fc2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

江戸の英雄 初公開 博覧亭コレクション 前期展

ukiyoe―tokyoの「江戸の英雄 初公開 博覧亭コレクション」前期をみにゆく。
これはもぉ非常に楽しみにしていた展覧会で、わくわくしながら豊洲のららぽーとまで出向いた。
大工六三郎が鯉を担ぎ上げる絵が幟になりポスターになりして、威勢の良さが伝わってくる。
英雄と言うても定義は堅苦しくなく、幕末の人々が愛し、熱狂したヒーローたちを描いた作品が集まっているのだ。
10020401.gif

数年前、松涛美術館で「武者絵」展が開かれ、それにドキドキしたが、今回もそう。武者絵に芝居絵がたんまり出ていて、楽しいのなんの。
わたしのように幕末の劇画チックな浮世絵が好きなヒトにはピッタリの展覧会。

最初に月岡芳年が現れた。
「一魁」と名乗った頃の「西塔ノ鬼若丸」が初版と後摺りの二枚出ていた。
西塔の鬼若丸とは後の武蔵坊弁慶のこと。
彼には異常出産の伝承があり、それで名も鬼若丸とつけられて、早々と叡山に預けられたわけです。
鯉にしがみついて刃を噛んで、という構図は芳年のものだけど、彼の師匠・国芳にも多くの鬼若丸と鯉の図があるから、これは当時も好まれた画題だったのだ。
なんせ江戸時代の一番のヒーローは実は義経なんで、源平合戦関係のものは芝居でも草双紙でも絵でもよく売れたようだ。
鯉の赤さがはっきりしているのは、鱗の目地の黒が効いてるからか。
かっこいいだけでなく、ちょっとした不気味さが漂うのがいい。

その鬼若丸が長じて後に弁慶になり、♪京の五条の橋の上?で逢ったのが牛若丸。
二人の出逢いシーンもちゃんと展示されている。
芳年は明治になってから線描に独特の震えが入り、そのギャザーがかっこいい。
美少年はあくまでも美少年に描かれているのが嬉しい。
手前に飛びのいた牛若丸のスタイルの良さにはときめくばかりなりよ。
睫毛が綺麗。
10020404.jpg

明治の浮世絵には赤色がよく使われる。
朱や紅でも丹でもなく、RED。鮮やかさが際立つ。

一魁随筆シリーズで芳流閣を描いたものがある。
瓦解前にもこのシーンを描いたものがあるが、こちらは別バージョン。
信乃と現八とがくんずほぐれつのまま屋根から落下してゆく情景をナマナマしく描く。
2人の目つきの鋭さがいい。そしてここにも着物の裏地が鮮やかな赤で、それが翻るのが、とても煽情的。

豪傑奇術競  物語・稗史での最強の人々が集められ、それぞれの術比べをするような。

怖かったのは西郷隆盛霊幽冥奉書。西南の役の後には西郷さんの絵がどんどん描かれたが、これがたぶん一番コワイ・・・

河鍋暁斎の鍾馗が二枚ばかりあった。後期のほうが暁斎は多そう。
豊原国周は役者見立て絵が出ていた。彼も後期が面白そう。

国貞の「鯉つかみ」は今回の幟やポスターになった一枚。今はこの芝居も出ないが、大正頃まではしばしば夏の芝居に出ていたそうだ。なにしろ本水を使うので涼しそう。

国貞でいいのは、児雷也シリーズ。
敵の大蛇丸は足元が薄れて、そばにある薬玉の五色の紐が全て小蛇に変化している、という趣向はたいへん面白い。
一方、百日鬘の児雷也はなかなかいい男で、それがドテラを着ながら刀を杖にすっくと立つ姿がいい。
そして児雷也よりの勇婦綱手は、蛞蝓仙人の弟子だけに影絵の大ナメクジの上に立つ。
10020403.jpg
武者絵としてより、芝居絵・物語絵として実にいい。

そして国芳こそが武者絵の帝王で、だから彼の作は明るく雄々しい。
10020402.jpg
通俗水滸伝豪傑百八人之一人浪裡白跳張順  先日鰭崎英朋展のチラシに「浪裡白跳河童の多見次」が使われていたけど、その浪裡白跳の本歌がこちら。
水滸伝の英雄の一人・張順。わたしが最初に見た武者絵はこの絵だった。そこから水滸伝に関心が湧いたところへ、学校の図書館に村上知行訳・井上洋介挿絵の水滸伝があったので、すぐにハマッた。
ただしこちらは抄訳だった。おいしいとこどりだったと思う。(尤も72回本ではなく120回本の抄訳)
そこから全部を読みたくなって、駒田信二訳の平凡社版120回本を数年後なんとか購入した。痛かったが、楽しいから仕方ない・・・
(好き嫌いもあろうが岩波文庫の吉川幸次郎訳はあんまり面白くない)
原本を基にして色んな小説も出ている。
江戸時代には建部綾足の「本朝水滸伝」があるし、近代では吉川英治はじめ柴田錬三郎、北方謙三に至る系譜もある。
前置きが長くなったが、張順は水練達者どころでなく、水上をスタスタ歩けるくらいのヒト。
それでいて絹を延べたような膚は雪白、そこに見事な刺青がある。
この絵の中で張順は梁山泊の仲間を通すために水門を破ろうとしている。しかし彼はこの直後敵に矢衾にされ落命するのだった。
これはたいへん人気の絵柄で、現代でも刺青をする人が背に選ぶことも多いらしい。

水滸伝にはとにかく120人の好漢がいるが、物語に重要なキャラは20人も満たないくらいだが、日本ではこの浪裡白跳張順、遊子燕青、九紋龍史進などが大人気で、それはやはり刺青の美麗さに因るところが大きい。
むろんのこと、国芳は彼らを描いている。背の刺青は隙間なく膚を埋め尽くし、白地に藍と朱の入り乱れた、綺羅の限りを尽くした姿をそこにみせている。
刺青を負う美麗な武者絵を酷愛したのは松田修だった。彼の造語になる「タトゥー・クレイブス」という響きがいつでも蘇る。
彼はその著作に幾度も刺青の美を書き連ねた。

同シリーズから同じく梁山泊の好漢・活閻羅阮小七  阮三兄弟の一人。普段は次男の絵がよく出るが、この三男もいい。虎に噛まれて厭な顔をしつつ、その虎をねじ伏せようとしているのだ。黄色と青が目立っていい色。

旋風李逵  黒熊みたいな大男で二つの斧をブンブン使う。黒いので刺青はない。
チカラギッシュな感じがよく伝わってくる。
水滸伝の中ではキャラ的ににくめない男で、ラスト近く「兄貴」宋江により服毒させられ、殉死することになるが、それをも恨むことなく、死後も宋江のために働く。
ついでに言うと鏡花「風流線」の風流組の無頼の一人・河童の多見次は浪裡白跳張順の本歌取り、鉞の捨吉はこの黒旋風の本歌取りになる。ただし捨吉は色白な男で、その点は本歌とは異なる。

他に本が色々あり、その中でよかったのがやっぱり白縫譚。これは読みたいがなかなか読む機会がないし、芝居で見たくとも上演機会もない。せめてこうして浮世絵を楽しむばかりだが、なまじ絵のよさがいよいよ心をムシバムのだった。

「梅川忠兵衛/二人虚無僧」という京伝の作に国貞の絵がついた、江ノ島稚児が淵譚に惹かれた。海底で、因果を諭され覚悟を決めた美少年・梅丸のにっこりした姿がいい。

2/6からは後期展示。全点入れ替えなので、とても楽しみ。
図録はいい感じのA5版1500円。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
後期になって行ってきました。
武者絵も面白いですね。
とくに水滸伝が・・・。
2010/02/12(金) 19:49 | URL | とら #8WYMted2[ 編集]
20日に行きま~す
☆とらさん こんばんは

> 武者絵も面白いですね。
> とくに水滸伝が・・・。

わたし、リアルタイムに江戸にいたら、
絶対シリーズ全部買い揃えてしまいますよ。
それで「こんな刺青したい」と言うて親に叱られると思います。

2010/02/12(金) 21:36 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア