FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

姫路&明石ふらふらツアー

先週友人と姫路・明石ツアーに出た。
はっきり言って遠い。彼女は大阪南港から来るので大阪・姫路1dayチケット2600円、わたしは阪神・山陽電車フリーのシーサイド1dayチケット2000円。
向こうの方が特典が多いが、今回その特典もわたしは別な形で受けられるから、こっちのチケットでOKなのだ。
大阪―神戸の阪神間は阪急・阪神・JRがしのぎを削る区間で、わたしは普段は阪急に乗るが、最速はJRらしい。
しかし阪神には甲子園がある。(あんまりここでは関係ないか)
とりあえず阪神梅田からの姫路行き直通特急に乗った。
乗ったはいいがあまりに長くていやになってきた。わたしも彼女もシャベリなので喋るが、それにしても長い。
90分なのだが、風景が長さを助長させているように思えて仕方ない。

神戸を越えしばらくすると、左手に海が現れる。
須磨も舞子も明石も通り過ぎると、とうとう播磨に入る。
この播磨がやたら長いのだ。
だんだんわたしは暗い気持ちになってきた。
実はわたしは車窓からの景色にあんまり関心がないのだ。
(TVの『世界の車窓から』は別として)
わたしにとって電車もバスも、目的地に向かうための手段としての交通機関、なので長すぎるとしばらくの間、その方面には行かれなくなる。
それでもやっとついた。ああ、ほっとした。

世界遺産の姫路城まで1?ちょっとあるらしいが、大手門通りではなく商店街の御幸通りをずーっっっと歩く。
今回は姫路おでんを食べようと決めていたので、そのお店を探したが、どうもよくわからない。
とうとう城の裾にまで来てしもた。
そこに観光協会があり、更に公共関連の複合ビルも近いので、眼をつけてそこへ行くとうどん屋さんがあった。
ここでうどんやてんぷらに姫路おでんのついたランチを食べた。
姫路おでんと言うのはフツーのおでん、つまり関東煮を生姜醤油で食べるものらしい。
・・・あっさりしてるので、けっこう合う。おいしくいただいた。
機嫌よく店を出て、もとは陸軍関係の建物だった姫路市立美術館へ向かい、そこで川瀬巴水の版画を見て(詳細は後日)、さらにはちょっと離れた姫路文学館へ歩いた。
西脇順三郎展を見た。(後日詳細)
なかなか楽しい気分になって、お城の掘り端をぶらぶら歩く。少年たちが釣りをしている。
お堀のではなく、道を挟んだ川の魚を狙っている。
歩く歩く歩く。
けっこう時間が掛かっている。京阪神と違い、土地が広いので歩くのも多くなる。

まぁやっと駅に着いたが、そこから今度は明石へ戻った。
大震災のとき傾いた天文台も真っ直ぐ立っている。
山側の文化博物館へ行こうと急な坂を上ったが、表示が悪いのかわたしらが阿呆なのか、博物館とは外れた道しか歩けない。
それで仕方なくガードレールを乗り越えた。
汚れるなぁ。ちゃんと「こちらへ歩こう」と指示してくれ。(誰が誰にや?)

ここではドーム商会のガラス工芸の展覧会が開かれていた。
ガレもドームもアールヌーヴォーの作家だから、ついついそこまでかと思ってしまうのだが、カンパニーとしては生き続けていて、今も新作発表と商売に余念がなかった。
どちらかと言えば旧いガラス工芸が好きなので、近年の作家のそれはちょっと遊びすぎていて、しかもその遊びがユトリになっていないところがニガテで、ちょっとサヨナラした。
一方、ここは明石の石器時代からの出土品も集めた場所なので、明石原人の骨とか象の骨格標本などを見た。これがまたなかなか面白かった。

明石は源氏物語ゆかりの地だが、むしろそれより「魚の棚」通りが知られている。
ウォンタナ、と発音するのが正しいらしい。釣り好きなヒトが以前教えてくれた。
ここではタコか鯛を食べるのがいいのだが、季節から言うてもやっぱりタコですね。
大阪のそれとは発想の違う明石焼(地元では玉子焼きと呼ばれる)を食べようとした。
明石焼とは、ダシで食べるたこ焼きなのだ。
北摂では清荒神の山の中腹に大昔からそんな店がある。
わたしはマヨネーズがニガテなので、ソースのかかったそれより、ダシで食べる方がいい。
しかし夕方だからか、どこもかしこも満員御礼。
二軒目は商売っ気がないらしく、ダメ。三軒目で座ったが、ここはまぁまぁいけてました。
でもあまりに繁盛しすぎて、ちょっと掃除や洗い物が行き届いていないのが残念。
明石からは山陽電車で1時間ほどだった。
けっこう気疲れもしてぐったりモードになり、この日は早めに倒れてしまった。

実を言うと、ただいま東京ハイカイ中なのだった。
とりあえず書ける分だけ書いたのを挙げておきます。
毎日自動更新で午後九時に記事があがるけど、例によって大したことは書いてないから、お気軽に。
17日?19日まで動き倒しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
こんばんは。
そうですか、今、こちらですか。

姫路はあべまつボーイと夏に徘徊しました。
もしや、おでん付きうどん屋はあそこかいな、と思ったり。ニ!
うまく千葉に行けると良いのに・・・と家族の予定とにらめっこです。
東京ハイカイお気をつけて!
2008/10/17(金) 21:36 | URL | あべまつ #-[ 編集]
20歳の頃、連れ合いとデートで明石の天文台に行った時、山陽電車の最寄り駅からの便利の悪さに思わず「もっと駅に近くに立ってら良かったのになぁ」と同意を求めると、隣から冷静な視線とともに「子午線の上に立ってるんや・・・・・・」という返事が返ってきました。 純情だった私は舌噛んで死にたかったわ。

明石駅でたこの菊人形みましたか?
2008/10/17(金) 23:25 | URL | 紫 #-[ 編集]
☆あべまつさん こんにちは
同じお店かもしれませんね。
わたしらはお城の中には入らず周辺ハイカイ。
動物園の周囲に銀木犀が並んでいて、いい匂いやな~とふらふら寄って行ったら
巨大なスズメバチ’sホームが。
出入りしてるのを見ただけで、サヨナラ~でした。
千葉はバスに乗っても道に迷った私です・・・(涙)
かなり見応えがありましたよ、凄く楽しみました。


☆紫さん こんにちは
タコの菊人形・・・それは残念、見損ねてます。
わたしは細工作り物が好きなので、残念なり~

>子午線の上に
でもそこで「純情だった私は舌噛んで」なのが紫さんの可愛らしさですね。
わたしはすかさず
「子午線は点とちゃうでしょ、この線上に建てたらえーやん、ということやん」
と言い返して、ケンカになるところです。トホホ。
2008/10/20(月) 09:20 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア