FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

1月の東京ハイカイ?

1の続き。つまり今日のことです。でも順序はこっちを先にした。

今日は名古屋と京都に寄るつもりで飛行機をやめて新幹線の腹算り。
朝一番に千駄ヶ谷の能楽堂へ向かうが、目の前の国立競技場で何か催しがあるらしく、なかなか混んでいた。明日は大学ラグビー決戦の日よ。
今日は何かわからんけど、もしや高校サッカーかな?
事前にはろるどさんの情報があり、正面入り口まで出ず途中曲がったら、すぐに展示室入り口かあった.
細見美術館所蔵の能関係の作品が並んでいた。
これがかなりすばらしいものが多くて嬉しい。なにしろ無料公開ですしね。
細見の方でも能楽堂所蔵品を展示しているので、交流展のようなものだろう。
又兵衛と雪佳の絵が見せ所。

大江戸線から南北線に乗り換えたのが麻布十番だというのは、ちょっと不幸かもしれなかった。どこまで降りるねんという状況。地下へ地下へ行くねんもん。参ったなぁ。
奈落の底へ行くみたい。

泉屋博古館と大倉集古館へ行く。
泉屋では新春らしい梅の絵や可愛い虎ファミリー絵を見たが、その家族構成はパパとママと赤ちゃんたちで、同じ構成の家族が見学に来ていて、坊やが泣き叫んでいた。
泉屋は構造的に音響効果がすばらしいので響く響く。
絵の虎のママもパパも子供たちをあやしてたけど、ヒトの方は置き去りにしてた。
ちらっと見たらお兄ちゃんらしき幼児が人恋しいのか人なつこいのか、見知らぬ私にニコッと笑いかけるので、私は指を口に当てて「シー」と万国共通の仕草をしてみせた。
親は虎に食われたのか、いなくなっていた。

大倉では所蔵の能関係の品々を見た。
童子面にひとつ大変な美少年があった。アカギから鋭さを取り払ったような端正さにときめいた。

永田町へ。国立劇場へ向かうがいつの間にやらここにも森ビルがあり、伏見稲荷の千本鳥居を思わせるような通路を越えると、演芸場が見えた。
惜しいことにお休みなんで幕末の浮世絵などをみそこねた。
古典芸能情報館では新歌舞伎展をしているが、主なのは坪内逍遥「牧の方」、岡本綺堂「修善寺物語」、真山青果「元禄忠臣蔵」だった。それぞれの小道具や台詞などの展示があるほか、「元禄」には田中郁子さんという歌舞伎和紙人形作家の作品も出ていた。御浜御殿がやっぱり見た目が華やかでいい。
「修善寺」の夜叉王の打った頼家の面が二つあり、一つはラストで娘の桂がかぶったもので、そこには最初から血糊があった。昨日見たばかりの結城座の人形カシラを思い出す。

再び永田町へ戻り有楽町へでる。出光美術館へ。
「麗しのうつわ」初日。これは後日かなり詳しく書くけど、年頭にふさわしい素晴らしい逸品揃いで、わくわくした。
今回のツアーは暗香と器に尽きる感じ。

実は昨日の夜中、ケータイの電源が切れた。時計なしの一日。
東北の友人が新型インフルになったというコワイ知らせを最後に冬眠してまいやった。
それで多少時間の感覚が狂ったところへ、新幹線の都合もあり、名古屋に着くのが最速でも四時前、そこから碧南市へ1時間というのでは、たいへん苦しいことになる。
藤井達吉の絵は諦めるしかなくなった。
あるyoginiご推薦やったのに残念なことをした。

それでとりあえず京都までのぞみに乗る。
乗ってからギョッ。ukiyoe-tokyo行き損ねた。仕方ないか。
岐阜の大垣あたりまでくるといきなり雪国になっていた。真白き岐阜の民家たち。
この分だとやっぱり京阪も寒いかもしれない。
東京は風がなくてぽかぽか陽気だったからぬくかったなぁ?。

京都駅の伊勢丹で菊池契月を見る。そこから文化博物館に出て常設の祇園祭展示を見る。
それで帰りにあんかけうどん食べたら、そのまま阪急に乗って帰宅するのだ。
今回すべてポメラで打ってる。
新幹線の車内で打っている。未来進行形なのはまだ車内で米原をすぎたところだから。
(当然ながら今はもう自宅でぱこぱこ打っている)
ポメラはいいなぁ。今回実感する。ただしもっと軽ければなおいいんだがなぁ。
次は2週間後に東京へ行きます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
お帰りなさいませ
ポメラ大活躍!
どおりりで携帯にメールすれど、お返事が来ない訳ですね。
東京を駆け抜け、京都で下車し最終的には器が秀逸でしたか。
出光には早めに行こうっと。
2010/01/09(土) 22:59 | URL | meme #z8Ev11P6[ 編集]
孤独な旅人
☆memeさん こんばんは
ケータイの電池切れは予想外でしたので、困りました。
しかも友人の新型インフルの連絡からですからねぇ。
藤井に行き損ねたのが残念でならぬので、図録を引っ張り出して眺めておるところです。

出光は絵に入れ替えがありますよ。
ラストの塚本快示が素晴らしい!
元々好きなんですが、いよいよ好きという感じです。

あと「えき」の契月、リストなし。
2010/01/09(土) 23:23 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア