FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

画室の栖鳳 本絵と下絵

京都市美術館はすばらしい所蔵品を山と持っているが、そこから時折素敵な展覧会を開いてくれる。以前は死蔵していた作品にコンセプトを与えることで光が当たる。
ずっと眠っていたものが起こされて今の世に現れると、意外と面白く感じたりする。
これは企画力の力が大いに活きているからだが、そのわりにはあんまり宣伝をしない。
何故だろう。もっと宣伝すればいいのに。
そういうわけで、所蔵品の中から竹内栖鳳の本絵と下絵とを集めたものを展示しているのだが、この展覧会を知る人が少なすぎる気がする。
栖鳳の本絵と下絵の展覧会は、茅場町時代の山種でも開催したように思う。
090216.jpg

「絵になる最初」の本絵と下絵。モデルが恥らう様子それ自体が「絵になる」。
この絣は栖鳳オリジナルで、高島屋が売り出したところ、大人気になったそうだ。
「アレ夕立に」 本絵は高島屋史料館にある。下絵はこちらの所蔵。
わたしは一番最初にこの二枚の「美人画」を見たので、てっきり栖鳳は美人画家だと思った。なにしろあの上村松園のお師匠さんの一人でもあるし。
だから、人物を描いた大作はこの二枚だけだと知って、むしろ驚いたものだった。
しかし「絵になる最初」も「アレ夕立に」も共に女は顔の半ば以上を隠している。
そのことが却って面白くもある。

栖鳳は本願寺の天井絵を依頼されて、天女図を描こうとしたが、それは未完成に終わった。
しかしそのエスキースも残り、またデッサンも多くあるので、栖鳳の視線と指の動きがなんとなく偲ばれて、それが興味深い。
「散華」は天人たちの舞い舞いする情景を描いたものだが、天井絵がもし完成していたら、この天人たちも天井で舞い踊っていたかもしれない。
スケッチは裸婦の様々な動きを描いたもの・動かぬ体の様子を描いたものだった。

料亭の息子で、しかし絵を描くことが全ての楽しみだった栖鳳は、小さいうちから家業に使われる野菜や魚を多くスケッチしただろう。
画帳にはそんな絵が多く残る。

猫も犬もウサギも画帳にいる。特に猫は色んな柄の猫を描いている。
山種の名品「班猫」は熱海辺りのニャーだが、それとは直接結びつかずとも、多くの猫が機嫌よく描かれている。

猫の親分格の虎も栖鳳は多く描いた。
晩年の「雄風」が出ていた。虎の手の逞しさにちょっとこっちも気合が入る。

欧州に出かけた栖鳳はライオンをスケッチし続けたそうだ。狩野派の唐獅子に疑問を懐いていた栖鳳は、生きたライオンを見て嬉しかったろう。
スケッチのイキイキした描写を見ると、そんな気がする。
ライオンも虎も猫もわんこも、栖鳳の描いた生物はみんなイキイキして見える。

中国へ遊んだ成果もここにある。墨絵の美の奥深さが滲むような作品。
そぼ降る雨にぬらされた町。川岸の一本の杭につながれた小船。林の手前に佇む鳥。
なにかしら音のない雨が降り続けるような、雨がやめば緑が濃くなるような予感、それがここにはある。

この展覧会は来月末まで。200円で見てよいのかと思うくらいの、いい内容だった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
私も栖鳳の描く動物って、好きです。本当にイキイキしてますよね。そして、愛らしい。
200円とは、すごいですね!近所なら絶対行ってますよ!神奈川からだと新幹線だけで3万円以上かかっちゃうからムリだけど・・・^^;

2009/02/17(火) 21:15 | URL | えび #-[ 編集]
☆えびさん こんばんは
ご本人も家に飼うてはるだけでなく、学生を連れて京都動物園に写生にしばしば行かれたようです。
ところどころ四条円山派を実感しましたよ~

ああ、ときどき神奈川県に行きたくなります。
江ノ島に行きたいのですが、まだ無縁です。
2009/02/17(火) 21:39 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
栖鳳さんの絵、大好きです(^^)
京都市美術館でこんないい展覧会をされていたとは知りませんでした!!市美そのものにもう一年くらい行ってないかも・・・反省。
真向かいの近代美術館にはしょっちゅう行ってるんですが(笑)
私も、動物を描いた作品がとても気に入ってます。

以前、丸太町通沿いに栖鳳記念館があったのに、今ってなくなっちゃいましたよね?とてもいい美術館だったのに残念です。
2009/02/18(水) 08:31 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
☆tanukiさん こんにちは
近美の上野夫妻の展覧会はよかったですね~
たまにはお向かいさんにも愛を注いであげてください(笑)
本絵で猫は例の斑な奴が有名ですが、スケッチには色んな猫。
わんこも大きいのや小さいのが色々。
可愛かったですよ~

>以前、丸太町通沿いに栖鳳記念館があったのに
そうそう。行く前になくなって残念でした・・・
2009/02/18(水) 12:48 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア