FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

近代日本画にみる東西画壇―東京・京都・大阪の画家たち―

7/17から9/26まで二期に亙って「近代日本画にみる東西画壇――東京・京都・大阪の画家たち」展が六本木の泉屋分館で開催されていた。
tou428.jpg
大変楽しませてもらったのに感想を挙げるのが遅れてしまった。
東京=粋、京都=雅、大阪=婀娜というキーワードが活きた展示だった。

(東京)
菊池容斎 鼠狐言帰  鼠の嫁入り行列は春、狐の嫁入りは秋と言う形で、擬人化された狐と鼠それぞれの嫁入り行列の姿を描いている。細かいこだわりも楽しく、こうした作品を見ると嬉しくなる。

尾竹国観 黄石公張良  左に橋上に馬上の黄石公を、右に張良を配置している。
このエピソードは古くから好まれたもので、多くの画人が絵にしている。
それらの中では、この作品には不思議なスピードがあった。速い速度ではないのだが。
人物たちの位置関係がそのような錯覚を齎したのだろうか。

平福百穂 若鮎  晩年の作。笹に乗る鮎。はっきり言うと、塩焼きにして食べたいと思う。どうも洋画と違って日本画には「おいしそ?」な絵が多いと思う。

松樹と栗鼠  栗鼠が噛んでます図。しっぽが細いのはイケてませんな。ねずみと似ててもリス人気があるのは、しっぽが太いからなのに。

何度みてもやっぱりいいのは東山魁夷の北欧を描いた「スオミ」だった。

小林古径 人形  レースの綺麗なドレスを着た人形だった。
IMGP8324.jpg
「官能性を漾わせる」と解説文にあるのを見て、少しばかりほほえんだ。
タダヨワセル。こういう文字があるとちょっと嬉しくなる。
実際そんな雰囲気がこのレースにはある。
IMGP8328.jpg


(京都)
竹内栖鳳 禁城松翠  お城のお堀の藻を取る小舟。
同じ構図の作品が他にもあるが、どちらも静かに品のいい絵。

富岡鉄斎 掃蕩俗塵図  文士の楽園と言うよりテーマパークに見えた。そう思うと理解度が深まってくる。

木島桜谷の金屏風がよかった。菊花図、秋草図とあるが、秋草は色遣いも華やかで、見応えがあった。桜谷の絵は京都市美術館でしか見ていなかった。
IMGP8321.jpg秋の輝き
ススキの穂の美しさ。IMGP8322.jpg

伊藤渓水 四季花鳥  色紙に描かれた花鳥画。
前期はアヤメと白いひつじくさ、青朝顔に蝶、ハチスに細竹、後期は白オウムの色紙が出ていた。
‘98の秋、この画家の展覧会が池田歴史民俗資料館で開かれた。1880?1967まで生きた絵師だが、あの展覧会以外には他では見たことがない。それが今回こうして住友のコレクションに入っているのを知って、ヒトゴトながらほっとした。当時イトウ・ケイスイと言う名を聞いて「イトウ・シンスイの間違いではないの?」と知人が呟いたことを思い出す。

森寛斎 羅浮仙  淡彩で月下に梅木による女を描いている。優しい顔立ちに静かな微笑を浮かべているのが、何ともいえず優雅だった。

tou429.jpg

(大阪)
戦前の大阪のよい絵は大方が料亭や個人のお蔵にしまわれていたりする。その死蔵をなんとかしようとしても、大阪の美術館は手いっぱいでどうにもならない。
今の府政では文化は九九の次くらいの位置にある。
だからこそ、こんな機会が貴重なのだ。

上島鳳山 十二月美人IMGP8318.jpg
「夜ごとの美女」はジェラール・フィリップだが、ここにあるのは月ごとの美人。前後期ともに優美な仕草を見せる女たちが出ている。
特に気に入ったのは2月の羅浮仙、カッコウの鳴く下で文を書こうとする太夫、茶花を積もうと蹲る娘などなど。
img722.jpg

深田直城 春秋花鳥  桜に雉、秋は鶉ファミリー図。月下の薄野で六羽の鶉たち。
鶉の習性はたしか巣から離れて降りて、なのに飛び立つときはそこからとか。・・・逆かもしれないが。今帰ってきたばかりの親鳥がそこにいる。

庭山耕園も少しばかり出ていたが、この人も絵も最近やっとあちこちで見かけるようになった。どうも多作だったようだが、しまわれると本当に見ることが出来なくなる。
蔵われる、とはぴったりのコトバだが、そんなものがバッコするよりは、これからもどんどん表に出てもらいたい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア