FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

一月の予定と前月の記録

今日から東博やデパート展は開催してますね。
サントリーと森は元日からかな。
とりあえず今月のわたしは1/6~9まで都内にいます。
それで自分が特に見たいものばかり挙げてみます。
むろん他にもたくさんいい展覧会が14日以降どんどんあふれてきますが、ここには挙げません。

ザ・ベスト・オブ・山種コレクション 後期 山種美術館~2/5
渋谷ユートピア1900-1945 松濤美術館~1/29
平塚運一と落合の版画家 新宿歴史博物館~2/5
北京故宮博物院200選 東京国立博物館1/2~2/19
伝説の劇画師 植木金矢展~痛快!ぼくたちのチャンバラ時代活劇~ 弥生美術館1/3~4/1
港屋絵草紙店と大正ロマンの夢二デザイン ―大正元~4年を中心に― 竹久夢二美術館
三代 山田常山―人間国宝、その陶芸と心 出光美術館1/7~2/19
パリへ渡った「石橋コレクション」1962年、春 ブリヂストン美術館1/7~3/18
「ウツクシキ」桃山の茶 秀吉、織部そして宗箇 武将茶人の世界展 松屋銀座~1/16
百椿図―椿をめぐる文雅の世界― 根津美術館1/7~2/12
殿様も犬も旅した 広重・東海道五拾三次 保永堂版・隷書版を中心に サントリー美術館~1/15
没後150年 歌川国芳展 森アーツセンター~2/12
石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行 府中市美術館~2/26
版画に見る印象派 八王子夢美術館~1/29
フェアリー・テイル~妖精たちの物語 三鷹市美術ギャラリー1/7~2/19
日本赤十字社所蔵アート展 東郷青児、梅原龍三郎からピカソまで 損保ジャパン1/7~2/19
アートとブックのコラボレーション 出会いをめぐる美術館の冒険 うらわ美術館~1/22
「平 清盛」 江戸東京博物館1/2~2/5
三井家伝来 能面と能装束 ―神と幽玄のかたち―三井記念美術館~1/28
荻須高徳 日本橋三越~1/16
萬福寺 開創350周年記念 隠元禅師と黄檗文化の魅力 日本橋高島屋~1/16
鵠沼と岸田劉生(研究展) 鵠沼郷土資料展示室 1/6~1/15

関西の始まりは遅いですよ~

森村泰昌新作展 絵写真+ The KIMONO 高島屋ギャラリーNEXT ~1/10
呉春の俳画と写生画-特別公開 重文「白梅図屏風」-逸翁美術館1/14~3/4
中国近代絵画と日本 京都国立博物館1/7~2/26
加藤恒忠が残した絵葉書-明治を生きた外交官の足跡-後期 大阪府立弥生文化博物館~1/29
ドアノーの愛したパリ ROBERT DOISNEAU 展 何必館~2/26
名品展「朝鮮陶磁の美」青磁、白磁、粉青沙器 高麗美術館~1/29
象彦所蔵の逸品展  象彦漆美術館~1/27
春と吉祥 17~20世紀の日本、中国の絵画を中心に 八幡市立松花堂美術館 1/14~3/4
子規の叔父「加藤拓川」が残した絵葉書 後期 大阪府立弥生文化博物館1/5~1/29 

あと、笠岡市立竹喬美術館で「上島鳳山と大阪の日本画」1/14~3/18 これが見に行きたいけれど、かなり苦しい。

今後の大阪の公的な文化事業はたいへん危険な状況になってゆくでしょうが、それでもできる限り抵抗して、がんばって欲しいと思います。


続いて前月の記録。
20111202 ザ・ベスト・オブ・山種コレクション 山種美術館
20111202 森永のお菓子箱 エンゼルからの贈り物 たばこと塩の博物館
20111202 明治の東京に見る『江戸』の粋 東京自慢名物会 たばこと塩の博物館
20111202 能面と能装束 神と幽玄のかたち 三井記念美術館
20111202 明治期の日本銀行支店建築 貨幣博物館
20111202 長谷川等伯と狩野派 出光美術館
20111202 ロートレック 三菱一号館
20111202 都市文化の成立と帝国劇場 三菱一号館
20111202 広重「忠臣蔵」 東京国立博物館
20111203 池袋モンパルナス 板橋区立美術館
20111203 坂道・ぶんきょう 文京ふるさと歴史館
20111203 生誕125年 萩原朔太郎 /特集・萩原葉子 世田谷文学館
20111203 セガンティーニ 光と山 損保ジャパン
20111203 南蛮美術の光と影  泰西王侯騎馬図屏風の謎 サントリー美術館
20111203 六義園 紅葉と大名庭園のライトアップ 寺院
20111203 時空をこえる本の旅 東洋文庫
20111204 愛染明王 愛と怒りのほとけ 金沢文庫
20111204 柳宗悦 横浜そごう
20111204 東洋の文物 東京国立博物館
20111204 ぬぐ絵画 日本のヌード1880-1945 東京国立近代美術館
20111204 ぬぐコレクション 東京国立近代美術館
20111208 夢二とともに 川西英コレクション収蔵記念 京都国立近代美術館
20111208 水墨画アラカルト 泉屋博古館
20111208 京都復活教会 建築探訪
20111210 中国美術コレクション 大和文華館
20111223 手塚治虫 アトム60周年・「ブッダ」DVD記念 阪神
20111223 日土小学校と松村正恒 保存再生された木造校舎 住まいのミュージアム
20111224 子規の叔父「加藤拓川」が残した絵葉書 前期 大阪府立弥生文化博物館
20111224 川瀬巴水 守口京阪
20111224 鼻煙壷と華の碧緑 明代龍泉窯青磁 東洋陶磁美術館
 
東近美「ぬぐ絵画」だけがどーーしても記事にならなかったので、今度再チャレンジしてから書きます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
おめでとうございます
 ケンランゴウカナ リストアップ
 そのうち一つでも行ってみたい小紋です。
 ここは教科書 来るのが楽しみ
 今月の予定は MIと ひとつだけ美術館に。
 よろしくお願いいたします。
2012/01/03(火) 08:22 | URL | 小紋 #-[ 編集]
新年明けから美術館めぐり
元旦、森美術館へ行ってきました。
メタボリズム展、すごかったです。
国芳展も面白かった~~♪
遊行さんも、正月明け早々、都内ですか~。
さすがです。またリポート楽しみにしています。
毎度の事ながら、チケット助かります。
特にベン・シャーンには来週行こうと思っていた
ので、すごく嬉しいです!!ありがとうございます。
2012/01/03(火) 19:08 | URL | えび #-[ 編集]
おめでとうございます
☆小紋さん こんにちは
好天に恵まれましたね。
わたしは今日から仕事してます。
うっかり正月モードのままで、初日からあやうく失敗するところでした。
遊ぶことには熱心でも仕事はやっぱりオロソカです、ははははは。

今年もよろしくお願いします。
2012/01/04(水) 12:43 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
ヨカッタヨカッタ
☆えびさん こんにちは
ベン・シャーンはわたしも好きなんですが、タイミングが合わないので、ぜひともえびさんの感想をお待ちしておるところです。
子供の頃読んでた本に「サッコとバンゼッティ」を描いたベン・シャーンの絵を見て、ちょっと感動したのでした。
2012/01/04(水) 12:45 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
No title
湯島天神~大喜「とりそば」~弥生美術館~日暮里のコースを歩きました。
TV取材やら又吉やら妙なものに出会う日でした。ヤレヤレ…
娘と一緒だったので金矢さんのエロい女体図にハラハラしましたが、
存外熱心に鑑賞していてオドロキマシタ。 なにやら新鮮だった様子。
反対に華宵は古臭いと切り捨てられ、夢二は千疋屋のデザインに
食いついておりました。 私は娘の様子を鑑賞していたようです(苦笑) 
2012/01/06(金) 10:40 | URL | 山桜 #-[ 編集]
☆山桜さん こんばんは
お~お嬢さんの感性&感想が楽しいですね~
それを眺める母、というのがまたいいなぁ~
明日は弥生に行きますから、金矢さんの「エロい女体」見てきます。
チャンバラだけではなかったのですね。
純情なわたしはモジモジしてしまいそうです~ニコッ!

ところで「とりそば」とはいわゆる鳥南蛮そばですかね。
2012/01/07(土) 00:53 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
大喜の「とりそば」
>ところで「とりそば」とはいわゆる鳥南蛮そばですかね

天神下、鶏だし・塩味・極細麺・鶏チャーシューのラーメンですよ。
澄み切ったお出汁にスラリと極細麺が見た目も美しいです。
上とりそばにすれば半熟煮卵がのります♪
ふつうのとりそばには魚系の出汁もブレンドされていますが、
「純鶏そば」は鶏出汁だけなのかな。 ←試したことがないのでアヤフヤ。
あわててスープを戴くと表面の脂に舌を焼かれますので要注意!
2012/01/08(日) 22:35 | URL | 山桜 #-[ 編集]
そそられる
☆山桜さん  こんばんは
すごく手間をかけてこしらえたラーメンなんですね♪
澄み切ったお出汁というのがまた素敵です。

寒いときはやっぱり汁物がいちばんです。
わたしはうどんの国におるのですが、そのラーメンにはそそられます~
2012/01/09(月) 00:07 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア