図屏風下絵 光琳による遊楽図の下絵など初めて見た。色はなく、墨で大方の線や柄や色の指定などが書かれている。屋根のところには「こけら」の文字もある。
遊女屋の前を行く冷やかし客の姿もあった。

長谷寺縁起 これは先の大和の長谷寺ではなく、大阪の長谷寺の縁起絵巻。15世紀。
行基が童子に連れられて十一面観音を巡礼する。そこには仏の眷属らが多くいた。

泉州長谷寺縁起 こちらは泉州の長谷寺縁起。
長谷寺は聖武天皇の勅願により開かれた寺シリーズ。国分寺だけではない。長谷寺もチェーンだったのだ。(おい・・・)
十一面観音を作る仏師たちの仲間に加わって不空羂索観世音菩薩とお地蔵さんとが、何本もの手に手に彫刻刀やトンカチなどの道具を持って、腕を振るっていた・・・

犬寺縁起(いぬでら・えんぎ) 伝説の概要はこちらに。
要するに、さる長者が妻と不倫関係にある家来によって謀殺されかけたとき、二匹の愛犬によって、命を救われたという話。その犬たちを祀った寺。
二匹の黒犬は敵をガブッ・・・「やれ!」の手付きをする主人と、形勢逆転で死に行く家来と。
さっきこのお寺のサイトをみたら、九曜紋だったが、途中までしか画面が表示されなかったので、てっきり犬の肉球紋かと思ってしまった。(あれば可愛いだろう)

大寺縁起(おおでら・えんぎ) 何故この二つを並べるかなぁ、紛らわしいタイトルじゃ。
cam189.jpg
こちらは堺の開口神社(あぐち・じんじゃ)の縁起絵巻。神仏混淆の時代ですから。
堺には大寺餅という老舗もあるが、ここからとったらしい。与謝野晶子の大好物のお餅。
やっぱり行基所縁のお寺。近衛基煕が土佐光起に描かせた。ちなみにこれは重文。
こうして眺めると、文は読まずともなんとなく勝手に物語を想像してしまう。

山王霊験記 これは頴川美術館に所蔵されている分の片割れで、描かれているのは炎上する寺の様子。安居院炎上。ご神体は助かる。
その伝承についてはこちらが詳しい。
懐かしくて泣ける。わたしは大学のとき、このアグイの唱導について色々学んだのだった。
先生は神道集の研究者だったが、わたしは先生の著書に小栗判官の研究が入っていたので、大喜びしたことがある。

二尊院縁起 法然上人の奇瑞。足引きの御影という話らしい。寺内の襖絵を見ると、マヨルカ陶のような華やかな明るさで描かれていた。珍しいような気がする。

中山寺伽藍古絵図 中山寺は小学生のときに遠足に行って以来、殆ど無縁。隣の清荒神にはまだ行くけれど、中山寺は梅も綺麗なのに。これまた近所の売布神社(めふ・じんじゃ)に至っては、一度も下車したことがない。今ではピピア・メフとかいう商業施設に映画館もあるらしいのに。終点の宝塚にはこの二年ばかりご無沙汰しているが、五月のバウホール公演が「オグリ」なので、見たい・・・・・・・(チケットは取れそうにない)
さて、絵は縦長の構図に塔頭があちこちにあり、奥の院もかすかに。(実に遠い・・・)
西国三十三ヶ所のお寺なのだが、どうもここは特別な地位にあるらしい。
それについては寺のサイトに詳しい。

これらを見ているだけでも随分面白かった。
考えれば民俗学にハマッていたのだから、縁起絵巻などを見て喜ぶのも当然なのだった。

小袖展、ふたたび

去年サントリー美術館で開催された、松坂屋染織参考館の小袖が、天王寺の大阪市立美術館でも展示されている。
cam187.jpg
こちらも三期にわたる展覧会だが、参考館が京都だからか、隣の大阪展では、ここだけの資料も展示される。
サントリーでは一期しか見られなんだので、大阪ではがんばって三期とも見てみよう。

東京でのチラシはこちら。mir777.jpg
わたしは寛文小袖と元禄頃のが好きなので、中期から後期にかけての小袖にあんまり関心が湧かない。というか、「着ればどうか・着たいものを探す」という目で見てしまうので、本当に関心のあるものしか目が行かなかったな?
サントリー展のときかなり詳しく書いたので、今日はサラッと・・・(いけるんか??)

前回同様やっぱり同じ小袖に惹かれる。寛文小袖。片側だけに大胆な松竹梅文様。
見るからにいいなーと言う感じ。

椿模様小袖 絖の白い小袖。片側に満開の椿の木が縫い取られている。椿の色は赤紫のものと鬱金色。枝葉は萌黄で、とても綺麗。
今回、この小袖が一番気に入った。そういうものに限って画像がないのはいつものことだ。

こういうのも可愛くていいなーと思う。
cam188.jpg
春の野の草花の愛らしさは、豪奢な花よりもずっといとしい・・・

小袖展とは言え、そちらだけではなく松坂屋の所蔵資料なども充実していた。
更紗手鑑もいい感じ。丁度去年は各地でインドシナ更紗の名品を沢みたので、まだその嬉しい記憶が残っている。

三越の情報誌ばかりが名品なのではないことを知る。杉浦非水、橋口五葉らが表紙絵を飾り、その軽やかな美麗さにときめいたが、こちらの松坂屋の情報広告誌「モーラ」「マツザカヤ」「衣道楽」もなかなか面白そう。
大体わたしはタウン誌やフリーペーパー類が大好きで、気に入った号は長く手元に置くが、ここに展示されているものたちも、なかなか面白そうだった。
手にとって眺めたい、そう思わせる力がある。
表紙絵も抒情画風なものだけでなく、橋本関雪、中村大三郎らがヒマラヤンやモガを描いていた。
昭和初期のモダンなセンスがキラキラしている。

ところでこの松坂屋の染織参考館は祇園祭の北観音山のところにあるので、宵宵山の屏風祭りなどでは、格子越しに具足類や屏風などを見せてくれる。
今回、その様子が実物再現されていた。
こんなのを見ると、「あああ、早く夏になれ!!」と強く思うのだった。

今回、岡田三郎助の「支那絹の前」の画像がチラシに入っていて、大変嬉しかった。
実物の小袖と共に。cam187-1.jpg
古様の衣裳を蒐集し、美貌の妻に着させてモデルとする・・・中山忠彦の先達がここにもいた。

こうした展覧会は機嫌よく見て回れるので、とても楽しい。二期目も三期目も楽しみに行こう。

いくさ場の光景 戦国合戦図屏風

大坂城の天守閣には意外なほど面白い所蔵品が多くある。
以前はこの敷地内に陸軍関係の建物を転用した市立博物館があったが、今は堀を越えた対面に大阪歴史博物館として、移転され、ここは打ち捨てられている。名建築だけにモッタイナイ。
大坂城自体は昭和六年に大林組が再建したが、今では海外観光客の人気スポットの一つで、昨日の大雨の中でも、アジア近隣諸国のお客さんが沢山来ていた。
ここには先般NHKの番組でも紹介された「戦国時代のゲルニカ」とも言われる「大坂夏の陣図屏風」(黒田家所蔵)が納められていて、今回その屏風を含めた戦絵の展覧会が開催されている。参考文献などの紹介もある。
cam186.jpg
どのいくさ絵も描かれた時期はリアルタイムに近いものが多く、軍装なども細かく描写されている。
わたしはどっちかというと、平家物語、太平記・・・は好きだが、織豊時代から大坂夏の陣までの戦乱図はニガテだ。物語性が薄い分、虐殺のリアリズムがある。

以前にもこの屏風は見ていたが、今回は「いくさ場の光景」というコンセプトで集められていたので、意識もそちらへ移行する。

戦うもの同士はそれが仕事であり商売だから仕方ない、と言う側面もある。
しかし無辜の人々は誰からも守られず、焼き尽くされ、奪われるばかりだ。
そんな状況を見ていると、巻き込まれる人々の悲惨さは何百年経とうが一向に変わることがない、と思い知る。
信仰も役には立たない。

ガラス越しの見学だが、その距離があるから、まだ黙って眺めることが出来るのかもしれない。大体戦争関係は見たくないし、逃げ出したい。
だからこそ、じぃっと見たのだが。

ここには戦争する情景しかなかった。戦う連中と逃げる庶民とが描かれているのは、この屏風だけ。あとは戦うばかり。

これを見ながら思い出す物語がいくつかある。
谷崎「武州公秘話」は、首に化粧する腰元へのときめきから始まる譚だった。
近藤ようこ「美しの首」もまた、美しい若武者の首を隠して持ち帰った娘の片恋の物語だった。
掻き切られた首に化粧したり、城からの脱出行を「おあむ物語」は描く。
谷崎には他に「盲目物語」と、昨日も挙げたが「第二盲目物語 聞書抄」という作品がある。どちらも、これらの屏風に描かれた時代を背景にした物語。

長篠合戦、山崎合戦、賎ケ岳合戦、小牧長久手合戦、関が原合戦、大坂冬の陣、大坂夏の陣。
一つ一つを詳細に見ていると、昔読んだ本の文章が蘇ったりする。
その中でもはっきり思い出したのはこのセリフ。
「戦では人の命が安い」
それを思いながら屏風を見て回った。
どうも大雨にやられたせいか、マジメなことを考えてしまった。
この展覧会は5/6まで。ガラスの加減でちょっとみづらいかもしれない。

大阪所縁の日本画家

京都市立芸術大学芸術資料館から大阪に所縁のある日本画家の作品だけ集めた展覧会が、今日から天6の住まいのミュージアムで始まった。
今日は大雨だとわかっていたので遠出はやめて、大阪市内のみ動くことにして、市営地下鉄1日券を買い、使い倒した。5つのミュージアムで6つの展覧会を見たのだから、わたしは実によくこのチケットを使ったなー、と我ながらカンシンした。(感心か寒心かは別問題ですな)

東京の藝大は今やなかなか人気のミュージアムになったが、京都のそれは一般公開してるかどうかすら知らない。しかし大学側が卒業制作を所蔵しているのは、東西変わらず。
そのコレクションは時々外部で展覧される。
実際’90年に大丸で「近代日本画の誕生と歩み」展を見ている。
・・・もしかすると、それ以来の展覧会かもしれない。
cam185.jpg

まずは師範の谷口香嶠の絵手本が並ぶ。
柿、桔梗、秋海棠などが続く。生徒へのお手本とは言え、元がよくないとダメだから、やはりいい絵である。
墨絵でオモダカを描いたものもある。この植物の実物は知らないが、役者の屋号と紋で形を見覚えている。
没骨法で描いた鹿。こう見るといろんな技法がある。鶩雛(あひるの子)ボクスウと読むのかブスウと読むのか知らないが、アヒルの子である。花びらに埋まった水面を行く。なかなか可愛い。

師範で言うと他に菊池芳文の絵も並んでいた。
桜の絵が多い画家だが、珍しいものを見た。ナマズである。それに鴛鴦、雉がやや濃い色合いで描かれている。画家本人は薄い色調の人だから、生徒のために濃い色遣いをしてみせたのかもしれない。

チラシになったのは、村上華岳の羆。可愛い。こんなクマさんと森の中で出遭ったら、ちょっと逃げ出すけどね。テテが可愛い。爪がにゅっとしている。
数年前京都市美術館で、画家たちの動物園と言う展覧会があったが、栖鳳らは生徒たちを近所の京都市恩賜動物園に写生に行かせることが多多あったそうだ。
ハーゲンベック・サーカスといい、動物園といい、明治以降日本も動物との関わりがちょっと変化し、それが芸術分野にも広がっている。

華岳 二月の頃  これは静かな農村風景に見えるが、1911年の吉田から銀閣を望んだ風景なのだった。百年近く経った今、どこを探しても決してこんな風景はありえない。
遠近法が巧い、と思った。ここには出ていないが、夜桜の下での宴会を描いたものが華岳にはあるが、それも遠近法が巧かった。

玉城末一 孔雀  明るい青!西洋絵の具のような明るさ。孔雀の乗る岩の白さも綺麗。空も綺麗。綺麗なものだけで出来上がった絵。

要樹平 兵営付近 これは伏見深草の第十六師団の初期の兵営の姿らしい。今その建物は平安女学院の小学校になっている。白い壁の情緒のない建造物がパシパシと並んでいる。
手前の線路は国鉄のものか京阪のものか。視界の広がりを感じる絵。

松浦舞雪 兎  笹の下でウサギが逃げる図。後姿。しっぽが丸い。ちょっと沈南頻を思う色調だった。

松宮芳年 堺の相生橋  解説によると、奥の建物はレンガ工場らしい。明治は石とレンガの時代だった。大阪窯業の工場。働く人々の姿も多く、活気に溢れている。
しかし堺からどんどん近代工業化遺産が消えてゆく・・・

数は少ないが楽しめる展覧会だった。これで300円と言うのはいいかもしれない。
今回久しぶりに’90年の大丸「近代日本画の誕生と歩み」展の図録を開いている。
たまにこういうことをすると新発見があったりするので楽しい。

浪速の絵師 菅楯彦の画業

関西大学博物館に久しぶりに出かけた。
学生にまみれたキャンバス。新緑の季節、鮮らかに躑躅が咲き誇る。
しかしその博物館に彼らの姿はない。
学生は誰も博物館の恩恵を、享受しようとしなかった。

大阪の最後の画人とも言うべき菅楯彦の展覧会が開催されている。
cam184.jpg
楯彦の展覧会は本元の大阪ではなく、「大阪の奥座敷」芦屋などで開催されている。
彼は生涯に亙り多作で、関西のあちこちに楽しそうないい絵を残している。
最初の大阪名誉市民。しかし遺族が作品を一括寄贈しようとして、大阪市に拒絶された。
それは大阪市に文化的なものを受け入れるキャパが足りなかったせい。
やっぱり大阪の公はダメだ。尤も民間も今ではどうにもならないが。

関大には楯彦の作品が多く残されている。
それをこのように展覧してくれるのはありがたい。しかも無料。
出来たらこの先も、常設のようにしてくれると、とても幸せなのだが。

今回の展示の目玉は『職業婦人絵巻』(原題は旧字)。全長14mの長い絵巻に色んな職業婦人の姿が、楽しそうに描かれている。
楯彦は戦絵以外は大体が機嫌のよい絵を描く人で、だからこそ各地の名物菓子の栞や、有名料理店にも作品が多く見られるのだ。
見るからに朗らかな楽しい絵。それは見るものも嬉しくなるが、描く画家も機嫌よく描いていた、よい絵なのだった。

大正期から職業婦人が現れ、社会進出していったが、当時の新聞記事(今の新聞とは違い、ほぼゴシップ誌)には、それを喜ばない風がある。
その記事を読むと大変不快になるので、すっとばす。
しかし楯彦は揶揄したり、不快感を持たせるような絵を描く人ではない。
庶民の日々の様相を、やっぱり機嫌よく描いているのだった。

女給、美容師、電話交換手、看護婦、仲居に芸妓、ヨイトマケ、事務員、農婦・・・みんな機嫌よく働く姿が活写されている。苦しい仕事ではあっても、みんなよく働いている。そしてみんな元気そうに見えた。

大阪の庶民の四季の楽しみ・日々の楽しみを楯彦は描く。
それは鏑木清方の描いた明治の東京の庶民の暮らしぶりと共通するものがある。
画家の視線の優しさ、それが作品から立ちのぼる。
清方は『朝夕安居』の中で、そんな人々の姿を描いた。
清方、楯彦、ともども交流のある谷崎潤一郎の楯彦評が、とても心地よい人柄を想像させるものだった。
谷崎は関西に移住してから、巨大な文学的転換を経て、後世に残る偉大な作家になった。
その谷崎の「細雪」「月と狂言師」は楯彦の装丁である。
「第二盲目物語」とされた「聞書抄」には楯彦の挿絵があり、現在も中公文庫で見ることが出来る。
聞書抄 (中公文庫)聞書抄 (中公文庫)
(2005/09)
谷崎 潤一郎



ディレッタントと言えば、これはやはり典型的な大阪風のディレッタントで、楯彦は芸術の完成・道の成就よりむしろ、大勢の仲間と機嫌よくワイワイ愉しんで生きることを選んだように思われる。
人生は愉しむためにあり、その只中に絵がある、という雰囲気。

歴史画も多いが、特定の誰かを描いたものは案外少ないようである。
ただし有職故実の大家なので、何事にもゆるがせにはしない。

そのうちの一枚「実朝」も、機嫌のよい顔つきの少年が緑滴る時期に、家の上がり框にちょこんと座る、という図で描かれている。

わたしが最初に見た楯彦の肉筆画は、今橋の大阪美術倶楽部での「黒鯛」「赤鯛」だと思う。それ以前は印刷物でしか見ていない。というより、知らぬ間に見覚えた画家なのである。それにしても、本当にいつ見ても機嫌がいい絵・・・

もっともっとこうした機会が増えることを願っている。
関大博物館では5/17まで開催されている。

近藤ようこ「桜の森の満開の下」

桜の林の花の下に人の姿がなければ怖しいばかりです。
坂口安吾「桜の森の満開の下」
cam183.jpg
みちのくで桜祭りが始まる頃、この物語の舞台となった鈴鹿峠にも都にも、既に花は失われていた。

近藤ようこが安吾の作品世界をコミック化した二作目。
このご本が届くのをひたすら待ちわびていたわたしは、あぁ と小さく声を挙げた。
喃語ではなく納得の応えでもなく、感嘆の声。
それは読み進むにつれ、幾度も幾度もわたしのノドから洩れ続ける。
観たかったものがここにある。
これは、ある近藤ようこファンの感想文である。

原作の通りに物語は展開する。
しかしそれは原作の文体を着物とすれば、その着物を脱いで別な着物を身につける様子に似ていた。
骨も肉も等しいが、衣によって様相は変わる。
そしてわたしはこの衣裳に惹かれている。
それは丁度、物語の中で男が人を襲って、女のために美麗な衣裳を持ち帰り、その結果として、
「女は何枚もの着物を重ね、一つの美を完成させます。」
そこに立つ女の美しさを感嘆して眺める男の様相と、似ていた。

ここに現れる誰にも名前はなく、「男」「女」「彼」というような呼びかけしかない。
前作の「夜長姫と耳男」には固有名詞があり、個としての際立った存在があった。
安吾の小説ではこの「女」より、夜長姫の魅力が深い。
しかし、近藤ようこによって描かれた「女」の魅力は、夜長姫よりも重く深い。

都に住まいを移してからの「首遊び」の情景で、強くそのことを思う。
どんなに深く文章を読んでも、この描かれた情景の方が惨く、そして美しい。
それは近藤ようこの「描く」女だからなのだ。
夜長姫の無邪気な残酷さよりも、この女の悪意や享楽が、深く胸に刻まれる。
それは安吾の作品と言う枠を飛び越えて、近藤ようこの作品世界に変換したからなのだった。
この「女」の魅力とは、近藤ようこの描く女の幾人かに見られる性情でもある。
言い換えれば、近藤ようこが描いたことで、安吾が書かなかった部分までもが、世に現れたのだった。

少女の首を弄る女の表情、荒く弾む息、哄笑。
そして満足した後の笑顔。
このときの女の、昂揚した指や胸の温度が、こちらにもはっきりと伝わってくるようだ。

ラストシーン、桜の森の満開の下で、男は息絶えた女の顔に散る花弁を取ろうとする。
安吾はこう書いている。
彼は女の顔の上の花びらをとってやろうとしました。彼の手が女の顔にとどこうとした時に、何か変ったことが起ったように思われました。すると、彼の手の下には降りつもった花びらばかりで、女の姿は掻き消えてただ幾つかの花びらになっていました。

近藤ようこはそこに一つの絵を加えた。
掻き消える寸前、花びらに囲まれた女の両目が、確かに薄く開いているのである。
そして男は声をあげ、瞬時にこれも消える。
女が消えたことに驚いたより、女の薄目が開いたことに声を挙げたのではないか。
そして消えることよりも、女の薄目が開いたことの方が、恐ろしい・・・・・・・・・・

きっとこの先も、桜の時期が来るたびに何度も何度も脳裏に、ラストシーンの「女」の美しい顔が蘇ってくるだろう。
薄目を開けた女の顔が。

恐ろしい魅力に満ちた作品だった。


住友コレクションの中国絵画

泉屋博古館では今、南宋と明清代の中国絵画を展示している。
元々この美術館は中国の古代の青銅器コレクションが世界的に有名なのだ。
しかし絵画の方は知らなかった。
IMGP6211.jpg
昨年、大和文華館で中国の水墨画の好い展覧会を見たが、こちらは彩色画が多そうだった。
サイトによるとコレクションには2つの流れがあるらしい。(要約した)
「ひとつは宋代画院に始まる宮廷画家の系譜、ひとつは明末清初の遺民画家に代表される明清の文人たちの系譜で、前者は室町から江戸時代ごろに日本に将来され、後者は明朝から清朝へ王権が交代する激動の時代に、旧王朝に義をたてて、隠逸の日々を過ごした文人。
こちらは明治以降にもたらされ、近代人の芸術観をおおいに刺激した・・・
これらはおおむね第十五代住友吉左衞門とその子息が蒐集したもの」
第十五代住友吉左衞門は春翠と号された文化人で、大阪中之島に図書館を寄贈してくれたり、様々な文化事業を成してくれた、近代大阪の大恩人の一人である。

《秋野牧牛図》 伝閻次平 南宋時代
牧歌的な情景。右側には眠る水牛親子。左手にはどこかへ向かう水牛。ところが木の向うにいる牛飼いが何をしているのかが全くわからなかった。
眼がウトテルからだけでなく、わかりづらかった。

《黄山図巻》 石濤 清・康煕38年(1699)
雲たなびく山。ヒトの姿がないのが伸びやかでいい。しかしこれが現実の風景なのかどうかは知らない。

《黄山八勝画冊》 石濤
フランス系らしき少女が熱心に眺めていた。決してヨーロッパにはありえない景色を描いた絵を眺めながら、彼女は何を思うのだろう。

《盧山観瀑図》 石濤 清時代
どうしても言うてしまう。「盧山昇竜覇!!」・・・小宇宙が燃えるぜ。
秘境と言うべき山中で巨大な瀧を眺める人々がいるが、その瀧の源は一体どこにあるのだろう。
どうしても更に深い山中より湧き出でたものとは思えず、宇宙からつながる水の流れのように思えてしまう。
そんなスケールがこの絵にはある。

《報恩寺図》 石渓 清・康煕2年(1663)
賛が長々しく書かれているが、読めない。寺は左側に小さくある。やっぱりわたしはこうした僻地より、町中の喧騒が好きだ。

《雪中遊兎図》 沈銓(沈南蘋)清・乾隆2年(1737)
cam182.jpg
いかにも南蘋という嬉しくなるような絵で、時間をかけて眺めた。
なにしろウサギのカップルが2組いるのだが、それぞれが牽制しあっているようで、ちょっとウサギ関係が面白そう。
大体どういうわけか、こういう構図は三面記事的な面白さがあって、楽しい。
ウサギの毛色の茶色さがリアルでいい。描き込んでいる、というのがわかる。省筆ではないところが面白い。

《宮女図》 銭選
皇子を輿に乗せ、女官たちが優雅に遊ぶ。小鳥が手の上にいる。白いオウムの姿も見える。
優雅な午後の情景、そんな風に見える。
中国での宮廷図会などを見ると、ルネサンス以前のテンペラ画などに描かれた富裕な階級の人々の世界と、とても似ていると感じる。

《安晩帖》 八大山人
今回8を見た。叭叭鳥が細い枝の上で首を垂直に曲げて居眠る。
なかなかカワイイ。7は以前から見ていたが、8は今回初めて。
ところでわたしは長らく八大山人を八笑人と思い込んでいた。
なんでそんな錯誤が起こったか、わからないのだが。←アワテモンだから。
cam181-1.jpg
こちらのサイトではこの《安晩帖》が全て見られる。
こういうのが清方の言う「卓上芸術」なのだと思う。
机の上に広げて心ゆくまで愉しむ。

《江山無尽図巻》 漸江
心象スケッチといった趣の作品。現実風景でありながらも、現世ではないようにも見える。
空に雲なく、地に風もなく、寂として音もなく。
パノラマ風景でありながらも、世界がそこばかりのような。

他にも色々面白い作品があった。やっぱり住友コレクションは奥が深い。
4/26まで、京都鹿ケ谷の泉屋博古館で開催中。


妙心寺展

妙心寺展に行った。東京では評判の高かった展覧会。今は京都国立博物館で開催している。
cam179.jpg
妙心寺じたいは京都の西北の方にある。塔頭が多いお寺なので、一言で妙心寺と言っても、と却って色々な事を考える。
友人のうちには妙心寺(の塔頭のどこか)で法事を行う家の人もいるし、毎月拝みに行く人も知っている。
関西に住まう限り、だいたいの有名な神社仏閣は、決して無縁な存在ではないのだ。
寺社はナマナマしくそこにある。
それで何を見せてくれはるのかと言えば、当然ながら伝来の古文書類、襖絵、代々の禅師の肖像画などなど。東京で既にご覧になった皆さんの記事を思い出そうとしながらも。

鎌倉時代から南北朝を経て室町時代へ至る流れの中で、この寺の重要さを教えられるような展示の数々。
書状の説明を読むだけでも時間がかかる。理解度が低いのでなかなか終わらない。

師から弟子へ継承される袈裟の重要さを知る。
禅と言うものは厳しいものだ。
しかし高僧の肖像画を見ても、あんまりわたしは楽しくないな?(←フラチモノめが)

工芸品の可愛いものをいくつかみかけた。
やっぱり目立つものはこうしてチラシにも選ばれる。
菊唐草文螺鈿玳瑁合子cam178.jpg
茶色とオレンジ色、というよりも琥珀色の濃い薄いのようで、とても綺麗。
桂春院蔵。ここは拝観可能。

禅寺だけに時代性もマッチして、南宋?元代の青磁の優品がいくつかある。
あいにくわたしの好みではないが、やはりこうした青いミルクのような質感の陶磁は、こうした場にふさわしい。砧青磁は多くの人に愛されている。

羅漢図を色々見た。
わたしはあんまり羅漢図てニガテ系なのだが、なかなかブキミな面白さがある。
そのうち面白かったものを少し。
・佛牙を捧げ持つ。巨大な歯。足下には仔犬のような白い唐獅子が牡丹を咥えながら、首が痛くなりそうなほど、見上げている。
こんな巨大な歯を見ると、石川淳「狂風記」のオシハノミコの話を思い出す。歯とは面白いものだ。
・見るからに賢そうな虎を控えさせている。その脇にはこれまたおばか系な童子がニャハッと笑っている。しかもその童子、カメラ目線でポーズを取っているのだ。

水墨画と禅寺は、私にとって1セットのような感じがする。
普通はちょっと小奇麗な様相で描かれる普賢菩薩が、ばっちぃオジサン風に描かれたものがあった。象に座るから普賢菩薩なのだろうが、うーんうーんうーん・・・ビミョ?。

達磨・豊干・布袋 この三幅対は元代の作で、作者がそれぞれ違う。豊干は例によって虎と一緒。布袋は腹をさすって笑うへんな浮浪者風じいさん、ハレ瞼の達磨は大輪のイヤリングをしている。
どうなのかなー、こういうのは。
ところでわたしは豊干を見ると必ず森鴎外「寒山拾得」を思い出す。
尻切れトンボなラストシーン、寒山が笑いながら走り去る。「豊干が喋ったな」このセリフ。

東方朔奪桃図  明代でも東方朔のエピソードは人気があるのか、なかなか面白い図だった。強い風が吹いていて鶴がキリキリ舞する。桃は見えない。西王母のもとから盗んだ桃はどこに?
画面右端にはその場を去ろうとする白鹿がいる。身を低めながら行く立派な角の鹿。なかなか可愛い。

ところで元代の羅漢像で凄いのがあった。胡人風の濃い濃い羅漢で、ある意味本当のアラハンの姿かもしれないのが色々。しかしこのシリーズ、屏風や襖として身近にあれば、ちょっと悪夢に魘されそうではある。

妙心寺は秀吉にも所縁が深い。
秀吉の最初の子・棄丸が遊んだおもちゃの船(めちゃ大きい)、彼のために作られた可愛らしい鎧なども展示されていた。
これらは以前にも別な展覧会で見ているが、正直言うて、怖い。
四百年前の夭折した幼児のための玩具船は、まるで補陀洛渡海のための小舟のように思われて仕方ない。舟は死に向かうためのものでもあることを思い起こさせる・・・

2体の棄丸坐像があって、一つは剥落の激しいもの・一つは胡粉も彩色もきれいなもの。
直したものなのなのだろうか、もしそうでないなら、やはり怖い。

蕭白が模写した福島正則像を見る。左右の目の大きさが違うのは、元絵がそうだからか、画家本人の工夫なのかは知らない。表情は静かだが、どこかに不思議な怖さがある。
蕭白の筆の怖さか、描かれた人物の怖さか。

明代の瑠璃天蓋が二つ来ていた。
cam180.jpg
どちらもビーズがキラキラしている。手の凝ったもので、本当に綺麗。文琳型の中に五芒☆を見せるような拵えがあったり、軍配もモティーフにしたり。
仏具の中にこういうキラキラ系があるのが楽しい。

白隠のコーナーもあった。
宝暦五年(1755)の自画像が、晩年の谷崎潤一郎にそっくりなのには笑えた。
ちょっと『瘋癲老人日記』の主人公のようでもある。静岡の松蔭寺にあるそうな。

同じ寺に「すたすた坊主」という戯画に近いのもあり、それがなかなか可愛い。
道楽を過ぎた布袋が水桶を手にしてニコニコしている。
大体江戸も中期以降から幕末辺りにくると、色んな坊さんが出てくるものだ。
舞踊の「浮かれ坊主」なんて、わたしは大好きだ。踊りもいいが、歌の文句がまたいい。
あと住吉の「願人坊主」とか・・・・・・・

法具変妖之図 つくも神というか、百鬼夜行風な絵巻で、こういうのが好きなので面白かったが、実はここに白隠の「言いたいこと」が詰まっているそうで、それを踏まえて眺めるか、無関係に見て笑うかが問題だ。

白隠の偈があった。その字を見て、須田刻太の書を思い出した。なんとなく刻太が善財童子のような気がしてきた。

さて最後に障壁画のコーナーに来た。
等伯の中国の丸顔のお猿さんを見る。日本の猿は狙仙、中国の猿は等伯がいいのかもしれない。
実に手の長い猿。通臂公のようだ。
cam173.jpg

寒山拾得、三酸図、虎渓三笑、寺に相応しいモティーフの絵が色々あった。
こうして眺めると、やはり禅寺と言うのは不可解な面白味があるようだ。

以前「知る楽」でも紹介されていたような気がする、メトロポリタン美術館所蔵の狩野山雪の老梅図襖を見る。枝振りが妙な迫力に満ち満ちている。枝ぶりは魁偉だが、ピンクの梅は満開、白梅も咲き誇り、そっと躑躅も姿を見せていたりと、花々は可愛く描いている。
それがいっそう魁偉な面白味を醸し出しているのかもしれない。
cam174.jpg

しかし、面白かったのは実は中身もさることながら、見る人間だったかもしれない。
「イゃ、ここのお寺こんなん持ってはったんやわ」というような声が色々聞こえていて、それが面白くて仕方なかった。
実際、遠い存在ではないのだ、神社仏閣は。
もしかすると、法事のときや、拝観のときなどに、この展覧会で見たものを思い出し、「あれ、どこにありますのん」と話しのタネになるような気がする。

ところでわたしは柳生兵庫助のファンで、彼が最晩年はこの妙心寺に柳庵という草庵を結んでいたと本で読み、彼を葬った如雲塔が長らく諸国剣客の参詣があったと知った。
それで何か出るかなとちょっとだけ期待していた。
しかしなかなかそういうのは出ないものだ。今もその塔があるかどうかもわからないし。
今度妙心寺界隈に出かけたときには、ちょっと探してみようと思っている。

4/21から5/10まで後期展示。





片岡球子展

高島屋で片岡球子の回顧展が開始された。名古屋から始まりナンバに来て、岡山、東京へと巡回する。
元々は片岡球子の画風がニガテだった。
しかし数年前に貰ったカレンダーに、片岡球子の富士山シリーズがあり、それに惹かれた。
怪異な人物画はともかく、富士山には天衣無縫なヨサがあった。
それを廊下にかけると、なんとなく気宇壮大な心持ちになり、ちょっとファンになった。
だから高島屋にもいそいそと出かけた。
cam172.jpgリバーA石狩川

珍しくリストがあったので貰う。4会場それぞれ展示されるもの・されないものがある。
見たかった「幻想」は大阪には来ない。これは安徳天皇入水の図。
平家物語が好きなわたしには残念。

初期の頃は人物の入る風景画にもリアリズムがあった。そのリアリズムと言うのは絵画的リアリズムと言うより、社会的なリアリズム、そっち系のように思う。
「レースを編む少女」 1935年の作には初期の梶原緋沙子と共通するものを感じた。
銘仙を着た少女(というより娘と言うべきか)が熱心にレース編みをする。そばにある花瓶にはダリヤらしき花が生けられている。
銘仙とレースに触感がある。

「供花・散華・三昧」 三幅対に描かれた尼僧の姿。花を供える尼僧の横顔、立って華籠を手にする姿、ポクポク木魚を打つ様子。少し青坊主だというのが、却ってナマナマシイ。
すっきり白いアタマで描くことをせず、色を薄く置くことで、尼僧が<人間>だということを実感させる。生きているのだという実感。

「雄渾(祈祷の僧)」 下宿先の主人が御嶽教信者で、その縁で護摩炊きの様子を見て描いたそうだ。画家本人も禊をするよう命じられ、そこからの絵。

ここまでは戦前の作品だったが、次からは戦後に入る。
作品に、作者本人の言葉が入るのだが、ちょっとそれに対し、わたしはいやな気持ちになった。

「美術部にて」 cam176.jpg
某百貨店美術部の様子を描いている。電話を取る女性はそこに働く人で、若くはないがなかなか美人だった。というより、片岡球子の描く人物で、唯一の美人。
画家は書く。この年は他に何もいい絵がなく、こんなつまらない絵でわたしが院展の同人に推された・・・・・・ケンソンを通り越すとフカイですな。実名を挙げてもいるモデルに対しても失礼だと、思った。
続いて次の作品につけられた言葉には、腹が立った。

「火山(浅間山)」 cam175.jpg
真っ赤な浅間山と、その前に広がる平野と、そして人々の住む村が描かれている。
それを描いた動機に、こんな火山がいつ噴火するかわからないところによくも住む人々云々とある。
では出て行けとでも言うのか。住むのが悪いとでも言うのか。そこに住むのがその人たちの<みち>だから住むのだ。
展覧会に行ってこんなに腹が立ったのは久しぶりだ。
絵がいいとか良くないとか言う以前の問題。

「カンナ」 横長の画面にカンナがザクザク咲き乱れている。極楽と地獄とが同居しているような絵。

面構シリーズが出ている。これがニガテで忌避していたのだが、こうして一堂に会すると、中には好ましいのもある。しかしここでも画家本人の言葉が入って台無しな気分になる。
では読まないようにすべきなのだが、読んでしまい、アウト。
以前、院展を見ていたとき(丁度小倉遊亀さんが亡くなった直後だったか)、隣にいたご夫婦の会話が耳に入った。「奥村土牛も亡くなったし、残るは片岡球子だけか」「さぞ威張ってるでしょうね」その会話を聞いたとき、そんなこと言いなや、長生きして絵ぇも描ける、それがえらいやん、と思ったものだが。

絵だけを見てゆくと、やはり山を描いたものは天衣無縫な良さがある。
しかし考えようによっては、ゴーマンフソンだからこんなテンイムホーなものが描けるのかもしれない。

チラシに選ばれた「富士に献花」 花々も元気でいいが、雪の描写がいい。着物の鹿の子絞りのようで、それが引締めになっている。
cam171.jpg
富士を描いた中には、既に富士の裾野が宇宙につながっているようなものもあり、逸脱した面白味がそこに溢れていた。

最後に福永武彦が文を担当した「おおくにぬしのぼうけん」絵本原画があった。
黄色い顔のオオクニヌシ、白い顔のヤカミヒメ、ピンクの顔のスセリヒメ。
因幡の白兎のエピソードシーンなど、なかなか面白い表現だった。
cam177.jpg
しかしここには二人の妻を持つ男の苦衷(卑怯さ)が描かれている。
「ヤカミヒメは後から来たスセリヒメが威張っているので、因幡へ帰りました。」
白い女は振り向かず、ピンクの女は知らん顔をし、黄色い男は黙って俯いている。
エピソードの本質の面白さがよく出ていた。
わたしは福永武彦の抄訳した日本神話がとても好きなので、よけいに嬉しかった。

大阪では26日まで。あとの日程は知らない。

猫のダヤン原画展

池田あきこの描く、猫のダヤンがこの世に現れて、25年が経った。
この世と言うのもおかしいかもしれない。ダヤンがアルス(地球)から去って、異次元の国わちふぃーるどへ行ってしまってから、25年が過ぎた、と言うべきか。
今、阪神百貨店で21日まで、生誕25年を記念した原画展が開催されている。
cam166.jpg

わたしがダヤンを知ったのは1985年だった。
住まう大阪や京都には、中学生時分からよく出かけていたが、神戸は近い割りに縁が薄かった。それが友人と一緒に神戸に出かけ、雑貨屋でダヤンをモティーフにした革製のイヤリングを見つけた。
cam169.jpg
猫好きなわたしは一目でときめき、熱心に探し始めた。
猫グッズの中でも普通の愛らしい猫や高貴な風のある猫より、このダヤンの眼差しに惹かれ、クラクラした。
そうこうするうち街中にダヤンの姿が見え始め、溢れる場所があることにも気づいた。
そうなるとわたしの心も沈静化する。
わたしは静かにダヤンのファンになった。

‘99夏、高島屋でダヤン生誕15周年の展覧会からもう十年も経っていたとは驚きだが、ダヤンはその間もやはり人々に愛されて生きてきた。
今回の展覧会は、作者・池田あきこの原画と、ダヤンの住むわちふぃーるどのジオラマなどが展示されている。
ダヤンの物語は全てが明るいものではなく、ところどころに薄ら寒いものや裏暗いものなどが見え隠れして、それにひどくそそられる。

原画では初期の傑作「ダヤンのおいしい夢」が出ていた。
夢を食べる獏に、ダヤンはその夢のおいしさを褒められて喜び、獏と同居するようになったけれど・・・獏の存在そのものがダヤンに恐怖を与えるあたりがぞわぞわする。
囲い込み・拒絶・不安・・・本当に怖いのは、こうした感情がそこにあること、なのだ。
そしてラストが来る。かなりほっとするラストシーン。せつなさを感じるダヤンの心。
しかしそれでも読後に怖さが残っている。まといつくような何かが。

「雨の木曜パーティ」 アマガエルさんとダヤンが仲良くなり、パーティに誘うお話。
これはとても可愛い展開で、緑色の小さなアマガエルがとても可愛い。わにのイワンもおいしい役で出ている。

わたしはダヤンも好きだが、ダヤンの親友で、更に謎めいたジタンのファンだ。
cam168.jpg
この展覧会には出ていないが、長編ファンタジーの中で、ジタンの行く末が気になってドキドキしていた。
ダヤンとジタン―わちふぃーるど物語〈2〉 (中公文庫―てのひら絵本)ダヤンとジタン―わちふぃーるど物語〈2〉 (中公文庫―てのひら絵本)
(2003/10)
池田 あきこ


ダヤンが巻き込まれ型とすれば、ジタンは自家発生的な謎を持つキャラで、そこのところがたまらなくいい。ジタンはとてもオトコマエな猫なのだ。

「タシールエニット博物館」 これは一枚一枚の絵そのものが違う世界への扉のようで、描かれた絵の奥に広がる空間を、幻視させる。
ときめきが止まらなくなる世界。

十年前の展覧会でチケット半券に使われた「ふくろう裁判」は今回もまたチラシに使われていた。
cam167.jpg
わたしもこの絵がとても好き。
ふくろうたちの間にいるダヤンを見ていると、やっぱり猫とふくろうは親戚のような気がする。
小茂田青樹も「春の夜」でふくろうの止まる梅の木の下を通る猫の絵を描いていた。

最新の絵もある。
「メレンゲふくろうの裁判官」 
cam170.jpg
このダヤンはベビーダヤン。このちびバージョンもとても人気がある。わたしも好き。ロールケーキの枝、ベリーケーキ。背後にはクロワッサン月にいるジタンたち、空の星は遠くは金平糖、近くの星はイワンのいるお菓子星。
本当においしそう、舐めてしまいたい・・・

ポップアップ絵本もあった。楽しそう。やっぱりこういうのが出来るのがいいな。

ダヤンの居るわちふぃーるどのサイトはこちら。
キャラ紹介のページでダヤンは斜め顔を見せているが、他に見たことがないほど、かっこよかった。

月刊MOEもダヤンのページがある。
今年はダヤンのアニバーサリーだから、楽しみはまだまだ現れるだろう。
そして7/7はダヤンの誕生日。その頃にはまたきっと・・・

桃山・江戸の絵画 大和文華館の春

大和文華館は春になると、日本の絵画を展示する。
img913.jpg

それは無論、この美術館が所蔵する日本の絵画作品に、優品が揃っているから出来ることなのだが、「春」と言う季節がそれを望んでいるような気がする。
一つの小山全体が、美術館の建物と庭園で占められている。
四季という大雑把な分け方ではなく、もっと細密な(そして輪唱するかのような)季節の区分がある。花の咲く時期は輻輳するものではなく、徐々に広がり行くものだと悟らされる里山の風景。
それを味わいつつ、建物の中で「桃山・江戸の絵画」を楽しむ。

松浦屏風、阿国歌舞伎草紙、長春の美人画、中村内蔵助像・・・・・・
img909.jpg
これら慣れ親しんだ美しい絵に再会するのも、春の喜びの一つだ。

扇面貼交手筥 この箱の普段は見られない部位まで眺めたのは、東博での「大琳派」展だった。 
隠し処を見てしまったような、微かな後ろめたさまで感じてしまうほどの、悦び。


昨春の展覧会でも感銘を受けた、初期洋風画の「婦人弾琴図」、富士額の美人が上畳に坐す図など、再会したかった絵もここにあった。

所蔵品を楽しませてくれる美術館である以上、同じ作品が多く現れるのも当然で、そしてそれを享受したいがために、何度でもそこへ行くのだ。

その一方、初見の絵もある。
渡辺始興 芭蕉竹に仔犬屏風  こんな可愛いわんこを始興も描いていたのか。
右隻 白いわんこがいる。丸くて三角な目をしたわんこ。そのわんこに呼びかける同じ年頃のわんこたち。こちらは黒、茶、白の三匹。後ろを向いて短い尻尾を見せるのが黒。
左隻 離れていた白いわんこが仲間の声で、そちらへ寄る。集まるわんこたち。
縄張りのための会議ではなく、遊ぶための寄り合いなのだった。
あまりに可愛くて、撫でてみたくて仕方なくなった。

石川大浪 西洋婦人像  先般、神戸市立博物館で石川大浪の展覧会があったが、そのチラシを見るまで全く知らなかった絵師。テーブルに花?らしきものと青布の掛かった籠がある。そこだけは淡彩が施されているが、それに凭れる女は墨絵。細い線で描かれている。
なんとなく河野通勢を思うような構図と線描だった。

こうして今年の春も、大和文華館の美しい作品を味わえたのだった。

鑑真和上展

鑑真和上展に行った。奈良国立博物館で5/24まで開催中。
唐招提寺の展覧会は'87年夏にナンバの高島屋で開催されたことがある。
2005年の東博展には行かなかった。
デパートでの展覧会には国宝級の文物は出品してはいけないという法律があるはずだが、どうも鑑真和上の像を観た記憶があるのだ。
22年前のことだし、チラシもちょっと出てこないのだが、どうもそんな・・・複製品だったのかもしれないが。
一番良く覚えているのは東山魁夷の襖絵だった。
今回も展示の終わり頃に大きくその見せ場が作られている。

cam163.jpg
斜めからの撮影。光が当たる顔。カメラマンはこの像を<彫刻>として捉えるのではなく、苦難多き道を生きた聖者の風貌として、映し出している。
目を閉ざしているのは12年、6度に亙る渡航失敗のため失明したからだ。
栄誉を捨て、強い意思の下で、日本へ来てくれた偉人。

cam165-1.jpg
金堂に安置されている四天王たちがここに来ていた。
奈良時代の作だが、裳裾表現がそれまでの日本にないもので、これは鑑真和上の来日によって齎された新風ではないか、と解説にある。
苦虫を噛み潰したようなその顔立ちを見て、板垣恵介の「刃牙」シリーズに出てきそうな面構えだと思った。

唐招提寺の勅額の文字はシンプルで、しかし印象深く、すぐに頭に浮かんでくる。
それを久しぶりに間近で見た。

cam165.jpg

わたしが楽しみにしていたのは、東征絵巻。二巻と五巻が展示されている。
紅葉が描かれているから秋に出立しようとするのがわかる。しかし左にはもう早や失敗。難船難破。水吐いてる描写などがリアル。
五巻では、やっと沖縄経由で到着した鑑真一行が、奈良の都に入る描写がある。
紅梅が咲き、山盛りの白米が饗される。羅城門外での饗応。
そして桜の頃に東大寺へ。キャラはなかなかよく描けていて、優美な顔立ちの貴公子などが見えた。
詳しくは昭和女子大のこのサイトをご覧に。

しかしいつも鑑真和上のことを思うたびに痛感するのは、失明し、弟子も多く失いながらも、日本へ向おうとする気力と情熱のこと。
いったい、どうしてそこまで・・・
そのことを思うたびに、何かしら不思議な感動が湧き起こるのだ。

首や腕が失われた如来立像を見る。芸術家や文士たちに愛されてきた像。
サモトラケのニケ同様、首がないことで恒久の美を手に入れた像。
cam164.jpg
釈迦像にも感銘を受けた。
本来正面から眺めるべきところが、どうしてか背後に回り、そこから正面へ廻る道すがら、釈迦の不可思議な微笑を浮かべた口許にひどく惹かれた。
艶かしいほどにうつくしい唇だった。しかし正面から唇を眺めても何も感じない。
そこにはただのGoldmundがあるばかりだった。
しかし斜めから眺めると、忽ちのうちに、厚みのある花片のように魅惑的だった。

御影堂の障壁画が即ち東山魁夷の青い絵の世界だった。
墨絵に近い「桂林月宵」などは、墨の薄さがまるで透き通るように見えた。
そして’87年のとき、心に残った「山雲」は、岐阜の天生峠の様子から思いついた、と知った。まるで「高野聖」のような目ではないか。
そんなことを思いながら、海のない奈良の寺に描かれた「濤声」を見た。
この波濤は鑑真和上の越えてきた海なのである。絵には静かに優しく見えても、この波がその渡航を阻んできたのだ。
しかしながら日本につき、人々に受戒させたあと、唐招提寺に在った鑑真和上の心は、この絵のように凪いでいたろう。

シビがあった。なかなか大きい。これを見ていると、シビサブレが食べたくなってきた。
(こういう考えが湧くのが我ながら不思議だ)

他に十六羅漢像図、五大尊像、法華経などがあった。いずれも綺麗な作品だった。
特に羅漢のところの童子が居眠って、机に突っ伏している図は可愛かった。
降三世が男女を踏み拉こうとする図にも惹かれた。

会期中’80年の映画「天平の甍」が上映される日がある。詳しくはサイトへ。


ひさかたの天二上・・・當麻寺に行く

スルッと関西3daysチケットも今日で使い終り。大和の二上山そばの当麻寺に行った。梅田に出ないと始まらない旅だが、それにしても遠い、遠すぎる、余りにfar longだ。天王寺まで小一時間かかり、徒歩で近鉄阿部野橋に出て、そこから橿原行き準急でのんびり走る。目とアタマの疲労回復のために寝るが、単線ちゃうかと疑うほどにシ?ンと走ってたなあ。駅前には中将姫がイメキャラの草餅屋があった。多分この蓬は地元のもの。
二上山はよく見えなくなった。IMGP6204.jpg

マンホール蓋には寺の名物の牡丹が描かれている。
IMGP6174.jpg
カラーマンホール鉄蓋の構図を集めたサイトもあるそうだが、実はわたしは、マンホール鉄蓋には多少詳しいので、そこのサイトに「こんなのありました?」と報告できない事情がある。ちと残念。

当麻寺は旧字で書く方がステキなんだが、このワードでは字が出るのか?
當麻・・・でました。タイマです。
参道には築二百年の民家なども残っていたりする。(手入れされているから、せいぜい百年前までのものに見える)古い家々には大黒さんやえべっさんのオブジェが飾り瓦として立っている。
珍しく鏝絵もある。IMGP6175.jpg

ソメイヨシノは散ったが、まだまだ八重桜は今からが本番。
當麻寺の門をくぐり、境内の桜を眺める。
いろんな種類がある。IMGP6178.jpg
丁度大阪でも造幣局の通り抜けが始まっている。造幣局の通り抜けほどの種類はないが、今日は沢山の八重桜を見た。すごい嬉しい。
中之坊に入る。よく知らないが真言宗らしい。
ここは中将姫伝説のお寺なのだが、その一方折口信夫「死者の書」の舞台でもある。数年前、川本喜八郎が映画化した。そのときの感動について書いてもいる
当時、その感想文を読んでくださった映画スタッフの方が、死者の書のサイトにわたしの記事を掲載してくれはったが、今見ると、まだ残っている。嬉しくありがたいことです。
そのときのありがたさを忘れず、初心に帰る気持ちで、今回このお寺に来たのでした。
IMGP6180.jpg當麻寺本堂
牡丹園に行かずとも、咲き始めた花を多く見た。他にも可愛い花が多い。
IMGP6195.jpg
みごとだなぁ。

わたしの大好きなシャガ。IMGP6190.jpg
塔は緑に包まれている。
この庭園は大和三名園の一つで、池泉回遊式兼鑑賞式庭園。心地池で桃山時代の作庭。池には睡蓮の葉がいっぱい。「香藕園」こうぐう・えん。藕は「蓮の根の意」。なるほどぴったり。
IMGP6186.jpg

客殿絵天井は昭和初期から現代までの日本画家が腕を振るっている。
こちらはリーフレットから。この御所人形の絵は三宅凰白のもの。
cam162.jpg
画家の短冊をご遺族からいただいたことは、本当にありがたいことだった。

追記:2014.10 修復が完了したそうです。
イメージ (15)


霊宝館には映画「死者の書」のスティールやこのお寺の門の大道具などがあった。
こちらは映画ポスター。IMGP6201.jpg
それから江戸時代の「中将姫」伝説の絵解き、姫を描いた肖像画などが展示されていた。
門跡寺院・霊巌寺の何代目かの方が中将姫伝説に沿うように、いい言葉を書き残していた。
「幸不幸は我が心にあり」 全くそのとおりだ。近藤ようこさんの「花散る里」のオビにもそんな言葉が書かれていた。
「幸せかどうかなんて、自分の心に聞けばいい」
とりあえず「幸せです」と呟いてみた。

このお寺は役の行者とも所縁があるからか、陀羅尼助を販売していた。日本最古の胃薬・ダラニスケ。買って帰ってもいいが、わたしの義弟はただいま某社で胃薬の開発に関わっているから、ちょっとあれかなぁと、やんぴした。
お抹茶とお干菓子をいただく。IMGP6202.jpg

門前に柿の葉寿司「たなかや」の支店があったので、三輪素麺のにゅうめんと柿の葉寿司をいただく。わたしは子どもの頃からバッテラ・鯖の棒寿司・柿の葉寿司が好きで好きで仕方ないのだった。うどん系とバッテラ・おいなりさんの組み合わせだと飽きることがない。
関係ないが、東京に行くと、ちよだ寿司の鯖寿司を買うことが多い。

のんびり電車に乗って橿原神宮駅経由で大和西大寺で乗り換えて奈良についたら、1時間以上かかった!!凄い遠いなぁ・・・大阪と違い、奈良は大きいのだ。
葛城から奈良か。よくもまぁ藤原南家郎女は歩いたものよ・・・
遊行ナナエ郎女ではそんなもん、歩けませんわ。

それで奈良博で鑑真和上展を見たり、大和文華館で江戸時代の絵画を見たりしたことは後日に書くとして、奈良も氷室神社の滝のような枝垂桜は散っていたが、公園内のもこもこした桜は満開だった。奈良博の裏の桜たち
IMGP6206.jpg

會津八一の詩碑と桜。
はる きぬ と いま か もろびと ゆきかへり ほとけ の には に はな さく らし も
全篇かな文字の秋艸道人の詩歌が、とても好きだ。
IMGP6207.jpg

こちらは大和文華館の菊桃と、八重桜。春を実感し、春を堪能した気分。
IMGP6209.jpg
既に新緑に変わった「三春の滝桜の子孫桜」は写さない。価値がないからではなく、<最も美しい>とされる時期の直後、衣を脱いだばかりの姿を写すのは、却ってこの桜に対して失礼のような気がするから。
ただしそれが正しいかどうかはわからない。

それからナンバの高島屋で片岡球子展を見て、梅田の阪神で猫のダヤン原画展を見たりしてから帰宅。随分電車の時間の長いツアーだった。ああ、くたびれた・・・・・・・・・

壷中天 正木美術館の中国陶磁コレクション

泉州・忠岡町の正木美術館に出かけた。
以前から行きたい古美術専門の館だが、ちょっと北摂からは遠くて諦めていた。
今回、ありがたくもチケットをいただいたので、気合を入れて出かけた。
「壷中天  中国陶磁を中心に」
こんなタイトルを見たら、やっぱり出かけなくてはなりませんがな。

cam160.jpg

そもそも「壷天中」コチュウテンとは何か。サイトから。
壷中天とは、壷のなかに別天地あり、の意。昔、費長房という人物が薬売りの老翁(仙人)が所持する壷のなかに入ると、そこには別世界の仙境があったという話(『後漢書』)に基づいています。
中国にはこうしたパラダイスのエピソードが多々ある。(パラダイスの語源はペルシャ語の「閉じられた庭園」だから、やっぱり壷の中も「閉じられた庭園」も、斉しく<個の歓び>なのだ)

i 壷の神秘

青磁神亭壷 越州窯 東晋時代
チラシの壷は一目で明器とわかる。明器は冥界のお供のグッズ。大倉集古館・細見美術館などで以前に大きな展覧会が開催されている。
これはどことなくわたしには、ア・バオア・クーの後の、アムロの帰還を待つホワイトベースのクルーの群に見えていたりする。

他にも農園を象ったものなどがある。あの世のドールハウス。

青磁刻花蓮弁文六耳盤口壷 南北朝時代
色は赤みを帯びている。耳が6つある。青磁でもこんな色に焼成されるところが面白いが、やっぱりわたしは青みの濃い方が好き。

白磁貼花竜耳瓶 隋?唐時代
二匹の竜がまるで同時に水瓶に首を突っ込んで水を飲んでいるかのように見える。
白竜のしなやかなフォルムがとても魅力的だった。

ii 中国陶磁の美

青磁多嘴壷 越州窯 北宋時代
どうもあんまり好みではないが、これは実用に向いているのか?ナゾである。

青磁洗 龍泉窯 南宋時代
南宋時代の龍泉窯の青磁は色合いがどれもこれも濃すぎて、わたしは好まない。
同じ青でも好むところは異なるものだ。しかしこの手の青は日本の茶人たちからは愛されて「砧青磁」と呼ばれている。形もシンプルなものが多い。
シュミの問題とは言え、青磁に関しては、わたしは12世紀の高麗青磁が最愛なのだ。

白地劃花象嵌鹿文枕 磁州窯系 北宋時代cam161-2.jpg
カワイイ枕である。鹿の表情がいい。思わず描いたけど、私が描くと可愛くないな。
獏枕もあった。
持ってるから言うけれど、案外涼しくはない。最初はひんやりしているが、長く寝ると暑くなるのだ。

緑釉白地刻花蝶鳥文枕 磁州窯系 金時代
こちらの枕は花を生けた盤の前の小禽と、その鳥のくちばしの上で舞う蝶と言う構図。とても可愛らしく、好ましかった。

赤地金襴手宝相華文碗 景徳鎮窯 明時代
五彩金襴手宝相華文碗 景徳鎮窯 明時代
cam161-3.jpg
どちらもとても愛らしい碗だった。好みではないが、こうしたものを見ると、明代の中華帝国の文化をまざまざと実感するのだ。
文化爛熟のときに生まれたものたちは、どれもこれも濃やかで美しい。

白地紅緑彩人物 磁州窯系 金時代
長衣をまとった女の像。どことなく伏見人形風な趣がある。

白地紅緑彩牡丹文碗 磁州窯系 金時代cam161-1.jpg
見込みに、花弁の細い牡丹が、目を見開くように咲いていた。
よくある構図だと思いながらも、その種の中ではこれまで見たうちで、最も愛らしいと思った。大きさも申し分なく、掌に納めてしまいたくなる。そして誰にも見せたくない、と思った。

iii 水墨画のなかの壷中

山荘図 室町時代
文人墨客の理想の地かもしれないが、わたしは世塵の中に生きていたいよ。
子供の頃から一貫して、こうした世界に「心遊ぶ」楽しみを知らないままでいる。それでいいのだ、とバカボンのパパ的発言をする。
しかし汀に立つこの小さな建物は、とても愛らしい。

三酸図 楊月 室町時代
この図を見ると必ず思い出すのは「八つ墓村」。この絵の屏風が重要なオブジェの一つとして現れる。だから小学生頃から、この三酸図のエピソードは知っていた。
この瓶には「第一酸」という貼紙が剥がれそうになりながらもついている。
人間たちの表情には酸っぱそうなものはなく、どことなく様式的なものに見えるが、この瓶から剥がれそうな紙がひどく印象深かった。

寒山拾得図 赤脚子 室町時代
正面向きの二人の屈託のない笑顔。これは出光で見た小杉放菴の愛らしい寒山拾得にも通じる笑顔良しの二人。べちゃっとした顔がなんだか愛らしい。

iv 茶道のなかの壷中

玳玻釉双鳳文天目茶碗 吉州窯 南宋時代
これは今では相国寺に入ってしまった旧萬野コレクションのそれと、兄弟茶碗ではなかろうか。たぶん、同じDNAがみつかるはずだ。
cam161-5.jpg
今回、台は別な茶碗につけられていたが、この画像があった。
青貝松竹梅文台 綺麗な象嵌だと思う。

赤樂茶碗「武蔵野」 ノンコウ 江戸時代
ピンクで、見込みの貫入が途轍もなく繊細で、綺麗だった。これは武蔵野の夕暮れの景色なのかもしれない。男の背から眺めた夕暮れ。 それはこんな色なのかもしれない。

茶杓「鷹」 淀屋ケ庵 江戸時代
竹製の茶杓には様々な文様が浮かぶものがある。これは斑で、鷹の羽の文様に似ている。
(今のわたしは「鷹」と聞くと「グリフィス???ッッ」と叫ぶ傾向がある)


そしてここの展示コーナーの端に、どういうわけか雑草が生えているのを見て、ぎょっとした。どう見ても雑草である。
ビックリした目の端に白椿が入った。(わたしの視野は広いのだ。目前のものは見えずとも)その白椿は古信楽に活けられていたが、こちらは明らかに造花である。
ああ、と思った。
須田悦弘の作だった。雑草もまた。2008年の作。
cam161.jpg


v 東洋陶磁の小さな世界

灰陶加彩辟邪形旗座 後漢末?三国時代
ヘキジャ君は、どうもそれ自体がブキミ系なのだった。どっちがアクかわからん、という風情が可愛い。
cam161-4.jpg

褐釉雑技 後漢時代
二人の雑技者が何やらパントマイムのようなポーズを取っている。見ていた友人がそのポーズを真似するので、わたしもやってみた。なんとなく「ペトルーシュカ」を思い出した。

緑釉犬 後漢時代
張子の犬のような愛らしさがある。ただし口許は角ばっている。オスかもしれない。
後漢時代はこうした陶犬が多く作られているが、どれもこれも可愛らしい。

遠くまで来た甲斐のある展覧会だった。5/31まで。

ブリヂストン美術館が好きだ

いったい年何回ブリヂストン美術館に行くのかよくわからない。
いい展覧会があれば必ず行くし、何もなくても訪ねることも多い。
わたしの「洋画」鑑賞修行地は倉敷の大原美術館、上野の西洋美術館、そしてこのブリヂストンだった。
むかしむかし、山種美術館が茅場町の駅の上にあったころ、山種とブリヂストンは必須ルートだった。
その頃にメトロリンクバスが運行していたら、さぞヘビーユーザーになっていたろうが、当時は地下鉄なので、勿体無くてよく歩いた。
この美術館はデートスポットでもあるのか、人気があっていいことだと思う。

先月、企画展「印象派から抽象画まで」を見た。次は「マティスの時代」。
特別展もいいが、所蔵品の中からピックアップする企画展もとても楽しい。
そしてそんなこと関係なしに、好きな絵だけを見て回ることを許してくれるのが、ブリヂストン美術館のいい所だ。
好きな絵をいくつか挙げてみる。

ラウル・デュフィ ポワレの服を着たモデルたち、1923年の競馬場 (1943)
丁度庭園美術館で「ポワレとフォルチュニィ」展を見たばかりだったから、印象が深かった。六人の女たち。意外なくらい肉付きの良い女たち。素敵な女たち。
ポワレの服を見たとき、ちょっと不思議な感覚があった。
身重の妻のためにデザインした、と言う割にはとてもスキニーなスタイルだと思ったのだ。
それでどうやって?と思っていたし、現に展示されている服も、着れば身体の線が露わになるな・・・と視ていた。しかしここに描かれた女たちはふくよかではあるが、「ポワレの服を着ている」意識の強さがあった。・・・実物を見たときよりも、むしろこの絵を見て、わたしは初めてポワレの服を着てみたい、と思った。
描かれた時代は’23年だったが、描かれたのは'43年だった。20年の歳月と、1943年と言う「時代」とを改めて考えた。

キース・ヴァン・ドンゲン シャンゼリゼ大通り (1924?1925)
それこそポワレの服をリアルタイムに着ていた女たちが、そこにいるような気がした。
ドンゲンの時代の最先端を行く女たちがとても好きだ。二人のほっそりした美人。犬を連れている。パリのイメージがここに集約されているような気がする。
ジュリアン・デュヴィヴィエ「望郷」ではペペル・モコはアルジェのカスバに隠れている。
パリへの望郷の念もだしがたく、生きている。その彼の前に現れるギャビー。「パリ」そのもののような女。ペペル・モコの知る「パリ」はこの時代だったろう。

アンドレ・ドラン 聖母子 (1913)
窓の向こうの空が、まるで宇宙にそのままつながっているかのように見える。
アジアの一地方に生まれた母子が、世界に広がる信仰の源となる過程はともかく、この絵の聖母子は地球という枠から飛び出し、宇宙へ拡がってゆきそうなイメージがあった。

アンリ・マティス 青い胴着の女 (1935)
次の展覧会の主役として、この絵はチラシの図像に選ばれている。
マティスの良さが「わかった」気がしたのは、25を越えてからだった。ドンゲンは見た瞬間から好きな作風だと思ったが、マティスの良さは理解できなかった。
‘97年の「コーン・コレクション」展あたりからマティスの良さが染み渡り、今ではとても好きな画家の一人になった。一枚の絵を生み出すまでの、気の遠くなるような試行には、ただただ感嘆するばかりだった。この線に・この色に・この構図に至るまでの遠い道のり。そしてその過程を感じさせない完成作品。
マティスは途轍もなくステキだ。

次は「マティスの時代」。またフラフラとブリヂストンに行くだろう、わたしは。

近世大坂画壇をのぞく

大阪にはむかしむかし文化があった。
大坂文化の中心には木村蒹葭堂がいて、そこから放射線状に様々な文化人が機嫌よく遊んでいた。
画壇も華やかで、やっぱり「ぜぇろく」らしい行動を見せていた。
大阪歴史博物館には、彼ら大坂画壇のエエ絵ぇが色々集められている。

今も昔も大阪の人間は「なんかオモロイことせなアカン」という使命に燃えている。
自分も楽しい・周囲も楽しいことを遂行するギムがあるから、色んな楽しみを見つけた。
現代はマスコミが作った悪いイメージが先行しているから、本当の意味での「スイさ」は失われているが、江戸時代には当然その感覚は活きていた。

文政三年「佛林狗追憶詩画帖」 
cam158.jpg
大坂の漢詩人・武内確斎の飼うてた狆の供養のために、皆さんが詩や絵を寄せたものを集めた画集である。猿の絵で有名な森狙仙、森徹山、猫が上手な上田公長らの絵に、頼山陽らが詩を寄せる。
その狆の在りし日の姿。う??む、やるなぁ。

カエルの絵を好んで描いた松本奉時が若冲に倣って描いた、と記す「白象図」。
cam159.jpg なんとなく面影がある。
同時代の人だし、若冲は京都の火災を避けて大坂に避難していたし、ファンは多かったのだろう。
実際おつきあいがあったと古文書には書かれている。
こちらは若冲のゾウさん。こないだ「新発見」されたもの。
cam158-1.jpg

その奉時の絵の師匠の一人・福原五岳を中心にした展示が、先週まで大阪歴博であった。
三幅対の一。なかなかの美人仙人である。
cam157.jpg
人物画の名手と謳われただけに、視線や指先に魅力がある。

本当にこういういい絵が色々残されているのに、それをもっと宣伝しないのは何故なのか。
偶然行った時に「見る」ような展示では、もったいない。

最後にこんなものを見た。
この当時の絵師評判記。享和二年・筵破居士「浪華なまり」より。
「・・・画ハ 当時あまねく流行のものにて 筆 意をふるふ人々ハ 周峯、狙仙、月岡・・・席画ハ福原、米山人、蒹葭堂。 耳長斎の戯画ハ鳥羽の僧正もはだしにて・・・」
耳長斎の展覧会は大阪の隣・伊丹市立美術館で行われ、これは大人気で図録も早々と完売していた。
大阪近接の市立美術館がこうして企画しているのだから、本家ももっと展示と宣伝をがんばろう。
モチグサレ・ダシオシミは却ってモッタイナイのだから。

道楽絵はがき コレクターたちの粋すぎた世界

先週大津歴史博物館で「道楽絵はがき コレクターたちの粋すぎた世界」を楽しんだ。
これは大正から戦前までの時期に、コレクターたちの交換会から生まれた木版画絵はがきを集めたものだった。
交換会と言うてもお遊びの域を超えていて、本職の木版画家に拵えさせるのもあれば、カラクリ仕掛けのものもあり、実に見応えのある面白い作品が揃っていた。
cam154.jpg

基本的に年賀状が一大イベントなので、必然的に干支と言うのが大事にされる。干支に宝船に芝居など、色んなものが絵柄に選ばれるが、どれもこれも「江戸的発想」のシャレた面白味のあるものに仕上がっていた。

キャッチコピーもいい。「大正・昭和のオタク拝見!!」う??む。
趣味の極みはやっぱりマニアック化することなんだなぁ。
結局これは蒐集するだけでなく、自作のものを発表する目的もあるので、現代のコミケによく似ている。

こちらは「神戸趣味新聞」の「趣味国名所図会」。地名が全て集め物の名で出来ている。
印影堂、納札ケ辻、駅弁街道、人形山、印紙島、切手村・・・楽しいなぁ。
cam155.jpg

大正15年からの作品が並んでいる。
チラシの真ん中に鎮座ましましているのは、宮尾しげを画の虎のかぶりものの人の一服。
これは「国姓爺合戦」の芝居の「舞台裏」。表でガオーッと吼えたトラも裏へ廻れば一服して一休み。
宮尾しげをは講談社の雑誌にもなかなかシャレの効いたマンガを残している。
傑作はこれ。

あんま
ころす
もちや

按摩殺す餅屋、ということで座頭が大暴れするが、実は「あんころ餅ますや」という看板。

虎は他にも曲馬団の曲芸、張子の虎、加藤清正などで示されている。

昭和三年は辰年と言うことで、見立てなども多い。
中国風龍舞、雲龍錦、立版古「龍宮の玉取り」、浦島太郎、天竜峡などなど。
関係ないが、この年に生まれたから澁澤龍彦は「龍雄」と名づけられたのだった。
cam156.jpg

むろん干支だけではなく「諸国名物」を意匠化したものも色々ある。
三井寺の弁慶力餅、十三今里屋のあん焼、京都のみたらし団子、堺の大寺餅・・・
ここらあたりは今も現役のお店なので、改めて食べたくなってくる。
それに勅題も意匠に関わってきた。
各地の郷土玩具もある。
伏見稲荷の土鈴、清荒神の鈴などなど。
笑えるのが、昭和十年の国勢調査絵はがき。なんでも意匠にしたらええんかいな。
(尤も、実用性と言う意味では必要な内容のものだが、趣味のハガキではない)

昭和11年の子年の意匠の多くは、浮世絵の戯画風でネズミの女湯・子守・正月風景などだった。幕末だと猫・狸・金魚がキャラだったが、子年はこんなときに活躍する。
むろん「大黒様」の留守文様としてのネズミ、仁木弾正のネズミなどもある。
(さすがにお岩さんのねずみはなかった)

昭和12年丑年の意匠はなかなかモダンなものが多かった。
チラシ最下段右の牛の顔なんか「世紀末リーダー伝たけし」のようだし、チラシ右端真ん中のハッパ咥えた牛は、どこかのメーカーのマークのようにも見える。

このように毎年毎年、色んな知恵を絞り趣向を凝らして拵えてきた絵はがきだが、世相が悪くなると、だんだんいいのが生まれなくなってきた。
道楽やスイというのを軍人は嫌うから、どうにもならない。

干支で面白かったのは昭和14年卯年までだった。
チラシ左上のウサギのキグルミさん、この子は可愛かった。
それとウサギと言えば「かちかち山」とくるので、その図案も多く、なかなか楽しめた。
全然関係ないが、わたしは猫を・同期Nはウサギを飼っていて、おとついの歓迎会で「パフィーでぇす」とやったら、みんな引きよったな???(怒)

それにしても本当に面白い作品が多かった。
長谷川小信の芝居絵が多く見れたことも嬉しい。
わたしはやっぱりこういう楽しい展覧会が好きだ。
4/19まで。三井寺の隣の大津歴史博物館で開催中。

ロードムービー気分で泉州

今日は泉州の花見に出かけた。
IMGP6172.jpgソメイより八重桜が好きだ。

本当は奈良の花見をするつもりだったが、こういうこともある。氷室神社の滝のような枝垂桜、大和文華館の「三春の滝桜」の子孫・・・また来年までサラバ。

北摂から泉州まで遊びに行くのは、まずあんまり聞かないから、私は多分めずらしいクチだろう。
友人と南海難波駅で待ち合わせて、泉大津の向うの忠岡へ。
正木美術館へ向ったが、泉州の古い里の様子を残すこの町は、難波や摂津とは全く異なる地だと思った。
泉州の建具の良さ、と言うのは見知ってはいたが、それは室内のことだと思っていたが、古いまま残る建物たちは、外側にもその「良さ」を滲み出していた。
京都の町家とも全く異なる、のんびりした良さ。開発から取り残されることで保たれる倫理感の様なものを感じる。
これは面白い感覚だった。

正木を出てからナンバ寄り6つめの浜寺公園駅へ向った。花見をするため。
しかし桜の下では宴会がたけなわで、ふらふらするわけにも行かず、遠目に眺めるに留めた。
IMGP6159.jpg
浜寺公園入り口には石楠花が咲いていた。
駅舎は辰野金吾によるもの。IMGP6156.jpg

公園内のレストランの裏手で見つけた菊桃か何か。花々は他にも生きている。
IMGP6164.jpg
          IMGP6165.jpg
                    IMGP6160.jpg    
                             IMGP6161.jpg

大好きな阪堺電気軌道に乗り、かん袋に行くが丁度オヤツタイムなので、20分くらい並んだ。
今日は暑いので氷のダブルにした。ああ、たいへんおいしい・・・
IMGP6166.jpgおみやげを買うが、重たい。

そこからなんとなく歩くことになった。人の少ない道。昔の堺の中心地なのに。
大正から昭和初期の繁栄の名残らしき、近代建築。スクラッチタイルと装飾がステキ。
IMGP6167.jpg

本当に暑いし、人に会うこともない。
なんとなくローカル番組のロードムービー風な旅を思う。
映画でのロードムービーはキライなのだが、ローカル番組のそれは案外好きだったりする。
「水曜どうでしょう」とかそんな気分。
二人で延々と歩くと、なにかへんな気分になるな。
堺で見つけたマンホール。いかにも堺の絵柄。
IMGP6170.jpg  IMGP6171.jpg

堺と大阪の<サカイ>には大和川が流れている。これを越える道を知らないので、神明町から再び阪堺電気軌道に乗り、住吉神社前で下車。昨日丁度カミさまの遷宮をされていたのをTVで見た。
住吉の太鼓橋。IMGP6173.jpg
ホンマに凄いが、なんでこれで事故が起こらないのかが却って不思議。

それで我々は粉浜の商店街へ行こうとしたが、行けども行けどもたどり着けない。
わたしは元々北摂の子なので、場所を知らない。友人は「あれーあれー?」ばかり言うが、とうとう粉浜を越えてしまった。大抵よく歩いている。
それでいきなり「国道26号線沿いだ」とか言い出すので、シバこうかなと思った。
戻りも出来ない状況になったのも、ロードムービーな気分のせいだからか?
とうとう地下鉄玉出駅前についてしまった。
ちょっと歩きすぎているわたしたち。
それで早めにご飯を食べて、延々と喋る。

どういう流れか、三浦健太郎「ベルセルク」にわたしがハマらないのが不思議だと言う話題になった。みんなわたしにそう言う。
「あのあんたが、なんであれにハマらへんのかナゾやわ」
(「あの」てなんやねん、「あの」て)
だって今で33巻でまだまだ続くのでしょう。無限の戦いってしんどいのよ。
しかしこれで四人目。やっぱりわたし、読むべきなのですね。
それで友人と別れてから、時間がまだ早かったので、一気に「ベルセルク」を読み始めた。
・・・なるほど、「わたし」を知る人々が勧める理由、よくわかった。
絵よりもストーリー展開よりも、キャラ萌えするわたし。
気合が入ったので、帰宅してからyoutubeで映像も見た。アニメは見る気力が欠けてるのでそんなに関心がわかないが、新刊が出るのを待つことにした。

けっこう充実した一日でしたなぁ。ところでお見せできないのが残念だが、今日はUVカットショールをモスリム風に巻きつけて歩いていたのだった。我ながら、面白い人になっていたような気がする・・・

中信美術館・開館記念展

京都府庁のそばに「中信美術館」がオープンした。
開館記念展は三期に亙って開催されるが、その第一期の終りに出かけた。

以下は(09.02.18)のニュースから。
「京都市下京区に本社を置く京都中央信用金庫は、所蔵する京都画壇らの作品を展示する新たな美術館を開館しました。オープンした「中信美術館」は、京都市上京区の京都府庁に近い下立売通り沿いの南イタリア風の建築物を改装したもので、中信美術奨励基金が運営します。
新しい美術館は、地下1階、地上3階建ての延べ床面積およそ525平方?で1、2階が展示スペースとなっている他、茶室や喫茶コーナーも設けられています。基金では京都画壇を中心に秋野不矩や池田遙邨らのおよそ1100点を所有していて、オープニングは、「京都美術の精華」展と題して、これまで京都美術文化賞で受賞した日本画や洋画、陶芸、彫刻などを6月中旬まで3回に分けて展示しています。」
と言うことらしい。

以前の御池ギャラリーは閉館したそうだ。去年の早春には、梅を描いた日本画を見せてもらった。
今度の美術館は樂美術館のすぐ近所。
秋野不矩 雨季  インドの風景を描く、というよりもこの人の場合、インドの空気・砂・匂いなどをそこに再現させる魔術を持つ、というべきかも知れない。
ただしリアリズムではなく、やっぱり「秋野不矩」という画家の手と目と心とをフィルターにした後の「再現」なのだが。
黄色い空と黒雲。これがインドだとは、どこにも書かれてはいないけれど。

麻田浩 原都市  麻田の作品に対する違和感は、わたしがその世界を支える思想を理解しないからなのだ。しかし例えばこれが「ブレードランナー」の都市であり、「バットマン」の「ゴッサム・シティ」の一隅だと言うのなら、わたしはそこに勝手なときめきを感じるのだろう。
平面的な廃墟がそこに広がっている。これは看板のような、ハリボテのような世界。なにも世界は無限でなくてもいい。球形の惑星である必要もない。
この画面の中に切り取られただけの世界があってもいい。
蝶が飛んでいる。青虫もいる。赤錆びた廃墟の町のウィンドウと階段と塀と。
標本が並ぶ前には、乾涸びたヒトデが仁王立ちしていた。

伊砂利彦 型絵染「夜桜」 伊砂の型絵染を初めて見たのは思文閣でだった。風呂敷ばかり集めた作品展だったと思う。螺旋が横に流れる。そこに灰桜が絡む。
その螺旋はまるで、通信のためのコサインカーブハンガーのようだった。

三尾公三 蒼い部屋  この画家は死ぬまで写真週刊誌の表紙絵を描き続けていた。
わたしはその読者ではないが、新刊号が出る度、新作の絵をなんとはなしに眺める暮らしを続けていた。絵の世界は微塵のブレもなく、いつも同じだった。
そしてわたしの感想も同じくブレがない。
どう見ても、死体のような女の絵にしか、見えなかった。

面屋庄甫 大地の声  作品を見る前に名前を見て、「ああ」と思った。この作者を知るからではなく、この作者の家の業を知るからだった。
この人形はアフリカに生を受けた、という設定を持つようだった。
砂漠そのものが身体を包み込んでいる。アフリカが人類の祖地だということを、思い知らされるような、人形がそこにある。

私としては珍しく、(物故者も含めた)現代アートを見た。自分が気に入ったものにしか反応を示せないのは残念だが、仕方ない。
またタイミングを見て、中期、後期展にも行きたいと思う。

日本の美と出会う 琳派・若冲・数奇の心

昨日に続き高島屋ありがとう、という展覧会の感想。
「日本の美と出会う 琳派・若冲・数奇の心」
細見美術館名品展。二月から三月にかけて大阪と京都とで開催した。
正直言うと、なんで地元の美術館の所蔵品をわざわざ?と思ったのだが、ここから始まって東京や名古屋に行くかもしれないし、それに、普段は全然この美術館に行かない人々を対象に、「美術館よりも行きやすい場所」ということで出開帳したのかもしれない。
ということで、馴染みの名品たちを違う場で眺める楽しみと共に、それらを眺める人々の声を楽しむつもりで、大阪展・京都展ともに出かけた。
cam153-1.jpg

琳派の花尽くし
若冲・北斎と江戸絵画の世界
数奇の美とかざり
この三章で構成されている。

細見美術館本体では時折お客さんからのリクエスト展などをしたり、ベスト展をしたりするが、あれは言うたら美術好きなヒトビトの好みのものなので、世間の好みと多少ずれるとこもあるかもしれない、と今回改めて気づいた。

チラシに選ばれているのは、北斎の「五美人図」と光琳「柳図香包」の一部ずつ。
このあたりは、普段美術にあまり関心がないひとでも「ああ」と言えるので、いい選択やなと思う。
現に見てはった年配のご婦人方が「いゃ??きれいなぁ」と指差していたのが、この浮世絵なのだから、丁度ええもんですね。
それで面白いのが、最初は「きれーなー」だったのが、よく構図を見てから「いゃ、リアルやなぁ」という声があがったこと。
ふふふ、ねぇ!わたしもそう思います。

神坂雪佳の日本における「再発見」はやっぱり細見だと思う。
「四季草花図」のガクアジサイのきれいさと言うものは、やはりちょっとやそっとではない。この青は絵画的な青の美、というよりも、工芸的な美だと思う。
つまり七宝焼きの不透明な釉薬、それ。普段は透明な釉薬を好むが、この青二色に限っては不透明な釉薬の方が綺麗だという感覚。
cam153.jpg
中村芳中「白梅小禽図屏風」 実はこの絵、以前からとても好きな一枚なので、トリ年の年賀状にこの図柄を使ったことがある。トコヨノナガナキドリがニガテなわたしはトリ年になるといつも憂鬱になるが、その年はまだマシだったのはこの絵のおかげかも?

だからと言うわけでもないが、若冲のことは子どもの頃から知っていたから「トリオヤジ」と勝手に呼んでいた。
近所に金ぴか屏風にサボテンとトリの2ショット連続襖絵の寺があり、本当に避けて歩いていた。細見の所蔵品は墨絵だが、やっぱりニガテなものはニガテなままですわ。
正直言うと、若冲を「ええやん」と思うようになったのは、トリ以外の絵を見たからなのだった。今や大人気の若冲に対し、大人気ないわたし。ダイニンキもオトナゲも同じ字だ。

雪佳「金魚玉」 これはカップルが大ウケしていた。面白かったのは女の子の方が早く飽きること。彼氏の方は表装が描き表装だということに気づいて、すげーすげーと声を挙げていた。でもあれ、なんで真正面からの顔なのだろう。雪佳はどんな発想からこの絵を思いついたのだろう・・・金魚玉そのものの実物と無縁だから、よけいそう思う。

工芸品では根来の瓶子や芦屋釜が出ていて、渋い趣味の良さと言うものを考えた。
なにしろ根来は剥げて下地の黒がのぞき始めてからのものがいい、というのだからなかなかムツカシイ。

大阪でも京都でもなかなかお客さんが多かった。これをきっかけに細見に行かれる人が現れたら、ステキだろう。
この展覧会は他の地に巡回するかどうかは知らない。したのかどうかも。
だが、とても楽しませてもらったことは確かだった。

上村家三代展

高島屋百貨店は大丸と並んで、わたしにとってはありがたくも恩のある存在だ。
何がかと言えば、このブログの案内文にある「美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き」これです、これ。これら二つのデパートがミュージアムを開いていなければ、わたしは今みたいな暮らしをしていなかった可能性があるのだ。
過日、東京日本橋高島屋で「上村家三代の美」を見せてもらった。

わたしが最初に上村松園・松篁・淳之、上村家三代の美を一堂に集めた展覧会を見たのは、’89年2月18日の夕方だった。昼間にナビオ阪急で高畠華宵展を見てから、夕方にナンバに出た。高島屋では6時以降入館が半額になるサービスをしていて、偶然その時間に来たものだから、嬉しくて仕方なかった。
あれから20年経つが、今も変わらず高島屋ではステキな展覧会を開いてくれている。
本当にありがとうございます。

わたしは関西人だからその認識がなかったが、松園さんの美人画のうち関西の外に出ることがないものというのは、けっこうあるらしかった。
それはどんな作品なのかと思えば、なんだかなじみのある作品が多い。
これはやはり関西の一得やなぁ、とシミジミ感慨にふけった。
どちらかと言うたら、松園さんの描くご婦人方というのは、品の良い・徳の高い・真面目な感じの人々ばかりなのだが、それが東京と言う異邦で見ると、いよいよその「位の高さ」というものがハッキリしている。
いばることはないのだが、昂然と面を上げている、そんな感じがする。

ただしそんな「対峙してこちらも毅然となるような」ご婦人方ばかりやなく、可愛らしい娘の絵も多いし、そしてちょっとあぶないような女人もおるのだった。
cam150.jpg

松伯美術館所蔵の「花がたみ」は照日の前を描いたもので、この顔を描くために松園さんは京都の岩倉にある精神病院に通うたそうだ。
それは自身の随筆「青眉抄」にも書かれているが、本当にえらいものだ。
高校の頃に初めてこの絵を見たとき、「世の中の煩わしさ一切から解き放たれた、なんとも言えず美しい顔」だと見蕩れた。
見蕩れたが、わたしはその狂気に気づかず、母親に指摘されて初めてそのことを知った。
狂気なればこそ「世の中の煩わしさ一切から解き放たれた、なんとも言えず美しい顔」でいられるのだ。
あれから随分経ったが、やはりわたしにとって松園ゑがく「最も美しい顔」は、この照日の前のそれを措いて、他にないのだった。

「楊貴妃」 よくぞこの絵と「花がたみ」が松伯に揃って入ったことよ、と嬉しくも尊くも思うことがある。東博にある「焔」を含め、三枚の名画に惹かれる者としては、そのうちの二枚が共に関西にあることを喜ぶばかりだ。
いつ見ても御簾や薄い障子と言うのか、それや、身に着ける羅物からの透けた景色に感心する。ふっくらした女人というのが、伝承にある楊貴妃その人らしい趣を見せて、ますます好感を増す。悲劇は短く、享楽は長く豊かだった女の生。
「雲鬢花顔」という言葉を実感する美人がそこにいる。


松篁さんはわたしが展覧会かよいを始めた頃、いまだ現役の画家で、デパートではよく「松篁回顧展」や「米寿展」などが行われていた。
なにしろたいへんいい絵を描くし、しかも長寿で、と絵に関心のない人からも好かれていたように思う。
松篁さんがお元気な頃、京都には大高名・大高齢な方々がおられた。
十三世片岡仁左衛門丈、京舞・井上八千代、上村松篁、西陣織の山口兄弟・・・
本当にえらいものだった。
cam151.jpg

年降るにつれ枯淡の境地へ至る、というものもあるが、その一方でいよいよ華やかと言うこともある。
松篁さんの絵は後者の方ではないか。
どの絵を見ても皆、ある種の華やぎと明るさがある。
それはやはり色彩と構図の良さが、そうした目立つ美しさを支えているのだった。
若いうちからずっとずっと変わらず華やかに耀く。
名品は十指に余り、足の指を総動員してもまだまだ足りない。
色の少ないものを描いても、パッと目立つ美しい華やかさがある。
何と言う豪華な世界なのだろう。

壁に掛かる松篁さんの絵を眺めて歩くうちに、どんどんいい心持ちになってくる。
鳥や兎といった小動物が好きな人が、嬉しそうに楽しそうに描いている。
そんな姿が見えてきそうだった。


淳之さんの絵を最初に見たのはやはり20年以前、つまりお父上の松篁さんがまだまだお元気だった頃。
あの頃の淳之さんの絵はどことなく寂れていた。
間を大事にする東洋絵画、それを目標に、という画家本人の言葉がどうも信じ切れなかったあの頃。

しかし段々といい絵が生まれてくるようになったと思う日々が続いたのは、この十年の間だった。お父上が少しずつ弱られてきた頃から、絵にある種の強さが出るようになったと思う。
だから「ああ、エエ絵やな」と思うのは全て近年の作ばかり。
cam152.jpg

それまで淳之さんの<間>は<余白の美>ではなく、ただ寂しいものだったが、いつの間にか<余韻>に変わっていた。
そして2009年今年の新作が、最後のコーナーで展示されていた。
「水辺の四季」 数多の水鳥たちが遊ぶ姿。
優しく柔らかな世界だった。
絵の方向性は違うが、徽宗の花鳥画、ポンペイの壁画などを思わせる、優しい優雅さを感じた。
父上の大胆な華やかさとは異なる、「可愛らしさ」が活きた絵画世界。しみじみした良さが実感できる作品はこれからも生まれ続けるだろう。

ああ、本当にいいものを見せてもらった。この展覧会は大阪店を経て、今日から京都店で行われてもいる。

嬉しいような口惜しいような・・・

今日は我らが阪神タイガースの「リニューアル」甲子園開幕日なのだった。
わたしは友人のお誘いでチケットをもらい、機嫌よく会社から飛んでいった。
毎日毎日残業なんかしてられるかい。
・・・とりあえず3塁アルプススタンド席やから、本来はここは相手チームの応援席なんだが、阪神タイガースの信徒(ファン)がマンエンしていて、広島ファンは「わかさ生活」と「ZETT」の看板の前の一隅に寄り集まっていた。
友人は今日はファン感謝デーだからというて四時から甲子園におったそうな。
お守り貰うてはる。めでたいことよ。
わたしはタイガースカードを貰って、それで喜んだ。

友人からタイガースのファンの着る黄色い応援着を貰った。ありがたいことです。早速着てみる。
しかしこの日のタイガースの試合展開は悪く、やっと逆転したと喜ぶのも束の間、あ゛あ゛あ゛あ・・・ということになり、どんどんお客も帰り始めた。
友人は遠距離の人なので、八時過ぎには涙を飲んで帰還へ。
残されたわたしは近くの席の人々と楽しく話し合う。
それでもぉアカンやろと思いつつ阪神電車に乗り込み、わが子にワンセグで試合を見せるオジサンや、近くにいた人々とわいわいはなしながら終点の梅田まで戻った。

梅田から電車を乗り換えて帰還するとと、母親がびっくりして出迎えた。
なんと阪神、9回裏で大逆転のさよなら劇があったそうだ!!!
ファンとしては嬉しいけど、ちよっと゛複雑な心境。
まぁでもよかったよかった。
・・・と言うわけで、大変疲れております。おやすみなさい。

「日本のやきもの」「茶道具と懐石の器」「茶の湯の世界」

「茶の湯の世界」の企画のうち、湯木美術館と藤田美術館の展覧会を見た。
まず藤田「日本のやきもの 桃山・江戸の茶陶」から。
ここは佇まいもいいし、展示数も丁度いいので、見終わればいつも心持ちが明るくなる。
cam147.jpg
黒樂茶碗「千鳥」ノンコウ  何度も見る茶碗だが飽きない良さがある。「ノンコウ七種」の一つと言う名碗だが、実感としてその良さに感じ入る。解説を読まずとも、素人のわたしの目に心に残る、名茶碗。可愛いなぁ・・・

栄螺置物 ノンコウ  トンガリ具合が可愛いサザエ。おばあちゃんのところに巨大なサザエ型灰皿があるが、この置物は何に使われていたのだろう・・・
ただのオブジェなのだろうか。

可愛いセッティングがされたコーナーがある。
仁清の鳥を寄り集めている。みんな香合。鶯、鴨、雁、鴛鴦・・・猫会議と言うのがあるが、そんな感じ。半円形に集まっている。色んな種類の鳥たち。特に鶯の目がキュートだった。
鴨は寒そうだったし、鴛鴦だけは首を上げている。

馬盥形向付 仁清  外側に銹絵で箍を描いている。・・・南北の芝居に「時今桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」と言うのがあり、中でも有名なのが「馬盥」の場。つまり主君による陰湿な虐めにじっと耐え、馬用の盥に注がれた酒を飲む家来という状況がある。
これは信長と光秀のことなのだが、その時代に仁清のこれがあれば、喜ばれたかも?!

色絵長角向付 乾山  華やかでステキな四角い向付。裏には乾山印がある。
cam148.jpg
乾山ブランドは本当にステキステキステキ・・・派手でいて、しかし品を落とさないところがいい。
乾山の焼き物は欲しいものばかりだ。


黄瀬戸兜皿  桃山時代の黄瀬戸は、四百年後の今もそのまま使って不思議のない「馴染み」がある。わたしは磁器ばかりを偏愛するが、中部の黄瀬戸と鼠志野だけは別。使いたい良さがある。

一輪梅香合 青木木米  幕末の陶工・木米のこの梅は可愛すぎてドキドキした。
小さくてプクッとしていて、本当に可愛らしい。親指と人差し指だけで摘まめそうな大きさのくせに、ナマイキに自己主張するような。ああ、可愛い・・・
cam149.jpg

藤田美術館へは梅田からJR東西線に乗って大阪城北詰で下車すると真上にあるが、そこから京橋まで歩いて、京阪に乗り換えて淀屋橋に出れば湯木美術館へ行ける。
わたしはそのコースがお気に入り。

「千家十職 茶道具と懐石の器」前期展に行く。
ここも小規模で、展示物との距離感の薄さがいい感じの美術館。
タイトルどおり「千家十職 茶道具と懐石の器」を眺めるが、例によって好きなものしか書かない。

赤樂三つ足蓋置 ノンコウ  やっぱり遠目から見ても可愛さが光る。わたしを呼ぶのはノンコウと乾山なのだな。
ちょっと宇宙ステーションのようで面白かった。

赤樂茶碗「三井寺」ノンコウ  割れを朱漆で継いでいる。この銘の由来はあれか、割れを三井寺の割れ鐘に見立てているのか。先祖の長次郎にもやはり赤樂で「おんじょうじ」という茶碗があり、さっきの藤田でも見てきたところだが、多分そうなのでしょうな。

赤絵兎文鉢 保全  兎が顔を上に上げている構図。可愛い?凄く可愛い?

それと即全の名がついている日の出鶴茶碗を見たが、これは保全のそれではないのか。
保全の鶴茶碗はこの十年の間に四、五回見ているが、どうもそんな気がする。
それともあれか、写したのだろうか。
img819.jpg

2017.9.10追記
こちらが北村美術館所蔵:保全 日の出鶴茶碗
イメージ (257)

惜しいというが口惜しいというか、佐竹本の業平の展示期間が3/31-4/12だったのには「く----ッッ」だった。

牛の図 宗達  宗達は牛の絵をよく描いたのか、今開催中の北村美術館の春季展のチラシも宗達の牛だった。この牛は顔を上げていて、山帰来の実が薄墨で描かれていた。

長次郎の黒樂「キリギリス」を見たが、それへの久田宗全の添え状が面白かった。
こういうのを読むのがまた楽しいのだ。

浪華名所図屏風  右隻がでていた。住吉社頭から生玉神社まで。何度見ても飽きない。いつも何かしら新八犬伝が(ちがった)新発見がある。今日は四天王寺の門前に猿回しがいるのをみつけた。

藤田には間を置いて再訪してもいいし、湯木の後期もある。どちらにしろ楽しい展覧会が待っているのだ。「茶の湯の世界」、これで四館に出かけたことになる。

「楽しく遊ぼう」

楽しい展覧会をいくつか見た。まとめる。
お菓子の博物館 初公開・山星屋コレクション 大阪歴史博物館
本に描かれた子供たち 渋谷区郷土博物・文学館
九州列車の旅 INAX大阪
ムーミン 原画と模型 大丸心斎橋
雛とミニチュアのお道具  思文閣
よくヒトサマから守備範囲が広いですねと言われるが、要は「おもしろそう」なものを見るのが好きなだけなので、「おもしろそう」なものは何であれ行かねばならぬギムがある。(ホンマはギムやないねんけど)
それで機嫌よく見て回ったけど、楽しみすぎて記憶が混ざってしまった。
まぁいいか。(よくない、整理整頓せよ!)

山星屋と言うのは大阪の菓子問屋さんで創業百年らしい。それで資料等を熱心に集められ、今回近代のオマケや容器などを見せてくれた。
(こういう展覧会には一人でなく、同世代の友人と一緒に行くのがベストだと思う)
cam143.jpg

やっぱりあれよ、親会社が何を仕出かそうと、ぺこちゃんは別よ。チラシの斜に構えたぺこちゃんは首を押したらペゴペゴペゴ?と動くやつ。わたしもこのタイプではないけど持ってますよ、あ、それとちょっと前に流行ったミニぺこちゃん各国篇が欲しい??
こういうのを見るのが楽しいし、「あっこれこれ」とか言うのも面白い。
見知らぬお客さんらとも話したりしてね。
同じキャラでも時代によりマイナーチェンジがあるから、ビミョ?な差異があって、そこらも面白いし。

グリコの1粒300メートルも色々変わってるが、やっぱりどれもかれもが親しいような気がする。ところでうちの親は生キャラメルは柔らかすぎて嫌いだと言う。やっぱりグリコがベストらしい。
わたしはビスコの胚芽いりのが好きですな。去年やたらとハマッた。
しかし全然知らないお菓子も多い。車型のヤンマードロップスなんて初めて見た。ドロップは佐久間しか知らないが、それにしてもこの「クリちゃん」とやらは知りません。
佐久間のドロップは前に一度「火垂るの墓」バージョンのが発売されて、それを持っていた。せつなすぎるがな??(涙)。

cam144.jpg
グリコのオマケはこれまでINAXを始めあちこちで展覧会があるたびに見に出かけた。東大阪にはそのオマケデザイナー宮本氏の記念館もあるので、今度是非とも行かねばならぬ。
昔のオマケはシンプルで可愛い。
わたしは’70年代のグリコのオマケを今も大事にしております。

ままごとのレンジとかも楽しかったが、わたしはままごとよりリカちゃん人形で遊ぶ人だったから、ここらとはあまり縁がない。でも見るのは好き。だからしばしばそういう展覧会にも行く。

和菓子用の木型もある。それを見ると、和の文化と言うものの奥深さを実感する。
ここにあるのはマグロの型や鶴に日の出だけど、他にもいいのがいっぱいあった。
大阪の平野区は「町ぐるみ博物館」をしていて、参加の一軒に和菓子屋さんがあるが、そこでもお菓子の木型を色々見せてもらったが、実に多くの種類があるのにはびっくりした。
あと他に京都の和菓子屋さんの看板、よく見るとこんな風に昔の木型が使われていて、面白かったな?
IMGP5910.jpg
この展覧会は明日までだが、レストランでは展示に沿ったメニューがあって、それを頼んだらミニグリコとビスコがついていた。嬉しいわ。

渋谷郷土資料館へはハチ公バスに乗って行く。
今までここで見てきた展覧会は皆アタリですわ。
今回もそう。わたしの大好きな戦前の童画の展覧会。
cam142.jpg

上野のこども図書館でも同様の展覧会があったが、こちらもいい内容だった。図録があるのも嬉しい。
「赤い鳥」「金の船」といった創成期の子供誌の後に開ける黄金時代、これがもう好きで仕方ない。「コドモノクニ」「キンダーブック」「コドモノテンチ」などなど・・・
どの絵を見ても楽しくて仕方ない。絵の中で笑う子供に合わせてわたしもニコニコ。
専門の童画家だけでなく、川端龍子、伊東深水、東山魁夷らのきれいな口絵や表紙絵もある。こういう内容の展覧会は、好きな人にはたまらなく楽しいもので、どれくらいのお客さんが来たかは知らないが、見た人は皆さんさぞや楽しかったろう。
わたしもわくわくした。

ゾウさんやウサギさんやキューピーさんたちが、遠足したりスキーしたりお菓子を食べたりしているのを見るだけで、嬉しくなる。わたしも仲間に入りたい。
それから「茶目子の一日」があった。この明るい童話は佐藤さとる「わんぱく天国」で知ったのだ。元は浅草オペラから童謡になったそうだ。
佐藤さとるのファンになったのは’78年からか。随分長いが、やっぱり今も大好き。
当初は「コロボックル・シリーズ」や「赤んぼ大将」「ジュンと秘密の友だち」などのファンタジーだけが好きだったが、段々と「わんぱく天国」のような「リアル」な物語にも愛着が湧いてきた。戦前の子供らの遊ぶ姿を活写した名作。ああ、本当に好きだ・・・

その童画の大家と言えばやっぱり武井武雄。
思文閣で「雛とミニチュアのお道具」展で武井の刊本作品などを見た。
cam141-1.jpg
武井の刊本作品についてはこちらが詳しい。本当にもう「本と言う芸術」を堪能させてもらった。あらゆる素材・あらゆる技能を駆使して生まれた体裁と、「物語」そのものの異常な面白さ!これはやはりちょっとフツーではない。
今回は「20世紀の虎」がパネル展示されていて、興味深く眺めた。
「おれは20世紀の虎だ」で始まる虎の変身譚。天宝の末年、李徴はトラに変身して野に住むようになったが、この虎は「死んで皮を残すより、人になって名を残そう」と考えるのだ。でも人である暮らしの中に湧き起こる哀しみに耐え切れず、郷里の妻子は居所不明で、とうとう禁じていた飲酒で大トラに・・・
絵も文もとても面白かった。

「ラムラム王」は普及版が今も手に入るが、「風村一代記」などは読むことさえ出来ない。
いつか読める日が来ればいいが。

ところで思文閣で見せてもらった豆道具のあまりの立派さには、ただただため息。「神は細部に寄り給う」と言う言葉をカミシメたねぇ。こればっかりは肉眼で見てもらうしか、実感が湧かないものだ。来年もまたもこれら愛玩の袖珍ものに出会えることを祈ろう。
cam141.jpg

雛道具は即ち和製ドールハウスのお道具です。
フィギュアも立体模型もその親戚。
というわけで、大丸心斎橋で「ムーミン展」を見た。

大丸はこれまでにも二度ばかりムーミン展を開催しているが、今回は原画もさることながら、フィンランドのムーミン谷博物館からジオラマがたくさん届いていた。
二次元のムーミンとその仲間たちを三次元で楽しめるのは、嬉しいことだ。
しかもとても良いデキなのが嬉しい。
博物館のサイトは日本語版もあり、とてもわかりやすくて素敵。
雰囲気がとても「ムーミン谷」しているのさ。
cam145.jpg
わたしが子供の頃は、日曜の朝には必ずムーミンの再放送を見たものだ。岸田今日子さんの声が蘇る。このアニメはマジメに見たが、それで却って原作からは遠のいていたので、案外ムーミンの人間(!)関係を知らなかったりする。
ヘムレンさんが何人もいたり、ミムラ一族(!)とか、やっぱり正体不明のニョロニョロとか・・・でも見るほどに、ムーミンではなくムーミンパパの生き方に惹かれたりする。

(福祉王国の北欧らしく)優しい孤児院で育ったムーミンパパは世界が見たくて、園を飛び出して、スナフキンの父親らと旅をする。
前回の展覧会のとき、日本のイラストレーターの人が、孤児ムーミンパパを「紙袋に入れられて棄てられている」姿で描いているのを見たのは、かなり衝撃的だった。
そんなことを思い出した。
なにも「楽園」にいるから何もかもが楽しいというわけではないのだ。
そこのところを色々と考えさせられた。

しかし何かしら楽しいことをみつけるために旅をするというのは良いことだ。
東京から巡回してきたINAXの「九州列車の旅」は「旅」がしたくなるような展示だった。

cam146.jpg
特急つばめの座席の再現や、シートの布の変遷などもあって、なんとなく社会見学気分。
わたしはあんまり特急とは縁がない。関西にだけいれば、特急料金を払うのは南海と近鉄だけで、後は皆速度は速いが別料金は取らない。しかもそんな特急に乗る必要もない。
だから新幹線の運賃体系が全く理解できなかった。
昨春北九州に遊んだときも新幹線だけが特急で、唐津や太宰府に行ったときも、普通料金の電車にしか乗らなかった。
こういう上等の列車を楽しむことがないので、感心するばかりだった。
ちょっと豆知識をいっぱい仕入れた気分。面白い展覧会だった。5/22まで開催中なので、また行こう。

楽しい展覧会は記録に残らずとも記憶に残るものだ。またこんな楽しい展覧会に会える日を待っている。



キンキ2府2県で遊ぶ

スルッと関西3daysチケットを使って遊びに行った。
私鉄王国関西一円をくまなく網羅するシステム(スルッと関西)が、この3daysカード一枚で圏内どこなと行けるよう設定されてて五千円だから、一日当たり1700円も使えば、そりゃもうニコニコですがな。
他圏の人は連続使用で通年販売だが、関西人にはバラバラ3日ただし期間限定販売。うまく使うにはちょっと遠方が入るといい。今日の目的は少しでも沢山の交通を使用、ただし遠回りや無駄はしない、ということ。

滋賀在住の狸庵さんと大津歴博で待ち合わせる。10時半。
大津歴史博物館は琵琶湖のほとりと言うか、三井寺の隣にある。
阪急一本で京都に出てもいいが、まずこのカードを買うために梅田に。次に大阪市営地下鉄に乗り淀屋橋からは京阪特急で三条、更に京都市営地下鉄、京阪京津線、石山坂本線と乗り継いで、別所駅から走る。これは私の足。10分遅刻、京津線は途中路面電車になるから交通に左右されたりする。
(展覧会の詳細は後日におくとして、どこでどのように遊んだかを書く)

歴博でランチしてから隣の三井寺を見ながら歩く。IMGP6150.jpg
佛らは旅行中で、えらい雨降ってきたし、まあ花見が目的やからこんな感じでOK!
また三井寺の駅そばの橋からはええ眺めが。ああ桜やなあ。
IMGP6151.jpg

さて三条まで戻りまして京阪で出町柳へ。思文閣でミニチュアの美にクラクラ、武井武雄の刊本にドキドキし、いいキモチで今出川河原町下ルの野村美術館や聖トマス学院そばの韓国カフェ李青でくつろぐ。
ピーチティとシフォンケーキ。IMGP6152.jpg
京都市バスで駅まで。ここでお別れ後、私は阪急で梅田に行き、百貨店の物産展で博多通りもんを買う。二年前からハマッたお菓子。
そこから阪神電車に乗り神戸元町へ。元町大丸でミロを見る。本当は明日夙川の花見がてらの予定だったが、友人の具合いがよくないから延期になったのだ。
ミロは正直まったくわからんのだが、わかるとか考えるのはやめて色を楽しんだ。
ミロの本意に背くかもしれないが、それでゆくしかない。
抽象的概念を飲み込むには、わたしのアタマは固すぎる。

雨も上がって、中華街のランタンが綺麗。
IMGP6153.jpg
しかし元町は午後7時過ぎの時点で多くの店舗が閉店。うわ・・・さみしい。
本屋さんに行き損ねたのが残念。
それで元町から三宮までは神戸市営バスに乗車。運転手さん、優しい人でした。
三宮からは阪急でまっすぐ。
駅についたとき、自分が12時間外出していたことを知る。
おお??よくやるぜ。
大阪?京都?滋賀?兵庫、と近畿二府四県のうち、奈良と和歌山以外は歩いたことになる。
使い応えのあるカードやなぁ・・・
因みに本日の交通費をフツーに計算すると、・・・・・・3420円。既に二日分使うてるやんか!
神戸に行かなかったら2550円だから、やっぱり「使って嬉しい」3daysチケットだった。
次は泉州ツアーと当麻寺・奈良ツアーに使用予定。

こちらはtanukiさんからのプレゼント、手作りビーズの蝶々。嬉しい。
IMGP6154.jpg
よく似合うとほめられて、ますます喜んだ。

林忠彦の世界

林忠彦写真展が守口の京阪百貨店で開催された。喜んで出かける。(3/31で終了)
「誘いの手紙は抽斗に紛れあなたを忘れて生きようとした・・・」というようなこともなく、招待状のハガキを渡したら、下欄だけ切って返してくれた。
だから太宰治の写真はわたしの手元にある。
cam139.jpg

この太宰だけでなく、坂口安吾が書き損じのごみ屑の中、机に向かう写真、あれも林のカメラワークだった。モノクロで多くの文士たち、敗戦後の日本の風景を撮っている。
林忠彦の名を知らずとも、いくつかの作品は誰もが必ず「見たことある」一枚だろう。
展示は周南市美術博物館からの借り出し物で、時系列に並んでいた。

カストリの時代カストリの時代
(2007/04)
林 忠彦


「カストリ時代」 この時代は当然生まれていないので、こうした資料やヒトの話を聞くだけでしか、知りようがない。
戦災孤児の姿や進駐軍兵士の腕に掴まるおねえさんとか、ショボクレたおじさんとか、そんな風景が続く。
何しろ負けたらこうなるのだ、という典型的な情景がここにある。
死ぬのも悲しいが、生きているのも哀しい。
それでもここに映し出された子どもは元気そうに見える。

「三宅坂」と言えば最高裁とか国立劇場などのある場所なのだが、60年ほど前はこんな焼け野原だったのだ。
子どもがいて、痩せた犬をおんぶしている。食べるのか可愛がっているのか、判別がつかない。

和光がPXとして活用され、銀座がGIMZAだった時代。チャップリンめいた格好の人物と、長い長い配給待ち行列の人々。
しかもそのくせ、空はカラッと晴れ渡っている。
多分こんなとき、ラジオからは「東京の花売り娘」「リンゴの唄」などが流れてくるのだろう。
泣きたくなるなぁ。

額縁ショーを写したものもあった。なかなかキョーミ深い絵ではある。
09040301.jpg
またジャン・ギャバン主演ジャンルノワール監督作品「獣人」の絵看板の下で靴磨きにいそしむ人の姿もある。きっとここのBGMは「東京シューシャインボーイ」なのだろうな・・・

日本橋の装飾怪獣を俯瞰構図で撮った作品が面白かった。これだけ見ていれば日本なのかパリなのかわからない。この時代の作品群で、唯一ある種の劣等感を感じない写真だった。

日本の写真家 (25) 林忠彦日本の写真家 (25) 林忠彦
(1998/01)
長野 重一


「文士の時代」 昔は確かに文士と呼ぶべきヒトビトがいた。チラシの太宰や安吾だけでなく、ここには実に多くの文士の風貌が写し取られている。
静かに微笑む志賀直哉、谷崎潤一郎(松子夫人と共にいる。背後には自著「春琴抄」が見える)、家具の隣に佇む佐藤春夫、仏と女の絵の屏風のある茶室にいる大仏次郎、機嫌のよい吉川英治、殆どアップの川端康成、井上靖、有吉佐和子、着流しで笑う吉行淳之介、野坂昭如、道端で銃を構える大江健三郎、ロココ調の自邸に<いる>三島由紀夫、築地塀の前に佇む着流しの柴田錬三郎・・・
名前を列挙するだけでときめいてくる。

「日本の役者」 素敵なブロマイド、肖像画、そんな雰囲気ではない写真たち。
スタジオでにやりと笑う三國連太郎・・・わたしはこの人が小学生の頃から好きで好きで仕方ない。特に50代半ば過ぎからの風貌に強く惹かれているのだが、この写真はまだどう見ても30代初めまでの若僧で、そのくせなんとも強い個性に満ちている。
写真の三國さんと目が合っただけで背筋がゾワゾワした。
「炎の人ゴッホ」の扮装に掛かる滝沢修、その滝沢と共にいる若き日の宇野重吉・・・
古賀と近江俊郎、力道山などなど・・・

こうしたシリーズものは本当に面白い。

「日本の画家」 ここからカラー作品に変わった。
東郷青児、上村松篁、片岡球子、岡本太郎、梅原龍三郎、東山魁夷、加山又造・・・
良かったのは小磯良平。カラー写真でモノクロを演出している。北欧の家具のように素敵だった。

「日本の家元」 色んな家元がいるものだとつくづく感心した。
舞う井上八千代、縁側に立つ千宗室(共に先代)、勅使河原蒼風、池坊専永、庖丁の生間流家元などなど・・・見たときに、不思議な緊張感が走った。

晩年の東海道シリーズもよかったが、それより何より一番胸を衝かれたものがある。
外国風景のシリーズ。
オーストラリア  海と高層ビルとを背景にして、五頭のキリンがいる風景。首が交差しあう空間に、キリンの穏やかな顔がある。
これは見ているな、と思ったとき、次の作品で「アッ」となった。

イタリア  煉瓦を重ねた上を白く塗った民家が並ぶ一隅、家と家の角を曲がりかかる女。黒いフードを着た女の表情はわからない。
この写真、めちゃくちゃ好きな一枚なのだ。24年前にカレンダーとして入手したもので、あんまりこの外国風景シリーズが素敵だったので、コピーをまとめて本にしたものの表紙に使ったのだ。

キリンも女も他の写真もみんな、今も手元にある。あるがしかし、これらの作品が林の仕事だとは今の今まで知らなかった。
うわーという感じ、本当に「うわー」だ。
最後の最後でアッパーカットを喰らい、リングの外どころが窓を割ってホールの外へ飛ばされたようなものだ。
くらくらしながら会場を出た。人間、どこで何を見るか・何を知るか、わかったものではない。
ちょっとコーフンしすぎて、苦しいくらいの内容だった。

こんな感じに使ってしまった・・・
cam140.jpg

「春に笑む」「花のかんばせ」「茶の湯の世界」

関西の古美術系美術館では、現在ある企画が始まっている。
それは国立民族学博物館(みんぱく)の特別展「千家十職xみんぱく」と連携してのことで、「茶の湯の世界」という関連企画である。
参加ミュージアムは26ある。共通チラシの裏には26の参加施設の資料と優待券などが書かれている。
3/12から6/2の期間に、この優待券が嬉しい働きをしてくれる。(中には6/30期限もある)
なお展覧会自体は「茶の湯の世界」を標榜しつつ、入れ替わることもある。
わたしは26のうち、14館廻ろうと予定している。
既に見てきた展覧会についていくつか書く。

「春に笑む」茶道資料館。(すでに終了)
裏千家のこの資料館にはいつもいつもお世話になっている。いいものを見せてもらえて、一度たりとも不満を感じたことはない。
立礼式でお茶までいただけるのだから、本当にありがたいところだ。
この日は「鼓月」の長命寺風桜餅だった。

清水春雨図 森一鳳 「儲かる一方」と呼ばれ人気のあった幕末から明治初の大坂の絵師。
淡彩で、人のいない清水の舞台と白々と咲く桜とを描いている。なんとも言えず静かで心が和ぐ風景がそこにある。

桃香合 宗旦好み・飛来一閑  黒い桃。桃の実物は丸いもので、洋画でも日本画でも描くときは丸く描かれるものだが、工芸品になると、不思議にどこかを尖らせたり細くさせたりする。丸くない桃なのだが、それでもやっぱり工芸品だと「桃」だと納得する。
一閑張りで黒いものだが、それでもやっぱり「桃」だった。

赤樂都鳥香合 樂了入  ちょっと見たら都鳥サブレのような形に見えた。(そんなお菓子あるのかないのかは知らないが) こういうのがまた可愛くて嬉しいのだ。

花鳥画賛 松村景文  芙蓉に似た花に小禽が休む。可愛いけれど、どうも賛がよくない。全文を理解したわけではないが、なんとなく暗いことを書いている。絵の可愛さと反するものだが、どちらが主なのかによって、解釈も異なるかもしれない。

百千鳥蒔絵平棗 圓能斎  セスナ機のような千鳥の連隊。可愛い。こういうグラフィックもいいと思う。明治から大正の作家だけに、どことなくモダン。

螺鈿梅花盆  これはいつの時代のどこの国のものか説明がないが、なんとなく明朝のものに思える。夜の梅。下弦の月は二日月。白梅の匂いが漂うような美しさがある。

茶道資料館・樂美術館・北村美術館・白沙村荘は以前から四館連携で地図を発行している。
それぞれの館から次の館へ行く道のりの濃やかな説明のおかげで、いつも助けられている。
そういうわけで、次は樂美術館。

「花のかんばせ」樂美術館。(既に終了)
リストがないのが惜しい。樂歴代の作家の「花」を描いた茶碗などを集めている。
春らしい、いい企画。

弘入 椿文蓋物  乾山写しのもので、本歌は「あいおい損保」の所蔵などで見た。色を違えてあるので別バージョンのものに見え、それはそれで可愛いし、やっぱり使ってみたくなる。

道入 黒樂「早梅」  ノンコウらしい良さを感じる逸品。薄さのために口べりが波打っている。それすらが愛しい。

覚入 赤樂「華」  昭和45年の勅題に因んでの作陶。高台が花形に刳られている。こういうところのオシャレさが素敵だ。

二階に上がる階段の際に花が生けられていた。無論のこと、樂のいいのに活けられている。
わたしは花の名前に弱いので、花を見ていたご年配の女の方に尋ねると、「サンシュユ」ということだった。実物の花と名前とが合致しないが、咄嗟に「茱茰」という字が浮かんだ。
「こんな字でしたか」と書いてみせると、褒められた。ちょっと嬉しい。
とは言え、字を知らなくても花本体を知っている方がいいのかもしれない。
黄色い愛らしい花だった。

京都で見た二つの「茶の湯の世界」だった。

4月の予定と記録

早くも四月。今月は花見もあるし、配置転換もあるしで忙しいので、地元ハイカイのみです。
東京から関八州へは5/1?5/4です。
その間に甥っ子が家に来るらしいので、ちびに会えないのだけが残念無念。

北村美術館  春季取合せ展 牛歳余春 3月14日?6月7日
京都国立博物館  開山無相大師650年遠諱記念 妙心寺 3月24日?5月10日
京都府京都文化博物館  イタリア美術とナポレオン展 3月27日?5月24日
春のコレクション展 池大雅と雛人形 2月18日?3月29日
高麗美術館  きらめく朝鮮の技—螺鈿漆器と象嵌青磁 4月3日?6月28日
思文閣美術館  愛(め)でたきもの 雛とミニチュアのお道具展 2月21日?4月5日
樂美術館  樂歴代 4月4日?6月7日
泉屋博古館  住友コレクションの中国絵画 3月14日?4月26日
京都市美術館  時空を旅する 美術にみる物語 4月4日?6月7日
美術館「えき」 田川啓二の世界 オートクチュールビーズ刺繍展 4月2日?4月22日
京都国際マンガミュージアム  冒険と奇想の漫画家・杉浦茂101年祭 3月20日?5月24日
大阪日本民芸館  茶と美ー柳宗悦・茶を想う 3月12日?7月12日
国立国際美術館  杉本博司 歴史の歴史 4月14日?6月7日
国立民族学博物館  千家十職×みんぱく:茶の湯のものづくりと世界のわざ 3月12日?6月2日
サントリーミュージアム インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学 3月7日?5月10日
大阪城天守閣  いくさ場の光景 -大阪城天守閣収蔵戦国合戦図屏風展
大阪市立美術館  小袖 江戸のオートクチュール 4月14日?5月31日
正木美術館  壷中天 中国陶磁コレクションを中心として 3月29日?5月31日
大丸ミュージアム・神戸 ジョアン・ミロ展 PARADE OF OBSESSIONS 3月25日?4月6日
西宮市大谷記念美術館  ウィリアム・モリス展 ステンドグラス・テキスタイル・壁紙 デザイン 4月4日?5月24日
白鶴美術館  春季展 3月7日?6月7日
大津市歴史博物館  道楽絵はがき−コレクターたちの粋すぎた世界− 3月6日?4月19日
松伯美術館  幽玄の美を追い求め ?松園・松篁の芸術観を育てた能楽? 4月2日?5月31日
奈良国立博物館  国宝 鑑真和尚展 4月4日?5月24日
大和文華館  花と文人趣味−清雅の美− 2月20日?4月1日
當麻寺  中将姫展 4月1日?5月20日
関大博物館 浪速の絵師 菅楯彦の画業 4月1日?5月17日
大阪大学総合学術博物館 昭和12年のモダン都市へ 観光映画「大大阪観光」の世界 4月27日?7月4日

近江八幡に行くかどうするかで思案中です。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア