FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

四月の東京ハイカイ録 2

今月の都内ハイカイは芝居を観るのがメインなので、勢い展覧会を見る数が少なくなる。
そんな月もあるということさ。
しかしいい展覧会を見落としは致しません。以下は昨日今日の概要。
展覧会の感想はまた後日。

SH3B10310001_20120409095547.jpg SH3B10300001_20120409095556.jpg
土曜日。
寒いと言うので温くしたが晴れは晴れで陽射しはきつい。そろそろ春手袋が必要やと思いつつ、まず根津に向かった。
虎屋さんの雛道具と意外な近代日本画とを目的に。

いや参った。
物凄い精密な手仕事を見た。小指の爪の半分大の染付急須に、毛針で細工したような切り子硝子、打ち出す道具がよくあった銀の茶器、漆もここまで使われるのをしれば我から樹液垂らすのではと思う塗りもの、そんなものが数限りなく並べられているのだ。
クラクラした。
雛道具のミニチュアは地元でもしばしば見ているからどんなものがあるかは予測はついても、その技巧と数は見ないとわからない。
さすが虎屋!唸るばかりなり。
おまけにやや大きめのお道具には虎屋の和菓子を置くと言うのが心ニクイ。
根津の日本画では昭和初期の堂本印象の振袖娘に応挙なわんこの仲良しな絵がよかった。

見終えた時には生和菓子をいただきたくなっていたわ。
あいにく根津カフェは洋菓子メインだからサラバしたが、お庭散策しながら、つくづく和の美を感じたよ。
SH3B10490001.jpg SH3B10480001.jpg
SH3B10500001.jpg
SH3B10510001.jpg
根津の庭は久しぶり過ぎてほとんど見知らぬ地。
苔に埋もれた石仏やスミレが可愛い。


国立劇場に行く前に千鳥ケ淵をチラッと見に行くがあまりの人出に負ける。桜、大満開。
しかし国立劇場でも桜祭の開催してました。しかも珍しい種類の桜が集められているのだ。
わたしは仙台屋桜に特に惹かれた。
国立劇場のロゴ入り法被を着た係員さんがいろいろお世話やいて、お茶とおせんべいの振る舞いもあった。ありがとうです。
演芸場の資料もチラッと見たりで楽しい待ち時間を過ごす。
SH3B10570001.jpg SH3B10530001.jpg
SH3B10520001.jpg SH3B10580001.jpg
SH3B10590001.jpg SH3B10610001.jpg

芝居の感想は明日あたり挙げるが、二十年待った甲斐がある、いい内容だった!
SH3B10620001.jpg SH3B10640001.jpg
芝居の資料などなど。

SH3B10630001.jpg

ハネた後には赤坂見附のニューオータニ美術館に向かった。
山寺後藤美術館の西洋美人画を堪能する。一部は何度か見ているがやはりいいものはいい。

弁慶橋の桜たち。SH3B10650001.jpg

その後は久しぶりに神楽坂の紀の善に行き、抹茶ババロアをいただく。変わらぬおいしさにウットリ♪
SH3B10660001.jpg

それでいよいよ機嫌がよくなり、寒い中を夜桜見て歩く。
飯田橋から新見附橋まで往復して桜を楽しむ。
よく見れば菜の花やたんぽぽも咲いて本当に春の中にいるのを実感した。
SH3B10680001.jpg

電車は速くて光の筋になる。SH3B10690001.jpg

SH3B10720001.jpg 

いい夜を過ごしたが、一つミスった。
夕方以降にカフェインとり過ぎて結局三時半まで起きていたのだった。
尤も芝居の感想を延々と書いていたのも原因だろうが。


三日目。
寝不足は肌にもアタマにもよくないし、私の場合やと体の節々が痛むという厭な状況になる。
迂闊にお茶も飲めない。


ホテルの送迎バスで東京駅に向かい東海道線で品川に行きロッカーに荷物を預けてから池袋に向かう。
練馬区美術館で「バルビエxラブルール」の初日。
(関係ないがこのタイトルの書き方はフなオトメ心をそそるわ~~~)

ときめいてる最中、いきなり肩を撃たれて(え?)ふりむくと、memeさんだった。
二人で眺め歩いてから、お昼を食べて、次に弥生美術館へ向う。

弥生美術館では「カワイイ」をコンセプトにした企画展が開催中。
本当に可愛くてドキドキしたところで、memeさんとは飯田橋でお別れ。
わたしは野間へ行く。

江戸川橋の花見がまた凄い。川沿いの桜を見るうちにバスが来たので乗る。
一区間だけど、この坂を上るデメリットを考えると、やはりバスがいい。
野間では京都画壇とお庭を楽しんだが、こちらも花見客が多かった。
SH3B10770001.jpg SH3B10780001.jpg
野間の枝垂桜


目黒へ向う。また物凄い人の波。目黒川の桜。ああ。
雅叙園で辻村寿三郎師の「平家物語縁起」を見るが、前回のおさらいという感じで、そんな新味はなかった。
しかし人形ともども雅叙園の百段階段を愉しむのが目的だからよろしい。展示替えで完結するそうな。
ここからは目黒までバスだが、進まない。花を見ながら人を見る。

タイムアップで品川から新幹線に乗ったが、せめて30分早いのにすべきだったと新大阪から乗ったタクシーで思う。
友人から「平清盛」でフ女子大喜びシーンが演じられてると、ハナ血の出そうなメールが続々と届いたのだ。
く・や・し・い~~~!!再放送を見るしかないが、わたしは今週の土曜は阪神間にいたいのよーーーーーっ
ほんとうにもぉ~~~。

まぁそんなあんなですが、四月の東京ハイカイはこんなところで終わりです。


追記:月曜になって会社でそのことをグダグダ言うてたら、上司がDVD取ってくれるとかいうので「え?」だったが、彼の家のTVは前日のなら取れる機種だと言うことでした。
ありがとうございます~~
言うてみるもんですなぁ、なんでも。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
ありがとうございました!
今晩は。
東京徘徊お疲れ様でした。
あの後、七先生は無事に帰られたのだろうかとぼんやり考えていました。

清盛残念でしたね。
でも、ご要望のシーンは年末の総集編で登場するんではないでしょうか。

弥生は、リリアンやモンチッチにパティ&ジミーとか見られて束の間タイムスリップできました。
感謝です。
2012/04/10(火) 00:03 | URL | めめ #-[ 編集]
楽しかったですね
☆めめさん こんにちは

初日の朝一番から楽しめましたね~~また見なくては。

> 清盛残念でしたね。
> でも、ご要望のシーンは年末の総集編で登場するんではないでしょうか。

DVDくれる人が出たので、それ待ち中~♪ほっとしましたわ~~

やっぱり弥生に行くと、なんとなく心浮き立つんですよね♪
しかしめめさんのぬりえの話には「おおーーっ」でしたわ~
また今度京都辺りで会いましょう。
2012/04/10(火) 08:59 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア