FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

琳派から日本画へ

山種美術館の『琳派から日本画へ』展はなかなか面白かった。
先般、東博で『大琳派展』を楽しんだが、こちらはこちらで規模は小さくとも充実した内容で、館内にいる間、いい気分で過ごした。
cam003.jpg
琳派といえばまず金色が眼に浮かぶが、丁度ここに至る道は黄葉していて、それからしても序曲のように感じられた。
宗達x光悦のコラボもあり、抱一・其一師弟の作品もある。
お出迎えは、加山又造さんの裸婦である。
これを見ると、数年前の東近美の『RIMPA』展を思い出す。
あれにはクリムトの作品も招かれていた。
又造さんの裸婦に迎えられて、ゆるゆると眺め始める。

久しぶりに荒木十畝の連作を見た。
わたしはこの四季のうち、春秋が特に好きで以前から絵葉書を持っていたが、今回夏と冬にも随分惹かれた。
cam004-1.jpg
青紫の花が華やかで、見るからに艶やか。
冬は冬で淋しいわけでもなく、豪奢である。
思えばこの四季花鳥画のタイトル、それ自体が既に華やいでいる。
華陰鳥語、玉樹芳艸、林梢文錦、山澗雪霽・・・美麗な四時熟語の並びである。

下村観山 老松白藤 きらきらした背景にはやはりこうした画題が、というお手本のような作品。

菱田春草の月四題も久しぶり。四季のうち、特に春と秋がいい。
名前は春草だが、彼は秋の絵に良いものが多いように感じる。
実際名品と呼ばれる作品の多くは秋の画だと思う。

其一『伊勢物語 高安の女』 この絵は他ででも見たが、見る度わたしが思うことは、貴公子・マメオくんとは逆のことで、「ごはんおいしそー」なのである。
貴人は家事に従事してはならない、という風習が常識として身についているマメオ君は、だから自分でご飯をよそう女にゲンナリしたのだが、あんまりそういうことにいい感じを持てないなぁ。まぁ昔の人ですから。

「琳派から日本画へ」というタイトルだけに、琳派とは趣の異なる古径、青邨らの画も並ぶ。
古径『しゅう采(しゅうは火扁に禾つくり=秋、の意)』 この字を久しぶりに見た。これは横溝正史の『悪魔が来たりて笛を吹く』のキャラの名前に使われているが、他ではなかなか見ない。ちょっとときめくような字なのだが。

青邨『大物浦』 青邨の平家物語(というよりむしろ『義経記』)を描いたいくつかの作品のうち、義経の漂泊が始まる大物浦の場が描かれている。九州へ逃れようにも風雨が強く、平家の亡霊にも邪魔をされてしまう・・・
ここには出ていないが『知盛幻生』では平家の怨霊が描かれている。
一時、青邨の歴史画にひどくのめりこんでいた。

雅名に「牛」を使うくらいだから奥村土牛は牛が好きなのか、優しい目をした牛を描いている。『犢(こうし)』 カマンベールチーズ、ミラノ風カツレツ、などとドナドナなことを考えてはイケナイ。

速水御舟『名樹散椿』 山種美術館の至宝の一つ。かつては安宅コレクションだったそうだ。正面から対峙しても良いが、斜めから眺めると、また趣が異なる。
つまり椿の枝の端から見上げると、空間の広がりを一層味わえるのだ。
椿は低木だから、こうして眺めると、いよいよ花の美しさに胸を衝かれる。
この木は京都の椿寺にかつてあった名樹だが、いまは二代目に変わっている。
ここの椿は可愛いが、先代のこの豪奢さとは趣が違う。
寺は北野天満宮の近くにある。

他にも福田平八郎の可愛い雀もいたし、見どころの多い楽しい展覧会だった。
次回は松岡映丘とその一門展だが、あいにく予定が立たないので、みなさんの記事を切望している。
cam004.jpg
なんか楽しそうな雀たち・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント
ご飯をよそったのを見て、げんなり。
今と価値観が違うのでしょうね。
我が家でも、片づけができないのを見て
げんなりすることがあるのですが、
恐くって、口に出せません。
2008/12/18(木) 04:56 | URL | 一村雨 #-[ 編集]
☆一村雨さん こんばんは
>片づけができないのを見て
げんなりすることがあるのですが

ギョギョギョ
わたしのことかと思いましたのことよ。
まずい、ばらしてしまった。
ゴハンよそうのは大好きなんですけどね~
2008/12/18(木) 20:43 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
こんばんは。
『悪魔が来たりて・・・』にあの字が使われた人物がいるとは、ちょっとカルトクイズっぽいですね(古い!)。
名樹が枯れる前にあれほどの花を咲かせていたのかなーなんて、本当に見てみたかったので残念です。
青邨の歴史画は今、ちょっと気になっています。
2008/12/18(木) 23:16 | URL | キリル #-[ 編集]
☆キリルさん こんばんは
『悪魔・・』は横溝作品で一番好きなんです。映画もTVもどちらも大好き。むろん原作も。

あの椿ですが、いまは二代目なんですけど、そちらは可愛い花を咲かせてますが、やはりなかなかこの絵のようにはなりません。

青邨、とても好きです。見事な作品が多いですよ。
2008/12/18(木) 23:56 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア