FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

桜ヶ丘住宅改造博覧会跡地を訪ねる

1922年に桜ヶ丘住宅改造博覧会が開催された。
竹中工務店、大林組、片岡建築事務所、あめりか屋、錢高組、清水組など錚々たるところが参加して、近代的な和洋折衷住宅を拵えた。
25棟のうち現存するのは9棟ということだが、わたしの高校時代の友人宅もこのうちの一つだったと思う。

本当に久しぶりにその地を訪れた。
その駅に降り立つのも久しぶり。わたしの通学した高校は逆方向。さすがに20年もご無沙汰すると、どの車両に乗車するのがいいかなど、すっかり忘れきっていた。
少し歩くと、北摂の焼き菓子系スィーツの名店として名高い、ドイツ系ケーキ屋さんグロス・オーフェンが現われた。
私が通学していた頃からあったそうだが、全く知らなかった。(当時の店舗から移転したそうだが)
色んな雑誌などにも掲載されているそうだが、わたしは読まないので知らない。
すぐりのタルト、バナナの焼きケーキ、色々なフルーツを挟んで焼いたものなどを購入。
生ケーキはまたいつか。
それを持ちながらぶらぶら歩く。記憶のままに行くと、いくつかの坂を越えて、ようやく「桜ヶ丘住宅改造博覧会跡」についた。
その構成などはこちらに詳しい。
IMGP7538.jpg
現存は9軒ということだが、周辺の邸宅もそれら近代建築に合わせるような素敵な佇まいを見せている。
少しばかり外観を撮影させてもらった。(以下、< >内には設計施工の社名など)

<鴻池組>IMGP7535.jpg

<横河時介氏>IMGP7533.jpg
ステンドグラスも素敵。IMGP7534.jpg

<日本建築協会第一号>IMGP7532.jpg  IMGP7531.jpg

<日本建築協会第六号>2階の色ガラスも可愛い。IMGP7543.jpg
IMGP7541.jpg

<あめりか屋>IMGP7540.jpg
こちらは住宅改造博の翌年に周囲に調和するカタチで建てられた邸宅。
IMGP7539.jpg
 
梅もそろそろ咲きかかっている。
友人の家はみつけられなかった。彼女の家の玄関から応接への流れがたいへん良かったのだが。わたしはそこで初めてミュシャの画集を見せてもらったのだった。

機嫌がいいままずっと歩き続け、牧落まで出た。
たまにはこうして近くを散策するのも楽しい。
こちらは阪急石橋駅の箕面線に飾られた箕面有馬電気鉄道(阪急電車の前身)の歴史など。
IMGP7530.jpg
ケーキもおいしかったし、いい一日だった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
「すべらんうどん」
ヘップ、行ってきましたよー 行かれました? 「不思議」がkっかってました。衣装も油絵も間近で見れて良かった!「君僕」が好きなので、eplpを買いました。でも色んなすご~い曲・言葉にまだまだ離れられませんワ・・・・・           その後、天満宮で今年初の梅を眺め、「すべらん」買うて帰りました。楽しい散歩でした。
2010/02/15(月) 12:43 | URL | よし #-[ 編集]
55階のホテルの部屋800はルームナンバー
☆よしさん こんばんは
行きたかったのに間が悪くアウトでした。残念・・・
それでずっと持ってるのを聴き続けてました。

すべらんうどん、わたしも好きです。
で、「すべらんうどん」ってなんとなく「たまらんざか」の親戚みたいです。
2010/02/15(月) 23:03 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア