FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

静岡駅付近の近代建築

静岡に出かけた。まず草薙まで出てからバスで県立美術館へ向う。
駅から1.6kmらしいから気候のいい、機嫌のよいときなら歩くのも楽しいだろう。
バスは特別区間値で100円。
展覧会の感想は明日以降。
静岡駅前に戻ってから、まず駿府博物館に行き、楽しんでから道を変えて呉服町通りを行く。
ずっと歩くと、通りの果てに出る。
そこに静岡銀行本店がある。旧三十五銀行。素晴らしい威容。列柱ー♪
SH3B12130001.jpg

   素敵。SH3B12140001.jpg

SH3B12120001.jpg SH3B12110001.jpg

やはりこうでなくてはSH3B12100001.jpg


今度は元の駿府城の堀へ向かい、県庁を眺める。
SH3B12150001.jpg

花が飾られ「夏も近づく八十八夜トントン♪」な気分にされる。
SH3B12160001.jpg

少しばかり帝冠様式か。SH3B12170001.jpg

そこから道路を渡り元の繁華街へ歩くとすぐに市役所。
SH3B12190001.jpg

この塔屋がすばらしい。SH3B121800010001.jpg


玄関周りだけでも見事。
SH3B12200001.jpg

SH3B12220001.jpg

天井の漆喰細工の美しさ。SH3B12230001.jpg

SH3B12240001.jpg  SH3B12350001.jpg
素晴らしい装飾。


閉庁してるがギャラリーは開いてるので中へ。

ドアの装飾が素敵。
SH3B12310001.jpg

SH3B12340001.jpg

SH3B12360001.jpg

妙に可愛いが何の文様?SH3B123300020001.jpg


床模様 SH3B12280001.jpg

天井の端々にも。SH3B12320001.jpg

SH3B12290001.jpg
SH3B12300001.jpg

正庁
SH3B12250001.jpg

脇階段も可愛い。SH3B12270001.jpg

綺麗なガラス。SH3B12260001.jpg


外観も工夫が多い。
SH3B12210001.jpg SH3B12370001.jpg

ある位置からは県庁も市役所も一緒に見えるポイントがある。
SH3B12390001.jpg

塔屋も違う位置から見るとまた趣が異なる。
SH3B12410001.jpg

本当に魅力的。SH3B124100020001.jpg

三件の立派な建物を楽しんでから、静岡市美術館へ行って、それから大阪へ帰った。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
遊行七恵 さま

 はじめまして。

 日頃より、ブログを拝見させて頂いております。
 自分の行った展覧会の反芻や行けなかった展覧会の貴重なご鑑賞記録として、楽しく拝読しております。

 本文中に「妙に可愛いが何の文様?」とありますが、旧静岡市の市章です。政令市移行を目指して、2003年4月をもって東隣の旧清水市と合併するまでの市章でした。
 当地と少なからぬ縁がありましたので、気づきました。

 静岡市には、ヴォーリズのマッケンジー邸などもあり、一度行ってみたいものだと思っています。
 また、行かれたかも知れませんが、県庁別館の21階に展望ロビーがあり、足元の市内から清水港や富士山まで見渡せます。また、賎機山麓の浅間大社も良く見えます。
 庁舎の上階に展望ロビーを設けているのは、関西では神戸市庁舎がお馴染みですが、神戸同様に無料です(有り難いです)。

 取り急ぎ、一報申し上げます。

 失礼致します。
2012/07/01(日) 00:30 | URL | 左京区 #-[ 編集]
はじめまして。
☆左京区さん こんばんは

ありがとうございます、そうですか、静岡の旧市章でしたか。
可愛いなぁ、なんのマークかな?と思っていたのでとても納得です。
静岡県は遠州+駿府+伊豆でしたか、すごーく大きいなと常々思っております。
(自分が大阪北摂部に住まうからよけいそう思うのでしょうが)
教えてもらえて嬉しいです。

>  静岡市には、ヴォーリズのマッケンジー邸などもあり、一度行ってみたいものだと思っています。
>  また、行かれたかも知れませんが、県庁別館の21階に展望ロビーがあり、足元の市内から清水港や富士山まで見渡せます。また、賎機山麓の浅間大社も良く見えます。
>  庁舎の上階に展望ロビーを設けているのは、関西では神戸市庁舎がお馴染みですが、神戸同様に無料です(有り難いです)。

じ、実は今日になり、晩御飯たべながら親に静岡観光センターでもらった市内地図を見せて、「富士山てどの辺りやのん?」と訊いて呆れられていたところです。
地図をよくよく見ますと、展望ロビーの紹介などもあり、「しまった~~」状態です。
まぁ、静岡は今後もたぶん行くことが増えそうな土地ですので、そのときにじっくりと。。。(汗)
マッケンジー邸は資料でしか見てないので、それも楽しみです。

しかし富士のお膝元で富士を見ない、というのは武田泰淳「富士」の一節のようです。
2012/07/03(火) 00:16 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア