FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

文楽『国言詢音頭』を楽しむ

文楽公演『国言詢音頭』に行った。mir760.jpg
サマーレイトショーとして六時半から(金曜は七時)開演。だいたいサマーレイトショーは惨劇や怪談話が多いので、芝居でのそれらが好きなわたしは喜んで出かけた。
三業のうち昔は人形が好きだったが、近年は義太夫と三味線が好きで仕方ないので、席も床のすぐそば。語りに熱が入ると飛沫が飛んでくるのが見えるような位置。
つまり三味線のすぐ下辺りを指定した。
「見る」より「聞く」に重点を置いているので、その席でよいのだが、幸いわたしの視界は広いので左目は舞台の全てを見渡せた。

物語を簡単に記す。
新地の遊女・菊野に入れあげ、藩の公金に手をつけた薩摩藩士・初右衛門だが、その菊野が実は自分を毛嫌いしていて、間夫・仁三郎にあてた手紙の中で悪口雑言の限りを尽くしているのを知る。
更に自分のいるのを知らぬ菊野ら一行を乗せた舟が、自分を罵倒しながら笑いさざめき行過ぎるのに出遭う。(大川の段)
家来からも女を忘れて国許へ帰るよう懇願されていた初右衛門は、帰国前に世話になった店の皆にプレゼントを持ってくる。上物の反物などで皆は喜ぶが、菊野と仁三郎には文箱が手渡される。中にはあの手紙が入っていた。
謝る二人に豪快に笑いかける初右衛門。そのまま店を去る。
残された男女はグジグジしているが、そこへ仁三郎の許婚者が来たことで、菊野はライバルにその座を譲り、自分は独り寝に入る。
夜半、帰国の途についたはずの初右衛門が忍び込んでくる。玄関前で朱塗りの鞘を捨て、抜き身を提げたまま入り込む。
凄惨な五人斬りの後、初右衛門は雨の中を悠々と去って行く。(五人伐の段)

実話のドラマ化ということで、確かによくある話だけに、背中が寒いようなところがある。
大川の段は竹本津駒大夫・鶴澤寛治。
悪口を読み上げるところがかなりよかった。
「阿呆ぢゃ、今に腹切るか、首切られるかぢゃ」
手紙も舟も変わらず悪口雑言で、よくまぁそんなに書けたものよ、と変な感心がわいた。
何しろ通し狂言ではないので、前後の状況が多少わからないところがあるが、この田舎侍はそんなに女に嫌われるような男なのか。
遊女の菊野の他に仲居も加わり、皆で悪口の言い合いをしているのを聞くと、なんとなく納得もする。初右衛門はイケてないのだ。洗練されていない、それ自体が罪なのだ。
そんなのに限ってしつこい、という特性がまたまた女たちに嫌われる。
遊山舟の行過ぎる間、じっと耐えに耐える大きな男の身体が小刻みに震えているのが、よくわかった。

五人伐りの段。(中)竹本文字久大夫・鶴澤清友。
√蛍火に焦がれて身を焦がす・・・ 文字久大夫の綺麗な歌声から始まる。
三味線、ちょっときつくないですか。

文箱の中に何があるかも知らぬ男女はうじゃじゃけている。
「玉手箱なら一緒に老いましょう」などと他愛のない痴話を繰り返す。
それで中身にギョッとして、ヤバイぞということになってから、女の胆が強い。
あの初右衛門に切られてもいいようなことをいう。
(三味線、ちょっと気合入りすぎて元気良すぎることないですか。うんうんっと声が上がりすぎている・・・)
ここで心中の相談と言うのがよくわからない昔の人の考えなのだが、そこに女の弟が来て取りやめになり、更に男から無視されている許婚者の娘が来たりする。
通し狂言ではないので、この辺りの事情がよくわからないが、まぁ大体は想像できる。
「ととさんの手前、盃ごとさえしたら、一生尼でいる気」
そんな風に言われて哀れさが湧き、男の待つ二階にライバルを送り出す菊野。
着物を取り替え、暗くしているから自分と間違えて彼はあなたを・・・ということである。
そうして独り寝のところへ復讐鬼に化した初右衛門が来るのだ。

(切)竹本住大夫・野澤錦糸。胡弓・豊澤龍爾。
捕まえた女に怨みつらみを語る男。胡弓の哀切な音色が響く。
女を切り刻み、責め苛む男。住大夫が女の苦痛の声をリアルに語っていた。
「うう・・・ううっ・・・ううう・・・う・・・」
責め苛む間も胡弓の音色が流れている。
mir761.jpg
・・・血に染む丹花の唇をねぶり廻して念落とし・・・
凄いこと言うてるな。
そうか、カネばっかり使うて、ほかは・・・・・・・・・・。

女の首を切り落とした後、唾棄する。
これを見て・聞いたとき、武智鐵二と八世坂東三津五郎の対談集『芸十夜』での一節を思い出した。
『鰻谷』で名人栄三の操る八郎兵衛の人形が唾棄したとき、顔色が変わって見えた、と言う話。
凄い技能があったのだなぁ・・・

その後の初右衛門は他の女の胴を二つ切りにしたり、悪者の男を殺したりなんだかんだで五人斬り殺してから、悠々と出てゆく。
住大夫の語りは最後までよかった。錦糸の三味線も耳から心に残っている。

門の外に出ると、本水を使っての雨が降り出す。天水桶で血を落としてから、傘差して去る。人形の背中には孤独さもヤケクソさもなく、満足感が漂っていた。
√山寺の春の夕暮れきてみれば 寒山寺 諸行無常 南無阿弥陀仏・・・
笑い続ける声が長らく耳に残り続けた。

久しぶりに文楽を楽しめてよかった。わたしは現実の殺伐とした話は嫌いだが、歌舞伎や文楽ではこうした『残酷の美』に強く惹かれるのだった。

mir762.jpg毎回、桐竹勘十郎の原画による芝居のハンコが置かれている。
いつも楽しみに押している。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
いいですねぇ、私も文楽人形って大好きです。というか、人形全般が好きです。
人形って、独特な世界観を作り出しますよね。人間では出せない幽玄の美が表現できるのがいいです。
2008/08/07(木) 20:51 | URL | えび #-[ 編集]
文楽ですか
お、これまた深遠な世界ですねえ。
三味線も好きですよ。
ああ、次なる世界へと私を惹き付けないでください・・・。
お誕生日おめでとうございます♪
2008/08/07(木) 22:31 | URL | ogawama #-[ 編集]
☆えびさん こんばんは
わたしも人形そのものが好きです。
辻村ジュサブローに始まりホリヒロシ、そして文楽にゆきました。
少しの動作だけで表情が変化し、心の動きを表す・・・本当に凄いです。
心中物や大時代ものは歌舞伎より文楽の方が好きです。


☆ogawamaさん こんばんは
太棹の音色にシビレるんですよ・・・
本当にいいです。わたしは清元より圧倒的に義太夫なんです。
美声よりアクの強い声が好きですね。
さぁ~さぁ~(ユウワクの網に掛けたいなぁ~~♪)
おおきにでございます♪
2008/08/07(木) 23:32 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
いいなーーー☆★
文楽『国言詢音頭』、2000年に文楽劇場で見て、
あまりの見事な殺しっぷりと、
見事なまでの悠然とかっこいい退場場面に
度肝を抜かれたのでした。うっとり。

三味線の善し悪しというのは未ださっぱりわからないのですが、
文楽の太棹を聞き慣れると
清元や長唄の細棹三味線はなんだか
甲高くてノリきれないときがあります。
太棹のビートと、太夫の腹から出る声が
良いんですよねー。またまた、うっとり。
2008/08/08(金) 22:01 | URL | 菊花 #-[ 編集]
☆菊花さん こんばんは
義太夫はやっぱり腹にこたえるのがいいですね。聞いてるこっちの腹まで力が入る入る・・・
清元志寿太夫さんの脳天から突き抜ける高い声は、好きでした。詞の内容より、声の明るさに惹かれて聞いてたようです。

やっぱり面白かったです、夏芝居はこうでなくちゃ、と思いました。
2008/08/11(月) 22:30 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア