FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

奈良の古寺と仏像 ?會津八一のうたにのせて?

三井記念美術館の「奈良の古寺と仏像 ?會津八一のうたにのせて?」の評判がいい。
皆さんは奈良の仏像に惹かれておいでになったようで、わたしのように會津八一とコラボ、と喜んだものは少なかったのかもしれない。
tou276.jpg
実際のところ「會津八一のうたにのせて」というわけではなかったと思う。
「奈良の古寺と仏像」はそれだけで独立し、秋艸道人の短歌と密接に絡み合うような展示ではなかった。
わたしとしてはそれがちょっと残念だった。
三井に行く前に、川村記念美術館でコーネルと高橋睦郎の素敵な空間を愉しみすぎたことが仇になったのかもしれない。

地下鉄から上がると、飛鳥園の仏像写真のパネル展示が開いていた。
黒光りしたような佛たちの姿がそこかしこにある。
秋艸道人の姿もある。
わたしは釈迢空の短歌も好きだが、秋艸道人のかな書きのうたにも深い感銘を受けた。
秋艸道人の短歌を思いながら飛鳥園の写真の間を逍遥すると、ここが東京・日本橋だということを忘れてしまいそうになる。
いつのときでも、想いだけは自在に好きな時・場所へ行くものだ。
tou275.jpg

美術館へ入る。
飛鳥?白鳳?天平時代の仏像はまだ惹かれるものが多い。
古様を残す金銅仏を眺める。
なんとなく見知った仏がある。
好きだから覚えているのか、知らぬ間に見覚えているのか、定かではない。
衣のドレープの美しさに惹かれる。

実物を見るのが初めての仏もある。
唐招提寺の「押出吉祥天立像」がそう。やや横向きのたいへん綺麗な像。
また法隆寺の「押出阿弥陀三尊および僧形像」の勢至菩薩の美貌には強く撃たれた。
たいへん静かな美貌である。間近で見ることが出来たのは、やはり「展覧会」のおかげだと思う。

おほてら の かべ の ふるゑ に うすれたる
              ほとけ の まなこ われ を み まもる

便利堂ほまれのコロタイプ印刷「法隆寺金堂壁画」が飾られている。
先年奈良博で見た「法隆寺金堂展」を想う。
上記の歌は秋艸道人がその壁画を見た折に詠んだもの。

東大寺の四天王が来ていた。鎌倉時代の力強い作品群。足下に踏まれる邪鬼たちが実は目当てでもある。可愛い。本当に可愛い。これからもがんばってくれ。
そういえば星野之宣「ヤマタイカ」で描かれた東大寺の四天王像は、巧いと思ったが、邪鬼たちまでは思い出せない。

びっくりした、と言っては語弊があるかもしれないが、正直に言うとやっぱりビックリしたホトケがある。
五劫思惟阿弥陀如来坐像  ・・・巨大なアフロヘア。はみだしてる。・・・すごい。
tou277.jpg
長い間(なにしろ五劫!!)じーっと考え事をしている(思惟)から、こんなアタマにならはったらしい。
のりつけ雅春「さすらいアフロ」主人公・田中広を思い出した。
上京アフロ田中 8 (ビッグコミックス)上京アフロ田中 8 (ビッグコミックス)
(2009/09/30)
のりつけ 雅春



仏教工芸品が集まる中で、室生寺の華鬘の美麗さが目に残った。綺麗な色が残っている。向かい合う鳥と華。室生寺は石楠花が有名だが、ここにも長く行っていない。
行っても塔を眺め花を愛でるだけだから、やはりこの機会にこうした美麗なものを見ることが出来て、よかったのだと思う。

早稲田の會津八一記念館には時々出かけるが、新潟の記念館にはまだ行ってない。いつか行きたいと思いながら歌碑拓本などを見る。
秋艸道人の文字はなかなか味わい深く、わたしには好ましい。

橘寺の日羅像を初めて見た。tou277-1.jpg
見てちょっと胸を衝かれた。
山岸凉子「日出処の天子」に現れる日羅そのままの顔立ちだったからだ。
むろん作画するに当たって、この橘寺の日羅像を参考にしたろうが、本当にそっくりだった。物語の中での日羅を思い出し、しばらくその前から離れることが出来なくなった。

法隆寺の多聞天はダルビッシュ投手に似ていると思った。言えば胡人風な容貌だからか。
彼同様魅力的だった。

元興寺の聖徳太子像があった。孝養像。なかなか可愛い。鎌倉時代の作。死後650年ほどのちの作。

仏像に見るべきものは多かったが、秋艸道人のうたはやはり記念館か書物からか、または奈良の野で歌碑を探すかした方がよいようだった。
また、特別な信仰心と言うものはあんまりないが、わたしにとって仏像はやはり「美の対象」ではなく、「祈るべき・すがるべき対象」なのだと改めて思った。
これは先祖代々関西に住むものの特性なのかもしれないが。
(そのわりにはふざけたことを書いているが)
それでもこうして「眺める喜び」を得られたのは幸いだと思う。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
私は、五劫思惟阿弥陀如来坐像の前でお経のようにじゅげむじゅけむと唱えてしまいました。
2010/07/29(木) 07:23 | URL | 一村雨 #-[ 編集]
クウネルトコロニスムトコロ
☆一村雨さん こんにちは
フラチモノ、とあの巨大アフロが頭突きしてきませんでしたか。
2010/07/29(木) 12:30 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア