FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

三沢厚彦 アニマルズ+・・・

三沢厚彦 アニマルズ+ 今日まで伊丹市立美術館で開催していた。
ある日、memeさんからチケットが届いた。
「現代芸術にあまり関心が向かれないでしょうが」
えへへ、ばれてら。
でも彫刻と人形は大好きなので、いそいそ出かけた。ありがとうございます♪
IMGP2942.jpg

伊丹は近いのでよく出かけるけど、ホント、今回の展覧会は楽しかった。
楽しい、と言うのは語弊があるかもしれない。
確かに動物の木造彫刻なので家族連れが多く来ていたが、可愛いのとはチト違う。
美術館側はチラシに
会場を埋め尽くすトラやキリン、ゾウなどの野生動物、あるいはイヌやネコなど身近な動物たちは愛敬たっぷりの表情を見せ、見るものの心を即座に捉えるでしょう。
・・・ラスト一文は大納得だが、愛敬たっぷり、というのには「さーて」なのだ。
ここにおる動物たちは「アンタはアンタ、わしはわし」な表情で佇んでいる。
みんなすっとぼけているように見える。
mir441.jpg

間違ってもコビもアイソもないが、すっとぼけた愛敬が自ずからにじんでいる。
広い空間にずんずん並ぶ動物たち。キミキミ、そんなところにまでいるのか。そんなのもいる。
もちろん触ったりはしないが、近くまで寄ってジロジロ眺めると、鑿の痕や彩色の力具合とかが見えて、間違いなくツクリモノはツクリモノだが、なんとも言えず妙な実感がある。
当たり前なようだが、鹿なら鹿の背中、トラならトラの背中だなーと感じるのだ。
撫ではしないが、もしかすると掌に鹿とトラの違いが感じられるかもしれない。
だからか、二階の空間に大きなゾウからウサギまでいる一室に入ったとき、動物園の中にいる気分がした。ゾウのにおいがする。無論、幻臭。しかしゾウを見たときこいつからか、と犯人見つけたゾな気がした。
じろじろジロジロじろじろジロジロ・・・そこにおる連中を伸び上がったり、しゃがんだりしながら見て回る。
どこを向いた目なんだ、と思いつつ「・・・案外わたしに見られて冷や汗かいてるかもしれんな」とニヤッと笑ってしまった。
CAT&DOG室に入ると、こちらは黒枠の手前までしか入れないのだが、わんこもにゃんこもみんなずんずんと前進スタイルで停止中。まるで達磨さんが転んだの最中のようだ。
わたしは猫が好きなので、そこらにおる奴をじいーっと見たが、やっぱり知らん顔しておるよ。でもやっぱり「チチチ」と呼んでしまった。

(配置図)mir443.jpg

地下に降りると、白くま小屋があった。板の隙間からのぞいたら、先に入っていた人と目があったよ。
大きい白くま。爪がすごいなー。ジャイアント白くま。ちょっとマンガの「かってにシロクマ」思い出した。
ところで特製スタンプがあったから押す。これはドローイングのトラ。下はチケットの豹。
ちょっと斜めにしてみると、歩いてるような感じがしないでもない。
mir442.jpg


この美術館は俳句の柿衛文庫と、旧岡田家・旧石橋家・酒蔵などと一大ゾーンをなしているので、動物たちもばらばら散らばっている。
中庭の豹。ちょっと物思うように見受けられる。
伊丹の酒は日本最初の清酒だったはず。鴻池家の関連についてはここでは書かない。
しかしお隣に清酒・白雪の施設もあるしここにもやはり酒蔵の一部がある。
入ってギョ。いきなり一角獣が二頭いた。
大きい空間にこういうのがいるのはちょっとコワイな。
そして江戸時代の民家をそのまま再現している岡田家の座敷にトラがおりました。
「コンニチハ」伊丹だけに民家にトラがいてもおかしくない。このまま半被を着せて甲子園へ連れたりたい。
かなり面白い展覧会だった。頭脳が楽しいというより、感覚が楽しいというか。
伊丹を去る前に伊丹シティホテルで一休み。このホテルは外来のお客さんのためよりも、地元のために作られたホテルで、家族連れがバイキングにわんさか。
わたしはカフェでアフタヌーンティ。IMGP2945.jpg

ちょっと優雅な気分にしてみたけど、ナイスでした。
それで帰りにお手洗いに行くと、そこでメタリックなゾウに遭遇。
IMGP2946.jpg

画像はないが、会社の水道はフクロウそっくりなのだった。

この後なんばに出かけたが、そこらはまた後日に。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
こんばんは。
水道栓を見て象をイメージしてしまうあたり、
かなり「Animals+」展の影響が伺われますね。
七恵様の感想、とても楽しく拝読しました。

楽しまれている様子が伝わってきます。
2007/12/16(日) 21:30 | URL | meme #z8Ev11P6[ 編集]
遊行さんこんばんは。こちらの記事を拝見して、改めて巡回前の平塚まで行っておけば良かったなと思いました。本当に楽しい展示のようですね。酒蔵にも彫像が置いてあるのでしょうか?

伊丹市美も一度行ってみたい美術館です。風刺画のコレクションが有数なのだそうですね。ドーミエあたりは是非まとめて楽しんでみたいです。
2007/12/17(月) 00:32 | URL | はろるど #GMs.CvUw[ 編集]
☆memeさん こんばんは
おかげで楽しませてもらいました。
ありがとうございます。
ぞーぉさん ぞーぉさん♪…
と歌声が聞こえそうでしょう。うふふ。
理屈抜きで本当に楽しめました。


☆はろるどさん こんばんは
>酒蔵にも彫像が置いてあるのでしょうか
そこに巨大ユニコーンがどどーんっっと鎮座してました。
なんか守り神みたいでしたよ。
>風刺画のコレクションが有数なのだそうですね
これは見応えがありますよ。
ドーミエとビゴーのコレクションはすばらしいです。
ぜひぜひおいでください。
2007/12/17(月) 23:35 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア