美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

「染司よしおか 吉岡幸雄 日本の色 千年の彩」展 

東大阪市民美術センターで「染司よしおか」の吉岡幸雄さんの展覧会が開かれている。
「日本の色 千年の彩」というタイトル通り、空間全体に日本特有の旧い色彩が広がり、それが今に続く様を見せていた。
sun678.jpg

建物の一階部分には左手にガラスの展示壁が並ぶ。
そこをのぞくと、明治の日本画が見えた。
吉岡幸雄さんの代々の父祖は染め物業を営んでいるが、祖父とその息子であるオジは日本画家として活躍をした。
祖父・華堂は大正初めに夭折しているが、やさしい色合いの、四条円山派らしい絵を残している。
「狗」と題された絵は幼い子犬を真正面からとらえたもので、なんとも愛らしい良い絵だった。
わんこの愛らしさにドキドキするようだ。

次に、法隆寺の壁画のデッサンが現れた。
日本画家・吉岡堅二の絵だった。
染め師・吉岡幸雄のオジは吉岡堅二だったのだ。

ここには鮎の絵が出ていた。
色彩感覚の優れた人らしい作品だった。
吉岡堅二の弟子に加山又造さんがいる。
師弟共にうるわしい色彩を駆使していたことを改めて想う。

そんな家の子でありながらも当代の幸雄さんは最初は家を継がず、別な仕事に携わっていたそうだ。
やがて父祖の業に就き、それからは明治以前の、植物染めに邁進され始めた。
その仕事が二階の展示室に広がっている。

階段を上がると、五色の糸を縒り集めた大きな綱が上からさがっていた。糸は長く伸ばされ、その先は随分長く続く。
東大寺の大仏開眼の折の綱の再現だった。そしてこれはサントリー美術館が今の場に開館したときに、三階と四階とをつなぐ階段に設置された、祝いの綱でもあった。

その糸の下を通り抜け、展示室の扉にかかる藍染の暖簾のようなものを横目に見て、中に入る。
そこに三月のお水取りのときの「椿造り花」の束があった。
ああ、と思った。
これもサントリー美術館で見ている。
和紙の美を紹介した展覧会で。
09102803.jpg

法隆寺、東大寺、などの古代から連綿と続く寺院のために作られた染物が並んでいた。
まず、寺院の幡がいくつも見受けられた。
配置のよさもあり、ますます好感度が高まる。
同行の友人が染色や染織に関心があり、非常に熱心に見ていた。
触りたそうなのを「こらこら」と笑いながらとめたが、そんな焦燥感に似た欲望を、見るものに齎すほどの力が、そこにある。
古代の色の取り合わせは、今の日本人よりむしろ少し以前の朝鮮の人の好む配色に近いと思った。
古代の三国間の文化の行き来と嗜好とを思う。

初代龍村平蔵の復元した獅子狩文錦を思い出す展示があった。
法隆寺に納められた「四騎獅子狩文錦」の2.5Mの長さの再現もの。その映像を見る。
織り子さんたちの苦難、やっと軌道に乗っても一日に9mmしか出来上がらない錦。
昔の技術というものへの尊崇の念が湧き起こった。

そして古代の技術を今に生かして拵えた数々の装束や幡。
色の微妙な美しさ、和名の繊細な優美さ、何もかもにときめいた。
特に東大寺の伎楽装束は見ていて着たくなるものがいくつかあった。
わたしも友人も、「コスプレするなら天平時代」のヒトなのだ。

夾纈染の幡がまた可愛らしい。
木を真ん中に向かい合う鳥の文様。この柄の起源についての話を思いながら眺めるのも楽しい。
近年、実際に伎楽が東大寺で行われたとき、活躍した獅子も展示されていた。
「黄色」と一口で言えない色合いのものを身につけた獅子。

色の名前は現代日本語も英語も、言葉足らず・語彙不足でしかない。
昔の言葉のなんという豊富さ。
ただただ感心する。
sun679.jpg

次へ移ると平安の世が現れる。源氏物語を色で再現する試み。
物語を思い出しながら染められた色を見て歩く。
人々のイメージの色。染め師の感性の豊かさ。
あおにびいろ、はなだいろ・・・わたしの好きな色はほかにもある。
支子・・・くちなし。刈安の色にも近いように思う。

岩清水八幡宮の花神饌が十二ヶ月分あらわれた。
こちらも見た記憶がある。やはりサントリーで。
可愛くて可愛くて仕方ない、フィギュア。
神様のための可愛いフィギュア。
どの月の花も、選ばれ、添えられたいきものも、皆とても愛らしい。

本当にいいものばかりを見てとても気持ちいい。
そして最後の一室では、「藍より青」として、青い染物があった。
青いウスバカゲロウの翅のような布、行灯、屏風・・・
暑熱を忘れさせてくれる「青」だった。

展覧会は8/28まで。
スポンサーサイト

花卉草蟲 花と虫で綴る朝鮮美術

高麗美術館「花卉草蟲 花と虫で綴る朝鮮美術展」に行った。予定ではもう少し後日だったが、ここ近日の訃報や追悼記事で神経が傷み、静かな古美術の世界に遊びたくなった。
sun673.jpg

高麗美術館へは四条堀川からバスで向かった。
9系統で行き来してるからそれを待ったが、後から調べたらそこからなら46でもよかった。少しばかり遠回りだが。
ただし帰りは頑なに9を待った。以前4に乗り深泥池を経由したとき、たいへん心細くなったのだ。

さてスリッパにはきかえ、一階の展示室へ向かう。左手に少しばかり階段を降りると、番犬のように、狛犬のように座り込む獅子の背中が見える。撫でたいのを我慢して室内へ入ると、朝鮮美術が出迎えてくれる。
sun674-1.jpg

蝶々の形が可愛い金具のついた棚がある。
以前から朝鮮の古い家具に興味があるが、やっぱりほしくなる。可愛いし、しかも機能的な作り。

その蝶々を象った燭台もいい。
わたしはやっぱり東洋の古い装飾が好きだ。

展覧会の解説版に可愛い花がついている。どれからかなと思ったら、チラシの下部にある角鉢の絵から来ていた。
可憐な花の文様は撫子かもしれない。
sun675.jpg

蝶々にもバッタにもカマキリにも蝉にも、漢字語圏の国では良い意味合いを見いだす。
バッタの場合はそうなのかどうかはしらないが。
(なにしろ集団化すれば飛蝗に変身する。バッタの単品の変身は仮面ライダーだ)

蝶々と猫のカップリングは吉祥ものらしいが、どちらも好きな私にはホクホクものだ。我ながらエエものが好きやったのね~と嬉しくなる。
今回ここにあるのは「猫と蜂」。sun676-2.jpg
蝶ではなく蜂。画家はあえてハズシたのかもしれない。
茶のとらやんというよりキジさんらしき猫、鋭くも愛嬌のある眼を一心に蜂に向けている。右の前手の肉球が可愛い。
蜂と猫との間に線を引くような木花の枝が、緊張を緩和する。
この絵は昨春、「あなた選んだコレクション名品」展にも出ていて、今回こうしてカラーものが手に入って嬉しい。

鳩の絵が二枚あった。福岡市美術館蔵のものが本歌で、高麗美術館のはそれをお手本にしたものらしい。
つがいの鳩(白黒の鳩)の雄が首を傾け、雌が黙ってよりそう構図。

タイトルにもなった「花卉草蟲カキソウチュウ」図の右幅は牡丹に蝶、土もとにはカエルもいる。(春)、左はケイトウと芙蓉に蝶やトンボにバッタ。
季節の流れが現れている。
sun676.jpg

虫愛づる姫ではないが、わたしは蝶に蝉にトンボは大好きだ。
時折伊丹や箕面の放蝶館に行っては、ドーム内を飛び交う蝶の国でくつろぐ。
黄色い服を着ていくと蝶たちもこの侵入者を少しばかり歓迎してくれ、止まってはあちこちをチェックするのだった。

青花花蝶文瓶がガラスケースの中でゆっくり、静かに回転していた。機械が回転させているのだが、どちらかといえば、瓶自体がくるくると舞いながら自分の全体に描かれた花や蝶を見せびらかしているように、見える。
その意図にすっかりはめられて、わたしは喜んで眺めている。
sun676-1.jpg

両班(ヤンパン)の男性が所蔵していたらしき文具にも、可愛らしい。
硯は花に囲まれているが、水注などはガマちゃんたち。
tou174-3.jpg

刺繍で綴られた屏風もあった。刺繍で絵を描くのは本当に大変だ。こちらは花鳥図。チョウでもチュウでもない。しかもニガテなやつがいるのでパス。

芥子に埋もれるように、くちづけるように、蜜を吸う蝶。愛の行為。
15~16世紀の絵画。
sun674.jpg

螺鈿工芸の美にもときめく。ここにはブドウにリス。日本語だと「武道に利す」だが、朝鮮や中国ではそんな語呂あわせではないが、見慣れた光景。
多少雑な感じもするが、可愛さばかりが目に残る。
sun677.jpg

ああ、明るい心持になってくる。
工芸品の美と優しい絵画とが本当に嬉しい。
また今回は河原町今出川の李朝喫茶「李青(りせい)」の出張カフェが8/12~14まであるそうだ。本店でくつろいだことがあるが、とてもおいしかった・・・

展覧会は8/28まで。

アゴタ・クリストフ追悼

小松左京の訃報を知ってしばらくしたら、今度はアゴタ・クリストフの訃報を知った。
予想もしていなかったので、本当に驚いた。
彼女が75歳だということも弁えてなかった。
デビューがこの25年くらいの間だったからだ。
「悪童日記」、「ふたりの証拠」「第三の嘘」と三部作があり、双子のどちらかの後身らしき男を主人公に置いた「昨日」までを読んでいる。
戯曲の「怪物」「伝染病」は読んでいない。戯曲は好きだが、読んでいない。

双子萌え、という現象がある。わたしは子供の頃からどうにもならないほど「双子萌え」に灼かれている。
わたなべまさこの多くの女児たち、車田正美の剣崎と総帥、サガとカノン、森脇真朱味の英一と英二、川原正敏の虎彦と狛彦・・・
他にも多くの双子に惹かれてはくらくらしている。
そんなところへ名を明らかにされない双子が現われたのだった。

双子は父親を陥れてから、片方は向こうへ行き、もう片方は元の地へ戻る。
別れてから二人の名が顕われる。
リュカとクラウスである。
しかしどちらがどちらかなのかは本当のところはわからない。
目の覚めるような美青年に育った「双子」の行く末は続編に写し撮られているが、やはりある種の惜しさに蝕まれながら読みふけっていた。

わたしは一人称小説がニガテなのだが、デュラスとアゴタのものには惹かれた。
「昨日」は往年のフランス映画のような作品だと思った。
「昨日」は読むほどに苦味の増してくる「小説」だと思った。
「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」は「物語」だとわたしは勝手に分類している。
そして「昨日」は小説だと思って読んでいる。
時々日常に苛立つとき、「昨日」を思い出す。そのたびに黙ってわたしは日常へ戻る。
「昨日」はそんな苦味のある小説だった。

何かのインタビューかエッセイかあとがきか忘れたが、デビューしてしばらくはアガサ・クリスティのもじりだと思われていた、ということを書いていた。
わたしは少し笑った。

どうにもならないことを書いている。
アゴタ・クリストフが死んだ実感がないからか。
残された作品を再読し、未翻訳の作品を待ち望み、そしてそこで終わるのか。
遠い異国に、こんなどうにもならない思いを抱えている者がいることなど、彼女は知る由もないのだ。
そうしてわたしは、なんにもならない思いをここに残すしかない。
アゴタ・クリストフのために。
彼女のファンであるわたしのために。

小松左京追悼

夕方ツイッターを見たら小松左京の訃報が流れていた。
80歳だと言う。残念だが、そうは驚かなかった。
ただやはり、もう完全に新作は読めないのだと改めて思った。
十年以前に新作はなくなっていたから心のどこかで折り合いがついていたのだろう。

わたしは「日本沈没」はタイトルしか知らない世代で(近年のリメイク版ではなく、日本中に大ブームを起こした元祖の方)、わたしにとっての小松左京は「復活の日」の作者であり、「さよならジュピター」の製作総指揮者であり、恐怖小説「穴」の作者なのだった。
「復活の日」は'80年に映画化され、草刈正雄の美貌と南極ロケとジャニス・イアンの名曲が今もふとした弾みで脳裏に思い浮かんでくる。
二度ばかり映画館で見たが、やはり胸に迫るものがあり、二度とも泣いてしまった。
今もよくわたしは“It’s too late”と言ってしまうことがあるが、それは映画のセリフだった。清浄な南極から死の都市と化したワシントンへ向かったのは、核ミサイルの制御のためだったが、それが間に合わなかったときのセリフ。
それに対して、共に出かけたアメリカ人は最期に教えてもらった日本語を口にする。
「人生ハ イイモノダ」
この遣り取りは30年経った今も心に刻み込まれている。
やがて南極へ戻ろうと旅を始める吉住(草刈正雄)は徐々に正気をなくしだす。
たった一人で、誰も生存していない地球を半周歩き続けるのだ。
そして最後には南極の人々との感動の再会がある。
そこへジャニス・イアンの名曲“You Are Love”が流れ出す。
今もジャニスの歌と言えばこの曲と「岸辺のアルバム」のテーマ“Will You Dance”がすぐに脳内再生され、同時に映像が浮かんでくる。
30年以上そうなのだから、もしかするとこの先もそうかもしれない。

「さよならジュピター」は完全にご本人も映画製作に携わっていて、Tシャツを着ている姿を見た記憶がある。ユーミンの「ヴォイジャー 日付のない墓標」も名曲だった。
こちらは主演が三浦友和だったが、本当はやっぱり草刈正雄を置きたかったそうだ。
しかし彼のスケジュールが合わず、それで友和が主演になった。
小松左京は草刈正雄の風貌を思いながらこの原作を拵えていた、というのを当時何かの雑誌で読んでいる。

子供の頃からSF小説が好きだった。たぶん特撮番組を見て育ったからだと思う。
3つ下の妹はそれを見なかったので、いまだにSF小説も映画も嫌いだという。
オジの妻たるオバは小松左京のファンだった。
あるとき訪ねると左京さんの文庫本を貸してくれた。
今は隣家にいるから行けば何のタイトルかわかるが、ちょっと今はタイトルが思い出せないが、「四次元ラッキョ」「穴」「戦争はなかった」などの短編をよく読んだ。
特に「穴」はトラウマになるくらい怖かった。今もダメ、再読する勇気はない。読んだのは’77~’81年の間のいつかなのだが、いまだに怖いし、キャラの名前は忘れていても、ふとした弾みで描写が思い浮かんでくる。

その「穴」の怖さを友人に語っていると、「くだんのはは」の方がもっと怖い、と言われた。
実際、「くだんのはは」は非常に怖かったが、わたしは「穴」の方が神経に響く。
石森章太郎(名義の頃)がコミック化しているが、それがまたどうにもならないくらいよく出来ていて、たいへん怖かった。むしろ原作より怖かった。

「終わりなき負債」も好きな作品だが、絶望的な物語だった。
どうもこうして考えると、案外私は小松左京のホラー系の方が好きな読者だったのかもしれない。
長編は案外好まなかった。だふん、最初に読んで夢中になったのが短編だったからかもしれない。

そういえば、’79~'80年頃わたしは松本零士に熱狂していたが、彼の初期作品にしばしば、日本のマンガの黎明期頃の作品が重要なアイテムとして登場することから、いくつも名を覚えた作品がある。
そのうちの一つがモリミノル名義の小松左京原作マンガだった。
近年になり、そのモリミノルの本が刊行されたが、書評で初めてモリミノルが小松左京だと知ったのだった。未読だが、このことを思うと、なんとなく心が温かくなる。

そうこうするうち、色んな場面で小松左京をよく見るようになった。
大阪の花博などである。大阪から失われゆく文化を護ろう、新しい文化を育てよう、そんな風な活動をしているように見えた。

手塚治虫、司馬遼太郎、開高健、そして小松左京・・・大阪に生まれた偉大な頭脳がまたいなくなってしまった。
ひどく残念だと思う。
しかし今は静かにご冥福をお祈りしたい。

橋口五葉展

千葉市美術館での橋口五葉展はたいへん美麗な作品があつまり、その空間に佇んでいるだけで、ときめきがとまらなくなった。
五葉の大掛かりな展覧会は'95年のデパート展以来なので、楽しみに出かけると、これが予想以上に素晴らしい造りだった。
sun671.jpg

五葉は40歳と言う若さで亡くなっているが、世に出る以前から見事な絵を描いていた。
今回はそのあたりもたくさん出ている。
そして五葉の仕事――多岐に亙る活動はスキマなくその生涯を貫き、本人もまさかここで斃れるとは予想もしなかったのではないか。
仕事の見事さを見ていると、いつもそう感じる。
衰えも頽廃も退屈もなく、若いうちからその早すぎる晩年に至るまで、何もかもが煌いていた。

最初期の仕事を見る。
南国育ちの少年は色彩感覚も明るく派手で、習作時代の絵にもどこかしら華やかさがあった。
後年、膨大なスケッチが生まれるが、それもモノクロと言う感じはなく、執拗な描きこみが却って光を呼び込んでいるようにも見えた。

装飾的な作品から始まる。
小襖に使われたのか、金箔地に草花が咲くものがある。
そして女と孔雀のいる情景を屏風に仕立てた作品は、ラファエル前派の影響を受けているように見えた。
五葉と言えば日本のアールヌーヴォーの代表の一人と言うイメージもあったので、これらの作品群には新鮮な驚きがあった。
孔雀自体も円山派や狩野派のそれではなく、むしろアメリカのホイッスラーに近いものがあった。
その一方で女はインド風な味わいがある。その時代の日本にインドへの憧憬があったことを思うと、ふと優しい微笑が浮かんでくるようだった。
sun672.jpg

絵の美女はそこに始まり、やがて多くの面長美人が現れだす。
丸顔美人を好んで描く画家、瓜実顔の人、色々な嗜好があるが、これだけ面長な女の顔を好んだ画家は他にいないのではないか。
そんな風に思うくらい、全ての女の顔は長く、そこに美麗な目鼻が収まっている。
一つ一つ丁寧に見て歩くことが楽しい。

明治浪漫主義が五葉の身にも流れている。
そのことを感じつつ作品を眺め歩くが、やがてアールヌーヴォーの気配が濃くなるのを思う。


明治中期までの洋画は日本家屋にも合うような横長の作品が多かった。
五葉にもそんな作品がある。
「天女」「風俗図」などである。
「天女」は天平風俗な女と、それに続くような楽隊の女たちが描かれている。楽隊の女たちの後背には光の輪が見える。元の色なのか経年変化によるものなのか、画面全体は優しい暖色系に覆われている。

五葉の下絵の魅力にも強く囚われる。
印度美人のいる風景が様々に描かれていて、それを見るだけでも時間が過ぎる。


「ホトトギス」などの表紙絵が出てきた。
そして同時代の絵はがきたちたち。
明治中期に絵はがきの大ブームがあり、そのときに生まれた膨大な絵はがきは今日にも多くのファンを持つ。
ここに並ぶ絵はがきは、どちらかといえばヴァラットンあたりが喜んで描きそうなもの。

五葉の装丁の仕事は彼の全作品のうちでも特に名作が多いと思う。
装丁、ポスター、木版画、とわたしはそんな風に好んでいるが、本当に巧いものが多い。

吾輩ハ猫デアルの上中下巻、虞美人草、などなど・・・
mir670-2.jpg
漱石の作品の装丁はやはり五葉でないと魅力が半減するように思う。
IMGP2529.jpg

口絵を見る。漱石の作品群の中でも「幻影の盾」「薤露行」がとても好きなのだが、この口絵を見ていると、ロシアのビリービン、イギリスのラッカム、やはりロンドンで活躍したカイ・ニールセンらの美麗な絵を想うのだった。
遜色のない作品群。しかしこれらは五葉オリジナルではない。

sun672-1.jpg

五葉は漱石だけでなく鏡花の装丁にも素敵な仕事をした。
モリス商会風な「相合傘」、本の表紙と橋脚の立派な柱とをうまく配置した「乗合船」、黄色と群青の地に短冊・扇面と可愛らしい花々をあしらった「国貞えがく」、そして初夏らしい飛び交うツバメたちに紫の花菖蒲を配した「遊行車」などなど・・・
鏡花は美意識の高い人でいろいろと注文もあったろうが、五葉、雪岱、清方、三郎助らの仕事には常に満足していたそうだ。

ポスターやパンフレットの仕事もまた魅力的だった。
日本郵船の欧州航路向けのそれはセゼッション風な字体に五葉の日本美人と様式的な植物を併せたもので、さぞや人気があったろうと思われる。

袱紗の図案なども、琳派の雪佳とはまた方向が違うものの、優雅な出来だった。

三越のポスターも有名なもので、よく知られていると思う。
黄色と群青の取り合わせがここにも見られることに、改めて気づいた。

今回チラシを飾る「黄薔薇」が現われた。薔薇だけでなく、野の緑と黄色い背景がある。
薔薇を手に持つ美人は群青色の着物を着て、もう一人の美人は紫地の着物を着ている。
この取り合わせはやはり南国特有のものだと思う。
上方や東京にはない色あわせ。
それだけに新鮮でもある。
三越も薔薇も、どちらの美人もみな二百三高地らしき髪型をしている。

耶馬溪のスケッチもいいが、やはり裸婦のスケッチが心に残る。
執拗なほどに描き続けている。
ここには展示されていないが、以前福富太郎氏のエッセーで、五葉の春画を見たことがある。
様々なポーズをとる裸婦たちが時間の経過により情交する、シーンを写し取られた・・・
そんな雰囲気のあるものだった。

それを見ているものだから、どうしてもこれら裸婦スケッチ群は、情交の前段階の姿に見えてしまう。もしくは事後にも。

sun672-2.jpg

最後に木版画の世界が広がっている。
'95年の回顧展では主に装丁と木版画がメインだった。
ここにいる美人たちとは皆さん、随分前から知り合っている。
回顧展だけでなく、過去20年の間に見た様々な展覧会にも、彼女たちはシバシバ出演している。
嬉しい気持ちで彼女たちに挨拶してから、会場を後にした。
展覧会は7/31まで。

蕗谷虹児展

既に終了したが横浜そごうの「蕗谷虹児展」はいい作品の並んだ展覧会だった。
sun663.jpg
先に刈谷市美術館で始まったこの回顧展は、'91年の展覧会以来の大掛かりなもので、虹児の記念美術館のある新発田市、挿絵の弥生美術館などから叙情画の名品を集めるだけでなく、パリ時代の作品なども列べている。
弥生美術館では'07年四月に展覧会があり、そのときも大いにときめいた。
sun665.jpg

冒頭に「天保六歌仙」が現れる。芝居で人気のキャラたちが描かれている。
さらさらと墨で描いたもので、後年の作とはまた違う面白さがある。
イナセさが出ているように思う。

習作時代の頃からこんなに巧いのだから、どうにもならない。
タブロー画家を目指しても挿絵の仕事が追いかけてくるから断念するほかない、というのも納得がゆく。
虹児の挿絵・口絵の魅力は大きすぎる。当時の人々が望んだ以上の美がそこにある。

叙情画や商業芸術については、わたしの場合、好き過ぎるので、本絵に劣るとは全く思わない。
むしろ虹児のタブローがパリのサロンに当選したのも、異国趣味という意味で喜ばれたからではないか、と多少つめたい考えがある。
実際にパリ時代の絵を見ても、いいと感じるものは少なく、パリから日本の雑誌に向けて送られた作品群にこそ、ときめきを感じる。

今回の展示にはその頃のアールデコの影響を受けた作品があまり出ていないのが残念だった。虹児の<パリの香り>漂う作品群に惑溺した少女たちは、決して少なくなかったろう。

初期の頃の虹児の叙情画を見ると、二つの特色があるように思う。
カラーものの場合、その配色の豊かさに改めて感心する。
取り合わせが他の人とは違う。これが虹児の魅力の柱の一つだった。
そしてペン画の場合、パリに行く以前はアールヌーヴォーの影響をうけているが、それもどちらかと言えばポーのための挿絵画家たちのように、闇黒に白線・点描が走るようなものだった。その妖しさに強く惹かれる。

虹児の主戦場たる「令女界」に発表された「さみだれを聴きつつ」などはペン画の魅力を存分に味わえる。
窓・カーテン・壁・ソファ・クッション・少女の着物・人形。
これら7点は、全て異なる文様が描かれている。
sun664.jpg
窓とカーテンの大きな渦巻き、ソファの連続した小さな渦巻き、それらは共通しているようでいて、実は似ていない。線描の違いが活きている。
その線描の違いが、それぞれの物質の質感を感じさせてくれるのだ。

虹児の後の恩人の一人に竹久夢二がいる。
虹児はこの困った先輩を大事にしていた。
夢二も虹児を可愛がり、最初に世に出る道を開けた。
彼らに共通するものは母恋の念と、絵描きであり、詩人である、ということだった。

夢二の詩は今なら「宵待草」がいちばん知られている。歌曲として今も歌われている。
この時代の叙情画家には詩心のある人がいて、それに魅力的な曲がつけられると、見事な歌曲になり、人口に膾炙する。
加藤まさを「月の沙漠」も知らぬ人はいない。
虹児には「花嫁人形」がある。
(大正期には絵と歌の幸福な関係があった。たとえば童画運動には童謡運動も深く絡んでいて、童画より年長さん向けの叙情画もまた歌曲を望まれていた)

ここに虹児の「睡蓮の夢」があった。
アールヌーヴォーの線描を用いた魅力的な絵と、哀しい無残さのある詩が並ぶ。
sun661-1.jpg
詩にうたわれる蝶は今回の展覧会でチケットの絵として、チラシについで人々の前に現われた。
横向きに立つ美麗で繊細な蝶は、詩の中でやがて無残な死を遂げ、その死に傷んだ睡蓮は蝶を抱き寄せ、花の奥深く包み込み、二度と花を開こうとしない。

ところで今回の展示には挿絵関係が殆ど出ていなかった。
吉屋信子と組んだ「海の極みまで」「花物語」などが出ていないのは、やはり勿体ない。

「テラスの秋」を最初に見たのは、まだ展覧会に行く以前の、'80年代後半の頃だった。
ある製菓会社のキャンデーの箱の絵としてこの絵に出合った。
今もわたしの机の小間物飾り棚に鎮座ましましている。
sun661-2.jpg

やがてフランス留学時代の絵が現われる。
前述のとおり、わたしはかれのタブローに関心が湧かないのでただ眺めるだけだった。
あの当時の日本にいる大勢の少女たち同様、仏蘭西からの「虹児先生の巴里通信」を待つ気持ちが私にも活きている。

実際に令女界に掲載されたパリをモティーフにした絵は何もかもが素敵だった。モノクロのペン画もきらびやかで、華やかに軽快さもあって、トキメキが増すばかりだった。
刈谷市美術館でのチラシはその時期の「パリ人形」を採っている。
sun662.jpg
それまでとは画風も変わっているが、ファンの期待を決して裏切らない、魅力的な作風だった。

「旅の絵だより 出帆」の少女は彼の幼な妻りんをモデルにしている。
「船 形見のおうぎ」もそうかもしれない。
sun661-3.jpg sun663-1.jpg

パリで生まれた子どもを描いた作品は、ちょっとばかりひいてしまった。
竹中英太郎の絵のようなどこか怪しさがある絵になっていた。
なんでわが子をそう描いたのだろう。

今回の横浜そごうのチラシ「ザクロを持つ女」は'91年の展覧会ではセピア色のモノクロ図版でしか展示されなかった。これはパリのサロンに出たもので、'91年当時ではまだ「幻の」絵だったのが、'07年の弥生での展示から世に出たのではないか。
sun660.jpg
配色の綺麗さに強く惹かれる。
'20年代のパリ女性の魅力が煌いて、胸を衝く。

豊かな実りは画業にあったが、日本に帰るしかない状況が来る。
日本でタブロー画家になることはできなかった。
本人の無念さは本当に気の毒だが、やはり虹児の叙情画を見ていた人々の願いは大きかったのだ。
sun666.jpg

帰国後の作品はいよいよ華やかに、優しい魅力にあふれている。
しかしとうとう軍靴の響きがそこまで来てしまった。
叙情画を描くことが許されなくなったのだ。
その隠忍の時代も過ぎて、今度は嗜好の変容があった。
だが、虹児の作品は滅びることはない。
今度は名作童話の口絵・表紙絵と絵本の世界が開かれた。
sun661.jpg
アールヌーヴォーともアールデコとも縁を切ったような画風だが、絢爛な色彩で明確な描線を包み、健全な楽しみにあふれた可愛らしい世界だった。
実際に自分が見たことのあるものもない、とは思えなかった。
世代は違うが、懐かしいような絵だからだ。
アラビアンナイト、安寿と厨子王、おやゆび姫、人魚姫・・・
見ているだけで楽しくなる可愛らしさがある。

そして晩年には清楚な少女の絵が生まれる。
また東映動画の初のカラーアニメーション作品「夢見童子」がある。
今回、初めて全編を見た。
線描の美麗な繊細さに目を瞠った。
点と点のつながりが線になり、それが草花になり、蝶や光にもなる。
童謡が流れ、優美な動きを見せる少年少女が現われる。
メタモルフォシスの面白さ。
観念的な物語の流れ。
実験的作品と言われるだろうが、本当に優美な作品だった。
初期の東映動画の<動き>の滑らかな優美さの秘密を知った気がする。

いいものを見てとても心地いい。
前回の回顧展も弥生のそれも今回に遜色のないもので満足しているから、この20年の間に蕗谷虹児を三度も堪能できたことになるのか。

ただ一つだけ惜しいと思ったことがある。
「ロスケパン」という絵が先行の図録にも、他の画集にも載っていず、今回のものにだけあるのだった。
「ロスケパン」は小さい男の子が手に大きめのパンを持って「坊ちゃん、嬢ちゃん、買っておくれよ ロスケパン」と呼びかける情景を描いたものである。
革命から逃れて日本に渡ってきた白系ロシア人の子どもが、ロシア風の大きなパンを売り歩く姿。今も「ロシアパン」と呼ばれる昔ながらの大型パンがあるから、その当時にはこの情景はよく見かけるものだったろう。

この一枚のために図録を買うかどうかで悩み、保留しているわたしなのだった。

カレル・ゼマン 少しばかり・・・

松涛美術館のカレル・ゼマン展は24日で終わった。
sun667.jpg

感想を書くのが少し難しかった。

わたしの愛する「クラバート」の映像を見つけたので紹介する。
こちら

物語については以前詳しく書いているが、オトフリート・プロイスラーの全作品の中で最も酷愛する作品なのだった。
そのときの記事はこちら
後日また少しばかり書いてもいる。
ラストシーンについてのことなど。
11072401.jpg

この映画は20年ほど前に偶然TVでみたのを録画したが、今回youtubeにも画像があるのを知って嬉しく思った。
ゼマンのほかの作品もそこで見られるようだ。

ゼマンの世界は今のSFとは違い、手作り感あふれる「空想科学」風で、その辺りが楽しかった。
今度は関西で見てみたいと思う。
sun668.jpg

武者絵 国芳から芳年まで

UKIYOE-TOKYOでは武者絵展をしている。国芳とその周辺を中心にした作品を集めていて、気軽に眺めて歩いた。
SH3B05840001.jpg

初見は国芳の「燿武八景」シリーズ。多くは夜景のように見えるが、スケールが大きい。
堀川晴嵐・江田源蔵、鳴海夜雨・稲川良音、粟津夕照・巴御前、東大寺晩鐘・悪七兵衛景清、石山暮雪・鈴木重幸、五条秋月・牛若丸、琉球帰帆・源為朝、北京落雁・藤原正清。巴の憂いがちなまなざし、笛を吹く牛若の優美さ、為朝のもとへ泳ぎ来る家来・・・

壇ノ浦を描いたものが三枚あった。
国貞のは、二位尼が安徳帝を抱き参らせて今しも海に沈まんとする様子、貴人が源氏方に捕まる姿などが見える。
国芳のは波のうねりの大きさが目立つ。
芳員は浴衣の柄風な波を描いている。

国芳 和漢準源氏シリーズがあった。源氏物語のタイトルに日本と中国の歴史・ハイシのキャラたちをなぞらえている。
「早蕨・唐土・行者武松」は虎をボコッている。
「桐壷・秩父庄司重忠・一の谷鵯越勇猛」は伝説にあるとおり畠山重忠が「馬を怪我させてはならん」と馬に目隠しをして手足を縛って自分でおんぶしている。

芳虎も師匠同様、大物浦を描いている。ここでの平家の亡者たちは殆ど魚介類に変じつつある。知盛にしてもドクロをつけているが、そいつにおでこを噛まれているのも可愛い。

国芳以前の絵で酒呑童子退治の絵があった。勝川春亭の鬼退治図。
首が飛んで頼光のカブトをガブッッッの図である。
武者絵の代表はやっぱりこれだったと思う。
やがて水滸伝ブームが起こり、そこへ国芳がドーンッとフルカラーのかっこよすぎる好漢たちを描きぬいたものだから、世間が沸騰したのだな。
想うだけでときめくね。


芳年の絵は明治以降に大変身を遂げたけれど、武者絵に選ぶ題材は、むしろ師匠の初期の時代へ回帰しているようにも見える。
明治の世がどこまで武者絵を好んだかはわからないが、市井の人々は江戸からの延長で暮らしているので、芳年の生きた頃までは、そんな大掛かりなパラダイムシフトもなかったろう。
今回も芳年のヒダヒダな描線を楽しむ。

平安時代の大盗・袴垂保輔vs鬼童丸の術競べ、渡邊綱の鬼の腕斬り、魯知深が酔っ払って金剛像を打ち壊すシーンなどなどが、迫力満点で並んでいる。

近世侠義伝シリーズの木隠霧太郎は横に添えられた文字も少しばかり読めた。
この男は仇持ちの大鬘な着流し男で「藤井数馬と二世を契りて荷膽とし云々・・・」なにやらちょっとフ女子ココロをくすぐるなぁ。

芳年武者无類シリーズも面白い。
義経と能登守を描いたものが特にいい。八艘飛びをする義経を追おうとする能登守を背後から捉えている。
こんな構図は初めて見た。明治19年の作だから赤色も濃い。

こちらも機嫌よく見て回った。

破天荒の浮世絵師 国芳 後期

やっぱり 国芳が好き

太田浮世絵記念美術館の国芳展後期に出かけた。
前期感想はこちら
後期は戯画・狂画、美人画、洋風画が集まっている。
昨春、府中で国芳の戯画系を大々的に集めた展覧会を楽しんだので、こちらはいいかと思いつつ、やっぱり国芳が好きだというキモチに推されて見にゆくと、開館間際にも関わらず、随分繁盛していた。

諧謔精神がイキイキしている。
幕末の市井の人の日々の楽しみが活きている。
安価で求めやすい、分かりやすい、楽しい作品がどんどこどんどこ出てくるのだから、当時の人々は面白いココロモチでいたことだろう。
今の我々にはわかりにくい地口(一種のギャグ)や判じ物がてんこもりで、愉快なキモチで買っていったに違いない。
尤も好き嫌いは何にでもあろうが。

肉筆画をたのしむ。
舌切り雀図 葛籠からオバケが飛び出すシーン。キュウリ持つ河童や巫女姿のゾウなどもいて、これじゃあたまらない。しかし飛んで驚く婆さんも、欲深ついでに「シメシメ、こいつらを見せ物に売りとばしてやろう」くらい思えばいいのに。←こらこら。

甲子大黒図 庚申待ちはよく聞くが、甲子待ちという行事もあったそうな。頬杖の大黒さんがニコニコしている可愛くてめでたそうな図。

さて版画へゆく。 
晩年の怪作シリーズ「人かたまって人になる」は評価は高いが私はあんまり好まない。
それよりも猫、狸、金魚らに人のナリをさせたものや、天狗、福禄寿らの戯画の方が楽しい。それからオバケ関係。

かさねのぼうこん これは人の身体を集めたものでもあるが、ちゃんとかさねらしいのが面白い。怪談累ケ淵などで有名な鬼怒川のかさねの因果噺である。
80人の年寄りとか幽霊の髪とか、なんでそんな発想がわくのか、とそちらにもただただ感心する。そんなだから無論あんまり恐くはない。
というか、そもそも国芳のオバケは怖さより可愛さが先に来る。
北斎の「百物語」とは違う。

さて大好きな「猫の当て字」シリーズがきた。
ふぐ、かつおがある。猫たちの動きもいいが、そこにいるふぐはふぐらしく膨れている顔や、鰹が逆に猫をかんでるように見えるのも面白い。
特に鰹の方には今のコック帽みたいなのをかぶったように見える猫もいて、とても楽しい。

浅草奥山の見せ物は国芳も縁が深く、ビラをたくさん拵えている。
本当の芸人をモデルにしたのもあれば、このように「流行猫の」で猫によるいろんな芸尽くしを見せもする。
「狂言尽くし」ではちゃんと芝居のキャラになったり、そのシーンを見せたり。
かむろのたより、源氏狐、熊谷と相模、梅の由兵衛、薩摩源五兵衛など。与四郎とあるのは利休か。
そして口上を述べる猫もいる。ちゃんと紋所は小判である。この猫はまだあんまり国芳を知らない頃にどこかで見かけて、喜んで絵はがきを買った。
周囲にはまだほかに団七らがいて、足が太いのがいいし、猿回しの与次郎と猿(猫が演じる)、定九郎と与一兵衛などなど・・・
sun669.jpg

とにかくご本人の猫好きは群を抜いている。
「猫の」おどり、すずみ、けん、けいこ、百面相・・・
中でも百面相は役者絵の側面もあり、二重パロディとしての面白さがある。
これは猫だけでなく金魚でもそう。

たいてい政治が面白くないと、こういうのが出てくるものだ。

流光雷尽くし 流行の言葉もモジッて光が入るのがいい。働く雷さんたち。ゴロゴロゴロという音が胡麻擂りの音とは知らなかったな~現場の舞台裏は面白い。

うきよどふけかへる尽 浮世道化蛙つくし。これは言葉遊び。あきれかえる、ふりかえる、いれかえる・・・
カエル尽くしは現代の人も拵えている。
馬場のぼるの絵本「今は昔 さかえるかえるの物語」がそれ。とにかくこれは面白い。
国芳も後世に自分の意をくめる作家たちがいることを喜ぶだろう。

見立て鳥の芝居尽くし いろんな種類の鳥たちで芝居のキャラを演じている。ヒヨドリ団七VS義平次、ワシの惣太VSコマドリ梅若などなど。楽しいし、見てると芝居が見たくなってくる。

人の欲を笑う絵も多い。
国芳は宵越しの金は持たないが、弟子も大勢養っていて、猫もたくさん住んでいて、とんと裕福なお大尽暮らしとは縁がなかったろう。
河鍋暁斎は子供の頃に国芳門下にいたが、その頃の様子を描いた絵がすごかった。
師匠は猫を何匹も懐に入れ、弟子たちはわぁわぁ騒ぎながら絵を描いたり喧嘩したり、師匠の娘もそれに苦笑しながらそこにいる、という図でにぎやかなことこの上ないくらいだった。
弟子を可愛がり、育てるのもうまいから、今日に至るまで国芳の弟子筋の命脈は生きていたのだ。
そのあたりやっぱり国芳が好き、と思う要因なのだった。

狸シリーズは楽しいけれど、淑女たるワタクシには細かいことは書けませんわ、ホホホホホ。
福禄寿も長い頭でいろんなことをする。天狗も同様。
国芳にかかれば、なんでもかんでも絵になるのだ。
なにしろオモチャの独楽も熊谷、五郎時宗、朝比奈、ももんごまぁ(ももんがぁ。江戸語で化け物の意)になるのだ。

八つ当たりどふけかふもり 道化コウモリ。こいつらでも助六と意休になるのだから、笑うしかない。
sun670.jpg

山東京山と組んだ「朧月猫の草紙」は猫を擬人化するだけなら大したことはないが、そこにフツーのヒトも混ざってくるから、実にけったいなことになる。
ううむ、ナゾなセンス・・・

本絵だけでなく雑画帳も相変わらず面白くて、ついつい笑ってしまった。
こういうのを見た後は本当にキモチも軽くなる。

美人画・風俗画はあんまり関心がわかないのは、たぶんこの分野は国貞の方が好きだから。
子供の頃からそのあたりは割り切ってたな。
単なる美人画・風俗画でなくに、絵の端々にどこかしら国芳らしい諧謔味を求める。

賢女烈婦伝・大納言行成女 蝶々の絵めがけて猫が飛びつく!絵の主役は別かもしれないが、そちらに眼が行く。
春の夜げしき 上部に作り物風な蝶々が飛んでいる。差し金つきかも。狐みたいな犬もいる。
どちらも弘化年間の作。

江戸名所草木尽・首尾の松 普通はこの松を描くと男客なのだが、ここでは猪木舟に乗る女たちがある。舟がぶつかり合ってアララな様子。

当世流行見立 天保年間だから、なんでもかんでもろくでもないし・・・。住吉踊り、太神楽、角兵衛獅子・・・色んなものがあった時代です。
高輪大木戸の大山講と富士講 さーて今から出かけますかい、のグループ二つが間の悪いことにぶつかるタイミングで。
大山も富士もどちらも講の多さは有名で、だから余計に引けない。一触即発状態。文政年間。

洋風画として、作品が集められているだけでなく、国芳の元ネタの本がみつかったというので、その比較展示がたいへん興味深かった。
元ネタはニューホフ「東西海陸紀行」1682年の本。

東都名所・するがだひ 白虹が出ている!それを見上げる人々。うむ、なかなかな絵。
仮名手本忠臣蔵四段目・市川団蔵の由良之助 城明け渡し。キッと城を見返りにらむ顔がいい。

ニューホフの原本はアジア・アフリカ・南米あたりの風俗を面白く捉えたものらしいが、今日的な眼で見るとトンデモ系ばかりで、たいへん笑える。
大体こう言う紀行というのはどこまで信じていいか。記した本人にも判別がつかないのではなかろうか。
そういう意味で、ヨーロッパ人の描く欧州大陸以外の地を描いた紀行ものは、「どこにもないどこか」なので、とても面白い。
民族学が発達した理由もよくわかるぜ。

そのニューホフの原画を基にしたというか換骨奪胎というか、ポーズを借りたのが以下の作品。
唐土二十四孝・大舜 働くゾウさんたち。天使の姿を元ネタにしたぼうや(=大舜)
唐土二十四孝・呉猛 可愛い天使像をそのまま坊やに置き換える。蚊を追い払う坊や。

ところで関係ない話だが、わたしはあんまり二十四孝に関心がなくて、むしろ西鶴の二十不孝の方を面白がっている。
国芳は何を意図してこのシリーズを描いていたのだろう・・・
時々そんなことを考える。
また今回の展示も、先の大阪市立美術館での展覧会でも、祖師一代記は全く出ていなかった。
意図的に排除されたのだろうか。
マジメすぎる連作だからか・・・

機嫌よく見て回って、大繁盛でもいいココロモチでいられて、ああよかった・・・
展覧会は7/28まで。太田にしては最終日が遅いのでした。

上村家三代が愛した画家

松伯美術館の「上村三代が愛した画家」を見てきた。
松園さん、松篁さん、淳之さん、三代の好きな画家は必ずしも一致しない。
嗜好だけでなく、時代の違いもある。
そこが面白い。

松園さんが好きなのは菱田春草の描く美人画だった。
わたしも好き・・・
以前にも出ていた「霊昭女」と「佛御前」がある。
先のは孝心の仙女、後者は平家物語の哀話のヒト。
春草のしょんぼりした丸顔の女人は風情があっていい・・・
とても上品なところが松園さんの嗜好に合うのだろう、と考える。

菊池契月は「楠公」と「幼菅公」とがある。どちらも品位のある佇まい。
白さが描かれた人物の気品を高める役目を果たしている。
契月の人物画は二種に分かれると思う。こちらはかっきりした方。

松篁さんは福田平八郎を尊敬していたそうだが、画風は二人は遠い。
松篁さんは今回展示の戦後しばらくした頃の絵に、少しばかり平八郎の影響を受けた様子を見せてはいる。
平八郎「南天雀」は近くで眺めると、切紙細工で拵えたくなるような味わいがあった。
シンプルでカラフル。しかし実はとても深いのだった。

鉄斎の絵もあった。「盆踊り図」と「筑摩神事図」と。
これを見ながら、次に向かう先の大和文華館では鉄斎展だということを改めて想った。

明のものにも見え、朝鮮のものにも見える絵が二枚。
「梅雀之図」「花鳥」・・・可愛い。手にとってしみじみ眺めたくなる。

今回は松園さんの「花がたみ」を見た。
やはりとても気になる作品だと想う。

松篁さんの創造美術立ち上げの頃の一枚「八仙花」は涼やかだが華麗な一枚。
緑色に覆われた画面はしんと静か。ガクアジサイの花と花びらと背後の緑がなじみあっている。

一方、インドへ行ってから描いたらしき「熱帯花鳥」の華麗な展開は本当に心地いい。
真っ赤な熱帯の花の蜜を吸う、羽根長の禽。
またその前年の作「花の中」は真っ赤な山躑躅の中にウソが二羽いてみつめあっている。

やがて晩年に入り、松篁さんの絵が少しずつ雑になってくる。
それでも「五色桃」はいい絵だと思う。金地に白い桃花が咲き誇ね情景。ところどころにそっと緋桃花が咲くのもいい。松篁さんは桃花が好きだったのだ、きっと。

今回びっくりしたのが淳之さんの「美人画」。え゛っと思った。
‘83年の「宵」はカプリパンツにサンダルの若い娘が空を見上げるサマを描いている。
これまで三点確認されているそうで、そのうちの一点。
模写したフラ・アンジェリコ「受胎告知」も見ていたのに、結びつかなかった。
ああ、なんだかびっくりした・・・

平成十年以降というか21世紀に入ってからの淳之さんの作品はどれもこれもたいへんいい。
昔ある種の侘しさを感じた世界観が、ここに来て明るさを持つようになったというか、機嫌のいい絵が多いと思う。
楽しそうな二羽の「尾長」、明るいシギたちのいる「水辺の朝」など。

今年の新作「カササギ」は木守り柿に少しばかり雪が積もっているのをみつめるカササギたち。これを見ているとユーリ・ノルシュテイン「話の話」のエピソードを思い出す。
雪の日の公園でりんごを食べる坊やと、それを見守るカササギたち。
いつしか坊やとカササギは仲良く肩を組んでりんごを分け合って食べている・・・

展覧会は24日まで。次は祇園祭と上村家の展覧会。

永遠の華宵/夢二式美人画

弥生美術館の今期の展覧会は主に高畠華宵を聚めていた。
美麗な世界が広がっている。
その空間に佇むだけで、こちらの心にも細胞質にも美が入り込んでくる。
sun657.jpg


かつての少女たちを虜にした便箋がある。
ああ、わたしも持っているものがそこに・・・
和やかな気持ちで眺める先には、「サロメ」があった。
華宵のサロメは決してヨカナーンが欲しくて踊る娘ではなく、自分の美を曝け出したいサロメなのだった。
sun659.jpg

ガラスケースに昔の少女が映る。横目で見ると、往時少女だった人である。
ガラスに映る影は少女のそれにしか見えない。
眼の輝きが数十年の歳月を打ち破る。

華宵美人を一堂に会したのが時世装を描く屏風である。
六曲屏風は公園を背景に、何十人もの美人をそこにならべている。
この屏風は右から左へ向かうのではなく、左から右へ向かう構成になっている。
わたしは1隻目にいるショールを着物の上に掛けた美人を見るたび、彼女の名前は「龍子」だと思うのだった。
泉鏡花のえがく「風流線」のヒロイン龍子は、毛糸のショールを着物に掛けて、こんな風に笑っている。

同行したえびさんにわたしは話す。
華宵の描く眼に憧れて、自分も真似てみた、と。
妖しい眼差しの少女たち。こんな眼差しをもちたい、と思ったあの頃。
しかしわたしは妖しい眼を得ることはなく、怪しい目つきの女になっていた。

華宵の少年美にはただただ感嘆する。
数年前、華宵の少年のあやうい美しさだけを集めた展覧会が、ここで開かれていた。
そのときわたしは華宵の世界に溺れ、爛れるようにそこにいた。
心を鎖し、この世界の外へ出ることを拒んでそこに居続けた。
そのとき視た少年たちがいた。
南蛮小僧、大石主税、怪我をした友人をかばう少年、月下に笛を吹く若い貴人・・・
あまりにときめいて、わたしは外へ戻るタイミングを逸してしまいそうになる。
そうして飛行機はわたしを置いて飛んでいってしまった。

ふと見れば、これまで現れなかった原画が幾枚かある。
色の違いが面白い。商業芸術である以上、色の変容は華宵の予測の範疇にあるだろう。
印刷されたときの効果を思いながらの彩色。
しかしその印刷される前の原画の配色もまた、随分と魅力的だった。

蕗谷虹児の睡蓮を背景にした少女の絵があった。
img186.jpg

特に好きな一枚である。
虹児の大きな展覧会へは、この後に出向くことになっている。
先触れのような出現。嬉しかった。

夢二の美術館へ向かう。
「スワンの家のほうへ」はプルーストの「失われたときを求めて」のうちの一つだった。
夢二の美術館のほうへ。
ここにも魅力的な世界がある。
sun658.jpg

夢二の絵は背景もしっかりと描き込まれている方が好きなものが多い。
美人画よりも童画、掛軸ものより装丁や商業芸術に多く惹かれる。

一点一点を眺めて歩きながら、秘かに自分の好むものばかりを追うているのだった。

展覧会は9/25まで。

野間記念館「近代日本の洋画/『講談倶楽部』の世界」

野間記念館へ入ると、野間コレクションの「近代日本洋画」が出迎えてくれた。

中沢弘光「いのり」は大正十年の雑誌「現代」の口絵原画である。天平時代に生きる少女二人がこちらに背を向けて、光差す方に向けて祈っている。
何度見ても飽きないいい情景である。
一人は着衣で祈り、もう一人はスカートだけの身で祈っている。どんな事情なのか状況があるのかは知らない。
しかしここにいる二人の少女は一心になにかを祈っている。それだけで尊い心持ちがする。

小寺健吉の「水辺裸婦」と藤島武二「水浴」とはよく似ているように思う。技法や構図ではなく、水辺にいる女の背中が明るいところが似ている。

岡田三郎助「舞子」寺内萬治郎「婦人像」などのなじみの美人のほかに、川村清雄の「勝海舟像」もあった。
川村は実際に勝から恩顧を受けていて、その縁で彼の肖像画を何点か描いているし、勝の縁戚に当たる尼崎の洋画家桜井忠剛にも絵を教えている。
近い人の描く肖像画だが、写真で見る海舟のハンサムさがよく出ている一枚だった。

藤田嗣治の戦時中の一枚「キャンボジアの家」が出ていた。高床式の建物が数件並ぶ村。
当時かれは帝国軍の要請で南洋にいたが、カンボジアにまで出ていたのか。
まだ内乱の起こる以前のカンボジアの農村の風景。

安宅安五郎「下曽我梅林」と金山平三「下曽我桃林」を見比べる。わたしは梅林は行ったように思うが、桃林があるのは知らなかった。
絵の良さを見るのでなく、そうした楽しみ方をした二枚。

林武の「海」は近くで見るより少し離れて見る方が楽しい。久しぶりに林の回顧展が見たい。

武者小路実篤が好きだ。絵も言葉もいい。「紅椿」の可愛らしさに惹かれた。

近年、劉生の南画風な作品が好きだ。東洋の諧謔精神あふれた画面を見ていると、黙って笑い出しそうになる。「鯉魚飲童子図」の題材も中国の説話をネタにしたものか自分の創作なのかどうかは知らないが、画面に活きるセンスがとにかく楽しい。

そして「講談倶楽部の世界」へと移る。
大正から昭和初期までの読み物誌の黄金時代に大日本雄弁会講談社は多くの雑誌を出して随分な人気を得ていた。
そのうちの「講談倶楽部」での口絵35点の原画と雑誌掲載時の作品とが並んでいた。

12月といえば今はクリスマスだが、昔は忠臣蔵だった。討ち入りの苦難とサスペンス(?)は今もしばしばドラマ化されもする。
昭和三年の12月号はどうやら忠臣蔵特集らしく、複数の画家が十二段を描いている。
「忠臣蔵大絵巻」
そんな頃だから読者も当然一目見るだけで「ああ、あれか」とわかるのである。
だから楽しみ方も深くなる。

一力茶屋は鰭崎英朋、道行「花婿」は名取春仙、尾竹国観の城明け渡し、井川洗ガイの刃傷と天川屋、鳥居清忠の山崎街道。

昭和四年版は「赤穂義士絵物語」。
こちらは斎藤五百枝の菅谷半之丞に山口将吉郎の矢頭衛茂七。
どちらもよく描けていて、大いにそそられる。

他は当時掲載された小説のための口絵である。
まずこれら口絵でお客のキモチを惹かないと本は売れない。
挿絵・口絵の力は偉大だといつも思う。

洗ガイ 蝙蝠安  普通ならこの名で思い浮かぶのは、片頬に蝙蝠の刺青のある男であるが、ここには二つの指輪を嵌めたちょっと蓮っ葉な女がいた。
書き換えものなのかと思う。指輪は明治以降のアクセサリーだから。
この絵を見ただけで様々な予想をしたり、どんな話なのかと興味を惹かれている。
口絵の威力、実感。

岩田専太郎 魔術師  ピエロが舞台袖から現われて、目隠しをされた女に刃を向け、今しも・・・!という一瞬を捉えている。
これはもしかすると乱歩の小説なのかもしれない。調べていない。

鴨下晁湖 かむろ蛇  かむろの少女を見て逃げる女たち。「半七捕物帖」の一篇。
よく出来た面白い話なので、それを思い出しながら絵を見ると楽しくなってくる。

山川秀峰 名花天女の舞  どんな物語かも全くわからないが、この絵を見ただけで強く惹かれた。秀峰の口絵美女にはこれまで何度も引き寄せられては惑わされてきた。
また今度もそうだった。もしこの昭和四年の夏にわたしがいれば、わたしはきっと溺れていたことだろう。
sun656.jpg

伊東深水も挿絵口絵の魅力が深い。師匠の清方に勧められてそちらにも彩管を振るったが、本絵より蠱惑的な作品が多いように思う。

企画ものの面白いシリーズを見た。
歴史美談大画譜。
秀峰 女丈夫伊賀局  「月百姿」にも描かれているあの伊賀局の逸話。力持ちの美人。
洗ガイ 殿見たか  清正の家来で勘気を蒙っていたものが戦場で敵首を捕ってくるが見てもらえず、数度後に自死の念をこめて「殿見たか!」勘気を解いてもらう話。
伊藤彦造 蘭丸曲者退治 この頃の彦造の描く美貌の青少年は、いずれもある種の殺気があった。被虐と嗜虐の美。それを愉しむ・・・

他にも麦僊、小坡、映丘らの見栄えのいい口絵が出ていた。
見て歩くだけで本当に嬉しくなる。
この展覧会は既に終了しているが、次回の「講談社の表紙絵・挿絵原画」展が始まるのが今から待ち遠しいと思う。 

不滅のシンボル 鳳凰と獅子

不滅のシンボル 鳳凰と獅子 かっこいいタイトルだと思う。サントリー美術館の企画はやっぱり面白い。
sun655.jpg

第一展示室へ入ると、ヒラヒラした幟というかカーテンがそこここに掛かっているが、それらは展示品の何かからプリントしたものなので、そちらにも目を向ける。
今回は祇園祭の1シーンのようで、なんとなく現代風の若い男たちが機嫌よく笑う顔が目に付く。
むろん頭頂は剃られているが前髪の垂れ具合がデビュー当時のチェッカーズぽく見えた。
このヒラヒラは五島美術館のそれが非常に面白いが、さすがにサントリーのセンスもいい。

第一章 暮らしの中の鳳凰と獅子
・・・暮らしの中のライオン・・・歯磨きとか洗剤とかではなく。(のっけからすみません)
早速さっきのおにいさんたち発見。「祇園祭礼図屏風」しかもサントリー所蔵だから、たぶん以前にも見ているはず。しかしあのトリミングを見ると新しい面白さがある。
こうしたことを教わるのが嬉しい。

狛犬が鎮座ましましていた。鎌倉時代のアウンさん。

第二章 古代における鳳凰と獅子
銅鏡とテラコッタタイルが集まっている。
鳳凰の親戚の鸞と獅子に似た狻猊がユニークなポーズを取っている鏡が気に入った。
唐代の名品。大阪市美所蔵。向こうでも見ているだろうがこうしたコンセプトの下に集められ展示されると、違う魅力を見いだせるものだ。

第三章 獅子舞と狛犬
副題が「正倉院の頃から始まる守護獣の歴史」とあるだけに、旧いところからの出品が多い。
ここには21世紀製作の正倉院宝物模造品がある。
近年作られた複製品とはいえ、正倉院所蔵の錦や伎楽面を見るのも興味深い。現状の純正品は退色していたり衰えていたりする。(しかしそれこそが日本人の美意識の二本柱の一つに触れる様相なのだ)
これを本来の色や形に戻して作られた模造品を見ると、面白いような反応が現れる。感心と少しばかりの拒絶と。
そのあたりの感情そのものを楽しんだ。

文化九年頃の年中行事絵(模本)を見る。練り歩くのはベロを出した獅子である。ベロを出すのは世界共通の「魔除け」の心理からか。
獅子舞の歴史については不勉強だが、昭和真ん中まではまだ活きた芸能だった。噛まれるとアタマがよくなるとか元気になるとか。

四天王寺の元和九年の獅子頭があった。実物を見るのは初めて。四天王寺は私には案外遠い。ここへ行くのは目的を持たないと来れない。
元和九年というと大坂夏の陣から八年後か・・・
時代は不明だが、同じく四天王寺所蔵の蛮絵袍が来ている。蛮絵とは鳥獣草花を丸囲みにした九紋の意匠のことだと言う。向かい合う獅子が可愛い。手が特にいい。

広島の吉備津神社から狛犬が来ていた。岡山の吉備津神社ではなく広島の。
阿の狛犬の顔、元気そうで可愛い。工藤投手に似ている。
12世紀のもの。

獅子鼻と書くと人の顔のようだがそうではなく、寺院の建築に欠かせないあれ。場所によってはゾウさん。手が可愛いのだな、これが♪
遊行寺に住んでいる。

第四章 仏教における獅子
獅子に乗るのは文殊菩薩と相場は決まっている。普賢菩薩はゾウさん。あちらは女人像にもなるが文殊は女人より稚児姿が多い。だから少年とライオンの絵などを見ても、わたしはときめくことがある。

正木美術館の騎師文殊を見る。鎌倉~南北朝~室町時代のよい仏画をたくさん所蔵しているのを改めて実感。
遊行寺の後醍醐天王図には八幡大菩薩、天照大神、春日明神の名が背後にある。
天皇の前にはモコモコ狛犬。

第五章 鳳凰降臨
高貴なシンボルと言うことで、平等院・金閣・熱田神宮などのお宝が来ている。
金閣の鳳凰は昭和25年の放火の前に修理かなんかで取り外し、難を逃れたという代物で、往時の唯一の遺物。
実物をみていると市川崑監督「炎上」を思い出した。名カメラマン宮川一夫による、金箔を炎に舞わせたあの炎上シーン・・・
この鳳凰は炎に炙られる苦しみは逃れたのだが・・・・・

第六章 よみがえる鳳凰
東アジアにおける鳳凰図の展開、という副題。
わたしは「蘇える金狼」を思った。

明代の陳小山による「聚鳥朝鳳図」を見た。わらわらわらと多くの鳥たちが集まっている。動きのある鳥たち。
明代というより朝鮮王朝時代の鳥のように見えた。

全く以て珍しいのが、結城素明のフルカラーの鳳凰図。ヒヤシンスらしき花が足下に咲き誇っている。鳳凰は型染め風にも見えて面白い。それにしても素明の絵でこんなにカラフルなものは本当に見ない。
隠れた「お宝」を見たキモチ。宮内庁三の丸尚蔵館所蔵。

第七章 工芸に見る鳳凰と獅子
唐物や茶道具を中心に・・・なるほどなるほど。
正直に言うとこうした工芸品を見るのがいちばんキモチも楽でいい。
五島、三井、徳川、大和文華館などの名品がある。
室町時代の芦屋獅子牡丹文釜の刻まれた獅子はライオンの風情を見せていた。形もいかにも芦屋釜らしい可愛い丸さがいい。

東博の獅子螺鈿鞍はとても可愛いお獅子だった。
飾りものなのか実用なのかと言えば飾りものだと思う。

第八章 屏風に描かれた鳳凰と獅子
期間を分けて名品のオンパレード。
若冲の樹花鳥獣図屏風はトップバッターだったので見ることは出来なかったが、永徳の唐獅子図屏風が出ていたので喜んだ。
この威風堂々たる足運びがいい。
そして後世の手による左隻の獅子は可愛らしさが前面に出ていて、揃って眺めると、立派なジイジとバァバが来たので喜ぶ孫の図、に見える。

第九章 獅子の乱舞
国立能楽堂の面や浮世絵師による「石橋図」が楽しい。
階段を下りたあの空間にこの「芸能」が集まるのも面白い。
獅子模様歌舞伎衣装の獅子は父子の視線の絡みがいい。
楽しいなぁ。

平櫛田中の鏡獅子像は芸大の所蔵から。野間や国立劇場で見慣れているが、やはりいいと思う。
モデルの六代目はハーゲンベックサーカスのライオンを見て所作に工夫を凝らし、その鏡獅子を見たコクトーは「美女と野獣」をこしらえたのだった。

第十章 江戸文化に見る鳳凰と獅子
鳳凰はやきものの絵にいいが、獅子はあんまり見ないな。
わたしはだいぶ前にジャングル柄のカレー皿にライオンがいるのを見て、喜んだ記憶がある。

久しぶりに又兵衛の「弄玉仙図」を見た。プォーと笙を吹く美人図。

一蝶「瀑布獅子図」は滝に打たれてるし。

正直に言うとここまで獅子を見るとパークコレクションのショウハクのお獅子たちのパラダイスな(?!)図が見たくて仕方なくなっていた。
ないのが全く残念だが仕方ない・・・

第十一章 蘭学興隆から幕末へ
小田野直武「獅子図」は妙に恐いような獅子だと思う。
唐獅子ではなくライオン。

第十二章 不滅のシンボル 人間と共に生きる鳳凰と獅子
この副題に「サントリー」の想いを見たような気がする。

小林清親「獅子図」は屏風だった。珍しいものがあるなぁ。千葉市美所蔵。さすが千葉市美。

栖鳳は美学校の生徒たちに近くの京都市動物園での写生を大いに勧め、授業の課題にもしていた。
そのあたりの作品を集めた展覧会が京都市美術館の「画家たちの動物園」'02年だった。
今夏は京博、山種などで絵や工芸品による「どうぶつえん」が開かれるようで、とても楽しみにしている。

栖鳳の写生帖には肉玉をなめるライオンがいた。
そして上記の展覧会で見た榊原紫峰のけっこうコワモテな獅子図もあった。
そういえば上野には美学校も動物園も博物館もあるのに、そのあたりのことはどうなっていたのだろうか。

よく縫い込まれた布団地が何点か。
赤坂の頃のサントリーは「用の美」をよく見せていた。
そのことを改めて思い出す。

機嫌よく見て回れる展覧会だった。
いつもありがとう、サントリー。

美しき日本の原風景

美しき日本の原風景、というタイトルそのままに山種美術館の地下空間が「にっぽん」になっていた。
みずほの国、秋津島、大和、おおやしま・・・さまざまな呼び名のある日本の「原風景」はやはり里山と田園風景なのだろう。
実際そうした風景画が多くここに出ていた。
sun654.jpg

川合玉堂の作品だけで20点弱あった。チラシも玉堂のものである。
たしかにこのタイトルにそぐう作品である。
実際に農家と無縁な人々であっても、この絵にある種の郷愁をそそられもしよう。

実を言えば子供の頃は玉堂の作品がニガテだった。
しかしいつの間にか玉堂の描く世界に随分惹かれるようになっていた。
ニガテだった理由は一つ、「日本の原風景」を見るのがイヤだったからだ。
無縁だからと言うわけではなく、自分が没落地主の家のものだということが、ある種のトラウマまたは縛りになっている。
失われた田畑、土地についての話は古語りではなく、ナマナマしい実感を伴っていた。
そのため「田園風景」に対して忸怩たる思いが生まれ、嫌悪に近い感情もあふれ出てくる。
とはいえ、近年玉堂の回顧展を高島屋などで見るにつれ、そこに漂う独特の叙情性に惹かれるようになってきた。
「原風景」ではなく、絵空事として捉えるほうが、私は受け入れる余地をもてたのだった。

実際に見たことのない「鵜飼」なども面白く眺めている。
玉堂は釣りも好きな人で、川魚の泳ぐ清流なども優しい筆致で描いている。
彼の描く山家も長良川の鵜飼も、みな全て「和の心」に満ち満ちている。
和とは「=日本」ではなく、和む・和らぐ・心を繋ぐ、その意味合いを持つ言葉なのだ。

夏景色も玉堂の手にかかれば暑さを失い、健やかな快さを映し出す。
冬景色も厳しさばかりでない、穏やかな表情を見せる。
「湖畔暮雪」の雪景は愛しさに満ちた一枚だった。

こうした快さは玉堂一人ではなく、次に現れる元宋の世界にも活きている。
奥田元宋と言えば「赤」が眼に浮かぶ。真っ赤に紅葉する山々、それを写す湖面もまた赤く燃える。
しかしここに展示された作品は「赤=秋」ではない季節のものだった。
「松島暮色」を見ていると、そこが松島であれ須磨浦であれ、日本のどこか・どこにでもあった景色なのだと感じる。
画家は松島の積雪を期待して、その地の知人に連絡を頼んでいて、降ったと聞いて飛んでいったが、着いたらもう夜だったそうだ。
この絵は翌日目覚めてから描いたものなのだろうか・・・

魁夷の京都の四季を描いた作品の内、最も愛されているのはやはり「年暮る」だと思う。
京都市中の屋根屋根に雪が降り積む。雪はまだ降り続けている。
40年以前の京都の景色。今もまだ少しばかり活きる景色。
川端康成から京都がなくなる前に京都を描いてほしいと言われた、というエピソードがある。川端の原風景は茨木での祖父との暮らしだったかも知れぬが、彼の「日本の原風景」は京都だったのだ。
わたしも里山や田畑より、京都市中の風景などが胸に思い浮かぶ。

ところで「原風景」という言葉を、その概念を生み出したのは評論家の奥野健男だった。
彼は戦後文学を主舞台にしたが、彼の「原風景」はどのようなものだったか。
久しぶりに奥野の著作を読みたいと思った。

魁夷の「緑潤う」も見るからに涼しげな絵で、チラシに選ばれるのもよくわかる。
炎暑の最中にはやはりこうした「すゞやかな」絵を見ていたいものだ。
先に挙げた「年暮る」は雪の夜だが、決して寂しさ侘びしさを感じさせないでいる。
魁夷の描く絵には豊かな静謐さはあっても、暗い澱みはな。それが「すゞやかさ」なのだと思う。

横山操を知ったのはまだ茅場町時代の頃だった。
加山又造・石本正・平山郁夫・横山操が同世代のうち特に抜きんでた存在だったということである。
もう活躍しているのは石本正しかいないが、茅場町で四人の展覧会があった頃は、この横山操だけが故人だった。

横山操の鋭い描線が苦手だった。
共に展示されていた又造さんの華麗さ・石本正の艶麗、平山の展開力に目を奪われるばかりで、横山操の孤絶ともいうべき鋭さに身を退いてしまったのだ。
しかし心は変わる。
冒頭に挙げたように、玉堂の絵にも和やかな眼を向けられるようになったのと同じく、横山操の鋭さにたじろぐこともなくなっていた。
それは心が磨耗したからではない、と思う。

さて横山操「越後十景」を見る。
何年ぶりかと思えば四年ぶりだという。お堀端で見て以来ということか。
越後で雪と言えば瞽女さんが門付けをする姿が思い浮かぶ。豪雪地帯の重みが心に来る。
決して明るい心持ちになることはない。
「蒲原落雁」「上越暮雪」を目の当たりにして、かつてはその重みに耐えられなかったのが、今は不思議なくらい透明な心持ちで絵に対している。

心象風景、ということを思う。
中国の瀟湘八景図からの着想ということで、現実の風景かと言えばそうではないかもしれない。
恵まれなかった郷里への思いも絵に表れているのかもしれない。
だが、この連作からは「ふるさと恨み節」は聞こえず、なにかしら厳かな交響曲が流れているような気がする。特に歌を感じるのは次の二点。
「親不知夜雨」は地形の難儀さをよく捉えている。越後つついし親不知・・・
「出雲崎晩鐘」あなた追って出雲崎、とついつい歌ってしまうのだが。

幕末から明治の絵が集まってもいた。
広重の五十三次はどれを見ても楽しいが、中でも「丸子」の茶屋の景は弥次喜多を彷彿とさせるので、一層楽しい。
実のところわたしなぞは、ごく小さいうちから永谷園のおかげで五十三次とはなじんでいる上に、膝栗毛ともたいへん仲良くしてきたので、今となってはどちらがどちらのシーンかわからなくなってもいる。

「木曽路之山川」が出ていた。この絵を見るだけで嬉しくなる。
にくたらしいことを一つ言うと、この刷りも綺麗だが、これより中右コレクションの所蔵の方が、闇が魅力的だった。

富士山を描いた絵が集まっていたが、今回新幹線から富士山を見損ねたので、ちょっとつむじ曲がりの私は軽く見るだけで終わり。

気持ちのよくなる展覧会だった。24日まで。

7月の東京ハイカイ

さて今月の東京ハイカイも無事に終わりました。
二泊三日のツアーも慌ただしく、隙間もなく、機嫌よく終わりました。
いい展覧会をたくさん見て色々思うところも多かったけれど、それらの個々の感想については後日それぞれ挙げます。

最近はすっかり新幹線の愛用者になっておるわたしは、前日遅くまで祇園祭を楽しんでいた反動で、ぐったり寝て過ごした。だから富士山もなにも見てないまま品川で下車。
原宿の太田記念美術館へ入ったのが開館直後なのに、もぉ満員御礼。
さすが人気の国芳。
わたしも満喫してから次に三井へ向かう。

代々木~四谷~神田。さてここからがフツーは7分くらいでつくはずが、悉く信号に引っかかり、なんと14分もかかったのだ!!!びっくりしたわ。フツーどころか不通やん。
三井の「橋」はかなり見応えがある。また後期にも行くよ。
コレド室町の横を通ってずーっと歩く。
サラリーマン御用達のさるお店でランチしたけど、おいしくなかったなぁ。でも日本のお父さんたちはみんなこうしたお店で栄養をとってまた仕事に邁進してるんや。
遊びに来てるやくざなわたくしが文句言うたらあかんか。
(わたしは会社へはお弁当持っていくのだよ)

山種美術館の日本の原風景を集めた展覧会見てると、本当に涼しくなった。夏の絵も冬の絵もみんな涼しい。
しかし館外へ出たら灼熱。来たバスに飛び乗る。歩いてたら目を回すわ。
それやこれやで写真美には行くのをやめて、サントリーへ向かった。鳳凰と獅子。さすがサントリー、というラインナップで、たいへん楽しんだ。

それから少し早いけど千葉へ向かう。
暑いときは多少間引きするのも必要だと自分に言い聞かせる。
千葉に着くまで完全に寝てた。
いつも千葉ってなんでこんなに遠いねんと思うのだが、気持ちよく寝てたら「あれもぉ千葉」だった。
駅売りのずんだ団子を買うたが、ちょっとなぁ。
バスが来たので乗る。今回は道に迷うゆとりがない。
以前一度バスに乗ってるので、今回は迷わんといけるだろう・・・行けました。
千葉市美術館、橋口五葉展。期待以上によかった。これだけの揃いができるのもやっぱり千葉市美だと思った。非常によかったな。

帰りは歩いたが、例によって多少自分の所在がわからないまま。そごうのレストラン街に入る。
千葉駅周辺でどこか入れる店を調べておけばよかったが、行く予定の町から離れたので仕方ない。
・・・入った店は大阪にもあるので味は多少わかっていたが、こちらはちょっと勧められない。ある種の欲求不満がつのった。
しかしデパ地下では仙台の萩の月が販売されてたので、嬉しく買った。
ホテルに帰ってからかじったら、やっぱりおいしかった。
初日はこれで終わり。

二日目。久しぶりにニコライ堂を見る。日曜に行けばガンデンデン・・・いけね、ガンデンデンは壬生狂言や、こっちはガンガン寺。鐘の音は土曜には聞けません。

弥生美術館へ行くのは東大前からがベストなんだけど、ニコライ堂を経由すると根津から行かねばならないので、この暑い中坂を上った。
ゑび新聞さんと合流。機嫌よく叙情画と挿し絵を楽しんだ。お互い好きなものが共通しているので楽しみも深い。

農学部の門から安田講堂へ向かうが工事中なのでちょっとうろうろ。やっと中央食堂へ。地下に広がる食堂の構造がなかなか面白い。
冷しゃぶ・チャーハン・スープ・サラダで550円。おいしかった。大学の食堂を色々回るのも楽しいが、ここもいいなぁ。さすがに大学生向けだけに量が多かったので、私には苦しかったけど。

野間記念館へはバスで往復。帰りのバスは100円引きになった。近代洋画と雑誌の口絵を大いに楽しむ。
弥生~野間はわたしの黄金コース。

松濤美術館へ。渋谷の人の多さは人間納豆製作に寄与してるな。カレル・ゼマン展。わたしはゼマンの「クラバート」を録画しているが、作品展を見るのは初めて。

ガレットのお店に入りたいと思いつつ、いつもここに来る頃にはおなかいっぱいで、という状況は今回も変わらず。
近くのカフェでかき氷をいただく。紅茶味。たいへんおいしかった。
えびさんとはここで別れ、わたしは東急で横浜へ。
ここでも爆睡してて、気づいたら横浜。
暑いので疲れてるねんなぁ。

横浜そごうで蕗谷虹児を見る。こちらも千葉の橋口五葉同様、大がかりな展覧会はほぼ20年ぶりだが、実によかった。弥生美術館からの出品も多い。
(近年、弥生では虹児の回顧展があった)

横浜駅に来ると必ず崎陽軒の中華食堂に行くことにしている。冷やし中華とシウマイをいただく。ゴマダレに酢をそそぐと、たいへんおいしかった。

京急で帰ったが、やっぱり爆睡。夏はよく突然寝てしまうな。
二日目終わり。

三日目、昨日。
東京駅のロッカーにキャスター放り込む。300円のでいけるんやな。よしよし。
上野へ。西洋美でギリシャ彫刻を楽しむ。
神戸で大いに楽しんだ展覧会の巡回。嬉しく眺める。
特に美青年や少年の像や壷に大いに喜ぶ。
感想については神戸で書いたものと同じ。
ただしあの頃と違い、今は「テルマエ・ロマエ」を読んだ後なので、ちょっと違う感慨もある。

フィルムセンターへ行く。
日本映画「怪談蚊喰鳥」を見る。宇野信夫の戯曲。以前佐藤慶の按摩で見たが、映画は船越英二の按摩に中田康子の女師匠。三角関係で色と欲のネトネトした作品。後味の悪さがさすが宇野信夫。森一生監督作品。

ブリヂストン美術館へ。京都近美で見そこねた青木繁。たいへんよかった。子供の頃からファンだったので喜んで眺めた。こちらも後期にも来なければ。

豊洲のUKIYOE TOKYOへ武者絵を見に行く。
国芳とその周辺の武者絵。武張った絵がメインだけど、そこここに面白味もあり、機嫌よく眺めた。

本当は八月の楽しみにしていた出光へ行く。
明清のやきものを大いに楽しむ。自分の好みでは明代のそれも永楽の頃の青花がいい。それと清の粉青。繊細な絵画のような。ああ、いいものはいい。
大好きな法花もあったので喜んだ。

この後に汐留へ向かうはずが、ちょっと予定が狂い、三菱へ。もてなすび・・・もてなす悦び。
工芸品の展覧会は本当に楽しい。ガラスは本体も綺麗だが、その影もまた楽しめるのがいい。

タイムアップ。新幹線へ。お弁当コーナーで東北がんばろうみたいなのを買う。
ところがこれが「東北に失礼」としか思えないまずさ。
びっくりするくらいまずかった。めまいがしたわ。
最後の最後でずっこけたな~。

新大阪から阪急へ向かうと、うまいことに電車に乗れた。
ああホッとした。別に次の電車待てばいいのだが、大阪人はそれができないのだ。
まっすぐ帰ってぐったり寝ました。

また来月までさらば。

高槻の大阪医科大学記念館

高槻市駅のそばにある大阪医科大学の記念館に出かけた。
阪急電車に乗っていると見えるあの素敵な建物である。
これはヴォーリズの設計した建物だった。

全景を写すのはわたしには無理だし、パンフにも載っていない。
すぐ前を道路が走り、その背後には電車の高架があるので、ちょっとあかんみたいである。
玄関周りからしてすばらしい。
IMGP9207.jpg
可愛いぽっちり。IMGP9245.jpg

外壁の装飾タイルIMGP9249.jpg
IMGP9208.jpg
ロマネスクとイスラームとゴシックとが程よくまざりあって見事な調和を見せている。
IMGP9209.jpg
なでたくなるくらい。IMGP9212.jpg

内部はだいぶ手を加えているが、階段教室などは元のよさをよく生かしている。
IMGP9240.jpg

ヴォーリズの設計図もいろいろありました。IMGP9232.jpgIMGP9233.jpgIMGP9236.jpgIMGP9235.jpgIMGP9230.jpg

これらを収める空間、全体の構想が面白い。
IMGP9229.jpg

こちらは誰の絵かは知らない。
IMGP9217.jpg

こちらはボローニャ大学の解剖博士の壁画を写したもの。
IMGP9228.jpg
IMGP9220.jpg

照明も可愛い。IMGP9216.jpgIMGP9224.jpg

フロアをつなぐ階段も清楚でいい感じ。
IMGP9213.jpg
IMGP9210.jpg
こんな景色も清楚。IMGP9211.jpg

いい空間でした。ヴォーリズのよさを堪能。

歩くとみつかる近代建築

普段、どこにどんな近代建築が残っているかは大体把握しているつもりだ。
たとえばこちらの散髪屋さんやお医者さんなどの建物は、祇園祭の宵宵山で歩いたりするとき以外は見に行かないが、以前から「可愛いなぁ」とファンな物件である。
IMGP9266.jpg IMGP9267.jpg
IMGP9268.jpg


ところがその「知ってるわ」があかんのである。
いきなり知らない建物に出会うとうろたえてしまう。
今回は、元は中学だったが今は地域の防災センターもかねる建物をみつけた。
全貌も魅力的だが、細部の装飾がまた可愛くて、惹かれるものだった。
IMGP9253.jpg
蔦が絡んでいる・・・それだけでもドキドキ。
IMGP9255.jpg
なにものなのだ・・・
IMGP9254.jpg

アールデコもある!
IMGP9257.jpg

遠くから見ればIMGP9256.jpg

ああ、立派だ!
IMGP9259.jpg
IMGP9260.jpg


可愛い装飾タイルIMGP9258.jpg

本当に京都の魅力というものは多面的で、まったく飽きないなぁ。


祇園祭の宵宵山ハイカイ

祇園祭の巡行の日は大概別な場所にいる。山鉾巡行は映像でしか見ない。
わたしの行く「祇園祭」は宵山、宵宵山などの本番前夜なのだった。
今回は14日に見たので本当ならヨイヨイヨイ山ということになろうか。
きちんと何鉾・何山とチェックしたらいいのだが、何もせず漫然と見て歩くのも楽しいと言うキモチで、あちこちを歩いた。
随分歩いたので足もくたびれたが、楽しさはその分増して行く。
適当に写真をあげてゆく。
どこの何山のどの部分かは思い出した分だけ書く。

やっぱり提灯がいっぱい釣られてるのを見ると、それだけでもわくわく。
IMGP9252.jpg

綺麗な綴織たち。
IMGP9265.jpg
小鳥を見守るのか狙うてるのか、フクロウよ・・・

かむかむエブリバディ!
IMGP9269.jpg

大昔の薬舗IMGP9264.jpg

こちらは綾傘鉾。下から見上げると美麗。日本的幾何学の美。
IMGP9271.jpg

民家の軒には鍾馗と招き猫。
IMGP9262.jpg

橋弁慶。上は人形さん、下は五条橋。
IMGP9272.jpg
IMGP9273.jpg

黒主はこんなおじいさま。
IMGP9274.jpg

屏風祭でみつけた美童。
IMGP9276.jpg
もう一人こんな子もいたが、遠すぎて翳んだ。
IMGP9278.jpg

他に木島桜谷の屏風も見た。いいものがたくさんあるなぁ。
杉本家にも入らせてもらったが、全く持って陰影礼賛・和の美の真髄でした。
奥座敷で坪庭を眺めていると、遠くに祇園囃子。
こういう風情が最高。
そうそう、誰の手によるかわからない「ひつじ草屏風」がとても近代性に富んでいた。

夕闇が濃くなり青い夜に映える山鉾。
IMGP9279.jpg

最後には予定通り乙羽寿司で押し寿司をおいしくいただいて帰りました。
IMGP9280.jpg

ご一緒した皆さんがとても喜んでくれたのでわたしも嬉しい。
また来年までさらばなのだよ。

映画で歌われた歌篇

昨日に引き続き、今度は(映画で歌われた歌篇)。
偏愛と偏見に満ちた、しかもところどころすっぽぬけてるラインナップですが。

愛と哀しみのボレロ 「世紀末の香り」やメインテーマの・・・タイトルが思い出せない、いっぱいいい歌が入っている。決して「ボレロ」だけではない理由は、フランシス・レイとミシェル・ルグランが音楽監督だから。 

愛の嵐 「もしも望みがかなうなら 幸せになりたい だけど幸せになればすぐに 不幸な昔が懐かしくなる」・・・・・ランプリングがナチの制帽をかぶり、薄い胸を露わにしながら歌う歌。映画と作中歌の密接な関係を思うと、それだけで深淵を覗き込む心持ちになる。

アメリカン・ジゴロ ギア氏はどうでもいいのだが(コラ)、歌がかっこよくってね。

アルマゲドン 映画の中でおっちゃんたちがのっしのっしと歩くときに掛かると、途端に胸に来る歌ですな。

いそしぎ “SHADOW OF YOUR SMILE”はいつ聴いても名曲だと思う。映画より歌がいい、そんな作品の筆頭かもしれない。

いちご白書 「サークルゲーム」が有名だが、別な歌のほうが好きなのに、録音したものを誤って消してしまい、今に至るまで再び聴けてはいない。それでも耳に残っている。

歌う女・歌わない女 これもテーマ曲がすぐにハナウタで出るが、歌詞が何語なのかがわからないくらい。たぶんフランス語か。

有頂天時代 戦前の一本。「上海リル」はこの映画から。日本語訳をディック・ミネが歌っている。戦後の「海を見ていたリル」はこの歌の続編的なもの。

エマニュエル夫人 くぐもったような声でルルルルルルルルル・・・ドキドキする。映画は見ておりません、残念ながら、無念なことに、遺憾ながら、口惜しいことに・・・

エビータ マドンナのそれではなく、イタリアのミルバの歌のほうが好き。情感豊かに歌い上げている。名曲。泣かないでアルゼンチンだったかな、邦訳。

OK牧場の決闘 O~K~コーラール~と来ただけでゾクゾクする歌。
同じネタを元にしていても「真昼の決闘」よりはこちらの方がわたし好み。

オズの魔法使い やさしい歌声がいい。映画自体はよく覚えていないが、ジュディ・ガーランドのあの歌声は決して忘れない。

男と女 ダバダバダ ダバダバダ ルールールー ダバダバダ・・・小さいうちから聴き続けているが、いまだに映画本編をまともに見たことがない。

暗い日曜日 ‘30年代に流行した「暗い日曜日」にまつわる物語。マジャール人とユダヤ人とドイツ人と。この映画で見た「牛肉ロール」を食べてみたい。
わたしが持つ音源はダミアのもの。日本語訳のも聞いたが、本当に・・・暗い。

クリスティーナF デヴィッド・ボウイの歌がある。作品は見ていないがボウイの音楽だけ聴き続けていたかった。

刑事 デカと読むべきかしら。アモーレアモーレアモーレ アモーレミオ~のあれ。実はアカペラで歌えるが、歌詞の意味はいまだに知らない。ヴォイオレスタ コテイ シノメモーロ と歌ってても何の意味かもわからないまま。

コンペティション 本編は未見。ピアノのコンペティションを廻る作品らしい、ピアノ伴奏“PEOPLE ALONE”は口ずさみやすい歌。好きな歌。

さよならジョージア これも見てはいないがプロ歌手を目指す少女の話ということで、多くの歌がある。いちばん有名なのは「ジョージアの灯は消えて」だが、この歌からこの映画の発想が生まれたので、順としては逆か。「アマンダ」「涙を抱きしめて」もいい歌だった。マーク・ハミルが若くて可愛い・・・

さらばわが愛 覇王別姫 陳凱歌の名作。何度視ても同じシーンで泣いてしまう。京劇の修行として、虐待に等しい激しい訓練を受ける少年たちが合唱するのは「力は山を抜き 気は世を蓋う 時に利あらずして・・・」覇王の歌。透明な声だった。

サン・スーシーの女 いまだにこれも未見だが、歌といいメロディといい、その暗い重さにとても惹かれた。英語の歌詞だが大陸の重さを感じさせるアクセントだった。

死刑台のメロディ サッコとバンゼッティの事件を映画化したもの。ジョーン・バエズという歌手が歌っている。邦題は「勝利への讃歌」だったと思う。
この映画の封切り後に出た子供向けの本に「サッコとバンゼッティ」についての話があり、それを読んでわたしはひどく憤ったのだった。
歌はとてもいい歌で、やっぱりまっすぐなキモチになる歌なのだ。

史上最大の作戦  “THE LONGEST DAY”は男声合唱の名曲の一つ。これなどをアタマで再生すると、気合がみなぎってくる。

死亡遊戯 広東語の歌詞に時折「アチョッアチョッ!」とブルース・リーの声が入る。かっこよすぎるぜ。今でもドキドキする。

島の女 「イルカに乗った少年」のスキャットはソフィア・ローレンだったか。子供の頃から繰り返し見ている割に最後まで見たことが長らくなかった。(昼顔もそう)近年になりやっと見たが、やはり曲がいちばんいい・・・

Je’ Taime ジェーン・バーキンのあの声が・・・映画は見てません。友人からは聞いていたが、見る機会がないまま過ぎている。歌詞自体はちょっと笑える。

ストリート・オブ・ファイヤー マイケル・パレは実にオトコマエだった。
歌もかっこよかった。内容はどうでもいいが、とにかくかっこよさにしびれてた。

大砂塵 映画は古すぎて見ていないが’50年代にこの歌は随分流行ったそうだ。古い映画でも名画ならどこかで上映会があるが、これは内容はどうでもいい映画だったらしい。
「ジャニー・ギター」としてシングルカットされていた。女の歌声が艶やか。 

チップス先生さようなら 少年たちの歌声が綺麗で可愛くて・・・ときめくなぁ。
舎監のチップス先生はPオトゥール。内容もいいし、少年たちの歌声のよさが何よりもいい。まっすぐで伸びやかで・・・

追憶 バーブラ・ストライザンドの演技と音楽が素晴らしかった。
レッドフォードの海軍士官の白い軍服の美しさ。わたしはこの“THE WAY WE WARE”とロバータ・フラック“KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG”やさしく歌って の2曲を必ず続けて歌いたくなる。

追想 アナトール・リトヴァク作品。ロマノフ家最後の皇女アナスタシアをめぐるミステリー。英語の歌詞なので「アナスタシア」ではなく「アナステイジア」だが。
バーグマンとユル・ブリンナーがとても魅力的だった。

ナッシュビル いまだに本編を通して見るということがない一本。映画音楽の番組から知った。“I’M EASY”カントリーで好きなのはこの曲くらい。

ナヴァロンの要塞 ペック、アンソニー・クィンらがかっこよくてドキドキした。男声合唱の元気なテーマ曲が素晴らしい。とにかく私が元気な男声合唱が好きになったのは、この曲と「史上最大の作戦」の“THE LONGEST DAY”のおかげ。

野の百合 随分小さい頃にTVで見た。黒人が塀を塗ってるところへ尼僧が来るシーンと、この「野の百合」の歌だけが記憶に残っている。
しかも歌は全部思い出せず、サビの部分だけが無限に再生されるのだった。

二十歳の恋 トリュフォー「アントワーヌ・ドワネル」シリーズ第二作目。国際オムニバス映画で30分ほどの作品。この歌はフランス語がとても耳に心地よく入ってくる一曲。
物語はドワネルの失恋に終わるが。

ばらの刺青 “He was a rose tatoo・・・・・・”これも本編より歌が売れた一本。映画は当然売れなかったらしい。何しろ大昔の話である。
前奏なしにこの歌詞で始まり、緩い流れの中に、少しの退廃の匂いとせつなさがある。

パリは燃えているか? これも大作で各国のスターが鏤められていた。メロディラインがとにかくいい。歌詞はフランス語なのかなぁ?

フォロー・ミー ミア・ファロー主演。曲を先に知った。内容自体は正直、どうでもいい話だった。歌うのは誰かは知らないが、どうにもならないほど繊細で綺麗な歌い方だった。
この歌を使ってもっと別な物語が見たい、と時折切望する。

フラッシュダンス かっこよかったな~いい歌がいっぱい流れていた。大好き。

ポセイドン・アドベンチャー パニック映画で一番好きな作品。「Mornig After」はやっぱり名曲。仕事しながらついつい歌ってしまう頻度が高い歌。

マイソング 主題歌「You Light Up My Life」は聴くのもいい、歌うのもいい曲だと思う。オルゴールまで持っているが、サビの繰り返しであっても、気持ちよくなる歌だった。

M・A・S・H ロバート・アルトマン作品。朝鮮戦争での野戦病院を舞台にしたブラックコメディ。ベトナム戦争をあてこすっている。「もしもあの世に行けたなら」が流れる冒頭、既に野戦病院のメチャクチャさが出ている。この映画は他にも多くの歌が流れていて、どれを聴いても、やはりブラックコメディを感じるのだった。

耳に残るは君の歌声 劇中歌としてジョン・タトゥーロが「真珠採りのタンゴ」を歌うが、それがひどくよかった。他の人の歌うときよりもよく感じた。

メアリー・ポピンズ チムチムチェリーは名曲だと思う。昔、清掃車は音楽を流していた。わたしのところではロシア民謡の「ポーレシュカ・ポーレ」が流れていたが、いつの間にか聴けなくなっていた。12時や3時の銀行の鐘の音もなくなった。
ところが隣の市ではまだ音楽を流していた。それがチムチムチェリーだったのは、やっぱり名曲だからだと思う。

ランボー “IT’S A LONGLORD”は始まりから終わりまでが、歩き出す・走り出す・駆け続ける・崩折れる、その流れが見えるような歌だと思う。

REDS ロシア革命を見たアメリカ人記者の視点と、その周辺。この映画には多くの歌が流れた。「インターナショナル」や当時の流行歌「あなたの庭では遊びたくないの」などなど。
これらも何かの弾みですぐに口をついて出る。

ロシアより愛をこめて ラストシーンに流れる歌として最高だと思う。情景もにやりと笑える。わたしは全てのボンド映画で、この作品がベストだと信じる。

ロード・オブ・ザ・リング 劇中歌の一つでホビットの歌うバラードが哀しく、そしてとても綺麗だった。

わが心のジェニファー 作品は見ていないが、この歌はとても好きだ。「マイソング」の主題歌「You Light Up My Life」と同じくジョセフ・ブルックスの曲。近年になり英語の歌の歌詞を紹介するサイトを知り、そこでやっとこの歌の歌詞を知ったのだった。

こちらも不完全だけど、とりあえず思い出すままに。

好きな映画音楽 インストゥルメンタル篇

わたしはTPOをココロエず、いきなりハナウタを歌いだすフラチな性質がある。
アタマとココロが勝手に選曲し、それで自動的に歌いだしてしまうのだ。
ココロが疲れてるとき、それでもどうにかがんばろうと思う、そんなときは必ず気づかぬうちに清志郎の「わかってもらえるさ」を歌っている。
久世光彦は「マイラストソング」で「あなたは死ぬ前にどんな曲を聞きたいか」と、様々な音楽を紹介していたが、わたしはまだ自分の「マイラストソング」は決めていないし、考えられない。
ただ、日常を活きる中で、ハナウタで歌いだす歌、それがやっぱり自分のBGMになっているのは、確かだと思う。

それでここで自分のBGMを出すかと言えばそうではなく、自分の好きな映画音楽を集めようと思った。
基本的に中学生の頃から映画狂いをしていて、当時はラジオで映画音楽特集も多かったので、まだカセットの時代に随分多く録音し続けた。
今はテープの劣化で聞けなくなったカセットもあるが、それでもカセットに録音した大事な音源は決して手放せない。
それらをPCに取り込む作業はわたしの手には負えないので、タイトルを見ては自分のアタマで自動再生している。
またわたしはアンソロジーを編むのが大変好きで、よくそんなテープを拵えていた。
その中でも特に酷愛して、とうとう再生できなくなったテープのラインナップを挙げてみる・・・・・・気でいたが、この記事を書くために集め始めると、それですまなくなった。
だから今回は「好きな映画音楽」を集める、そのことに集中した。
映画についても一言二言、完全に偏った感想をつける。
なおアイウエオ順の邦題で挙げてゆく。
資料なしで思いつくままに挙げてるので、いっぱい抜けているが、仕方ないことにしよう。

(インストゥルメンタル篇)

アギーレ 神の怒り ポポル・ヴーの音楽。なんと言うてもラストに流れる音楽が素晴らしい。ただ一人筏に生き残り、大量発生した猿どもと共に、どこへ行き着くのかわからぬまま流されてゆく、アギーレの宿命を彩る音楽・・・

アデルの恋の物語 トリュフォーの傑作。曲は1930年代に活躍したモーリス・ジョーベールの音楽を転用。アデルを演じたアジャーニの表情が曲のヤマ場と対応する。
アデルが父に向けて書いた手紙の内容を話す。ガーンジー島の海流と共に流れる曲。

嵐が丘 '70年代の作品の方。映像自体は劇場映画というよりTV映画向けな作りだった。しかしこの曲の流れは、キャシーとヒースクリフの二人だけで完結する世界を体現している。作品よりも音楽が優れていた。

アラビアのロレンス デヴィッド・リーンの大作中の大作。モーリス・ジャールの音楽は「繰り返し」をよく使うが、アラロレのスコアから生まれた曲が変奏されたのが「グランプリ」などに使われている。メインテーマの走り転がるようなメロディラインが魅力的。

大人はわかってくれない ドワネル・シリーズではこの曲だけ違う作曲家で、後は別人が続けたというが、今ちょっとどちらの作曲家の名前も思い出せない。
終盤間近の繰り返すリズムが優しい。少しずつ眠りに落ちてゆくような・・・

カッコーの巣の上で ノコギリを使った曲を最初に聴いた時「大阪人」たるわたしは「おーまーえーはー」とやってしまった。
絶対にそれが浮かぶが、しかしながらこれは・・・いい曲なのだ。本当に。(信じて)

禁じられた恋の島 らららんらららんららら、ららら、ららら~ 明るくはないのだが、ハナウタで歌うならどうしてもこうなる。映画は見ていないが曲だけは好き。

ゴッドファーザー やはり「愛のテーマ」が素晴らしいこれに歌詞をつけたのを歌うのもあるが、やっぱりこちらです。とはいえ、出だしが「太陽がいっぱい」に似てると感じるのも確か。

サムソンとデリラ セシル・B・デミルの大作。子供の頃から何度も見ているが曲はかなり後年になってから手に入れた。CGのない時代のスペクタクル。曲も大曲だった。
半ばから緩やかな流れを見せるこのメインタイトルは物語の推移を思わせてくれる。

さらば愛しき人よ かっこいい曲だった。映画の内容よりこの曲がよかった。とはいえランプリングの美貌も素晴らしくて・・・それにしても夜にしか聴きたくないメロディ。

さらばベルリンの灯 内容の重さは非常に好み。そしてメインテーマは口ずさみやすいメロディラインで、これも時と場所を選ばす不意にハナウタしてしまう・・・始まりから終わりまで一貫して魅力的な一曲。

さよならミス・ワイコフ 先に曲を知り名曲だと思ったまではよかった。これも不意に口ずさむ曲。映画自体はお子様が見てはいけないものでした。

STAR WARS 始まりの三音を聴くだけで沸き立つ。気合が入りすぎて苦しい。他に「ヨーダのテーマ」は和やかな名曲だと思う。

第三の男 あまりに有名すぎる曲だけど、最初に聴いたときはかなりショックだった。
チターという楽器を知ったのもここから。

大脱走 出だしのチャーンチャーチャチャッ!!・・・というのがまたもぉかっこよすぎる。
ドキドキする音楽だと思う。何回見ても飽きない。

太陽がいっぱい エレクトーンで弾けるようになって嬉しかった曲の一つ。映画も好き。
いい曲だし、使いどころが非常に印象的。

地獄に堕ちた勇者ども ヴィスコンティの映画の中では実はこれが最愛。メーンタイトルの重厚なメロディラインと、タタタタタッと軽快なリズムとの矛盾した流れが、不安感をいよいよ掻き立てる。

ディア・ハンター 「カヴァティーニ」の静かな流れ。

鉄道員 このメインテーマはエレクトーンで弾けるが、自分で弾くうちに映画の色んなシーンが思い浮かんできて胸がいっぱいになってしまう。
下手な演奏でも記憶と結びつくといい効果が現われるものだ。

天国から来たチャンピオン 軽いメロディラインがとても好き。映画の内容も面白いし。そしてラストのペーソスと期待とをこの曲のうちに感じ取りもする。

ドクトル・ジバゴ 「愛のテーマ」モーリス・ジャールは好きすぎて何を聞いてもいいと思ってしまうが、本当に「大河ロマン」を感じる曲。バラライカの音色がせつない・・・

ピアノ・レッスン ナイマンの音楽性の凄さを実感した。
映画の内容よりも音楽にばかり気をとられている。

ブリキの太鼓 シュレンドルフの全仕事のうち、最愛。何度みても飽きない。モーリス・ジャールの組曲はどれもが素晴らしかった。不思議な楽器の音色も忘れがたい。
全ての映画音楽の中でも特別な存在。常に耳に意識に活きている。

プロスペローの本 ナイマンの映画音楽に惹かれたのはこの映画から。今聴いていても本当に天上へ上ってゆくような感覚がある。

ベン・ハー 大体が運動会のマーチというか行進曲によく使われてるので、忘れられなくなっている。

炎のランナー バン・ゲリスの名作だと思う。目を閉じていても脳裏に音楽が再生される。

ボルサリーノ 出だしのリズミカルさが最高。全ての「二人組」の映画の中でも特別に好き。頭の中での再生度数が高い曲。

柔らかい肌 シルクの上を滑る指の感覚がある。そのくせ指は思わぬところで動けなくなる・・・そんなイメージがある。

ライトスタッフ このメインテーマも最初から一貫して素晴らしい流れで終わる。ライトスタッフとは「正しい資質」という意味で、そのことを想いながらこの曲を聴くと、それだけで感動が胸の外へもあふれ出して行くのを感じる。

ラストエンペラー 坂本龍一のピアノ曲は何故あんなにも美しいのだろう。曲の流れを思うだけで映像が思い浮かんでくる。そして同時に激しいせつなさに苦しめられる。

ルシアンの青春 スゥィングジャズ、なのかな。ルシアンの絶望的な生がこの曲にも示されているようで・・・

ロッキー やっぱりこのテーマを聴くと、それだけで根性とか気合とかが入ってくるのを感じる。いいよな~ロッキー!

次回は「映画で歌われた歌」篇を挙げる。
不完全な出来だけど、楽しかった。

スパニッシュの美に満ちた空間

わたしが神戸J学院に見学に行ったのは、'99年と'04年のことだった。
それぞれ春休み、夏休みの頃に見学に行ったが、個人で行ったわけではなく、わたしの所属するある団体が見学申し込みをして、撮影も可能になったのだ。
申し訳ないが、個人で見たり撮ったり出来るかどうかはわからない。
久しぶりに少しばかりの写真をあげてみる。
ただし、'99年のはデジタルではなく、さらに画像の端に日付が入っている。
今も大した腕前ではないが、十年以前の写真はひどいものなので、その点は諦めてほしい。

いくつかの建物正面。
sun640.jpg
sun641.jpg

照明器具や装飾など。
sun646.jpg
どの場所かは書かない。「学校」だから。
sun647.jpg
sun648.jpg

ああ、スパニッシュ・・・
sun649.jpg

改めて美を感じる・・・
そしてわたしの一番好きな空間。
sun650.jpg

宝を護れ 大正時代の保存プロジェクト

高野山の霊宝館のチラシが手元に来ることは滅多になかった。
ところがどういうわけか(縁があった、としか言いようがないのだが)、わたしの手に入った。今回、開館90周年記念企画展ということで、少し大きな展覧会らしかった。
そのチラシを一目見て、何が何でも行かねばならない、と思った。
これまでもたった一枚のチラシにそそられて、無理に無理を重ねて展覧会に出かけ、その結果として新しい世界が開かれたことがままあった。
今回もそんな期待をもって、南海電車に乗り込んだ。

「宝を護れ 大正時代の保存プロジェクト」
 手書き文字にセピア色の図面。それを見ただけで動悸が高まる。
sun637.jpg
(こちらはちらしではなくリーフレットなのだが)

江戸から明治へと時代が変わり、廃仏毀釈という暴挙にも耐えた各地の寺院が、寺に伝わる宝物を、西洋の発想たる「博物館方式」で常の展示を行うようになったのは、早いところでは明治末くらいからだったか。
それまではご開帳や大都市に出かけての出開帳などで見物を集め、寺院の修復・維持に使うチョウモクを募ってきたが、明治になるとそうもいかなくなってきた。
流出を防ぎ、さらに「護る」観点から展示の場を建立することになったはいいが、そこには並大抵でない苦労話があった。

この高野山の「宝を護れ」展はそうした先人の労苦を讃え、また実際にどのような困難があったかをパネル展示説明をし、「大正時代の保存プロジェクト」の概要を示している。

まず護られた宝、多くの仏像を見学する。
明王像が数体並んでいるが、解説に興味深い一文があった。
「明王は新しい仏。不動明王はインドの奴隷を思わせるような怪奇な姿で表現されている」
そんな意味のことが書かれていて、すると不動明王はアーリア系ではなく、ドラヴィタ族をモデルにしたのかもしれない、と思った。

やがて霊宝館の発起人の事績についてのパネル展示が現われた。
高橋箒庵が財界では最大の支援者だったと讃えられている。
ビジネスの第一線から退いて機嫌よく暮らしている箒庵が私財を捧げてまで、この霊宝館を作ろうとしたのだ。確かにそれはえらい。
その献身に感銘を受けた仲間たちが続々とその事業に参加し、私財を投じたそうだ。
また高野山側でも、かつての東大寺の重源のように自らの足で勧進を願って歩く僧侶がいたが、気の毒に道半ばで仆れている。
彼らが「宝を護れ 大正時代の保存プロジェクト」の人々なのだった。
実際、こういう話はいつ聞いてもいいものだ。
集合写真を見たり、資料集をのぞくだけでも深い理解のようなものが生じてくる。

開館当時に出陳された宝物、として国宝数点と複製品などが出ている。
澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃 可愛らしい装飾のボックス。(英語になると途端にありがたみが失せるなぁ)オモダカの咲く水辺に可愛い千鳥たちが群れている。
sun638.jpg

鉄斎の書いた扁額の文字なども面白いが、「拝観人心得」がかなり面白かった。これは今日では表現に色々問題があるけど、ハッキリしてるところが面白かった。

探幽の釈迦三尊図は釈迦の両幅にそれぞれ普賢と文殊が添えられているのだが、どちらも大変な美人さんで、両手に花という状況。

鉄斎の絵もあった。山水図。墨の濃淡が涼しく感じられる。
昔は鉄斎はニガテだったけど、最近はいいものはいいなと感じもする。
sun635.jpg

山県有朋の「時鳥の歌」というのが気にかかったが、要するに「カネオクレ」なのね。
ふふふ。

少しばかり気になった仏像たち。
・鋳銅釈迦涅槃像 なんだか鉱山そのものぽく思える・・・
・兜跋毘沙門天立像 かっこいい。
・深沙大王立像 首から生首のペンダントというのが多いけれど、こちらはおなかに人面が。ううむ、人面ソウ・・・ちゃうか。

ところでこの霊宝館の建物そのものが非常にいいもので、細部を見てるだけでも随分楽しめた。
天井や壁面装飾、漆喰のデザインなども和風をベースにしつつ洋風な優美さが混ざっていて、非常に見ごたえがあった。
それらの図面なども展示されていて、とても嬉しかった。
sun639.jpg

実際にまた「本館探検クイズ! 文様・デザインを探せ!!」というクイズラリーもあり、それでいよいよ楽しめたわけですが、全問正解したおかげで色々グッズをいただけた。
たいへん嬉しい。
クリアファイル、展覧会の解説パンフレット、絵はがきなど・・・
sun636.jpg

いい展覧会も7/10まで。

七夕雑感

このブログを始めてから、節句ごとになんらかの記事を挙げてきている。
七夕などもそうで、始めた'05年以来なんだかんだと毎年、自分のこしらえた七夕の写真を挙げたり、七夕にちなんだ絵を挙げたりしてきている。
実際今年もきちんと笹飾りをした。こんな感じ。
SH3B05810001.jpg

しかし年々歳々「ねがいごと」がなくなりつつある。
欲望が薄れたのか、希望がなくなってきたのかはわからないが。

「欲は力だ」・・・「海皇紀」ソル・カプラ・セイリオス
「欲に貴賤はねぇ」・・・「鋼の錬金術師」グリード
いいセリフだよなぁ。活きてるから言えるセリフなのだよな。
ちょっとばかり怠惰な己を反省する。

さて七夕。わたしの住まう大阪北摂は雨。朝から雨。夜も雨。
七夕飾りは軒端に揺れてはいるが、揺れた分だけ飾りなどが落ちたりする。

わたしの通勤路に巨大な竹林があるが、先週辺りからそのうちの一本が小さいトンネルの道を半ば塞ぐように枝垂れ状態になっている。たいへん危ない。しかし誰の所有なのかを知らないのでどうにも出来ない。
あれくらい大きな竹なら、ちょっとした幼稚園に持ってゆけば園児全員の願い事や飾り物が全部ばっちり吊るせるだろう。

小学校一年のとき、授業で七夕の笹飾りを拵えたが、そのことで忘れられないことがある。
短冊は学校で支度してあったが、それを笹につけるコヨリは家で造ってこなくてはならなかった。
わたしは先生が何をどうこちらに期待しているかがわからない子供だったので、またそのときも何かとんでもないミスを犯していた。
どういうわけか、わたしに正しい道を指してくれるヒトはそんな頃からいなかったので、そのときも自分勝手に考えて拵えたのだと思う。
(基本的に授業以外はほぼ全て独学だったのだ。だから今も自分の考えた方法でしか仕事も出来ないし、暮らし方も自分のルール以外は受け入れ難いのだ)

ティッシュペーパーでコヨリを拵えたりしたら、すぐに捩れが戻る、ということを知ったのはそのときからだった。
失敗は成功の母などというが、それ以来コヨリを拵えなくなったわたしは、とんだミナシゴではないか。
あれ以来、今に至るまで綿糸をコヨリにしている。それが一番合理的だと思っている。

さて往時。同級生のアイカワさんは持ってきたコヨリを大変先生に褒められていた。
しかし子供の眼から見ればそれはどう見ても子どもの拵えるコヨリではなかった。
わたしは今もアイカワさんは家のヒトに頼んだのではないか、と睨んでいる。

七夕の飾り物を拵えるたびにそのときの記憶が蘇るのだった。

来年の七夕はせめて星が見えるくらいでありますように・・・

和田慎二追悼

昼頃、何の気なしにツイッターをのぞくと「和田慎二死去」とあるので嘘だと思った。
しかしこんなことで嘘をつく必要などないしニュースソースも確かなところなので慌てて調べると、事実だった。
和田慎二、死去。
目の前が真っ白になった。
今日は6日なので「傀儡師リン」の載るミステリーボニータが発売される予定だ。
そこではやっぱり元気な和田慎二の作品が活きているのに、作者は遠いところへいってしまうのか。

コミック界きってのストーリーテラーだと讃えられてもいた。
子供の頃からずっと読み続けているが、本当に面白い作品が多い。
TVドラマ化されて大ヒットした「スケバン刑事」も、原作の面白さは全くすごいものだった。
第一部も第二部も本当にスケールの大きなハナシで、そのくせ細部に可愛いギャグが生きていた。

わたしの見た一番古い、リアルタイムの和田慎二の作品はと言えば「大逃亡」だった。
これは別冊マーガレットで読んだ。
あの時代の別冊マーガレットは素晴らしい作者たちに恵まれていて、非常に面白い作品群が毎月毎月怒涛のように生み出され続けていた。
そこでわたしは和田慎二、美内すずえ、河あきら、柴田昌弘、亜月裕らの大ファンになったのだった。

少しばかり時が流れ、わたしは昭和52年から「花とゆめ」の愛読者になった。
最初に買った「花とゆめ」では美内すずえの「ガラスの仮面」のマヤちゃんが「たけくらべ」の美登利になれない、と涙を流していた。
「スケバン刑事」は「無法の街」のエピソードの終わり近くだったか。
謎解きの手前の時期。

美内すずえも和田慎二も、わたしにとっては別マ以来の再会だった。
本当に嬉しかった。
どこに行ったのかと思っていたので、会えて安堵した。
(尤も「花とゆめ」を買い始めたのは三原順「はみだしっ子」に熱狂したからだった。
以来、「はみだしっ子」終焉までの数年間をずっと「花とゆめ」の愛読者として購買し続け、手元にはちょっとしたグッズなどもある)

友人で今は能登に住まうSが大阪を去る前に「もらってほしい」と「銀色の髪のアリサ」の文庫本をくれた。彼女はものを持つことを極度に避けていたが、和田慎二の作品だけは常に手元においていた。
「アリサ」は彼女の家でよく読んでいた。だからSもわたしに「形見わけ」にくれたのだろう。
「ピグマリオ」「超少女明日香」「忍者飛翔」は手放せないと言っていたから、今もその手元にあるはずだ。
和田慎二の訃報を知ったであろうSと久しぶりに話したい、と今痛切に思っている。
sun634.jpg

好きは好きだがどうしたわけか、あんまり和田慎二の本を手元に持っていない。
これは多分Sとのつきあいが長かったからだと思う。
向こうが美内すずえの短編集を持っていないのは、わたしが集めていたからだった。
今は遠く離れて暮らしているのに、それでも手元に和田慎二の本が少ないのは、ある種のノスタルジーが活きているからかもしれない。

手元に少ないと言っても、どうしても手に入れたくて買っていた本が数冊ある。
「大逃亡」と「オレンジは血の匂い」である。
別マの昭和47年の年初と年末にそれぞれ掲載されていた、とデータにあるが、そんな細かいことは覚えていない。
前述したとおり、あの昭和50年前後の別冊マーガレットの質の高さは普通ではなかったのだ。あの時代に別マ読者だったことを自慢するべきだ、と思ってもいる。
「大逃亡」は52年に手に入れた。
リアルタイムに読んでから五年後にやっと手に入れたのだ。
小学生のわたしが買った大事な本である。
sun633.jpg

「オレンジは血の匂い」は集英社版では手に入れられなかった。
Sは持っていたが、わたしは手に入れ損ねたのだ。
このことは長年の心のしこりになっていた。
わたしは本には深い執着がある。
執着というより、執心というべきか、已むことのない情熱がある。
どうしても手に入れられないとなると、小説や評論の場合だと、以前は書写もしていた。
コミックや絵本の場合は・・・ 
とにかく長らく「オレンジは血の匂い」を探し続けていた。

数年前、出版社が変わって再販されている「オレンジは血の匂い」を見つけたときは、文字通り欣喜雀躍した。
再読すると、自分の記憶の確かさにも感動した。
これは小さいうちに、優れた作品に触れることができたからだと思う。
再販分は多少、流行の違いを修正してはいたが、本質は変わることなくそこに活きていた。

偶然ながら、先週「アリサ」「オレンジ」を再読していた。
時代が変わっても、40年近い歳月が流れても、やはり面白いと思う作品だった。
展開どころかコマわりもわかっているのに、それでもドキドキするのだ。
そのドキドキを味わいたくて、何度でも再読するのだ。
和田慎二の作品には、その「ドキドキさせる力」が満ち溢れていた。

本屋で偶然「スケバン刑事if」を見てびっくりしたのは今年の正月だった。
コインロッカーベイビーズな二人の少女のせつなさに胸が痛んだ。
しかし少しばかり「スケバン刑事」とは距離をおきたいわたしは、そっとはなれた。

近年では、看護師と逃がし屋の二つの顔を持つ「Lady Midnight」がミステリーボニータで掲載されたのを喜んで読んでいたが、続いて「傀儡師リン」の連載が始まって、本当に毎月毎月楽しみにしていた。
全編どこもかしこも和田慎二の世界!さすが!! と誌面に向かって掛け声をかけたくなるくらいの面白さがあった。
「リンは完結したら大人買いしよう」
今では能登で忙しく暮らすSに「傀儡師リン」の面白さを喧伝してやろう、と言う気持ちもあった。
なにしろ話が面白すぎて困るくらいだった。
伏線とナゾに満ちているし、心配も期待も希望もわんさとあって、「どうなるんだ~~!」と本当に毎月毎月ドキドキしていた。
(「ミステリーボニータ」は他にもドキドキする作品が多く、いいコミック誌だと思う。)

今月号はまだ見ていないが、見ればそこには「リン」が掲載されている。続きはどうなるのだ、とドキドキさせられる世界がそこにある。
しかしもう永遠にその完結を見ることは出来ないのだ。
今、改めてそのことを想う。

「ピグマリオ」終焉近くで、突如和田慎二の素のコメントが入る。
奥様がなくなったのだ。そのことが突然あらわれる。
何度読んでもお気の毒だと思う。
しかしその直後から、物語が一気に面白くなるのが凄い。
メドゥサのセリフが心に残る。
「母を慕い、母を思いやるも子の運命、しかし乗り越えねばならぬ母の存在もあると知れい! 戦わねばお前は子供のままだ、母に呑みこまれて生きる者に王たる資格はない! ガラティアがお前の光の母なら、私はお前の闇の母・・・わたしの命をとって王たる証を見せてみよ」

まとまりのないことを綴っている。
しかしどうにもならない。
和田慎二のいなくなる世界。
少し早すぎるではないか、ご冥福をいのるにしても。
今はただ和田慎二の作品を再読していたい・・・

「樂歴代とその周辺」/「マイセン 西洋磁器の誕生」

7/3までの開催だった二つのやきもの展を、京都で見た。
樂美術館で「樂歴代とその周辺」を、細見美術館で「マイセン」とを。
ほぼ同時代に誕生し、今も続く立派なやきものである。

樂の第一室は必ず最初に当代のやきものが出迎えてくれ、そこから左手に向いて、初代長次郎のやきものがある。長いガラスケースは言うてみれば逆コ字型で、最初のケースには三代目の道入の作までがあり、角を曲がって先は四代目一入からずっと続く。
基本的に所蔵品を見せてくれる美術館なので、以前見たやきものに再会することが多いが、並べ方一つで表情が変わるらしく、色々と楽しませてもらっている。

今回は長次郎の黒樂「勾当」が置かれていた。
銘の由来は添えの手紙にある「勾当」なるひとから。
この「勾当」が座頭、勾当、別当、検校の位を刻む、あの「勾当」なのかどうかは知らない。もしその身分のことを指して言うのなら、この黒樂茶碗の愉しみ方も、こちらが思うよりもっと深いものだったのかもしれない。

道入、ノンコウという名を見ただけで、遠くからチラッと作品が見えただけで、動悸が高まる。
樂焼を知る以前から、好きだと感じる作品が全て、ノンコウの手によるものだった。
だから、ノンコウが途轍もなく好きになった。
時には嗜好に合わないものもある。それでもやはりノンコウのやきものはきらめいている。
黒樂「撫牛」は見栄えだけでは重たそうなのだが、これもきっと掌に包めば、それこそ可愛いベコ牛を撫でるような、牛車の牛をさするようなココロモチになるかもしれない。

二階へ上がって右手を見れば巨大な灯篭がある。吊かと思ったら置き灯篭だということだった。素焼き。ノンコウの素焼き。
色んなものを拵える技能がある樂家の人々。
この大きな灯篭と好対照なのが葛屋香合。小さくて可愛く釉薬もきれい。
同じノンコウの仕事。

12代弘入のウサギの手あぶりは耳長で、それが輪つなぎ風になっている。この手あぶりは他の美術館にも所蔵されている、と解説にある。
実際私もどこかで見ている。

十代旦入のウサギ香合も耳長で細口。ノンコウのウサギもそうだったから、樂家のウサギは皆、同じキャラデザインを踏襲しているのかもしれない。

玉水焼の初代一元は四代一入の庶子と解説にある。壁面には樂家の系図がいつも貼られているが、細かいところまでは覚えていなかった。
ああ、本当だ。
彼は父の手元に呼ばれたが、元禄年間に家を出て、自ら子どもの頃に育った地で玉水焼を創始したそうな。
一入の後の五代目は雁金屋から養子にもらった宗入。

長次郎の「村雨」と光悦の「村雲」。
どちらも黒樂。タイプは違うのだが、同質の心を感じる。

次回はカラフルな樂焼が登場するそうだ。

樂美術館から堀川丸太町まで歩いて、202系統のバスに乗り東山二条へ向かう。
東山仁王門で降りると乗りすぎ。
細見美術館の「マイセン 西洋磁器の誕生」を見る。
sun632.jpg

ドレスデンの選帝侯アウグスト二世はここでは「強王」と称されている。わたしが最初に見たものでは「怪力王アウグスト」だったから、膂力のたいへん強い王だったのは、確かだろう。なにしろ鉄を曲げたという伝承がある。
そのアウグスト二世が東洋の色絵や染付に夢中になって、それを自国でも生み出させようと、たいへんな情熱を注ぎ込んだことは、有名な事実だった。
そのためにまだ二十歳前の錬金術師を監禁し、過酷な研究の日々を過ごさせた。
彼は13年後にやっと解放されたが(それまでに数種の釉薬を完成させはしたが)、まだ四十になる前に没してしまった。
そのことを思いながら、初期のマイセンをながめる。
シノワズリーの絵柄はヘロルトの仕事。
中華風な(あくまでも「風な」)人物たちが優雅に笑いさざめいたり、絵を描いたり、佇んだりする。その周囲にはゆらゆらと浮かぶ鳥や蝶々やトンボがいる。
器の中に閉ざされた庭園(=パラダイス)がある。
どれを見ても、不思議なくらいに優雅な情景である。

その絵を見続けていると、こちらのアタマの中にも優しい音楽が流れ出してくる。
胡弓などで演奏された、わたしの知らない音楽が。

謎なパゴタ像、もう少し時代が下がってからの陶器人形の群、王室間同士で遣り取りされるようになった食器群・・・
そんなものを見続けていると、段々時間の流れが滞りだす。
気持ちいい、と思いながら見て歩いた。

出口間近で中高年の奥さん方が「もっと新しいのが見たい」と言うのが聞こえた。彼女たちはここへ来るべきではなかったらしい。
わたしは旧いやきものの魅力に侵されてクラクラしながら美術館を出て行った。
たぶん、解放された錬金術師もこんな足取りだったろう、と思いながら。

7月の予定と前月の記録

早くも2011年の後半へ突入。
今日はジメジメ天気でぐったりしてます。

今回の首都圏ハイカイは7/15~17で、17は甥っ子が来るらしいから早く帰阪します。
いよいよわたしもエクスプレス会員になる予定です。明日にはJRに直に行きます。
(その方が手続きが早まるらしい)しかし土曜なので受け付けられるのか?

とりあえずわたしが行くぞ、な予定です。

没後100年 青木繁展 よみがえる神話と芸術 ブリヂストン美術館 
日本美術にみる「橋」ものがたり ―天橋立から日本橋まで― 三井記念美術館
大英博物館「古代ギリシャ展」 究極の身体、完全なる美 国立西洋美術館
永遠の華宵展・・・麗し乙女のロマンチック・イラストレーション ~抒情画家・高畠華宵の世界~ 弥生美術館
センチメンタル・ビューティー 夢二式美人画展
明・清陶磁の名品―官窯の洗練、民窯の創造 出光美術館
カレル・ゼマン展 -チェコ・アニメ もうひとりの巨匠-渋谷区立松濤美術館
美しき日本の原風景―川合玉堂・奥田元宋・東山魁夷― 山種美術館
 不滅のシンボル 鳳凰と獅子 サントリー美術館
破天荒の浮世絵師 歌川国芳 太田記念美術館 
近代日本の「洋画」展 野間記念館 
映画パンフレットの世界 フィルムセンター
武者絵 ukiyoeTOKYO
ジョセフ・クーデルカ 「プラハ1968」東京都写真美術館
生誕130年 橋口五葉展 幻の〈黄薔薇〉あらわる。 千葉市美術館
魅惑のモダニスト 蕗谷虹児展 そごう美術館
ワーグマンが見た海 -洋の東西を結んだ画家- 神奈川県立歴史博物館
たまくすが見た横浜の157年―ペリー来航から開港まで― 横浜開港資料館

8月のお楽しみになるけれど、
藤島武二・岡田三郎助展 ~女性美の競演~ そごう美術館 7/28~9/4
わくわくものですな。

関西はこちら。
いつの人? どこの人? どんな人? 大阪市立近代美術館(仮)7/16~8/30
民都大阪の建築力 大阪歴史博物館 7/23~9/25
銘のある茶道具 ~逸翁流、銘の楽しみ方~ 逸翁美術館 7/9~8/14
オン・ザ・ロード 森山大道写真展 国立国際美術館 
晶子さんのお宅拝見 堺市立文化館 7/16~9/11
染司よしおか 吉岡幸雄 日本の色 千年の彩」展 7/9~8/28
原信太郎 鉄道模型を極める―関西の鉄道・まち― 大阪くらしの今昔館 7/16~9/4
浅川巧生誕百二十年記念 浅川伯教・巧兄弟の心と眼-朝鮮時代の美-東洋陶磁美術館 
花卉草蟲 ―花と虫で綴る朝鮮美術展 高麗美術館 7/16~8/28
視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション 京都国立近代美術館 7/20~9/4
百獣の楽園─美術にすむ動物たち─ 京都国立博物館 7/16~8/28
祇園祭-山鉾の名宝- 
日本画 きのう・京・あす 京都文化博物館 7/9~8/21
フェルメールからのラブレター展 京都市美術館
絵葉書の美女たちにみる明治・大正浪漫~櫛かんざしのなどの装身具も展示~ 清水三年坂美術館
マイセン 西洋磁器の誕生 細見美術館 ~7/3
樂歴代 樂美術館~7/3
天竺へ~三蔵法師3万キロの旅 奈良国立博物館 7/16~8/28
侘びと寂び―入江泰吉の日本庭園― 入江泰吉記念奈良市写真美術館 7/2~9/25
鉄斎展 大和文華館 
安土桃山~江戸時代に生きた人々―肖像画・風俗画・浮世絵― 奈良県立美術館
松園、松篁、淳之秘蔵のコレクション「上村三代が愛した画家」 松伯美術館
洋画家 松本宏の世界 神戸ゆかりの美術館 ~7/3
没後20年 時代の目撃者 林 忠彦写真展 尼崎市総合文化センター 7/23~8/28
若芝と鶴亭 ―黄檗宗の画家たち 神戸市立博物館 7/16~9/4
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア