FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

豊橋から桑名までの道のり

豊橋美術館で司コレクションを見る。京焼である。永楽和全、保全がメイン。梅花染付で台に鴬がつくのが可愛い。蟹つきの葦絵もいい。杯が多いから集めるのも楽しかったろう。
続いて豊橋公会堂とハリストス教会を見るが、鷲がすてきだ。鷲は新興のもので、大正の息吹を感じた。教会はやはりロシア渡りだと納得の作りだ。京都、函館を思い出す。

市電に乗り豊橋につき、そこから豊川稲荷に向かい詣でた後、おいなりさんと田楽を食べてから岡崎へ。
お城を見てから信用金庫資料館へゆく。岸和田のに似てる。つまり辰野風だ。中では貨幣などが展示されている。更に行く。

桑名だ。コンドルの建てた六華園・諸戸邸。塔屋が可愛い。少し移情閣を思う。洋館と和館のつなぎがよい。庭園眺めよし、なんぞ足らぬものなし、な感じ。
出てから七里の渡しや歌行灯モデルの店を見て柿安にゆき蛤ラーメンを食べ、青銅鳥居、石取会館、博物館を回る。山車を見、昔の観光ポスター等見る。
てくてく桑名へ向かい、難波まで乗り継ぎを繰り返す。近鉄名鉄フリー切符はよく働いてくれました…ああしんどい…
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア