FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

道後温泉から耕三寺へ

社内旅行で道後温泉に行った。
何年か前に近代建築を見て回る最中にここへ来て以来で、工事も済んだのか、相変わらずいい感じの建物だ。
後輩は『千と千尋の神隠し』だと喜んでいる。

その真裏のホテル。
翌日には坊ちゃん列車に乗った。機関車の方です。市電としてもいいなあと思う。これで広島をのぞいて市電は大体乗っているなあ。ふふふふふ。やりました。
県庁はやはり素敵だ。聖徳記念館を思い出す。

西日光と呼ばれる耕三寺に行く。
個人の思い入れが破天荒な世界を生み出す。その実感があった。
始めると、止まらなくなったのだろうなあ。
しかし、それはそれでえらいと思う。趣味の問題は別な問題だ。
えらい。
このことは間違いないと思う。

地獄巡りは熱海梅園を思い、鍾乳洞のようでもあると思った。
出てから皆はガイドさんの導きで、未来心の丘に行かれたが私は美術館に向かった。

まず日本画だ。
橋本関雪の近代中国美人。くつろぐ箭髪の少女がかわいい。上村松園は白拍子だが、これもふっくらと品がよい。中村大三郎の『初夏』いかにも、な女のアップだが、星野画廊にも似たのを見かけた気がする。
清方の蛍狩りの女は団扇を歯で軽く銜えていて、その風情のよさときたら…
他にも福田恵一 の実朝が何かを見上げる姿には、悲愁が漂い、とてもよかった。

次に茶道具を見て回る。というより、器ですね。明時代が多い。
龍泉窯の青磁徳利がきれいで、大きさもよくて、わたしも欲しくなる一品だった。また、染付け徳利も、鶯の鳴くのが可愛くて…
他にも織部の小鉢セットとか色々あり、楽しく眺めることが出来た。

そして別館の仏教美術へ見学に出たが、こちらは仏像より、二階の洛中洛外図と住吉派の源氏物語屏風がすばらしい。
洛中図はやや人物が丸顔で目は黒めぱっちりの可愛い感じに描かれているが、不思議なことに当然、手は違うと言うのに、平家物語合戦図もまた、黒目勝ちの可愛らしい人物造形なのだ。
コレクターご自身のシュミなのだろうが、可愛くてよい感じ。
らくだの唐三彩もあったな。

さて再び戻り、昭和二年にお母様のために建てられたすばらしいお屋敷を見学する。ドイツ風の屋根だが、中はステンドグラスが多用されていて、見応えのある建物だった。和館も洋館もすばらしいし、自然なつながれ方なので、違和感はまるでない。浴室も素敵だし、欄間も素敵。
床の間は屋久杉の天井、掛物は佐竹本三十六歌仙の紀貫之。
すばらしい。

わたしがこの耕三寺でときめいたのは、美術品と洋館と、欄干にわんわんわんわん居る(まるで蘇州のような眺めの)狛犬さんたちだ。

楽しかった…ありがとう。
洋館 獅子
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア