FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

誕生100年 ローズオニール キューピー

松屋銀座で「生誕百年ローズオニール キューピー展」が開催されている。
キューピーは子供の頃から見慣れているので、もっと昔からの存在かと思っていた。
とはいえそれは、ローズオニールのオリジナルが日本に入り、そこから日本で独自に育った「キューピーさん」なのだが。
公式サイトはこちら
09122303.jpg
ローズオニールのキューピーたちは団体だった。
今回の展覧会で初めて知ったのだが、彼ら(?)はキューピーという種族(?)で、それぞれに名前もあれば個性もあったのだ!
これは全く初めて知ることだった。
わたしはてっきりキューピーさんはキューピーさんで、個にして全、全にして個かと信じ込んでいたので、まさか個別の違いがあるなど思いもしなかった。ごめんね、みんな。
こういうショックは以前にもあった。「ムーミン」のヘムレンさんが11人いる!(きゃはは)のにもびっくりだったが、あれは分裂した人格がそれぞれ具象化しているのかも、と勝手に考えていたので、キューピーさんもそうとは思いもしなかった。
それで個別に性質と名前がある以上、それぞれに物語や事件がおこる。

ママが欲しいキューピーの物語は、せつなくなった。可愛い丸いお顔とおしりのキューピーがしょぼんとしているのを見ては、やっぱり放っては置けない。抱っこしてあげたい。しかしわたしの手ではなく、キューピーは紙面で優しいおばさん夫婦の子になるのだった。その養子になったキューピーの名前は失念してしまったが。
キューピーたちの永遠の仲間と言われる小さいわんこが仲間入りする物語もあった。
顔つきも体つきもなんとなくキューピーに似ているが、これは大きくなると「ジョジョ」の第三部に出てきた凶悪な犬になりそうな感じ。
そのまま大きくならず、永遠にキューピーたちと暮らしていくようで、よかった。

絵本もある。
キューピー物語 キューピーとおばけやしきの巻キューピー物語 キューピーとおばけやしきの巻
(2002/10)
ローズ オニール北川 和夫




それにしても可愛い、可愛らしすぎる。
もう無くなってしまった某銀行が「キューピーさん」の遊園地のようなディスプレイを淀屋橋で見せてくれていたが、銀行がなくなった時点で、彼らはどこへ消えたかと心が痛かった。
会場には様々なグッズがあった。なんでも当時のアメリカの人形製作技術はダメで、ローズオニールはドイツに出かけて、そこでビスクドールを拵えさせたそうだ。
そこから二次元の存在だったキューピーたちが三次元化されて、ついには日本に上陸して「キューピーさん」になったのだ。
セルロイドのキューピーさんがぞろぞろ並んでいた。
現在のコスプレキューピーたちのご先祖か、ヒトラーキューピーまでおったのには笑うに笑えないが、笑ってしまった。

版権問題もうるさいが、マヨネーズのキューピーはやっぱり可愛いと思う。
一時「Q兵衛&マヨ」というカップルキューピーもいた。
ローズオニールのオリジナルも愛らしいが、わたしは日本のキューピーさんのファンだ。

さて日本のアニメやマンガ、ご当地オリジナルのキューピーさんたちがダーーーッといた。
ぷっくりしたおなかが可愛いキューピーさんたちがゴルゴ13だったりするのには笑った。
めんたいこのキューピーさんは以前から好きだが、犬夜叉キューピーも可愛い。

会場外のショップでは色んなグッズ販売があり、わたしは色々吟味して三種類ばかり購入した。二月に後輩Rが誕生日なので、プレゼントにするのだ。
キューピーファンだから喜ぶと思うと、わたしも嬉しくなった。
展覧会は12/24まで。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
たくさんいるキューピー
あぁ!私もこの展覧会には行きたかった!!
ローズ・オニールの原作キューピーって、
すごくキュートですよね♪私も、2年ほど前に
原作を知ったのですが、すごくビックリしました。
たしかにヘムル族と同じで、キューピーにも
個体差があるっていうのには驚きました。
それにしても、ローズ・オニールのカラー
イラストレーションは、最近の作家が描いたみたい
ですよねぇ。実は、キューピー自体には全然、興味
がなかったんですけど、原作を知った途端に
好きになってしまいました!!
2009/12/25(金) 19:13 | URL | えび #-[ 編集]
キューピーの生る木=キューキー
☆えびさん こんばんは

> たしかにヘムル族と同じで、キューピーにも個体差があるっていうのには驚きました。

わたしはヘムレンさんにもびっくりしましたが、キューピーの個体差(!!!)には絶句でした。

ローズオニールのキューピーを見てて思ったのですが、お子様時代のえびさんは、キューピー族の一員だった可能性があるのでは?とニランでおります。
どうもクリクリな目がよく似ているようです。
2009/12/25(金) 21:23 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア