FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

千家名物とその周辺 利休・少庵・宗旦の茶道具

湯木美術館で今日まで開催していた「千家名物とその周辺 利休・少庵・宗旦の茶道具」を見てきた。
zen281.jpg

自分は茶道も習わぬのに、どういうわけか茶道具を見たり、茶の湯の逸話を聞いたり、茶会記を読んだりするのが、好きである。
道に踏み込まぬ理由は色々あるが、それはここでは措いて、いつものように好きなものを好きなように眺めたいと思う。

交趾台牛香合 坂本周斎・伊皿子(京都六角)三井家伝来 明代の交趾香合。これは藤田美術館に蔵される大亀香合に次ぐ名品として、古くから愛されていたもの。
形もよいし黄色い牛の盛り上がりもいい。

古銅ソロリ花入 利休・宗旦・仙叟所持 こちらも明のもの。ただし百年ばかり旧い。
細い細い長い頸に胴も小さい。名のソロリについては諸説があり、解説を読むのも楽しい。
わたしはソロリといえばすぐに曽呂利新右衛門を思い出す。小学校のときからなんとなく馴染み深い人の名である。
この花入れには大山蓮華という花が一輪生けられている写真がパネル展示されていた。
大きな緑の葉と白い花が清楚でよく似合っていた。

赤樂茶碗 銘「再来」長次郎 宗旦所持 貫入というよりヒビの大きいのが入っていた。
黒樂茶碗 銘「しば栗」常慶 底が重たそうな茶碗である。掌にずしりと来るような。
赤樂茶碗 銘「是色」道入 小大丸大和屋白井家伝来 ノンコウらしい薄さがいい。外側に灰青や薄緑の窯変が出ている。小大丸の所蔵だったのか・・・現在の店先を想う。

緑釉三つ葉向付 道入 坂本周斎・雁半中村家・湯浅家伝来 雁半は西陣の織物商、湯浅家は京都の機械工具商。これは割れ山椒の形をしていて、本当にパカッと三つ葉に分かれている。
吉兆翁はこの器にお造りをあわせたようで、その写真パネルがある。
見るだにヨダレが湧いてくるようだった。

黒樂茶碗 銘「春朝」長次郎 どうもわたしは長次郎の樂茶碗のよさがわからない。重い。

茶杓 銘「笘」細川三斎 鴻池家伝来 センと銘を持つ茶杓。やや色黒。
茶杓 銘「虹」金森宗和 飴色の全体のうち少しばかり色の薄い部分を「虹」と見立てる。

真塗手桶 関宗長 千家・六閑斎・坂本周斎伝来 秋草がさらさらと表にそよぐ。

利休瀬戸茶入 銘「有明」 お仕覆の人形文金モールが可愛い。一昔前のゲームのような。

禾目天目(建盞) 青の綺麗なシャープな禾目。高速撮影の星の動きのようだった。

zen282.jpg

消息や絵を見る。
消息 本阿弥光悦 茶会案内状である。彼は宗旦と仲良しだったそうだが、これは別人への手紙らしい。わたしでは全文は読めない。

浮御堂画賛 千宗旦 さらさらっと描かれた浮御堂。渺茫とした趣がある。解説に「堅田には居初家もあるので行ったかも知れない」とある。堅田の居初家にはわたしも浮御堂の帰りに寄ったが、すばらしいお家だった。なにより舟座敷がいい。琵琶湖の水を引き入れた、あのお座敷の良さ、中庭の素晴らしさは、行ってそこでくつろがないと、伝わらないだろう。いつまでもここにいたい、と思わせる心地よさがある。
その居初家には「つな」女という絵師が江戸時代初期に出た。奈良絵本の作者の一人として、今も作品が残っている。

四方釜 与次郎 利休所持・山中道億伝来 四角い釜の胴に真鍮などの金物の鎹が三つ打たれていて、それがアクセントになっている。
写真では、それが本当に釜の火に掛けられているので、ああ使われていたのだと想った。

道安形桑柄灰匙 松平不昧所持・関戸家伝来 ・・・・・叱られるかもしれないが、ケーキサーバーにも似ているし、何よりもビビンパのスプーンに使えそうだと思った。

終幕間際なので存外人も多く、ちょっとばかり見づらかったが、楽しいのは変わらない。
3/17からは25周年記念の特別展が三期ばかり続く。
名物記に載せられた茶碗と名碗たち 高麗・樂・国焼を中心に
3/17~4/30、5/3~6/24、6/27~7/31
今からとても楽しみにしている。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア