FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

江戸文化爛熟期の浮世絵

礫川美術館で「江戸文化爛熟期の浮世絵」を見に行く。
浮世絵で一番好きなのは、その爛熟期の作品だ。
子供の頃から広重に親しんでいたのもあるが、最初に好きになったのは国貞だった。
それから国芳に強烈に惹かれ、その一門にも気合が入った。
清方も国芳の系統と言うのが、考えたら凄いことだ。
大体なんでも文化の爛熟と言うものが好きなのだ。揺籃期より爛熟期から衰退期・・・

国芳 平知盛亡霊の図  源平盛衰記にもあるが、義経が大物浦から船出しようとして失敗する話、ここに知盛と平家一門の亡霊が現れると言うのが、大昔からよく画題になった。近代では前田青邨がしばしば描いている。『知盛幻生』など。
滅ぶものに惹かれるのは、日本人の特性だった。
既に滅んだもの―新中納言、これより滅び行くもの―九郎判官。
ここでは角の生えた鬼風の知盛がいて、刀に憑りつく霊もいる。薄い青色は死者の色である。それが額にべったりと配色されている。
義経を描く浮世絵の多くは、彼の死を描かない。彼の敗走で終わっている。
この大物浦から始まる敗走劇の終焉を、昔の客は喜ばなかったのかもしれない。

国貞 佐藤与茂七 尾上菊五郎  天保年間の絵だから三世だと思う。この三代目は鶴屋南北のお化け芝居で大活躍したそうで、今日まで残る色んな型や工夫を生み出した名優。
与茂七はむろん「四谷怪談」のキャラなので、そんなことを考えながらこの役者絵を見ると嬉しくなる。与茂七はいい役なのでキリッとしている。(与茂七とお岩さんの二役をすることが音羽屋には多い)
わたしが歌舞伎と浮世絵が好きになったのは、怖いけれどこの「四谷怪談」からなのだ。

国貞 見立て大磯の虎 瀬川菊之丞  見立てだから、本当に彼が大磯の虎を演じたかどうかは知らない。虎の身なりをした凄艶な女形の手には「美艶仙女香」がある。化粧品の宣伝浮世絵でもある。昔はこんなタイアップが普通だった。

国安 通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 扇屋内花ぞの  これも見立て絵。扇屋の花ぞのという花魁の裾にトラネコが噛み付いているので、花魁は手を振り上げてコラッ。
つまりこれは虎退治の武松の見立て絵。こういうのも面白い。

国丸 化粧を落す美人  バックに役者の紋がいっぱいデザインされていて、それがなかなかかっこいい。おしゃれ。紋もこうした使われ方をするとかっこいいものだ。

英泉 雲竜打掛の花魁  花魁とかむろだが、二人とも英泉らしい短躯。この短さがなんとも言えず色っぽくもある。ナマナマしさが。

国芳 菊慈童  全くの初見。明治初から戦前まで日本画家は菊慈童の名品を多く描いたが、浮世絵で見たのは初めて。黒目がちの美少女風。菊の花々と川の流れのその中に静かに菊慈童は佇んでいる。頬杖を衝いて艶かしく。ざんばら髪が綺麗だった。

国貞 新撰早替わり地紙  菊五郎の着せ替えヅラセット。扇形になっていて、6段ギアで、天竺徳兵衛・早野勘平・お祭佐七・大星由良之助・桜丸・元の菊五郎がある。楽しいよ。ちゃんと菊五郎格子の着物を着ている。

広重 浅草観音千二百年開帳雷神門外之躰  遠景に桜が満開の奥山が見える。赤色が目立つ。手前には茶店がある。遠近法は手前をリアルに、背景を書割に見せてくれる。
藤村の羊羹の札のついた荷を担ぐ男は多分、団十郎(目が大きいから)、おもちゃ屋、元祖七味飴は大和屋。傘に秀の字。坂東秀山かと思う。

ガラスケースの中には本があった。気軽に読める唐詩選は北斎の挿絵がある。
一方、タイトルは『百鬼夜行』だが、中身はどうやら花魁総見みたいなのが、国貞。
『開談夜之殿』かいだん・よるのとの・・・どう読んでもエロ小説らしい。おその六三郎のいちゃつく絵もある。それで一枚実に艶な女が描かれていた。
女の閉じた睫毛の長さ、鉄漿に舌・・・やっぱり国貞の描く女は艶かしい。
「ウンスントうめく声おそろ猪」ふふふ、巧いね。

画像は一件も見つけられなかったので、わたしのええ加減な文で「およっ」と思った方は後楽園の礫川へGO!
ここのコレクションは個人の嗜好で集められているから、ちょっと楽しすぎるものが多くて、なかなか面白いのだった。8/24まで。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この美術館ってチラシももらったことないけど結構有名なんですか?
後楽園といえば文京区ふるさと文化館のほうがたどりつけそうなー。
浮世絵といえば太田美術館にベルギーロイヤルコレクションが来ますが、チラシを見ると京都高島屋、日本橋高島屋に巡回して「会場ごとに出品される作品は異なります」とあるんですよね、三か所行けということ?
2008/08/15(金) 23:28 | URL | oki #-[ 編集]
およっ!
・・・と、思ったので、早速行ってきました。
国芳・国貞の素敵な絵がたくさんあってワクワク。
ガラスケースの中の本がとても気になる。
「百鬼夜行」も「開談夜之殿」も、
わりと読みやすい字で書かれていたので、
是非とも手に取って読んでみたいところ。
2008/08/16(土) 19:58 | URL | 菊花 #-[ 編集]
☆okiさん こんばんは
わりと好きな人には人気のあるところです。開館当初は太田から紹介されました。だから今でも半券や割引券は太田のと同じような形を踏襲しています。
礫川からふるさと経由で近江屋で一休みと言うのもいいですよ。


☆菊花さん こんばんは
「およっ」になられましたか。
あのガラスケースの本、手にとって読みたいです、私も。けっこう幕末の好色本って面白いんですよね。殆どSF仕立てのウソーな設定もあったりしますし。近年國貞にも再燃中です。
2008/08/16(土) 20:27 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
爛熟期、いいですね。
だいたい肉も腐る一歩手前が美味しいと言いますからね。
爛熟期の浮世絵。見たくないと手で顔を被いながら、
実は手の隙間からじっくりと眺めてしまうような絵が多いです。
2008/08/17(日) 10:24 | URL | 一村雨 #-[ 編集]
☆一村雨さん こんばんは
>手の隙間からじっくりと眺めてしまうような絵が多いです。

うふふふ!ねぇ!礫川はけっこうそういうのを多く持っているので、楽しいです。
ちょっと毒がある方が何でもええですね。
子供には見せられないのが好きです。ぜひぜひお運びを。
2008/08/17(日) 13:23 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア