FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

2月の東京ハイカイ

日曜日、予定より遅く起床して、お出かけが30分遅れる。
大体こういうときに寝過ごすと後の動きが悪くなるので、朝イチから反省する。
浅草橋まで歩く。これまで工事してた場所がストレートに通れるようになっていた。
一応正しい方向へ向かっているのか確認のために、そこにいたカップルに道を尋ねると、カノジョの人が「一緒に行きましょう」と云うてくれたので、謹んでご遠慮する。
でも駅が見えたとき、お二人さんに心からお礼を言う。ありがとうございました。

鶯谷の書道記念館に行く。中村不折の優品を見るシリーズ7。
例によって詳細は後日に回すけど、今回は洋画はなくて戯画風な日本画がいろいろ。
書も色々。
そこから東博へ歩く。自然と国際こども図書館の前を通ります。
わが偏愛の「日本の子供の文学」展が丁度19日から始まったとこ。
「赤い鳥」「コドモノトモ」「少年倶楽部」などなどを目当てに入り込むと、これがまた予想にたがわぬ・・・どころか、予想以上にホクホク。大いに時間を使ってしまった。
まぁまた再訪するにしても、本当によろしうございましたよ?。

東博では梅がちらほら。
常設展示も体験コーナーも、平山郁夫と文化財保護の特別展も、みんなとても楽しかった。
近代作品を集めた一室では黒田清輝の作品が集まっていたが、記念室は工事か何かしてたんだっけ?いや、ちょっとわからない。

本当は弥生美術館へ行きたいんだけど、ヒトサマと待ち合わせをしたので、鑑賞時間を捻出できそうにないのでやめる。弥生は最低2時間かかるのだ、わたしの場合。
そこから弁天堂を横目に不忍池の周囲を歩く。
池と道路挟んだ前のホテル・ココグランデの一階がドン・レミーのアウトレット屋さんということを新聞で読んだのでちょっとのぞく。なるほどすごいお客さんでした。

そうこうするうち本郷三丁目まで歩く時間がなくなり、急遽地下鉄に乗る。
あわてて大江戸線へ向かったが、遠いねぇ。
それでもなんとか約束時間にはそのお店の前に立ったが、・・・・・いてはらへん。
中に入ったはるのかな、と思ってたらメールが。もぉ中でボルシチを召し上がってはるとか。急いで扉のうちの人になったが、いてはりません。
結局、2店舗あるお店の本店へ行かれてたそうで、わたしも罪なことをしました。反省。
そこからすぐそばの文京ふるさと歴史館で再度待ち合わせ。
おもちゃ絵の浮世絵展。とても楽しい。
無事来られたあべまつさんが恐縮されてたけど、わたしも本店のこととか考えてなかったので申し訳ないです。
あべまつさんは、あなたの体格を見間違えるほど目は衰えてない、と仰ったけど、そのときわたし、自分がゲゲゲの鬼太郎のヌリカベも驚くサイズだと改めて実感したわ。
尤も色黒だから黒壁(笑)←長浜の黒壁スクエアか??(笑)。
あーなんか申し訳ない、こんなのと一緒に歩かれてたら気詰まりなのを気づけなかった。
ウカツさに反省。
今後はどこかで見かけても「うざい壁だな」と避けてやってください。

江戸川橋駅から地上へ上がるとラッキーなことにバスが来た。
なにしろ時間がないから、無駄な時間が取れない。徒歩8分がバス2分やもんなぁ。
野間記念館ではに野間コレクションの中核をなす「十二ヶ月色紙」を中心に展示。
370枚。2枚不足なのはどの画家かな、とか思いながら機嫌よく眺める。

そうこうするうちにとうとうタイムアップ。
江戸川橋?飯田橋?御茶ノ水?東京へ向かう。このルートがいちばん良さそう。
疲れてたので新幹線の中ではぐったり。
楽しい東京ハイカイはおわり。
次は来月だけど、なるべくどなたにもお目にかからないようにしよう。いや、むりか。
悪目立ちするもんなぁ、わたし(笑)。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
いやはや、こちらこそ申し訳なかったことでした。
上野界隈からなんで本郷を思わなかったことだろうと。
気の回らないことでした。
また、年長のひっつきむしころがして遊んでやって下さい。

夫も大きな人、母親も大きな人
友も大きな人が多く、大きな人に安心感を持つ
アタクシでございます。

野間記念が春めいたら、また行きたいと思っています。
作品を数えていたなんて、思いがけないことでした。
お疲れさまでした。
2011/02/23(水) 13:05 | URL | あべまつ #-[ 編集]
あべまつさん こんにちは

>夫も大きな人、母親も大きな人
友も大きな人が多く、大きな人に安心感を持つ
アタクシでございます。

遊具の事故のお話で仰った台詞が蘇りますけど。

十年前海難事故を起こしたワドル艦長の「わたしは日本生まれで」というのを思い出しました。
あのとき週刊誌の見出しが「それがどうした、ワドル」でした。
2011/02/24(木) 12:59 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア