FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

浮世絵猫百景 前期

浮世絵ではとにかく猫が大活躍する。
犬はフツーに犬だが、浮世絵の猫は時にはヒトの代わりにいろんなことをして見せたり、猫らしい姿を見せつつも、主役であるはずのヒトより目立ったり、というおいしい役どころを担ったりする。
江戸時代の人々がどこまで猫好きなのか推して知るべし、というのが浮世絵の猫絵なのだった。

猫の浮世絵を最初に見たのは、やっぱり国芳の「猫飼好五十三疋」あたりかと思う。
そして大仏次郎記念館で彼が集めた猫の戯画を見たときも楽しかった。
近年には「にゃんとも猫だらけ」として平木浮世絵財団所蔵の猫絵を集めた展覧会を見て、大いに喜んだ。
そして今回は太田記念美術館で「浮世絵猫百景 国芳一門ネコづくし」展が二ヶ月にわたって開催されている。
今日はその前期分の感想をちょっとばかり書く。

国芳はヒトも知る猫好きで、一時弟子だった暁斎の描いた国芳画塾の図でも、国芳は懐に猫を入れて絵を描いていた。その弟子たちも師匠の衣鉢を継いで、明治の世になっても「新版 猫の学校」「新版 猫の温泉」などを描いていた。
明治になって猫の絵は減ってしまった。
浮世絵が減ったことも原因だが、やっぱり絵の猫たちは江戸時代の方が暮らしやすいらしい。

IMGP0307.jpg

今回のチラシはとにかく面白い。
実は三種類くらいあるらしいが、残念ながら私はこの一枚しか手に入れられなかった。

第一景 猫百変化

肉筆画の猫たちを畳の上で眺めると、その場にその猫がいて足元で転げているような気がする。猫はやはりいとしい。

床に下りて、まず国芳の「猫の当字」を見る。
大体このシリーズはどの字を見ても「国芳うまいな~」&「猫、かわいいな~」の感想で終わってしまう。
猫たちは器械体操にいそしむかのように体をくねらせて猫文字を作る。案外まじめにやっているのが伝わってくる。
そしてちゃんと「かつを」なら鰹が、「たこ」なら蛸が、「うなぎ」なら鰻が猫たちの間に登場する。
今回は「かつを」と「たこ」を見る。
外人のお客さんが懸命にメモを取っていた。

弟子の中でおもちゃ絵と新聞絵に特化したのが芳藤だが、その芳藤の「小猫をあつめ大猫とする」があった。楽しいし面白い。この機知がまたいい。
師匠の国芳は「人集まって人となる」シリーズを持っているが、あれより猫のほうがいい。

国芳の戯画をみる。
「流行猫じゃらし」類品がないそうで、これはお座敷遊び図。客・芸者・幇間の三者の表情やしぐさが楽しい。
「流行猫の曲鞠」は近年の展覧会でニャビゲーターとして出没していた。国芳は浅草奥山の細工見世物のビラや曲芸のビラを多くこしらえているが、本当にこれも楽しい。
tou005.jpg

また役者絵を禁じられたので、それを猫や魚に仮託して描く、ということをも国芳はやってのけている。
「猫の百面相」などはその意味で二重に面白い。後世の我々でもそうだから、リアルタイムの人々はいよいよ嬉しがったろう。

「双蝶々曲輪日記 角力場」の団扇絵もある。
顔は役者の似顔なのだが、背景の四股名が笑いそうになる。
首ノ玉鈴音、猫ノ尻才槌、三毛渕咽鳴・・・あのなあww

国芳もやう正札附現金男・野晒悟助 この絵は一見普通の侠客のかっこいい絵に見えるのだが、着物の柄がどくろになってる猫たち、なのが愉快。
sun485-1.jpg

芳年の師匠の肖像画もいい。「ヒラ」と呼ばれたヒラべったい?顔の師匠と猫の2ショット。
やさしい表情をしている。

弟子たちも大勢いて、彼らも職場に猫が多くいたものだから、猫嫌いではいられなかったろう。
そういえば、取引先のさる職場では本当に猫が飼われている。そこの所長が猫がいなくては生きてゆけないヒトなので、事務所にちゃんと猫の席が支度されている。
随分前にミスで叱られる電話をしてる最中に、何故か猫の話が出た途端、所長さんは猫好きな私がお気に入りになったのだった・・・

IMGP0306.jpg

第二景 猫の一日 遊んで眠って叱られて
たしかに。
猫というのはそうでなくてはいかん。うちの猫「北摂タビノスケ」もそうだ。

春信、湖龍斎ら先達の猫が登場。
このあたりの猫は中国絵画の猫のポーズに典拠を求めたのかも、と思うようなのもいる。
いや、全世界共通で猫は可愛いからな~埃及の聖なる猫も可愛い。
空摺りで猫の毛を表現するのもいい感じ。

子猫をだっこする美人、裾で猫が戯れるのを眺める美人などなど。
猫の体温までこちらに届きそう。
国芳「山海愛度図会」、芳年「風俗三十二相」などにも猫と美人の2ショット図がある。
見ているうちに、キモチはその描かれた美人たちと同化してくる。
みんなとろけそうな目で猫を見ている。
尤も、わるい猫には美人も叱りつける。それがまた楽しい。

小林清親 猫と提灯 これも最初に見たときから好きな絵。この手の柄はカツギというのだったか、背中はキジで、いかにも利かん気な猫で、見るからに可愛い。
「こら、提灯破いたらアカンでしょ!」と叱り付けても、やっぱりビリビリ・・・
zen515.jpg

一番近代の猫もいた。
高橋弘明の「猫」昭和6年。リアルな表情。すっとぼけた顔がいい。

第三景 猫のおばけ
正直なところ、子供の頃から化け猫話が大好きである。だから「化け猫映画を見てから猫が怖くなった」というキモチがわからない。入江たかこが化け猫女優として活躍してた昔、わたしもそれを見ていたらよけい猫が愛しくてならなくなった可能性がある。

国芳 五十三次岡崎の場 この大化け猫の目が怖い。
IMGP0309.jpg
チラシは背景を黒にしたからよけい凄みが出た。この大物もいいのだが、とりあえず豆絞りをホッカムリにしたり向こう鉢巻にしてる猫がすばらしくいい。
近年の府中市美術館の国芳展ではこの鉢巻猫が「猫もがんばってます」として現れて、そのけなげな可愛さにアタマをどつかれてしまった。
相棒のホッカムリ猫はukiyoeTOKYOでプリント化されてクッションになり、それが欲しくて欲しくてならなかった。
共によく働く可愛い化け猫。IMGP0309-1.jpg IMGP0308.jpg


国貞のばけねこも可愛い。これは鍋島の化け猫騒動の芝居絵らしい。小さい頃、鍋島の化け猫の話を聞いて、「なんと主人思いのケナゲな猫たち」と涙ぐんだものだった。
がんばれ化け猫!

周延も鍋島の化け猫を描いている。人口に膾炙した化け猫たち。

第四景 猫は千両役者
舞台のあちこちに出没したり、自ら演じたり。

国貞の「金瓶梅」を日本に置き換えた芝居絵が面白い。安政六年(1859)の暮れにはこんな芝居もかかってたのか。作者が誰かは調べたらわかることだが、とりあえず楽しい。

国芳「流行猫の戯れ」が色々。これは絵も面白いが、ちゃんとクドキも元の芝居に沿っているから、芝居好きにはたまらなく面白いパロディになっている。

だが、今では上演されない芝居もあるので、これを楽しむのは解説の手助けがなくてはならない。

第五景 猫の仕事・猫の遊び
実際のところ、猫の仕事とはなんぞや。虫や鼠から何かを守る、それか。うむ、それくらいしか思いつかない。猫の手も借りたい、とは言うもののあの可愛い肉球を見てると「・・・なんにも働かなくていいのだ。もっとわるいことをせよ」とついつい思ってしまう。

芳年「猫鼠合戦」などは海外にもわかりやすい題材だと思う。トムとジェリーは永遠のアイドルだ。

国芳の他の弟子たちも、時代が変わってもやっぱり猫を描いている。
それらを見て回って楽しいなと思っていたところへ、猫をかたどった人形やおもちゃが出てきた。
主に土人形などである。
以前に横浜の大仏次郎記念館でも見かけたような猫の郷土玩具が色々。

花巻人形、伏見人形、大阪練り物など色々。
みんなとても愛らしい。
ナゾな猫のゲーム盤もあった。
ここにはないが、住吉大社の「初辰さん」の猫もいればいいなあ。あとは豪徳寺の招き猫も。

第六景 猫の事件簿
物語の現場に猫がいた! ということ。

二代目歌麿「見立女三の宮」をはじめ、国芳・国貞らの見立て源氏絵はほかでも色々見ているが、たしかに源氏物語では猫がかなり重要な役割を果たす。
浮世絵になると、その見立ても以後の悲劇の発端ではなく、可愛いポーズになるばかりだが。

ああ、それにしてもこういうのを見ていると、図録を早く買わねばと反省する。
後期を見るまでは、と思っていたのだがこれでは後期展が始まってすぐに図録もなくなりそうである。
以前に見た「にゃんとも猫だらけ」のコンパクトな本で満足してたが、やっぱり欲しい。

第七景 猫のまち
萩原朔太郎「猫町」とはまた違う猫のまち。
明治になって絵のタイトルに「新版」または「新はん」とつくようになる。

猫の擬人化は楽しい。
zen513.jpg
ねこの温泉(銭湯)は猫のかわいさを楽しむだけでなく、明治初期の風俗をも併せて楽しめる。
当時の人々もこの大判錦絵を大いに楽しんだろう。

温泉だけでなく嫁入り、ままごと、軽業、花見、学校などなど。
zen514.jpg

わたしも楽しくてわくわくする。
やっぱり浮世絵は楽しいものがいい。

第八景 猫の絵本
絵本というても可愛らしいものではなく、春本や読み物系の本。

国芳はわ印では「程好」の名乗りを挙げているが、その時もなぜか猫がいる。
カップルが仲良くする中でも猫がいたりする。
そういうのをデジタルでもいいからじっくり眺めたいものだ。

仮名垣魯文と芳虎が組んだ読み本も面白そうな挿し絵に物語だった。

長谷川小信の「猫そうし」もある。
ちりめん本まであった。この実物を見るのは、今はなき児童図書館以来。明治の半ばに外人向けに作られた「日本昔話絵本」。
「しっぺい太郎」が出ていた。霊犬が悪猿を倒す物語。猫はどこ?と思えば、絵の奥にいたみたい。

色々楽しいものを見た。
前期は26日までで、後期は30日から7/26まで。
たくさん入れ替わるから、後期も楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
こういうのって、キュレーター冥利に尽きる企画なんではないでしょうか?
楽しそう。

最近、文福茶釜の明治ちりめん絵本を手に入れたんですが、ちりめん本の
動物画もむちゃくちゃ可愛いですよ。猿蟹合戦もほしいなと思ってます。

英泉は...う〜ん、やっぱし女性が気持ち悪いです、私には。
危な絵も、歌麿とか国貞あたりがいいなあ。
2012/06/21(木) 00:29 | URL | とんぼ #uaIRrcRw[ 編集]
☆とんぼさん こんにちは

> 最近、文福茶釜の明治ちりめん絵本を手に入れたんですが、ちりめん本の
> 動物画もむちゃくちゃ可愛いですよ。猿蟹合戦もほしいなと思ってます。

ちりめん本は可愛いですよね。妙な英語がついてるのもいいですしww

英泉も近年になってから再評価されるようになってきたみたいです。
わたしが見始めた頃は殆ど出ませんでしたわ。
2012/06/21(木) 12:45 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/21(木) 22:02 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア