FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

黒田清輝「昔語り」

短い記事を二つ。

東博の近代絵画展示室で黒田清輝の京都時代の作品が集中展示されている。
これらはすぐそこの黒田記念館からの出張である。
絵は「昔語り」のデッサンや下絵などを集めたもの。本絵の「昔語り」は戦火で焼失した。
黒田のデッサン力の確かさを感じる下絵群。
小督の物語を語る僧とそれを聞く人々と。
この一場の情景を描くために黒田が様々な工夫をしていたことが伝わってくる。

しかしそこでいつも思うのは、二人いる舞妓のうち一人が男にもたれているが、そんなことを置屋のおかあはんは許したのだろうか・・・
ついつい疑問ばかりが残ってしまったが、この絵はわたしも好きなものだ。

画像は全て文化遺産オンラインで見ることが出来る。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア