FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

錦水亭で筍つくし

今日はかねてからの約束どおり、仲良しの奥さん方を引率して、長岡天神の錦水亭にたけのこづくしをいただきに参りました。
阪急の長岡天神駅からてくてく歩くと、乙訓の筍売りの台をいくつもみかける。
みんなおいしそうな筍だった。
筍の字を改めてみる。
竹カンムリに旬で筍。ほんと、この時期しか食べられない。

長岡天神の八条池や境内の枝垂桜など。
SH3B11090001.jpg SH3B11280001.jpg
SH3B11290001.jpg SH3B11300001.jpg
SH3B11310001.jpg SH3B11320001.jpg
SH3B11330001.jpg

錦水亭は池からの別館の眺めが非常によいので、よく時代劇のロケに使われている。
今日はわたしたちは五人だからか、本館へ案内される。
SH3B11100002.jpg いいお玄関。
やっぱりこういう破風が活きているのはいい。

玄関すぐ。SH3B11110001.jpg

二階へ案内される。
ああ、綺麗な建具が。SH3B11120001.jpg

ここからの眺めはもう新緑。SH3B11130001.jpg

お料理は「たけのこ」のコース。
SH3B11150001.jpg
木の芽和え・のこ造り・田楽

筍のお造りはもぉ本当に現場に近いところでないと食べられへんので、ときめくときめく。
田楽味噌もまた三色ともおいしいのなんの。
木の芽和えがまた竹を模した器に入ってるのがいとしいくらい。

SH3B11160001.jpg SH3B11190001.jpg
若竹すまし汁とむしたけ。

順番はこの二つの間に別なのが来るけど、まあ都合で。
すましがまた清冽。
むしたけは以前に来たときのものより格段によくなったと思う。しんじょ風で上に生麩。前のはちょっと気に入らなかったのを思い出す。

SH3B11170001.jpg 
じきたけ

「じきたけ」という登録商標を持っている。素晴らしい筍だった。こんな巨大な筍の炊いたんなんか初めて。
はむはむはむ、と噛んでも噛んでも終わらない感じ。おいしかった!またダシが最高によかった。

SH3B11180001.jpg
焼竹

丸く切り揃えたものを一旦味付けしてから焼いたらしい。おいしいけれど、昔最初に食べたときの異常な衝撃が心に残っているので、ちょっと感動が薄い。でもおいしいのは確か。

SH3B11200001.jpg
てんぷらと酢の物

てんぷらは衣にウニなど三種を混ぜたもの。筍のサクサク感がいい。
そして酢の物が非常においしかった。
これだけアップにしてみる。SH3B11210001.jpg
ぷるるんなのは昨今の流行。それにしてもおいしい。

最後はのこめし(登録商標)と水物のメロン。
SH3B11220001.jpg
香の物には筍の佃煮も。

ああ、非常においしかったし、お部屋も本当によかった。
食後お庭を散策する。

SH3B11270001.jpg SH3B11260001.jpg

SH3B11240001.jpg

マンホールもタケノコ。SH3B11230001.jpg

来年とは言わないが、また十年以内に来たいわ。
お誘いした奥さん方も皆さんたいへん喜んでくれたので、わたしも嬉しい。




おまけ。

その後は河原町に出て、高島屋で展覧会を楽しんでから糖朝で中華スィーツをいただく。
SH3B11340001.jpg

わたしは一番手前のフルーツの入ったトウフ花。時計回りのもトウフ花でこちらは小豆。次二つがマンゴー入り杏仁ドウフ、そして最後がフルーツ杏仁。

たいへん楽しい半日でした。

解散後わたしはちょっと用事を終えてから、新京極でうな丼とにゅうめんをいただいて帰る。
SH3B11350001.jpg

一日中贅沢なことをしてしまった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
飽きない筍
 まあまあ よだれがでてきます・・・
 歴史ある建物も お料理も 良かったですね。
 干貝柱を戻して炊いた筍も おいしいですよ。
2012/04/22(日) 06:13 | URL | 小紋 #-[ 編集]
今日は家でタケノコのてんぷらを。
☆小紋さん こんばんは

エッヘッヘッヘッ
ホンマにおいしかったです。春の喜び、満喫しました~

>  干貝柱を戻して炊いた筍も おいしいですよ。

これまたよさそうですね~~
今日は土佐煮のタケノコを天ぷらにしました。
2012/04/22(日) 23:55 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア