FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで

「実相寺昭雄」を意識したのはたぶん大学の頃だった。
子供の頃、アニメを見るより特撮を見る子だった。
リアルタイムなウルトラマンは帰ってきたウルトラマンからA、レオやタロウだった。
しかし再放送を見続けていたので、ウルトラマンもセブンも常に身近な存在だった。
やがてアニメや特撮から離れて暮らすようになり、今度は演出家としての実相寺昭雄に関心が向き始めた。

実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで
sun790.jpg
この展覧会のチラシを見たとき、「これに行かなかったら後悔するぞ」とひとりごちていた。
青のボールペンで描かれたリアルな自画像、カメラを覗くご本人、昭和真ん中の東京駅の背後に立つシーボーズ。駅の前には都電が屯っている。
実相寺昭雄の仕事を改めて眺めると、ウルトラマン、ウルトラセブンでも特に面白いエピソードを担当していることに気づく。
ジャミラもメトロン星人もシーボーズもそうだった。
怪獣の造形はこれまで世田谷文学館、三鷹市民美術センターなどでの成田亨らの展覧会で見てきているが、演出と言う視線での展覧会はまだ見ていなかった。
彼の演出したものはひどく面白い内容であり、またせつなさや苦さを心に残すものだった。

シーボーズは怪獣たちのいるところへ還りたいがために着いて来ただけだし、ジャミラは望んで怪獣になったわけでもない。
メトロン星人のいた部屋を再現したものを世田谷で見ているが、あれは本当に忘れられない。

円谷プロの怪獣倉庫の写真があった。
これぞまさしく「かいじゅうたちのいるところ」。
バルタン星人、シーボーズ、ジャミラらと共に実相寺がいる。円満なスナップ。特にシーボーズとは仲良しなのか、肩を組んでいるようにも見える。

先ほどのチラシにも出ているシーボーズと東京駅の絵は「ウルトラマンの東京」と題された絵葉書サイズほどのもので、それらが大量に集まっていた。
まことに壮観な光景である。
sun791-1.jpg

「大阪城怪獣夏の陣」と題された絵、メトロン星人とちゃぶ台をはさんで座すウルトラセブン、世田谷線の絵もあった。
これらは折々に実相寺が描き続けたもので、絵と共に何かしらコトバも入っていた。

ウルトラマンの次にはシルバー仮面が現れた。
本放送は見ていないが、'83年頃にテレビ大阪で「なつかしのヒーロー特集」があり、それでわたしは見た。
北原照久氏所有のシルバー仮面のガシャポンもある。これは実物大のシルバー仮面が動く仕組みのもの。百円。・・・実物より少し大きいか。

いきなり現れたのが、'07年の映画「シルバー假面」ポスター。1920年代東京を舞台にした、ちょっとナゾな作。鴎外とエリスの間の娘(舞姫の世界観)が現れて敵と戦うものらしい。わかるようでわからないが、かっこいいのは確かだった。

sun791.jpg

ここから映像世界へゆく。
映画「無常」がある。
少しばかり流れる映像を見る。非常にスタイリッシュだと思った。
長回し。モノクロの世界。蔵の立ち並ぶ町。遠くから石畳を小走りに来る。ヴァイオリンに始まり、クラブサンへと移る音楽。冬木透の作曲。
いつまでも眺めていたい映像だった。

仏像に魅せられた男とその姉の禁じられた関係。孕んだ姉を家の書生におしつけ、自らは旧家の跡継ぎであることを放棄して、仏師に弟子入りする。
そこで仏師の妻と爛れた関係が始まるが、仏師はそれを黙認する。
しかし。

冒頭近く、能面をかぶった男女の交合がある。モノクロ映像の美を堪能する。
面を外した時点で、却って官能性が薄れる。
寺の大門で二人の男が対話する。閂の穴から男の横顔を捉える。
こうしたカメラワークはひどく魅力的だった。
同じように大胆なカメラワークでは「シベールの日曜日」を至上だと思っているが、これもまた見事な写し方だった。
対話の中で姉を押し付けられた書生の自死を知る。
この先の物語をわたしは知らない。知らないことが口惜しい。
作品を見なければならない・・・・・・

第二作目「曼荼羅」については、松田修の評論で知った。
松田はラストシーンについて深い論考を挙げている。
わたしは物語のラストから入り、始まりへ向かおうと遡行している。

沢渡朔による予告映像が流れていた。
何故かいきなり相撲をとる若い男の姿が映る。
勝ち負けを見せるのではなく、型を見せているかのような、スローモーな動き。
しかし膚のナマナマしい密着が別なことを予想させる。
やがて延々と続く性交シーンが始まる。
それを監視カメラで確認する岸田森。若い岸田森を見るのが嬉しい。
ただこの映画には未来も希望もない。
船出の失敗、打ち上げられた死体・・・このシチュエーションはヘルツォーク「コブラ・ヴェルデ」にもある。
コブラ・ヴェルデはまだ生きてはいたが、この「曼荼羅」同様ラストの悲惨さは深い。

「あさき夢みし」のポスターは名は知らないが作品は知っているヒトの手によるものだった。黒地にカラフルな配色で、どろどろの世界を描く。'70年代の官能性ということを思うたびに、このヒトの絵が脳裏に現れる。
たしか皆川博子「滝夜叉」の挿絵もこのヒトだったような気がする。

「哥」は旧家の崩落を止めようとあがく青年に篠田三郎が扮していた。若くて綺麗だった頃の篠田。’72年の作だと知って、ほぼ同時期の手塚治虫「奇子」を思った。
地方の地主はその領土の王である。高度成長期の日本からその王が消えてゆく。
家父長制の崩壊、「家」の崩落・・・
時代の空気ということを思う。

実相寺の好む闇は'70年代初頭まではその当時の日本に息づいていたが、それから20年ばかりは息を潜めなければならなくなった。

実相寺のTVCFを見る。薬師丸ひろ子のそれは知らないが、ニッカウィスキーのものは見たような気もする。黒人オペラ歌手キャスリーン・バトルの美声がすばらしい。
他にも「遠くへ行きたい」の演出もあれば、「オーケストラがやってきた」もある。
他になんと火曜サスペンス劇場まで演出作品がある。
「青い沼の女」原作は鏡花「沼夫人」。納得する選択。

「帝都物語」のコーナーがあった。
これは本当に当時大ブームになった。キャスティングの豪華さにもびっくりした。
わたしは加藤のファンなのだが、本当にかっこよかった・・・映像の美と闇と魔性とを堪能した。
知らなかったことだが、脚本は当初岸田理生だったのが会社の意向で林海象に変わったそうだ。実相寺は「職人」として演出に働き、いい作品に仕立て上げた。
木村威夫の美術が素晴らしかったことを今も思い出す。
またこの川崎市民美術ミュージアムで木村の回顧展を見たことを思い出す。

1920~40年代へのオマージュを随所に感じる。
ほぼ全ての作品が、本当を言えばわたしの偏愛するもので構築されているのだが、どこかでズレがあって、わたしはあまり見てこなかったことを、改めて思い起こす。

オペラもまた実相寺の偏愛するものだった。
新国立劇場で二期会の「魔笛」を演出している。衣装はフィギュア製作のヒトに依頼したそうだ。なかなか魅力的。特に「夜の女王」は美麗。
パミーノのドールなどがあり、これもとても綺麗。
そういえば昔TVでホロヴィッツの番組を見たが、それも彼の演出作品だったそうだ。

最後に実相寺の愛したものたちが現れた。
サンリオキャラクター、カエルのけろけろけろっぴである。
「ショスタコーヴィッチからけろけろけろっぴ」
それが実相寺の愛するものだった。
びーっくりするくらい、書斎にはけろっぴグッズがあふれかえっていた。
またテツだったそうでその資料もすごい。
ぬいぐるみも大好きで、中にはクマちゃんが阪神タイガースのユニフォーム姿なのもある。
また「息子」として可愛がっているぬいぐるみ「ちな坊」もいた。
今回、女優原知佐子が実相寺の奥さんだと初めて知った。
だからこのちな坊は原と実相寺の愛児なのだ。

面白いコトバが実相寺にあった。
例の絵葉書の中からみつけた。
「ポケモンは羅漢さんだ」
ほんとう、そのとおり・・・・・・・

実相寺昭雄展は9/4まで川崎市民ミュージアムで開催中。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
なんと!明日まで。
 行ってきます。  ありがとう♪♪♪
2011/09/03(土) 14:48 | URL | 女庭師 #-[ 編集]
☆女庭師さん こんばんは
いえいえどーも。
楽しんできてください♪
2011/09/03(土) 22:30 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
No title
堪能してきました。
私もリアルは帰ってきたウルトラマンからで、再放送を見続けて実相寺を意識するに至りました。
ニッカウヰスキーのCMは見た記憶があるようなないような・・・
ウルトラシリーズの思い入れはURLのところに入れておきました。
2011/09/05(月) 02:01 | URL | ともみすと #mQop/nM.[ 編集]
☆ともみすとさん こんにちは

> 私もリアルは帰ってきたウルトラマンからで、再放送を見続けて実相寺を意識するに至りました。

ああ、同志よ!そこから戻ってウルトラマンやセブンを見て、キモチは地球人になった、という感じですよね。

今も手元にソフビや指人形の怪獣たちがたんとおります。
2011/09/05(月) 12:54 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア