FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

春の藝大コレクション

高橋由一のシャケばかりに溺れていたわけではない。
藝大の春のコレクションをもこうして楽しませてもらった。

特に嬉しかったのは、こちらの川崎小虎の「オフィリア」が出ていたこと。
画像は私がだいぶ前に新聞で切り抜いたものなのであまり綺麗ではないが、これが芸大所蔵品だと知ったことも嬉しい。

いかにも小虎らしいファンタジックで可愛らしい絵である。たとえ悲劇であろうとも。

絵因果経がある。奈良時代の国宝。今回は剃髪するシーンと説法する場を見た。
いい手蹟にも惹かれる。

菱田春草 水鏡 これは去年春草展でじっくり見た
アジサイが特に目を惹くのは、今の時期に合うからか。

絵因果経がある。奈良時代の国宝。今回は剃髪するシーンと説法する場を見た。
いい手蹟にも惹かれる。

菱田春草 水鏡 これは去年春草展でじっくり見た。
アジサイが特に目を惹くのは、今の時期に合うからか。

和田英作 野遊び これも好きな作品。天平の少女たちが手に手に月琴などを持って野に出ている。時代があまりに隔たると、幻想的な世界を描いたように見えてくる。

青木繁 黄泉比良坂 神話への憧れが弥増したのは、やはり青木の描く世界に溺れたからかもしれない。青の美しさを堪能する。
今回、この絵の裏に描かれたツツジも出ていて、そちらも楽しく眺めた。

フジタ 猫 レオナール表記。仲良しな母子猫。可愛い。

恩地孝四郎 「美人四季」より秋と冬が出ている。どちらもつい最近、京近美でみたばかり。写真も取ったが、艶かしい。特に黒をまとう冬の女は、ボナールやドンゲンの女たちと共通する都会の香艶がある。

津田信夫 北辺夜猫子 フクロウのこと。可愛い彫刻。以前、佐倉市立美術館で津田の回顧展を見たが、そのときも可愛いなあと気に入って眺めていた。
ところでこの彫刻だが、ペリアンに言わせれば「よくない見本」らしい。
モダンムーヴメントの人にとっては、可愛らしさや情緒はダメな見本になるのを知った。

山田恒雄 襲う オブジェぽい、動きのはっきりした猫でした。どこかアメコミ的な面白さがある。

浄瑠璃寺の吉祥天厨子絵の修復などの特集展示があり、それも興味深く眺める。
やはりこうした仕事は藝大の大きな教えの一つだと思う。

他にも東京音大のために拵えたさまざまな作品が並んでいて、これらの意義についても学べたような気がする。

藝大の所蔵品の奥深さに、改めて目を瞠る展覧会だった。6/24まで。 

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア