FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「うさこちゃんびじゅつかんへゆく」についてゆく

天保山のサントリーミュージアムで『美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方』展を見た。mir759.jpg
ディック・ブルーナといえばミッフィー(うさこちゃん)生みの親さま。
わたしはミッフィーではなく「うさこちゃん」世代なので、呼び方がマチマチになるがお許しあれ。
'97年出版の『うさこちゃん びじゅつかんへゆく』絵本を基に、サントリー所蔵絵画と成羽美術館からの出展作品と、ブルーナの作品世界を楽しむ展覧会になっている。

ご存知のようにディック・ブルーナは現代オランダのアーチストで、シンプルな線と定められた色彩とで、素晴らしく豊かな世界を構築し続けている。
曖昧な色彩はなく、ばちっとしたカラーでくっきりと世界を生み出す。
マティスの『ジャズ』に大いに影響を受けた、とブルーナは語るが、その影響下から見事な成長を遂げて、彼独自の明るい世界を展開し続けている。
ブルーナの仕事はうさこちゃんや猫やクマの絵本だけでなく、本の装丁などグラフィック関係にも及ぶ。
ペーパーブックの推理小説本、その装丁はブラックベア・シリーズだった。
話がハードであればあるほど、その装丁のユーモアが光ってくる。
シャレたギャップがいい感じだ。

さて会場ではうさこちゃんの原画があるだけでなく、ブルーナが影響を受けた『ジャズ』やレジェ、ミロなどがあった。
わたしはあんまり彼らが好きではないが、それでもうさこちゃんと一緒に見て回ると、なんとなく楽しかった。
「なんとなく楽しい」これが実は一番大事なキモチなのかもしれない。
なんとなく楽しいから見るのだし、なんとなく楽しいから自分も作ってみるのだ。

mir758.jpg
上は私も大好きな一枚。うさぎの影とでも言うべきなのか。下はレジェ『鳥のコンポジション』・・・この一枚だけならあんまり目を惹かないが、ミッフィーと一緒だと「鳥はどこにいるのかな」と探してみたくなる。

言った時間帯は午後三時頃なのに子供の姿はなく、カップルや友人同士が多かった。
この展覧会はどの層を、と思っていたらワークショップのコーナーに子供らがわんさかいた。みんなセル画のうさこちゃんに折り紙の着物を着せようとしていた。
つまりブルーナ技法の追体験をしているのだ。
これはたいへんに面白そうな試みだと思った。
こういうのは本当に楽しいだろう。ぬりえよりいいように思う。

ところでyoutubeでこんなのをみつけた。ちょっと嬉しい。


今回の展覧会では他の画家の絵が出ているとは言え、やっぱり主役はうさこちゃんやその世界のキャラたちである。
いくら見ていても飽きない。
特に今回かわいい!と思ったのが、うさこちゃんの後姿である。
椅子に座るうさこちゃんが本当に可愛い。わたしは女の子の後姿がとても好きなので、嬉しくてわくわくした。

しかしどういうことかよくわからないのが、成羽から借り出してきた児島虎次郎や太田喜二郎らの洋画。これは何を目的とした展示なのだろう・・・
わたしは彼らの柔らかに優しい絵画は好きだが、ここにあることが少し不思議に思った。

展覧会は9/15まで。

こちらはわたしの好きな絵本
うさこちゃんのはたけ (ブルーナの絵本)うさこちゃんのはたけ (ブルーナの絵本)
(2005/04)
ディック ブルーナ

関連記事
スポンサーサイト



コメント
ディック・ブルーナって、2003年から、手を替え品を替え、ずーっとどこかで、やっている様な気がする.....

2008/08/05(火) 00:29 | URL | 鼎 #PgtEBqSc[ 編集]
以前、電車の中で若いサラリーマンがミッフィーの社章バッチをつけているのを見ました。かわいかったです。
絵本を出している出版社の人なのかなと思ったのですが、調べたらミサワホームだったようです。
2008/08/05(火) 00:51 | URL | ひろすけ #LkZag.iM[ 編集]
ミッフィー大好き人間の私としてはぜひ行きたい展覧会なのですが、なんとなく今の時期は親子連れが多そうだから躊躇しております(苦笑)でも、時間帯によっては快適に見れそうですね。
9月になってから行こうかな・・・

ブルーナさんの世界は、グラフィックアートから始まったので、本当に「余分なもののない」美しさを楽しめますね♪
2008/08/05(火) 10:00 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
☆鼎さん こんばんは
絵本作家であり、商業デザインも作成する以上、たいへんエエことやと思いますよ。
わたしなんぞはそれに乗って機嫌よくお出かけします。
それでやっぱりグッズを買うのでした♪
ところであの八つ橋の箱、エエですね。


☆ひろすけさん こんばんは
あーミサワホーム!羨ましいですね~かわいい・・・。
花キューピッドもそうなのかしら・・・
社章と言えば昔「福助」は福助がお辞儀したアタマをモティーフにしたものを社章にしていたのに、最近は全然違うのに変わり、残念です。


☆tanukiさん こんばんは
そう、時間帯により客層が変わるようです。楽しめましたよ~
見知ったものには「こんにちは」、初見のものには「はじまして」の気持ちで眺めて回りました。
シンプルさと愛らしさとの極致ですね、本当に。
フェルメールの国の末裔がこんなにシンプルで充実したものを作るのが、すごいです。


2008/08/05(火) 23:33 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
> ところであの八つ橋の箱、エエですね。
2005年に東博で開催された「世界遺産・博物館島 ベルリンの至宝展」で売られていたクッキー缶以来のヒット作です(笑)。
中身は、既にありません。

小さいから、そんなに荷物になりませんよ。
2008/08/06(水) 00:17 | URL | 鼎 #PgtEBqSc[ 編集]
☆鼎さん こんばんは
あれは実にエエ感じでした。
確かにお土産によさそうです。
今回悩むところですわ。
なんせ真夏にうろつくわたしですので。
2008/08/06(水) 23:16 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア