FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

相楽園

神戸の相楽園に行った。
今は神戸市の庭園として、人々に親しまれている。
元は小寺氏が明治半ばから大正初期にかけて造営した私邸の、その庭園だった。
昭和16年に神戸市の所蔵になり、後に空襲を受け、造営当初から残るものといえば正門と長い塀と厩舎と蘇鉄と池泉回遊式庭園だけだという話だった。
神戸市の管轄に置かれてから、ハンセルの設計した旧ハッサム邸が厩舎の隣に移築され、また17世紀末から18世紀初に姫路・酒井家の藩主の遊覧用に作られた川御座船の屋形部分が、池のほとりに設置された。
秋などは市民の拵えた菊花の展示会も催され、四季折々楽しい時間を過ごせる庭園として、多くの人々に愛されてきた。

外からの正門。IMGP9859.jpg

塀の瓦にはカタバミ紋か。IMGP9860.jpg

まず旧小寺家の厩舎。こちらは河合浩蔵の設計。
IMGP9864.jpg

中に入ると高い天井のトラスが。IMGP9866.jpg

二階は厩務員の住まいでもあったそうだ。
IMGP9870.jpg

塔は内部に螺旋階段を蔵している。
IMGP9874.jpg
IMGP9881.jpg
IMGP9873.jpg
IMGP9879.jpg
IMGP9878.jpg

可愛らしい窓のつくり。IMGP9882.jpg

こちらの窓は饕餮にも見えるし、「変身忍者嵐」にも見えてしまう・・・
IMGP9877.jpg

塔の頂点には。IMGP9875.jpg
殆ど鉄兜に似ている。IMGP9907.jpg


次にハッサム邸の側面と正面など。
IMGP9861.jpg IMGP9863.jpg

カナリアヤシと邸宅IMGP9865.jpg

ちょっとしたところにもこんな意匠がある。IMGP9862.jpg

応接室を外から。IMGP9886.jpg

天井の漆喰装飾と照明の数々。
IMGP9888.jpg IMGP9889.jpg IMGP9892.jpg IMGP9898.jpg IMGP9903.jpg IMGP9904.jpg


暖炉も装飾が見事。IMGP9890.jpg IMGP9891.jpg
IMGP9894.jpg IMGP9895.jpg


階段の装飾の華麗さは仰天する。しかし実際に仰天すると間違いなくアタマを打つ低さではある。
IMGP9887.jpg IMGP9896.jpg IMGP9900.jpg IMGP9901.jpg IMGP9902.jpg

親柱の装飾を見ていると、プリンが食べたくなる・・・IMGP9899.jpg
ううむ、さすが神戸。モロゾフか。


部屋もそれぞれ可愛らしい。
IMGP9905.jpg

家具の装飾にはアールヌーヴォー風なのも色々。
IMGP9909.jpg
IMGP9913.jpg IMGP9914.jpg


漆喰装飾もその時代ごとに復元している。
遠くで見るとこう見えてIMGP9911.jpg
間近で見るとこうなる。IMGP9910.jpg

かつて神戸にあった建物や周辺の写真などもあった。
IMGP9912.jpg
昭和九年生まれでこの近くの小学校に通ってらした方から説明を聞く。
(ボランティアガイドではなく、私と同じくこの見学会のメンバーの方)
歴史の証人。

細部にまで色々綺麗なものを見ると本当に嬉しくなる。
IMGP9916.jpg


庭園に出た。
その中でも酒井家のお船を特に見る。
IMGP9918.jpg

二階建てで金具には華麗な装いが施され、春慶塗りで設えられている。
IMGP9919.jpg IMGP9922.jpg
IMGP9921.jpg IMGP9924.jpg IMGP9926.jpg
IMGP9927.jpg IMGP9928.jpg
IMGP9929.jpg IMGP9930.jpg IMGP9931.jpg IMGP9932.jpg

これに乗って抱一さんも楽しんだのかも?
 


ああ、楽しかった。
最後にこちらは神戸市の木・クスノキと灯篭
IMGP9936.jpg

・・・しまった、蘇鉄を撮るのを忘れていた。
また今度来た時に撮ろう。

小寺家正門の内側IMGP9935.jpg

六千坪の庭園よ、また今度。


追記:旧ハッサム邸と旧小寺家厩舎は公開されてるときとそうでないときがあるはずですが、公式サイトなどに出ていると思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
プリンも
 プリンも蘇鉄も 大好きです。地元の神社に 大きなのがあります。
 梅も見ごろになったらしいので みにいかなくっちゃ。 
 気をつけていると 近所でも2軒 植わっています。
 船の飾の素晴らしさ。漆のつややかなこと。古い建物を大事にして
 いるっていいですね。
 3日 お土産に神戸プリン・生八橋などを買いました。
2012/03/10(土) 06:48 | URL | 小紋 #-[ 編集]
モロゾフ~~♪
☆小紋さん こんにちは
おつかれさまでした。

大阪の家庭には必ずモロゾフのプリンの容器が残されている、と言うハナシがあります♪
梅もやっと見ごろになりましたが、今年は実に遅いですね。
太宰府の梅はどうなったのかしら・・・

酒井家は裕福だったようで、その上意外と家族仲の良いファミリーだったそうです。
2012/03/12(月) 09:28 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア