FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

アジア文明博物館

シンガポールではいくつかの博物館に入った。
その中でも特に良かったのは、アジア文明博物館だった。
シンガポール国立博物館の所蔵品が、シンガポールでの古代から近代への成り立ちの中での、そのライフスタイルを集めたもの、と位置づけできるとすれば、こちらは全アジアの民俗と文明・文化の紹介に徹している。
特にこの展示は日本での「国立民族学博物館」と「国立歴史民俗博物館」に近いように思う。
(どちらも大好きな博物館だ)
中学の頃から民博に出かけていたわたしは、ヨーロッパ大陸の「文化」は好きでも、「文明」はアジア全域とアフリカ大陸、南米大陸の方がずっと好きなのだった。
今回、その大好きなアジア全般の「文明」を深く深く味わうことが出来た。

一階フロアには、サバニのような細い船があり、そして今出来らしき銅鼓があった。
これらを見ただけで「孔子暗黒伝」を思い出して、わたしはときめいている。

IMGP5805.jpgこの階段の向こうにアジア文明が広がっている。

大体の地域別に分けられての展示が始まった。(国別というのではなく、おおまかな分け方がいい)
今巷で流行のガネーシャもあるが、こちらはクメール佛らしき体躯の仏像。
背後にはナーガラージャが見える。IMGP5808.jpg

ベトナムの年画。IMGP5810.jpg
カエルの戯画で、学校入学祈願かも?

刺繍の虎たち。可愛くて仕方ない。IMGP5811.jpg

これは細かいビーズ刺繍の帯。キラキラキラキラ煌いて、まるで天の川のようだった。
IMGP5813.jpg
暗い室内で、視線を変えるごとに煌きの度合いが変化し、うねるような美しさがあった。

金をふんだんに使った装飾品も素晴らしい。IMGP5818.jpg

あああ、瓔珞も綺麗だが、それを纏いつかせる肉体に、まず惹かれる。
IMGP5827.jpg

IMGP5828.jpgこんばんは?? 可愛いようなコワイような、可愛い奴め。

これをウサギと言うのはけっこう根性いるんちゃいますか?模造品がショップにも出現。
IMGP5829.jpg

ヨーロッパ人の偏愛するジャポニズムだと思う。現代日本のわたしにもときめきが生まれる。
IMGP5830.jpg

イスラームの細密画だが、青鬼はいるわ、地面には切り刻まれの死体は転がり倒すわで、けっこうホラーしてるな。
IMGP5835.jpg

美人たちが孔雀のとまる木に向けて、散華している。
IMGP5850.jpg
すこし有元利夫を思い出す。

これは国宝の平家納経を思い出す。折り返し部分の絵の中でこんなのがあった。
IMGP5854.jpg

企画展として、「neither east nor west」モノクローム写真の肖像画展があった。
タイトルは「東も西も」という意味らしいから、いかにも19世紀末から20世紀初頭ぽくていい。
ターバンを巻いたハンサムなひと。IMGP5842.jpg
わたしはあっさりしたイケメンより、濃いオトコマエが大好きだ。

オリエンタル・ビューティー。IMGP5844.jpg
日本の島津家令嬢のドレス姿もあった。

この博物館は平日は19時までだが、金曜は21時閉館で、19時以降は無料となる。
ミュージアムショップは世界中の色んなグッズがあるが、絵はがき類はゼロ。
撮影可能だから、それでOKということなのかもしれない。

またシンガポールへ行くときには、ここを再訪したいと思っている。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
こんばんは~(^^)
この博物館は魅力的ですね♪
刺繍の帯、仏像に惹かれます。
ウサギ?の皿にはぶっ飛びました(笑)
梅に鶯の絵皿は、中国っぽい感じもしますね。
イスラームの絵にも具象画があるのは珍しいですね。
2009/01/31(土) 22:33 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
↑まちがいました。

気分を変えてもう一回

う~ん、やっぱりシンガポールは、異国です。
異なってるから、違うから、知らないから~

怪しい魅力!

aboutなBaroque
2009/01/31(土) 23:11 | URL |  Baroque #-[ 編集]
☆tanukiさん こんばんは
この博物館は本当に楽しかったです!
あの刺繍の帯の煌きは半端じゃなかったです、すばらしい。
清朝の装飾品もたくさんありましてね、帯留に良さそうなのも色々♪
ウサギ、笑えるでしょう。
梅に鶯、当初シノワズリと書いてたのですが、まぁ日本に変えて・・・
どっちなのでしょうね。
イスラーム、ナゾでしたよ~~


☆Baroqueさん こんばんは
今まで中華系のアジアの国々を廻りましたが、シンガポールが一番中華から離れているような気もしました。
というか、あまりに多民族国家なので、全てが「異国」なのかも。
本当に面白い国でした。
とくにこの博物館には妖しい魅力、てんこもりです~~
2009/01/31(土) 23:40 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
いいですね。やっぱり、撮影OKの博物館って、うれしいですよね。必ずしもミユージアムショップに気に入った作品のポストカードがあるとは限らないので、こういう場合、好きなように撮影できるとありがたいです。
有元利夫を思い出す絵が、なかなかいいですね。素朴な画風ですが、とても装飾的で美しいです。
2009/02/01(日) 10:17 | URL | えび #-[ 編集]
☆えびさん こんにちは
このアジア文明博物館はokでしたが、国立博物館はNGでしてね、それも撮影して、もらった資料を帰国後読んでから、初めて知ったと言う状況でした。
うううむ。
というわけで、撮った画像をどうするかちょっとばかり悩んでいます。
切手博物館が面白いネタを提供してくれてたんですが、まぁとりあえずそれは後日に出そうと思います。
2009/02/01(日) 15:07 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
アジア文明博物館
この博物館には昨年行きました。
遊行さんと同じ仏像の写真↓をアップしてます。
http://cardiac.exblog.jp/8203819/
テラスでもう一度ビールを飲みたいと思ってます。
2009/02/04(水) 09:17 | URL | とら #8WYMted2[ 編集]
☆とらさん こんにちは
およそ1年前のとらさんの詳細なレポ、楽しませてもらいました。
この博物館はハマリますね。
わたしはこういうのが大好きなんです。
やっぱりあのクメール佛は素敵ですよね♪
2009/02/04(水) 12:26 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア