FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

唐物と室町時代の美術(畠山記念館)

畠山記念館の「唐物と室町時代の美術」展を楽しんだ。
ここもまた自分にとっては定点観測所とでもいうべき美術館で、何度でも同じ作品を楽しめる場所なのだった。
zen489-1.jpg

茶道具と文房具をまず見る。

砧青磁の名品が三つばかり並ぶ。
鎬鉢、鳳凰耳花入、つば付き花入。初夏らしさを感じる、そんな砧青磁たち。

金森宗和の箱書きでは「油滴天目」とある禾目天目茶碗を見る。位では油滴の方が上だというのでそう書いているらしいが、位がどうのより持ってた本人がその器を愛していたらそれでいいではないか、と思う。しかしこれは茶道の考えではないのかもしれない。
建前は必ず必要なのだ。

堆黒天目台 元~明代の工芸は明るく可愛い。天目台の全身に花模様が刻まれている。
「全身を綺羅に飾りて」は宋代が舞台の「水滸伝」の一節で、刺青をさしているのだが、これにもそのような風情を感じる。

唐物鶴首茶入 銘・養老 その水滸伝の同時代の茶入。挽家がまた面白い。袋も鼠皮とある。鼠皮などみたこともないし本当かどうかは知らない。フェルトにしか見えない。

唐物肩衝茶入 銘・星 秀吉~清正~頼宣~綱吉そして徳川家達公という来歴を持つ茶入。
この挽家が大きい。その袋は亀甲鳳凰文唐織。目立つ柄。

この二つの茶入れは大正名器全鑑に掲載されていて、そのページが出ていた。
こういう楽しみがあるのも嬉しい。

堆朱葉入四方盆 明代の明るい可愛いデザイン。真ん中が人物文で周囲の四枚の葉にはそれぞれ花が咲いている。手が込んでいる。

堆黒倶利盆 こちらは先のより百年前のもの。グリグリ連続文が続く。四角の枠に収まっているが、無限に続いていそうでもある。

菫童子青貝香合 可愛い、実に可愛い。左手にスミレが小さく咲いていて、それを見た童子が喜んで両手を開いている構図。これが野バラだとちぎられてしまうのだが。

共筒茶杓 津田宗及作 でかっ!びっくりした。朱を差した竹。替え筒もけっこう大きいが茶杓はそんなに大きくはない。

雨漏堅手茶碗 朝鮮のものだが目跡も多いが色の斑も多く、内側をのぞくとパウル・クレーが絵付けしたのか、と思うようなつくりになっている。
抽象絵画もやきものの柄になると、わたしでも愛好するようになるかもしれない。

砂張釣花入 銘・針屋舟 かなり大きい。これは天下三舟のひとつ。松本舟(泉屋博古館)、淡路舟(野村美術館)と並ぶ舟。

龍魚硯 形は上から見れば耳つき鍋のような硯で、海のところに二匹の魚がいる。周囲に縁取りもあるがこれは海草かも。龍はよくわからない。龍と魚ではなく龍魚なのか。
たいへん磨り難そうなので、オブジェとしての硯かもしれない。

龍濤文円硯 こちらは江戸時代のもの。顔だけ波間から出す龍がいる。

ほかに文具一式がある。仁清の石菖硯屏の愛らしさ、象牙の筆の赤い蝙蝠に花の装いなどなど、楽しいものが多かった。取り合わせの妙というものを感じる。

花鳥青貝軸盆 明代のもので、構図を見ると清水裂のような感じ。下弦の三日月があり、その下の梅に二羽の鳥が止まる。洪武5年(1372)の作。可愛いものが多いのは明代。

室町時代の絵と工芸品を見る。

鎌倉彫猩々香合 これは留守文様?猩々がどこにいるのかわからない。それとも赤色なのを猩々に見立てているのか。

二月堂縁起断簡 亮順 どこかの室内で僧侶と男が喜んでいる。その前には土気色の女が衾から身を起こして笑っている。病気が治ったような感じ。そしてその建物へ近づいてくる三人がいる。案内するかのような弓持ち童子と、夫婦者らしい二人と。
するとこの絵の中ではあの僧侶の祈祷が効くとかそんなことだろうか。
物語の説明がないので残念ながらよくわからない。

山水図 伝・天章周文 山中にしては随分立派な邸宅がある。そこへ向かうのではなく、そこから帰るのか、またはたまたま通りがかっただけなのか、アーチを描く橋を渡る三人がいる。ただそれだけ。しかしそれだけ、というのがいいものだと最近は思う。

琴高仙人図 雪村周継 出ました、琴高仙人。ここの鯉はナマズ顔。仙人の足指は長い。
衣の線の肥痩が面白い効果を出している。風をはらんだのがよくわかるような。そして遠見するような手つきがいい。

畳へ向かう。
座って振り返ると、天井の金波が光に揺れている。

出山釈迦図 ふらふらっと歩いている。テンクルカットの釈迦。

林檎花図 伝・趙昌 やはり綺麗で可愛いと思う。正月に東博で故宮の名品を見たとき、「夜合花」図を見たが、あれも同じ同時代(南宋)のものだった。斉しい美しさを感じる。
今回、箱秩も出ていた。四種の更紗をつないだもの。花柄のもので可愛い。
zen489.jpg

蓮池水禽図 宗達 薄墨でぼわっと描いている。蓮はそんなに咲いていないが奔放な感じ。
水禽は元気な口をあけている。

其角の短冊があった。
阮咸か 三味線しはし ほとときす  
躍るような文字。阮咸は竹林七賢の一人で楽器を弾いていた。
転じて弦楽器(=琴)の意にもなる。
其角はけっこうホトトギスを歌ったものが多いらしい。ちょっと調べただけでも十以上出てくる。
関係ないが「まだあるまだある」は天下茶屋の元右衛門。

楽しい心持で見て回って、新緑の庭を横目に帰る。6/17まで。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア