FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

6月の予定と前月の記録

6/7~6/10まで首都圏ハイカイ予定。
そのときに行く予定の展覧会。

唐物と室町時代の美術 畠山記念館~6/17
近代の京焼と京都ゆかりの絵画 ―受け継がれるみやこの美― 泉屋分館~6/17
川合玉堂と東京画壇の画家たち 野間記念館~7/16
美しき日本の風景 新版画之部 ukiyoeTOKYO 6/2~6/24
向田邦子と森繁久哉 三越日本橋 6/6^6/18
報道写真とデザインの父 名取洋之助 日本工房と名取学校 日比谷図書文化館~6/26
地上最大の手塚治虫展 世田谷文学館~7/1
アンリ・ル・シダネル展  損保ジャパン~7/1
大正の記憶―絵葉書の時代 学習院大学史料館~6/9
浮世絵猫百景―国芳一門ネコづくし― 太田記念美術館 6/1~7/26
シャルロット・ペリアンと日本 目黒区美術館~6/10
日本橋 ~描かれたランドマークの400年~ 江戸東京博物館~7/16
近代洋画の開拓者 高橋由一 藝大美術館~6/24
野口久光 シネマ・グラフィックス うらわ美術館~6/24
渓斎英泉展/モダンガール万華鏡―近代日本の絵画・版画から― 千葉市美術館~7/8
かつしかと平櫛田中 葛飾区郷土と天文の博物館~6/17
東洋絵画の精華 ―名品でたどる美の軌跡― 静嘉堂文庫~6/24
福原コレクション 駒井哲郎 1920-1976 世田谷美術館~7/1
わたしの句読点 たばこと塩の博物館~7/1
いのちの煌き 田渕俊夫展 松濤美術館 6/5~7/22

こちらは来月になる可能性が高い。
横浜の海 七面相 横浜開港資料館・横浜都市発展記念館~7/16
収蔵品展Ⅰ 船旅への想い 日本郵船歴史博物館~8/5
「挿絵が僕らにくれたもの」―通俗文化の源流― 三鷹の森ジブリ美術館6/2~
生誕120年 福田平八郎と日本画モダン 山種美術館~7/22
越境する日本人 工芸家が夢みたアジア 1910s-1945 工芸館~7/16

むろん東近美「吉川霊華」、サントリー「紅型」なども楽しみだが、これらはわたしの場合確実に7月にゆくので、あえて書かなかった。

関西。
谷崎の先覚 名作に見る出版戦略 谷崎記念館~6/24
谷崎の住んだ倚松庵見学
マリー・ローランサンとその時代 パリに魅せられた画家たち 小磯記念美術館~7/8
建築家 村野藤吾と尼崎展 尼崎市総合文化センター~6/3
古代礼賛 中世礼賛 正木美術館~6/10
生誕170年・没後100年『藤田傳三郎の軌跡』 藤田美術館~6/17
叙情画 コヤノ美術館
名物記に載せられた茶碗と名碗たち―高麗・樂・国焼を中心に 湯木美術館~6/24
屏風絵 後期 高島屋史料館~6/26
佐伯 祐三展 -純粋なる魂を描いた、夭折の画家- 山王美術館~7/29
佐伯祐三とパリ ポスターのある街角 大阪市立近代美術館(仮)~7/16
奈良絵本・絵巻の楽しみ -おとぎ話のはじまり- 松花堂美術館~7/1
仏教の来た道 シルクロード探検の旅 龍谷ミュージアム~7/16
樂歴代の名品を見る 樂美術館~6/24
所蔵品展 うるわしの女性たち 中信美術館 6/5~7/8
四季の画賛と待合のしつらえ 茶道資料館~6/10
名品展 -コレクションの歩み- 大和文華館~6/24
オールドノリタケ 東大阪市民美術センター~7/1

ここからが行く予定日が未定のもの。
源平合戦とその時 大阪青山歴史文学博物館 6/16~8/5
高麗青磁の精華 心にしみ入る「翡色」の輝き 高麗美術館6/9~9/2
チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち 滋賀県立近代美術館6/9~7/29
麗しき美人たち 木下美術館~6/11
都名所図会の世界―源氏物語と平家物語― 宇治市源氏物語ミュージアム~7/8
-唐代の詩と多重都市の協演-髙山辰雄・西村元三朗 BBプラザ美術館~7/7
平 清盛 – 院政と京の変革 - 京都市考古資料館~6/24 
狩野派の絵画 香雪美術館~7/16
こちらは前月の記録

20120502 都市を描く-京都と江戸-第Ⅱ部「江戸名所と風俗画」 国文学研究資料館
20120502 南極 南極・北極科学館
20120502 陶酔のパリ・モンマルトル 八王子夢美術館
20120502 芸術家の肖像―写真で見る19世紀、20世紀フランスの芸術家たち 三鷹市美術センター
20120503 KORIN展 国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」 根津美術館
20120503 ジョルジュ・ルオー 銘画の謎 汐留ミュージアム
20120503 あなたに見せたい絵があります。 ブリヂストン美術館
20120503 ホノルル美術館所蔵「北斎展」 三井記念美術館
20120503 KATAGAMI style 三菱一号館
20120503 大友克洋GENGA展 ギャラリー3331
20120504 都市を描く-京都と江戸-第Ⅰ部「洛中洛外図屏風と風俗画」 歴博
20120504 東洋絵画の精華―名品でたどる美の軌跡― 静嘉堂
20120504 蕭白ショック!!曾我蕭白と京の画家たち 千葉市立美術館
20120505 金沢八景いま昔 金沢文庫
20120505 鎌倉のほとけ 鎌倉国宝館
20120505 石元泰博写真展 桂離宮 1953,1954 神奈川県立近代美術館
20120505 柚木沙弥郎展 村山亜土作『夜の絵』とともに 神奈川県立近代美術館
20120505 辻村寿三郎「平家滅亡への軌跡」 目黒雅叙園
20120510 大正時代の中山太陽堂 クラブコスメ
20120510 屏風絵 高島屋史料館
20120510 旧国立移民センター 建築探訪
20120512 すべての僕が沸騰する 村山知義の宇宙 京都国立近代美術館
20120512 野遊びの茶 北村美術館
20120512 王朝文化の華 陽明文庫名宝展 京都国立博物館
20120519 解脱上人 貞慶 鎌倉仏教の本流 奈良国立博物館
20120519 珠玉の仏教美術 奈良国立博物館
20120519 大和文華館 名品展 コレクションの歩み 前期 大和文華館
20120525 谷崎潤一郎旧宅・石村亭(潺湲亭) 建築探訪
20120525 芹沢ケイ介 京都文化博物館
20120525 祇園祭 橋弁慶山の名宝 京都文化博物館
20120526 絢爛豪華 岩佐又兵衛絵巻 堀江物語 MOA美術館
20120527 逸翁と茶会 茶会記をひもとく 逸翁美術館
20120527 ザ・忠臣蔵 第二部 早野勘平篇 池田文庫

けっこう出かけたな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント
読むだけで 食べた気になる お品書き
お世話になっております 拙詠(?)ご容赦

関西 
香雪美術館の狩野派展あたりをからめまして
藤田美術館の「軌跡」展 もう1回行きたい
仏教絵画が個人的に好もしく 初の1時間近くの滞在となりましたが
帰りの新幹線ほかの事情で 後ろ髪ひかれつつ 黒漆の箱はちら見の大涙 
そんなこんなの再訪願望であります

加えますに そろそろ梅田の阪神地下にて 
ハモの煮凝りや皮の細切りが並ぶ頃でもあり
(お金が潤沢ではないので とても落としだの 照り焼きだのは…)
夏には夏の楽しみということで ついつい 妄想などを

これからもますますのご自愛ご健筆を
それでは
2012/06/05(火) 18:18 | URL | TADDY K. #1xXJNkSU[ 編集]
字面みて ヨダレたらして ちとねたむ
☆TADDY K. さん こんにちは

こちこそ返し失敬・・・

藤田は来週の予定です、藤田~湯木~高島屋史料館コース。
いよいよ楽しみになってきました。

ハモ皮の酢の物、すんまへん、あまりにあたりまえに食べてて、
改めて「あっそーなんや!!」です。←にくたらしぃ奴w

ハモしゃぶもよろしいですなあ。
百貨店売りの上等なんやないですが、あつなってきますと、
ハモと仲良くなれるのは関西人の一得ですなぁ。

またおいでください~
2012/06/06(水) 12:56 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア