FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

8月の首都圏ハイカイ

例によって夏の首都圏をハイカイしました。
来てみて感じたのは、「関西よりマシやん、暑いの」・・・というコワイことです。
暑いのは暑いけど、関西の暑さは湿気が多いから、よけいひどいと言う感じ。
さてその暑い中、上野に到着。展覧会の詳細はそれぞれ後日あげます。
実は今回、見た展覧会のほぼ全てが、ご招待チケットでした。
奇特な方々からいただいたありがたいチケットで、ハイカイしたのでした。
ありがとうございます。

道なりに歩くから、まず西洋美術館。コローさん。人気あるなぁ。
そこから東博で対決を見たけど、グッズがけっこう高値なのでサヨナラ。
で、弥生美術館へ歩こうと思ったけど先に都美に入ることにした。
いろんな方のブログで二階のフェルメールから見よ、と教えを受けていたはずが、これまた道なりに見て回ったのよね。混んでたけどメチャ混みと言うわけでもないから、まぁまぁ機嫌よく見て回れた。
なんかフェルメール作品しか絵葉書なかったような気がする。

暑い日の下を歩くと、一年前を思い出す。
去年の夏も上野から弥生へ向かったけど、ちょっと荷物が重すぎて体調不良になったのだった。
あれから一年とは早いものよの・・・
さて弥生で少女のイコンとして、ロマンティックな挿絵などを見る。ときめくなぁ。
そこからまた歩く。東大の構内を歩くけど、クラクラするな。でもそれでも木々が並ぶから日差しが遮られて、マシ。三四郎池、初めて見た。水に惹かれるけど時間がないんだな。

本郷3丁目の近江屋洋菓子店でぐったり。おいしくパンやボルシチ、西瓜ジュースなどをいただく。
復活??。実はわたしの今日のお昼は東博のベンチで、持ち込みのうどんとモモだったのよ。
とにかく中途半端な時間に近江屋で色々いただいたから、これが後の幸いになることを期待しよう。

そこから礫川で浮世絵を見たが、初見が色々あり、嬉しかった。
さて一旦ホテルで荷物を置いてから、今度はサントリーへ向かう。
小袖の展覧会、松坂屋のコレクションだから、会場内売店は松坂屋の領域になっていた。
次に三井へ行った。8/10までは8時閉館なので助かる。
しかしさすがに13時間に亙って動いたりなんだらかんだらしたので疲れている。
明日も同じか、と誰も恨むわけにもゆかず、ホテルへ帰るが、オリンピックの開会式が長すぎて、途中で寝てしまう。

翌朝はやっぱり早く出かける。御茶ノ水でホリデーパス買うて、鎌倉へ。
暑いな、本当。清方記念館の近所に可愛い紫の花が咲いているのを見たけど、名前はわからない。記念館の人もわざわざ見にいってくれたけど、わからないまま。
ナゾの花。IMGP4764.jpg

鎌倉大谷へ行くのはやめて、そのまま横浜へ出る。
横浜駅に行くと必ず崎陽軒に入る。
ここで重めのランチを食べたが、海老と野菜の柚子塩炒めがおいしすぎる。嬉しいわ。
神奈川歴史博物館を見ただけで横浜を去るのは勿体無いけど、仕方ない。
なんせ八王子行きの快速に乗らねばならぬ。
桜木町で待ち合わせのに巧く乗れた。
この線では必ず寝てしまうので、風景を見たことがない。町田では起きるがすぐに寝る。
さて八王子。夢美術館に行くが、これが今回ツアー唯一、その場でお金払った展覧会。
帰りのバスは京王だったけど、愛想悪いのと運賃体系が違うので、もう一つのバスに乗るほうがカシコイ。

西国分寺から南浦和へ。そこから北浦和の埼玉近代美術館の閉館までおり、隣のうらわ美術館の夜間開館に参加する。
楽しい気分で表に出ると、やたら浴衣の人を見るからハテナと思ってたら、うらわ競技場とやらで花火大会だったそうな。
大阪でも淀川の花火が開催されたが、今年は都内にいたからTVで中国の花火を見るしか出来なかったなー、残念。

さて最終日の日曜。この日は遅めに出てもいいから気楽。とは言えやっぱりあちこち行く予定あり。・・・けっこう涼しかった。昼の二時になるまでは、しのぎやすかった。
まず六本木一丁目に。
泉屋分館・ホテルオークラのアートコレクション・大倉集古館・菊池記念智美術館を巡った後、白金台に出る。庭園美術館。
一輪だけ咲いていた百合。IMGP4767.jpg
そこから出光に向かったけど、三田線とJRどちらがよかったか検証する必要性があるな、と思ったのでした。

出光から歩く。
銀座ハイカイ。IMGP4768.jpg交詢社のそばにもこんなビルがあったのね。
窓の意匠IMGP4771.jpgと玄関の蛸のレリーフIMGP4770.jpgがヴォーリズを思い出させるけど、調べたりナンダカンダするのは次回に廻す。アタマが動かなくなっている??

暑くなってきた時に限ってなんで歩くかなぁ、わたし。答)脳天ファイラーだから。
汐留の松下で村野藤吾展を見たが、関西の建築家なのでノスタルジィに溺れる。
早く帰ろうというキモチになるのさ。
新橋から羽田へ。会社の奴らへは東京バナナがお土産。

普段はタクシーで帰宅だけど、バスがあった。走りましたよ、わたし。
バスに乗るのに全力疾走するのは奈良以来。うう??わたし、まだ走れるのだなー。
でもバスは停留所が多いから、帰宅に時間がかかるかかる。節約は出来たけど時間のことを考えるといったいどうなのだろう・・・
まぁとりあえず夏の首都圏ハイカイツアーも無事に終わったのでした。
次は多分十月に出没する予定・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
お帰りなさい、この暑いのにもおすごいですね。
しかし唯一お金払ったのが八王子の美術館とはこれまたすごい!
遊行さんのお人柄かチケットが集まるのですねー。
ぼくなんて菊池智美術館なんて招待券もらったことない!
いやいやけどフェルメールも混まずにー「対決」のほうが返って混んでいたでしよう―列車の遅延もないようでお疲れ様でした。
2008/08/11(月) 23:38 | URL | oki #-[ 編集]
残暑、厳しい中、よくぞ歩きましたねぇ。私はすっかり夏バテで、行きたい美術館のスケジュールとにらめっこしたまま、家でゴロゴロしています。
それにしても、鎌倉の清方記念館のスタッフさんは、相変わらずフレンドリーですね。花の名前が分からなくて残念がっている姿が目に浮かぶようですよ。
2008/08/12(火) 12:43 | URL | えび #-[ 編集]
いやはや
こんにちは。

毎度毎度頭が下がります。
その行動力には。
しかも遊行さんの場合
観ただけでなくきちんと
後日記事になさるから凄い!

小袖展良かったですね~
2008/08/12(火) 14:51 | URL | Tak #JalddpaA[ 編集]
ああそうそう、東京ー大阪間で一番安く済む方法は夜行バスを利用することなんですよね。
ねていりゃいいんですからー。
遊行さんは無理かな?
2008/08/12(火) 22:52 | URL | oki #-[ 編集]
こんばんは。
無事のご帰還おめでとうございます。
しかし、本当によくも東奔西走動き倒されましたね。凄い!凄い!
銀座界隈はレトロ感あふれるビルヂングがまだ残ってますね。
古い建物には哀切と甘美が滲みます。
こちらももうすぐ淀屋橋界隈のビルに逢えると思って、わくわくです!
個々の感想を楽しみにします。
2008/08/12(火) 23:19 | URL | あべまつ #-[ 編集]
ただいまです~
☆okiさん こんばんは
品川から上野についたら放送が入ってまして、事故でどーのと。
東京はいつもそんなものだと思うので、何も感じません。バスはニガテです。
フェルメールはまだ開始早々ですからマシでしたが、本当に対決は凄い人混みでした。
恐るべし、東博。


☆えびさん こんばんは
炎天下、何で歩くのかと自問する前に歩く私です(笑)。
鎌倉も早朝ですと、地元の人々の営みが見れて面白いです。皆さんよく働かれます。
立原正秋のエッセーにあるとおりです。
この紫のお花なんですが、なんなんでしょうね?


☆Takさん こんばんは
さすがにくたばりました。本当にへろへろ。
夏にこれだけいい展覧会が集まるのは、最早刑罰のような・・・(コラコラ)。
見たものを書かないとすぐに忘れちゃうんですよ、情けないことに。
とりあえずコローから始めます~


☆あべまつさん こんばんは
夏のツアーはやっぱり的を絞らないとだめなので、今回は建物は捨てましたが、さすが銀座です。
見るべき建物がまだまだ隠れてます。
ところで本当に関西は暑いので、気をつけてくださいね。
淀屋橋オドナですか?きれいですよ。でも昔の愛日小学校が懐かしいです~~
2008/08/13(水) 00:22 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
こんばんは。真夏の関東でも、よどみなく精力的に廻られる遊行さんに脱帽です。ただ仰るように暑さについてはこちらの方が涼しく感じますよね。風があるとないので大分違うのかなと思います。

それにしても見事なスケジュールですね!鎌倉から八王子、そして浦和と、考えただけでも真似出来るものではありません。ベストはどの展示でしょうか。ご感想楽しみにしております。
2008/08/13(水) 21:40 | URL | はろるど #GMs.CvUw[ 編集]
☆はろるどさん こんばんは
行った展覧会のデータを表に放り込んでいる最中、「・・・正気か、こやつ」と呆れました。
しかしさすがに真夏に動きすぎたので、普段枕が変わると不眠のわたしが、毎日ぐっすりでした。

ベストの展覧会は・・・うふふ。
今回は本当にいいものをたくさん見ましたからね~♪
2008/08/13(水) 22:22 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア