FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

六甲

山上の涼しさ!秋の虫が真昼に大合唱。神戸の街は霞んでる。色の残るあじさい、紫の穂綿の花、遠雷、秋津と呼ぶにふさわしいとんぼ。気持いいなあ 歩くのにいいだろう。
ケーブルカーに乗るのは比叡山以来。気持ちいいなあ。
内部見学。見ましたよ、ケーブル巻き上げ機。
駅舎内の三連巻き上げ機はここと高野山のだけらしい。日立の動力だ。油が黒光りしてきれいだ。

歩く。今日は色んな山荘を見て回る。朝に見た阪神名所図絵にもあるように確に六甲は外人さんの避暑地だ。ヴォーリズの設計した山荘は天井に押し菱があり竹が多用されていた。タウトもそう。ニホンは竹の国。

神戸カンツリーゴルフのクラブハウスから見える芝生の健やかさ、丘陵の美しさ、ときめいたなあ。
ゴルフ場で『ゴルフって楽しそう』と思ったのは初めてだ。
クラブハウスの受付などのカウンターも素敵。窓は鳥の瞼と同じで、下から上へ。
うーん、今日一番いいかも。

元サントリーの別荘へ。今は外人さんが住んでいるが、とてもご親切な方で楽しいお話を聞かせてもらう。玄関は鬱蒼たる木々で隠されていて、中に進むと初めて家が見える。いいなあ!憧れた。

RCN小さな美術館でお茶にする。何とはなしにのんびりしたが、展示物のほうには案外関心が向かなかった。
私は技巧に技巧を重ねたものが好きだからかもしれない。
皆さんにお別れして、バス停に行くと途端にバスが来て、ケーブル駅に着くと、一休み後に貸切状態でケーブルに乗れたし、トンネルも、行き逢うケーブルカーもキレイに撮影できた。ケーブル下につくとバスがこれまた巧く来たし、おしゃべりするうちに阪急六甲につくわ、電車来るわ、なんだかんだでうまくいきましたねー。

淀川の花火はここでは見ず、私は地元で見ました。きれいだったなー。
よい一日だったわ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア