FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

三月の予定と記録

三月になると、途端に興味深い展覧会が目白押しに。
どのような回り方をするのがベストかを考えるのも一苦労。
とりあえず「確実に行く」+「行きたいな」を集めてみました。

江戸の人物画 ―姿の美、力、奇 府中市美術館
旅する絵描き いせ ひでこ展 世田谷文学館
鹿島茂コレクション1 グランヴィル 19世紀フランス幻想版画 練馬区立美術館
新宿中村屋に咲いた文化芸術  新宿歴史博物館
宮本三郎と連載小説 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館
五百羅漢 増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師 狩野一信 江戸東京博物館
レンブラント光の探求/闇の誘惑 版画と絵画 天才が極めた明暗表現 国立西洋美術館
生誕100年 岡本太郎展 東京国立近代美術館
包む―日本の伝統パッケージ展 目黒区美術館
「江戸のメディア 浮世絵」展 切手の博物館
百花繚乱!挿絵の黄金時代展?懐かしき昭和20?30年代の挿絵画家たち? 弥生美術館
煌きの近代 ?美術からみたその時代 大倉集古館
おもちゃ絵の世界 紙の博物館
野間コレクションの90年 講談社野間記念館
白洲正子 神と仏、自然への祈り  生誕100年特別展 世田谷美術館
岩崎家の人形展 ―桐村コレクションのお雛様を迎えて― 静嘉堂文庫美術館
役者に首ったけ! ?芝居絵を楽しむツボ? たばこと塩の博物館
フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展  ブンカムラ
小林清親 浮世絵太田記念美術館
島尾敏夫と奥野健男 渋谷郷土文学館
シュルレアリスム展 ―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による― 国立新美術館
ボストン美術館浮世絵名品展 錦絵の黄金時代 ―清長、歌麿、写楽― 山種美術館
芸術写真の精華  日本のビクトリアリズム 珠玉の名品展  東京都写真美術館
「美を結ぶ。美をひらく。」?夢に挑む コレクションの軌跡  サントリー美術館
三井家のおひなさま 吉徳コレクションの名品 三井記念美術館
琳派芸術 出光美術館
マリー=アントワネットの画家 ヴィジェ・ルブラン展  三菱一号館美術館
「なぜ、これが傑作なの?」 モネからポロックまで。 ブリヂストン美術館
鏑木清方と東西の美人画 福富太郎コレクション 横浜そごう
美しいリトグラフの世界 ?19世紀フランスを中心に 町田市立国際版画美術館
ゲゲゲの鬼太郎 横浜放送ライブラリー
椿、咲く ?絵画と工芸? 茅ヶ崎市美術館
ル・コルビュジエ「東方への旅」を旅する 大成建設ギャルリー・タイセイ
船→建築 日本郵船歴史博物館

幕末大坂の絵師 森一鳳 大阪歴史博物館
大和文華館の中国・朝鮮美術 大和文華館
日本のアールヌーヴォー 堺市立文化館ギャラリー
ミュシャ 堺市立文化館
知と美の集大成―関西大学所蔵名品展 柿衞文庫
西宮の山岳信仰 西宮市立郷土資料館

期間の長いものを次の月に回すと、たちまちのうちに新しい予定に圧されるのはわかっているけど・・・
府中はここ数年この時期からGWにいい展覧会があるし、けっこうたいへん。






続いて二月に出かけた先を。
一月に続いて大して出かけてません。

20110205 没後160年 英国風景画家 ターナーの銅版画 東大阪市民美術センター
20110205 日本の工芸 大和文華館
20110211 筆墨精神 / 園田湖城 京都国立博物館
20110211 寺田順三 えき美術館
20110212 ルーシー・リー 東洋陶磁美術館
20110212 夢みる家具 森谷延雄 INAX大阪
20110213 ガレ、ドーム、ミューラー、そしてティファニー アートホール神戸
20110213 生誕80年 大阪が生んだ開高健 なんばパークスホール
20110217 大日本製薬会社記念館 建築探訪
20110219 酒井抱一 畠山記念館
20110219 タイポグラフィ 東京都庭園美術館
20110219 琳派芸術 後期 転生する美の世界 出光美術館
20110219 石川光陽写真 警視庁カメラマンが撮った昭和モダンの情景 新橋停車場
20110219 白井晟一 汐留ミュージアム
20110219 池波正太郎自筆絵画 ヨーロッパの人と風景 台東区立中央図書館
20110220 浅草十二階?凌雲閣ノスタルジア? 台東区立中央図書館
20110220 みんなが見たい中村不折 8 書道博物館
20110220 日本の子ども文学 国際子ども図書館
20110220 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護 東京国立博物館
20110220 京都の黒田清輝 東京国立博物館
20110220 子どもの遊びと学び ―おもちゃ絵を楽しむ―  文京ふるさと歴史館
20110220 四季の彩りと『十二ヶ月図』展  野間記念館
20110227 古筆と平安の和歌 料紙と書の美の世界 逸翁美術館
20110227 小林一三とわたし 雅俗山荘

体がなまってるかもしれないな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
すごいスケジュールですね。

見習わなくては・・・・
2011/03/04(金) 17:46 | URL | #-[ 編集]
どこまで可能か、やってみるだけですわ(笑)。
2011/03/05(土) 23:04 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
No title
参考にさせていただきました。

江戸の人物画 ―姿の美、力、奇 府中市美術館
レンブラント光の探求/闇の誘惑 版画と絵画 天才が極めた明暗表現 国立西洋美術館
生誕100年 岡本太郎展 東京国立近代美術館
「江戸のメディア 浮世絵」展 切手の博物館
百花繚乱!挿絵の黄金時代展~懐かしき昭和20~30年代の挿絵画家たち~ 弥生美術館
おもちゃ絵の世界 紙の博物館
フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展  ブンカムラ
小林清親 浮世絵太田記念美術館
シュルレアリスム展 ―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による― 国立新美術館
ボストン美術館浮世絵名品展 錦絵の黄金時代 ―清長、歌麿、写楽― 山種美術館
三井家のおひなさま 吉徳コレクションの名品 三井記念美術館
琳派芸術 出光美術館
鏑木清方と東西の美人画 福富太郎コレクション 横浜そごう
ル・コルビュジエ「東方への旅」を旅する 大成建設ギャルリー・タイセイ
船→建築 日本郵船歴史博物館

私の場合、この中で3月中に会期を終える4本くらいが候補ですかねぇ。
昔は一日に3、4本掛け持ちできたのに今は1本(2時間)が限界です。
2011/03/07(月) 15:16 | URL | 飛行鬼 #91CvM.Pg[ 編集]
☆飛行鬼さん こんばんは

わたしは偏食が激しいので2時間見るものもあれば20分でサラバ~なのもあります。
東京にいる時間は限られてますので時間の制約を受けながら見るしかないのですが、それはそれで緊張感があって楽しいです。
今月はけっこう浮世絵と縁が深まりそうです。

2011/03/08(火) 00:23 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
No title
昨日出かけたら、出光美術館と横浜そごうは、震災のため打ち切りになっておりました。
2011/03/21(月) 11:50 | URL | 飛行鬼 #91CvM.Pg[ 編集]
☆飛行鬼さん こんばんは
悲しい!そうなんです、打ち切りになったのです。
その他にも打ち切りになったり短縮になったりするミュージアムが多いです。
はろるど・わーどさんでその情報が書かれています。
http://blog.goo.ne.jp/harold1234/e/2a56b92aff0bad1f44324d12284c01df
ぜひご一読を。
2011/03/21(月) 23:40 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア