FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

烏丸通ハイカイ

久しぶりにのんびりと京都を歩いた。
京都市地下鉄で移動するので、一日券を購入した。
乗り場へ行く手前に地下鉄キャラがいてちびっこたちと握手していた。
丸太町で地上に出ると、大好きな大丸ヴィラがある。
それに沿って歩くと、これも大好きな聖アグネス教会と平安女学院にたどりつく。そこから西へ入ル。
ずーっと歩くと、京都府警本部が。ああ、いい建物。
SH3B06500001.jpg
ファサードは大阪府庁に似てる。サイドの窓も可愛い。SH3B06510001.jpg

すぐ隣の京都府庁は今日はお休み。松室重光の建てた名作。
SH3B06520001.jpg

こちら側の向かいの道には元は学校だったモダンな建物がある。
SH3B06530001.jpg

府庁のすぐそばの中信美術館を訪ねた。ここからだと右に烏丸通り、左手に堀川通りがはっきり見える。
きりがね細工の人間国宝・江里佐代子の展覧会が開かれている。詳細は後日挙げるが、たいへんよい作品が並んでいた。作品もいいが、中信美術館もいつも無料でいい企画を立ててくれるので、本当にありがたい。

元の道を戻り、今度は烏丸御池へ。
今朝ちょうど旅番組で京都の懐石料理を食べるのを見て、懐石とまでは言わないが、こじゃれた和食がほしくなって、三条のさるお店に入る。
とうふと湯葉とをメインにしたお店のランチ。
おとうふも湯葉もよいが、ごはんがあかん。べちゃっとしてて、そのくせ乾いたとこまでよそいよる。

京都文化博物館でギッターコレクションを見る。
去年の十月に名古屋の松坂屋で見て、次に千葉市美術館で見て、とうとう京都へ来たのを見た。どこで見てもやっぱりええのはええもんです。
満足して常設へ行くと、今は陽明文庫の名品が出ていた。リストはない。
ご宸翰や道長の日記などのほか、春日権現の絵巻などがある。

再び四条へ戻ると、まだ地下鉄のキャラがいてニコニコしている。ごくろうさまです。
京都駅へ。
今日は10月1日、タワーの日らしい。
SH3B06710001.jpg
初めて京都タワーへ入る。ああ、中はお土産屋さんなのか。
展望台へは上がらない。
地下の銭湯にも行かず、そこから西本願寺へ向かう。

新町通りを行くと、お蔵を今も活かしたおうちなどがあったり、袖壁が煉瓦作りの家もあったりと、新しい発見が多い。
やがて伝道院へ。
SH3B06610001.jpg

実に久しぶりの伝道院。改装前の'98年3月以来の完全体との<再会>。
嬉しいなぁ。
わが偏愛の伊東忠太よ・・・!
こちらは往時の塔屋。sun853.jpg

今回は写メなのであんまりあれだけど、13年半後の今日の姿。
歳月人を待たないぜ!

いわし雲だか羊雲だかが空いっぱいに広がっている。
SH3B06660001.jpg

忠太の愛した怪獣たちもぞろっと揃っていて嬉しい、本当に嬉しい。
こちらは'98版。(違う方向からの二枚)
sun852.jpg

今回は個別に撮ってみた。こんな感じ。
SH3B06560001.jpgSH3B06570001.jpgSH3B06580001.jpgSH3B06590001.jpgSH3B06630001.jpgSH3B06650001.jpg

SH3B06600001.jpg

内部撮影は禁止ということなので、'98年に撮影したものも出さない。入場無料。
中では風鈴のインスタレーションや映像などの展示がある。
忠太を好きになってもう二十年以上か。伝道院の再開が本当に嬉しい。
SH3B06620001.jpg

機嫌よく今度は西洞院を通って七条へ出ると、元の村井銀行へ出た。
SH3B06690001.jpg
ここは以前は某カフェレストランだったが、途中でウェディング系になった・・・と思ったら、あれあれ、お土産屋さんとカフェになってる。
カフェでは抹茶シフォンケーキをいただいたが、こんなに豊かなサイズのセットで500円という嬉しさだけでなく、最後にプレゼントとして可愛いういろうが。
SH3B06670001.jpgSH3B06680001.jpg
ありがとう、今度はお友達を誘ってまたやってきます。

駅前の美貌の関西電力は外装工事中で、クリスト夫妻状態になっていた。
ここも何一つ変えることなく保存し続けて欲しい。

えき美術館では荻須高徳展。これは東京の三越でも展覧会があるそうな。
パリとヴェネツィアの風景。見ていると実感がある。生活者の実感とでも言うべきものが。
最後にオギスの熱心なファンであり、舞台俳優のモーリス・ベナールの肖像画があり、それがたいへんよかった。昔のフランス映画「舞踏会の手帳」の出演者の一人ということで、映画のタイトルを見たとき、学生の頃に古いヨーロッパ映画ばかり見続けていたことを思い出し、胸がいっぱいになった。
あとは「エイ」が最高。詳細は後日。

催事場でダヤングッズを見ているとき、わちふぃーるどのスタッフの方と色々お話をして、これまた胸がいっぱいになる。わたしはダヤンにまだ物語が生まれていなかった最初期のファンの一人だったのだ。
神戸の直営ショップで手に入れた皮製のイヤリングは今も手元に大事にしている。

地下で黒七味を購入してから帰阪する。
梅田から阪急に乗り換えたとき、予定より帰宅が遅れているので、家にメールした。
「梅田なう 発車」その後に電車が出る絵をつけておくと、速攻で「お前は車掌か」と来た。
だから帰宅した私は歌った。♪運転手は君だ 車掌は僕だ・・・・・・
烏丸ハイカイはこうして終わった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
遊行七恵さん、こんにちは。
今日の記事は、ちょっと大阪風のおかし味とあったか味の有る遊行家をかいま見た気がして楽しかったですよ^^

過去に京都は80回以上行ってるのに、といっても大半が仕事ですけど、まだまだ知らない京都の魅力があるものですね。
京都タワーの内部はともかく、伝道院や「忠太の愛した怪獣たち」は知りませんでしたけど、機会があれば是非見てみたいですね。
2011/10/01(土) 23:03 | URL | sekishindho #BXOyKBnk[ 編集]
年中無休
☆sekishindhoさん こんにちは

ディープな京都、チープな京都、優雅な京都、色々ありますよね♪
伝道院は本当に可愛いんです。またその周囲の怪獣たちが可愛くて可愛くて。
なにしろ大倉集古館の狛犬さんたちの親戚分ですから。
西本願寺のほん、近くですからぜひぜひ。

あの手の会話は年柄年中ですわ(笑)。
2011/10/03(月) 12:58 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア