FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

静嘉堂文庫の「錦絵の美」後期

静嘉堂文庫の「錦絵の美」後期展を見た。
tou278.jpg
国貞・広重の世界と副題にあるとおり、二人の作品が並んでいる。
どちらもとても好きな絵師。
現在では国芳がベストなのだが、子供の頃は広重と国貞がとにかく好きだった。
広重は家に画集があったのと永谷園のおかげでファンになったが、国貞はいつの間にか好きになっていた。
鏡花「国貞ゑがく」の影響もあるかと思う。

前期は行き損ねたが、とらさんの記事で堪能させてもらった。
ところで国貞といえば美人画と役者絵なのだが、今回は美人画がメインだった。
国貞は弟弟子の国芳のような奇想はないが、芝居絵などではたいへんに面白い作品を多く残している。
こと芝居絵に関して言えば、国芳より国貞のほうが魅力的なのだ。

今回の展示で感心したことがある。
静嘉堂は国貞のシリーズ物を実に多く所蔵していて、それも楽しい作品が多い点。
現代では「芸術的価値が低い」と言われる国貞は、しかしその存命中ずっと人気絵師であり続け、それがために多作だった。駄作があるにしても、どこかに見どころのある絵が多く、今回もそこのところを愉しませてもらった。

新版錦絵当世美人合シリーズは色んな年頃・身分の女たちが、それぞれ好みの役者気取りでポーズを取っている。
杜若、梅幸、三升、秀佳、曙山・・・みんな国貞の錦絵で馴染みになった役者たちだ。
それを気取る女たちもそれぞれの役者のニンに合っている。
みんなどことなく蓮葉で粋で、そして婀娜な感じがして、なかなか楽しい。

当時高名会席尽シリーズは美人画とコマ絵に当時高名の料亭を描いたもので、中にはわたしも知るお店もあった。王子の卵焼き屋・扇屋である。
こういうものを見ると「今度行ってみようか」という気になってくる。
現代のわたちがそれだから、当時の人にはリアルな宣伝だったろう。

当世美人流光好 化粧  鏡に顔が映る。背を向ける女。半裸で化粧をする。首を塗るところを見ると素人とは思えない。文化年間の作品らしい。この女の背の細さに見覚えがある。橋口五葉の描く湯上り美人のようだ。
明治の代から百年前は文化年間になる。
五葉が装丁を担当したのは胡蝶本、鏡花本、漱石本・・・
その漱石「夢十夜」の中にこんな台詞があったことを思い出す。
「丁度百年前だったな、お前がおれを殺したのは」
漱石と五葉の生きた明治から百年前の、同じような女の背。

神無月はつ雪のそうか  そうかは惣嫁と書き、夜鷹のこと。寒い夜に二八そばをすすりにストリートガールたちが集まってきたのだ。茣蓙がショウバイ道具だが、寒さ暑さしのぎにもなる。中には裸足の女もいる。この一杯のそばだけがぬくもりになる。

当世三十弐相 ゑらい所のお娘御じゃ相  背中に蝶柄の掛布をしている。これは「お七掛け」とも言われる。エエ氏のお嬢さんということで、着物も飾りも凝ったものを身につけている。口紅は笹紅。
tou279.jpg

国貞と広重のコラボ作品がある。
双筆五十三次。風景を広重、人物を国貞。互いの境界線を守りながら描いているのが面白い。全く違う個性なのに、なんとなく馴染んでいるのが楽しい。
しかもこれは宿場の風景とその地の人の姿を描いただけではなく、その地にまつわる故事や芝居のエピソードを図像化したものでもある。
中でも白須賀の児雷也(美男で有名な八世団十郎)がとてもかっこよかった。

広重 六十余州名所図会  榛名山雪中  真っ白な中に赤いお堂がぽつんとある。その強烈なコントラストが忘れられない。しかも絵は決して派手ではないのだ。
こういうのを「叙情性に富む」と言うのだ。
阿波 鳴門の風波  力強さに!!となった。
実際に旅をしたことがなくてもこんなにも描けるのはやっぱり凄い・・・

豊国漫画図会 弁天小僧菊之助  弁天小僧といえば「知らざぁ言って聞かせやしょう」で始まる朗々たる台詞を吐く、女装の不良少年で盗賊。白波五人男の一人。
その弁天小僧が島田を崩しながら、盗人に入った家の小さい箪笥に腰掛けて、刀をざっくり畳に刺し貫いて手元に置きつつ、酒を飲もうとしている。
退廃の極みのような凄艶な一枚。以前から好きな作品だが、この絵に人気があったことがよくわかる。倒錯の美を体現している。
見ていて本当にときめいた。
絵で見る分にはやはり弁天がいい。女装をしつつ背中の刺青がのぞくところがたまらない。
芝居では同じ黙阿弥の女装の美少年なら、わたしは「お嬢吉三」がいいが、絵だとやっぱり弁天小僧が最高だと思う。
この絵については面白いエピソードがあるが、それは割愛する。
画像は国立国会図書館にもあるのでそちらへ
そういえば横溝正史の名作「蔵の中」にも、この錦絵が重要なアイテムとして現われるのだった。

美人画にあわせて、清朝のやきもので美人が描かれているものをあわせて展示している。
8/8まで。幕末の浮世絵が好きな人には本当におススメの展覧会。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
遊行七恵さん
弁天小僧はこの画を参考にして河竹黙阿弥が歌舞伎の脚本を書いたのでしたね。
刀身のぼかしにも感心しました。
2010/08/01(日) 11:29 | URL | とら #8WYMted2[ 編集]
背中
 孫たちは 汗っかきなので 背中に 小さいタオルを入れています。
常に取り替えるか シャワーして 着替えますが 有名メーカーの専用だと お高いのです。
洗濯して くたびれた com何とかを おもいだしつつ・・・
 美しい 掛布の ええしのお嬢さんを見て なんですが。
 一枚 買ってやろうかしら。
2010/08/01(日) 17:34 | URL | 小紋 #-[ 編集]
☆とらさん こんばんは

> 弁天小僧はこの画を参考にして河竹黙阿弥が歌舞伎の脚本を書いたのでしたね。

そのエピソードがまた大好きなんです♪
実にソソラレますね。わたしは退廃美にのめりこむ性質なんですが、本当にゾクゾクしてます。
いいものをみせてもらいました。
2010/08/01(日) 23:58 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
「背中の銀杏」というのもありましたね
☆小紋さん こんばんは
昔も今も、小さい子供への愛情があるからこその掛布なりタオルなり、ですね。
昔は子供の着物に魔よけもつけたりしてたそうです。背守り。

わたしの甥っ子は5才なのでまだまだちびっこですぐに汗びっしょりです。
涼しい信州暮らしなので、大阪に来るとホント、汗まみれです。
2010/08/02(月) 00:01 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア