FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

杉本健吉

奈良県立美術館で杉本の奈良大和路を描いたものを見る。これが実にイイ。東大寺の観音院をアトリエに活動しただけにそこからの絵が素晴らしい。室内や静物の簡素な筆致は一見「自分も描ける」感じさえする。眺める間にその味わいがじわじわ来る。いいなあ。
特に気に入ったのは骨皮帖だ。暗い時代に必死の決意で画家たることを貫こうとした態度には感動した。 その中にある博物館内写生図に惹かれた。摩耶夫人の袖から釈迦誕生の、小さな群像だ。それを眺めたり写生する群衆。ガラスの反射がまるで釈迦誕生を寿ぐ天上の光に見え、人間であるはずの群が佛だちに見えるのだ。何か静かな感動があった。
他にも四天王寺の太子一代記の下絵などがよかった。背景の木々などがきれいでよかった。私は山岸涼子の名作〈日出処の天子〉が意識に深く存在するので、太子絵伝にはちょっと複雑な観があるが、素直によい絵だと思った。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア