FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

浮世絵百華

たばこと塩の博物館で「浮世絵百華」展・後期を見た。
09122701.jpg  女房気取りの女

前期は平木浮世絵財団の名品だが、後期は「浮世絵文化史学」という立場での展示があった。
前期には三井記念で先般展示された高橋コレクション「衝立のかげ」(平木では「若衆と娘」)が出ていたので、目ざとい方は手彩色の違いを楽しめたろうが、後期にはそれほど色っぽいものは出ていない。
ちょっと前に立命館でイイものを見た身としては、少しばかり物足りないような気もしたが(笑)、それでも楽しく眺めて回った。
平木コレクション、たばこと塩、中央大学、他に個人蔵の名品が並んでいた。
滅多に見ない作品ばかり取り上げてみる。

安永六年発行の江戸のグルメ本「土地万両」の実物を初めて見た。わたしは江戸時代の評判記や案内本などが大好きなので嬉しい。

同じ年に出たのが勝川春章「中村富十郎の板額」 薙刀を持つ女武芸の板額が踏ん張る姿が描かれている。近年女武芸を演じる役者が減ったなーと改めて思った。

礒田湖龍斎 虚無僧  女二人の虚無僧姿。本物の虚無僧もいたけれど、コスプレ者もいた虚無僧。「毛谷村」のお園なども虚無僧姿で敵を探して歩いていた。彼女は女武芸だが、ここに描かれた二人の女はコスプレを楽しむ風情に見えた。

北尾政演 當世艶風拾形圖 尾瀧屋  深川の店でいちゃつく。それをアラアラと眺める女と。こういうのをうじゃじゃけているとでもいうのかしら。

栄松斎長喜 女房気取りの女  演歌の歌詞でもないんだが、遊里の中だけの関係でも、深間に入るとこんな風になってしまう。火鉢に鍋をかける女のほつれ毛が、なんとなくせつない。少しの幸せを感じることが、哀しい。

遊廓善玉悪玉  江戸の心学というのがまた、その当時からおちょくられてるのがいい。
歌舞伎の舞踊劇でも善玉悪玉の踊りがあるしね。座敷いっぱいに現れる善玉悪玉。人々は誰もそれに気づかない。ちょっとキューピーの大群を思い出した。

奥村政信 志道軒と若衆美人  立命館の春本展示の中で、志道軒の弟子・悟道軒による講釈本があったが、その志道軒が描かれている。彼は平賀源内の「風流志道軒」でモノスゴイ噺の主役を張っているが、浅草で人気の講釈師だったそうだ。むろんエロティックな方の大家。講釈のときに使う▲▲棒を持って、前に座るカップルを見ている。カップルは素知らぬ顔で恋文をそっと…

勝川春常 三代目沢村宗十郎の曽我十郎と中村里好の大磯の虎  立つ二人。一悶着ありそうな雰囲気。痴話げんかも仲良しさんの楽しみの一つ、というやつか。

歌川芳虎 東海道名所圖繪  さすがに東海道をずらずらと描くだけに12枚続という大物。
各地の名物も書き込まれている。なんだか楽しくなってくる。

湖龍斎 きぬぎぬ  目元より何より、口元を覆う仕草がいちばん艶かしい。交情の深さを感じさせる。

他におもちゃ絵が色々あり、それが楽しかった。役者の着せ替えものなどは、カラーコピーしたのを出してくれてたら、楽しく遊べたのに惜しいね。戯画はたぬき尽くしなどで、こちらも面白い。
他に二階のミニ企画では「明治の浮世絵」として、芳年の「明治撃剣会」、国政「官許博覧会の圖 於吉原」などがあった。
前者は、行き場のなくなった侍たちが興行として剣術を見せる会を描いたもの、後者は明治五年の内国博覧会で来たブームに乗っかって、吉原でも見世が代々の家宝などを展覧する様子を描いた図。
浮世絵も明治の真ん中にはなくなってしまうのだが、それまでは最後の仇花を咲かせたのだ。それは特に新聞で活きた。
ゴシップ系の東京日日新聞は芳幾の絵があった。「お乙と早蔵の男夫婦の話」女として育てられたお乙が早蔵に嫁して三年目に戸籍調査で男と世に知られ、髪をばっさり切られてしょげている図。
明治8年の報知新聞では芳年による「大晦日に出かけようとする蕎麦屋亭主に激怒して、熱湯をぶっかける女房」の図があった。ははははは。こわいなぁ。

たばこと塩博物館の「浮世絵百華」は1/11まで。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
こんばんは。
この浮世絵知らないのがいっぱいで、遊行さんの読んでたら、
俄然面白くなってきました。あそこは私などシルバーパスでただで
入れてもらえるので、また行ってきます。
虚無僧、女性もいたんですね。びっくり!
2009/12/29(火) 00:27 | URL | すぴか #-[ 編集]
☆すぴかさん こんばんは

> 虚無僧、女性もいたんですね。びっくり!
本物でなくコスプレさんなんですが、とにかく遊び人の間のブームでもあったようです。
なんか大正から戦前にもそんなブームが少しあったそうですね。

それにしても知らない作品が多くて、面白かったです。

2009/12/29(火) 01:51 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
No title
立命館で見てしまったので、もう普通の浮世絵では
満足できなくなってしまったのですね~
よかった、行かなくって。
この大学、私の母校なんですが、浮世絵に関わりが
あるなんて、まったく知りませんでした。
2009/12/29(火) 06:09 | URL | 一村雨 #-[ 編集]
しまった、勘違いです やり直し
☆一村雨さん こんにちは

> 立命館で見てしまったので、もう普通の浮世絵では
> 満足できなくなってしまったのですね~

いや~~セイジュンな遊行さんのはずが。

それにしても近年はいい浮世絵をたくさん見れてうれしいです。

2009/12/30(水) 10:49 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア