FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

最近の動向とか行状とか

最近の動向とか行状とか。例によって長すぎるけれど。
先日京阪電車の中之島線が開通した。
そんなにテツでもないが、やっぱり乗りたい。そこで色々計画して、こういうコースを取った。

送迎バスで中之島のリーガロイヤルホテルに出る。(いつもありがとう)
そこから徒歩で国際美術館。(観た内容は後日に詳述予定)
で、新駅・中之島駅から京阪守口へ向う。(ピカソを見に行った)

駅はと言えば土手の上にあるような感じ。IMGP5111.jpg
土手って変ですな。川を見下ろす散歩道にボックスが出現し、その地下に広がる木の空間なのだった。ロイヤルホテルには新しい電車の模型もある。
IMGP5110.jpg
なかなか早いエエ電車である。天満橋で従来の線と合流する。

守口から京橋へ帰り、そこから藤田美術館へ歩く。「渡来した陶磁器」を見てから、今度は地下鉄長鶴線(わたし勝手な省略名)など乗り継ぎ、谷町4丁目で下車して、大阪歴博でベルツコレクションを見る。(後日詳述予定)
本当はここから吉田に出て好きなケーキ屋に行き、更に奈良の学園前で大和文華館に行ってから、正倉院展の初日の夜間開館に合わせるつもりが、不意に体調が悪くなった。
お昼に食べたうどんが、うどんとは思えぬほどまずかったので腹を立てていたが、そのせいなのか、本町のカフェが二次会のために閉めていたからかは、わからない。
仕方なく吉田も奈良も諦めて、心斎橋の別なカフェに入ったら、これまた選択ミス。
体調不良が判断力の低下を招くのか、それとも悪いことは重なる法則があるからなのかは知らぬが、えらいメに遭うたわい。
結局この日は大阪市内で終わった。

去年新社長の方針で年賀状も社内旅行も一時停止した。
それが今年は社内旅行を再開すると言うから、却ってダメなのだ。みんな行く気がなくなっている。
結局日帰りで京都へ行くことになったから、これは遠足。
台湾や温泉旅行の頃はいい時代だったな?(遠い目)。歴代社長たちはのんびりしていた。

色々あり11/1に決行。欠席もいるし、前日のいきなりトラブルで部長と営業課長は現地へ飛んでいる。
祇園の舞扇堂で扇の絵付け体験。まぁ楽しかったです。
しかし開店前についたのでその間解散と言うのはどうかなぁ。まぁそれはそれでいいのか。
わたしは八坂神社へ拝みにでた。
他の人々はカフェで時間つぶし。なんか勿体無くないか?価値観の違いか。
絵付けの後、お向かいの原了郭で黒七味購入。同僚を誘おうかと思ったが、嗜好の違いがあるからやめる。でもここの黒七味は本当に絶品。

そこから二条の角倉了以邸跡地のがんこに行く。第二無鄰庵として山県有朋に愛された地。
なかなかいい庭園で、干支灯篭が可愛い。そして吾妻屋風灯篭という御影石製の日本一巨大な灯篭があった。池泉回遊式庭園はアヲアヲしたところがいい。
以前がんこ平野郷屋敷にも行ったが、こうした古い和風邸宅を綺麗に保ちながら再生使用するのは大賛成。がんこだからそんなに高価ではなく、気軽に出かけられるのもいいと思う。
舞妓さんがお二人来た。なんかそんなコースがあるそうな。
祇園の舞妓さんで可愛かった。間近で見ると本当に愛らしい。やっぱり京都で見ないとダメだ。神戸大丸で正月にイベントがあるが、あれは違和感が大きすぎる・・・
みんな喜んでころこんで一緒に写真撮ってはる。
わたしもちょっと話す。
「片山先生は」「藤舎先生は」などと言うと、喜んで芸の話などをしてくれた。
「今から片山先生の会に行きますねん」と言うことだった。
彼女たちが日本の芸道を支えてくれているのだ。
これからも精進してください。

その後清水寺に行ったが、ここは本当に日本有数の観光地だと実感する。どんなけ人多いねん。ところでこんなに京都に出かけているのに、ついぞ一度も清水の舞台に上がったことも音羽の滝を間近で見たこともない。
近いのと、なんかジクジたるものがあるので避けていたのだが、会社の遠足と言うことで今回は中に入った。むろん紅葉はまだ早いが、少し紅葉している。
それにしても大繁盛。同期のNちゃんとぶらぶらする。本当は高台寺の美術館に行こうと思っていたが、人と一緒ではそうはいかない。
しかし産寧坂のイノダへ誘ったら、わたし道間違えて八坂の塔の下に出てしまった。
更に高台寺の前まで来たがな。・・・まぁそれなりの楽しい遠足でした。

さてその翌日には枚方に出た。そのことについては別記事で挙げます。

枚方から三条に出たら、道路大渋滞。バスに乗るのはやめて、歩いた。バス三台に打ち克つ。(何のジマンや?)
南禅寺まで歩く。そこから地図に沿って野村美術館へ。(後日詳述)
帰る時、ふと隣の道に気づく。疏水の流れがゴォゴォ言うてる。
IMGP5161.jpg
その横を延々と歩くと・・・なんのことはない、疏水記念館の真裏に出た。
つまり南禅寺境内経由は遠回りだったのだ。

法勝寺町界隈は不思議なことに大邸宅とホテルとが混住している。持ち堪えられなくなって売りに出したためだろうか。
てくてく歩く。岡崎に向っていたのに、歩きすぎて丸太町通りに出ていた。
ニンゲン、あんまり歩けるのも考え物だ。余計なことをしてしまう。
無駄吠え・無駄歩き。

平安神宮の前を素通りして、細見へ。前回同様『京と江戸 名所遊楽の世界』を見てからやっぱり前回同様近代美術館で『アーツ&クラフト モリスから民藝まで』を見る。
こちらは三回目。東京に巡回しても見に行く可能性があるかもしれない・・・。

常設では本絵と下絵を並べて展示していた。
都路華香の埴輪工房や、甲斐庄楠音の女など。
特に甲斐庄楠音の女の表情に惹かれた。大きな変容がある。
IMGP5162.jpgこれとこれ。IMGP5163.jpg
クリックしてください。
下絵では彼女は歯を見せて、ちょっとあくどいような笑みを見せている。
しかし本絵では知らぬ顔でいる。
こういうところに画家の意識の変遷または遊び心を見出すのも、面白い。
奥村土牛のわんこ素描。IMGP5166.jpg
可愛いね、三角の目つきですが。

そこから今度は文化博物館へ向う。どこのカフェもいっぱいだし、時間の節約を考えて真っ直ぐ進む。ちょっと歩きすぎですよ、遊行さん。

ここでは『読む、見る、遊ぶ 源氏物語の世界 浮世絵から意匠まで』の後期展示替えを見る。
國貞の物語絵は本当に楽しい。
八犬伝の世界』でも色々いいのを見たが、ここでも田舎源氏の名品を楽しむ。
今年は比較的多くの國貞の作品を見ている。

もっとこういう企画が来年にも増えますように。
結局オヤツも食べずにまっすぐ帰宅したのでした。

扇が届きました。
ACDB.jpg
山吹色で小花をチャカチャカ描いてます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
こんにちは~(^^)
中之島線はぜひぜひ乗ってみたいんですよね♪
京都地下鉄の東西線が太秦まで伸びた時も早速乗ってみたし、私はけっこう鉄分が多いのかも・・・と最近思うようになってきました(笑)
社内旅行おつかれさまでした!
自由行動の時間が多かったようで、いつものように美術館めぐりができてよかったですね。
たくさん歩かれましたね!!確かに今の時期の京都は、徒歩がいちばん早く目的地に着きそうな気がします(笑)
今回は「ちゃらん」には寄られなかったですか?おそらくお客さんがたくさんだと思いますが・・・
おつかれさまでした!!
2008/11/08(土) 12:23 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
充実した日々の記録大変楽しく読ませていただきました。

私も鉄子というほどではないのですが、結構電車や列車は好きなので、今度大阪へ行くことがあったら中之島線乗ってみたいです。
以前伯母が京阪沿線に住んでいたので、京阪電車には何度か乗ったのですが、未だテレビカーには乗ったことがありません。

私が住むところはド田舎なので渋滞でバスがのろのろ運転になるということはまずないのですが、次のバスまでかなり待たなくてはいけないということがしばしばあります。
そういうときにはバスを待たず歩きます。途中で乗るはずだったバスに追い越されることもありますが、じっと待つよりも歩くほうが目的地に近づけるような気がするのです。
2008/11/08(土) 21:37 | URL | 千露 #GyvMcuCk[ 編集]
昨日今日と出かけておりまして、遅くなりすみません。
☆tanukiさん こんばんは

>私はけっこう鉄分が多いのかも
マンガンとカルシウムも増やしましょう。
(バナナ)と(カルミン)

快適でしたよ~天満からは同じなんですが、やっぱり気持ちが楽しくなりました。
しかし京都に行かない人はとことん行かないんだな~と、そのことに関心を持ったりしましたよ。


☆千露さん こんばんは
わたしもやっぱり同じく、待たずに歩きます。実は今日もそうでした。
世田谷の静嘉堂美術館からのバス、15分待ちなので歩いたら、14分で駅につきました。
「勝った~~!」と秘かに叫びました。
追い越されても、時間を無駄にはしなかった気持ちになりますよね。
それでバスが混んでたら、もっと充実しちゃいます。
2008/11/09(日) 22:13 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア