FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

吉川霊華展

吉川霊華展が開催されてとても嬉しい。
これまでははるか昔の練馬区美術館「金鈴社の五人」展で見てからは、野間記念館などでしか見ることはなかったからである。
東近美も「吉川霊華を知っていますか」と問いかける案内文を書いている。
近代日本画がとても好きなひと以外、確かに知られていない画家かもしれない。
しかしこうして国立近代美術館が回顧展をしてくれて、ファンとして本当に嬉しい。

霊華は大正初期に金鈴社を結成した。そのあたりのことは鏑木清方「続こしかたの記」に詳しい。
わたしは子供の頃から清方が好きで、その関係から絵より先に霊華の名を知っていた。
金鈴社のほかの三人のうち、松岡映丘は近年の回顧展で高く再評価されたが、彼は播州の人なので関西にいるわたしは作品をわりと多く見てきた。
また彼の作品も野間に多くある。
平福百穂はだいぶ前に奈良そごうで回顧展を見ているが、残る結城素明だけはまだ何も特集が組まれていないので、これを機に再び取り上げられればと思う。
なお金鈴社の名は霊華が命名した。それからしても彼の嗜好が読み取れる。

霊華の絵は大きく三種の傾向があると思う。
一は抑えた色調での彩色、一は金と薄墨と白、一は紺地金泥である。
それぞれの個性の違いが非常に大きいので、今回はそのことも明記したい。
(彩色、金・墨・白、紺地金泥などと記す)
以下、簡素に記してゆく。

会場に入るとすぐに巨大な龍の図があった。
京都・方廣寺の天井画ということだった。眼の厳しい龍である。
この絵の下でパンッと手を叩けばビィィンと音が響いてきそうな気合がある。

第一章 模索の時代
楊柳観音像 彩色 足爪が長い。小さな瑞雲の渦が丁寧に描かれている。
文昌帝君 彩色 北斗星のそばの正座を神格化したというか、中国での学問の神様の1人。ロバに乗っている。
美人弾琴 彩色 中国の美人。薄い朱色の衣を着ている。琴はまだ弾く前で、袋のまま膝にある。
逍遥 金・墨・白 背を向けた、物思いにふける天平のひと。
稚児文殊 彩色 みずらに結うた稚児が青獅子に騎乗する。朱衣は明治末の流行りか。この下図には背景に仏の線描もみえた。なおこの絵は最初に出た「龍」と同時期に描かれゃはり所蔵先を同じにする。わたしは'92年の「日本美術院百年史刊行記念 日本画近代化の旗手たち」展で見たのが最初だった。
IMGP0473.jpg

天平美人 彩色 胸をそらすひと。
昭君適胡 墨・白 樹下に泣く女人。馬上である。琵琶を持つ侍女。胡人と共に。
太平楽之図 彩色 ご大礼のときの記念絵葉書である。フルカラーで華やか。

作品を大きく表に出すこともせず、知る人ぞ知る画家であった時代だが、それでもこうしてよい作品がある。

第二章 金鈴社の時代
先日から手元にある清方の「続こしかたの記」を再読して、霊華の作品が会の何回目に出たものかを調べていた。
また、その折の清方の回想をも併せてここに引用したいと思う。
「 」内は清方の『続こしかたの記』からの引用である。
金鈴社の会期や場所なども書く。

1917年第二回・11/11~11/17三越。
牧羊 黄初平の絵。青年が背中を向けて佇む。周囲に羊。
わたしは仙人のうち、少年は菊慈童、青年は黄初平が好きだ。いい感じ。

歌聖 木の下の人麻呂。 
愛染明王 薄赤い。壷のような上に乗っているように見える。

「吉川君の『歌聖』に寄せて、春山武松氏はこういっている。
『真似のできない気品のよさがある。人麿の像から樹木のあたりを見てゐると、なんとなく天平頃の気分が浮かんでくる。云々』・・・」


住吉明神 彩色 これは会とは別な製作らしい。清方の記録にはない。座す明神。

1918年第三回・5/1~5/5浜町・日本橋倶楽部
藐姑射之処子 たいへん物静かに美しい天女が林を歩く。淡彩で仕上げられることで、いよいよ格調高く思われる。
zen600.jpg

「吉川君は作品について左記のように云っている。『はじめには東洋古伝説五点を出すつもりだった。ここに描いたのは、荘子の内篇にある「藐姑射の山に神人あり」という文に拠り、花野に立つ女神に、雲と山とを配した。上部に描いた山などは六朝の遺物をも参酌して、それらは出来る限り上代の趣を伝えた。』

何仙姑 彩色 林の中のベンチで休憩する。面白い髪形をしている。

1920年第五回・6/5~6/15
香具耶姫昇天 竹取物語 彩色 天人たちが中国風の装いで、かぐや姫ばかりが十二単と言うのも昔から定められた形のようだが、それがまた異界のヒトビトだと言うことを強く思わせる。
zen600-1.jpg

「吉川君の『赫耶姫』は前回目録にも出たのであったが間に合わず、今回に持ち越されたが、月宮殿から姫を迎えの天人たちが、白雲に駕して降りてくる。下界はるかに待つ姫を小さく描いて、天使を大きく画いてある。群青色の空には望の月かがやく。そぞろに二十五菩薩来迎の図を偲ばしめるが、重心はむしろ天使と雲の動きにあった。君の作中でも珍しく極彩色で構図も複雑である。」

こちらは会とは別な製作か。
聖徳太子 紺地金泥 ややおじさまな聖徳太子である。
清徳聖物語絵巻 毘沙門天と善財童子とがいる。あばら屋な庵の前で。なかなか面白い絵巻なので、全てを見てみたいと思った。
樹下巫女画 非常に薄い。線ばかりは生きている。清方風な美人。
役小角 モノクロと言うてもいいような。孔雀明王がくる。小角が立つ。

無動寺縁起 下図 下絵でもかなりドラマティックな作品だとわかる。これについては清方の非常に詳しい一文がある。

「私の遺憾に堪えないのは『無動寺縁起』について詳述し得ないことである。比叡山無動寺の開祖相応上人が、不動明王に祈願して、染殿の后の狂疾を癒す故事を『元享釈書』と『宇治拾遺物語」の記録に拠って画いたというが、竪幅の密画で、不動明王の尊像と、狂乱の后と、祈願する上人とを三段に画いた力作で『美術画報』の内藤堯宝氏の批評に「荘重謹厳、極めて綿密にかかれたもので、特に染殿の后を写すに於いて用意周到丹誠を尽くしてゐる」と絶賛しているのに、私の印象に残らないはずはない。この作者の例として機に後るること珍しくない。いかなる事情あってか、親しく接する暇を失ったのではあるまいか。更に惜しまれるのは、震災にこれは焼失したとのことである。」

第三章 円熟の時代
1923~1929年の作品が集められている。

1.中国の詩と説話
太上老君 彩色 山中に牛と共にいる。
南極寿星 紺地金泥 チラシの裏に大きな画像がある。格調高い作品。
一行書 猛虎一声  なにやらかっこいい。霊華は書も巧みなのだった。

三人の美人がいる。
浣紗渓 金・墨・白 西施が洗い物をする図。ここで彼女は「傾国」としてスカウトされるのだった。
公孫大嬢金・墨・白 剣舞美人。かっこいい。
執扇幽思 金・墨・白 中国美人が岩によりながら物思いにふける。
いずれも線の複雑精妙さと彩色のシンプルさが、とても効果的。

太宛善馬 非常に線の綺麗な作品。構図もどうでもいいと思うくらい、線が綺麗である。

離騒 当時から名作だと世評も高く、清方もこの絵が今の世に残ることを喜んでいる。
zen600-2.jpg

線描の美しさにはため息が出る。
特にこの美女の面立ち、そして左の馬の精悍さ。
zen604.jpg zen603.jpg

古画に学んで、更にそれを突き抜けていった、そんな風に思う。
古雅玲瓏という言葉を思い出した。

繍孔雀 屏風の孔雀の目を射抜く唐の高祖李淵。対する美女も気合がみなぎっていていい。
彼女はそれが縁で后になるのだった。
羅浮僊女 金・墨・白 埼玉県立近代美術館で見たとき、嬉しかった。 はがきを買ったがあまりに薄くてどうしても画面に出ない。むかしこのブログで「梅美人」特集を組んだときも、とうとう諦めたのだった。
麻姑仙 孫の手の語源となった美人。松の前にいる。きりっとしている。
漢詩 北村昭斎氏が所蔵する、と言うことを知りなんとなく納得した。やはり美しい手蹟である。

山水 金・墨・白 線描の美しさを堪能する。色彩よりも線の美しさに深く惹かれる。本来、日本画とはそうしたものではなかったか、と思った。
zen602.jpg

2. 和歌と古典物語
羽衣翻飜 下図  天女たち。
羽衣翻飜 彩色 亭に一人座す。この静けさを保ち続けたくなる。
伊勢ものがたり ゆくみづに ふっくら下膨れの平安美女が可愛い。
桔梗 仮名が入り、とても雅な風情がある。
鷺 俯く鷺。
万葉哥意 海辺に佇む天平の女。

少しばかり七夕を。
梶の葉 白い葉っぱ一枚のみ。能因法師の歌が書かれる。
かぢのは 七夕和哥 緑と墨。山上憶良の歌がある。どちらもとても楽しい。
七夕之図 乞巧奠の設えがある。
乞巧奠 その前に座す女。

無名の琵琶 枕の草子 男の弾く琵琶が聞こえるような。 
黒髪 十二単の女の黒髪。
かざしのはな(挿頭花) 藤と男と。藤原氏の系統とみていいのか。
宇都之山邊 伊勢ものがたり 仮名文字の美を堪能する。
伊勢物語 つつゐづつ やや大きい少年少女。丸きりの子どもではない。その解釈がまたいい。
水鏡 伊勢ものがたりのうち 水を張った耳盥をみつめる女。綺麗である。
子の日図 父が子を抱き、母が摘む。これは静嘉堂文庫のものだというが、まだ向こうでは見ていない。

清香妙音 金・墨・白 なんとも美しい絵である。 梅下で琵琶を抱く美女がいる。馥郁たる美を感じる。
zen601.jpg


3.仏と祈り
阿摩提観世音菩薩 獅子に騎乗し竪琴を弾く女人観世音。
納蘇利 観自在菩薩 羅陵王  彩色 色の対比が見事。
白衣大士 菩薩のことだとある。なくなる年の作品か。

ほかに大量のスケッチと模写がある。なにもかも見事。清澄にして正調。
スケッチ帳だけで数十冊ある。
「近代に生まれた線の探求者」というタイトルを東近美が冠したのも当然だと感じるのは、むしろこのスケッチと模写類があるからだと思った。

霊華の生涯についても清方は書いている。そのうちに
「冷泉為恭を慕い隔世の弟子と見られるのは、昔抱一の光琳に於けるが如くであった。(中略)明治44年に京都方広寺の天井に『龍』を描き、(中略)大正六年金鈴社に宝相獅子」を出すまで、世人の多くはこの人あるを知らなかった。君は古典を専門にしながら、新しい文化にも常に関心深く、外出の時にも折々何か変わった新刊を携えていた。・・・」

ここにも大量の模写がある。
為恭画譜、甲冑着用図、春日験記ことばがき、年中行事絵巻、彦火火出見尊草紙などなど。
書も巧い人で、行書千字文まである。

霊華の死はローマの日本美術展覧会の開催が決定し、その会合を開いている間のことだったそうだ。
清方はやはり文中に霊華を深く悼んでいる。
霊華は「いま中宮寺の菩薩の掌に乗った」という言葉を残してこの世を去っている。

本当にこの展覧会が開かれてよかった。
そしてわたしも見ることができて、本当に嬉しかった。
簡単なことしか書いていないが、心に深く残る展覧会だった。7/29まで。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア