FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

永青文庫

細川護立氏の人柄、パトロン性、そしてなにより審美眼がこのすばらしいコレクションを生んだのだ。
日本画のよさを十二分に味わえた展覧会だった。一点ずつ検証しても仕方ない。大観、観山、栖鳳三人のコラボレート(合作でなく三幅対)観音猿鶴、誰が何を描いたかは見てほしい。観音はインド美人で薄布の向こうに透ける丸い胸は、彫刻のそれを思わせる。
勅題画は天皇のお歌に因んだ絵で、作品は素晴らしいが、それを作る大観とたのむ細川氏がなんだか微笑ましい。素敵な作品が並ぶが中でも旭光照波はモダンだ。コンテンポラリーのように見える。
春草の猫は後期。栖鳳の墨絵・水村雨後図購入の由来を記した書きものがある。観山の勧めで買うてんまつがこの人々の和を思わせる。
紫紅の西遊記が楽しい。特に八戒が可愛い。豚より猪に等しい。岳陵もいいのが多い。四天王寺壁画のためのエスキスのような作品があり、清楚な摩耶夫人が実は色っぽく、アダな魔女が実は可愛い。輪廻物語絵巻も全編見たいし山つくし川つくしも。両国花火とカッパの川流れが楽しい。明治期の清方の娘絵は松園にも似たふくよかさがある。やはり大正以降がいい。幽霊の女がしりあがり寿みたいだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア