FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

茶碗を愉しむ 後期

茶碗を愉しむ 和の茶碗を中心とした展覧会を見た。
湯木美術館での展覧会の展示換え。前期も良かった。
本業に差し障り大アリの湯木だが、美術館は存続してほしいと思っている。
大阪に文化なんかいらない、というお上の動きがある以上、私立の美術館にはなんとかがんばってほしい・・・。

小さくて居心地の良い館内に、珍しいほど多くの相客がいた。
しかし互いによい距離を保って鑑賞する。

古萩茶碗  ざらつき感が気にかかるほどではない。それはやはり萩焼だからだろう。

黒織部沓茶碗  沓形というのはやっぱり織部の特色で、ごわつき感のある陶器だからこその造形だと、改めて実感する。
わたしは薄い磁器が好きなので、陶器の造形の美に、あまり面白味を感じないが、これはこれでいい。

本手瀬戸唐津茶碗 銘郭公  金継ぎが慎ましくていい感じ。どうしてカッコウなのかちょっとわからないが、卵色の綺麗さがあった。

丹波茶碗  丹波焼でこうした茶碗は珍しい。解説にもあるが、わたしも見たのは初めて。この釉薬がまたとても綺麗。まるで曜変のように見える煌きがあった。しかしそのくせ地肌が露呈している。それがショコラのパウンドケーキのようにも見えた。

銹絵暦手茶碗 仁阿弥道八作  時々道八のトボケた作品に会うことがある。これはマジメに作ったのかも知れぬが、なんとなく面白い。お稲荷さんの宝珠マークがついているが、カレンダー(しかも歳末の)つきか。来年どないすんねん、と勝手に心配する。

絵唐津沓茶碗  灰色に黒の太い線が走る。これがメタリックな感じに見え、とてもクールで素敵だった。

其一 四季草花扇面屏風  細い川の流れの上に四季の草花などを描いた扇面が舞い舞いする。
一枚だけ昔男の「恋せじの禊」絵があった。少し離れて全体を眺めると、たいへんシュールな構造である。なぜ川の上に扇面が舞い舞いするのか。・・・そんなことを考えていけないか。

前期同様、抱一上人の月次自画賛掛け軸と、今戸焼の半七の月次茶碗がある。半七の茶碗は抱一の俳句から来てるから、今回ダブるものが色々ある。

雁も田に居なじむ頃や十三夜
この年も狐舞せて越えにけり
獅子の座になほるや月の音頭とり


小さい美術館ならではの深い愉しみを十二分に味わった。
蛇足になるが、「おかしうてやがて哀しき・・・」を地で行くものをみた。
一枚の軸が掛かっている。「昭和四十三年六月八日 吉兆はお茶と料理で天下一  清鴨庵」
なんとなくせつない。湯木貞一さんの審美眼の結晶をこの目で見たばかりだから、よけい哀しかった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
湯木さんは茶人でしたから、それこそ「おもてなしの心」の
生きたお仕事をされていたのに、娘婿達は料理人で、
そこまでの心は伝わっていなかったのでしょうかね…

茶道具の銘は一体何故この名前?と訳が分からない
のがありますね~お茶会でめぐりあって伺えたら
スッキリするのですが、そんな機会はいつあるのやら。

そのお茶碗を初めて用いた時、郭公が鳴いた、
な~んて理由だとお茶碗をいくら眺めてもサッパリ???
2008/06/12(木) 20:44 | URL | 山桜 #lSqELJtw[ 編集]
☆山桜さん こんばんは
>娘婿達は料理人で、そこまでの心は伝わっていなかったのでしょうかね

娘婿は料理人でも、娘はショウバイニンだったようです。

銘って色んなエピソードがありますよね。そういうのを教わるのがまた好きなんです。
今回挙げませんでしたが、「人丸」ってお茶碗がありましてね、なんでかというとカタチが柿本人麻呂のお約束ポーズに似てるからなんです。
こういうのが楽しいです。

カッコウはわかりませんよね~

2008/06/12(木) 22:03 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア