FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

大和文華館の日本工芸

大和文華館の「日本の工芸」を見に行った。梅もチラホラ咲いていて、工芸品を見るのに嬉しいような出迎えだと思った。
行くと丁度学芸員さんによる解説が始まったところだったので、そぉっと参加した。

縄文土器から始まる。巨大な壷。加曽利E式とあるが、不勉強でその様式のほかにどんなものがあるかはわからない。飾りは上部だけにあるので、ちょっとばかりアーカンサスを象った装飾柱に似ている。

埴輪がニ体ある。鷹狩男子は手に可愛い鳥をとまらせている。決して猛禽には見えない。群馬の埴輪。美豆良の髪が可愛い。
そして茨城の埴輪は色もよく残っている。ズボンには二重線の輪柄が入っている。

伊賀、信楽、瀬戸など古窯のやきものがある。
志野や織部に萩、唐津が静かに並んでいた。

伊万里焼の名品がでている。
鉄釉千鳥文向付  鉄釉がしぶい茶の空になり、そこを千鳥が群だって飛ぶ。たいへん愛らしい。五客分が並ぶので、鳥たちが続いて飛んでいるように見える。

柿右衛門様式の可愛い八角形の瓶や小鉢、紐文様や更紗文の色鍋島、古九谷様式の大皿など見ものが多い。

京焼は愛らしいものが多く集まっていた。
色絵鴛鴦香合 仁清  
色絵夕顔文茶碗 乾山 
初代館長・矢代に偏愛された二つのやきもの。
鴛鴦は本当に小さくて愛らしいし、夕顔は黒樂の地に白い花が開いている。
乾山の名品はほかに色絵竜田川文向付などがでていて、嬉しかった。
11020603.jpg
ken1bs.gif

これはこの大和文華館、逸翁美術館、MIHOなどにも所蔵されている。
奥田頴川、青木木米、永楽保全らの可愛い可愛いやきものが集まっているのを見ると、
本当に嬉しくて仕方ない。
淡路島の賀集平の造った平焼の『色絵鳥文鉢』もとも久しぶりに会う。

やきものの次にガラスを見た。ぎやまん、びいどろの類です。
硝子蓋物  長崎製らしい。不純物の入り込みで面白い景色になっている。
純然たるものより、なにかしら瑕が入ることで、却って綺麗に見えるということ。

宗教系もある。
木造女神像  平安中期の女神。少しの欠損がやはり美貌を際立てている。
刺繍五髻文殊菩薩像  鎌倉時代にもまだこうして刺繍による仏像の絵がある。いつの時代まで続いたのだろう。獅子がなかなかかっこいい。

金属を見る。
松山鏡や羽黒鏡があった。大きさが丁度すっぽり掌に入りそうで、実はこれを見ると、昔なつかし「ママレンジ」で作るホットケーキを思い出すサイズなのだった。

鉄製蜻蛉文真形釜  芦屋釜か、トンボがビュンビュン飛び交っている。こういう可愛い釜がたまに欲しくなる。

銅板地螺鈿花鳥文説相箱  平安時代の可愛い入れ物。インコらしき小鳥が刻まれているが、とにかく丸い目が大きい。このインコの可愛さにはびっくりした。
11020602.jpg
今回、埴輪の鷹・仁清の鴛鴦・千鳥文向付・このインコ、と可愛い可愛い鳥ばかりが目立っている。ネコ派のわたしもくらくらするくらいだった。

漆工芸
鎌倉彫の合子、根来の樽、高台寺蒔絵に彩られた徳利や盆、堆朱を思わせる香合などなど。
わたしの大好きな提重もあった。
蒔絵紫陽花椿文提重  大事にされていたのだとつくづく感じる一品。
img903-1.jpg

伝本阿弥光悦作 沃懸地青貝金貝蒔絵群鹿文笛筒  面白かったのは、この筒をくるっと展開させて拓影を取ったのも展示していたこと。シカシカろくろくな様子。
11020601.jpg

一閑貼の棗、螺鈿蒔絵梅文合子(雁金屋兄弟コラボ作品を羊遊斎が模造)、桃山時代の洋櫃、琉球の美麗な沈金などの工芸品・・・
抱一と羊遊斎の合作の茶入が出ていたのも嬉しかった。
img902.jpg

本当に好きなものばかりで構成された展覧会だった。
次は2/19?3/27で中国・朝鮮の美術。お庭では梅と椿の競演を楽しめそうだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア